尼将軍:貞子 爆誕!!!??ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン!2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!!「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2017年09月22日

わたしたち、「正常化への道しるべ」は後任者たちにはっきりと示しました。その後のことは知らないわ。

昨日のイエレンFRBは、記者会見中、始終不機嫌でした。
あんなに「むっつり・つっけんどん」のイエレン議長を私は初めて見ました。

ただし、記者会見の最後のほうで、「任期は全うするつもりだ」とはっきりと表明。
昨年12月の記者会見で「議長職を辞した後も、理事職としてFRBにとどまりたい」との意欲を示していた様子に比べると、180度の様変わりです。

(「トランプ大統領やムニューチン財務相とは、信頼関係が結べていない」ことは、手に取るように分かりました。)

今後の経済見通し自体にも不明瞭な部分がたくさんありました。
たとえば、今年のコアPCE(≒インフレ)見通しを6月の1.7%から今回1.5%に引き下げたのに、2017年12月の利上げは実行する見通し。
2018年~2019年の成長率見通しを引き上げているのに、インフレ率見通しを引き下げているのも、釈然としません。

今回の経済見通しは、特に来年以降の経済見通しは、けっこう「出鱈目(でたらめ)」???

それとも、2017年1月から9月までの金融政策が複雑すぎたせいで、「正常化を探る金融政策」としてはちょっとばかり失敗だったのか???? 
(2015年12月からの一連の4回の利上げが「早すぎた利上げで、間違いだだった」ことが判明したから、2017年初頭から9か月間も6,000億ドルのバズーカ砲を打って胡麻化していたのか???)




なにはともあれ、
今回9月20日のイエレンFOMCの主な内容は、
    ↓  ↓  ↓
イエレン&フィッシャーFRBは、利上げも4回実施して、10月1日からはバランスシートの縮小にも着手することに決定した。
金利の正常化も、バランスシートの正常化も、どちらも実施した、

だから、

『わたしたち、「正常化への道しるべ」は後任者たちにはっきりと示しました。その後のことは知らないわ。』

続きを読む

sadakoblog at 10:10|PermalinkComments(0)

アメリカの長期金利(ドル国債10年物の利回り)の推移。

下図のように、9月21日現在は2.28%と、9月8日の2.06%から随分と上昇してきている。
おかげでドル円はドル高円安に振れて、日本株式市場は一時的(?)にせよ株高をエンジョイしている。

【六か月間】
https://finance.yahoo.com/quote/%5ETNX?p=^TNX


【1年間】
https://finance.yahoo.com/quote/%5ETNX?p=^TNX
続きを読む

sadakoblog at 09:37|PermalinkComments(0)

2017年09月19日

いよいよ「世紀の瞬間」!!♪ イエレンFOMC「バランスシートの縮小」へ。



【FRBが年初来から「出口から逆行している」様子、
   すなわち、年初から「およそ6,000億ドルのバランスシートの拡大」を行っている様子】



(以下、一部抜粋引用 おわり)

「FRB人事の不透明感」と「アメリカ政治の混戦状態」の中で、 イエレンFRBは9「バランスシートの縮小」に着手するのです。 

・・・・・・・・(中略)・・・・・

春先からお伝えしておりますように、
「バランスシートの縮小」はドル国債の利回りや株価などの資産価格にダイレクトに働きかけます。
しかも、金融政策史の上では、FRBはいまだかつて一度も「バランスシートの縮小」に成功したことがありません。(1930年代 は失敗)

マーケットでは何が起こっても不思議ではないです。
しかも、今のマーケットはこの「バランスシートの縮小」にあま りにも無防備。 
 

続きを読む

sadakoblog at 15:53|PermalinkComments(0)

2017年09月13日

今現在のFRBはマネタリーベースを増やしている!!!(イエレンFRBの苦悩)






上のFRBの公式HPで堂々と記されている図からもはっきり分かりように、

FRBは今年2017年1月からず~~~っとマネタリーベースを人為的に拡大し続けています。

原点はこちら。
  ↓
https://fred.stlouisfed.org/series/BASE




FRBのマネタリーベースとは、FRBのバランスシートとほぼ同義です。

今もって、イエレンFRBは、堂々と表立ってバランスシートを拡大していることを公式HPで公表しているのです。

この公式な公表数字に気が付かないというのは、プロとしては失格なのではないでしょうか???





今年1月からの「アメリカの長期金利の低下(とドル安)」は、この「マネタリーベース(=バランスシート)の拡大」に沿ったものです。

この「マネタリーベースの拡大」が9月20日から無くなります。

「マネタリーベースの拡大」がなくなって「マネタリーベースの縮小」がいくばくか始まれば、何が起こり始めるか????わかりますよね????





続きを読む

sadakoblog at 19:33|PermalinkComments(0)

2017年09月12日

「ポピュリズム大統領のばらまき願望」とイエレンFOMCの「バランスシート縮小」着手。

フィッシャー副議長が辞意を表明したまさしくその日、9月7日に、アメリカ議会は「ハリケーン・ハービーの第一次救済案」と 「上限債務の三ヶ月間の引き上げ案」とを抱き合わせて、可決し ました。

この日、議会では「とんでも」のことが起きていました。 

・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・

共和党の大統領であるはずのトランプが、債務問題で共和党議員や共和党の経済閣僚と仲違いして、民主党議員と手を結んでしまったのです。

トランプ大統領が民主党議員と手をつないで『財政の規律を緩めて、大いなるばらまきを始めよう』とし始めているのです。



9月7日、民主党のペロシ下院院内総務、民主党のシューマー上院院内総務は「債務上限の三ヶ月間の引き上げ」を提唱。

これに対して、減税法案成立に熱心に取り組んでいる下院のライアン議長やコーンNEC委員長、ムニューチン財務相などの共和党員は、「18か月の債務上限引き上げ」「それが無理ながら、せめて6ヶ月間の引き上げ」を望んでいました。 

・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・

もちろん、ハリケーン・ハービーの被害は甚大でした。
その支援救済額の総額は1,500億ドルとも1、900億ドル とも見積もられています。
日本円にして、16兆円~20兆円規模の巨大な被害総額です。

こんな膨大な支援救済予算が臨時に必要になったならば、当然、 減税のための財源が大きく削られます。
ハリケーン・ハービーの被害総額は、「今回ばっかりは減税の大部分は見送り」になっても仕方が無いほどの大きさだったのです。
放漫財政を避けようとするならば、減税の規模は大きく削減しなければならない。
 


続きを読む

sadakoblog at 15:25|PermalinkComments(0)

2017年09月08日

「ゴルディロックス相場・終焉」の「号砲」が鳴り響くとき!♪~「2017年最後で最大のチャンス」が到来する!♪

マーケット関係者や投資家の目が、「北朝鮮をめぐる東アジアの地政学的リスク」や「超大型ハリケーン・ハービー、イルマ」に釘付けになっている今、


「地殻変動のマグマ(マーケットのゆがみ)」は、他の場所(ほかの資産クラス)で、密かに「持続不可能な水準」にまで貯まり続けています。



「~勝利の女神」9月8日号は、本日9月8日に配信しています。

一人でも多くの方々にお読みいただきたい内容です。

ほぼ1年ぶりくらいの「会心作」です。

今回ばっかりは、すっきり・明快な文章にしています。

これで「一か月分:1万5,000円」はとっても安いと思います。(^^V)
続きを読む

sadakoblog at 14:22|PermalinkComments(0)

2017年09月07日

米国、北朝鮮の貿易相手国に制裁措置を用意=財務長官

以下の2点のニュースは、とても重いです。
とても「まずい」です。


米国、北朝鮮の貿易相手国に制裁措置を用意=財務長官
http://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-sanctions-idJPKCN1BI073?il=0
(全文抜粋引用)

[ワシントン 6日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は6日、国連が北朝鮮の核実験に対する追加的な制裁を科さなければ、トランプ米大統領が北朝鮮のすべての貿易相手国に対して制裁措置を取る大統領命令に署名する準備が整っていると明かした。

財務長官は記者団に「大統領命令は準備されており、大統領に渡る手はずも整っている」とし、「同命令は北朝鮮と取引する誰に対しても制裁を科す権限を有している」と述べた。
(引用 おわり)





続きを読む

sadakoblog at 13:34|PermalinkComments(0)

2017年09月06日

「北朝鮮リスク」は新たなステージへ

北朝鮮が9月3日(日)に「水爆実験」をしました。
大方の見方は、「9月9日の北朝鮮の建国記念日には、北朝鮮は6回目の核実験を断行するだろう」といった内容でした。

ですから、一週間繰り上げの「3日の6回目の核実験」には、とてもとても驚かされました。

「3日にさっさと水爆実験をしたとなると、建国記念日である9月9日には、北朝鮮は何をしでかすのだろか???」という点が、 とてもとても大問題なんです!!!

「北朝鮮は9日(?)発射のためにICBMの移動を開始した」 との報道もあります。(><) 
 
・・・・・・・・(中略)・・・・・・
 
マーケットは意外と比較的落ち着いた反応を示しています。

日本国内の市場関係者の間には「北朝鮮の核やミサイルにいちいち怖がっていては格好悪い」といった「やせ我慢の風潮」がありますが、
それは間違い。

「北朝鮮をめぐる地政学的リスク」は、9月3日以前と以降では、 格段にリスクは高まっています。なにか偶発的な出来事が引き金 になって、局地戦争へと突き進む可能性は、今回の水爆実験で高 まってしまったのです。



北朝鮮としては、「記念すべき建国記念日」に何もしないという決断は、国民の手前「選択しづらい」。

9月9日には、「ミサイルに小型の爆弾(核ではないかもしれない!そう願いたい!!!)を搭載して太平洋に向けて発射するの ではないのか???」といった予想も成り立つわけです。

にわかに、米朝間の緊張が高まって、東アジアの地政学的リスクが高まっています。 
 
 


続きを読む

sadakoblog at 07:01|PermalinkComments(0)

2017年09月05日

「波乱の9月」がやってきた!!!「ハリケーン・ハービー」は「災い転じて福となる」♪

(北朝鮮の核実験など)なにやら真っ暗な話になってしまいましたが、 暗い話ばかりじゃないです!!♪

今回のハリケーン・ハービーはアメリカ南部を襲い、テキサスを中心に大洪水を引き起こしました。その被害は甚大です。
復興支援金は1,900億ドル(およそ20兆円)との試算があるほどです。

2005年のハリケーン・カトリーナの復興支援金が1,100億ドル(およそ12兆円!)だったことを考えると、今回の被害 の甚大さがご理解いただけると思います。

ハリケーン・ハービーの被害のあまりの甚大さで、アメリカ議会も「上限債務引き上げ」に表立って反対できなくなりつつあるの です。 
 
「災い転じて福となる」!♪
 
 

先週までは、「アメリカ議会はバカだから、株式市場が5~10%くらい調整しなければ、債務引き上げで合意できないだろう」と、踏んでいました。

今回2017年は、株式市場の調整という「神風」ではなく、ハリケーンという名の「神風」が吹いたわけです。

上限債務引き上げでアメリカ議会が紛糾する危険は急速に低下中!!! 
 
 


続きを読む

sadakoblog at 16:52|PermalinkComments(0)

2017年09月01日

特集!大相場が始まりそうなのに「ゼロポジション」の人やまだまだ買い増したい人へのアドバイス。

最低でも向こう1~2年、長ければ向こう数年くらいは、内外の株式市場では、大相場が続きそうです。

トランプ大統領の登場に驚いて「ゼロ・ポジション」にしてしまった方や、ポジションを減らし過ぎてしまった個人投資家は、これからどうしたらよいのか???


「~勝利の女神~」9月1日号は、特集を組んで、極力誠実に真摯(しんし)に具体的なアドバイスをしてみました。


「~勝利の女神~」9月1日号は、本日配信しています。
久々の自信作です。(^^V
続きを読む

sadakoblog at 16:56|PermalinkComments(0)

2017年08月29日

米大手銀幹部が自行株売却、トランプ氏への失望背景

sadakoblog at 18:01|PermalinkComments(0)

シラー博士とシーゲル博士に「ずばり聞くわよ!!♪」(今のマーケットの最大のリスクは「国際紛争」です。)

貞子第一メルマガ「~DE あそぼ♪」は、臨時増刊号を配信しました。

題名と目次は下記のようになっています。m(  )m
 
続きを読む

sadakoblog at 17:05|PermalinkComments(0)

2017年08月25日

1年で最も荒れる9月を前に新興国へ向かうマネー。イエレンFRBは、「シントラのトラウマ」のように「曲解」されるのか?

「これといった大きな調整なしに」上昇してきたアメリカ株式市場。

心あるアメリカの長期投資家たちは、アメリカ株があまりにも高値圏に達したので、リスク管理の一環で、アメリカ株を一部リバランスして国際分散投資に励み始めています。

絶妙のタイミングで、アメリカの政治が荒れています。

孤立化したトランプ大統領の暴言もますますエスカレート。

10月1日からはFRBの「バランスシートの縮小」着手という「今年最大の見せ場」も待ち構えています。


振り返ると、バーナンキ前議長は2013年12月に「翌年1月からテーパリングを開始する」と公表。実際に1月からテーパリ ングを開始しました。
当時のマーケットは12月の発表では大幅下落しませんでした。即座に反応しなかったのです。
マーケットがテーパリング開始に「大幅下落」でやっと反応したのは、翌年1月に入ってからです。1月第二週に入ってからでした。 
 
・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・
 

続きを読む

sadakoblog at 14:52|PermalinkComments(0)

2017年08月23日

恐れていたことが本当になる!トランプ:「メキシコ国境の壁の予算確保のために、政府機関の閉鎖を警告」

恐れていたことが本当になる。


トランプ氏、国境の壁の予算確保のため政府閉鎖を(民主党に)警告
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-23/OV4DP76JTSE801


すでに、アメリカ株は先物市場からリスクオフモード。
   ↓  ↓  ↓
US STOCKS-Trump's comments dent stock futures
https://finance.yahoo.com/news/us-stocks-trumps-comments-dents-112933721.html


sadakoblog at 21:48|PermalinkComments(0)

2017年08月18日

「熱狂」ではなく「雇用への恐怖」に駆られて巻き起きている「バブル」?

 今週の「~勝利の女神~」は、
行動経済学者(株式市場の動きを予測する学問の学者)にしてノ ーベル経済学者のケースシラー博士と、
シーゲル博士(ウォートン経済学者にして株式市場では万年強気 派として知られる学者)の対談内容もご紹介。 
 
・・・・・・(中略)・・・・・

そこで、ヤフーファイナンスは、8月12日に「特番」を組んで、 直近「目先だけは弱気派」に転じたシラー博士と、「万年強気派」 のシーゲル博士を夢の共演・対談させる「スペシャル番組」を配信 しました。

シラー博士とシーゲル博士を対談でぶつけるあたりは、「調整は仕方がないとしても、20%以上の大幅下落(=弱気相場入り)だけ はなんとしても避けたい」ヤフーファイナンスの思惑が透けて見 えます。

では、二人の意見は、どんなだったでしょうか? 
 


続きを読む

sadakoblog at 16:34|PermalinkComments(0)