ホーチミン市計画投資委員会の20171~8月の外国直接投資が前年同期比1.57倍の32億㌦強に達したと公表され、ベトナム・ホーチミンへの投資意欲が強いこと改めて感じている今日この頃です。

 

さて、外国投資が増えれば、当然、外国からの赴任者も増加をするわけで、815日労働傷病軍人社会事業省公布の、外国人労働許可証(以下「WP」)のオンライン申請を可能にするとの通達が(102日施行)出され、これにより申請手続きを多少なりとも簡素化に繋がるかもしれない。

 

 手続き流れを簡単に記すと、WP申請に先立ち、①使用者は外国人労働者雇用の必要性について所定の書式による申請書及び報告書を政府ポータルサイトから提出する。②電子メールでの審査結果を受け取った後、報告書の原本を所轄当局に提出をする。③当局より就労の承認書を郵送により受け取る。

 

ここからがWPの申請となる。④使用者は、就労開始予定日の少なくとも7営業日前までに、所轄当局に対して所定の申告書及びスキャンによる書類を添付してポータルサイトから申請をする。⑤所轄当局はメールにより審査結果を通知。⑥審査結果に問題がない場合、添付書類の原本を所轄当局に提出する。⑦原本受領後、使用者宛てにWPを交付する。

 

 施行後においても現行通り窓口での申請も可能ですが、オンライン申請の方が全体として短時間で取得できる設定になっています。ただ、現行は、持参すればその場でチェックを受けますが、オンラインの場合には審査結果の可否通知まで書類等の不備を指摘されない可能性があります。不備等の指摘を考えると、やはり早め且つ慎重な確認が必要となりそうです。

 

ちなみに、必要書類は下記の通りとなっています。ご参考にしてください。

(1)人民委員会委員長の承認書

(2)労働許可書の発給申請書

(3)企業登録証明書、駐在員事務所の設立許可書等の公証写し

(4)健康診断書

(5)本人のカラー顔写真2枚

(6)パスポート全ページの公証写し

(7)雇用契約書または任命状

(8)無犯罪証明書

(9)経歴や学歴を証明する書類(大学の卒業証明書など)