What will be, will be 

~なるようになるさ~ 

ダイエットがきっかけで始めたランニング。
マラソンはサブ3達成してから目標なくして迷走中。
トレイルとか新たな刺激求めてます。

伊豆トレイルジャーニー参戦記 その2

思いのほか筋肉痛もなく、
レース翌日も走れそうな疲労感。

明らかにサボっていたんですね。
身体は正直です(笑)

ただレース中に捻挫した箇所は、
まだ結構腫れていて、少し痛みもあり、
いつからラン再開するかちょっと考え中です。

さて伊豆トレイルジャーニー参戦記2に入ります。

そういえば、伊豆トレイルジャーニーの概要説明してなかったので、
ちょっと記述します。

距離/Distance :71.7km 累積標高/(+)4,408m
トレイル率/Trail% :81.4%
制限時間/Max duration :14時間/14hours

ハセツネとほぼ同等の距離と累積標高で制限時間が14時間と短い。

こんな感じのペース表を作成して持参しました。
WS000000

設定タイムが12時間15分って遅すぎですけど。
序盤に上り、途中上がったり下がったりして、最後に一気に下る感じです。

レース当日は、4時起き。
朝ご飯は、オフィシャルに用意頂いたおにぎり弁当が各宿に届けられます。

小ぶりなおにぎり3つとから揚げ、卵焼きを頂く。

4時40分のシャトルバスに乗って会場入り。
2017-12-10-05-06-06

15分程で到着したので、混み合う前に
荷物預けとトイレを終わらす。

仮設トイレは、20基以上用意はされていたのですが、
参加人数が1500名もいるのでもちろん混む。

5時ぐらいから並んで結局20分程度かかりました。

5時30分前には整列してスタートを待ちます。

意外と寒くない。もうちょっと薄着でも良かったかな。

Tシャツ+アームカバーでもよかったかな。

他の方の服装を見ると
ハーフタイツにゲイタースタイルが多い。

皆様元気ですね。

原パンさんと合流して、6時にスタート。
2017-12-10-05-40-56

StartからW1(宝蔵院)8.4km 1時間5分
まだ夜明け前で暗いですが、ライトは要らない感じの明るさ。
最初の3km程はロードの上り。
緩い感じかなっと思っていたのですが、結構斜度ありましたね。
ハセツネ30kの最初のロードの感じですね。

トレイルの入り口で渋滞が起こると聞いていたので、
最初は歩かない。歩きたいけど。

そんなに速いペースではないですけど、
トレイル入口の渋滞はありませんでした。

その後も上りは続くのですが、心肺を上げ過ぎないように
所々歩きを入れながら進む。

原パンさんにも抜かれ孤独旅。

結局宝蔵院に1時間5分で通過しました。
2017-12-10-07-06-32

ウォターエイドなので水のペットボトルを1本頂く。

ちょうど500mlぐらい消費していたので、
フラスクに補充。

W1からA1(こがね橋)16.5km 区間タイム1時間57分(合計3時間2分)

C1(八瀬峠)まではシングルトラックのトレイル。
まだ前後のランナーが多いので隊列になって進みます。
きつくても譲ると数十人に抜かれるので周りのペースに合わせて進みます。

C1(八瀬峠)過ぎてトレイルから林道の様な走れるトレイルに変わったところで、
ランナーさんに話しかける。

お得意の気紛らわしながら進む作戦

神戸から参戦されていたようで、おしゃべりさせて頂きながら
ダラダラ長い林道を進みます。

序盤なのでおしゃべりできるペースで
関西のトレラン事情をお聞かせいただき、楽しい時間。

多分しゃべってなかったら嫌になるぐらいの林道でしたが、
お話しさせて頂きながら進んだので比較的短く感じてA1に到着。
2017-12-10-08-56-54

A1エイドでは、松崎名物の桜葉もちを頂きます。
塩漬けの桜の葉がいい塩梅。
2017-12-10-08-57-02

5個ほど頂きました。御馳走様です。

次のエイドまで18km程あるので、
フラスクにスポーツドリンクを補充。

ここまで25kmほどで1Lほど水分を摂取してます。

寒いのに燃費悪すぎですね。

とりあえず、フラスクに満タン補給。

待ちのないトイレに行ってリスタート。

エイドで再開した原パンさんと2人旅がスタートです。

ランキング参加してますので
よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

伊豆トレイルジャーニー参戦記 その1

先日参加した伊豆トレイルジャーニーのレポとなります。

この大会、本当に景色が素晴らしい。
先日の記事にも載せましたが、こんな景色や、
image

image

こんな景色のコースを走るんですよ。

運営も素晴らしくストレスフリー。

てな訳で来年も参加したいなという事でレポ書いていきます。
長くなりそうなので数回に分けて書こうかと思います。

先ずは前日編。

このレース前日受付になるので前泊が必須になります。

ブリーフィングは、3回実施されました。
13時30分~14時30分
16時30分~17時30分
18時30分~19時30分(英語)

16時30分の回に参加すると夜バタバタしそうでしたので、
13時30分の回に間に合うように前日移動。

受付会場は、伊豆の松崎。

千葉の松戸から3時間程度かけて修善寺に移動。

注意しないといけないのは、
乗り換えの三島駅では、SUICAでそのまま精算が出来ないんです。

JR東日本からJR東海に跨ぐのは精算できないんですって。

その為に、改札はトレイルジャーニーに向かう方々で大行列。

乗り換え時間に10分ぐらい余裕あったんですけど、乗り遅れました。

次回からは、切符がいいかもしれないですね。

改札に並ばなくていいので。

三島から修善寺まで移動し、修善寺の駅からシャトルバス。

大会側で用意されているんですけど、1時間に1本程度の間隔になります。

定員オーバとなると次の便。

11時30分のバスに乗るのだと、遅くても30分より前に並ばないと厳しそう。

修善寺の駅で今回のジャーニーでご一緒させて頂く、
原パンさんと待ち合わせ。

無事バスにも乗れ、1時間30分ぐらいかけて松崎に向かいます。

この距離を翌日走ると考えるとちょっと怖くなりましたが。

13時前に松崎に到着し、会場入り。
2017-12-09-12-55-42

先ずは荷物チェック。

チェック項目は、
①ライト2個
②レインウェア
③フラッシュライト
④携帯トイレ
⑤サバイバルブランケット
⑥携帯コップ
の様な気がしてます。

ライトとかはちゃんと点くかのチェックもあり。

無事荷物チェックも終わると
いよいよブリーフィング。
2017-12-09-13-29-59

2017-12-09-13-33-54

とにかく寒いから防寒はちゃんとしとけとの事。
それととにかく走れるコースとの事。

はーい。

その後は、受付時に頂いたチケットでおもてなしご飯を頂く。
選択したのは、
カニ汁とさつま揚げ。
2017-12-09-14-26-51

2017-12-09-14-32-04

写真映えしないですが、おいしかったです。

その後は、前泊の民宿にシャトルバスで移動。

今回の宿泊は、松崎から15分程度の石部温泉 浩美屋さん。
2017-12-09-16-18-38

民宿内に温泉がひかれており、結局2回入りました。

温泉気持ちいい。

そして、晩御飯。

待ってましたの海鮮料理。
image

凄い量のさしみの盛り合わせ。
これで一人前です。

サザエのつぼ焼き、焼き魚、茶碗蒸し、
ホイル焼きなど豪勢な料理に大満足。

宿の指名が出来るなら来年もぜひ浩美屋さんでお願いしたいです。

ご飯も終わり翌日の準備。

レースの服装は悩んだ末にこれ。
2017-12-09-16-57-15

2017-12-09-16-57-29

参加賞Tシャツにノースのインサレーション。

寒くなると言われたエイド2から先に備えては、
エイド2でモンベルのメリノウールの一番分厚いのに着替える事に。

汗冷えも防げるしいいかなって思って。

翌日は4時起きですので9時には就寝しました。

ランキング参加してますので
よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[速報]伊豆トレイルジャーニーの結果

image

伊豆トレイルジャーニー走ってきました。

結果は以下。

image

不甲斐ない結果。

完全に走力不足。

これ糧に練習します。

ランキング参加してますので
よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
最新コメント