IMG_3751[9273]先般、Land Mark 81、ホーチミンで81階建てのビルがオープンしたばかりだか、まぁ、ホーチミンにいると、他にも素人目には驚愕と思えるほどコンドミニアムの供給(建設ラッシュ)ラッシュの様相を感じさせてくる。

 

そんな建設ラッシュと思えるなか、新たなコンドミニアムが販売される。


価格は8000㌦~10,000/㎡。1=110円とするなら、一坪が290万~363万もする超高級である。名古屋では、伏見のあのマンションの最上階が、やっと坪300万に達したとか、達しなかったとか…。

 

東京での高級マンションに相当する価格の物件が、サラリーマンの平均年収が7-80万程度のホーチミンで販売される。すでに相当数の高級コンドミニアムが販売させているにも関わらず、更にその上をゆく価格で販売されるのである。

 

確かに中古市場も活況のようで、3-4年経過をしたコンドミニアムが、単純平均10%程度、3年保有で3-40%程度の値上がり益を享受していると言う。こうした中古市場の活況に下支えされての強気なのだろう。

 

先般、仲良くさせて頂いている不動産会社さんから、「この秋が不動産相場の分水嶺になるかもしれず注目をしていている」とのお話を聞いた。なぜなら、上記の超高級コンドミニアムが今秋に販売されるからである。

 

もし“販売好調であれば、需要は底堅く今後も強気の相場が続く”、
もし“想定以下の売れ行きであれば、高額物件はいったん調整が入る”と、
みているとのこと。

 

はてさて、注目の秋がやってくる。

いえいえ、ホーチミンに四季は無いので、日本の中秋から晩秋の頃という事か。

 

ちなみに、ベトナムの中所得層の需要は旺盛である。1,500/㎡(坪50万円)程度で総額1000万円前後のところは実需に基づく安定した相場が形成されている。

 

世帯所得200万円程度の家庭が、年収の5年分相当の家を取得する実需がしっかりある。

“年収の5倍”。この感覚は日本と同じですね。

 

写真は、40階建て前後のコンドミニアムが建ち並ぶVinhomesのプールサイドから見たLandMark81です。


今日の佐分和彦でした。
ありがとうございます。