前回まで3回にわたって小泉"ガリレオ"純一郎の「自爆テロ解散」がフランスメディアにどのように取り上げられてきたかを紹介してきた。当然のことながら、フランス人は日本の政局より「ヒロシマ60年」「ナガサキ60年」に関心があることも判明した。
 今回はリベラシオン紙から、女好きのフランス人が特に好きな日本人女性について取り上げた記事を紹介する。毎回ある数字をピックアップするコーナーで「30%」という数字が掲載されている。これは「毎日お酒を飲んでいる日本人女性」のパーセンテージだ。フランス人にとっては「日本人女性ってアル中が多いの?」と新鮮な驚きがある数字だったのだろうか。全訳。

日本人女性の4人に1人以上が毎日、もしくはほぼ毎日、お酒を飲んでるんだって。日本のビールメーカーの麒麟が20歳以上の女性1万2000人に調査を行ったら、こんな結果が出た。
 この調査は1998年から行われていて、お酒好きの女性は増える傾向にあるんだって。28%の女性が週に5回はお酒を飲むって言ってる。これは7年前より6%多い数字。あと、34%は週に1、2回、コップ1杯くらい飲むって回答してる。
 へえ、でも何飲んでんの?65%以上の女性はほとんどビールばっかり。それか、ちょっと弱めのアルコール飲料。これが60%。日本人女性の喉にとってワインはそれほどでもないんだね。ワインは3位どまりだった。55%。でも、普段友だちと飲むときはビールの人も、お洒落なデートのときはワインじゃないと、っていうのが日本人女性の考えだね。
 あと、41.5%が自分の家で飲むのが好きって結果が出てる。逆に、外でお酒を飲むのが好きという人はたった35.7%。でも飲み会に出たらお金をぱーっと使おうっていう気もちょっとある。日本人女性が飲み会1回で使うお金は3728円から4694円の間。ユーロに換算すると27.23ユーロから34.28ユーロ。昼間の仕事でたまったストレスを発散したい、リラックスしたいっていう理由で飲むんだろう。
 日本では男たちが会社仲間と夜一緒に飲み屋をはしごするのが伝統なんだけど、男も女も関係ないようになってきてるみたいだね。

(Chaque jour ou presque, plus d'une Japonaise sur quatre craque pour une boisson alcoolisée. C'est ce que révèle une enquête réalisée par le brasseur nippon Kirin auprès de 12.000 femmes âgées de plus de vingt ans.
Selon cette étude, menée chaque année depuis 1998, la tendance est à la hausse: 28% des femmes disent boire de l'alcool au moins cinq fois par semaine, soit 6% de plus qu'il y a sept ans. 34% sirotent un verre une à deux fois par semaine.

Ouis mais un verre de quoi? De bière la plupart du temps (pour 65% des femmes), ou de breuvages faiblement alcoolisés (60 %). Le vin n'occupe que la troisième place dans le gosier des Japonaises, à 55 %. Mais si la bière est préférée lors des sorties entre amies, le vin est indispensable pour les rendez-vous galants.

Ceci dit, 41,5 % des Japonaises préfèrent boire chez elles alors que 35,7 % seulement apprécient l'alcool en dehors de leur domicile. Une petite passion alcoolisée qui coûte cher. À chaque sortie, les Japonaises dépensent entre 3728 et 4694 yens, soit de 27,23 à 34,28 euros –pour tuer le stress accumulé dans la journée ou pour se relaxer après le travail.
Au Japon, la tradition masculine de dîner entre collègues et de faire la tournée des bars est en passe de toucher les deux sexes.)