yogurting ヨーグルティング

2005年02月

2005年02月27日

今日は日曜日。だから明日は月曜日。

久しぶりにエロゲースペースに点をいれました。
だから今日はそれだけ。
ついでに明日も書けないと思う。
日記って毎日書かないとダメなのだっけ。
でも1月続いたのでこれからも何とかこう。

sabamiso_es at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月26日

夢は続いていく、それはつまり問題の先送り

昨日の続き

キャラ設定
ソフリーン[母親]
魔女界では三毛猫のオス並に出生率の低い男の子を妊娠したことが判明し、
その為に人間界に永住することになった。13年前に宇宙に旅立った夫と
携帯電話でメールのやり取りをしている。つまり「ほしのこえ」。
ウラシマ効果で年を取らない彼といつか再会する日の為に
13年前から自分に不老の魔法をかけており、外見と実年齢のギャップが大きい。
今でも彼を愛しているので浮気をするつもりはないが性欲を持て余している。
最愛の彼と自分の息子である主人公相手なら浮気にならないからOKなのではと考え、
魔法で主人公と自分達を便宜上義理関係にする。
ココロとカラダの充実の両立を目指して主人公のちんちんを狙っている。

夏楠(かなん)[妹]
主人公の妹で、人間界で生まれた魔女っ子。アーシアンと呼ばれ、
重力の関係でプラネテスのルナリアンの如く魔女界に行くことが出来ない。
正義感が強く、魔法少女まじかるカナンに変身し町内の平和を守る。
同業者のリリカルなのはにライバル意識を持つ。
先天的に自分に対する他人の悪意を感知する魔力を持っており、人間嫌い。
主人公である兄からは自分への悪意を感じたことがないので子供の頃からお兄ちゃん大好き。
単に魔力が無効化されているだけなのだが、彼女はそれを知らない。
人間は非常に愚かな生き物だがボーイズラブは人類の生み出した文化の極みであると思っていて、
実は華恋のサークル「黒猫公社」の大ファン。
お隣の花音と兄の関係を応援していたが、ソフリーンの魔法で兄と便宜上義理関係になったことから翻意。
確実に大好きなお兄ちゃんのお嫁さんになるべく主人公の子種を狙っている。

隣野なのは[隣の母親]
主人公の成長を監視するために人間界に送り込まれた魔女。任務のために娘達が主人公と親しくなるよう画策する。
実は男性恐怖症で、二児の母だが魔法で精子を採取して受精しており処女である。
歌凛が幼少時の失敗から魔法少女に変身できないため、
娘の代わりに魔法少女リリカルなのは(ロリ)に変身してご近所の平穏を願っている。
リリカルなのはのピンチを主人公に救われた際に、生まれた時から知っている主人公だけは平気な自分に気付き、恋をする。
子持ちでいい年のクセに初恋に酔う夢見る処女(おとめ)。
お互いの初めてを交換するべく主人公のチェリーを狙っている。

隣野歌凛(かりん)[隣の姉]
母親と共に魔女界から人間界に移住。子供の頃好奇心から主人公にチャームの魔法をかけようとして失敗する。
主人公が魔力無効化能力を持っていたことに加え術式が不完全であったことから、副作用で魔法が使えなくなる。
加えてその後遺症から当時の面影を残す主人公と小学校低学年の男子しか愛せない重度のショタコン。
魔法は使えないが、幼少時に高重力の魔女界で生活していせいでパワーだけは他の追随を許さない。
順調に行けば遠からず小学校教諭になる予定。主人公を逃すと色々な意味で後が無いと思っている。
既成事実確保のため、誰よりも切実に主人公の貞操を狙っている。

隣野花音(かのん)[幼なじみ]
母が人間界に移住した後に生まれた。彼女も魔女っ子だが、事情によりそれを知らされていない。
潜在的な魔力が実は非常に高く、幼少時に何度か魔法を暴発させているが
相手が魔力無効化能力を持つ主人公だったため誰もそのことに気付いていない。
大本命の主人公の幼なじみ。業界初ツンデレON/OFF機能を搭載している。
どちらにせよ主人公に好きとは言えない微妙な関係。
主人公の妹の夏楠とも仲が良かったのだが、
2人の関係を応援してくれていた夏楠の微妙な変化に気付いて戸惑っている。
他の4人が彼女の気持ちを考えて主人公に手を出せないでいることに気付いていない。
メディリーンに嫉妬して主人公と大喧嘩をしてしまう。でもやっぱり主人公が好き。

メディリーン[落ちモノ]
魔女界から修行にやってきた魔女っ子。
低重力下での飛行魔法の訓練中に微妙な力加減を誤り主人公の上に墜落する。
その際の記憶を魔法で消そうとして失敗、事情を話して口止めをする。
主人公の魔力無効化能力に薄々気付き、主人公に興味を持つ。
彼女の存在が危ういバランスを保っていた主人公周辺の環境を一変させる。

八尾井華恋(やおいかれん)[図書委員で眼鏡っ娘で大同人物語の同級生]
主人公のクラスメイトで図書委員の眼鏡っ娘。
実は有名な女性向サークルの主催者なのだが学校の同類の友人達には秘密にしている。
図書館に人がいないのをいいことに原稿を描いていたところを主人公に見つかる。
(妹の影響で)ボーイズラブに深い理解を示し、彼女を軽蔑しない主人公を好きになる。
後学のため、同人誌の品質向上のため、主人公の後ろを狙っている。でも純愛。
まず馬からとゆーことで妹の夏楠に接触し、彼女が自分の大ファンであることを知る。

主人公
ロリコンでオタク。ロリコンなので窮地に陥った外見幼女のリリカルなのはを救う。
よもやその正体が隣のおばさんであろうとは思ってもいない。
まじかるカナンは育ちすぎなのであまり好きじゃない。その正体が妹だとは知らない。
魔女界関連のことは何も知らされていない。
高重力下で育った母親の影響か身体能力が高く、魔力無効化能力を持つ。頭も悪くない。
オタクなので眼鏡っ娘に弱い。妹の影響でボーイズラブにも造詣が深く、侮れない。
本当は幼なじみの花音が好きなのだが自分の気持ちに気付いていない。
オタクたるものいつ美少女が空から降ってきても大丈夫なように日頃から心がけていたら、
本当に空からメディリーンが降ってきた。しかも魔女っ子。
彼女の秘密を守ることを約束し、その監視も兼ねて自分の家にホームステイすることを強く勧める。


うーん。どうかなあ。まぶらほの主人公設定も混ぜてみるべきか…。
タイトルは「まほらぶ」とかどうか。いやそれはどうか。



sabamiso_es at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月25日

夢を見た

空を飛ぶ練習をしていて、着地に失敗する夢。
しかも自分じゃなくて見知らぬ女の子だった。
ある日突然空から美少女が降ってくるとかそーゆー類の話は落ちモノとカテゴライズされている。
例えば女神さまとか守護月天とかDearsとかが来るそんな話。
今日はなんとなく昨日?見たその夢の設定を色々考えてみる。

とりあえず飛ぶ練習をしていたのだから魔女っ娘という方向性だろうか…。
まほこい(アトリエかぐや)っぽいイメージで。
まほこいもまじかるアンティーク(Leaf)もそうだけど、
初登場時にハプニングがあって主人公に何らかの影響が出るのが割と定番か。
とりあえず思いつかないので保留。いっそ無くてもいい気もする。
魔女っ娘が居る理由はまあ人間界に修行に来たってコトでいいだろう。
あーついでに子種を得る為に来ている、というのでいいかも知れない。
魔女界には女しかいないので、修行と子作りを兼ねた実習が人間界で行われるとゆー。
とすると受精したらすぐ魔女界に戻ることになるのか。
そのへんで何か理由が欲しいな。こう超感動的な。奇跡が交通事故みたいな。
んー魔女界の重力は人間界の6倍あるってゆーのはどうか。
「プラネテス」(アニメの方のイメージで)のルナリアンのような感じで、
人間界で産まれた魔女っこは、魔女界の重力に耐えられない。あー多分そんな。
ルナリアンは確か身長が高くなるとかあったけどそれはナシにしよう。
人間界で産まれてしまうと、本能的に魔力によって重力の影響を軽減する術を知り得ない、とか。
呼称は「アーシアン」(高河ゆん)かな?えー。まあいいや。
じゃあ誰か別のキャラが実はアーシアンだった、という設定を入れよう。妹とか幼なじみとか。
妹、かな。すると母親は元魔女っことゆーことになるし…。そうだ。主人公の出生の秘密を入れよう。
主人公は魔女の子供だが、魔女界では三毛猫のオス並の低確率で生まれてくる男であることが判明。
その為、母は魔女界に戻らず人間界に定住してその子がどう成長するのか見届けることになった、と。
すると主人公の特殊能力は魔力無効化だな。ネギまじゃなくて「隣の巫女さんは皆笑う」(えろまんが)っぽく。
三毛猫のオスはほとんど生まれてこないので、オスには魔力が通用しないとかそんなん。
魔女界の男には魔女の魔法が通用しないのだ。で、その事実はまだ知られていない。
その後に妹が生まれると。妹は女の子なので魔女っこなんだけど、
人間界生まれなので魔女界には行けないアーシアン。地球人を監視しているのだ!
あー違うか。アーシアンを天使が監視しているのだった。
面倒なので魔女っ子としてご町内の平和を守っているとかそれでいいだろう。
名前は「加奈〜いもうと〜」(D.O.)。まじかるカナン(Terios)に変身するゾ!うーん。
義理じゃないとまずいので母親の魔法で義理になっていることにしよう。
主人公はソフリーンの魔法で母と妹とは便宜上義理関係になっている。
だから母親の名前はソフリーン。ん、これでよし。
あとは幼なじみの設定をどうするか、だが。
主人公の成長を監視するために魔女界からお隣に送り込まれてきた刺客とか。
刺客じゃないね。それこそちはやと影艶みたいなカンジで?
子連れのほうがいいだろうということで母娘で。その娘が幼なじみ。
それだと生まれた世界に比べて重力が1/6ってことになるのでのび太くんでも大活躍だな。
ラピスラズリの王冠(少女漫画)みたく怪力だけど魔法はいまひとつなイメージでいきましょう。
いやホントは優秀なんだけど、子供の頃初めて人間界に来た時にいいつけを破って
主人公に魔法を使って失敗したので自分には素質がないと思い込んでいる、とかが面白いかも知れない。
そのへんから主人公の特殊能力が判明していく、とかそんな展開にも使えそうだし。
えーとそれは主人公よりちょっと年上の長女ということにしよう。
で、次女は主人公より少し後に人間界で生まれたアーシアンということに。こっちが本命。
長女が主人公に魔法を使って失敗した点を踏まえて、次女は魔法に関する事実を知らされずに一般人として育てられ、
主人公と仲良くなるように仕向けられるとか。
ARMS(皆川亮二)みたいだな。ホントは次女にも魔力の資質はあって幼少時に何度か魔法が暴発するんだけど、
幼なじみの主人公が魔力無効化能力を持っているので誰も気付いていない、とかね。
これで幼なじみが2人、空から降ってくるのが1人、妹が1人、母親と隣の母親で2人。
あとは最初から主人公が好きな内気な同級生(眼鏡っこ)とかがいいかなあ。役割は後でテキトーに決めよう。
キャラ設定は概ねそんなかんじ?

続く。

sabamiso_es at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月24日

魚屋さんのこだわりの味

こだわるのはいいが明太キムチのどのへんに魚屋のこだわりが関係するのだろう。
ちなみにたいしておいしくなかった。
牛乳屋さんのコーヒーは結構好きだ。
魚屋と言うと、今でもチコタンを思い出す。
正確には「チコタン -ぼくのおよめさん-」であるらしい。
チコタンと言うと、君が望む永遠を思い出す。
と言うより初めて君望の体験版をやったときに真っ先に思い出したのがチコタン。
最初に聞いた時はまだ小学生だったから、その手のパターンの原体験がチコタンだったと思う。
君望の体験版をやるまですっかり忘れていたけれど。
交通事故で云々という展開自体は珍しくもなんともないが、
それだけ当時の自分にとって君望の体験版は衝撃的だったのかも知れない。


さよならまゆみちゃん 藤ノ森病院物語
さよなら。

sabamiso_es at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月23日

少女魔法学リトルウィッチロマネスク

Littlewitchの新作のタイトルを今ごろ知ったのでした。
だって先月号のBugBugに載ってなかったんですもの。
少女魔法学です。ロマネスクです。
大槍葦人はスゴイ。スゴイぜ!と思わずにはいられませんでした。
なんかこう大槍電波が出ていました。
ゆんゆん。
昔同人誌に書いてた、漫画を描く理由のほとんどすべて。(何なのかは長くなるので割愛)
それは漫画からエロゲーに移行した今でも、彼にとってそうなのでしょうか?


これが私のご主人様 3巻
アニメ化らしいです。
ぱんつに期待します。
パンチラがすばらしい萌えアニメがしょぼいことは少ない気がします。
つーか最近のそっち系のアニメは全般的に作画が微妙です。
まほらばを見ていると、いろいろ考えさせられます。
何事も、基本が大事です。
そして多分、これが私のご主人様に求められる基本とはエロだと思います。
しかしそれはエロゲーのエロではなく、少年誌のエロなのだと考えます。
つまり(以下略


sabamiso_es at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月22日

ムーンプリンセスのカレーはインド味なのか?

言わばインド哲学。
カレーとはインド哲学であり、インド哲学とはカレーである。
電撃大王の4月号を買って読んでいたらシエル先輩がカレーパンを食べていた。
ムーンプリンセスとはつまり、月姫のコトである。
DUEL SAVIOR(戯画)の主人公曰く。
「俺のいた世界では聖職者はカレーしか食べない。」(微妙に違うかも)
そう彼女は聖職者なのだ。
カレーでメガネで6位だから応援せずにはいられない。
ただカレーが好きだというだけで。
そのキャラにはカレー好きというイメージが付きまとう。
ただメガネをかけているというだけで。
そのキャラにはメガネっ娘という呼称が付きまとう。
それは相反するようでいてそうではなく、
シエルはカレーでありインドでもある。
インド哲学のなんと奥深いことか!

今日の教訓
人間眠いとロクなことを考えないものだ。

sabamiso_es at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月21日

キネティックノベルについて知っている二、三の事柄

キネティックノベルはミナコの盗録商標だ、なんてことはなく。
http://kineticnovel.jp/
見た感じ、まだ3本。しかも多分売れているのはKEYのplametarianだけだろう。
発表当初のVA代表取締役はなかなかに強気で、
従来の美少女ゲームの欠点など語っておられた。
これらの問題点をキネティックノベルはどう克服したか?それを考察してみようと思う。
ちなみに1本も買ったことはないので基本的に机上の空論である。(体験版はやった)
欠点その1. 5000〜1万円と高価
キネティックノベルの標準価格は1050円。果たしてこれは安いのか?
テックジャイアン買ったほうが良さそうな気がしなくはない値段だ。
勿論普通のエロゲーに比べれば価格は1/6程度だが、DL販売では
テレカも付かなければある種のエロゲーマーにとっては欠かせないファクターである箱もついてこない。
いやそもそもキネティックノベルはエロゲーではないのだ!あーそうだ。うっかりさん。
ちなみにCLANNADはS○fmapのソフト買取検索ではWinアダルトのカテゴリに登録されている。
一般向けには登録されていないので気をつけよう。
ではキネティックノベルのターゲットはエロゲーマーではないのか?
しかし今まで一度もエロゲーの類を1本もやったことがない人はキネティックノベル自体知らない可能性が高い。
全年齢向けだから18歳未満もターゲットに成り得るだろうがそうすると今度は値段が問題である。
1000円で100円の古本を10冊買って2人の同類と貸し借りすれば30冊くらい読める。
買うついでに立ち読みもできるし、何より手元に本が残る。
小中学生の経済事情を考えるとそのへんが現実的だろう。
加えて、例えばCLANNADではヒロインが本を切り刻んでも一切の贖罪も何のフォローもないが、
活字に少なからず愛着のある人間にとってみれば本という存在そのものが特別の意味を持っているのではなかろうか。
多分少なくともオタクにとっては持っていることそのものに意味があると思う。
漫画らき☆すたにもそのような一節がある。
とか考えると1つ1050円のキネティックノベルは一体誰にとってお買い得なのだろうか。

長くなったので続く。



sabamiso_es at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月20日

ニュース速報とアニメの録画と明日の天気

テレビでニュース速報が出ていて
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__994198/detail
何となく鳥インフルエンザの時の浅田農産を思い出したのでした。
しかし人は死んでも生き返るらしいです。ゲームのせいです。ゲーム脳です。すげー。
ボクはゲーム脳なので認知症と全く同じ症状が出て、
10年ほど前から5分前に読んだ漫画の内容すら思い出せません。
だからエロゲースペースに書いたコメントも日記もみんな嘘なのです。
だってゲーム脳だから。
15年程前からゲーム脳は日本中に蔓延しており、
学校のトイレがどこにあるのかも思い出せない児童、生徒、学生が
全国で10万人以上居たといいます。もちろん嘘です。
だってゲーム脳だから。
そういえば、痴呆症も認知症と名称変更がされた訳ですが。
所謂混血の人の呼称について「ハーフ」ではなく「ダブル」という話は
10年くらい前からある割に未だに浸透しておりません。
結局のところどれだけ綺麗事を並べ立てた所で本当の意味でのマイノリティが
差別されている実状には大した変化はないと言うことでしょうか。
エロゲーでもよくその手のキャラは出てきますが、
周囲のキャラは臆面もなくハーフハーフと連呼しております。
自分が知りうる限りにおいて1本だけ、
この点について当事者のヒロインが言及しているエロゲーがあります。
それはネルの「碧ヶ淵」。
原画は瑞井鹿央。エロいです。初単行本「Slow Step」発売中!宣伝です。
話がそれ過ぎです。だってゲーム脳だから。
おやすみなさい。


3年前の今日の夕食
思い出せません。だってゲーム脳だから。

sabamiso_es at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月19日

おとボクにボクは恋してる

通常版も概ね完売のようだった。
話題作が売れるのは悪いことではないけれど、それしか売れないのも考えものだよなあ。
まあ知ったことじゃないけどね。


ラバーズ7 〜伊勢佐木真剣卓球師外伝〜 3巻
ヒロインのなつきが可愛いと思えないと面白くも何ともなさそうなラブコメ。
3巻に至っても未だに卓球をちゃんとやっているのは偉いと思う。
ハヤテのごとく! 1巻
この漫画を楽しめる時点で負け。何かこう色々な意味で。
清い心で見るとラブコメなのかギャグ漫画なのかどうなのか。

sabamiso_es at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月18日

あんなに偉そうだったのに

「全てのロボットアニメは道を譲れ」とか言うキャッチコピーを店頭で見かけた気がするのだが!
ジンキエクステンドのアニメはどうしてあんなに面白みがないのだろう。
何が画期的な訳でもない話をあんなに端折ってしまっては盛り上がりようもない。
一応最後まで見るつもりではいるけれど、ロボよりぱんつ。やはりぱんつ。
伏線より何より赤緒や青葉がどれだけ凄いのかってことが全く伝わって来ないので、
そこだけでもどうにかして欲しい。でなければぱんつ。
ぱんつの魅力というものは文章だけでそうそう表現できるものではない。
だからアニメにぱんつを期待するのは間違いじゃない。
アニメって動画だからこそって部分をもっと活かせないものかなあ。
格ゲーとかSTGの類のスーパープレイみたいに、
伏線でも演技でもなくただ動いているだけで凄いというロボットアクションを見てみたい。
何せロボットアクションの最高峰らしいからね、ジンキエクステンドは。
人型の巨大ロボットが動くってこと、それって凄いことだと思わない?

魔法先生ネギま! 9巻
麻帆良祭編に突入。20ネギまで100点だとすれば9ネギまで45点な訳ですよ。
定価8800円なんだからヒロインの数だけでも負けないエロゲーを作ろう。
魔術語彙録が少なかったのが残念といえば残念か。
サンデーしか買わないのでコナンか犬夜叉あたりとネギまをトレードして欲しいところ。


sabamiso_es at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)