最近、googleで調べごとをしていたら論文のPDFの他に、結構PPTのファイル(のPDF版)を見つけることが多くなっています。ありがたいことに論文を読むよりも分かりやすい(ような気になってしまう)。これでも教育者の端くれとしては、「時間をかけて論文をじっくり読むべきだ」とはいうものの、自分自身はついつい、PPTでざくっとわかったような気になってしまいます。このことはあまり他人には話したことがなかったのですが、先日このブログでも紹介した橋本大也さんの本「情報力」で、橋本さんが堂々と「これもノウハウだ」といってくれています。そうです、ノウハウなんです。