IMG_0219

ゴールの達成は実は、すぐそこにあるのに、直前で諦めてしまう方も見受けられます。


わたし自身も、これまでビジネスやスポーツにおいて、相当な修羅場があったのですが、クリアしてきたつもりです。


ゴールを達成すればするほど、難易度も上がって来るようです。


これは自分や、クライアントさんを見ててあらためて感じます。


ゴールに近づくと実はエネルギーが一時的に落ちるのです。


気が緩む


そんな感覚でしょうか。


特に苦しかった、きつかったと感じるほどそんな感覚がやってきます。


その後、エネルギーは落ち続け、場合によっては、ゴール直前で諦めてしまうことに。


マラソンで言えば、後ろから追ってきた選手に、抜かれてしまうということです。


ここでで大事なマインドは、

セルフコーチングです。


苦しかったら、一旦休むなり、

止まってみる勇気を持つことです。


さもないと、達成できない理由を天才的に考えてしまいさらに苦しくなります。


ここで頑張ったり、身体を酷使してはいけません。


例えば、営業マンであれは、身を粉にして営業しても結果が伴わず、上司から叱責を受けることに恐怖を感じてしまう。

そんな時もあるかとも思います。


私もかつてそんな時が何度もありました。


そんなときは、むしろ気分転換したりして、リラックスすることです。


この傾向は、真面目に取り組む方に多い傾向です。


別に殺されることはないと思えば腹もくくれますし、その決心によってスコトーマが外れます。


常にゴールを達成している映像、契約している映像、お客さんが笑顔になっている映像を浮かべて見ることです。


また、これまでの営業パターンも変えてみることです。


悪循環に陥っているのは、過去の成功パターンであることがよくよく分析していみるとそのような傾向です。

なかなかか、お客さん、クライアントさんがと契約できないメカニズムはここにあります。


私は、IT

営業からスタートし、ソリューションセール、コンサルタント、コーチングと様々な場面で無形のサービスを30年程販売してきました。


私にやって来るご相談も最近多くなってきました。


もし、現在営業アプローチでお困りでご相談ご希望のかたはメールにてご連絡ください。無料でのご相談を受け付けております。



金子和宏宛て

coach.hiroshima@gmail.com


1.お名前

2.業種

3.どのようなサービスを営業されているのか?

4.相談内容


おしらせ


広島リビングに掲載いただきました!


https://book.living.jp/ebooks/living/hiroshima/hiroshima/20190107/index_h5.html#11


あっという間に目標達成するワークショップ広島開催!12314時より


詳細はこちらまでご参照下さい。


http://blog.livedoor.jp/sabaiking/archives/35793780.html