2008年10月05日

昼顔

昼顔
母が3回目の治療を終え、こちらに来てからは、毎朝夕の散歩を日課にしていました。
朝は少し遠くまで連れて行ってもらい、夕方は一人で向えのマンションを一周か二周するというペースです。
この昼顔も、私が一緒に散歩に行った時に写したものです。

8/10に一回目の治療を終えた後は、妹の家に滞在して、やはり一日の多くが寝ている生活でした。

二回目の治療は、8/19に採血をして20日からの予定でした。
採血結果は良かったのですが、20日に病院へ行き体温を測ったところ、38.5度あり、抗がん治療は延期になりました。
体温のことは、本人によれば、前日の夜に扇風機の風に当たり過ぎたせいだということで、解熱剤を飲んだこともあり、翌日には体温は下がりました。
しかし、先生の診断で、体のどこかで炎症を起こしているということで、それをまず見つけなければなりませんでした。
8/21の検査で、炎症は腎臓にあり、そのせいで尿道が狭くなっていて尿が出にくくなっていたので、泌尿器科でも検査を受けることになりました。
8/22に泌尿器科での検査の後、尿管にカテーテルを入れました。
この検査は、ちょっと辛かったそうです。**


一回目を無事終えたことで少し気持ちが軽くなっていましたが、こうしたいろいろなことがあって、私たちがこの抗がん治療を決める時に、主治医が"決して甘くない"とおっしゃっていた意味が、頭では分かっていたのですが実感として分かりました。

この間ずっと入院生活だったため、母は嫌気半分で随分疲れてしまったようです。
そして、二回目の抗がん治療は、8/25の午後2時半から始まり、27日の3時に終了しました。
この時の入院では、いろいろあった割に、治療が終わった時点で母は随分張り切っていて、退院したその日に新幹線に乗るところまで妹に送ってもらい、横浜まで一人でやってきました。

2回目の入院の前に外を歩けるようにと杖を購入していたので、それをついて横浜駅に降りた母は、少しふらついた感じもしましたが、前に比べて元気そうに見えました。

**母からの
朝ご飯いま、すみました、昨日の検査は厳しくて、未だ回復していません、あれが普通なのか、わからないけれど、私はつらかった。
10時にお風呂が予約してあるので、入るだけだけれどさっぱり出来るので時間待ちです。
またお世話になります。いま先生がこられて「月曜採血でやれる」*という話でした。

*8/25の月曜に採血して結果が良ければ、その日の午後から2回目の抗がん治療に入れるということ。


sachi1929 at 16:32│Comments(0)TrackBack(0) 経過 | October 2008

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔