旅するポジャギ

ポジャギとは名ばかり。簡単、自己流の手作りを楽しんでます。

夕日のきれいな日本茶カフェ

お見舞いのため、函館へ行ってきました。

a3


地震の前に飛行機も宿も予約していたので、地震直後「延期しようか」と言ったら、
いかなる時も通常運転のオットは「どうして?」と。
なんか、そんな時にお邪魔じゃないかしらという気がするんですよね。

そう思った人がたくさんいたのか、観光客がたいそう少なかったです。
いつもなら駅前から十字街方面へ走る路面電車は観光客で満員なんですが
今回はちらほら。

ab


初日は午後に着いて、夕日のきれいなお店を教えてもらいました。
電車の「どつく前」から坂を上がって、外国人墓地を抜けたところにある
「ティーショップ夕日」です。
元々は明治に建てられた函館検疫所の建物でした。

a5


お茶を飲み終わらないうちに日が沈んできたので、外へ出て

bb156ccbe40-s

aa2

bb2

b1


風が冷たい日は窓際の席から見たほうがいいかも。
この日の日没は5時40分で、日没と同時に閉店です。

c4


外国人墓地の一角に中華山荘というレンガ塀で囲まれた墓地がありました。
明治に作られ、いまは華僑団体が管理して清明節と中元節には祭祀が行われているそう。

c7

c3


こちらは裏門。

c1


そういうわけで飲食店も空いていて、イカ刺し食べました、
秋刀魚の塩焼きも食べました。

abc

abcd

花生けをライブで 2018

今年もみごての会「花会」へ行ってきました。
花道家上野雄次さんのはないけ教室の花会です。

上野さんの作品、自作の花器だそうです。
下に敷いてある板が先にあって、そこからイメージして木を削られたそうです。

a6ccc0e4-s


まるで人物のよう。

bP_20180916_120103


視線を横に巡らすと、友人の行けた花がありました(右のほうです)
ああ驚いた。

aP9160368


ライブで生けるほうもダイナミックなものを選んでいました。
昔買った茶釜だそうです。

79eb73a6-s

914e1d4e-s


これにも驚き。

cP9160287


これも鶏頭の赤が際立って、素敵でした。

aP9160286

8a595e6a-s


この下に敷いてある布が、何かを解いた布のようで、とてもいい感じでした。

aP9160258

aP9160278


この古袱紗も素敵。

aP9160301


もうひとりの友人の生けた花を探していたら
玄関で最初に迎えてくれた花でした。
秋ですね。

9eeb7a7a-s

ユキ・パリスコレクション展

銀座松屋でユキ・パリスのコレクション展を見てきました。
レースやサンプラーやタペストリーや刺繍等々500点が展示されていました。

06a


京都のミュージアムでは見られない、大きなものがひろげて展示されていて、
でも、やっぱり熱心に見てしまうのはこういう小さなものたち。
靴の針山はフランスのものかしら。

03a

04a


デンマーク刺繍のタペストリー、温かみがあってすごく好み。

05a


いろいろな襟の形をつなげたサンプラーがあって、面白いなと思いました。
何しろ見応えありました。

そして会場を出たところにマーケットがあって、布が、レースが、ボタンが・・・。
買いましたとも^^;


お茶する前にもう一件。
LIXILギャラリーで寄木細工の家具の展示(11月24日まで)

02a


明治時代の輸出家具なので↓のようなライティングビューローもありました。
この寄木細工、まさに仰天手仕事です。

07a


この後、やっとお茶して帰ってきました。

かりもり

お隣から何種類かの野菜をいただいた。
ご主人の実家(たぶん関東)で育てた野菜とのこと。

そのうちの一つが瓜を太く、大きくした感じ。
名前を聞いても「知らない」そうで、ネットで調べたら
「かりもり」という瓜の一種でした。
直径が8cmぐらいで長さは25cmぐらい。

b1


一番最初にあった調理法が一夜漬けだったので

b3


ミョウガと合わせて、さっぱりした美味しさは瓜の味。

b2


ところで、今回の地震、北海道胆振東部地震と名付けられて
胆振って久しぶりに聞きました。

割と最近、友人と江差の話をしていて
「江差は檜山支庁だから」と私が言ったら
「檜山って?」と聞かれた。

知らないよね。

北海道は14の支庁に分かれているんですよ。
小学校の社会の時間に習うんですが、函館はかなり南なので上川支庁とか
留萌支庁はどこ? という感じでした。
後志を「しりべし」と読むのも、うーんという感じで(後志は小樽の辺りです)

で、いま北海道庁のHPを見たら、いまは支庁じゃなくて「総合振興局」というらしい。
さらに網走支庁がオホーツク総合振興局に変わっていた。
そういえばオホーツク紋別空港というのもありますね。

思いがけず、花火

夕飯のご飯をよそおうとしていたら、ドーンドーンと音がして花火が上がった。
みなとみらいで何かイベントをしてるんだと思って見ていたら
結構しっかりと花火が続きました。

7accacaf-s


この赤だけの花火、何度も繰り返し上がって、とっても華やかでした。

1bebf329-s


思いがけない花火が、この夏見た中では一番豪華で、
地震や台風の被災地の方々には申し訳ないけれど、ちょっと得した気分。

c7b44e1a-s

21738a59-s


備えあれば

今朝はオットに「北海道で大きな地震が起きたらしいよ」と起こされた。
函館は震度5弱。
姉に電話すると、大きな被害はないとのこと。
ただ停電で水道が出ないのでトイレ用に1階の管理人室から
水を汲んできたところとのこと。

それそれ。
我が家もマンション住まいなので、同じことが心配です。

「大きなバケツが一つしかないので、それじゃ足りないよね」というので
浴槽にためれば、とアドバイス。

電話の充電も心配なので無駄話はせずに電話を切りました。
夜8時頃に電話したら、まだ電気は普及せず。
ガスは使えるそうです。
姉は冷蔵庫を満杯にしている人なので、後片付けが大変だと思う。

なんてことを書いていたら、10時ちょっと前に
「電気が復旧して水道も使えるようになりました」とメールがきました。
良かった。

TVでスーパーやコンビニに並んでいる映像を見たので
少しばかり備蓄している食料をチェックしたら、なんと半分は
1年前に賞味期限切れでした。
「5年保存」の文字に安心していました。

a4


処分するなら、どんな感じになるのか試してみることに。
注水線まで熱湯を注いでチャックを閉めて待つこと20分(水なら60分)で

a3


五目ご飯の出来上がり。
かき混ぜないと調味料が回らないみたい。

c1


丼に出してかき混ぜました。

a1


もう一つ、赤飯も試してみました。
こっちのほうは袋のまま食べてもOK。
軽く2膳分で、結構美味しい。

a5


一口食べてみたら大丈夫そうなので、結局全部食べちゃった(笑)
また補充しないと。
やっぱり白いご飯かな。

シンプルの正体、最終日に

昨日は赤レンガ倉庫でディック・ブルーナのデザイン展を見てきました。
横浜のフライヤーは青ですが、他の会場では黄色だったようでそっちも欲しかった。

a1


第1章はペーパーバックの表紙やポスターなど、グラフィックデザイナーとしての
作品が200点以上。
いやー見応えありました。センス良すぎ。
ちょっと切り絵のようなテイストのものもあってすごく良かったです。

第2章は絵本作家としてのブルーナさん。
やっぱりかわいいです。

第3章は、「シンプルの明日」というテーマで日本のクリエーター4組の、
ブルーナ作品からインスピレーションを受けた作品の展示でした。

こちらは撮影OKだったので
ブルーナカラーのガラス玉が入ったラムネ(KIGI)とか

a8


ミッフィーの描かれたブラウス(ミントデザインズ)が楽しい。

a3



・ ・ ・
そういえば

10年以上前にブルーナ展を見たときに買ったカードで額装をしたことがあります。
ビゾー(斜めの部分)の色を変えている^^;

a4


切手もあったので貼ってみたのはちょっと余計だったかも。
シンプルにね^^

a7


ブルーナの切手はもう使い切りました。

a6


ちびまる子ちゃんの切手は2枚残ってます。

c1

夏の終わりに

オットが、私が出しっ放しにしている服を撮っていた。
今年買った藍の板締めのスカート。
すごく気に入っているのに2回しか履いてない。

7ed49312-s


去年買ったワンピースは今年一度も着ていない。
ということは、この夏は2回しかおしゃれをしてないってこと?

aa2


アロハ柄のカーテン

0f57ecab-s


けいこさんから貰ったひざ掛け。

fed31117-s


玄関前に張り付いてた蛾、セスジスズメとか。
こういうストライプのパンツを履いてる人、いそう。

aa3


これにもびっくり

早く涼しくなってほしいです。
先日の東大の総合化学博物館に沖ノ鳥島のサンゴ礁がさりげなく置かれていました。

b1

b3

b4

b2


9月になったらチクチク初めます^^;

珠玉の昆虫標本展

一昨日はオットの外出に付いていきました。
行った先は東京大学総合研究博物館でした。

b1


こういう標本が一箱あるだけでも驚いちゃう私なのに

b6


どーん!!

c3


ビーズ屋さんみたい。

b3


ごく一部ですが。

b2

d16e6fee5-s (1)

147cc58a-s

b4

e2

e1

a6


中央に吊り下げられたガラス箱、蝶の羽の裏表が見えて

a7

表側は落ち葉みたいと思ったら

c6

裏は枯葉でした。

c1


これも表と裏。

c7

c2


東京大学の秘蔵コレクション40,000点公開ということで、江戸時代のものは撮影禁止でしたが、
古い時代のものは解説が興味深いです(クリックで大きくなります)

b5


これなんか楽器店の壁みたいに見えたり

a4


ブローチみたいなカメムシ。
玄関の前で時々見かけるカメムシは一色だけど、こういうのもいるんですね。

a5


ラリックのガラスみたい。

a1


昆虫には全然興味のない私ですが、とっても楽しめました。
採集者の情熱に圧倒されました。

記事検索
ギャラリー
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 夕日のきれいな日本茶カフェ
  • 花生けをライブで 2018
  • 花生けをライブで 2018
  • 花生けをライブで 2018
  • 花生けをライブで 2018
  • 花生けをライブで 2018
  • 花生けをライブで 2018
  • 花生けをライブで 2018
最新コメント
プロフィール

sachi5303

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ