みなさんはパリについてどんなイメージをお持ちだろうか?おしゃれなカフェ、ワイン、ルイ・ヴィトン、エルメス、カヒミ・カリィ、アメリ…。
 まあいろんなものがあるだろうが、そういった「お洒落おフランス」の想像世界にあこがれてパリに留学したのはいいけれど、実際のパリは意外と汚いし、服装もダサい人が多いし、移民は多いし、セルジュ・ゲンスブールで勉強したフランス語も意外と通じないし…と落ち込んで心の病気になる人が結構多いのだそうだ。名付けて「パリ症候群」。
 12月13日付けリベラシオン「Des Japonais entre mal du pays et mal de Paris(日本とパリの間で病気になる日本人たち)」でAudrey LEVY記者はパリ症候群の日本人について紹介している。以下に訳す。
«Ils se moquent de mon français et de mes expressions», «ils ne m'aiment pas», «je me sens ridicule devant eux»... Ces plaintes, le Dr Ota, psychiatre à l'hôpital Sainte-Anne, les entend chaque jour. Venus s'installer à Paris, ils sont plus d'une centaine de Japonais à sombrer chaque année dans un étrange état , surnommé «syndrome de Paris», une dépression qui peut se transformer en délire de persécution ou conduire à des tentatives de suicide et qui se déclenche au bout de trois mois en France. D'abord légère déprime après quelques mauvaises expériences dans la vie quotidienne, puis très vite l'angoisse, la peur de sortir, la phobie dans les transports qui prennent le pas. Ne voulant pas renoncer à leur rêve parisien, les patients refusent pourtant de rentrer au Japon.
(「彼らは私がフランス語で喋るのをバカにしてる」「私のことが嫌いなんだ」「バカにされてるみたい」…サント・アンヌ病院精神科のオオタ医師は、こうした悩みを毎日聞いている。パリに移住した日本人のうち、毎年100人以上もの人々が「パリ症候群」と名付けられた異常な精神状態に陥る。パリ症候群とは、フランスに来て3カ月後ほど経つと出てくるようになる病で、初めは落ち込んでいる状態から、やがて被害妄想を抱いたり自殺したくなったりする可能性もある。日常生活でいやなことが何度かあると、軽いうつになる。それがすぐに激しい不安に悪化し、家から出るのが怖くなったり、交通機関を使うのが嫌いになったりする。だが、患者たちはパリに対する幻想を捨てきれないから、日本に帰ろうとはしない。)

Souvent, la situation tourne mal. Et, dans 25 % des cas, une hospitalisation est nécessaire avant le rapatriement. Selon le Dr Ota, lui-même japonais, «le phénomène se manifeste chez ceux qui n'ont pas la capacité de s'adapter à la France à cause d'un choc issu de la confrontation entre deux cultures». Bernard Delage, président de l'association Jeunes Japon, précise, en évoquant la rigidité de la société nippone de type patriarcal : «Ce sont, en général, des jeunes filles très gâtées et protégées. Mal préparées aux libertés occidentales, elles déraillent.» Un tableau complété par Mario Renoux, président de la Société franco-japonaise de médecine : «Les rapports sociaux sont très différents : l'esprit de groupe à la japonaise s'oppose à l'individualisme occidental. Les Japonais privés de ces repères éprouvent rapidement un sentiment d'insécurité.»
(状態がさらに悪くなることも多い。四分の一は帰国する前に入院が必要となる。日本人のオオタ医師によると、「こういった症状はフランスに順応する能力がない人に起こる。日本とフランスの文化が違うものだから、あつれきが出てくるんです」。ベルナール・ドゥラージュ日本青年協会会長は、日本社会が厳格な父系社会であることを挙げ、「こうした人々はたいてい甘やかされ庇護されてきた若い女性だ。西洋の自由社会に慣れていないから、おかしくなっちゃうんです」。マリオ・ルヌー日仏医学協会会長はチャートをまとめた。「集団主義の日本と個人主義のフランス。社会での交流のしかたがかなり違う。日本人は指針を失って、すぐに不安を感じてしまう」)

Notre société ferait donc disjoncter les ressortissants du pays du Soleil-Levant ? Le Dr Ota invoque les difficultés linguistiques et les différences de communication: «Les Japonais timides se sentent agressés par l'impatience des Français. Trop parler est vulgaire pour les Japonais, qui se font violence pour se faire comprendre. L'humour des Français peut aussi provoquer des sentiments de persécution chez les Japonais très sérieux.»
(われわれの社会は在仏日本人をおかしくさせてしまうだろうか?オオタ医師は言葉とコミュニケーションの難しさを挙げる。「内気な日本人は気が短いフランス人に対して責められていると感じる。理解しあうために本心を抑える日本人にとって、たくさん喋るのは行儀が悪いこと。フランス人のユーモアだって、真面目な日本人にとっては非難とみなされることもある」)

Pour le Dr Mahmoudia, psychiatre à l'Hôtel-Dieu, le syndrome de Paris renvoie à une fragilité psychologique plutôt qu'à une incompatibilité entre deux cultures : «Dans le contexte d'un voyage, une dépression banale se transforme en une pathologie spectaculaire. Souvent, le voyage s'inscrit dans un processus de délire du patient et s'intègre à une pathologie psychiatrique préexistante.» Dernière explication : ces troubles psychologiques sont dus à la désillusion des Japonais devant le décalage entre leur rêve et la réalité parisienne.: «Les magazines nourrissent les fantasmes des Japonais qui pensent qu'il y a des mannequins partout, des femmes habillés tout en Vuitton», explique Mario Renoux. Pourtant, la réalité est bien éloignée. Pas de Van Gogh, ni de top modèles à chaque coin de rue de la capitale. Pas de quoi pourtant en tomber malade.
(市立病院の精神科医、マムディア氏によると、パリ症候群は日仏の文化の違いよりも、むしろ心のもろさに起因するという。「旅行先では、ちょっとふさぎこんだだけでも、それが大きな病気になってしまう。旅行が患者の錯乱状態を進行させる一因となり、もともと患者が抱えていた心の病気を引き起こしてしまうことも多いんです」。このような説明もある。精神的なトラブルは日本人が理想のパリと現実のパリの落差を目のあたりにして失望するからだ。「雑誌が日本人の幻想を煽り立てる。パリ中をモデルのような人が歩いていて、みんなヴィトンを身に付けているんだ、という具合に」とマリオ・ルヌー氏は説明する。だがそれは現実とは程遠い。ゴッホのような画家もトップモデルも、パリの街角という街角すべてにいるわけではない。そんなことで病気になるほどのものでもないのだが。)
 そういえば3年前、私がフランスに留学していたとき、一緒に留学していた日本人で、引きこもりになった人がいた。フランス語学校で先生が厳しかったり、クラスメートのアメリカ人やメキシコ人とかが授業中に英語やスペイン語なまりのフランス語をまくし立てて意味が分からないと不満がたまったりして、入学後2、3カ月で学校をドロップアウトして、それからは日本人3、4人でルームシェアして毎日、家で自分たちで仕送りの日本食を食べたり、それこそカヒミ・カリィを聴いていたりしていた。
 その部屋は、原宿あたりのカフェ風でこ洒落た雰囲気だった。そうだ、彼らは家を一歩出れば現実のフランスがあるにもかかわらず、アパルトマンの一室に幻想のフランスの要塞を作って引きこもり、「おフランス想像界」の中で守られて快適な生活を送っていたのだ。
 私はというと毎晩レイトショーばかり観に行っていたが。引きこもったっていいじゃないか。映画ばかり観たっていいじゃないか。夏目漱石だってロンドン留学中は神経衰弱になって部屋にこもりっきりだったんだから。夏目漱石は「ロンドン症候群」だ。文化のあつれきから新しい何かが生まれればそれでいい。