2007年01月09日

コピペで奪われた「考える力」

 年賀状のあて名の漢字が出てこない。目の前にいる得意先の名前が浮かばない。
 広告代理店に勤務する東京都文京区の女性(31)は昨年末、港区の「山王クリニック」を訪ねた。
脳のMRI(磁気共鳴画像化装置)検査を受けたが異常はない。
 転職したのは2年前。パソコンや自動車の雑誌を担当し、最新技術や新商品を調べるため
「考えるよりも前にインターネットで検索するのが習慣になった」という。1日8時間はネットを使う。
次第に物忘れがひどくなり、広告の入稿日や雑誌の発売日さえ思い出せなくなった。
 山王クリニックでは2年半前の開業当初から、女性のように脳に障害がないのに同じ「症状」を訴える
患者が目立ち、年間200人を超える。20〜40代が中心だ。山王直子院長は「画像に流れている
情報を見るだけでは頭の中を素通りする」と指摘する。患者には、たまにはパソコンや携帯電話を使わず、
手書きの日記をつけるよう勧めている。

 インターネットは考える力にどんな影響を与えているのか。
 「ネットの社会でコミュニティーは可能だとは思うけど、うわべだけの付き合いしかできないと思う……」
 昨年秋。大正大や国学院大など都内3大学で教壇に立つ弓山達也教授(宗教学)は、わずか80字の
答案を見て思わず「おいおい、もう少し考えろよ」とうなった。
 ネット社会に関する自由筆記試験。用紙には500字以上のスペースがあるが、ほとんどが空白だ。
頭を抱えたのはこの答案だけではない。短い個条書き。結論がない。改行しない。ひらがなが多い。
(後略)

ソース:毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/kunrin/news/20070109ddm002040041000c.html



僕もちょっと前まで分かっていた漢字をド忘れすることがよくあります。
これヤバイですかね?w みなさんはどうですか?


saboten_v at 19:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔