40歳から「差がつく生き方」を読み、確かにこの時代で差がつくなあと感じました。


博士いわく、社会的には40歳前はお子様だそうです。


それは、ようやく知識が身に付き力も発揮できるまでそれくらいかかるということです、


一方、世の中には重鎮の方々もいらっしゃるので、年を重ねても働かれているかたは沢山いるわけです。


その様な方々の支配下で生きるのか?


まったく新しい切り口で生きるのか?


博士も言われる


ノットノーマルに生きるのか?


という選択に迫られる年代とも言えます。


自分の人生やりたいことをやって死にたいですよね?


私の40代のクライアントさんや知人などとも話す機会がありますが、この時期はかなり激務をこなしいる様子が伺えます。


働き盛りで仕事が面白くなるのもこのあたりの年代ですね。昇進や昇級もあれば家族や周りからも期待され張り切ってしまう。


私もかつてそんな時期がありました。


上場企業の海外法人の立ち上げで、現地責任者として奮闘している時代です。


立ち上げ時期は楽しいもので、そんな機会をいただけたのは今から思うと感謝しています。


私の時代は、MBAコースをいけば企業の幹部になれるともてはやされてました。


私は、その選択肢を諦めて、コンサル会社に入ってサラリーを得ながら身につけさせていただきました。


結果、かなり鍛えさせていただきました。


今はすっかりMBAという言葉も聞かず、企業においては腫れ物に触れる様に扱われ上手く人材を生かせきれていないのが実情なのではないでしょうか?


その大きな理由は、過去の成功事例はもう役に立たないといことがわかっちゃたからだと思います。


実はコンサルも同様です。


それだけ、環境の変化が速く対応を迫られているからだということです。


ここで考えなければならないのは、これまで通りの働き方ではもう通用しないということです。


あなたの会社の外の世界では


ということです。


一生懸命働いていることがご自身の会社の仕事だけに時間を120%使ってしまったら、場合によってはキャリアをよそで生かせない可能性もあることを予測しておかないとなりません。


さもないと、企業のレールに乗っかって身動き取れない状況になってしまうのです。


私の場合は、次のゴール設定があったので極力ゴール側の時間を作りました。


さもないと、肩書きや周りからの期待、そこそこの給与の鎖に縛られてしまいます。支配者の思うツボになりかねません。


40代は時間と本当にやりたいことを見つけ、ご自身の価値を高めていくことが非常に大事だと考えます。


そして、あなた自身の健康です。


健康無くして良いアイデアは浮かびませんし、行動にでません。


この年代はストレスもかなり出てくるときです。自分に鞭を打って仕事をするのは危険でもあります。


燃え尽き症候群


まさに大事な身体に、ダメージをあたえかねません。


こちらの現役医師ドクター石川のブログも参考になります。

https://waku-waku-life.com/%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81%e6%b4%bb%e5%8b%95/249


もしあなたが30代なら人生のゴール設定を見直してみてみましょう。


また、40代であれば、しっかり自分の時間を作りましょう。


会社を数日間休むのも手です。

やりたいことをなんでもやってみる。


先ずはそこからはじめませんか?


お知らせ


あっという間に目標達成するワークショップ広島開催!12314時より


詳細はこちらまでご参照下さい。


http://blog.livedoor.jp/sabaiking/archives/35793780.html

IMG_0771