LE CHATEAU AMBULANT 2 
前回の続き。宮崎駿『ハウルの動く城』のフランスメディアの評判を紹介します。今回は雑誌編です。

ル・ポワン(フランソワ・ギヨーム・ロラン)
 63歳の宮崎はあり余るほどの想像力をコントロールすることを覚えた。マンガがハイテク化して熱気が失せた時代にあって宮崎は、観客に夢を見させるために、少しの詩情と昔からの知恵にかなうものはないと証明している。

Le Point - François-Guillaume Lorrain
A 63 ans, Miyazaki a appris à discipliner un imaginaire foisonnant. Et à l'heure des mangas froids et technologisés, il prouve que, pour faire rêver, rien ne vaut un brin de poésie et un vieux fond de sagesse.



テレラマ(セシル・ミュリー)
 レトロフューチャーな機械群と透明な風景が交錯し、流麗で信じられないくらい素晴らしい着想に溢れているデッサンは、いつもの通り、物語の水準に達している。デッサンの描線からは想像力がほとばしる。マンガのコードを用いつつ、それをうまく使い素晴らしいものにする宮崎のスタイルは誰にもマネできない。

Télérama - Cécile Mury
Fluide, débordant de trouvailles ébouriffantes, entre l'esthétique rétro-futuriste des machines et la limpidité des paysages, le dessin est, comme toujours, à la hauteur du récit. L'imagination y déborde sur le trait, dans le style inimitable de Miyazaki, jouant des codes du manga pour mieux se les approprier et les magnifier.



エクスプレス(エリック・リビオ)
 宮崎の冒険は、すべての層に夢を運ぶ。哲学者ガストン・バシュラールのいう、個々の人間のすべての思考に先立って存在するという普遍的な想像世界の中心へと観客を沈み込ませる特別なものを持っているのだ。

L'Express - Eric Libiot
Les voyages de Miyazaki, qui charrient du rêve à tous les étages, ont cela d'extraordinaire qu'ils plongent le spectateur au coeur de cet imaginaire universel qui, selon le philosophe Gaston Bachelard, préexisterait à toute pensée humaine individuelle.



パリ・マッチ(クリスティーヌ・アース)
 再び宮崎は私たちの目を楽しませ、夢見心地にさせてくれる。彼の創造性、 グラフィックの豊かさ、美しい色づかいは私たちをうっとりさせる。残念なことに、ストーリー展開はちょっと観客を息切れ状態にしてしまうのだが。

Paris Match - Christine Haas
Une fois de plus, Miyazaki nous en met plein les yeux et les rêves. Son inventivité, la richesse de son graphisme, la beauté des couleurs, tout cela émerveille. Malheureusement l'histoire essouffle un peu les spectateurs.




宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その1)
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その3)
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その4)