尼将軍:貞子 爆誕!!!??ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン!2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!!「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2019年10月20日

世界経済は「大停滞」局面入り、30年代連想させる-ダリオ氏

sadakoblog at 11:02|PermalinkComments(0)

「最初のスキャンダル」はどのあたりから飛び出すのだろうか?

「最初のスキャンダル」はどのあたりから飛び出すのだろうか?

なんとなく、つい最近IPOの取り消したウィーワークや、IPO後の株価のさえないウーバーやリフトあたりが怪しいと思っているんですが・・・・。
    ↓   ↓   ↓
ソフトバンクG支援案、WeWork価値80億ドル未満と評価も


「ブラックスワン(黒い白鳥)」って言うくらいですから、「ブラックスワン」は意外なところから飛び立つかもしれず・・・・・。





sadakoblog at 10:50|PermalinkComments(0)

農林中金の無鉄砲な冒険

遅くなりましたが、ブログでもご紹介。
    ↓  ↓  ↓
世界に大きな波紋を広げる日本マネー
~
農林中金がCLOを大量購入、超低金利が広がるカラクリ~

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57670


sadakoblog at 10:44|PermalinkComments(0)

2019年10月18日

トランプは「それ」を「やらかす」のではないだろうか?

こうも寒暖の差が激しいと、体調が狂ってしまいそうです。

つい10日前くらいは、昼間だと半そでで居たような気がするんですが・・・・・。





「~勝利の女神~」10月18日号は、本日18日に配信しています。

トランプは「それ」を「やらかす」のではないでしょうか?

「それ」とは、一旦引き上げた「対中国関税」の「引き下げ」あるいは「撤廃」のことです。

ですから、「それ」は減税を意味します。
減税は、立派な「財政刺激策」です。


一方 日本株式市場は、相対的な割安感から来た「海外勢の見直し買い」に続いて、今週に入ってからは、「水害復興需要」という名の特需」に沸いています。



18日号は、一人でも多くの方々にお読みいただきたい内容になっています。
続きを読む

sadakoblog at 15:40|PermalinkComments(0)

2019年10月15日

「数年後のドル安」への備えはできているか?~目先の「トランプ大統領の有効な隠し球」~

思えば10年くらい前の「ゲリラ豪雨」時代は、「地球は明らかに温暖化」へと向かっている」と実感しました。

あれから10年・・・・・昨年は「台風の当たり年」だと思っていました。

今年の台風19号の威力は、昨年のものをはるかに上回る巨大なものでした。

日本近海ではサンマが採れなくなり、「台風の当たり年」が二年も連続すると、地球は「温暖化へ向かっている」のではなく、「既に温暖化したのだ」と実感せざるを得なくなりました。

もう日本列島は「温暖」ではなく「亜熱帯」に位置しているんだと、考えを改めざるを得なくなりました。



19号が関東を通過する12日の夜9時前後は、およそ2時間くらい、世田谷でも恐ろしいほどの強風と豪雨が吹き荒れました。
あの日は、夕刻から携帯の「警報」が鳴りっぱなし。娘も帰ってきてくれていたので、携帯が鳴りだすと、夫と私の分も含めて、一斉に三台が鳴り出すわけです。
それだけで、十分に心臓に良くなかったです。

近場では続々と緊急避難の勧告が出ていました。
悪いニュースが飛び込んでくるようで、朝の明けるのが怖かったです。

近場の多摩川も一部堤防が決壊したようです。
川崎市のほうが被害がむごかったようです。

報道はされていませんが、かつては高級住宅街で鳴らした田園調布のごく一部でも床上浸水があったようです。

続きを読む

sadakoblog at 19:12|PermalinkComments(0)

2019年10月11日

「ドル暴落」への備えは十分か? ~「大きなパラダイムシフト」は既に始まっている!!!~ (数年以内に「ドル神話」は崩れ始めるだろう)

「~勝利の女神~」10月11日号は、本日11日に配信しています。

題名は、『「ドル暴落」への備えは十分か? ~「大きなパラダイムシフト」は既に始まっている!!!~
(数年以内に「ドル神話」は崩れ始めるだろう) 』です。


一人でも多くの方々にお読みいただきない内容です。m(  )m
続きを読む

sadakoblog at 16:10|PermalinkComments(0)

2019年10月08日

「意外な新高値を更新する」ケースと、「トランプVSウォーレン」の構図。~「様々な神話」が崩れ始めるとき~

サモアのラグビー選手の踊りをマスターしたくてYouTubeを幾度も眺めているのですが、あまりに迅速な動きなので、マネが出来ません・・・・。


さて、
アメリカでは、月末月初に重量計のマクロ経済統計が続々と発表されました。

10月1日発表の「9月のISM製造業指数」は、47.8ポイントと予想外に一段の縮小を示しました。これは、なんとなんと
大不況期の2009年6月以来、10年ぶりの低水準です。

アメリカ経済そのものの減速に加えて、中国を中心にした世界経済減速と米中貿易戦争の悪影響がめぐりめぐってアメリカ製造業
に多大な打撃を与えている格好です。

続いて、
10月3日の「9月のISM非製造業指数(=サービス産業)」も、52.6ポイントと、1日の製造業に続いて大きく低下。
これは大きなサプライズでした!!!

ちなみに、ISM指数では、好不況の境目は50ポイントです。

活況と言われていたアメリカ非製造業も、あと2.6ポイント低下で不況の領域に足を踏み入れるところまで急低下。

とうとう「もう一つの神話」が崩れ始めました。
かねてから広く信じられていた「神話」、
すなわち、
「製造業が不況でも製造業はGDPの1割しか占めていないので大勢に影響はない。サービス産業が活況な限りはアメリカ経済は
頑強だ」という「神話」が徐々に崩れ始めているわけです。

実際、アメリカ経済の好況は、「GDPの7割を占める旺盛な個人消費」という「たった一つのエンジン」にけん引されて来ました。

この「旺盛な個人消費」は「サービス産業の活況」なかぎり失速する「はずはない」という「神話」があったのです。 
続きを読む

sadakoblog at 17:11|PermalinkComments(0)

2019年10月04日

「様々な神話」が崩れ始めるとき

 アメリカでは、月末月初に重量計のマクロ経済統計が続々と発表されます。

 

10月1日の「9月のISM製造業指数」は、47.8ポイントと、市場の予想外に一段の縮小を示しました。これは、なんとなんと大不況期の2009年6月以来、10年ぶりの低水準です。

 

アメリカ経済そのものの減速に加えて、中国を中心にした世界経済減速と米中貿易戦争の悪影響がめぐりめぐってアメリカ製造業に多大な打撃を与えている格好です。

 

続いて、

10月3日の「9月のISM非製造業指数(=サービス産業)」も、52.6ポイントと、1日の製造業に続いて大きく低下。

これは大きなサプライズでした!!!

ちなみに、ISM指数では、好不況の境目が50ポイントです。

 

活況と言われていたアメリカ非製造業も、あと2.6ポイント低下で「不況の領域」に足を踏み入れるわけです。

 

とうとう「一つの神話」が崩れ始めました。

 

「製造業が不況でも製造業はGDPの1割しか占めていないので大勢に影響はない。サービス産業が活況な限りアメリカ経済は頑強だ」という「神話」が徐々に崩れ始めたわけです。

 

アメリカ経済の好況は、「GDPの7割を占める旺盛な個人消費」という「たった一つのもの」にけん引されていました。

 

この「旺盛な個人消費」は「サービス産業の活況」なかぎり失速するはずはないという「神話」があったのですが、

 

製造業の不振は、消費者信頼感指数の低下を通じて、非製造業(サービス産業)に徐々に打撃を与えています。

 

そして、この消費者信頼感指数というものは、とてもとても移ろいやすいものなんです。

 

アメリカの9月の米消費者信頼感指数は、125.1ポイントといまだ良好なものの、今年最大の低下を示しました。株高の中での低下なので、多くのマーケット関係者を驚かせました。

 

とどのつまり、

製造業の不振は、梱包や輸送などの物流(こちらもサービス産業)を通じて、他のサービス産業へ徐々に波及してゆくのです。

一般に製造業の賃金は相対的にサービス産業のそれよりも高いので、製造業がおかしくなり始めると地域経済全体への影響が大きく、やがてサービス部門へと飛び火するのです。

 


続きを読む

sadakoblog at 15:25|PermalinkComments(0)

2019年10月01日

「This Time Is Not Different(今回も違っていない)」

朝晩はめっきり過ごし安くなってきて、食べ物の美味しい季節になってきています。

お芋が美味しいです。

私の場合、太ると膝関節が痛くなるので、あまり太らないようにしないといけません。




腫れた、もとい晴れた日のお昼間は、ピクニック気分でおにぎりと卵焼きを持って公園へ出かけます。
その時、枝豆とシュウマイとビールがあると、夫は歓喜します。



春と秋がほとんど消滅して、一日中外出できる季節がとても短くなりました。

秋が駆け足で去って行くその前の「ほんの短いひととき」です。

時間よ止まれ、手招きするまで、止まっておいで。
続きを読む

sadakoblog at 15:05|PermalinkComments(0)

2019年09月27日

終わりに近づく「日本の9月の投機筋相場」と、「グリーンスパンの過ち」を繰り返したくない(?)FRB

貞子第二メルマガ「~勝利の女神~」9月27日号は、9月27日に配信しています。

一人でも多くの方々にお読みいただきたい内容です。

m(  )m続きを読む

sadakoblog at 16:37|PermalinkComments(0)

2019年09月24日

誰にでも平等にチャンスは幾度も訪れる!♪~「近い将来の景気後退」を見込む「逆イールドカーブ」を忘れてはいませんか?~「マクロ金融」の「基本」には忠実に!~

振り返ると、サブプライム危機(リーマンショック)は「100年に一度の危機」でした。

その「100年に一度の危機」は、裏を返すと「100年に一度あるかないかのビックチャンス」でした!!!

今から10年前は、こちら貞子ブログでは、「100年に一度のビックチャンス」の乗り損ねないように、多くの読者様に大声で「声掛け」していました。

2012年11月には、アベノミックスがロケットスタートしました!♪

こちらのブログも大賑わいでした。

「100年に一度のビックチャンス」「アベノミックスのロケットスタート」に上手に便乗して、貞子メルマガでは「億り人」が幾人も誕生しました。



かくいうわたくしも「億り人」の仲間入りをしました。

フィナンシャルフリーを手に入れることは、お金のことであくせくしなくてもよいということで、とてもとても幸せなことです。

「都内有数の大きな公園」に隣接した高層マンションへと住み替えした暮らしは快適です。

二日働いて三日目には大好きな水泳をします。
週に三回くらいは早朝スタビライザーで体幹を鍛えます。
(最近、股関節を鍛えなおしています。)

朝2時間くらい軽く運動をしてから、サクサクっと掃除洗濯をして、サクサクっと手造りした朝食はおいしいです。

相変わらず料理は大好きで、フィナンシャルフリーを手に入れた今でも、滅多なことには外食はしません。

相変わらず「質素な暮らし」が大好きで、その暮らしを続けています。

最近は物欲も消えて洋服もユニクロで十分になってきています。

ただひたすらに「食いしん坊」です。

暇さえあれば「美味しそうな料理本」を、うふうふと読んでいます。
続きを読む

sadakoblog at 16:16|PermalinkComments(0)

2019年09月17日

マーケットや国際政治を愚弄し過ぎたトランプ政権~「想定外のしっぺ返し」がそろそろ到来か?~

貞子第一メルマガ「~De あそぼ♪」9月17日号は、9月17日に配信しています。


題名と目次は、下記のようになっています。

m(  )m


続きを読む

sadakoblog at 17:24|PermalinkComments(0)

2019年09月13日

「中国発世界同時株安」が近づいている!!!~向こう1年間、マーケットとどのように付き合えば良いのか?~

今はリスクオンの流れが戻ってきています。
が、これは「まやかし」です。

「10年に一度の危機」が近づいています。

・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・


一般に、株価は半年先の景気を先取りするものです。

ところが、危機前には、これとは逆に「株価が景気に遅行する」ことがあります。

その代表的な例が、リーマンショック前の2007年夏から秋にかけての株価です。

その年の7月、パリバ銀行系のヘッジファンドが破綻して、「CDO(=サブプライム)危機」という言葉がすでにマーケットのキー
ワードになりつつありました。

ところが、マーケットは長らく続いた「ユーフォリアによる押し目買い」の習慣をなかなか脱ぎ捨てられません。

この夏、FRB(当時はバーナンキが議長)による8月の0.5%の政策金利引き下げを好感して、8月の株価は上昇し、
10月には史上最高値を付けます。

・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きを読む

sadakoblog at 15:50|PermalinkComments(0)

2019年09月10日

世界経済を巻き込みながら「通貨危機」へと滑り落ちている中国経済~ECBと日銀の緩和策は「空振り」~


グローバルマーケットでは「しばしのリスクオン」が戻ってきているように見受けられます。

「アメリカの長期金利(=10年物ドル国債の利回り)が、9月3日の1.444%で底にいったんは打った」との見方が出ていま す。

アメリカの長期金利が今のように1.40%台にまで低下したの
は、2010年以降では3回ありました。
   ↓  ↓  ↓
・2012年夏の欧州ソブリン危機のときと、
・2016年夏の第一次チャイナショック のときと、
そして、
・今回の2019年8月最終週から9月第一週にかけてです。

ただし、こちら貞子メルマガでは、第六章で詳しく解説していますが、
2019年は、中国では「第二次チャイナショック(=中国通貨危 機のようなもの)」が進行中と判断しています。

米中貿易戦争および米中新冷戦の中で、中国経済のほうが大きなダメージを受けているのです。

今の中国経済は、世界経済全体を巻き込みながら、「日米新冷戦」 の中で「通貨危機」に向かって滑り落ちている状態。


続きを読む

sadakoblog at 16:02|PermalinkComments(0)

2019年09月03日

「パラダイムシフトの始まり」を見越して、 ゴールド価格は上昇し始める!?♪  ~超長期では「中国株」も有望!?!~

貞子第一メルマガ「~De あそぼ♪」9月03日号は、本日9月03日に配信しています。

題名と目次は、下記のようになっています。

不確実性があまりに多く、不透明感がいっぱいのグローバルマーケット・・・・。
プロフェッショナルの間でも意見が分かれています。

そんな中、
一人でも多くの方々に「指針」としてお読み頂きたい内容になっています。

m(  )m

続きを読む

sadakoblog at 19:22|PermalinkComments(0)