京都下京山岳会BLOG

京都下京山岳会(京都府山岳連盟加盟)の山行報告・山行予定 クライミング、アイスクライミング、軽登山、縦走など

マイアアイスバーグ

山域: 長野県 開田高原マイアスキー場
日時: 2015/02/28-3/1
メンバー: ゆ、H野、N尾、P226

共同装備:
50mシングル 2本

個人装備:
アイス装備一式
温泉セット

RIMG0007


----2015/02/28----
20.00 京都発

京都東IC=名神高速=中央道=中津川IC=R19
国道には全然雪なし

道の駅で適当に仮眠

----2015/03/01----
07.00 起床
良く寝た。でも、雨降ってるし。

08.00 開田高原は雪だと信じて出発。
コンビニで朝食。

R361の「きそふくしまスキー場」のトンネルを越えたら一面真っ白!
3シーズン目のスタッドレスタイヤは若干滑る。

09.00 開田高原マイアスキー場着
http://www.mia-ski.com/index.html

インフォメーションでアイスバーグの申し込み。
https://www.facebook.com/miaicewall
施設使用料2100円です。

午前中は雪。
午後からみぞれ。

N尾氏はアイスクライミング初体験。
白いカッパ着てるんで、何処登ってるのか分かりにくい。
IMG_0684


数回登ったら飽きてきたんで、限定ルートとかで登る。

14.30 終了
ウェアもロープもボトボトになりました。

二本木の湯でシュワシュワのお風呂入って
http://www.nihongi-spa.com/

中津川のプリンス松葉でステーキ食べて
http://j47.jp/princematsuba/

中津川IC=中央道=名神高速=京都東IC

22.00頃自宅着

岳連指導員研修・遭対訓練

2月21日 8:30 大山口に集合 31名
 ビーコンチェックをして出発
DSCN3575
10:38 金糞峠
沢をチェックしつつ
13:15 中峠 ここからワカンをつけて
13:50 口ノ深沢に降り、
下流を大滝の上までトレースする
やまうち2

全て きれいな新雪で覆われている
15:20 中峠 
16:10 金糞峠
17:00 大山口広場  
M井 K2O kinさん “ゆ”

2月22日 8:00 広場集合 ヒトココの説明
堂満1ルンゼ
V字コンベアーで掘り出し
ツエルト梱包
搬送 背中痛い!!
そのままスケッドストレッチャーに入れて 1/4引上げ 降ろし
やまうち5


要救助者になった感想は・・・
羽毛服を着、羽毛服2つ借りて プラティパスの湯たんぽを抱えてツエルトに包まり
底に銀マット リュック3つ 置いた上に寝て 搬送用ツエルトに包まれた のだが
更に エアマットと膝の下・頭の下に詰め物をするべきだと 分かった。。。

いつもの仲間と 皆が地形を知ってるこの場所で
こんなシュチュエーションでの事故なら安心なのだが
現場の寄せ集めで… 意見が分かれて… 「結びがわからん」だの「こっちへ行くべき」だの 
聞かされながらの救助だったら ホンマ 不安 やろね。。。

M井 kinさん “ゆ”

山志塾 藤内アイスクライミング

2月7日夜 京都市内を出発
 四日市ICから 菰野町着 仮眠

8日小雨
7時過ぎ ゲートに次々車が到着するが引き返す人も多いようだ。
「今日ならゲレンデ独占チャウ?」との思い付きで
αまで登らず2ルンゼへ

マイナス滝を登る
上の方は立ってる
まず今年買ったアルミの軽量スクリューを試す さすが おにゅー!食いつきが良くてくるくる入る
乗越す前と抜け口にも あらら錆が。。。でもまぁ入った
セカンドをビレーして 溜まっていくロープを下に放れば
4人が上がれる。。。と思ってたが
セカンドのすぐ下をkinさんがリードで上がって来はった
しかも回収しながら・・・ってことは えっ? 自分はノーピン!!  
なんて上手いんでしょ
続く 初アイスのK君も ノーテンションでニコニコ

奥又は 前日聞いた話と違って なんか ショボイし・・・
雪に変わったものの ガスって見えなくなることもあるし・・
降りてマイナスで遊ぶ。だんだん 食べ終わりのかき氷状態
で下山    やっぱり誰も来ませんでした。

K応ボーイのK君 先週私が持って行ったシュラフコンプレッションバッグを見て・・
「作りました」「えっ?ミシンで縫うたるやん」「ミシン持ってます」「・・・」
からすみは作る 梅干しは漬ける 毎日お弁当作って研究室へ持ってく
お嫁さんに欲しいがな・・

kinさん K2O君 K尾さん “ゆ”

ついでに・・
 2月14日他会の人と2ルンゼへ
6:30頃?ゲートを出発
藤内滝の上で先行パーティに追いついたら
何と! 胸までのラッセル 『一番乗りってたいへん』
Sリーダーが先頭に立ってラッセル
DSCN4347

 
マイナスは氷たっぷり。 右も左も登れる
長〜い奥俣フォローさせてもらって 懸垂下降DSCN4357
11日にP226君 デボ君が登った2.5ルンゼを
「登る時間無いかな?」と思いつつ見に上がって…
3ルンゼ鋸を登って国見峠から下山
ちなみにαルンゼから継続のS登山会さんによると
「αは ほとんどラッセル訓練でした」との事
DSCN3570
誰も居ない3ルンも珍しいですが
強風で長居なんて出来ません。
片岡温泉で温まって帰洛

伊吹山 1377.3m

1月31日夜 京都発 米原ICで降りる
京都を出る頃は吹雪
登頂は出来ないかもしれないが「おもいっきしラッセルしたい」というK2O君の望みは叶えられるかも?

積雪で停止線も見えないのにマイカーは ピッ!ピッ!ピ、ピ、ピ・・と、やかましい
   あらうんど びゅーもにたー??  止め方わからへーん
ようやく今夜の宿を道の駅に決めて テント建てを終えようとする頃
白黒の車が近づいてきた。
『あかん』っていわれるのやろか。。。

近隣町村で放火が相次いでる為のパトロールだそうだ
ご苦労様です

2月1日
7:10頃 上平寺集会所に車を止めさせてもらって
DSCN3546

伊吹神社から登る
城跡669m
838.7ピーク 9:00 弥高からの尾根と合流

DSCN3550


3つほどピークを越えて・・・
夏は上野5合目へトラバースする道があるようだが 
今日は真っ直ぐ北へ
上野からの正面谷登山道には多くの人が見える
頂上は たまにガスが晴れる

DSCN3555


所により太腿まで潜るが そう長い距離ではない
うすいモナカにも落ちるが深くはない
5センチから20センチ下に氷板があったが積雪で緩んだ・・という感じ

DSCN3556


1250mあたりで 3人上から降りて来はった
「関ヶ原で石田三成が陣を置いた笹尾山から・・昨夜はドライブウェイ泊・・」
だそうだ。マイナールートを選んだ時に人に会うのは嬉しい

11:30 ツエルトを被って一時休憩  1340m位か?
その斜面を上がってみたら杭が見えた
12:00 頂上 避難小屋
長居は無用の強風である 12:15下山開始
DSCN3560

  
ふかふかの新雪 枝に積もる雪 最高の景色やな〜
やっぱり雪山は ええやろー  と
感動しつつ・・・登りのルートとちょっとチヤウな。。。
右の支尾根に入ってしまっていることに気づく
林道へ降り立ち
14:00上野へ下山  上平寺まで50分

kinさん K2O君 “ゆ”




マイア アイスバーグ

1月17日 前夜発で 開田高原マイアスキー場に行った
中津川からR19 道の駅で仮眠

開田高原マイアスキー場DSCN3538
受付で2100円支払う
レストハウス前の人工アイスゲレンデにて
登る 登る 登るDSCN3535
手ぇ 終わった。。。

装備貸出しの体験スクールは20人くらい 大人気!
DSCN3534

行ってみようと思う方はフェースブックなどで営業をご確認の上 どうぞ
3面凍ってます

DT デボラ “ゆ”  他1

八ヶ岳 赤岳

1/10-12 八ヶ岳で 山志塾雪山登山を行った
10日8:00 2台で京都駅を出発

13:30美濃戸口発
14:30美濃戸山荘 今回は小屋泊4人 鉱泉が満員との事で南沢を歩く 
IMG_9855

行者小屋17:30
ものすごい数のテント 行者でこんなに多くのテントは見たことない
氷板を割って設営 一人1泊1000円也
IMG_9866


11日7:50 5人で出発 
IMG_9875
文三郎を登る
急傾斜になってくると上から人がどんどん降りて来る
ロープを繋いでるのは 赤岳ピストンのガイドさんか?
ガスって風も強いので 主稜の敗退組も・・
入り乱れて何ともややこしいIMG_9896


9:50 赤岳頂上 IMG_9909
写真だけ撮って先へ進む
何度も何度も離合待ち  
縦走組か地蔵からピークハントなのか知らないが この強風にさらされて稜線歩いて来るのは
根性要るなぁ。。。
展望莊横の小屋の陰で風を避けて

さて一気に地蔵尾根を下るるる・・(いや 行列やった)
11:20行者小屋着
自炊場で行動食を食べたのち

少し下った広場で 皆でビーコン捜索
会で2台購入した マムート バリーボックス
直ぐに見つかる。。。
ま、本来なら2次雪崩の危険があることと 
押されて締まった雪は堅くて・・(いや この雪、砂遊びより軽くてサラサラ)・・は想像して貰って

V字コンベアーによる掘り出しをサラッとやって
そそくさと小屋へ帰りぬくぬくする
天気が良ければ「硫黄へ行こう」とか「ジョウゴ沢へ・・」ってなもんだけどねー 

12日
7:30出発 10:00前美濃戸口着IMG_9938
冬山体験教室 終了
駐車場は@500円 3日で1500円
もみの湯に入って
諏訪で食事して
順調に帰洛

kinさん  K2O君  S崎さん  N嶋さん  岡山の姐さん Y後さん  “ゆ”

濁河温泉はもアイス

12/31 18:00 紫明出発
22時半頃 R41の峠屋で夜食
小坂「道の駅はなもも」で仮眠

1/1 朝食後 そのまま濁河へ向かうが 最後の数キロで敗退
チャオ御嶽へ廻って 橋の横の駐車場に昼前に到着 

トップロープながら
「もう 力入らへん〜」「腕 売り切れ〜」まで遊び 駐車場へ登り返す
DSCN3518

いつもの温泉まで上がろうとしたら 数台の車が行き詰まってる
とっとと降りて ひめしゃがの湯

またまた峠屋さんで「けいちゃん定食」
付近は吹雪 南下して名古屋に近づくと雪はあかったが
滋賀県で再び吹雪 なんと 栗東ー京都間通行止め の標示 手前で高速降りて 琵琶湖大橋 途中越えで帰洛
そんなご苦労を 後部座席でうつらうつらしながら聞いてました。すんません

DT デボラ “ゆ” 他1

1月の例会

1月10日(土)ー12日(祝) 山志塾 八ヶ岳
連絡 金谷

1月25日(日) 愛宕山 初詣とゆず風呂
連絡 佐藤

岳連
1/25 ぐるっと京トレイル

桃山・沢山

12月23日
K尾リーダーの「最後の読図講習会」ってことで
9:00 原谷に集合

原谷弁財天〜桃山466
  良く歩かれている道だ 付近の方がウラジロや松を採りに来られてた
西に降りてすぐの植林の谷を北へ
  1/25000の点線のようには入れない
  西寄りのコルから降りる 道は所々に残ってる
東海自然歩道から 上ノ水峠の 眺めの良い所でお昼
沢山を南へ縦走
  きれいな尾根道
  沢山から南へ500m強の三叉路は たぶん気づかず通り過ぎてしまう
トレイル82〜85 
  高雄からトレイルに入る時、太い道に惑わされて この道は解り辛い
高鼻谷  地図では左岸に道が付いてるが 実際は反対

周山街道に出たとたん 到着したバスに滑り込んで 帰途につく

12回の読図計画 どうもありがとうございました
TREKKING・K 応援します 

hiei K尾 S崎 M嶋 Y後  Y形 “ゆ”

六甲

12月14日久しぶりに六甲へ行きたくなった
Sさんの例会がポシャったので わがまま山行を組む
「婆々谷西尾根?から摩耶山 どこまで行くかは相談で・・・」
8:00桂集合で王子公園
神戸研修所のクライミング施設を左に覗いて
このまま道に沿って行けば山に着くはず・・・が、住宅街で登れない
左へ巻いて「青谷道登山口」に到着9:30

さすがに六甲 人多い 
変わってしまった風景に慌てて
大雑把なナビで「この辺からでいいや」と、青谷道を外れる
上田道か? 太い柵が出て来る
(少し入ってみると堰堤があり、荒れた谷。行くなということか?危ないと言うだけか?)
ま、気は左の尾根道に向いてたので引き返して尾根へ

少々獣道を踏破して上がると 学校林道451の北 次に555縦走路 
12:05〜後はひたすら歩くだけ
今日は風が冷たい 午後だというのに氷も霜柱も
DSCN3513

13:00摩耶山〜杣谷峠〜自然の家〜サウスロード〜丁字ヶ辻〜記念碑台〜
ケーブル山上〜油コブシ展望所で休憩15:30
DSCN3516
16:30ケーブル下からバス 六甲駅
歩荷にお付き合いいただきありがとうございました
S崎 N嶋 Y後 “ゆ”
Profile
Recent Comments
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ