2006年01月04日

☆SNA☆柔道の野村が現役続行を決意。

柔道の野村が現役続行を決意。

アテネ五輪で男子柔道60キロ級3連覇を達成した野村忠宏選手が、北京五輪を目指して現役続行することを発表しました。

野村選手は、アテネ五輪後は競技から離れ、去就については明らかにしていませんでした。しかし、その後徐々に本格的な練習を始め、今月7日の天理大学の初けいこにも参加する予定だそうです。

うれしいですね〜♪

オリンピック4連覇は、近代5輪ではカール・ルイスしか達成していません。

歳を取るとスピードが落ちて不利になる柔道の軽量級で、3連覇できただけでも奇跡のような快挙ですよ。

北京で野村選手が4連覇を達成するシーンを見たいですね♪

saba121 at 22:35│Comments(3)TrackBack(2)clip!☆SNA☆ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 柔道五輪4連覇に向け野村が現役続行  [ 芸能&スポーツ瓦版 ]   2006年01月12日 15:54
5 柔道五輪3連覇中の野村が4連覇に向け現役続行を表明。 柔道五輪3連覇も世界で独りだが4連覇を達成すれば凄いし 誰も抜けない記録になるだろう。
2. 野村が現役続行  [ スポーツNEWS ]   2006年01月13日 06:30
アテネ五輪男子柔道60キロ級で金メダルを獲得し、日本選手初の五輪3連覇を達成した野村忠宏(31)が、2008年北京五輪での4連覇を目指して現役続行の意思を固めたことが5日までに分かった。

この記事へのコメント

1. Posted by 涼介   2006年01月05日 15:30
野村選手が現役続行決定したんですね。
ジャンクスポーツなどでのトークも大好きですがやはり柔道をやっている姿が1番ですから期待せずにはいられません!!
2. Posted by タクヤ   2006年01月05日 17:52
素直に言えば嬉しいです。
しかし、日本柔道界全体を通して見てみると、手放しで喜べることではありません。昨年の世界柔道でも、60キロ級は惨敗しました。その状況を憂いて、野村は現役続行を決意したのかもしれません。もし、1年間競技から離れた野村に若手の選手が負けるようなことがあれば、日本柔道界の未来は暗いです。
谷の48キロ級だって、例外ではない。出産して1年競技から離れた選手に金メダルを獲らせていいのか?目先の栄光だけでは、継続した強さは保たれない。
生意気なことを書いてすいません。
3. Posted by SABA   2006年01月05日 22:09
>涼介さん、そうですよね〜。野村選手はやっぱり柔道をしている姿が一番ですよね!

>タクヤさん、コメントありがとうございます。僕が勉強不足でした。。野村や谷をおびやかす存在が出てこないのは問題ですよね。軽量級の若い人材には頑張ってほしいです。柔道は日本の国技みたいなものですから、しっかり選手を育成していかないとダメですよね。

僕は生意気とか気にしないので、これからもドンドン書き込んでください!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔