「はじめてのおつかい」というテレビ番組では、一人ではじめてのおつかいに行く子供をカメラは見つからないようにおいかける。見ているこちらも、どきどきしながら、かわいい姿がうれしい。

そんなこと思いだしながら、電子ブックを、はじめてのお買い物をした。こう書くと、なんだかホンワカした雰囲気だが、全然そうではない。明後日締切の原稿を書いていて、ちょいと検索で調べていたら、ばっちり、ぴったりの本が見つかってしまった。アマゾンで注文しても間に合わない。今すぐ読んで、原稿の内容として取り込みたい。それで気がついたのが電子ブック版だった。いわゆる付け焼刃かもしれないが、ぴったりの情報に出会ったと思ったときにはすぐに読みたい。いやいや、読みたいではなく、読んで、原稿書かなきゃならない。

ということで、初めて電子ブックを買っちゃった。ちなみに、その本は、
検索と発見のためのデザイン――エクスペリエンスの未来へ
Peter Morville, Jeffery Callender 著、浅野 紀予 訳
2010年11月 発行

いつもはアマゾンで買っているんだが、アマゾンでは電子版が見当たらず、O'Reilyで購入。

#こんな記事を書いている暇はない、、、、