音楽

September 12, 2010

ソングライターズ

NHK教育の、
「佐野元春のザ・ソングライターズ」
http://www.nhk.or.jp/songs/song-w/
っていう番組が、いま、熱い。
「音楽における“言葉”をテーマに、講義形式で対談を行なう番組」。

昨日は、(大好きな!)サカナクション。
山口一郎さんの詩の作り方は。
生活していて、考えや思いを一杯になるまでためて、
それである一定の水準たまったら、
ぶわっと出して、言葉にするそう。

たくさんメモを書きとめて、歌詞を作る人はきっと多いと思うけど
山口さんの詩(詞ではなく、詩、っぽい)は
鮮度が大事!なんだって。

これってすごく、わかるなーーー。
って思いました。

私も、昔、詩を書いたりすることがあったり、
今は、イラストを描いたりするとき、
すっごく「鮮度が大事」で、
その瞬間ぶわーって、なんか勢いで出したもの、
溢れ出てくるものこそが、「ベスト」だと
思ってる。
 
それが毎回うまくいくとは限らないんだけど(笑)
たぶん、私がいろいろ理論立てて考えて作ったものは
価値も魅力もないような気がしてる。

山口さんは、お父さんが喫茶店の主人で、
学生運動出身で、小さいときから古本屋とか一緒にいったり、
文学をスパルタで教えられた(?)そう。へえー。
なんかいいなあ。

「常にセンチメンタルが頭の中にある」とか。
なんか、みょう〜〜に共感した。
サカナクションの詩に惹かれるのはそのためか。
寺山修司、宮沢賢治、なんかそんなかんじのにおい。
種田山頭火の俳句をいろいろ読んでみたいなと思った。

March 16, 2010

Anthem

動画が見れます(音が鳴るので注意)

最近、よく通勤の時聞いていている、
フジファブリックの「Anthem」。
なんだかいつも泣きそうになるけど、
また聞きたくなる不思議な曲。

昨年クリスマスに急逝したVo&Guの志村さん。
アルバムを聞いていたら亡くなったことが信じられない。
とても悲しいけど、
でもなんだか、
空の上でふわふわーと下界を見下ろしながら、
くよくよ悩んだり時々笑ったりしている私たちに向けて
歌を歌ってくれている気がする。
あの印象的な眼差しが好き。

anthem(アンセム)の意味を調べたら、

英国国教会の礼拝式で歌われる合唱曲

だった。

「鳴り響け、君の街まで
闇を裂く、このアンセムが

轟いた 雷の音
気がつけば 僕は一人だ」

なんだろう。すごくしっくりくる。
一人。でも悲しい事じゃない、
人間ってみんな一人だよなーって思う。

後ろ向きな意味じゃなくて、
一人だけど、
ときどききゅっと誰かと心が触れ合う瞬間があったり、
支えられたり。
一人だってわかっていたほうが、強く優しくなれそう。

September 14, 2009

忙しい時期ベスト10

いま、とっても忙しい!!
人生で、10本の指にはいる忙しい期間です。

薬局のパートも、在宅のwebの仕事も、
イラストの仕事も、就職活動(たまたま、すっごくやりたい仕事が
求人だしてました、すごい倍率高そうだけど!)
そして大事な仕事、母業も。

でも、どの「やるべき事」も
「やりたい事」で
新しい出会いや、人との縁が運んで来てくれたこと。
神様が、いま、あんたがんばらなあかんよって言ってるんやな。

だから、がんばる!!
いろんな人に迷惑かけながらだけど
みなさん、ごめんなさい・・・
連絡も、あまりつかなくてごめんなさい!

そして、こんなときにRADWIMPSのこの曲は、元気がでまっす!
叫べ!!
うおー!!!



June 02, 2009

バグッバイ

mugi













保育園、昼まで再チャレンジ中!

サンポ好きのホノ、今日も三輪車を押して散歩。
麦が刈られたあとが、気持ちよさそうだったので、
二人で入ってみました。
ふかふかだった!

今、RADWIMPSがすごく好きです。
前からもってたやつを、最近車でかけてたら、
ある曲が突然胸にせまってきて、
大好きになった。

なんか、自分(歌の中の、僕)は今にも
消えてしまいそうで、
死に近いところにいつもいるんだけど、
でも愛がいっぱいなかんじが、
切なくて、ぐっとくる。

声がすごく優しいなあ。びっくり。

特に、声が優しい曲↓
http://www.youtube.com/watch?v=9lygYfClO9k

近すぎて見えない誰か 誤って「僕」と呼ぶ
この声の正体は誰なの?

仕方なくもらった命 誤って「愛」と呼ぶ
そうしとけば問題はないけど

「どうせなら」と見つけた意味を 誤って「夢」と呼ぶ
本当はそんなんじゃないはず

生まれてくる前に願ってたことは

夜明け告げる朝に夕焼けを見せたげたい
きっと惹かれ合って きっと恋に落ちるよ

寂しげな冬にあの夏を見せたげたい
it's so easy but um it's so crazy


僕のいた朝と 僕のいない朝は
どっか違っててほしい 少しだけでもいいから

僕が生まれてくる前と 僕が消えたあとと
なんか違っててほしい 世界は違っててほしい





October 17, 2005

上原ひろみさんに感動5

ひろみ
ちょっと前のトップランナーに出てた、上原ひろみさん。
全米で活躍中の若干26歳のジャズピアニスト。
今日、録画してたやつをやっと観た。
1〜2年前、情熱大陸かなにかに出てたのを観たときから、
すごいなあ、とは思っていたけど。

とにかく感動!!
ライブ、すばらしい。(テレビのやつですが)
私は、だいたい歌ものばっかり聞くお子様やけど、
でも、彼女の音楽は・・・なんか、普通の、クラシックとも、
ジャズとも、違っていて、なんかとにかく、
「音楽だいすき!!!ライブ楽しい!!」って
いうのが表情からも弾き方からも伝わってきて。
まさに、ひきこまれ、ました。

ライブ中、すごくいい笑顔ですが何を思っているんですか?と
いう質問に、
自分でも意識してなくて、とにかく音楽をやれていることが
楽しくて、自然に笑顔になっちゃうんです。
という答え。

毎日最低でも4、5時間はピアノに向かっているそう。
それも、苦ではなく、ただ自分はこれをやるしかない!っていう
前向きな「やるしかない」気持ちからやる。

なんか・・・すっごく、活性化させられた。
私にも、やっていると、ただ夢中になって、笑顔になっちゃうことが
確かにある。(レベルは全然違うけど)
ただ、最近は、義務感にかられて、やっていることが多かった。
家でも学校でも。
もっと、最初の気持ちを思い出そうと思った。
一生続けていきたいもん。

それには、やることがただただ、楽しい、っていう気持ちと、
毎日続けていくこと、がとても大切なんだなあって
ちょっと教えてもらったかんじ。

http://www.yamaha-mf.or.jp/art/official/hiromiuehara/
Profile

さだ

佐賀の田んぼの側に住み、
デザイン・イラストのお仕事をしています。2児の母。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: