推敲しないブログ

見たことしたこと聞いたことを適当に書きます。

移転しました。

ブログを以下のURLに移転しました。
http://jobless-fish.com/
このブログは残しておきますが、更新はほぼないと思います。
ブックマークの変更等よろしくお願いします。

組みました。

4年ほど前にインテル入ってないPCを組み、当時既に流行の先端からは階段3段分は離されていたものの初めてのマルチコアCPUに喜び、最近まで戦って来ました。しかし、最近なんだかパソコンが重い…steamのセールで安かったから買ったL4Dがまともに動かない…といった現象に悩まされ、ガンガンガン速のようなイン○キツールに頼る程の頭も持っていないため、新調することにしました。

先代のPCでは、メモリもDDR2だったりと古いため、今回流用するパーツはなし。ただ、データ移行と容量確保のため、Cドライブ以外のHDDは後々載せ替えます。先代のPCも動くままとっておきたいのでOS入りHDDは残しておきます。
アマゾンウィッシュリストの購入済み欄を見ると一発でわかりますが、今回の構成は以下の通り。基本的にコスパ優先です。

ケース
Fractal Design Define R4

前のPCがHDDとケースの共振もあり、うるさかったので、おすすめされた静音ケースを購入。

マザーボード
ASUS P8H77-V

PCIe、DDR3の端子数とUSB3.0、そしてサウンドカードなしでのSPDIF出力が可能でお安い。

CPU
Core i5-3470

IntelのCPUがマルチコアになってから初めて買うので正直全くわかりませんが、なんとなくコスパ良さそうな気がしたチョイス。Ivy BridgeでQuick Sync VideoというH.264でハードウェアエンコードできる機能が載っているらしいことを聞いて。
CPUクーラーはお金がないので箱に入ってたリテール品です。

グラフィックボード
GIGABYTE GV-N65TOC-2GI

グラボもまともに載せるのは初めてなのでよくわからず、15k程度で良さそうなものを適当にチョイス。
steamでそれなりのゲームが遊べますように。

メモリ
CFD W3U1600F-8GE

8GB二枚組の中から安いものを。マザボのDDR3スロットが4つのものを選んだのは8GB4枚で将来的に32GBにできるぞ!という頭の悪い考え方から。

SSD
Intel SSD 510SERIES 120GB

このSSDだけ、昨年秋葉原のショップが6000円くらいで売っていた時に確保しておき、1年近く塩漬けになっていた。OSインストール用だが、今までにSSDを使ったことはない。

HDD
Western Digital WD30EZRX-1TBP/N

120GBのSSDだけじゃ一瞬でパンクするのでやっぱりHDDも必要。3Tで10k程度(購入当時)という安さに惹かれ購入。概ね評価も良いようで。

光学ドライブ
Pioneer BDR-208BK/WS

時代はブルーレイである。ソフトもBDとDVDとが並んでたら迷わずBDを買うし、再生するためのマシンパワーに不足はないので、安くてうるさくないものを購入。ディスプレイが1つしかないのでいちいちPS3で見るのも面倒なんです。

電源
玄人志向 KRPW-L4-500W/A

怖い。
先代PCで7年ほど使った電源が逝った時に交換したのもけいあん!だったので今更玄人志向にビビるのもアレですが、けいあん!も翌年にはPCを新しくする予定があったからこそのチョイスだったのに今回はそんな予定はとてもじゃないけどない。でも電源って何を買えばいいんだろう。不思議なお値段の高さがないか?
今回、安心を買うお金がありませんでした。

OS
Windows7 Home Premium 64bit

8が出てはいますが、触った感じがよろしくないのと、今使っているHW/SWの互換性について悪い噂を聞いたので7を購入。また、グレードが高くてもXP互換モードなんて一度も使ったことがなかったのでHome Premiumで。
8なら1万円でお釣りが来るみたいです。

以上。

アマゾン価格では結構しますが、色々とこれより安く買っているのでなんとか10万円の予算で間に合わせることができました。
実際使った感じは劇的にではないけど速い。でもこれってOSをクリーンインストールしたからなの?SSDのおかげ?それともマシンパワーが上がったから?全部?わからん。
性能の向上は非常に感じます。L4Dも最高画質で動くし、動画はソフトウェアエンコードでも4倍速でエンコードできるし。重いと感じるシーンも特になし。動作音はケースのおかげもあって大変静かです。
質問がない限りこれ以上のレビューをする必要も知識もツールもないし、そもそもアマゾンの商品ペタペタ貼ってるブログを見てやってみたいという企画なので以上です!

遊びました。

巷では仮面ライダー無双などと言われているらしい仮面ライダー バトライド・ウォー、プラチナを取るまで遊んだので何か書いてみようと思います。
このゲームは、平成ライダーを操れるアクションゲームで、最近のライダーシリーズなら2号ライダーもプレイアブルキャラとして出てきます。ゲーム内容は、ライダー無双と言われるのも無理のない敵の出現の仕方で、各シリーズの下っ端戦闘員キャラがわらわらと襲い掛かってきて、それを倒しながら進んでいくとボスが出現するステージ制。
しかし、このゲームの売りは戦闘員をバッタバッタをなぎ倒す爽快感ではありません。
仮面ライダーを操り、あの必殺技を決める。そういうゲームです。ファイナルベントあり、アクセルあり、平成ライダーには欠かせないフォームチェンジも搭載してます。
俺はあのライダーをグリグリ動かしたいんじゃい!という方は今すぐ買いましょう。

ゲームには主に2つのモード、クロニクルモードとライダーロードがあり、クロニクルモードは所謂ストーリー。記憶も正常な意識も失ったライダー達をウィザードが開放してゆく所から始まりあれやこれやします。各ライダーのシナリオでは、TVシリーズの再現のようなシチュエーション設定がなされておりライダーファンが楽しめる作りになっています。そもそもこのゲームを買うのはライダーファンかトロフィー厨くらいでしょうが。
ライダーロードは3ステージが1セットになって、HPが次第に減少していくなどの条件がそれぞれ付いたものです。

ただ、このゲームにはあまりよろしくないところも多々あります。
例えば、ライダーロードのステージはクロニクルモードの使い回しであること。
敵の数が少ないこと、それもボスの数が少ないので「またお前か…」となるあたり。
ボスキャラの止めは必ず◯+△ボタンで出る必殺技を使わなければならないことなどです。

このゲームは楽しいです。しかし、良質なキャラゲーが必ずしも良質なアクションゲームでは無いということを踏まえて買うかどうか考えましょう。
個人的には、続編での改良を期待する僕のために買ってください。という感じです。



このページのトップヘ