佐分和彦のASEAN

目指せ!世界コンサルタント。中堅中小企業への海外事業サポートの思いを胸に、日々の国際業務や生活で中で感じたことを、特にVietnam中心に発信してゆきます。

5月、ベトナム南部である地方の高級幹部がBMWで交通事故を起こした。この事故では、交通事故そのものよりも、その車両の運転者とは違う人物が車両の名義人になっていたことが注目された。

 

と言うのは、ベトナムに限らず新興国では汚職(贈収賄)は常態化し、政府は汚職防止に取り組んでいる。ベトナムにおいても汚職根絶に取り組んでいるところである。昨年来には、中央・地方省庁など公的機関の幹部に対する企業や個人からの自動車の寄贈が問題視され、フック首相が汚職根絶の一環として“自動車を受け取らない”(「自動車以外は良いのか?」と、突っ込みたくなるが、それだけ多いという事なのでしょう)よう指示していたなかで自動車名義の相違が発覚して注目された。

 

ベトナムでの贈収賄の刑罰は非常に重く、20億ドン(約100万円)以上の賄賂を受けた者は死刑の対象となり、提供した側は終身刑の対象となる。今回の自動車が便宜供与を目的としていたかどうかは定かではないが、寄贈された高級自動車を青ナンバー(公用車)にしてしまうことが多くあるようで、こうした不正を減らすため“自動車を貰うな”という首相のお達しが出た模様である。

 

 ベトナム駐在のある弁護士さんに聞いたが、“要求する側も誰が賄賂を出すか”は良く分かっていると言い、ターゲットとなり易いオーナー企業には、終身刑の嫌疑をかけられない為にも断固として受け入れない姿勢を求めている。

 

 この賄賂問題。もう少し幅広く取り締まる法案が今国会で議論をされている。いわゆる“商業ワイロ”と言われる、民間同士の、例えばリベートなども不正競争防止の観点から規制をするというものである。もし今国会で成立すれば、近い将来に施行されることになる。

 

「理不尽な手数料を要求された」という類の話は良く聞く話で、わが身のため毅然とした態度でのぞまれることを期待したい。

久々の佐分和彦でした。ありがとうございます。

 

先ずした事の2つ目。
海外へ行くと困ることの一つに移動手段があるのだろう。先般も、観光客の女性二人が困った表情で路上をウロウロしていたので、(下心なく)声を掛けてみたら“タクシーが捕まらなくて困っている”という事だった。

 

小生も赴任当初は全く同じで、時間帯や天候によっては数十分探すこともあった。
それもこれらに出会うまでは。

 
アプリ3社

左からVinasun(ビナサン)、Uber(ウーバー)、Grab(グラブ)の各アプリである。簡単に説明をしてゆくと、


Vinasan
は、恐らくホーチミン滞在者が最も多く使っているだろうタクシー会社である。他のタクシー会社と比較して安心・安全と評価は高く、小生も殆ど場合Vinasunに乗っている。
Vinasan
そのVinasunが出しているアプリの画面がこれである。


地図上に現在地が表示され、その近辺に赤色=空車のタクシーが表示されるので、来てほしい場所を決め、呼びたいタクシーを選択すると青色で結ばれ到着経路が表示される。
Okならば、下の【BOOK THE TAXI】をクリックすると運転手に連絡が行き登録した住所委まで来てくれる。来たら普通のタクシーである、運転手に行き先を告げて、降車時に料金(カード使用可能)を支払う。

車は、4人乗りや7人乗りや、ちょっと高くなるが黒塗りやSUVが選択できる。


時々アプリを通して予約をしたハズなのに、道すがらフリーの客がいたりすると、目先のお客を選択し、予約をしたこちらをキャンセルしてくる。

まぁ、ありがちな事です。ベトナムでは。

 


そして次はUber

こちらは日本でも話題になったことがあるのでご存知の方は多いと思う。米大手配車会社のアプリで、一般の人が有料で客を同乗させるというものである。日本ではタクシー業界の反対で話題になったと記憶している。
uber

基本的な画面構成はVinasanと同じだが、異なる点が幾つかある。


・画面上で行き先を設定する。(乗車時に行き先を告げなくて良い)

・車種毎に行き先までの概算料金が表示される。

・基本的にタクシーより安いが、需給関係(大雨など)によっては割高になる。

・車ばかりではなく、バイクも選択できる。(安いですが、お勧めしません)

・クレジットカード登録すればカーで決済ができる。

・例えば、遠回りされた場合など、運転手に非がある場合にはクレームを付け、想定料金を超過したと認められれば返金をしてくれる。

・画面を見ての通り、日本語で使える。

 

小生、仕事はVinasun(法人カードで清算)、プライベートでたまにUBERを使う程度で、基本的に公私ともVinasunを使っている。

運転手が一般人というところに何となく引っかかるのと、土地勘のない場所で事前に行き先を設定するのが面倒なのである(履歴は残るので、二度目からは同じ場所へは楽に設定できる)。

細君は、運転手に行き先も告げず、現金清算もしなくて楽なのでUBERばかりのようである。とはいえ、一般人が運転手であることから、夕方以降の単独乗車の使用は控え自衛している。

 

最後にGrab

Grab

Vinasun
Uberを足したようなものである。


タクシーもあれば、Uberのように一般の運転手のサービスもある。
登録台数が一番多く、車・バイクを探しやすく便利なのだが、小生に限って言えば、VinanunUberのアプリを先に使っていたので3つ目の配車サービスを使うインセンティブが湧かないのと、画面がベトナム語(英語への切替方法、英語版があるのかどうかは判らない)なので使っていない。

Grabは頻繁にメールが届く。キャンペーンなどの案内のようだが、ベトナム語なのでさっぱりわからない。



何がしか参考になりましたら幸いです。

 

久々の佐分和彦でした。ありがとうございます。In Ho Chi Minh

 

 

 

昨今、世界各地に赴任することが珍しくなくなり、ホーチミンにも多くに日本人の方がおみえになる。小生も、海外滞在・海外赴任者の一人となり、ホーチミンで生活する上で行った欠かせない事を順にご紹介をさせて頂く。

1、    連絡手段の確保 :スマートフォン・携帯電話の購入

2、    移動手段の確保 :タクシーの確保方法

+α細君のメンタル維持手段の確保 :日本語でのTV視聴

3、 生活手段の確保 :銀行口座の開設


全て小生自身で行ったことであるので、他に良い方法があるかもしれませんのでご参考まで。

 

まずは連絡手段の確保:携帯電話の契約について


今回は細君の連絡手段確保のためにスマホを買いに、数多くある携帯電話屋さんのうち比較的大き目の店舗に入った。中は写真のように奥にカウンターがあり、壁側にスマホや携帯、付属品などなどが並べられ、日本のそれと大差のない店舗作りである。

Mobifone1
機器は1500円程度のNOKIAの携帯からiphone7まで揃えてあり、今回は、
“スマホ”
“表示画面の日本語への切り替えが可能”
“価格ほどほど”
を条件に探してギャラクシーを選択した。



機器を決めたら「これくださーい」と、お店のスタッフに伝え、机に座り通信契約と機器の購入・セッティングとなる。
選んだギャラクシーは2SIM設定との説明を受けたが、電話番号を使い分けるわけでも、他国と併用するわけではなく特段一つで問題ないので、Mobifoneというベトナム最大手のキャリアのSIMを一つだけ頼んだ。

 

日本とは異なり全てがSIMフリー機器のためキャリアを選択することになる。また、日本でよくある24ヵ月契約なら云々の様な複雑なサービス?は存在せず、ホント、普通に物品を購入する感覚である。
軽い注意点としては、外国人でも簡単にスマホを所有できるが、通信契約にはパスポートの提示が必要となる。購入の際にはお忘れなく。



さて、キャリアをMobifoneと選択したら、使用可能な電話番号一覧を見せられ、その中から気に入った番号を選ぶ(私自身のものを購入した際は、勝手に割り当てられた…お店によって違うようだ)。通信契約には定額制かプリペイド方式があるとの説明を受け、通信料金が安く、しかも、いたるところでwifiが使えるベトナムなので、よっぽどでないと定額制の料金は不要のように思われる。
細君にも、プリペイド方式を選択してプリペイド20万ドン(約1000円分)を注文した。


Mobifone2

ベトナムは通信料金がとても安く、加えてカフェなどの飲食店にはほぼ間違いなくwifiがあるので普通の生活で1000円分もあれば随分長く持つ。



そしてお兄さん、箱からスマホを取り出しSIMを挿入し、購入した20万ドン分のプリペイド設定などなど初期設定をやってくれる。もちろん、表示画面を日本語に切り替えてくれるよう依頼をした。







ちなみに、プリペイドの残高は電話の操作で確認することができ、*101# に電話をすると次のような画面に残高が表示される。


Mobifone3

これは、
135,775
ドンの残高と、1252ドンと2500ドンのポイント獲得残高があるという事らしい。

 





機器選択してから小生のつたない英語での2-30分後、お店を出るときには細君の手元にはスマホが。まぁ、なんとかなるものである。

 

本日の佐分和彦でした。ありがとうございます。            

in Ho Chi Minh

このページのトップヘ