~精巣腫瘍~ 2年ぶり再発!

2017年1月23日、ステージⅠのセミノーマ型の精巣腫瘍と診断される。 その2年間は定期検診(血液検査やCT検査)を欠かさず受け、寛解間近と思われる2019年5月18日のCT検査にて、リンパ節に再発している疑いが強く、PET検査を急遽実施し、6月8日の診断をもって、正式に再発と診断される。 2017年で終わりを迎えていたはずのこのブログですが、再び闘病記として、記録していきます!

2019年10月

だいぶ日が空いてしまいました!久しぶりのブログ更新です!タイトルのように、だいぶ身体も回復してきましたし、今は経過観察の身で普通に生活もできていますので、この闘病記は一旦ストップしようと思います。


2年前にはじめて精巣腫瘍に罹患し、3泊4日の入院生活で手術のみで済んだのが、まさかの再発で再びこのブログを更新することになるとは夢にも思いませんでした!まさかの3回目のブログ更新とならぬよう願うだけです。ガンサバイバーとして、3ヶ月に1度のCT検査や血液検査は欠かさず受けていき、自分でできる最大限の努力をして再発を防いでいきたいと考えています。



仕事も11月には復帰するつもりです。随分と長くお休みをもらいました。会社や同僚には本当に感謝しております。ゆっくり休めたし、何よりも娘とゆっくり過ごす時間が取れたことが本当に貴重で素晴らしいものです。実家(大阪)に行く前に京都の大原にも観光することができ、たくさんの思い出を作れています。(以下写真は大原三千院)



73381343_2413141075569771_2350919086122205184_n


このブログ(闘病記)は自分の闘病生活を克明に記録し、自分自身が振り返るために、そしてなによりも残念ながら同じ病気になってしまった方々やその家族様に少しでも参考になればと綴ってきたものです。少しでも自分の体験が役立てたら幸いです。そして以下に最後にメッセージを書きます。




・精巣腫瘍は乳がんのように数多くあるがんに中でも、なんとか自分で気付けるがんであること。
・片方の睾丸が腫れて大きくなり、固くなっていたらすぐに泌尿器科受診を!!
・自覚症状が現れれば、たいていガンの場合は進行しており、発見が遅れれば遅れるほど長く辛い治療生活を強いられるといういこと。
・そうなる前になるべく発見すること、早期発見ががん治療には決定的に重要であること
・いつもと何かが違う、体の違和感を覚えたら病院に行くこと
(何もなければ御の字、万が一何か見つけても早期発見の可能性が高い)
・がん検診は万能ではないことを知ること
・毎日の生活習慣を見直すこと
・良質な睡眠、適度な運動、バランスのある栄養豊富な食生活を心がけること
・適度な貯蓄はあったほうがよいこと



結局自分の体は自分で守るしかないと思っています。究極的には!医師や病院も絶対の存在ではなく、すべてを依存することはできません!がんの中には残念ながら僕のように治るがんもあれば、治らないがんがあるのも事実。どれだけ早く見つけて病院に行くのかが本当に重要だと思うわけです。最後のメッセージは自分自身が再発しないためにも自戒の意味を込めてかきました!



もしかしたら40歳まで生きられない運命だったかもしれない僕は、素晴らしい医療チーム、家族や友人の支えで生還できました。生きる意味を今一度考えながら生きていきたいと思います。少しでも世のため人のために生きていきたい。自分が関わることで周りの人達が笑顔になれたら、そんなふうに強く思います。長らく読んでいただき、ありがとうございました!


↓ ポチっと押してくれたら励みになります♫
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

退院してあと1週間でちょうど1ヶ月。今は問題なく日常生活が送れています。今はまだ仕事には行っておらず、有難いことに療養と育児ができていて、とても貴重な時間を過ごすことができています。今の体調や生活についてをまた以下にまとめてみます。



<現在の体調と生活>
・立ちくらみは貧血は以前より少なくなっている。
・長期間の活動はまだしんどいが、以前よりも長く活動できるようになっている。
・入院期間中に全く食べれなかったことへの反動か、食欲旺盛で5kgは太ってしまった。
・買い物、料理、育児、保活が活動のメインになっており、リハビリになっている。
・運転もだいぶできるようになってきた。
・ヒゲと頭の毛が産毛のように薄いけれど少し生えてきた。(2ヶ月以上ぶりに髭剃り使った)



体調はだいぶ上向いています!奥さんに言わせればまだ無理はしてほしくないと言われており、確かに長期間の活動のあとはえらく疲れてしまうので、今後も無理のない範囲で活動をして、体力の回復に努めていきたいと思います!



退院して1週間ほどして、病院に赴き、CT検査・尿検査・血液検査を実施しました!数値的にはまだ骨髄抑制の影響か、HighやLowの評価が目立ちましたが、日常生活を送る上では特に問題はないと言われました。CTでも下腹部リンパ節周囲の腫瘍はほぼ消えており、抗がん剤が改めて功を奏したと評価されました。



ただCTのような画像検査は、1cm未満の腫瘍を見つけるのは困難だと言われています。人間の体に絶対はなく、どれだけ医療技術が進歩してもやはり限界はあります。僕の担当医のK医師は「絶対」という言葉は言わず、0か100かという結論も出さず、結構正直にストレートにCT検査の限界についても隠さず言ってくれる医師で、逆にそれが信頼につながっています。変に隠されるよりはずっとよいですからね!



K医師に実は、ちょっと「気になる箇所がある」とは言われています。CT画像では微妙なところで、その気になる箇所が今後どうなっていくのか、注視していきたいと言われました。今後は3ヶ月に一度CT検査を行いますので、今度の診察は12月ですね!再発や新たな種類の「癌」なんてのは本当に嫌ですが、とにかくたとえそうなったとしても早期に発見できるように欠かさず受診していきます。



また体調が悪くなったり、しんどくなったら再入院とも言われていますが、今のところそれは大丈夫そうです。またあの抑圧された入院生活は嫌ですから、そうならないように健康に暮らしていきたいと思います。



さて、このブログ=闘病記も終わりが見えてきました!次回あたりを最後の更新としたいと考えています。今日も読んでいただきありがとうございました!



↓ ポチっと押していただけたら励みになります♫
にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

このページのトップヘ