身の回りに発生する出来事について、下記の4つの内容への理解を求めて起こると考えられます。


前回は、,痢嵋椰佑理解していなかった養育者の気持ちを理解するように出来事が発生する」これについて解説しました。


今回 は、△砲弔い堂鮴發靴討罎たいと思います。

 嵋椰佑理解していなかった養育者の気持ち(感情の理解)」

◆嵋椰佑藩椣藜圓砲箸辰突益な理想(顕在的な理想)」

「養育者が理解できていなかった養育者自身のネガティヴな理想(潜在的な理想)」

ぁ嵳椣藜圓理解できていなかった誰かの気持ち(感情の理解の転移)」


family-591579__340

===========
【カルマの法則】

あなたの周りに発生する出来事は、「あなたと養育者にとって有益な理想」の出来事である可能性があります。
============

これは、あなたの「理想を叶える力」は、あなたと養育者の気持ちの作用が大きいということです。(兄弟がいる場合は、他の要素とバランスをとり合うことになります)


たとえば、養育者が、「ストレスの多い」「お金の苦労がある」「自己重要感の低い」人生を送っていた場合、子供はそのストレスから、「もっと豊かに・・・」「もっと満足のいく人生を・・・」という気持ちが生まれ、その理想を目指し、頑張ることになります。


その結果、裕福になったり、社会的に評価の得られる仕事に就くことになるということです。


例えば、父親が自営業で、毎日ほぼ休みなく、朝から晩まで働き詰めで、収入も不安定だったとします。


そんな父親の、日常のストレスから発生している感情は、「もっとゆったり仕事をしたい、安定した収入が欲しい」となります。


すると、その息子が、そんな父親の理想を叶えるような仕事に就く可能性があるということです。


例えば、公務員や大企業に就職して、比較的休みも取りやすい環境の中で、安定した状態で仕事をする事になるということです。


その結果、息子が両親の老後の面倒を見やすい状態になることで、本人と養育者にとって有益な理想を叶えていると考える事が出来ます。


「兄弟がいる場合、他の要素とバランスをとり合うようになります」


これについてですが、例えば、兄が父親の理想を叶える立場だとしたら、弟が父親の苦労を理解する立場になるというようなことです。


もしも、弟が父親の仕事を手伝い、後継ぎになるとすれば、弟が父親の仕事の苦労を理解する立場になっているということになります。


今度は母親の立場から考えてみます。


母親が父親の仕事を手伝い、毎日、家業と家事に追われ、休むことのできない毎日を送っていたとします。


そんな母親の、日常のストレスから発生している感情は、「もっとゆっくりしたい、子供と一緒の時間を過ごしたい、夫が安定した仕事をしていたらもっと楽なのに・・・」となります。


すると、その娘が、そんな母親の理想を叶えるような人生を選択する可能性があるということです。


例えば、公務員やサラリーマンのダンナさんと結婚して、本人は専業主婦となり、子育てに専念できる状態になるということです。


兄弟がいる場合は、バランスをとりますので、本人が母親の理想を叶える立場だとしたら、姉(あるいは、妹)は、母親の苦労を理解する立場となる可能性があります。


この場合、たとえば、自営業のダンナさんと結婚して、家業の手伝いと家事を両立し、忙しい毎日を送ることで、母親の気持ちを理解するという事です。


今回の内容はここまでです。


次回は、の内容について解説します。


「あなたの周りに発生する出来事は、「養育者が理解できていなかった、養育者自身のネガティヴな理想(潜在的な理想)」を理解させる出来事である可能性があります。