身の回りに発生する出来事について、下記の4つの内容への理解を求めて起こると考えられます。


前回は、△痢嵋椰佑藩椣藜圓砲箸辰突益な理想を叶えるように、仕事を選んだり、人生を選択する」これについて解説しました。


今回は、の内容について解説したいと思います。


 嵋椰佑理解していなかった養育者の気持ち(感情の理解)」

◆嵋椰佑藩椣藜圓砲箸辰突益な理想(顕在的な理想)」

「養育者が理解できていなかった養育者自身のネガティヴな理想(潜在的な理想)」

ぁ嵳椣藜圓理解できていなかった誰かの気持ち(感情の理解の転移)

 father-656734_960_720

============
【カルマの法則】

「あなたの周りに発生する出来事は、「養育者が理解できていなかった、養育者自身のネガティヴな理想(潜在的な理想)」を理解させる出来事である可能性があります。
===========

この出来事に対する理解は、特に難しいものになります。


理由は、潜在的な理想からの出来事は、「一見、誰も望んでいない内容」として起こる事が多いからです。


これは、養育者の過去に発生した、理性や常識ではプライドが許さないネガティヴな理想を追求する出来事として起こることになります。(兄弟がいる場合は、他の要素とバランスをとり合う事になります)


養育者が過去に、「理不尽と感じたが我慢をした」「家族の為に努力をした」「負いたくない責任を負った」などの体験から発生したストレス、抑圧を回避する仕組みだと言えます。


具体的には、「我慢する立場」「努力できない状態」「無責任な性格」などの状態、環境に、子供が陥ってしまう仕組みです。


前回の記事と同じ例で考えてみたいと思います。


例えば、父親が自営業で、毎日ほぼ休みなく、朝から晩まで働き詰めで、収入も不安定だったとします。


そんな父親の、抱えていたストレスや我慢していた状態から発生する感情は、「仕事をしたくない」「家族を養う責任から解放されたい」このような気持ちがあると考えられます。


その息子が父親の潜在的な理想(ネガティヴな理想)を叶える立場となる場合、「仕事が続かない」「定職につかない」「引きこもる」「結婚しない」などの状態になる事が考えられます。


父親からすると、そんな息子に対して、「もっとちゃんと仕事をしてほしい、なんでこんな風になってしまったんだ・・・」と嘆いてしまうような内容だったりするのです。


この時、父親が、自分の潜在的な理想を叶えているという事について理解できれば、息子の状態を変えられる可能性が出てきます。


あるいは、息子の立場から、父親の苦労や気持ちを理解することができれば、変化できる可能性を見出すことができます。


今度は、母親の立場から考えてみます。


母親が父親の仕事を手伝い、家事と家業に追われ、休むことのできない毎日を送っていたとします。


そんな母親の、抱えていたストレスや我慢していた状態から発生する感情は、「もっと自由に生きたかった、本当は夫の仕事を手伝いたくなかった」このような気持ちが考えられます。


その娘が母親の潜在的な理想(ネガティヴな理想)叶える状態になる場合、結婚せずに、自由奔放に生きることになったり、結婚生活を我慢しない状態、つまり離婚をする流れに向かいやすくなるということです。


母親の立場からすると、そんな娘に対して、「早く結婚してくれればいいのに・・・」と心配したり、娘の離婚に対して気を揉んだりすることになるということです。


「兄弟がいる場合は、他の要素とバランスをとり合う事になります」


この内容についてですが、例えば「兄、本人、弟」の3人兄弟だったとします。


すると、兄弟の中でバランスをとり合うことになりますので、


兄⇒父親の理解
本人⇒父親の理想
弟⇒父親の潜在的な理想


このように、それぞれ役割分担しながら、両親の気持ちへの理解を深めてゆくことになります。


「理解、理想、潜在的な理想」のバランスは、それぞれの家族関係によって異なります。


つまり、「兄⇒理想、本人⇒潜在的な理想、弟⇒理解」などのパターンもあるということです。


少し話がそれますが、最近の傾向として、「結婚しない(出来ない)女性の増加」「晩婚化」が進んでいます。


これについて、「カルマの法則」から考えると、現在30代〜40代の女性の母親の世代が、20代〜40代の頃に我慢が多かったことが考えられます。


つまり、この時代の母親は、「本当は自立したかったけれど出来なかった」「夫婦間に多くのストレスがあった」「嫁姑の関係が苦痛だった」このような思いが強かったのではないかと思うのです。


そんな母親の(潜在的な)理想は、「自分に経済力があったら、もっと自由に生きたかった。子供がいなかったらもっと自由に生きたかった」となります。


その結果、母親の潜在的な理想を叶える為に、子供が結婚をしない生き方を選んだり、晩婚になったり、経済的に自立する道を選んだりするという事なのです。


今回の内容はここまでです。


次回は、


「あなたの周りに発生する出来事は、「養育者が理解できていなかった誰かの気持ち」を理解させる出来事である可能性があります」


これについて解説したいと思います。