ジョヴァンニッキ2

即興演奏家が本業よりアート鑑賞に夢中になっているブログです。

「湯川列晟(しげあき)展 2018」(大平台オープンエアーギャラリー:神奈川県藤沢市)に行った。
案内はがき表
今回は画廊主ご本人の作品が展示されていた。
IMG_20181116_131025
私が最も気に入ったのは「サークル」。幾何学的な線刻と有機的なものが混じり、美しいブルーでまとめられていた。
IMG_20181116_131627
この「サークル」にはヴァリエーションが多数あった。例えば一部分が拡大されたり、
IMG_20181116_132301
線が太くなったり、
IMG_20181116_132311
二つに分離したり、
IMG_20181116_132429
モノクロームの版画になったり、
IMG_20181116_132447
二つのサークルが並んだりしていた。
IMG_20181116_133515
このシリーズ以外で美しいと思ったのは「通過と閉塞」という版画だ。
IMG_20181116_133546
また案内はがきに採用された「家」もシリーズ化され、楽しい作品が並んでいた。

この展覧会は明日11/17(土)16:00まで(屋外展示のため、天候によっては室内展示に切り替える事があるそうです。)
IMG_20181116_133424
案内はがき裏


8月末に年内の演奏活動を列挙したましが、いくつかが終了し、残りについては新しい情報があるので再度告知します。

♪アットホーム・コンサート
11月25日(日)14:00開演
横浜山手111番館
みなとみらい線 元町・中華街駅 6番出口(アメリカ山公園口)から徒歩7分
入場無料
IMG_0001
ピアノ三重奏団「トリオレヴリー」(ヴァイオリン:雨宮純一、ピアノ:須澤良子、チェロ:ジョヴァンニ)の久々のコンサートです。

★有名な「シェエラザード」を演奏します。楽譜の画像はパウル・クレーの「船乗りシンドバッド」。
IMG_0002
♪室内楽コンサート
12月1日(土)14:00開演
横浜市旭区民文化センター サンハート 音楽ホール
相鉄線 二俣川駅 改札を右(北口)に出て連絡通路を右へ30メートルほど進み、花屋の前にあるエレベーターで5階へ
入場無料

★私が作曲したチェロとピアノの為のソナタ ト短調の第2楽章を初演(自作自演)します。ピアノは佐藤やえこ)。
IMG_0007
★ホルストの「惑星」から「ジュピター」を演奏します。
IMG_0008
★テレビドラマ「坂の上の雲」のメインテーマ「Stand Alone」を演奏します。
IMG_0009
★即興ユニット「トマソンズ」が出演し、即興演奏を行います。内容は当日のお楽しみ(よく知られた曲をベースに即興します)。

♪サロンコンサート
12月28日(金)13:30開場、14:00開演
横浜市イギリス館
入場無料

ベートーヴェン作曲 弦楽五重奏曲 第2番 Op.4を演奏します。
IMG_0006
ブラームス作曲 弦楽六重奏曲 第2番 Op.36を演奏します。

押し迫った時期ですが、大掃除に疲れたら散歩がてら冷やかしに来て下さい。

「飯坂郁子 個展」(ギャルリー・コパンダール:京橋)に行った。
IMG_20181113_141544
飯坂郁子の作品はとても個性的だ。いつどこで観ても飯坂作品だとわかる。このような画家はあまりいないと思う。ところが今回の案内状に採用された「Leon」は、これまでの飯坂作品とは異なっていた。
IMG_0001
もしこの作品を美術館か画廊で観たらキャプションが無かったら飯坂郁子の絵だとは思わないだろう。

この案内状を携えて画廊に向かい、今回はこのような(私にとって)新しい飯坂作品が並んでいるのだろうか、と思いをめぐらせた。

しかし実際に展示されていた絵のほとんどは、私のイメージする飯坂作品であった。この犬の絵だけが特殊なものに見えたのだ。
IMG_20181113_141605
飯坂郁子が描く題材は、人物と静物が中心だ。今回の動物は少ないほうだと思う。

私は静物画がいいと思っている。日常の、ありふれた事物(洗剤、タオルなど)が飯坂郁子にかかると洒落た雰囲気を醸し出す。それは、個性に導く絵の具の塗り方と、遊び心を伴うコンポジションによるものだと考えている。
IMG_20181113_141555
一言でいうと「静かなたたずまいの中に強烈な個性が秘められている」のが飯坂作品だと思う。

このページのトップヘ