前回は、「安定下降期〜下降期」の流れについて解説しました。


家系宿命期の流れでは、この後、「下降期〜下降低迷期〜低迷期」と下降してゆくことになります。


「恩と徳の定義」から考えると、本格的に「徳の貯金」をする時期なので、トラブルが続いたり、お金の苦労をするような出来事が続きます。


(参考記事:家系宿命期とお金の関係」)


この時期の散財は、病気、事故、家事や天災などのトラブルなど、特に苦痛を伴う出来事が増えてきます。精神的にも肉体的にも、大きなトラブルが起こりやすい時期です。また家族(家系)の誰かが、土地や不動産などの財産を所持していると、それがなくなるまで散財のプロセスが続くケースもあります。


今が「安定下降期〜下降期」であるとすれば、出来ることなら、下降してゆく流れを食い止めたいものです。そこで、「下降期〜低迷期」に落とさないようにするためにはどうすれば良いのか?考えてゆきたいと思います。



saigaiji_kyuujo_fue_man


【下降期〜低迷期の特徴・起こりやすい出来事】

【家族関係】
事故、暴力
戦争などで家人がたくさん亡くなる

【仕事・収入】
水商売、肉体労働、
低賃金、重労働
解雇、ギャンブル
無力、詐欺的な仕事
何をしてもダメ

【健康・スポーツ】
早死、急死、
精神障害、アルコール依存症、
重度のアトピーなど

【住居・資産】
破産、持ち家を失う
火事、天災
悪環境の家、空気の悪い都会の賃貸


まず、「家系宿命期」が変化してゆく理由の基本は、「理解されていない感情(不理解感情)」です。


現在、「安定期〜安定下降期」の人は、「下降期〜低迷期」の人達の気持ちを知らないため、そこに向かってしまうのです。つまり、「下降期〜低迷期」の人達の気持ちを理解するよう努めることで、下降期に向かわずに済む可能性があると考えることができます。


「下降期〜低迷期」の人達の気持ちを理解する為には、下降期で体験する可能性のある内容と、その感情について、先回りして体験したり、理解できればよいということです。具体的には、社会的弱者、肉体労働者、低所得者の気持ちを理解するように努めることや、援助するというようなことです。


〇途上国や被災地への寄付や支援、ボランティア活動への参加

〇貧しい国、途上国への旅や留学

〇身体を鍛えること、厳しいスポーツやトレーニング、武術や格闘技などへの取り組み


これらの内容は、下降期〜低迷期に対する疑似体験となり、その時期への理解を深めることになります。


また、家系(家族)の中で、介護、福祉関係の仕事、自衛隊、消防、格闘技、厳しいスポーツ、宗教的な取り組みなどに携わっている人がいる場合、家系全体が下降期に向かう流れを食い止めるための助けになっている可能性があります。


家系(家族)の誰かが、このような仕事に就いていたり、スポーツに取り組んでいることで、他の家族が厳しい環境で仕事をしないで済んでいたり、病気にならずに済んでいる可能性があるということです。



また、先にも書いたように、「下降期〜低迷期」というのは、「徳の貯金」をする時期です。


家系宿命期


「上昇期〜安定期〜安定下降期」には、過去に貯めた「徳の貯金」を使いながら、恩を受けています。「徳の貯金」を使い果たしてしまうと、恩を受けられなくなってしまうので、「徳の貯金」を貯める為に、「下降期」へ突入することになるのです。


つまり、「上昇期〜安定期〜安定下降期」に、徳の貯金を減らさないよう、徳を積み続けることができれば、「安定期」を継続できたり、「安定期」から「上昇期」に向かうことも可能だといえます。


下記の「徳を積む」内容を日常的に心掛けながら実践することで、「下降期〜低迷期」に向かう流れを食い止めたり、軽減できたり、短縮できる可能性があると考えることができます。
 


「恩を受ける」   ⇔ 「徳を積む」

受け取る        ⇔ 与える

自分を優先する   ⇔ 他者を優先する

本人の快適     ⇔ 他者の快適

儲かる                 ⇔ 儲からない

勝つ                    ⇔ 負ける

得する                 ⇔ 損する

問題を解決してもらう  ⇔ 問題を解決する

問題が起こらない       ⇔ (他者の)問題を回避させる

気を遣われる       ⇔ 気を遣う

無力になる           ⇔ 能力を使う

依存する              ⇔ 依存される

安定を提供してもらう  ⇔ 安定を提供する

チャンスに出会う          ⇔ チャンスを提供する

願いが叶う                   ⇔ (他者の)願いを叶えてあげる

リターンを受け取る       ⇔ リスクを背負う

お金を受け取る            ⇔ お金を支払う

生活保護を受ける        ⇔ 税金を納める

寄付される                   ⇔ 寄付する

奉仕される                   ⇔ 奉仕する


日常生活の中で、自分に出来る「徳を積む行為」を積み重ねてゆくことが、低迷期に向かう流れを食い止める(軽減する)ためにとても大切だと思います。


次回は、「低迷期」について解説したいと思います。









■カルマカウンセリング■

■個人セッション(カルマカウンセリング) 
60分1万円

※延長料金 30分5000円
▼詳細、お申込みは
こちらです。

 

■スタンダードカウンセリングコース
 6時間 6万円(テキスト、家系のカルマ分析付き)
▼詳細、お申込みは
こちらです。

 

■プロフェッショナルコース(プロを目指す方、プロとしてカルマ論を活かしたい方)
 24時間 30万円
▼詳細、お申込みは
こちらです。

 

■カルマ・タロットセッション■

 ■【当日受付可能】 「カルマ・タロットセッション(鑑定)」
 30分 5000円 
 60分 1万円 
 ※延長料金15分2500円
  ▼詳細、お申込みは
こちらです。 

 

■カルマタロット講座(個人講座) (対面/電話・スカイプ)
【入門講座】 (2万円/2時間 入門テキスト代込) 
【基礎講座】 (7万5000円/6時間 別途テキスト代5000円) ※入門の内容を含みます。
【中級講座】(13万5000円/10時間)
【上級講座】(15万円/10時間)
【プロフェッショナルコース】 (30万円/24時間) 

 

■お金とカルマの本質講座(個人セッション)■

■【お金とカルマの本質講座】(個人セッション)
(高収入を得る、投資で勝つ、安全な遺産相続など)
◎受講料:価格18万円(全12時間)
▼ 講座の詳細は
こちらです。         

 

■セッションは随時受付しております。

http://www.balacomi.com/