二枚の写真がある。

 
ゴルフ場評価

一枚目はゴルフ場での写真。

プレーを終わりクラブハウスへの入口横に設置されていて、キャディーの名前が書かれたカードを入れるボックスである。

見づらいと思うが、

ボックスにはExcellent(非常に良い)、good(良好)、fair(普通)、poor(不良)と記載されている。彼ら、彼女らはキャディー業務を行う度にお客から評価され給与に直結する仕組みになっている。

 

アパートサービス評価もう一枚は、小生が賃借しているアパート管理人から貰ったシート。

アパートの施設や管理・警備、ランドリーなどのサービスについて評価をして欲しいと渡されたものである。

こちらも、担当する方々の給与若しくは賞与に直接的に関係してゆく。

 





“暑い国々の方は働かない”とは、一般的によく聞く話である。
まぁ。確かに“何やってんだろう”と感ずることは多々ある。ただそれは第三者の感覚であり、やはり経営となれば働いてもらう仕組みが必要となり、その一つがこうしたお客様からの直接評価なのだろう。

 

勿論、全てにおいて行われている訳ではなく、高いサービスレベルに慣れた外国人を対象としたサービス業の一部で行われているのだろう。とはいえ、難しい業態はある。

 

昨年オープンした日本の高級デパートの某高〇屋さんは、日本的おもてなしを目的にベトナム国営デパートでも実施していなかったスタッフのスマホ禁止(日本人には当たり前、ベトナム人にはあり得ない)でスタートをした。

 

ある日高〇屋へ行ってみると、スマホをいじっていたスタッフ。小生と目が合うと、スマホを止めるものと思った小生が甘かった。なんと、スマホをいじりながら“裏へ”引っ込んでしまった。

トホホ・・高〇屋さん、ごめんなさい。恐らく未習熟だったのでしょう。とはいえ、こんな時にこそ、直接評価で“BAD”を入れてやりたいですね。

所変われば品変わる。

生活習慣が違う中に海外、特に教育を必要とするモノを持ち込むのには工夫と時間が必要ということなのだろう。

 

弊社スタッフもテト休暇(日本でいう正月休み)を前に、賞与評価を合弁相手のベトナム人が一人一人面談をしていた。この時期、ベトナム人にとっては評価=賞与が気になるのである。

さぁ、来週から皆はテト休暇、小生は日本で仕事である....


本日の佐分和彦でした。ありがとうございます。
in Ho Chi Minh.