yogurting ヨーグルティング

2008年02月

2008年02月17日

命の選択を

面白い漫画を読むと、面白い漫画が読みたくなる。
描きたくなる、ならきっと違う人生を送っていたであろうと思わなくもない。

要するにFILIPFLOPsの同人誌を読んだ影響で漫画が読みたくなったものの、
いい加減未完の読みかけ漫画が増えすぎたので減らすことに決める。
以下リストアップして検討。
blogに書いておくとネットカフェで漫画読むとき便利なので。

5点満点

・ぺんたぶx神葉理世「腐女子彼女。」
ビジュアル 4
上手い。最近のやおいは全く知らんけど多分長いこと壁。
パターン 3
まあ妥協の範囲内か。腐女子という時点でそれなりに面白いので、
セオリー通りでもまあ問題なかろう。
オーラ 3
セキレイの死神(ショタ)ほど強烈な何かは感じないが悪くはない。
ポテンシャル 4
普通の少女漫画と違ってどう展開するのか読めないのはかなりポイント高め。

・鈴木ジュリエッタ「悪魔とドルチェ」「カラクリオデット」
ビジュアル 2
絵は好みが合わないので駄目。
パターン 4
ドルチェはともかくオデットはかなりいい。
オーラ 4
絵を見ると、何となく面白いのがわかる。花とゆめコミックスでは大事なこと。
ポテンシャル 2
先の展開はさほど気にならない。が、総合的に切るようなレベルではないか。

・田中メカ「キスよりも早く」
ビジュアル 4
割と好き。今の錬度なら4点あげてもいいか。
パターン 3
ありがち。でも好きだから仕方がない。
オーラ 3
ふつう。
ポテンシャル 2
先の展開はさほど気にならない。が、総合的に切るようなレベルではないか。

・林達永x金光鉉「フリージング」
ビジュアル 2
今一歩。「青い涙」(エロゲ)のときも思ったけど、韓国人の好みと自分の好みの差だろうか…。
パターン 2
組み方が今ひとつな気がする。バトルのルールとヒロインと主人公の関係、
それに話の方向性の3つがあまり上手く噛み合っていない。
極端な書き方をすれば、ヒロインと主人公の関係が上手くいけばバトルに勝てるようになり、
それが話の進展に繋がる、というのがセオリーだが学園内のバトルに勝っても話は進まないし
主人公の存在意義がイマイチわからない。
せめてもう少し主人公の潜在能力についてハッタリを効かせないと、
ヒロインのパートナーが主人公でなければならない理由がわからない。
オーラ 1
何も
ポテンシャル 2
割とどうでもいい。ということで、しばらくサヨナラかな。

・城爪草「われは剣王っ!!」
ビジュアル 2
城爪草の絵は上手くなりそうで上手くならない。
パターン 3
前述のフリージングとパターンが似ているが、組み方はかなりマトモ。
惜しいのは、学園内の戦闘で領土の命運が左右されるという点が解り辛い事。
裏で学園外の大人の権謀術数が渦巻いている、とか世界の広がりを感じさせる描写が欲しい。
1巻しか読んでいないので、2巻でそういう手順を踏んでいるかも知れず。
オーラ 3
少なくとも、CCCの同人誌からは割と強めの電波が。
ポテンシャル 3
主人公が強くならない(かも知れない)、というのは能力バトルとしてはどうなのか。
そこが見所と言えば見所だが…。

・こいおみなと「ALTO アルト」
ビジュアル 2
嫌いじゃない。が上手くもないよなあ?
パターン 4
70年式悠久機関の袁藤沖人が電撃帝王でやっていた「ガンナーズ ヘヴン」みたいなネタ。
がまあ1巻を読む限りでは中々上手く組んでいると思う。
主人公とヒロインが協力して飛行機を飛ばす、という流れに無理がなく、無駄も少ない。
オーラ 2
あんまり。袁藤沖人の方が雰囲気はあるのではなかろうか。
ポテンシャル 4
先の展開は結構楽しみではある。継続。

・渡辺静「CHIMES 〜チャイムズ〜」
ビジュアル 2
そこそこ期待できそうだが錬度が駄目。1年か2年後くらい修行しなさい。
パターン 4
細部に関して「少年漫画だから」というのを念頭に置けばかなり上手い。
というか話は単純なのだが実際にここまで上手く手順通りに描けているのは中々見ない。
オーラ 1
正直駄目そうにしか見えない。
ポテンシャル 4
も少しラブコメ寄りになるとかなりいい感じだ、頑張って欲しい。

・山田秀樹「魔乳秘剣帖」

素晴らしい。

・有楽彰展「鬼切様の箱入娘」

東京アンダーグラウンドは…だったが、これは案外期待できそうな。

・青本もあ「おまかせ精霊」

なんか一般向けサークル出っぽい絵。ちっこい精霊が意外に可愛い。
そこそこ面白くなりそうな感じ。

・鎌池和馬x近木野中哉「とある魔術の禁書目録」

冬川基の超電磁砲に比べると悲しいくらいにオーラが無い。
あと時々パースがかなりおかしい。がまあ所詮ガンガンだから妥協の範囲内か。
原作読んだこと無いけど、設定の組み方からしてそうそう外さないだろう。

・鎌池和馬x冬川基「とある科学の超電磁砲」

表紙を見たら面白いのがわかるらしい。そこまででもないと思うがどうか。
連載読んでるけどまあそれなりに面白いのは確か。

・つくりものじ「俺野鳥観察記」

かもはうすバンザイ。

・へかとん 「魔界戦記ディスガイア2」

地獄極楽テンペストかエロの方がいいなあ…。
小梅けいとのくじアンの時みたいな気持ち。一旦切ろう。

・アリスソフト/さめだ小判「戦国ランス」

オリキャラが主人公。鳴瀬ひろふみ版よりは期待できそうか?

・藤枝雅「飴色紅茶館歓談」「乙女色StayTune」「ティンクルセイバーNOVA」

ティンクルセイバーNOVAだけ百合電波が弱いので切るか。

・ぢたま某「Kiss×sis」

これが多分昔ぢたまが書いていた自分的に近親相姦モノはやっちゃ駄目、というやつ。

・東雲太郎 「キミキス」

相変わらずエロい。切る理由が無い。

・桐原いずみ「白雪ぱにみくす!」

案外「ひとひら」より面白いかも知れない。
でもなんというか、絵的にあんまり派手で展開の早い話は向いてない気がする。

・FLIPFLOPs「世界樹の迷宮II 〜六花の少女〜」

どうなのかしら。

・河下水希「初恋限定。−ハツコイリミテッド−」

切る。

・遠藤海成「クリア・クオリア」「まりあ†ほりっく」

破天荒遊戯は完結するまで見なかったことにする。
「クリア・クオリア」がつまらないわけではないが、
掛け合いの面白さが同じと考えるとまりほりだけ読んでおけば十分か。
てことで「クリア・クオリア」は切ろう。



つーか寝よう。続きはまた今度


sabamiso_es at 03:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 漫画 

2008年02月16日

デビルズフードケーキ

sabamiso_es at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)