Tomorrow Never Knows

   旅路での所感です

リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬

この旅行も最後の日になりました。9時にホテルを出てセニューラドモン展望台に登り街を見渡し、その少し下のグラサ展望台にも寄って、市電でサンヴィセンテデゴーラ教会、サンタエングラシア教会と見て歩きました。そのあとは軍事博物館。鉄砲などの展示には飽きましたが、バロック様式の建物や美術品などすごいものでした。
それからメトロでバイシャ地区へ行きサンロケ教会。坂を下って海に近いレストランで食事。
ホテルでひと休みしてグルベンキアン美術館へ。時間がないので駆け足で見てから、シントラに行き、バスに乗って揺られること1時間。ユーラシア大陸の西の果て、ロカ岬に着きました。大西洋に夕陽が沈み、この旅は終りに近づきます。戻りはカスカエスに出て駅前で最後の晩餐。酔いが回ったところで電車を乗り継ぎホテルに戻りました。
明日の12時の便で帰国します。


22154536_1531498570274817_4313901155211086017_n

22279612_1531498673608140_5696109219539934955_n

22308943_1531500096941331_8919475449357163616_n

22222009_1531500100274664_4845503963992687722_n

22196079_1531550943602913_7494583200665960549_n

22195241_1531551066936234_4034983758626150263_n

22154480_1531551070269567_1133252741995186016_n

22221585_1531551090269565_1161055073990900232_n

22196208_1531551150269559_3742323390193185879_n

22196044_1531621343595873_7822402140079250398_n

22228643_1531621410262533_4554017195063542103_n

22279378_1531621436929197_1691495343869705450_n

22195467_1531621520262522_3923473328464991661_n

22221860_1531664756924865_6856851085417380050_n

22195504_1531664800258194_2327186982141270200_n

22221756_1531664886924852_8959141908298522822_n

22154520_1531550880269586_363766346025312703_n

22308616_1531550900269584_4710245595298692968_n

IMG_2944 IMG_2946

IMG_2828 IMG_2831 IMG_2830









リスボンでは、ジェロニモス修道院、発見モニュメント等、夜はファド

今日はホテルで食事をとって8時にタクシーで駅。9時前の列車でリスボンへ。
12時前ひとつ手前の駅に闘牛場があり、多くの人たちが集まっていました。車窓から一瞬闘牛が見えました。リスボンでの期待はファドと闘牛だったので最低目標クリア?
リスボンからメトロに乗ってコルメシア広場に行き、なんでも乗れる2日パスを買ってまたメトロでホテルへ。チェックイン後近くのカフェでビールとサンドイッチの遅いランチをとってから、カスカイス線で先ずはジェロニモス修道院。それから発見モニュメント、ベロンの塔を見て、市電に乗って一時間ほど街を見物。窓にガラスも入っていない古い車両で急坂を登ったり下ったり。これが観光バスで市内観光するみたいでとても良くて時間があっという間に過ぎてました。
ホテルに戻って近くのレストランで夕飯。タパスや魚に少々飽きていたのでイタリアン。シエナから来たというお兄さんのサービスで、パスタとピザ。これが結構本格的なイタリアンで良かったです。お客さんもどんどん来てましたから評判いいんですね。
ホテルで一服してクラべデファドに出かけました。地球の歩き方に記載されていた中から選んだのですが、2人の歌手の歌は聞いたこともないような素晴らしいものでした。
写真を撮って良いか店の人に聞こうとしていたら、隣のお兄さんが、写真は良いんだよ、あのね、4人の歌手が1人づつ4曲歌って休憩タイムがあって次の歌手が歌うんだよ、と教えてくれました。
1人目の男性歌手が歌い終わり、喝采を浴びて退場した後、お兄さんと良かったねという話になり、聞くとブラジル人で向かい合って座っているのが美人の奥様で、日本にも行った事があるとのこと。ボサノバやサッカーのことを話したりしていると、2人目の女性歌手が登場。こちらの人がまた一段と情感豊かな素晴らしい歌を聞かせてくれました。
12時をだいぶ回ったので残念ながら帰ることにしましたが、彼女のCDを買ったらCDにサインしてくれ、一緒の写真も撮らせてくれました。最高の夜になりました。
明日はもう今回の旅の千秋楽、あっという間だったなあ。

22195374_1530662807025060_4555887884039823670_n

22196232_1530662877025053_3245264862208893288_n

22141022_1530664010358273_22032558663092125_n

22196367_1530798620344812_5774514208174971208_n

22196032_1530662870358387_9180468839147397521_n

22154384_1530664073691600_4047842142404267066_n

22141320_1530667653691242_5799614865097229455_n

22154286_1530667820357892_7296530721003515558_n

22195406_1530667890357885_954306663223961100_n

22141215_1530667907024550_2358117213042862092_n

22282045_1530667930357881_2754539043751658362_n

22154376_1530668020357872_1563741089506196106_n

22221507_1530668140357860_4804628725327657793_n

22228595_1530668170357857_1740895912312946557_n

22195756_1530668207024520_4667535114804198387_n

22279724_1530668210357853_5924366637359794591_n

22196198_1530669337024407_4774574845058099143_n

22195290_1530669433691064_7319815022050492817_n

22195317_1530669487024392_7606821048831672604_n

22154414_1530670487024292_1980817779442387425_n

21687872_1530670557024285_9073843641931609942_n

22195937_1530795513678456_4881354722316445717_n

22141096_1530661720358502_874052523558449520_n 22279715_1530794637011877_5586682875846325259_n 22154482_1530664097024931_215091087422065474_n
 22141207_1530794727011868_160115198797240891_n22221778_1530668083691199_7830179728985724555_n 22154302_1530795413678466_1389886523762004653_n 
22228436_1530669287024412_2954288898375647670_n 22310240_1530798617011479_8181467853529866612_n






















ポルトの観光は、歴史地区、ワイナリー、ドンルイス橋など

昨夜ポルトのホテルにチェックインしたのは10時。客のたくさんいるレストランを見つけて遅い夕飯。何とかセット7.5eにしてメインはタラとサーモンと知らない魚4皿をシェア。これが全て当たりでした。日本人の好みにぴったりの塩味でさっぱり。ポルトガルは魚ですね。飲み物はビールと白ワイン。実は名物のポートワインを頼むか迷っていると、隣のテーブルのお兄さんがポートワインは甘いので食事をしながらは飲まないんだよと教えてくれたので白に。それとメインのあとスープが出てきました。他の人もみんなそうでしたから、そういうものらしいです。
たっぷり飲んで食べて1人15e。ありがたいですねえ。
今朝、朝食はホテルでとって9時から市内観光。石畳の急坂を降りてポリャオン市場を覗くと片口鰯、サバ、アジなどが並ぶ魚屋がたくさん営業していてびっくり。肉、果物、野菜なんでも並んぶ庶民の台所、大阪の黒門市場、沖縄の何とか市場を思い出しました。そこを出てサンベント駅。通勤客や旅行者が溢れていました。切符売り場は長蛇の列なので明日のキップ購入は中止。
世界遺産の歴史地区を歩きました。グレゴリス教会、ボルサ宮、サンフランシスコ教会をざっと見て、ドロウ川沿いのレストラン街を抜けてドンルイス一世橋の下の方を渡り、川沿いのワイナリーへ。いくつもあるワイナリーから、きれいなお姉さんに教えてもらったところに入ったのですが、その人ここのワイナリーの方でした笑。入場料は設定されてなく、最低一本は買うことになっていたので幾つか試飲後ポートワイン16eを購入。
それからレストランでランチ。ぼくの選んだグリルの鰯はイマイチで、Mくんの揚げた片口鰯が当たりでした。
戻りはドンルイス橋の上の方。絶景でした。どこかの旅行会社のポルトガルツアーの表紙で見たような気がします。天気も良くて眺めも気分も最高。サンベント駅で明日の切符を買って一旦ホテルへ。しばし休憩してからタクシーでレストランに向かいました。
そこはF社のスペイン駐在の方に教えてもらった海沿いに並ぶ高級海鮮レストラン街の一軒で、予約なしではかなり待たされるような店でした。時間が早いので運良くテーブルに通され、美味しいディナーをビールと白ワインで楽しみました。
これでポルト観光は終了。明日の朝リスボンに向かいます。

22154452_1529483370476337_9059231615700669603_n

22196144_1529483390476335_2994666965919706576_n


22221567_1529483467142994_4901446946603151520_n

22089716_1529483413809666_559528452627104585_n

22141116_1529483463809661_4983310506337670764_n

22196197_1529483470476327_5722160758947892033_n

22154340_1529488223809185_3125530479203630590_n

22089577_1529488230475851_6973288274702518452_n

22196460_1529488280475846_2773677005670709706_n

22154641_1529488307142510_4921353736822477344_n

22279677_1529488347142506_239934284617289465_n

22279555_1529488370475837_7834112656721120411_n

22141029_1529488420475832_997837348433366941_n

22090064_1529488530475821_55252811418698082_n

22195769_1529488470475827_4990255556218251771_n

22089981_1529488543809153_3924524000571192430_n

22141099_1529488570475817_4450517543727939983_n

22196220_1529488583809149_771931936820433504_n

22154598_1529488603809147_5278080842354962956_n

22140798_1529488607142480_7066768364453722584_n

22196065_1529488620475812_6341250748136684312_n

22154222_1529488693809138_9189992073824860757_n

22195543_1529488710475803_6948710638288631428_n

22195741_1529488727142468_2720271251574037036_n

22195579_1529488757142465_6433637559954300202_n

22195465_1529647233793284_192619120824279556_n

22089897_1529647190459955_7505158615266178343_n

22154211_1529647193793288_8818573481070638549_n

22221505_1529647243793283_3007974457548573264_n

IMG_4579 22089581_1529483473809660_7405168113746081398_n 

22154293_1529488657142475_5464190339266655916_n

22154136_1529648723793135_7954727182221329312_n 22089166_1529648727126468_6034337567112320174_n


スペイン・ポルトガル旅行が近づいてきたので

夏も終わった感がありますが、いよいよスペイン・ポルトガル旅行が近づいてきました。今週末から三津田高校の同窓会出席を兼ねて呉に帰省するので、再び東京に戻ってきたら出発までに数日です。
そんなわけで俄に昨日あたりからいろんなことが気になってきて、荷物のリストをチェックしたり、全行程をGoogle mapで確認してみたり。
天候が気になりますが、東京の方が気温が高いようで持参する衣類をどうしようかなぁ…。



IMG_0531



ロシア旅行最終日 サンクトペテルブルクにお別れ

最終日の予定はお昼までフリータイムになっていたのですが、添乗員さんとアレクサンドルさんが特別サービスで市内中心部に連れてガザン大聖堂、ヨーロッパ最古のデパート、マトリョーシカのタンブラーを売っているスタバなどを案内してくださいました。そのあとの1時間はフリータイムで、お店を覗きながらネフスキー通り周辺を歩きました。モスクワもここもゴミがなく、ホームレスもおらず、街は綺麗です。でも車の渋滞はかなりです。運転も東京並みに乱暴。
再集合場所の免税店でタダのウオッカを二杯ほどいただき、12時過ぎにサンクトペテルブルク空港に向かいました。
チェックインのところで、お世話になったアいレクサンドルさんとお別れです。ロシアが好きになってくれたら嬉しい、日露はもっと仲良くしましょうと言われました。そうですね。
15時のフライトでモスクワへ。それから19時に成田へ向けて出発。シンゴジラとララランドを見て、機内食を2回食べて10時半に成田に着きました。20度ですが、思ったほど暑くないですね。
今バスに乗って町田に向かってます。
今回のロシア旅行、良かったです。行く前は、ロシアには行くのは最初で最後かなあと漠然と思っていましたが、また行くと思います。今度はマリンスキー劇場にも行きたいし、ボリショイ劇場にもまた行きたいと思うから。いつになるかはわからないけど。

IMG_4219

9036

IMG_4224

c46cbc6a428237cb206431e515700489

9049

IMG_4234

9062IMG_4258 90669067

IMG_4265


エカテリーナ宮殿、ミハイロフスキー劇場のフィガロ

今日はエカテリーナ宮殿を見て、ボルシチのランチ。午後はピュートル大帝の宮殿ペテルゴーフで観光は終了。ロマノフ王朝の遺産の数々、本当に目も眩むばかりの豪華絢爛でした。
バスで市内中心部に戻り、レストランで皆さんとの最後の夕食が盛り上がったところで途中離脱。添乗員さんが呼んでくれた白タクでミハイロフスキー劇場へ。
フィガロの結婚は現代風の演出で、日本をモチーフにして日本刀や熊手、鎧などをアイテムに使っていてちょっとびっくりしました。歌手は全員うまいしオーケストラも良い、そして歴史を感じさせる劇場の雰囲気が何より素晴らしかった。フィナーレで感動、ブラボー連発しました。
おまけに日本人の旅行者の方と隣席になり楽しくお話しさせていただくという幸運に恵まれました。帰りのタクシーも、その方の宿泊先ホテルで簡単につかまえることが出来ました。っと、そこまでは最高だったのですが、その後がいけません。タクシー代ぼられました。どうすれば良かったのかなあ。警察を呼べともっと強く出れば良かったのかなあ、とあれこれ思ってしまいます。オペラの高揚感もちょっと退いてしまって、悔しいなあ。
でもまあ、いきがガイドさんのおかげで200ルーブルだったし、モスクワでは往復ともぼられなかったし、ツアーの皆さんともだいぶ親しくなれたたし、今夜はオペラ好きのお友達も出来たし、よしとしましょう。
明日は午前中ちょっと市内を歩いてお昼のフライトで帰国です。

8836

8845

8858

8889

8894 8884

8867

8912

8919 8918

8923 IMG_4105

8930

IMG_4116

IMG_4128 IMG_4133

IMG_4151 IMG_4152

IMG_4154 
IMG_4155IMG_4168

IMG_4164 8983

IMG_4186

8996

9010

9016

9017


サンクトペテルブルク市内観光、エルミタージュ

今日は9時半と少し楽な出発でした。ガイドのアレキサンドルさんから、サンクトペテルブルクは約300年前にピュートル大帝の勅令で建設された要塞都市で、今もロシア文化の中心地で、運河の街で、罪と罰の舞台の家は今も残っていて、等々の講義を聞きながら市内を走り、先ずは聖イサク大聖堂の見物からです。
実はこの方、大変なインテリで流暢な日本語を喋るすごいガイドさんでした。
それはともかく、この大聖堂は帝政ロシアのシンボルでエルミタージュに次ぐ人気の観光スポットということですが、運河も見渡せ周辺もたいへん美しく心地良かったです。
そこからエルミタージュ美術館までは直ぐでした。アレキサンドルさんの講義を聞きながら、前半はイタリア美術、オランダ美術、スペイン美術と見ていき、カフェでのランチタイムと休憩を挟んで、後半は印象派の展示を見ているうちに予定の時間になりました。
実は現在スペイン美術など90点が東京に来ていて、友人たちからロシアに行ったって何もないよとやっかまれましたが、収蔵美術品は300万点で、そんなレベルの話ではありません。11時過ぎから4時過ぎまでの観光でしたが、ルーブルや大英博物館に行ったときのように、あまりのすごさに圧倒され、やがてぐったりしました。今言えるのはそれだけです。それ以上具体的なことは書けません。
エルミタージュを後にして、血の上の救世主教会、を見てからレストランに入りました。ディナーはサラダ、ビーフストロガノフ、デザートで美味しかったです。ロシア料理は日本人の味覚にあっているという昨日の結論は変わりません。
ツアーも5日目でだいぶ打ち解けて来たのでしょう。皆さんから海外旅行失敗談のご披露が続き爆笑の連続。とても楽しいディナーになりました。
ホテルに戻ってから皆んなで近くの大きなスーパーに行き、お土産をたくさん調達してやっと予定終了です。
明日はエカテリーナ宮殿等の観光のあと、夕方ツアーを離脱してミハイロフスキー劇場でフィガロを観ます。とっても楽しみです。

8473 8471

8483

8487

8488

8515

8533

8534

8547

8551 8546
8562

8568 8567

0d26e1f426f7bee2fa2744fff3c0d145

8605

ff7dc0ae35eb1cd10443474d70124002

8629

8637

8663

8690

8795 8804

8812

8817 8818

8823 8822


セルギエフ・ポサードでトロイツエ・セルギエフ大修道院など、それからサンクトペテルブルク

今朝は目覚めて、外が何やら白っぽく見えるので何だろうとカーテンを開けると、ナント雪が降っていました。モスクワの北東部にあたるここスズナリは、真冬にはマイナス20度になることもあると聞きましたが、それも頷けます。でも昨日は陽が強く暑いぐらいだったのにこの変化は驚きです。
モスクワの北東に輪のように並ぶ古都を、黄金の環、と言います。ウラジーミル、スズナリと回って来ましたが、今日はセルギエフ・ポサードに寄ってモスクワに帰り、飛行機でサンクトペテルブルクに行く、半ば移動日です。
8時にホテルをでて、途中アレキサンドルのスーパーに寄り、トイレと買い物をして、お昼前にセルギエフポサードに到着。世界遺産トロイツエ・セルギエフ大修道院に入りました。16世紀に築かれた城壁に囲まれた中に、ウスペンスキー大聖堂やトロツキー聖堂など数々の教会があります。特にトラべズナ聖堂内部は荘厳で素晴らしいものでした。
その後のランチは院内のレストランでスープに壷焼シチュー、デザートとコーヒー。良かったです。ロシア料理はぼくら日本人の味覚にあってるのでしょうか。アエロフロートの機内食も悪くなかったし、昨日の餃子以外はここまでOKです。
今日の観光はここだけなにで食事の後モスクワ空港へ。フライトのチェクインを終えたところで、皆さんとともにガイドのボロシールさんと別れを惜しみました。博識で親日家で親切で本当によくしていただきました。
今空港でビールを飲みながらこれを書いてます。サンクトペテルブルクに着くのは20時頃かな。
明日はいよいよエルミタージュ美術館です。

8307

8308 8302

8327

8330

8336

8345

8354

8355

83668335 
8371

8379

8398

8414

8445

8433 8434
8449 8452
8467

ウラジーミルとスズダリで、ウスペンスキー大聖堂、ドミトリエフスキー聖堂、パソ・エフフィミエフ修道院など

今日は8時にホテルをでて、12世紀にルーシ王朝の首都であったウラジーミルに向かいました。モスクワからは200Kmで着いたのはお昼前、観光前のランチはサラダ、ロシア風水餃子、ケーキにコーヒーでしたが餃子はイマイチでした。
観光は3つの世界遺産からです。先ずは、黄金の門、を見てからウスペンスキー大聖堂に入りました。14世紀までロシアの最高位にあった歴史的教会で、最後の審判のフレスコ画が有名です。そのあと見たドミトリエフスキー聖堂は12世紀の建造で、石灰岩を使った高い技術が発揮された芸術建築。
再びバスに乗ってスーズダリに移動。ここは15世紀に宗教の一大中心地になり、17世紀から18世紀にかけて多数の教会が建築され、その当時の街並みがほとんど変わってないとのことです。世界遺産スパソ・エフフィミエフ修道院を見てからクレムリン(城塞)、これは11世紀の建設。カーメカ川の眺めも素敵でした。
観光を終えて5時にホテルに到着。ひと休みしてホテルで食事です。サラダにタラのソテーとデザート、味はまあまあでしたが、ビールとナナカマド酒で心地よく酔い、同行の皆さんの旅行談を聞かせてもらいながらの食事は楽しかった。いろんな人たちとの出会いと交流もツアーの魅力です。それにしても皆さんお若い。世界中を旅してらっしゃいます。ぼくらもまだまだだ、見習わなくっちゃ、と元気をいただきました。

8215

8214

8211 8212

8218

8224

8226


8228 

8243

8022

8238

8246

8262

8271

8281

8285

8295

8296 8297

モスクワ観光 クレムリン、武器庫、グム百貨店など見どころ満載

 今日は8時半にバスで出発してモスクワ大学、雀が丘、世界遺産ノボデヴィッチ修道院を駆け足で見ました。ガイドはモスクワ大学で日本語を専攻したボロシールさん。なかなかの博識です。
お土産屋でトイレタイムをとったあと赤の広場を見物してから、グム百貨店でフリータイム。ここはヨーロッパ1のデパートと言われてると聞きましたが、なるほどそうかと頷けるものでした。高級ブランドが並ぶ巨大なモールとでもいった感じで楽しめました。その一角にモスクワ1高級と言われるスーパーマーケットもあり、たくさん買い物をしてしまいました。
昼食はアルメニア人がオーナーのレストランで、ロシア風野菜スープ、ロールキャベツ、アイスクリームにコーヒー。勿論ビールも飲みました。料理はたいへん美味しかったです。
食事の後はクレムリン観光です。ウスペンスキー大聖堂と武器庫をじっくり見ました。特に武器庫は、名前から想像するようなものではなく、ロシアの歴史を物語る膨大な美術工芸品などを収蔵した大博物館で見ごたえがありました。大英帝国の力を象徴するウィンザー城、ルイ16世の栄華を物語るベルサイユ宮殿、ヨーロッパに君臨したハプスブルク家のシェーンブルグ宮殿などに匹敵するもので、ロマノフ王朝、ロシア帝国の栄華に想像をかきたてられました。
それからレストランでちょっと早目の夕食。スープにキエフ風カツレツとケーキにコーヒー。それにビールで満腹です。そして8時からモスクワ川のクルーズ。船は綺麗でムードはよかったですが、さすがに疲れが出て来て居眠り少々。終了してバスでホテルに着いたのは11時。いやはや、いかにもトラピックスというハードな観光でした。これを個人旅行でやったら3、4倍の時間と費用が必要でしょう。満足です。明日は8時にホテルを出てウラジーミルの観光から。さあ、どういう1日になるでしょう。


7997

8002

8014

8015

8065

8067

8072

8011

8043

8070

ac04d753-s

8100

8106

8107

8110

8113 8103

8137

8190 8191

8271

8238

82708274

8289 8218

8192

8297 8302

8195

8197

8201


モスクワの夜

昨日は火曜日でしたが、ナチスドイツを撃退した戦勝記念日で祝日。ボリショイ劇場前の広場では戦勝記念の野外コンサートが開かれていました。多くの警官や軍人がテロの警戒に当たっていて、バレーがはねたあと外を歩いていても、かえって安全に感じました。気温は2度か3度でしたが、凍えるほどではなく、タクシーを探しながら素敵な感じの劇場周辺を歩くのは心地よかったです。ただその野外コンサートのためか車両の乗り入れが禁止になっていてタクシーをなかなか捕まえることができませんでした。やっと見つけたと思ったら怪しい雲助タクシーで乗って来た時の料金(500ルーブル)の10倍以上の料金になるようなことをいうので、走り出す前に車を降り、難を逃れました。そのあと警官に聞いてタクシーを捕まえることができましたが来る時と同じ500ルーブルですみました。親切でしたが英語は通じないので料金は筆談。ボリショイバレーを堪能しただけでなく、歩行者天国のエリアから走って開演3分前に劇場に滑り込んだり、戦勝記念イベントを見たり、雲助と交渉したりと盛りだくさんで忘れ難い1日でした。
今こちらは朝の6時。8時半からモスクワ観光が始まり夜の9時頃まで予定がぎっしり。いつもながらの阪急交通トラピックスのハードスケジュールです。



7970

7967

7961

7974


ロシア旅行初日はボリショイバレー

ロシア旅行の初日は6時過ぎにホテルに到着。添乗員さんがチェックインやスーツケースの運搬はやっておきますからと直ぐにタクシーを呼んで、ぼくと家内をボリショイ劇場に送り出してくださいました。間に合わないかもしれないからと躊躇していた弱気を振り切って、昨夜劇場のサイトで購入した「The Bright Stream 」の開演は7時。ギリギリで間に合いました。バレリーナは皆、気品にあふれ眩いばかりに美しく、しなやかで力強い踊りはぼくらを完全に魅了しました。芸術大国ロシアの旅は素晴らしい滑り出しです。

7882

7895


7951

7903

7909





livedoor プロフィール
ギャラリー
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • リスボン最終日は、軍事博物館、サンロケ協会、グルベンキアン美術館等、そしてロカ岬
  • ライブドアブログ