前回は、「下降期〜低迷期」の特徴について解説しました。


「下降期〜低迷期」は、金銭的な苦労を伴ったり、散財に繋がる出来事が増える時期になります。精神的にも肉体的にも苦痛を伴う出来事を体験しやすい時期ということでした。


今回は、「下降期〜低迷期」を、少しでも早く抜けて、次の流れ(低迷上昇期〜上昇期)に向かうにはどうすれば良いのか?を考えてゆきたいと思います。


kazoku_kaigi


まず、「低迷期」というのは、過去の、「安定下降期〜下降期〜低迷期」のプロセスで散財が続いた結果、使えるお金が無くなる時期です。日々の生活の中で、お金のない苦労を味わう時期になります。



家系宿命期


「低迷期」を早く抜けるために、色々と策を練りたいところですが、使えるお金がなく、ストレスも大きいとすれば、できることが限られてしまいます。


つまり、この時期にできること。それは、「家族への理解を深める」ということです。


日々、家族への理解を深めながら、「ただただ時間が過ぎて行くのを待つ」まずは、そんな気持ちが大切ではないかと思います。


「ジタバタしても仕方がない、現状を受け入れよう」


そんな風に受け入れることができれば、道が開けてくる可能性があるはずなのです。


では、なぜ家族への理解を深めることが重要なのでしょうか。



【カルマの法則】

〇あなたの周りに起こる出来事は、「家族の気持ちを理解する為の出来事」の可能性があります。(兄弟がいる場合、兄弟で分配することになります)



「低迷期」に体験している感情は、過去、あるいは現在において、理解できていない家族の誰かの気持ち(不理解感情)だと考えられます。言い換えると、(過去、現在の)家族の感情を理解する為に、低迷期の苦労を体験しているということになります。


「不理解感情」には、理解することによって、その感情を体験する必然が無くなるという仕組みがあります。

(参考記事:「カルマの解消」と「カルマの解除」について)


つまり、家族への理解を深めることで、ネガティヴな出来事を体験する必然がなくなってゆくことになります。家族の相互理解が進むと、問題が少なくなり、自然に上昇期に向かうと考えることができるのです。


ここまでの内容をまとめると、次のようになります。


●低迷期を早く抜けるためには(上昇期に向けて加速するには)

〇家族(両親、兄弟、祖父母、親戚)への理解を深める。

〇理解が深まれば、ネガティヴな出来事を体験する必然がなくなる。

〇この時期の理解の深さが、未来の上昇期への加速と、より大きな上昇の流れに繋がる。


つまり、「低迷期」の苦しい時期に、両親、祖父母、兄弟、親戚に対して、互いに理解を深めることで、「低迷期〜上昇期〜安定期」に向けて、安全に、スムーズに移行しやすくなると考えられます。


「低迷期」は何かと苦しい時期ですが、この時期をどう受け止めて、どんな気持ちで過ごすかによって、未来の上昇〜安定の流れを、よりポジティヴに変化させられる可能性があると考えることができます。


今回はここまでです。


次回は、「低迷上昇期〜上昇期」の特徴について解説したいと思います。