前回、part1ではある企業さんの物的な生産性(生産量)が日本の4分の1という現状をお伝えさせて頂いた。今回は、日本とベトナムの労働生産性(付加価値)の比較をしてみることにしよう。

一般的にみて、日越で生産性にはどの程度の差があるのだろうか? 生産性とは、

 

付加価値労働生産性 = 付加価値額 ÷ 労働量  である。

 

付加価値額は、GDP(国内総生産)で現わされ、労働量は働いている人の総数(就労人口者数)の総労働時間で現わされるだろうから、それぞれの数値を探してきて時間当たりの付加価値生産性を出してみることにする。

 

    2018年           日本       ベトナム

  GDP(購買力平価)   561.9(百億㌦)   70.5(百億㌦)

   就業者人口      6,698万人(5月)  6,190万人(下記にて推計)

 

ベトナム就業者人口:労働力人口6,330万人×(1-失業率2.2%)≒就業6,190万人

年間労働時間を、勤務内166時間/月×12か月=1,992時間/年間とし、日本には残業を月間20時間を加算して2,232時間/年間としよう。


さて、材料はそろったので両国の時間当たりの労働生産性を見てみよう。

果たして幾らか。ジャジャン!!

 

日本  :561.9(百億㌦)÷6,698万人÷2,232時間 =37.58㌦/時間

ベトナム: 70.5(百億㌦) ÷6,190万人÷1,992時間 = 5.71/時間

 

日本は1時間に37.58㌦の付加価値を平均的に稼ぎ出し、ベトナムは5.71㌦を稼ぎ出す。ベトナムは日本の約6.5分の1という事になる。Part1の企業では生産量が4分の1だったが、国の付加価値生産性は日本の約6分の1ということになる。

 

日本では一人当たりの年間付加価値は約920万円/年間(37.58㌦×2,232時間×110円)であるのに対し、ベトナムは約125万円/年間(5.71㌦×1,992時間×110円)ということである。

 

「ワーカーさんの賃金が2.5万円で安すっ!!」とベトナムに飛びついても、平均的には月10万円程度の付加価値を稼ぎ出すに過ぎないということになる。

 

勿論、ベトナム全体での平均なので、外資企業でこんなに低い生産性になっているとは思わないが、検証のため、または、進出時には“安い労働力×厳しく見た生産性”で収益モデルが見いだせるかどうかは、検討しておきたいものです。

 

さて、皆さんの企業のパートも正社員も全てひっくるめた労働生産性は幾らぐらいでしょうか?

 

安い賃金は条件であり、欲しいのは高い付加価値労働生産性ということですよね。

 

本日の佐分和彦でした。

ありがとうございます。