Y44「B901先輩」

MU1 「ああ。おれの方が先輩だったな」

Y44「B901先輩はE231なのにボクよりも先輩」

MU1 「いやいや、おれ、元々⑨だからさ。E231の試作車ってだけで」

Y44「ボクの方が一世代前なのに、後輩って面白いね」

MU1 「おれね、⑨500のトプナンよりも古いんだ」

Y44「えっ!? でもE231なのに?」

MU1 「おれ、⑨950で装備こそE231だけど、外見はまんま⑨だよ」

Y44「うん。JRのロゴが戸袋部分にある」

MU1 「だけじゃない。ホーム検知機の位置も⑨そのものだよ」





〜〜〜〜〜
















Y44「B901先輩、武蔵野線に行くんですか?」

MU1 「そうだよ。ケヨ区へ行くんだ」

Y44「第二の人生あっていいなぁ。ボクはもう余命宣告されちゃった」

MU1 「じゃあ、海外に行きたい?」

Y44「海外……それも嫌だな」

MU1 「ああ。気の毒だな。おれは機器更新という名の延命を受けて武蔵野線へ行く。なのに、Y44に残された時間は短い」

Y44「嫌だよ」

MU1 「おれだって武蔵野線なんか行きたくない! あんなパルプンテ線誰が行くか🔥」

Y44「パルプンテ線?」

MU1 「何の珍事で遅延があるかわからない、まさにパルプンテ。そんな路線行きたくない!」

Y44「何かあったのですか?」

MU1 「駅が水没、線路火災、電柱によじ登って架線にぶら下がる女、車両に大々的な落書き、線路陥没、あ〜枚挙にいとまがない」

Y44「確かに嫌ですね

MU1 「おれ、もう引退でいいよ。昔から京葉線、武蔵野線大嫌いだったんだ」

Y44「よく言ってましたものね」

MU1 「だいたいね、ネズミとかメッセとかコミケだとか築地だとか遊んでいるんじゃないよ、本当に😤」

Y44「先輩相当お怒りで」

MU1 「そんで、築地から豊洲だよ。本当におれに対する嫌がらせかってんだ」

Y44「……」

MU1 「すまない。愚痴ってしまった」

Y44「京葉線には五男がいますからね」

MU1 「五男のお陰でおれは京葉線を免れたわけ。でも、何で武蔵野線にE233入らなかったのかなぁ」

Y44「相当ご不満で」

MU1 「不満! 不満!」

Y44「先輩。先輩は延命できて羨ましいです」

MU1 「そうか?」

Y44「ボクも延命して房総転属したいです」