世界経済は、貿易障壁の悪化や過熱した株式相場、起こり得る為替相場の急変動などに起因するリスクに耐えられるほど強くない恐れがあると、経済協力開発機構(OECD)が報告で指摘した。