思考

July 04, 2019

この歳になっても

40歳になってから出会って
急激に仲良くなった、大好きな友だち。

その友だちが、今日、このブログの
「モチの命」の記事から、さかのぼって
ずっと昔の記事を見てくれて。

私の20代、30代前半だったころの
いろんな好きなことやもの、感動したこと、
もがいて、なんとかして前に進もうとしてたこと

すごく共感した、
こんなに「わかる」って感覚今までになかった!
とたくさん素敵な言葉で伝えてくれた。
子どもの頃の自分に、
大人になったら、すごく共感できて、
心からだいすきな友だちができるよー!て
言ってあげたいよ、とまで。

なんじゃこりゃー!!ってほど、嬉しくて嬉しくて。
昔の自分、ブログ書いててくれてありがとう!
って思った。
そして、
今よりも、ちょっと苦しくて、がむしゃらだった
その約10年間を認めてもらった気がして
ゆるされた気がして。
こんな友だちと出会えたこと、
40すぎてもこんな良いことあるんだなって、
頭が混乱するほど幸せに感じた。
神様からのプレゼント、ここできたかー。って思った。

facebookやInstagram、twitterなどをするようになって
このブログからすっかり離れていたけど、
改めて見たら、
その時の、そのまんまの気持ちがいまも蘇ってくる。

大事にしよう。
子どもたちにも、見せられるね。


sadattu at 23:37|この記事のURLComments(0)

October 01, 2012

秋、月の夜

今日も月がきれい。
2階の寝る部屋の窓からちらっと明るい月光が見え隠れ。

武田鉄矢の昔のドラえもんの映画の主題歌と、
手嶌葵の歌など、
寝れそう、かつ、子どもも私も好きな歌を
流していたら
いつのまにかすやすや寝息の子どもら。
おでことほっぺた。

おお…なんか…
とっても、いま、大事な時間、
豊かな時間を過ごさせてもらってる気がする。

やなことも、しんどいこともたくさんあるけど。
神様ありがとうございます。

June 05, 2012

私のアイデンティティ?(って言うと大げさだけど)

本来の私は、
かなり、好奇心旺盛。
どこにでも行きたい。見に行きたい。
聴きにいきたい。
世界中、旅したい。

私には子ども達がいて、
それは現状かなわない。
やはり、どうしても制限される。

でもできないことに目をむけるんじゃなくて、
「子どもがいるから、できない…」
って思うんじゃなくて…、

子どもたちがいるからこそ
感じれること。
初めての気持ち。
出会える人。
悩みや喜び。

それを大事にしたい。
ちゃんと感じたい。
半径5メートルの冒険。

それがきっと、自分らしさ。

午前中に考えていたことのまとめ(笑)。

November 29, 2011

森本レオさんのトークがとても熱かった!

あまりに、感動したので、熱いうちに書きます。

さっき、お昼に、
今日はこないだ冷凍したミートソースでぱぱっと
パスタゆでてすませよう。と
食べていたら、
たまたまNHKスタジオパークで、
森本レオさんがゲストで、しゃべってらっしゃいました。

なにげなーく観ていたら、
どんどん引き込まれて。
あの「いい」声で、ずーっと、最初は俳優になったきっかけから
話されて、
司会の方に質問されるまま、
自分の幼少時代や、人生についてを
話されていたんですが…。

びっくり。
森本レオさん、お父さんがすっごいDVで、
お母さんがいつも血を流して息子をかばうような
状態で、
それがすごくコンプレックスになってらっしゃるんですね。
まったく知りませんでした…。

でも、大人になって、
「親父も、夢があって、でもその曲がり角を
まがりそこねてしまった。
そして夢にはぐれて、内に引きこもり、
ああいうふうにしか生きられなかったんだと
わかった。」
と話されていて…

危篤になったお父さんが、
仕事のチャンスを蹴って帰ってきたレオさんに、
「親のために子どもが我慢しててうれしい親がどこにおるんや。戻れ!」って
言った…
というお話のときは、
もう、レオさん、ほんとに泣きながら、
息を詰まらせながら語ってらっしゃって。

こんな、昼間に、NHKで、
こんなに、「本当の人生」の話を聞けるなんて…
と私も、感極まって、テレビの前で
ぐっと固まって最後まで観ていました。
テレビだけれど、生放送で、とても、
貴重な瞬間に立ち会えた気がしました。

レオさんが言っていた
「コンプレックスは栄養剤」って言葉、ぐっときました。
辛い経験をしたり、下の経験をして、
コンプレックスを持ってる人は、
その後成功しても、上からも下からも物事を見ることができる。

コンプレックスは、神様がくれた、優しい栄養剤。
それがあれば、人間に深みがでる。
すごいエネルギー源にもできる。
それをいかにエネルギーに変えて、
昇華していくかが、人生というゲームと考えるようになった。
と言ってらっしゃいました。

ふ、深い〜〜〜!!!!
でも、すごくわかる。
私にも少なからず、コンプレックスがあり、
でも、それがあったからこそ、
今の自分のエネルギーになっているな、って感じることがあるから。
活かすも殺すも、きっと自分次第。

ほんとに、貴重なものを、観させていただきました。

August 09, 2010

成長の2つのタイプ

今読んでいる銀色夏生さんのエッセイで、
心に残った言葉。
銀色さんは、お子さんが
「たいくつーやることないー」って言うと、
「退屈な時、憂鬱なときこそ、人は成長するんだよー」
ってかんじに(私が印象として覚えている文なので、もうちょっと深く詳しく書いてあったけど)
言われるそう。

ああ、これって、ほんとだなーって思う。
もちろん、忙しく、
いろんなことをやっているとき(特に仕事など)も
成長はするんだけど、そういうときの成長は
「仕事のスキルアップ」という
かんじ。
実務的な成長。
で、銀色さんが言っている、
退屈だったり憂鬱だったりすることと
どう向き合えるか
で得られる成長は、人間的な、
もっと深い部分での成長なんじゃないか、と思った。

ついつい、退屈だとテレビを見るとか、
雑誌をみるとか酒を飲むとか(笑)
簡単な刺激でごまかしてしまいがちだけど、
「なんか、空虚だ」と感じている自分と
徹底的に向き合うのは、
ちょっと怖いけど、きっと人として深みがでると思う。

今は子育て真っ最中でなかなか
「退屈」というのにはお目にかかれないけど(笑)、
上の子がよく「やることないーひまー」
って言うので、そんなときに、
このことを念頭において、
なんかアドバイス的なことをしてやれたらいいなーと思いました。


Profile

さだ

佐賀の田んぼの側に住み、
デザイン・イラストのお仕事をしています。2児の母。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: