一般的な心理学とバラコミで扱うカルマ学は何が違うか??

わかりにくいと思うのでブログで書くことにしました。

心理学とは、バラコミ流に言うと「個人レベルのカルマ学」 つまり、本人の感情

をベースに扱うのが基本で、特に幼少期の頃の感情やトラウマ、消化されていな

い出来事への不理解感情(この場合は、自分の理解できてない親に対する感情

など・・・)を理解して、問題解決をする。という流れとなります。

 

バラコミで扱うカルマとは、自分の親、兄弟、祖父母など、自分に関係の深い

親族や、自分の身近な人々の感情をベースに扱います。つまり、本人以外の

不理解感情(自分が理解できていない身近な誰かの感情)を理解する

プロセスで問題解決を促します。

 

自分以外の人の感情にフォーカスすることで、心理学では解決が難しい

レベルの範囲までアプローチすることが可能になるのと、「自分に発生

しているこの感情は誰の感情??」と自分自身と発生している感情を

切り離すことで、自分責めることがなくなり、問題解決のスピードも加速します。

 

例えば、パニック症という症状がありますが、

その発生感情は、「呼吸が出来ない、苦しい、このまま死んだらどうしよう・・・等」 

死の恐怖、不安、苦しみの擬似体験と考えられます。 

つまり、家系の誰かで、そんな死の恐怖や不安や苦しみ

を味わった人の気持ちを理解させられている可能性が高いです。

 

理解されていないことに向かって出来事は発生しますので、それを理解すると

症状が軽減したり、緩和したり、なくなったりします。

 

こんな話をすると、「おじいちゃんの霊が~~」みたいなスピリチュアルなものと

誤解されそうですが、カルマは「霊」ではなく「感情」です。

スピリチュアルで扱われる前世、過去世、はバラコミでは扱いません。

前世は自分でコントロール出来ませんし、確証がありませんから・・・。

 

自分の身近な人の感情を理解することで、問題解決を促し、その感情は

理解度が高まると「能力」に変化しますから、レベルアップ、能力アップ

を同時に目指していきます。

 

ちなみにパニック障害の能力化は、死ぬことを恐れない力で全てを癒す、

死を恐れる人に対応できる力につながります。

 

ご参考くださいませ。

 

 

プライベートブログ⇒   http://ameblo.jp/sachie6666/

バラコミHPはこちらです⇒  http://www.balacomi.com