「岡 耕介 油画展 ―It is a painter once―」(ジネタ:藤沢)に行った。


岡 耕介の作品は赤が綺麗だった。在廊の作家に聞いたら、かつて赤ばかり追いかけていたそうだ。最近は他の色にも目を向けているらしいが、異なる色彩に囲まれても岡作品の赤は美しい。

案内葉書に採用された「RED HOUSE」は真ん中に家屋を思わせる赤い方形が配置されているが、補色の緑が隣接しているせいであろうか、渋い色調なのによく目立つ。

どの作品もシックで落ち着いた世界をつくっていた。この味わいは独特のものだ。ベテラン作家こそが持ち得る個性なのだろう。