E331「シック シック」

Y2「どうしたの?」

E331「あなた、長野で解体されるのよ。ボコ重のせいなのよ」

Y2「あなた、誰?」

E331「あたしはE331よ。ケヨと長野、そして死期が近い仲間に寄っていくのよ。あなた蘇我駅使っていたでしょ?あたしのこと知らないわけないわ。シック、シック」

Y2「蘇我駅使ってたけど、あなた運用についていなかったから、誰だかわからない

E331「そうよね。時が過ぎるとみなあたしの事忘れちゃうのよ」

Y2「E331。名前は聞いたことある」

E331「でも、だれもあたしを知らないわ。たった8年で召されたもの」

Y2「お気の毒に」

E331「あたしはずっとケヨで放置プレーされていたわ。そうしたら、錆びてしまったの。酷いわ酷いわ酷いわ」

Y2「確かに錆びるまで放置されるのは辛いわね」

E331「あたしはケヨよりボロボロ重工とTQを恨んでいるわ」

Y2「どうして?」

E331「どちらもあたしを修理できなかったのよ」

Y2「そんな……」

E331「しかもTQは最期ドア故障までやらかしたのよ。絶対に許さないんだから」

Y2「TQ製は綺麗だけど……TQがそんな事するなんて」

E331「ともかくも両方とも最悪よ。だから、5男にはボロ重もTQも関わらなかったわ」

Y2「うっうっ悲しい話ね」

E331「そしてみんなあたしを忘れていくんだわ」

Y2「E331。私は時期に長野へ行くわ。ジャカルタに行くことはないわ」

E331「長野においで。寂しいわ」