2009年04月08日

馬酔木の香り

馬酔木
この花は、前にUPしたエリカの花の咲く道を下ったところに咲いていました。
とても急な坂道で、ここを下り坂方向に杖をつきながら母が一人で歩いたなんて、危な〜い!知ってびっくりでした。

"発熱性好中球減少症"と診断された母は、その治療のために2/26から3/1まで入院をしました。
母のがんは進行性のものなので、手術ができるかどうかのセカンド・オピニオンをいただくのは早ければ早い方が良いと思った私は、父の主治医にご紹介いただいた先生とお話をして、取り敢えず退院後の3/3に母の診察をしていただくことにしました。

その一方で、私はこのまま抗がん治療を続けなければならないかも知れない母が横浜に移住した場合に備え、治療を受けていた病院の先生に国立がんセンター宛てと神奈川県がんセンター宛ての紹介状を書いてくださるようお願いしていました。
それに加えて、セカンド・オピニオンということで、父の主治医に紹介していただいた先生への紹介状もお願いしたのですが、急なことで、その紹介状は3/3には間に合いませんでした。

そこで、母の病状説明は私の知っている範囲に止まりましたが、血液検査、CT検査などの結果、まだ数種類の検査が必要ではあるが、腫瘍の切除は可能ではないかというご判断をいただきました。

そして、この日早速、腫瘍の切除に向けて、検査、手術などの大まかな日程を決めました。
必要な検査の中で、主要なものである PET検査 を行っている所は、名古屋に数か所しかなく、まずその予約を取りました。
先生は、検査後1週間くらいかかるであろうPETの結果と他の検査次第で、できれば今月中(3月中)に手術をしたいとおっしゃってくださいました。

PETの検査が3/10、そして病院でできる他の検査は3/12〜13頃、手術日は3/25くらいという目安でした。

3/3がお雛まつりであることをすっかり忘れていたのですが、その診察結果を聞いて、なぜだか "今日は3/3、お雛さまだな〜" としみじみ思ったのを覚えています。 そして、この喜びを妹とも一緒に分かち合いたいと思いました。

sachi1929 at 13:11│Comments(0)TrackBack(0) 治療 | April 2009

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔