身の回りに発生する出来事について、下記の4つの内容への理解を求めて起こると考えられます。


前回は、の「養育者が理解できていなかった、養育者自身のネガティヴな理想(潜在的な理想)を叶えるように、仕事を選んだり、人生を選択する」これについて解説しました。


今回は、い瞭睛討砲弔い堂鮴發靴燭い隼廚い泙后


 嵋椰佑理解していなかった養育者の気持ち(感情の理解)」

◆嵋椰佑藩椣藜圓砲箸辰突益な理想(顕在的な理想)」

「養育者が理解できていなかった養育者自身のネガティヴな理想(潜在的な理想)」

ぁ嵳椣藜圓理解できていなかった誰かの気持ち(感情の理解の転移)」




============
【カルマの法則】

「あなたの周りに発生する出来事は、「養育者が理解できていなかった誰かの気持ち」を理解させる出来事である可能性があります」
============

これは、養育者が理解できていなかった誰かの気持ちを、理解させるように出来事が起こるということです。


おもに養育者の両親や、兄弟への理解できていない気持ち(不理解感情)だと考えられます。(兄弟がいる場合は、他の要素とバランスをとり合う事になります。


まず、ポジティヴな例から解説します。


『祖父は若い頃起業をしたいという夢がありました。しかし、家が貧しかったため、夢を諦め、生きて行く為に日々身を粉にして働き、家族を養ってきました。父親はサラリーマンで、仕事や出世よりも、どちらかというと家族を優先するタイプです。息子は父親に似ず、子供のころから野心があり、起業家を目指しています』


これは、父親が理解できていなかった祖父の気持ち(祖父の理想)を、息子が叶えるように人生を選択しているという内容です。


一般的には「隔世遺伝」と言われている内容でもあります。


では、次に、ネガティヴな例について解説します。


『父親の兄弟は仲が悪く、父は自分の兄の事をよく思っていませんでした。父は真面目に仕事をするタイプでしたが、父の兄はあまり仕事をせず、借金を繰り返すような人でした。父親はそんな兄と絶縁し、一切関わらないようにしていました。すると、息子が、ギャンブルにはまり、借金を重ねるようになりました』


これは、父親が理解できていなかった自分の兄の気持ちを、息子が理解している状態だといえます。


ここでは、息子が父親の兄と同じような状態になっていますが、他には、病気で働けなくなったり、娘が仕事をしない男性を結婚する、家族の誰かが詐欺にあって借金を背負う、などの出来事として発生したりする場合なども考えられます。


家族や家系の中で、特にネガティヴな状態だったり、不遇な立場の人がいる場合、邪険に扱ったりすると、自分の家族や子供にその影響が出る可能性があります。


もしも、あなた自身が今、家族や家系の中で、強い立場にいたり、経済的に恵まれた立場であるとするならば、家族や家系の中の、ネガティヴな状態にいる人や、弱い立場にいる人達を大事に扱うことが大切だと考えられます。


=========
【カルマの法則】
「あなたの周りに起こる出来事は、「家族の気持ちを理解する為の出来事」の可能性があります。
=========


この法則を前提に考えるとすれば、弱い立場の人達の気持ちを理解できていなければ、いつか形を変えて、未来的に、同じような立場や気持ちを理解させられる可能性があるということなのです。


もしも、自分がその立場を経験しなくて済んだ場合、子供や孫が、体験させられてしまう可能性があるのです。


今回の解説はここまでです。


次回は、


今回解説した 銑い瞭睛討鯀按鵑帽佑┐疹豺隋△匹鵑平佑鬟僉璽肇福爾冒ぶ傾向があるか?どんな相手と結婚する可能性が高いのか?これについて解説したいと思います。