2006年06月15日

テンションと機嫌

 例えば他塾の先生なら、どうでしょうか。

 その日一番最初の授業で、一番最初に顔を合わせた生徒さんが、
 「センセー、宿題やってなーい」とか
 「え!? P39も宿題やったっけ?? ・・・やってない」とか
 「プリント忘れたー」とかって言ってきたら・・・、、、、、、

 「さあ、今日も頑張って仕事だ〜」って時に僕なら、それは相当テンションが下がってしまう。

 はぁ〜・・・・・・・・。

 宿題を忘れたというのに元気いっぱいであればあるほどテンションは下がってしまう、いや、元気がなさすぎる子もやる気がなさそうに感じてしまいテンションは下がってしまう。

 しかし、これはテンションのアップダウンの問題だ。そして、そのテンションのアップダウンは引きずってはいけない。授業に支障が出てしまう。つまり生徒達に影響が出てしまう。自戒の念を込めて、ここに書いておこうと思う。

 テンションのアップダウンの問題だということは、つまりどういうことかというと、
 これはテンションのアップダウンの問題であって、機嫌が良くなる悪くなるという問題ではない。その日一番最初の授業を前に一番最初に顔を合わせた子が宿題を忘れてきたことによって、僕が機嫌を悪くしてしまってはいけないのだ。彼彼女に対する指導はするとしても、機嫌悪く、つまり感情的になってはいけないのだ。

 もう一度書きます。自戒の念を込めてこれを書いてます。自分がちゃんと出来ているから書いているのではないです。

 その日の一番最初なのに最初の生徒が宿題を忘れるなんて!!!! ってここで気分を害して機嫌が悪くなるというのは、あくまで僕個人の問題だ。宿題忘れは良くないけど、仕事始め早々に宿題を忘れた彼彼女が登場したということは、彼彼女には全く関係のないことだ。

 しかももっと言えば、
 その子が宿題を忘れたことにしたって、元を正せば常日頃からの自分自身の指導力の悪さが大きな要因。なのに、機嫌が悪くということは、相手に対して腹を立てているのではなくて、自分自身の非を自分が認めようとしないことから生じる心理的防衛機制だ。こちらの勝手な心理的防衛機制によって感情的に責められる相手にとったらそれはタマッたもんじゃない。

 というわけで、
 もう少し
 冷静になろう。


sachi_livedoor at 11:06│clip!「塾の先生」として 
プロフィール
Sachi(さち)

◆関西在住、既婚、男性
◆2006年4月、独立。個人塾経営者および講師。
◆臨床心理学専攻の大学卒。学生時代4年間は家庭教師・塾講師のアルバイト。卒業後は個別指導の学習塾へ就職。小中高対象の学習塾にて講師・教室担当者として勤務。2005年3月退社。
◆独立して小さな小さな学習塾を創ることが夢でした
◇Sachi-netを通じて多くの方と意見交換をし、教育だけでなく様々な分野で情報を送受信出来れば、と思いブログを始めました。
◇Sachi-netはリンク自由です。相互リンクの場合にはご一報願います。

blogranking
にほんブログ村 教育ブログへ
おすすめ書籍

最短期間で成績を上げる 最強最後の学習法

★国語の勉強方法から始まり、英単語の暗記法やノートの取り方など。著者の優れた説得力で大変詳しく書かれています。勉強方法について考えたいお子様、保護者の方々、学習指導者の方々に是非お勧めします。塾講師や家庭教師としてアルバイトされている方にとっても貴重なバイブルです。

読解・作文トレーニング4年生―論理エンジン/小学生版 よみとり かきかた

読解・作文トレーニング5年生―論理エンジン/小学生版 よみとり かきかた
読解・作文トレーニング6年生―論理エンジン/小学生版 よみとり かきかた


誰も教えてくれない「学習塾」の始め方・儲け方―おいしい塾商売「成功の鉄則」集

★学習塾開業の入門書といったところでしょうか。塾の形態や心構えなどが広く書かれてあります。具体的な内容というよりは、概要をつかむためのものといった感じ。僕は大学を卒業して塾業界に関心を強めた頃に読んで、大切な心構えと展望を学びました。

★あなたのお勧め、教えてください!★
・自身の教養のために読む書籍を探しています。皆様のお勧め書籍をどうぞ教えてください。読ませていただいて感動したものはブログでも紹介させていただきます。皆様のご協力、お願いいたします。

<ジャンルで検索>
【教育・学習参考書・受験】 【ノンフィクション】【塾講師】【学習塾】

<書名で検索>