ジャズ、聴くのは大好きだけどもセッション吹くことはまずありませんでした。 大きい理由が二つ、自分の中に裏拍のリズム感が乏しいこと、アドリブをどう組み立てりゃあいいかさっぱり分からんこと。
トロンボーン吹くの自体我流だし、とっかかりがなくて食わず嫌い状態でした。
しかし年末アマゾン見てて片岡さんのCD付きのjazz 道なる、入門用教則本があり、なんとなく購入、まず聴いてみた。3000円しなかったし、かなりお買い得感があります。

ああ、なんか面白そう!と感じた。 まー、デモ演奏の素晴らしいこと!
習うより慣れろがポリシー、身体にリズム感やニュアンスを仕込まないといけないので、このCD で延々カラオケしてみようと思ってます。繰返しから先のこと、書かれてることも実感として理解できるようになるのでは?と。

また入門用とはあるものの、ジャズのフィールや基本に対して、でしょうね。 かなり高いハイトーンの曲もあり、模倣だけでも非常に手ごわそう。楽しみながらやっていこうと思います。