米セントルイス連銀のブラード総裁は最近の経済データは弱いとし、連邦公開市場委員会(FOMC)が想定する利上げ軌道は急勾配過ぎる可能性があるとの考えを示した。


ブラード総裁は19日、セントルイスで講演。

講演原稿によると、3月以降「期間が長めの債券利回りは低下、インフレ期待は弱まり、政策金利軌道の市場期待値は下がっている」と発言。「こうした動きは、米マクロ経済動向に関して実際に入手されているデータに比べると、FOMCが想定する政策金利の軌道は積極的過ぎることを示唆している可能性がある」と話した。

 総裁はインフレとインフレ期待は過去数カ月、下向きサプライズとなっているとし、失業率は4.4%と2007年以来の水準に低下したものの、インフレのトレンドに変化はもたらさないかもしれないと指摘。失業率は低下しているにもかかわらず、賃金の伸びは過去1年間に減速したと説明した。