LF&ラジオ

今の気持ちを出来るだけ誠実に話し綴ってくれている

公になる場で何も包み隠さず本音が吐けるわけもなく

これが剛くんの気持ち全てだとは思わない

本当はもっと伝えておきたいことも吐き出したい思いもグッと堪えているだろう

先輩の公開謝罪から今まで以上に真実は隠され歩き出すことを実感している

剛くんは昔も今もとても責任感が強い人だ

その彼をどうしても立たなければならないと思わせて追い詰める場がGの場だ



決して楽しいとは思えない(私が思うに)場へ突き動かす心情は

2人組だということが大きい

(スタッフが間に入らないと話ができない関係でもある)

ビジネスで動く関係者と酷なファンの思いがプラスされ

身動きが出来ないのが現状だと思う


彼は突発性難聴では絶対不可能だろうという音楽の場であれだけの表現と歌唱力が発揮できるまでになった

早期の治療をさせてもらえず

気にも止めない隣人

そんな環境でドクターストップがかかるほど重くなり

あの素晴らしい歌が披露できるまでになった

それでも爆音はじめまだまだ難しいことが多い

キンキの歌には堂本剛の歌唱力が不可欠

お隣の歌唱力の無さもカバーしているのが本当のところだと思っている

従来のやり方そのままでは剛くんに負担がかかり過ぎる

音を繊細に追いながら持って生まれた音楽センスで繋いで圧倒的歌唱へともっていく

その時その時の状況に合った技量を発揮する瞬発力がある

隣はどちらかというとそういうことは不得意

今までと同じような隣が好きな爆音とシャカリキ感とともすれば口パクで誤魔化すタイプのショーは剛くんの耳には害になるだろう

他のやり方なんてGはできないのだと思う



剛くんは優しくて強い人だから誰も責めることなく自分が謝ることを選んでいるけれど・・・

剛くんの従来の圧倒的パフォーマンスと歌唱力がないとキンキ活動はできないということが良く分かった


もう十分隣や花畑のために頑張って来たからもうそろそろ「なりたい自分」「やりたい音楽活動」に絞ってもいいのではないだろうか

シンガーソングライターとしの音楽活動や演技派といわれる役者としての活動
冠番組のバラエティーでの素顔

40歳になる彼が歩く道を一緒に穏やかに歩きたいと思った

キンキに求めるものなど何もない私には嬉しい年末年始だけど

耳の回復がどうなるか分からない剛くんの心情を考えると切ない・・

剛くんを笑顔にしてくれるバンメンさんたちと会えていたらいいね