sadakun_d

国際政治学 テニス マラソン

4


EUROPE (The Beast + Ready Or Not) LIVE @ Wacken Festival, Germany 2015

ヒノキ(檜、桧 Chamaecyparis obtusa)は、ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹。人工林

yjimage

建材特性と歴史

檜皮葺(東寺)

ヒノキは、日本では建材として最高品質。木材の特長として、加工が容易な上に緻密で狂いがなく、日本人好みの強い芳香を長期にわたって発する。正しく使われたヒノキの建築には1,000年を超える寿命を保つものがある。

木目が通り、斧や楔で打ち割ることによって製材できるヒノキは古くから建築材料。

『古事記』のスサノオ神話の中で、ヒノキを建材として使うことが示唆。 特に寺院、神社の建築には必須で、古くから重宝された。そのありさまは、大阪府の池上・曽根遺跡で発掘された弥生時代の神殿跡に見ることができる。飛鳥時代のヒノキ造りの建築はすぐれたものが多く、飛鳥時代に建立された法隆寺は世界最古の木造建築物として今日までその姿を保っているほか、主として奈良県内に存在する歴史的建築物はいずれもヒノキを建材としたことによって現存するといって過言ではない。もっとも、その有用性ゆえに奈良時代には大径材は不足をきたしていた。

このヒノキ材枯渇のありさまが、東大寺の歴史からうかがえる。創建当時の東大寺は近畿地方各地の山林で得られたヒノキ材で建造されていたが、平安時代後期の治承年間(1177年 - 1180年)、平重衡の南都焼討によって炎上する。

鎌倉時代に東大寺を復興した重源らは、森林資源が枯渇した近畿を諦め、はるか周防国や長門国までヒノキの大径材を求めた。戦国時代末期に松永久秀の東大寺大仏殿の戦いで再度炎上した大仏殿は江戸時代初期に再建されたが、その時期には諸大名による大城郭や城下町の建設も相まって大木の払底をきたしていた。結果、大仏殿の間口を3分の2に縮小し、用材もヒノキは諦め、ケヤキの心材をスギの小材で覆い、金輪で締め上げた一種の集成材を柱として使用している。しかし、虹梁と呼ばれる2本の梁はどうしても無垢材を使用する必要があり、日本中を廻った末にようやく日向国でアカマツの巨木を発見、のべ10万人以上の人員を使用して奈良まで運び、大仏殿はめでたく完成した。

伊勢神宮では20年に一度、社を新しく建て替える式年遷宮と呼ばれる行事が行われ、大量のヒノキ材が必要となる。古くは伊勢ヒノキを使用していたが、次第に不足し、`三河国や美濃国`からも調達するようになった。18世紀には木曽山を御杣山と正式に定め、ここから本格的にヒノキを調達するようになった。

明治時代になって、調達の困難さが明治天皇にまで伝わるところとなり、恒久的な調達を可能にするため神宮備林においてヒノキを育成することになった。さらに大正時代に入り、伊勢神宮周辺に広がる宮域林においてヒノキを育成することになり、植林を行った。これらの植林計画は、樹齢200年以上のヒノキを育成することを目標としており、長期的展望に立った計画である。

また、この時期、台湾を統治した日本は、変種のタイワンヒノキや同属異種のタイワンベニヒノキ Chamaecyparis formosensis の大木を求めて森林鉄道を敷設し、日本本土にも輸送を行い、一部は神社建築にも使用した。

タイワンヒノキの使用は明治神宮の鳥居や靖国神社の神門など、大径材を用いた主要構造部位に多く見られる。1992年以降、タイワンヒノキが禁伐されたことから輸入が困難となり、これら文化的遺産の補修が懸念

木曽山の神宮備林は1947年(昭和22年)に廃止されて国有林に編入されたため、その後はこの国有林からヒノキを購入して式年遷宮を行っている。伊勢神宮の式年遷宮後、前回の式年遷宮で使用されたヒノキ材は日本全国の神社に配布され、新たな神社の社殿となる。

名古屋城の本丸御殿はヒノキ材で建てられているが戦時中の空襲で焼失した。しかし2018年の木造復元の完成を目指して2009年現在から本丸御殿の再建が始まっており、木曽のヒノキ材が使用されている

江戸時代末期、この地域は天領、半原藩領、旗本領、寺社領などであった。
1906年(明治39年)7月1日 - 乗本村と日吉村が合併し、舟着村となる。
1955年(昭和30年)4月15日 - 南設楽郡新城町、東郷村、千郷村、八名郡八名村、舟着村が合併し、南設楽郡新城町となる。
1956年(昭和31年)9月30日 - 旧・舟着村の一部(乗本)が分割され、鳳来町に編入される[1]。
1958年(昭和33年)11月1日 - 新城町が市制施行し、新城市となる。
2005年(平成17年)10月1日 - 鳳来町の新城市への合併で乗本地区も新


2

1945年(昭和20年)4月14日生まれ。リッチーが気持ちよくギタリスト

宿命のライバル イアンギラン(8月19日生まれ)と同じ年齢。

吉永小百合さんも桜井よしこも。

4月13日決闘の日

4月14日 タイタニック号の日

4月15日ヘリコプターの日

Ian Gillan

ギランの真骨頂ここにあり!

再結成のパープルがギランとリッチーの確執が再燃する。来日直前にリッチー脱退だった。

Blackmore - Gillan battle 1993

http://www.youtube.com/watch?v=sL9zwX5LzxQ&feature=related

71a12a2e.jpeg

http://livedoor.blogimg.jp/sadakun_d/imgs/c/b/cb9e8fb3.jpg" target="_blank">

http://www.myspace.com/jrblackmore

Deep Purple Made in Japan 1972

地球がふたつに割れてもギランとリッチーは☆

Highway Star 1993 Helsink Ritchie Blackmore Last

1993child in time - The last show with ritchie

84b3d6f8.jpeg啓蟄は24節のひとつ
地面に潜る虫たちがぞろぞろと起きて出てくる頃。

春遠からじだなあ。

↑このページのトップヘ