2008年07月15日

ノウゼンカズラの咲く庭から

ノウゼンカズラ
今年は例年より少し早く咲き始めたノウゼンカズラ。

5月に咲いた大山蓮華を始め、実家の庭の花々は今までになく沢山花を咲かせたそうです。
そんな中、母の病気が分かったので、父は"あんなに花が咲いたからなぁ"などと言って変に関連付けてしまっています。

母は今、"S状結腸がん"という病気で入院中です。
その治療の中で、便通が悪いので腸閉塞を避けるため、ストーマ(人工肛門)造設の手術を7/1に行いました。
これにより母は現在、身体障害者手帳交付の申請しています。

そして、今日7/15には今後の治療のために中心静脈カテーテルと埋め込みポートの手術をしました。

ストーマの扱いも、看護師の方が驚くほど積極的に行い、今はパウチを貼ることに慣れるよう頑張っています。
ポートの手術後、私との電話で、部分麻酔だったため、手術中の医師の声や処置の音が聞こえて、嫌だったと話してくれました。

私のブログ "今日のメニュー" にも書きましたが、つい先日まで母のことを書くつもりもなく、このブログを立ち上げる予定もありませんでした。
しかし、私なら挫けてしまいそうな多くのことに高齢にも関わらず前向きにがんばっている母の姿を見て、母のことを書いていくことが大切なことに思えてきました。
そして、"がん"と聞いただけで不安になり、担当医からのお話を聞いても、後から後から質問が湧いてきて、自分自身落ち着かない日々が続きましたので、私なりにNetで調べて分かったことや体験したことを綴っていくことにより、同じ病気でとまどっている方やその家族の方々の不安を少しでも軽減する手助けになるのではという思いもあります。

*お知らせ*
・いただいたお問い合わせには、私の分かる範囲でなるべく丁寧にお答えいたします。
また、コメントへのお返事もさせていただきますが、このブログに関しては、こちらからのご訪問は控えさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


sachi1929 at 16:34│Comments(0) はじめに | July 2008

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔