前回は、「恩を受ける」「徳を積む」についてカルマ論を前提に解説しました。


今回のテーマは、「家系宿命期」です。何回かに分けて解説してゆきたいと思います。


ここまで解説してきた「家族のバランス」「人生のバランス」「恩と徳の関係性」について、「家系宿命期」の仕組みを知ると、より理解が深まると思います。



【カルマの法則】
○人間の一生には変化しやすい時期とそうでもない時期があります。
 
○変化には「プラスの方向の変化(上昇)」と「マイナスの変化(下降)」があります。

○安定には、「プラスの安定(安定)」と「マイナスの安定(低迷)」があります。
 


人間の一生には、変化しようとして変化しやすい時期とそうでもない時期、変化したくなくても変化させられる時期とそうでもない時期があります。


カルマ論では、人の一生涯の変化の量は、全ての人が同量である。と考えています。若い時に波乱万丈に生きると、後半生は波があっても穏やかに過ごせますし、逆に、若い時に生活が安定していると、後半生では少しの波でも心が乱されたりするということです。


実際に、幼少期に苦労が多かった人ほど、大人になってからは心穏やかに、豊かに生きている事が多いと感じますし、「若い頃の苦労は買ってでもしろ」という言葉があるように、若い頃には大きなチャレンジをして、たくさん苦労して様々な経験を積んだ人ほど、人生の後半を穏やかに安定して生きることができるということでもあるようです。


また世の中には、「チャレンジのしやすい人」と、「チャレンジの難しい人」がいると思います。より極端に表現するなら、「チャレンジしないと気が済まない人」と、「チャレンジしなくても平気な人」がいる。と言えます。


チャレンジしやすい人から、チャレンジの難しい人を見ると、「もっとチャレンジすればいいのに」と思うでしょうし、チャレンジの難しい人からチャレンジのしやすい人をみると、「すごいな〜あんな風にはできない」と思うはずです。


なぜこんな風に、人によって違いがあるのでしょうか?「家系宿命期」は、そんな問題意識からの研究によって導かれた理論だと聞いています。


「家系宿命期」では、人生における変化の流れを大きく4つの要素に分類しています。


◆プラス方向への変化・・・「上昇期」
◆プラスの安定の時期・・・「安定期」
◆マイナス方向への変化・・・「下降期」
◆マイナスの安定の時期・・・「低迷期」
 


各時期は、(基本的には)この順番で繰り返します。個人レベルでは、それぞれ、約15年〜20年です。どの時期から人生がスタートするのかは、生まれた時の家族(家系)がどの時期にいるのかによって変わります。


流れのアップダウンにも個人差があります。波乱万丈な生涯を送る人もいれば、緩やかな生涯を送る人もいます。その人自身のカルマによって違うということです。


各時期の特徴や流れを把握することと、現在、自分(家族)がどの時期なのか?を知ることで、意識的に流れをコントロールすることができます。本人の努力、人間関係、お金の使い方などによって、良い時期を延長したり、しんどい時期を短縮することができます。流れを固定、反転することもできます。


では実際に、「上昇期」や「安定期」のプラスの時期を、できるだけ継続するためにはどうすれば良いのでしょうか?


「下降期」や「低迷期」のマイナスの時期を早く抜けるには?その時期に向かわないで済むためにはどうすれば良いのでしょうか?


「家系宿命期」の仕組みと各時期の特徴、流れをコントロールする為の方法について、順に解説してゆきます。



【各時期の流れについて】(図1)

「家系宿命期」では、家族(家系)の状態は次のように変化します。

安定期→下降期→低迷期→上昇期(→安定期・・・)一回転はおおよそ60年〜80年です。


家系宿命期


【各時期の特徴】

「上昇期」
には、たくさん、色々な仕事をします。最初は収入は少ないですが、だんだん上昇してゆきます。

「安定期」には、一定の仕事で安定した収入を得ることになります。大きな仕組みの中で働くことになります。

「下降期」には、仕事をすることが徐々に減り始めます。それに伴い、だんだん収入も減ってきます。

「低迷期」には、ほとんど仕事ができなくなり、収入も少なくなります。他人の援助が必要な時期です。

そもそも何故、各時期は変化するのでしょうか?


「全ての出来事は不理解感情を理解するために起こる」。 この仮説により、カルマの法則は導かれています。つまり、変化の基本原理は、「不理解感情」(理解されていない感情)です。自分の理解していない感情に向けて、出来事が発生するということです。


現在、「低迷期」の人は、「上昇期」の人の気持ちを知りませんから、「上昇期」に向かいます。現在、「安定期」の人は、「下降期」の人の気持ちを知らないので、「下降期」に向かう流れになるということです。


◆家族のバランスと、個人の宿命期について

「家系宿命期」では、それぞれの時期の中でさらに細かく、家系内、個人内でバランスをとります。(図2)

家族(家系)の誰かが「安定期」の時、家族の他の誰かが「低迷期」の可能性があります。また、誰かが「上昇期」の時には、家族の他の誰かが「下降期」の可能性があるということです。(図3)


(図2)
家系宿命期2


(図3)
家系宿命期4


(図3)の内容について、少し補足します。


現在この家族は「安定期」のポジションにいます。


家族内では、父親(上昇期)母親(安定期)兄(下降期)弟(低迷期)となります。


イメージでいうと、父親が大企業でバリバリ仕事をしている。母親は専業主婦。兄と弟は、父親とのバランス関係の影響もあり、身体が弱かったり、能力が発揮しづらい時期かも知れません。


この家族が、15年〜20年先では、「下降期」に入ることになります。


家族内では、父親(安定期)母親(下降期)兄(低迷期)弟(上昇期)となります。


父親は定年に近づき、以前ほどは精力的に仕事をこなすこともなくなり、母親に病気などの症状があるかも知れません。兄は定職に就きにくいなどの問題が発生していて、その分、弟がバリバリと仕事をしているような状態です。


あくまでも一例ですが、このように考えることができます。


家族(家系)が一つのチームとなって、ゆっくりと回転しながら、家系宿命期を巡っているようなイメージです。


このように60〜80年で、「安定期〜下降期〜低迷期〜上昇期(〜安定期・・・)」と、それぞれの宿命期を経験し、様々な経験を積みながら、理解できていない感情を理解しながら、人生を生きてゆく・・・と考えることができます。


今回の内容はここまでです。


次回は、「家系宿命期」の見分け方について解説したいと思います。











■カルマカウンセリング■

■個人セッション(カルマカウンセリング) 
60分1万円

※延長料金 30分5000円
▼詳細、お申込みは
こちらです。

 

■スタンダードカウンセリングコース
 6時間 6万円(テキスト、家系のカルマ分析付き)
▼詳細、お申込みは
こちらです。

 

■プロフェッショナルコース(プロを目指す方、プロとしてカルマ論を活かしたい方)
 24時間 30万円
▼詳細、お申込みは
こちらです。

 

■カルマ・タロットセッション■

 ■【当日受付可能】 「カルマ・タロットセッション(鑑定)」
 30分 5000円 
 60分 1万円 
 ※延長料金15分2500円
  ▼詳細、お申込みは
こちらです。 

 

■カルマタロット講座(個人講座) (対面/電話・スカイプ)
【入門講座】 (2万円/2時間 入門テキスト代込) 
【基礎講座】 (7万5000円/6時間 別途テキスト代5000円) ※入門の内容を含みます。
【中級講座】(13万5000円/10時間)
【上級講座】(15万円/10時間)
【プロフェッショナルコース】 (30万円/24時間) 

 

■お金とカルマの本質講座(個人セッション)■

■【お金とカルマの本質講座】(個人セッション)
(高収入を得る、投資で勝つ、安全な遺産相続など)
◎受講料:価格18万円(全12時間)
▼ 講座の詳細は
こちらです。         

 

■セッションは随時受付しております。

http://www.balacomi.com/