カテゴリ:
◎相談内容
 
○以前付き合っていた彼と復縁したいと思っています。
○別れて約12年経っているので全く接点がありません。
○相手が今、既婚者なのか未婚者なのかも分かりません。
○彼とは、ソウルメイトなのかも知りたいです。
○今の彼の気持ちも知りたいです。
 

■いくつか、質問をさせていただきました。

■別れた原因と当時の彼の年齢を教えてください。
 
○彼が他に女性を作った事、彼の暴力が原因で私から別れを告げました。
○当時彼は21才でした。

■導かれた内容から、潜在的に何を得たいと思っていますか?
 
どんな気持ちになりたいと思っていますか?(自己分析を記入してください。) 
○新鮮な気持ちで向き合いたいと思っています。
○外出先で、必ずと言っていいほどお互いが運転している車とすれ違います。
○度重なる偶然があり、ソウルメイトのようなツインソウルのような気がします。
○フェイスブックでは、何度かやり取りはしていたのですが、プライベートな事は聞けませんでした。
○出会った頃のように何でも気軽に話しができて彼の支えになりたいです。
○スピリチュアル心理カウンセラーセラピストの認定を取ったので、彼の心のブロックを解放してあげたいと強く思っています。
  
■理想的、希望的な彼の状況とはどんなものですか? 
 
○頼りがいがあって、なにがなんでも守ってくれる彼。
○女性に言い寄られてもきっぱり自己主張ができる。心配りのできる彼が理想です。

■現実的・実際的に分析すると、彼はどんな状況の可能性がありますか?
 
○現在彼は心理士になっているかと思われます。
○昔の彼はまだ若かったので今は、落ち着いた大人の男性になっています。
○仕事が多忙な為、心身共に疲れ果てていると思います。
○女性関係は忙しいようで車の助手席はころころ変わります。
○彼はプライドが高いのか、決して自分から言い寄ることはしません。
○今は、ひとりかもしれません。


=======================
■リーディング結果
=======================


彼との復縁について、ご相談頂きました。

別れてから12年経っているとの事ですが、彼の事をずっと大切に思えるということは、それだけ彼に対して深い愛情があるからこそだと思います。

彼の事を信じて、大切に思い、ある意味、待っている状態というのは、それだけでもしんどいと思います。

彼と復縁できる可能性があるかどうか、「現在のお互いの気持ち」から見てゆきたいと思います。
 

質問)本人の彼に対する気持ちと、彼の本人に対する気持ちを教えてください。

■導かれたカード

○本人の彼に対する気持ち 【女帝】(対応カード:法王)

○彼の本人に対する気持ち 【法王】(対応カード:女帝)


まず、「本人の彼に対する気持ち」から見てゆきます。

女帝

■女帝
○豊かさの幸福、傲慢な態度
 
主役)女帝
脇役)召使
前提)戦時中ですが、女帝は召使いを従えて、日々ゆったりと過ごしています。
 

カルマタロットでは、カードの登場人物に、本人と関係者を当てはめて考えます。

カードには「女帝」しか描かれていませんが、カルマタロットでは、女帝の周りには、召使達がいる設定です。

「女帝」と「召使い」の関係を、本人と彼の関係に当てはめて考えます。

本人が女性であること、彼に対する理想の状態が、「頼りがいがあって守ってくれる、心配りができる彼」とありましたので、「女帝⇒本人」「召使い⇒彼」と考えることができます。

カードから見ても、Aさんが、思いやりのある、やさしい女性であることがわかります。

そして、この関係から読み取れる本人の気持ちとしては、

彼に大切にしてもらいたい、やさしくしてもらいたい、世話を焼いてもらいたい、色々かまってもらいたい。そんな気持ちではないでしょうか。
 

次に対応のカードを見てゆきます。【女帝】の対応カードは【法王】になります。

対応カードには、「本人の誤解している内容」が表われるという仕組みから、【法王】には「(本人の誤解している)彼の本人に対する気持ち」が表われることになります。


【法王】は、「彼の本人に対する気持ち」を表すカードとして導かれたカードです。

つまり、お互いの気持ちが対応関係にあるということです。

これは、お互いの気持ちに対する誤解が大きい事を表しています。

実際にカードを読んでゆきます。
 

法王
 
■法王
○助言する、支配する
 
主役)法王
脇役)二人の司祭
前提)法王は二人の司祭に真理の道を示し、命令しています。
 

カードには、法王と二人の司祭が描かれています。「法王」と「司祭」の関係が、本人と彼との関係に当てはめられます。

先程「女帝⇒本人」でしたので、同じ関係性で考えると「法王⇒彼」になります。すると「司祭⇒本人」となります。

○「法王」と「司祭」では、聖職者としての経験と実績に圧倒的な差があります。

○法王は圧倒的な上位者であり、司祭は法王に仕える者です。

ここから読み取れる内容としては、彼自身が本人よりも圧倒的に上の立場だと感じていること、その立場から本人の面倒を見てあげているような気持ちであること、付き合っていた当時とはかなりレベルが違うということ、などが考えられます。彼自身の価値や周りからの評価もそれだけ高くなっているのではないでしょうか。


ここでもう一度、【女帝】と【法王】のカードを見比べてみます。

○【女帝】にあてはめられた、二人の関係性は、
「女帝⇒本人」「召使い⇒彼」

○【法王】にあてはめられた、二人の関係性は、
「法王⇒彼」「司祭⇒本人」

つまり、互いの価値観に大きなギャップがあることがわかります。

カルマタロットでは、「本人の誤解している内容」がカードに表われるという仕組みが大前提にあります。

「誤解している気持ちへの正しい理解」これが、カルマ解除の基本であり、カルマを解除することで、彼との復縁の可能性も高まるはずなのです。

そこで、お互いについてより詳しく知るために、もう一枚、カードを導いてみたいと思います。
 

質問)(本人⇒彼、彼⇒本人への気持ちについて)より詳しく教えて下さい

■導かれたカード
 
○本人の彼に対する気持ち 【運命の輪】(対応カード:吊るし人)
 
○彼の本人に対する気持ち 【星】(対応カード:隠者)


まず、本人の彼に対する気持ちから見てゆきます。

運命の輪 (1)

■運命の輪
○学ぶ、押し付ける
 
主役)運命の輪、輪の周りの生き物
脇役)四隅の真理を学ぶ四大の象徴
 

カードの登場人物に本人と彼の関係を当てはめてみます。

頂いたメールに「ソウルメイトのような気がします」という内容がある事から、本人が彼に対して運命の人だと感じていることがわかります。

そこから考えると、「運命の輪⇒彼」「輪の周りの生き物⇒本人」になるはずです。

「彼がソウルメイトかどうか知りたい」との事については、バラコミでは、「過去世」「前世」という不確定要素の多いものについては扱っていないので、その判断についてお伝えすることはできません。

カルマについて、「過去世」「前世」などと結び付けられていることも多いようですが、バラコミで扱う「カルマ」とは、「不理解感情(理解されていない誰かの感情)」により発生する出来事とその仕組み、そのものを指しています。

一枚目の互いの気持ちが、対応カード同士であったことや、彼の事がずっと気になっているということは、本人にとって彼の存在は、自分のカルマを解消してくれる相手だといえます。

そう考えるとAさんにとっての彼は、ソウルメイトと言えるのかも知れません。
 

つづいて、対応カードを見てゆきます。

対応カードには「本人の誤解している内容」が表われます。

【吊るし人】には、本人の誤解している彼の気持ち、つまり、「(本人が誤解している)彼の本人に対する気持ち」が表われていると考えられます。

吊人
 
■吊るし人
○前向きな修業、自己満足のアピール
 
主役)吊るされた男
脇役)男を吊った者、男を見物する人々

カードには「吊るされた男」しか描かれていませんが、カルマタロットでは、他に「男を吊った者」「男を見物する人々」が存在しています。

先程「運命の輪」を彼に当てはめていますので、ここでは「吊るされた男」が本人になります。

次に彼のポジションですが、今、彼と直接関係があるならば、「男性を吊った者」が彼になりますが、現在の関係から考えられる彼のポジションは「男を見物する人々」になるはずです。

○「吊るされた男」は、自分が吊るされている姿を、人々に見せる為に吊るされています。

○男は、自分の頑張っている姿をアピールしています。

○吊るされている状態を見せる事で、人々の好奇を集めようとしています。

本人が彼に対して頑張っていることは、彼にも伝わっているようです。

ただ、彼の気持ちとしては、「色々アピールしてくれているのはわかるんだけど、そうされても、自分としてはどうにもできないし・・・」そのような気持ちが読み取れます。


先程と同様に、【運命の輪】と【吊るし人】のカードを見比べてみます。

○【運命の輪】に当てはめられた、二人の関係性は、
「運命の輪⇒彼」「輪の周りの生き物達⇒本人」

○【吊るし人】に当てはめられた、二人の関係性は、
「吊るされた男⇒本人」「男を見物する人々⇒彼」

これを見ても、互いの価値観にギャップがあるのがわかります。

本人の立場から考えると、受け入れたくない内容だと思います。

ですが、現在の互いの価値観についてのギャップを正しく知ることが、彼との復縁の可能性を高める為にどうしても必要な理解でもあるのです。

今度は、彼の本人への気持ちをみてゆきます。

 
星

■星
○与え続ける、余計なお世話
 
主役)水差しから水を注ぐ女神
前提)大きな星の下、女神は湖と大地に水を注いでいます。その水は村や街の人々に届けられています。


カードの登場人物に当てはめてゆきます。

「星の女神」が女性なので、もしこのカードが1枚目に導かれていたならば、「星の女神」を本人に当てはめることになります。

今回の場合、先に彼の本人への気持ちとして【法王】のカードが出ていて、
「法王」⇒彼、「司祭」⇒本人、という前提がすでに出来ています。

その前提から導かれたカードなので、ここでは、
「星の女神」⇒彼、「村や街の住人達」⇒本人、になります。

○星の女神は村や街の住人達に水を届けています。

つまり、彼としては、本人に対して援助したり、助けてあげている。若しくはその気持ちがあるということです。

○星の女神は一人であるのに対し、街や村の住人達は大勢います。

しかし彼は、本人に対して特別な想いがあるのではなく、他にも助けている人達がいる、ということになります。

また「女神」と「人間」という立場の違いから見ても、お互いの価値観のギャップの大きさが表われています。

続いて、対応カードを見てゆきます。

 
隠者

■隠者
○真理の道標、関係からの逃避
 
主役)隠者
脇役)ランプ、杖
  (隠者を訪ねる人々)
 

対応カードには、「本人の誤解している内容」が表われます。

つまり、【隠者】には、彼が本人に対して誤解している気持ち、つまり、「本人の彼に対する気持ち」が表われています。

カードに関係性をあてはめると、「隠者」が彼、「隠者を訪ねる人々」が本人、となります。

○「隠者」は岩山で一人孤独に瞑想しています。自ら山を下りて人々に会いに行くことはせず、自分の所に訪れてくれる人がいれば会って対応します。

頂いたメールに、「彼はプライドが高いのか、けして自分から言い寄ることはしない」とありましたが、その気持ちが表われていると考えることができます。

また、彼が本人からのアプローチを待っていると思っている、という気持ちも表われています。
 

ここまで、お互いの気持ちについて、本カードと対応カードから、それぞれ誤解している内容について読み解いてきました。

今回導かれたカードについて《タロットCUBE》上のポジションからも、価値観のギャップを見る事ができます。

ここで少し《タロットCUBE》を使って解説したいと思います。
 

《タロットCUBE》は、カルマの理論に基づき22枚のカードを配置した仕組みです。

導かれたカード(本カード)に対し、CUBE上で、対角線上にある配置されているカードが(対応カード)になります。

対応のカードには、お互いの前提が真逆である人物(立場・状態)が配置されています。

「お互いに対する気持ち」で導かれたカードを、下記に記してみました。

11
 
○1枚目のカード(青色)
本人⇒彼 【女帝】(対応:法王)
彼⇒本人 【法王】(対応:女帝)

対応カード同士は、価値観の大きく違う相手同志となり、お互いにカルマの解消し合える関係だと考えられます。そのため恋愛に発展しやすい関係でもあり、上手くいけばお互いに補い合える関係だと言えます。

ただ、本人と彼の間に距離がある今の状況から考えると、ここでは互いの前提がかけ離れてしまっていると考えるべきです。

○2枚目のカード(赤色)
本人⇒彼 【運命の輪】(対応:吊るし人)
彼⇒本人 【星】(対応:隠者)

上の表を見ると、互いのカードが90度に配置されていること分かります。

《タロットCUBE》の、左右、上下では、価値観や次元が真逆になります。

お互いのカードが、左右、上下に配置されていることから、お互いがかけはなれた価値観や前提を持っているということです。

このような背景から、現時点においては、復縁が難しいと読み解きました。


本人の立場から考えると、このような結果みて辛く感じてしまうと思います。簡単には受け入れられないはずですし、納得し難い結果だと思うのです。

ただ、経過している年月から考えると、それだけお互いの価値観や前提にギャップが生じてしまうのは、本当に仕方がないことだと思うのです。

一般的な男女の社会的評価と価値について考えた場合、男性は年を重ねることで価値が上がり、女性は価値が下がるという大前提があります。もちろん個人差や例外のある内容ですが、男女の性差や役割を考えると、受け入れなければならない事実です。

12年という年月の経過は、女性にとっては不利に働いてしまうことは、本当に仕方のないことだと思うのです。

ただ、重ねて書いているように、相手に対して誤解している気持ちへの正しい理解が、カルマの解除の基本であり、「理解により関係は無力化できる」というのが、「カルマの法則」を前提にした「カルマタロット」の前提です。

今回のリーディングによって、互いの気持ちのギャップを客観的に理解しながら、
相手の価値観や前提に沿うように努力することができれば、復縁できる可能性も十分あるはずなのです。

そこで、「どうすれば、復縁できる可能性があるか?」について、カードを導いてゆきます。
 

質問)どうすれば、復縁できる可能性がありますか?

■導かれたカード:【魔術師】(対応カード:力)


「どうすれば、復縁できる可能性がありますか?」という質問から導かれたカードの対応には、「現在の本人の状態と誤解している内容」が表われていると考えられます。

まず、その内容からみてゆきます。

力 (1)

■力
○母性の力、去勢する
 
主役)女性
脇役)獅子(獅子は男性を表します)
前提)受容の力により、自分よりも強力な獅子を制御しています。

カードの登場人物にあてはめると、「女性」⇒本人、「獅子」⇒彼、と考えることができます。

○「百獣の王」である獅子は、女性よりも圧倒的に強い存在です。女性はそんな獅子と向き合いながら、獅子を手なずけようと抱擁しています。

このカードから読み取れる内容として、Aさん自身、とても愛情深く、彼の事を大切に思い、何とか彼と仲良くなれるように頑張っていることがわかります。

頂いたメールの中に、「スピリチュアル心理カウンセラーセラピストの認定を取りまして、彼の心のブロックを解放してあげたいと思っています」という内容がありましたが、女性が獅子を抱擁している姿に、その気持ちも読み取ることができます。

しかし今回、彼との復縁のために導かれているのは、【魔術師】のカードです。

つまり、【力】ではなく【魔術師】を目指すことで復縁の可能性が見えてきますよ」というのが、カードからのメッセージとなります。
 

魔術師
 
■魔術師
○真理を伝える、自分勝手な解釈で人を利用する
 
主役)魔術師
脇役)四大の象徴の剣、杖、杯、金貨(ペンタクル)
前提)観客(依頼者)が魔術師を見物しています

ここでは、「魔術師」⇒本人にあてはめることができます。

カルマタロットでは、「魔術師」は「法王」の若い頃の姿であると考えます。

魔術師は、真理を学び、それを実践して、人々に還元しています。

ここでもう一度、《タロットCUBE》を見てゆきます。

111

【魔術師】と【法王】が隣に配置されているのがわかります。

【魔術師】が【法王】の若い頃の姿なので、【法王】に近い立場になります。

【法王】は先程の流れから「現在の彼の状況」をあらわしています。

つまり【魔術師】のカードが出ているということは、「彼の立場に近づけるような、彼の立場や彼の気持ちを理解できるような、そんな仕事を目指したり、勉強をしたり、習い事をしたりすると良いですよ」そう読み取ることができます。

○魔術師のカードを見ると、机の上に道具が置かれているのが見えます。これらは、人を導く為の、知識、知恵、道具を表します。

○魔術師はそれらの道具を使いこなすことで、多くの人々を導き、尊敬されています。

つまり、勉強や趣味を頑張ったり、習い事をしたり、資格を取ったりすることを通して、自分の価値を高めてゆきましょう。そう読み解くことができます。

【力】のカードからもわかる内容ですが、今はつい彼の事に心を奪われてしまい、中々他の事に目を向けられなくなっているのではないでしょうか。

そうではなくて、勉強や習い事など、自分の価値を高めることに意識を向け、今後の仕事に活かせるように努力してゆきましょう。というメッセージだといえるはずです。

セラピストとしてのスキルや学びを深めたり、その知識や知恵を使って周りの人と助けたり、それを仕事として活用してゆくのは、カルマ的にもとても良いはずです。

そのスキルを、彼の為に使うというよりも、より多くの人達を助けるために活かしてゆきましょう。というのが、【魔術師】からのメッセージとしても受け取ることができます。

○力の女性は、自分の敷地内で、獅子と向き合っています。

○魔術師は、旅をしながら、多くの人々に魔術を見せています。

つまり、もっと行動範囲を拡げてゆきましょう。ということです。

色々な場所に出掛けたり、旅をすることで、視野が拡がり、新しい素敵な出会いも待ち受けているかもしれません。

○力の女性は獅子だけを相手にしているのに対し、魔術師は多くの人を相手にしています。

彼との復縁を目指しつつも、彼だけに目を向けるのではなく、新しい出会いを求めてゆくことが大切です。恋愛だけでなく、趣味や勉強、自分磨きなど、いろいろチャレンジしてゆく事も大切です。そんなメッセージでもあるはずです。

彼に向かっている気持ちを、他の事に分散させながら、さらに自分の価値を高めるように努めることで、彼との距離も縮めることができ、彼以外の男性からもアプローチされやすくなるはずなのです。

先程、女性が年齢により価値が下がるということを書きましたが、これを何とかする為にも、変化することや向上を続けることが大切だといえるはずなのです。

男性の立場からしても、年齢問わず、自分を磨こうと努力していたり、向上心を持ってチャレンジしている女性には魅力的に感じるはずなのです。

今回のリーディング結果は、Aさんとしては、とても不本意で、厳しい結果だったと思います。

自分にとって、不本意な結果が、ブログに掲載されるのは、決していい気持ちではないはずです。

しかし今回、ある意味、そのリスクも覚悟の上で、勇気を持ってモニターセッションを申し込まれたのではないかと思うのです。

それはAさん自身、これまでの状況を変えたいと、そう強く思う気持ちがあるからこそだと思います。

これまでの間、彼に対して向けていた思いを、自分自身の変化や成長に向けることで、これまで彼に使って来たエネルギーの分だけ、価値を高めてゆくことができるはずなのです。

彼との復縁できる事が理想的ですが、仮に彼との復縁が叶わなかったとしても、そのように考え、行動することで、Aさんにとって素敵な人が必ず現われると思います。

今回のモニターは、私自身の修業やレベルアップも兼ねており、またブログを読まれる方にとっても有益な内容を提供する為に、募集させて頂きました。

この試みが私自身、そして読者の方にもポジティブな影響があるとすれば、カルマの法則から考えても、Aさん自身にも良い影響があるはずなのです。

沢山の良い流れと、これからの素敵な未来をお祈りしています。


==================

Aさまよりご感想いただきました。

リーディング結果を拝見させて頂きました。 

結果は思っていた通りでした。

 

交際していた頃の彼と私の立場は同等でしたが、

今現在は彼の立場の方が上です。雲の上の存在ですね。

 

(吊るされた男)のカードの意味を知った時・・

恥ずかしい気持ちになりました(笑)

もっと、自分の事を見て!と言っているような感じですよね。

確かに、彼と同じ立場になるとゆうことは、相当な努力が必要ですし

心理士とはかけ離れてはいますが、1歩彼に近付きたいとゆう思いがあったのは確かです。

 

(彼の本人への気持ち)に関しては、特別な存在ではないとゆう事。

状況は変わりません。足踏み状態ですね。

思い続けていても、この状況は何も変わりませんので

ならば、自分が変わるしかない!とさえ感じました。

ここは、ネガティブに捉えずに、またどこかで彼と再会するような事が

あれば、胸を張ってこれだけ成長しましたよとゆう自分を見せたいです。

 

自分は自分と考え、自分 らしく自分の生きる方向性に目を向け

彼の為だけではなく、多くの人々を助ける為に今後、スキルアップを

心がけていきたいと思っております。

 

(彼の本人への気持ち)に関して。

確かにそうですね、彼はある意味・・私も含め人々によっては救世主なのかもと思いました。

フェイスブックでのやりとりの中で彼に、私にとってあなたは救世主!と伝えた事がありました。

それを聞いた彼は、?マークでしたが。まだ自分の立場を把握していないのかな?と思いました。

業務としか捉えていないのかもしれませんね。


(対応カード)

隠者→彼 隠者を訪れる人々→本人

当たっていますね。

けして彼は自分から動きませんから。

来る者拒まずです。

やはり、別れてから12年のブランクを埋めるのは困難かと思われます。

別れてしばらくは自分との葛藤の日々が続いていましたが、

自分に言い聞かせて前向きに考えられるようになったのですが、

2年前ぐらいから度重なる偶然から、また彼への思いが込み上げてしまい
気になる存在になってしまいました。

ですが、その半面・・苛立ちさえ覚えました。

 

質問とは関係ないのですが、私には子供が1人います。

当時の子供は、5歳でした。

彼は、私に子供がいるとゆうことに関しては平静を装っていましたが、

かなり負担だったのではないかと思われます。

私は、彼と再婚を考えてはいなかったので、無理に子供と会わせたりとゆうような事はしませんでした。

彼が子供に会ってみたいとゆうまでは会わせませんでした。

彼は、表面はクールを装っていますが、かなりの寂しがり屋です。

同棲とゆう考えもあったようですが、幼い子供がいる自分にとっては

同棲をするとゆう判断には至りませんでした。

同棲を選択していたら、きっと親子関係に溝が生まれると思いました。

何かを失って何かを得る。

失う→子供 得る→彼

この考えは、私には結びつけられませんでした。

この結論は、間違っていなかったと思います。

 

今現在は、子供も社会人となりまして、恋バナの悩みでしたり、
職場の人間関係の悩みでしたり、相談に乗っています(笑)

 

もう自由がきくので、自分のやりたい事が明確になってきておりますので

行動範囲を広げ、ぶらりひとり旅も好き なので、

自分らしさを追い求めていきたいと思います!

不思議と老若男女から初対面にも関わらず話しかけられる事がしばしばあるので、

これも自分の個性なのかな?と思います。どんどん人脈を広げていきたいと思います。

 

自分の価値を高めるとゆうことは、とても大事なことですね。

今回とても大変勉強になりました。

ありがとうございました。

 

 

==================


Aさま、丁寧なご感想ありがとうございました。

リーディングの結果について、前向きに捉えて頂けて良かったです。

お子さんがいらっしゃったのですね。ここまできっと様々なご苦労があったと思います。
 
メール下さったように、当時彼としてはとても寂しかったのだろうと思います。
 
Aさんとしても、本当に沢山の葛藤があったと思います。

そして、その時の選択は間違いなく正しかったはずです。
 
お子さんも社会人になられたとの事、これまで頑張ってこられた分、ご自分を大切に、素敵に輝いていかれる事をお祈りしています。
 
恋愛も仕事も良い流れに向かいますように。

今回は、モニターに応募頂きありがとうございました。