今回 から「カルマの基本法則」の解説と、その活用方法について連載したいと思います。


早速ですが、今回の法則はこちらです。

money-2696229__340


==========
【カルマの法則】
あなたが誰かに発生させた感情は、あなたに返ってくる可能性があります。
==========



これは、「カルマの法則」の中でも、最も基本的な法則です。



「あなたが誰かに発生させた感情で、理解できていない気持ち(不理解感情)が返ってきます」という内容です。


ここでポイントなのは、「発生する出来事は必ずしも同じではない」という事です。


これが「因果応報」について理解できない理由だと言えるのです。


では、具体例で解説してゆきます。


・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

【具体例】

Aさんは取引先から「注文しのと違う商品が届いた」とクレームを受けました。Aさんは「そんなに怒らなくてもいいのに・・・」と内心思いながら、商品の交換に行きました。


別の日、Aさんは同僚と仕事帰りに居酒屋に行きました。Aさんが、刺身盛合せを注文したところ、メニューの写真よりも、かなり見劣りのするお刺身が運ばれてきました。


Aさんは「えっ?何これ?メニューと全然違う。」と、思わず店員に文句を言ってしまいました。


・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・


Aさんが取引先の相手に対し、「そんなに怒らなくてもいいのに・・・」と思っていた。つまり、相手の気持ちを理解できていなかった為に、居酒屋でこの出来事を体験することになったと考えられます。


〇取引先⇒納品された品物

〇Aさん→刺身盛合せ


それぞれに対する発生感情が同じである。ということです。


Aさんがお刺身を見て「え?何これ?メニューと全然違う」と感じたように、取引先も「え?何これ?注文した商品と全然ちがう」と、そんな気持ちだったということになります。


ちなみに、Aさんが居酒屋での出来事を体験したことが「カルマの解消」になります。


もしもここで、Aさんが「一体これって誰の気持ちなんだろう・・・」と考え、「取引先の相手の気持ちなのかもしれない」と、理解できれば「カルマの解除」ができた事になります。


(カルマの解消とカルマの解除については、こちらでも詳しく解説しています)


では次に、この法則の活用方法です。


==========
【カルマの法則】
あなたが誰かに発生させた感情は、あなたに返ってくる可能性があります。
==========



もしも、「運を良くしたい」と思うならば、身近な人や、出会う人に対して、手助けをしたり、相手が喜ぶことを積極的に行うと良いということです。


相手に対して発生させたポジティヴな感情は、やがて、あなたのところに返ってくることになるからです。


つまり、「良かった」「助かった」「嬉しい」というような、「運がいい」と感じる出来事が増える可能性があるということです。


ポイントは、「あなたの行いが返ってくるのではなく、相手に発生させた感情が返ってくる」ということです。


今回の内容はここまでです。次回は、


==========
カルマの法則
誰かがあなたに発生させた感情は、誰かに渡したくなる可能性があります。
==========



この内容について、解説したいと思います