yogurting ヨーグルティング

2008年07月05日

新番始まるけどアニメ見るの疲れた(最近のまんが)


というか図書館戦争のあの泣きゲーライクで無理やりな終わらせ方はどうかと思いました。
あーあと(原作は知らんけど)2つある漫画版の柴崎ととみゆきち声(アニメ)の柴崎が
結構違う感じのキャラに仕上がっていたのに、結局イマイチ見せ場がなかったのも残念。

かのこんはエロ
Fは鉄板
R2はバランスが…。
というかFと真っ向勝負はキツイよなあ。
定番シリーズかつ王道のFの方が有利な上にやることちゃんとやってるんだもの。
アレに勝るのは容易ではあるまい。
特にアニメは話数制限もあるので、前例のないシナリオだと尺すら合わなかったりする訳で…。

最近のまんが

・武井宏之「シャーマンキング」全32巻
見事な打ち切り。ってーかそんなとこで打ち切らんでもええやん。
いくら一般少年誌ではビミョーな感じのセンスとはいえジャンプで30巻も持ってるのに…。
サンデーなら打ち切られなかったかもかもだな。もうサンデーいらんけど。
巫力の差が戦力の決定的な差、とか言いながらところにより
巫力の差を戦術で覆すのがシャーマンファイトの真髄、みたいな言説も見られてジャンプ的。

・春田なな 「サボテンの秘密」全4巻
サボテン=ツン、みたいな?サボテンの中身はデレに違いない。
が、短いので大してデレない。


・江尻 立真「P2! let’s Play Pingpong!」全7巻
マンキンはまあまだ許せるにしても、P2を打ち切るジャンプはどうかしていると思う。
絵からやおい電波が出ていないからだろうか。
DAN DOH!!の頃の万乗大智の作画だったらよかったというのか!

雑魚は別にして、やおいOKな男オタの方がノマカプOKな女オタより多いのではなかろーか。
雑魚はアレか、ライト層ってゆーの?まあ自分も無難な漫画しか読んだことないとか、
初心者に小馬鹿にされるレベルですが。時代ですね。
(というよりBLもエロゲーも知らないようなレベルでオタクとか言われても困る。)
と思ったが裏付ける根拠も実体験もまるでない。
いやそうでもないか?年季をX軸、OKな率をY軸にしてグラフにしたとすると、
年を経るにつれ男のBLOK率が上がって、女のノマカプ許容率は下がる(BL傾倒率が上がる)、
というのは間違ってない気がする。

・めいびい「松ヶ丘エンジェル」
うーん…。まあ面白いことは面白いけどエロ系でノリの依存度が高いのは汎用性がない。
この手のシロモノは濃い人だけが読んで楽しい内輪受けバンザイ的な印象が常に付きまとう。

・山崎毅宜「白球少女」1・2巻
最近描き始めたにしては絵の錬度がおかしい。レベルが高すぎる。
同人でも覚えないしなあ…。絵柄からの偏見だけで言えばガイナ関連の人だろうか…。
読んで面白いと思ったら手順重視派(謎)つまらないと思ったら大技重視派(何?)
であろうか。一般性を欠くのでほとんど意味のない分類だな。
赤松健の言を借りれば助走に時間がかかるタイプだ、滑空が成功するかは別にして。

個人的な好みを言えば、徒に試合を長引かせるより序盤のお約束に手間をかけたほうがいいとは思う。
おお振りとかそういう部類な気がする。(アレは試合も長いが)
さて、おお振りの読者層はどうなのか、年季の長いのが大半じゃないのか実は。
少なくともアニメ化する前あたりまでは。
あーでも書くと長引きそうなので今度にしよう。

・高遠るい「ミカるん×」1巻
なんかこう、同人ですよね。元ネタが巻末で解説されていそうな!
高遠るいはいつもそうだー。

・三田紀房「ドラゴン桜」18-21巻(完)
今更というか今だからか?ドラゴン桜の勉強法とかテクニックとか、
大半は東大受験のためというより東大に受かった灘高の生徒が
灘中受験のために(要は小学生の時)やったこと(習ったこと)だと思う。
でもまあ漫画としては基礎からやるのが正解だよね。
応用テクニックからやるのはマイナースポーツの漫画でルールの説明をしないに等しい。

sabamiso_es at 00:51│Comments(0)TrackBack(0) 漫画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔