妊活記事が続きますが。

私は医療従事者なので、一般の方よりは医療についての知識は豊富なはず(当たり前)。

それに、研修医の時は産婦人科の研修も必須だったので、
指導医の先生の妊婦健診に付いたり、お産の場面に立ち会ったりもしました。
さらに、合併症妊娠も見たし、子宮外妊娠の手術に入ったこともあります。

そんな私なら、不妊治療の知識も十分あって余裕で取り組んでいるように思われるかもしれませんが・・・。

全然余裕じゃないです!!


続きの前に、クリックで応援していただけると嬉しいです。

     ↓↓↓
 にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  

医療従事者でも、自分のこととなると素人になってしまうんですよねー。

理由としては、
 自分の専門外のことだと、まったく無知であることを自覚している
 自分の体のことになると、冷静になれない
からでしょうか。

に関しては、専門知識を重視すればするほど、「自分は専門外の医師」つまり「素人」と思ってしまいます。
特に高度不妊治療となると保険適応外なので、研修中もあまり勉強しなかったんですよね。
まさか自分が10数年後に不妊治療をしているなんて思ってなかったし。


に関しては、わかる!という同業者の方も多いのではないでしょうか。
自分のことや家族のことになると冷静さを欠いてしまう医師はけっこう多いはず。
それに、普段の仕事では常に「最悪のケース」を予測して行動する習慣ができているため、
自分自身に最悪のケースが起こってしまうことを想像して、怖くなってしまうんです。


さて、そんな素人の私が不妊治療で疑問が生じた時にとる行動はというと、
「医学書を読む」でも「Pubmedで論文を検索する」でもなく、
「Googleで検索する」とか「ブログや掲示板を読む」といった行動です(笑)
特にブログはリアルな体験談がのっているので参考になります。
あとは妊活雑誌を買ったり、かな。

さすがに、あまりに非科学的なジンクスなどは信じないですが・・・。(リケジョだし)

そんなわけで、初めての陽性判定が出た今は、
「妊娠4週」とか「陽性判定 その後」とかを検索してソワソワしています。
今週末はエコー検査。ドキドキしています。



先輩たちの経験談を頼りにしています。
↓↓↓

体外受精*顕微受精にチャレーンジ!!


不妊治療がんばるぞ!


ブログ村に参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです。
     ↓↓↓
 にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ