日本死ぬ

16年の流行語が日本死ね! でも、言われなくても日本は死ぬ。南無阿弥陀仏。

アッキード事件ファイル http://blog.livedoor.jp/sacredeconomics-jiji/archives/cat_445795.html
リアルタイム財政赤字カウンター15 http://www.kh-web.org/fin/

日本政府は福島を皆殺しにするつもりです。

チェルノブイリ法一覧表



チェルノ避難基準

----------------------------------------------------------------------------
《重要》福島原発事故、公式にチェルノブイリ超え認定!米政府当局が発表!福島18.1京ベクレル、チェルノブイリ10.5京…
http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/307.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 21 日 17:44:25: igsppGRN/E9PQ

【重要】福島原発事故、公式にチェルノブイリ超え認定!米政府当局が発表!
福島18.1京ベクレル、チェルノブイリ10.5京ベクレル !
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2612.html
2014/05/21 Wed. 14:48:08 真実を探すブログ



アメリカ政府が福島第一原発に関する重要な調査結果を発表しました。海外メディアの報道記事によると、アメリカ政府が福島原発事故で発生したセシウム放出量を計算してみたところ、チェルノブイリ原発事故の1.8倍に匹敵する18.1京ベクレルだったことが判明したとのことです。ちなみに、チェルノブイリ原発事故のセシウム放出量は10.5京ベクレルとなっています。


また、アメリカ政府は「北太平洋の汚染は少ない」としながらも、「太平洋全体が福島原発事故で発生した放射能に汚染された」とも指摘しました。18京ベクレルという値は人類が今まで爆発させた原爆や水爆を全て足した数よりも桁違いに多く、アメリカ政府は「人間を含めた地球上の生物に悪影響を与えるかもしれない」と報告しています。


当ブログでは前から欧州の福島原発事故測定値やオーストラリアの予測値を紹介していましたが、やっぱり、福島原発事故はチェルノブイリ事故を遥かに凌駕していました。アメリカの発表はセシウムだけの値なので、これにストロンチウム等の核種も含めれば、更に途方も無いほどの値になります。
東日本というよりも、太平洋全域に関わるような大問題であり、私達は今以上に福島原発事故の脅威と真剣に向き合う必要があると言えるでしょう。少なくとも、「食べて応援」とか言っている場合じゃあないです。


☆Gov’t: Fukushima released up to 181 Quadrillion Bq of cesium, Chernobyl was 105 Quadrillion ― Radioactive material to flow from Japan “for years to come” ― Fukushima radionuclides have now spread “throughout N. Pacific”
URL http://enenews.com/govt-report-fukushima-already-released-181-quadrillion-bq-cesium-chernobyl-estimated-105-quadrillion-radioactive-material-continue-flowing-ocean-years-fukushima-radionuclides-spread-north-pac
引用:




“[It's] important to understand that the Fukushima release consisted of multiple radionuclides with distinct modes of release, chemical properties, radioactive half-lives, and behavior in the environment, all of which influence the potential for environmental harm. [...] cesium-134 and cesium-137 were also released in significant quantities and pose greater potential risks to human and ecosystem health due to their reactivity, mobility in the environment, and biological availability.” 
River runoff and groundwater discharge from contaminated areas, along with seafloor sediments off of Fukushima, are expected to supply relatively small but continuing doses of radioactivity to the North Pacific for years to come […] in the three years since the accident, Fukushima-derived radionuclides have spread throughout the North Pacific.”
“The total input of 137Cs to the North Pacific from Fukushima are poorly constrained, with estimates ranging from 14 – 90 PBq [90 petabecquerels, i.e. 90 quadrillion becquerels].”
“~76 PBq [of cesium-137 due to global fallout from nuclear weapons testing was] still present in the North Pacific in 2011 [...] in the worst case the Fukushima disaster [...] may initially have tripled the total amount of radioactive cesium in the North Pacific.”
Researchers estimate up to 181 PBq of cesium has already been released during the Fukushima disaster (90 PBq of 134Cs + 91 PBq of 137Cs)
:引用終了


☆Report on the Fukushima Dai-ichi Nuclear Disaster and Radioactivity along the California Coast. 
URL http://documents.coastal.ca.gov/reports/2014/5/F10b-5-2014.pdf








これは計画的大量殺人:
経済産業省 20ミリシーベルトの基準について




もう知らん。バカにつける薬はない。
原発25キロ圏内「ベビーラッシュ」の理由(PRESIDENT Online)








コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット