2019年09月15日

貴重な休日

さすがに畑を何とかしなければ…、と愛犬の散歩後、畑の草を刈払機で刈ってみた。
本当は、手で一つひとつ抜くべきなのだが、草ぼうぼうで、もはやそんな状態ではなかったのだ。
それでも、やらなければ冬に向けて作物が植えられない。

その後、部活の練習。
昨日は6.5キロくらい走らせたので、今朝は4.5キロ。
いつも、最下位の中一のSが、いつの間にか、いい走りになっている。
今朝は、最下位を脱却した。
「根性と体力がついてきたな…」、と私はほくそ笑む。

「午後は用事があるんだ。」
と宣言し、いつもより一時間くらい早めに切り上げた。
そして、午後からは畑に耕運機をかけ、鍬が入れられるようにした。
草も巻き込んで土に混ざっても、作物を育てる上であまり問題はないのではないか、と思ったからだ。
しかしちょっと甘かった。
刈り払いが甘かったので、まだまだ草が多い。
耕運機にどんどん草が巻き付いて、結果土は耕せたのだが、あとからの耕運機の手入れが大変だった。巻き付いた草を取るのに、30分以上を要した。
さて、雑草たちは、うまく枯れてくれるか…。

また一方で、犬小屋の整備もしてみた。
犬小屋と言っても、納屋の一部を犬の住処にしているので、実際に小屋があるわけではない。
納屋の土床にコンパネを敷いて、ビール箱で段差を作っている。
最近、間に合わずにおしっこをしてしまうことが増え、そのたびにコンパネを水で流しデッキブラシでこすっていたのだが、結構面倒なので、一部砂利を敷き、たとえおしっこをしても、水で流して終えられるようにしたのだ。

このアイデアは、犬舎のご主人から教えてもらったもの。
実際コンパネ2枚分に試験的に砂利を敷いてみたが、20キロ袋6つでもやや足りない感じがした。
近いうちに、もう一匹迎え、寂しくないようにしようと、準備中なのである。
広さ的には十分なので、あとは居心地の良さと、掃除のしやすさ、だろう。

大分涼しくなったとはいえ、今日の日差しは半端なく強い。
幸い湿度が低めだったようだが、汗だくになった。
部活では大して汗をかかなかったのに、畑や犬小屋で汗を流すのは、何とも皮肉なものだ。
いい汗を流した。

世の中は3連休。
しかし私の学校では、明日16日の敬老の日と23日の秋分の日の休日は、すでに別の日で使ってしまったので、明日は朝から平常授業。

今日の疲れがどっと出たりするかもしれないな、と思いつつ、「そうだ、四、五日してから、身体にダメージがくるんだっけ…」、などと納得する。
隠れ家の整備に関しては、やることが山のようにある。
それもまた、楽しみとして、リフレッシュしてゆこうと思う。
saburo-netbird at 19:58│Comments(0)つれづれ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

丹澤 三郎

中学、高校の教員になってもう30年以上になります。なんだか、がむしゃらに歩んできたような気がします。このブログでは、日常の学校生活中から、子供とのかかわりを紹介しています。若手の教員の方に参考になれば幸いです。タイトルは、以前学級通信を発行し続けてきたことがもとになっています。

ブログランキング


成長因子発毛効果