尼将軍:貞子 爆誕!!!??ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン!2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!!「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2016年07月22日

パーティーが終わる時~イエレンFRBが「パンチボール」を下げるとき?~

「~勝利の女神~」7月22日号は、本日朝8時に配信いたしました。

題名は、「Gゼロ時代に資産防衛:パーティーが終わる時、~イエレンFRBが「パンチボール」を下げる時?~」です。

一人でも多くの方々にお読みいただきたい内容になっています。
m(   )m続きを読む

sadakoblog at 07:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月19日

「非常に壮大なスケール」での「調整」に備えよう!~「意外と小粒な日本のヘリコプターマネー」???~

貞子第一メルマガ「~De あそぼ♪」7月19日号は、7月19日に配信しています。

題名と目次は下記のようになっております。
m(   )m

続きを読む

sadakoblog at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月18日

「読者への手紙」書きました。~「非常に壮大なスケール」の「調整」が来る前にすべきこと~

7月18日午後17時に、「読者への手紙」を配信しました~。
m(   )m続きを読む

sadakoblog at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月15日

「Gゼロ時代の資産防衛」その2~アメリカ株式市場の「買われ過ぎアラーム」点灯!!!

「~勝利の女神~」7月15日号(金曜定期便)は、本日7月15日、午後5時前に配信いたしました。
m(   )m続きを読む

sadakoblog at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「手紙」配信しました。

「~勝利の女神~」は、7月15日午後1時半過ぎに「読者への手紙」を配信しました。


【追記】すみません、まだ日付が一部間違っていました。
7月11日ではなく、正しくは7月15日です。

sadakoblog at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月13日

かぎりなく「ヘリマネ」に近い「財政と金融のポリシーミックス」へ。

浜田宏一氏


●安倍首相、バーナンキ前FRB議長と会談 金融・財政政策で意見交換
http://jp.reuters.com/article/abe-bernanke-idJPKCN0ZS0M5
(一部抜粋引用)

・・・・首相は冒頭、「デフレ脱却に向けては道半ばだ」と述べ、金融政策、財政政策、成長戦略をさらに進める考えを表明。これに対し、バーナンキ氏は「健全な経済が本格的に戻るよう期待している」と語った。

会談に同席した内閣官房参与の浜田宏一・米イエール大名誉教授によると、首相とバーナンキ氏の会談では金融政策と財政政策のポリシーミックスなどが話題になった一方、「ヘリコプター・マネー」に関する具体的なやり取りはなかったという。・・・・・




続きを読む

sadakoblog at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月12日

バーナンキがやってきた!♪♪~「ヘリマネ期待のロケット相場」が始まった!♪~

貞子第一メルマガ「~De あそぼ♪」7月12日号は、本日12日正午に配信しています。

題名と目次は下記のようになっております。

m(   )m

続きを読む

sadakoblog at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「ひと相場」がやってきた!♪♪~「ヘリマネ期待のロケット相場」の中での「無難なポジション圧縮」について

「~勝利の女神~」は、昨日に続いて、「読者への手紙」と称して臨時増刊号を配信しました。

題名は、「待ちに待った『ひと相場」がやってきた!♪♪~『ヘリマネ期待』の『ロケット相場』の中でいかにしてポジション圧縮してゆくのか?」です。

ざっくり目安として、今回の「日本株式市場のロケットスタート」は、どれくらいの規模でいつごりまで続くのか???
具体的に考察してみました。


ジェットコースター相場の中で、日本株はもう懲り懲り、ほとほと疲れ果てた、もう売り逃げたいと思っている個人投資家の方にも、是非ともお勧めです。


一人でも多くの方々にお読みいただきたい内容になっております。
自信作です!♪
m(   )m


【追記】題名のところの「日付」が間違っていました。

「7月08日」(誤)ではなく、正しくは「7月12日」です。

続きを読む

sadakoblog at 09:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月08日

「読者への手紙」~バーナンキがやって来る!!!~

「~勝利の女神~」は、本日午後5時ごろ、「読者への手紙」(臨時増刊号)を急きょ配信しました。

「手紙(臨時増刊号)」は、こちら「ロイターニュース」を、詳しく解説しています。
    ↓ ↓ ↓
バーナンキ前FRB議長、安倍首相・黒田総裁と来週会合=政府筋
http://jp.reuters.com/article/frb-abe-kuroda-idJPKCN0ZO05H

(以下、全文抜粋引用)

[東京 8日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)前議長のベン・バーナンキ氏が、週明けにも安倍晋三首相や黒田東彦日銀総裁と会って、意見交換することがわかった。日銀のマイナス金利政策や、英国の欧州連合(EU)離脱決定後の経済情勢について、バーナンキ氏の見解を聞くことになるとみられる。複数の政府筋が明らかにした。

今のところ、11日に黒田総裁、12日に安倍首相と会う方向で調整が進んでいるという。

同氏は2006─14年までFRBの議長を務めた。極端な需要不足の際などには事実上の財政ファイナンスを指す「ヘリコプターマネー」が有効な手段と述べた経緯もある。

英離脱決定後、ポンド安を起点にリスクオフ心理が台頭。この時期に安倍首相や黒田総裁とバーナンキ氏が会って、どのような見解を表明するのか注目が集まりそうだ。
(以上、全文抜粋 おわり)


午後3時に配信した「金曜定期便」と合わせて読んでいただけると、より分かりやすいよ思います。
m(  )m

続きを読む

sadakoblog at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Gゼロ時代の資産防衛:「ヨーロッパの長期凋落」と「ハゲタカ化する中国」~「稼いだ外貨を本国へ還流させない」中国の国家戦略~

「~勝利の女神~」7月8日号は、本日7月8日午後3時に配信しました。

題名は、

「Gゼロ時代の資産防衛~~「ヨーロッパの長期凋落」と「ハゲタカ化する中国」~
(「稼いだ外貨を本国へ還流させない」中国の国家戦略)」
です。


今週は、Gゼロ時代の代替投資についても、考えてみました。
やっぱり、あれしかないですよね???

続きを読む

sadakoblog at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月05日

「ゲームのルール」が変わる時~「地獄の窯の蓋(ふた)」が開く音が聞こえた!!!~

マーケットでは、「次なる離脱国はどこか?」の「さや当て」が既 に始まっています。

今後は、スェーデンやデンマークなどの北欧で、EU離脱を求める「政治的な動き」が生まれて来るかもしれません。
さらには、オーストリア、オランダなどの強国や、やや弱い国であるイタリアでも、さらには大国フランスでも、ユー ロ離脱を求める「政治的な動き」がさらに盛り上がってくること でしょう。

それくらい「ケチケチ・ドイツ」は嫌われているのです。

オーストリアでは、5月の大統領選挙が9~10月にやり直される予定です。
5月の大統領選挙では、リベラル系の緑の党が推すファン・デア・ベレン前党首が、反難民・反EUを掲げた極右・自由党の候補者を 僅差で下したばかりでした。ところが、その選挙で不正が発覚してしまったので、このたび、オーストリアの憲法裁判所が「選挙のやり直し」を求めました。

イタリアでは10月に国民投票が行われます。

来年2017年は、フランスとドイツで総選挙が控えています。

そして、忘れてはいけないのが、今年の10月には、アメリカの大統領選挙が行われます。 

・・・・(中略)・・・・

続きを読む

sadakoblog at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月01日

「地獄の窯(かま)のふた」を開いたBrexit~極力誠実に「無難かつ穏便な撤退」の仕方を探ってみる~

「Brexit」を「サブプライム危機クラスの危機」に例える有識者は多いです。

「Brexit」を一番最初に「サブプライム危機クラスの危機」とたとえたのは、ジョージソロスです。

ソロスは昨夜もブリュッセルの欧州議会で議会証言しています。
   ↓  ↓  ↓
ソロス氏:英EU離脱は金融市場危機を「解き放った」-仮定が現実に
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-30/O9L53C6K50YU01

資産家のジョージ・ソロス氏は英国が欧州連合(EU)離脱を選択したことで、2007-08年の世界金融危機と似たような金融市場の危機が「解き放たれた」と述べた。

  ソロス氏は30日にブリュッセルの欧州議会で、「スローモーションで進行していた現象を、英国の離脱選択が加速させる。既に広がっているデフレ的傾向を強める公算が大きい」と説明した。



  また、欧州大陸の銀行システムは金融危機からまだ回復していなかったが、これから「厳しい試練を迎える」とした上で、「しなければならないことは分かっている。不幸なことに、ユーロ圏内の政治とイデオロギーの不一致がそれを行うことを妨げている」と発言。欧州安定化メカニズム(ESM)の活用を指して述べた。


(以上、全文抜粋引用 おわり)



「Brexit」は、「地獄の窯のふた」を開けてしまったのです。

「パンドラの箱」を空けてしまったと言っている人がいますが、そうとも言えますね。


わたしも、水曜日から「お通夜」のようにしょんぼりして暮らしています。


「Brexit」の中身がよくよく分かってみたら、あわわわわ・・・ですよね。

続きを読む

sadakoblog at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月24日

「大衆の反乱」の勝利!!!~そして、トランプはレーガンのような名大統領になる!♪~

「勝利の女神」の愛読者様には、5月19日号からずっとシートベルトを締めていただいておりましたが、

こちらメルマガでも、アメリカドル国債が買い進められ過ぎていることや、アメリカ経済減速懸念や中国リスクのほうが調整の引き金を引くと思い込んでいて、「EU離脱」が本当になるなんて、内心では、五分五分の確率だと思っていました。(><)


日本株のヨーロッパ株も、ものすごい下げっぷりですね!!!

朝からメルマガの内容を半分近く書き換えていたら、配信が遅れてしまいました。


これで、ドナルド・トランプが次期大統領になる可能性が高まりました。
トランプが大統領になったならば、意外や意外、歴史に名を遺す名大統領になるかもしれません。


(以下、抜粋引用 はじまり)

私はドナルドトランプは下品なので嫌いですが、トランプが大統領になれば、意外や意外、アメリカ経済・世界経済は大復活です。

なぜならば、トランプは、積極財政派であり、しかも超金融緩和論者だからです。




トランプは、外交や防衛では孤立主義者ですが、

歴史に名を遺す名大統領になるかもしれません。


今から35年前に、レーガン共和党大統領は、それまでの「経済の常識」を打ち破って、「大きな政府」から「小さな政府」へと大きく舵を切り替えて、グローバル資本主義を延命しました。






今度は、トランプ次期大統領(共和党)が、今までの「経済の常識」を打ち破って、「小さな政府」から「大きな政府」へと大きく舵を切り替えて、再びグローバル資本主義を延命させるかもしれ

ません。





アメリカと言う国は不思議な国で、政治の世界においても、30年おきに、大きな政府から小さな政府、小さな政府から大きな政府と、まるで振り子のように、ブームを繰り返します。



続きを読む

sadakoblog at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月21日

かなり危ういアメリカ株式市場~緊張の夏、日本の夏、「日経平均の底値圏」をもう一度整理してちゃんと考えてみる~

この夏は、「EU離脱懸念」以外にも、様々なリスクが台頭しそ うです。

この夏は、「中国リスク」も台頭しそうです。

が、それよりのなによりも、
「イエレン・ショックのようなもの」「アメリカドル国債バブル崩壊のようなもの」が、この夏マーケットを駆け巡るかもしれま せん。

この夏のリスクマーケットの調整局面の震源地は、イギリスでも なければ中国でもないかもしれません。

震源地はアメリカになるかもしれません!!!

アメリカ経済減速懸念です!!!!

イエレンFOMCは、6月15日のFOMCで大方の予想通りに「二度目の利上げ着手」を見送りました。

今回のFOMCでも、再びFOMCメンバーの「ドットチャート(FFレ ートの見通し)が下方修正されました。
さらには、FOMCメンバーの「FFレートの長期見通し(=中立金 利)」も下方修正されました。 
 
・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・
 
これは何を意味するかと言うと、
(詳しく説明していたらきりがないのですが)
FOMCメンバーの中でも、「アメリカ国内の経済の生産性が低下 している疑いを持つ人々が急増している!!!」「アメリカが長 期停滞に陥っているのではないかと再び考え始めている人が急増 している」ということです。 

続きを読む

sadakoblog at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月14日

「変質」は知らないうちに始まっている!♪?~日本経済は「少数精鋭」「筋肉質」社会へと変質!♪?~

イギリスの「EU離脱」懸念でグローバルマーケットは「リスクオフ」!

マーケットが「リスクオフ」に流れると、真っ先に売られるのが日本株(T T)。

全く持って理不尽な水準まで売られています。(T T)

今現在の「構造改革至上主義者」には、外資系投資銀行のエコノミストの方が多いようですが、
彼らが指摘するほど、「日本経済は駄目駄目~~~」なのでしょうか???

「今の日本経済って、そんなに駄目なのか???」について、考察してみました。



(以下、一部抜粋引用 はじまり)

日本では、ここのところ企業業績も回復しており、若干円高への揺り戻しがあるものの、昨年同様に、史上最高益を打ち出してい る企業も少なくはありません。

年初からの「第一次補正予算:3兆円のばらまき」の好影響で、 日本の2016年1-3月期のGDP成長率も、年率1.9%と高い水準 です。

・・・・・・・・・・・・・「新しいブーム」が始まりかけています!♪

・・・・・(中略)・・・・
ここまで金融緩和が継続されていれば、先進国内部でも、「シェ ールブーム」に替わる「新しいブーム」が始まるのは「当たり 前」と言えば「当たり前」。





日経平均が1万6,000円ラインを割り込む「理屈」は無いのです。



が、

実際に、日本株式市場のプレーヤーたちは、頭の弱いヘッジファ ンドを筆頭に、「日本経済の変質」にまだ気が付いていないよう なのです。


続きを読む

sadakoblog at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)