昭和の庶民史を語る会

−未来のために、これだけは伝えたい−

戦争遺構研究会

戦争遺構、近代産業遺産保存〜

N春日市や大野城市に残る「米軍ハウス」の保存・活用を目指す地元の活動が始まる。春日市民を中心に「春日ベース・ハウスの会」が発足、町歩きや聞き取りなどの調査に乗り出した。戦後の歴史を物語る“遺産”として継承する取り組み。「地域にとって貴重な建造物を何とか保存し活用」と〜素晴らしい!戦争遺構研究会、15・0217・西日本新聞



終戦後、米軍は春日市と大野城市にまたがる地区に基地を建設。周辺の民有地では、住民が米兵向けに一戸建てのハウスを建てた。最盛期に約500棟あり、1972年の基地返還後は日本人が居住。しかし老朽化で取り壊しが進み、現在は両市内に50棟程度が残っている〜歴史遺産として保存を!戦争遺構研究会、15・0217・西日本新聞




 会では、米軍ハウスに関する情報を募集している。=2015/02/17付 西日本新聞朝刊=



「米軍ハウス」保存・活用へ 春日市で市民団体発足 [福岡県]。2015年02月17日(最終更新 2015年02月17日 01時40分) 米軍基地問題
.
今も残る米軍ハウスを見学する「春日ベース・ハウスの会」のメンバー=大野城市

 春日市や大野城市に残る「米軍ハウス」の保存・活用を目指す地元の活動が始まっている。春日市民を中心に「春日ベース・ハウスの会」が発足、町歩きや聞き取りなどの調査に乗り出した。戦後の歴史を物語る“遺産”として継承する取り組みだ。

 終戦後、米軍は春日市と大野城市にまたがる地区に基地を建設。周辺の民有地では、住民が米兵向けに一戸建てのハウスを建てた。最盛期に約500棟あり、1972年の基地返還後は日本人が居住。しかし老朽化で取り壊しが進み、現在は両市内に50棟程度が残っているとされる。

 会は、春日市の1級建築士、中野秀孝さん(53)が代表になり、ハウスに関心を持つ十数人が集まって昨年9月から活動を開始。地域を歩いてハウスの所在地を記録し、米軍基地で働いていた人を招いて当時の話を聞いた。また、資料の収集も続けている。

 中野さんは「地域にとって貴重な建造物を何とか保存し、活用につなげたい」と話している。

 会では、米軍ハウスに関する情報を募集している。=2015/02/17付 西日本新聞朝刊=



WR「マンハッタンプロジェクト国立歴史公園」の意味。戦後70年、日米は原爆の歴史を共有できるか。米連邦議会では14年12月、第二次大戦時の原爆開発「マンハッタン計画」が進められた全米3カ所の地域と関連施設を国立歴史公園とする法案が通過しオバマ大統領の署名を経て成立〜事実を正しく!
戦争遺構研究会、15・02・15・WR


テーマ原爆開発施設の国立公園化を考える。この法案に関しては、広島、長崎両市長が「原爆投下を正当化し、核兵器廃絶を願う世界と将来の世代に誤ったメッセージを送ることにならないか」という懸念を米側に伝える〜後世に悔いを残さない為にも原爆の歴史を正しく伝えるように慎重な配慮を要望します。戦争遺構研究会、15・02・15・WR



WEBRONZA。テーマ原爆開発施設の国立公園化を考える。「マンハッタンプロジェクト国立歴史公園」の意味

戦後70年、日米は原爆の歴史を共有できるか。徳留絹枝。2015年02月14日

 米連邦議会では2014年12月、第二次大戦時の原爆開発「マンハッタン計画」が進められた全米3カ所の地域と関連施設を国立歴史公園とする法案が通過し、オバマ大統領の署名を経て成立した。

 この法案に関しては、広島、長崎両市長が「原爆投下を正当化し、核兵器廃絶を願う世界と将来の世代に誤ったメッセージを送ることにならないか」という懸念を米側に伝えていた。

 それに対しルース駐日大使は、広島市長に宛てた返信で、「公園は教育的・記念的場所として運営されます。核兵器の無い世界を目指すに際し、歴史のレンズを通して当時を記憶するのは適切なことで、公園の目的はそこにあるのです」と説明していた。

 しかし、両市長が手紙で「計画の詳細は把握してないが……」と書いているように、日本では「マンハッタンプロジェクト国立歴史公園」について充分理解されているようには見えない。本稿では、その内容や背景、実現に向けて尽力した関係者の言葉を紹介したい。

国立公園化までの道のり

 マンハッタンプロジェクトは、ナチスドイツが先に原爆を開発することを恐れて極秘で進められた計画だったが、関わったアメリカ人は数十万人にも達し、その大多数は開発の目的を知らされることは無かったが、空前の規模の国家事業であった。

 その関連施設を国立公園にしようとする動きは、14年前に遡る。

 2001年、施設を保有するエネルギー省から相談を受けた「歴史保存諮問委員会(歴史的資産の保存に関して大統領と議会にアドバイスする法的任務を持つ唯一の連邦組織)」は、マンハッタンプロジェクトに関連した複数の場所を総合的な単位として正式に設立させ、その保存・記念・公式解説を国立公園管理局と協力して行うよう提言した。

 その提言を受け、連邦議会は2004年、内務省に対し、エネルギー省と協力して国立公園設立に関するフィージビリティスタディを実施することを命じた。

 その後7年の年月と多くの関係者からのフィードバックを経て2011年、内務省は、「マンハッタンプロジェクトに関連する地域と施設を国立公園に組み入れることは、そのような資産の保護と保存を拡大し、20世紀の米国史におけるこの重要な歴史に関し、総合的解説と理解を提供する」とする調査報告を議会に提出した。




マンハッタンプロジェクト国立歴史公園
拡大国立歴史公園になる3カ所
 この経過を経て2012年、「マンハッタンプロジェクト国立歴史公園法案」が上下両院に提出された。

 その内容は、原爆の研究開発実験が行われたニューメキシコ州ロスアラモス、原爆製造に必要なウラン精製工場があったテネシー州オークリッジ、そしてプルトニウム生産工場があったワシントン州ハンフォードの3カ所とその関連施設を国立歴史公園とするものである。

 法案の提出者となったのは、これらの州選出の超党派の上下院議員で、内務・エネルギー両長官、国立公園管理局長官からも支持を得ていた。




ロスアラモスGun Site at Los Alamos.
拡大原爆の研究開発実験が行われたニューメキシコ州ロスアラモスの施設 Gun Site at Los Alamos=筆者提供
 しかし2012年9月に下院で審議が行われた際、民主党オハイオ州選出のデニス・クシニッチ議員は「戦争終結のために原爆投下が必要でないことは当時の多くの米指導者達も事前に知っていた」とし、「広島と長崎で20万人の人々を殺した技術開発を称えることはできない」と主張した。

 法案は超党派からなる過半数以上の賛同を得たが、審議進行に関わる特別ルールで必要となった3分の2の賛成までには至らなかった。

 その年の議員選挙でクシニッチ議員が落選し激しい反対はなくなったものの、2013年は時間切れで法案が通過せず、法律がやっと成立したのは2014年の暮れであった。

「マンハッタンプロジェクト国立歴史公園」が目指すもの

 今回成立した法律は、その目的を次のように定めている。

1. マンハッタンプロジェクトに関連する米国の重要な歴史的資源を、現代と未来の世代のために保存し保護する。
2. マンハッタンプロジェクトに関連する歴史的資源の説明を通して、マンハッタンプロジェクトとマンハッタンプロジェクトの遺産に関する一般の人々の理解を向上させる。
3. 公共安全の保護や国家安全保障、そしてエネルギー省の他の任務に関わる側面と整合する形で、一般の人々のこの歴史公園へのアクセスを強化する。
4. エネルギー省、歴史公園関係者、各種歴史協会、そして関心を持つ他の団体や個人がマンハッタンプロジェクトに関連する歴史的重要資源を保存し保護する努力を支援する。

 そして法律成立後1年以内に、内務省とエネルギー省が、運営に関わるそれぞれの役割について合意を取り交わし、「国立歴史公園」を設立することを定めている。

 また実際の運営プランの作成に当たっては、内務長官が、関係する州・郡・地元の関係省庁・団体、そして関心を持つ一般市民とも意見交換をするよう求めている。

アメリカの国立公園

 「マンハッタンプロジェクト国立歴史公園」がその管理下に入ることになるアメリカの国立公園は、1872年にイエローストーンが世界初の国立公園として設立されたのが始まりで、内務省がそれを管理した。

 その後自然景観だけでなく、歴史的遺跡やモニュメントなども含むさまざまな国立公園が設立され、1916年には内務省内に国立公園管理局が設置された。

 国立公園管理局はその後も拡張され、1935年の法律では、歴史的施設に関するリサーチ・保存・維持、さらには入場者への説明などの教育活動をする権限も与えられた。1966年には前述した連邦歴史保存諮問委員会が設立され、国立公園内の歴史的資源の保護が強化された。

 今日、アメリカには400以上の国立公園があり、来場者は年間約2億7千万人、そこで働くボランティアは25万人と報告されている。 (公式サイトhttp://www.nps.gov/index.htm)

 国立公園の中には、アメリカ人にとって語るのが難しい歴史にまつわる場所もあり、その意味で、今回のマンハッタンプロジェクト歴史公園は新しい試みではない。

 例えば、チェロキー族インディアンを遠い居留地に強制移動させた「涙の道」、南北戦争中2万3千人が一日で死んだ「アンティータム戦場跡地」、第二次大戦中12万人の日系人が収容された歴史を伝える「マンザナー収容所跡地」、キング牧師が黒人の平等な投票権を求めて率いた「セルマ行進」の歴史などについて、多くのアメリカ人がこれらの国立公園を訪れて学んでいる。

 「マンハッタンプロジェクト国立歴史公園」の設立が決まった後、ジョナサン・デーヴィス国立公園管理局長は、「歴史を語るのに、その出来事が起こった場所より相応しい場所はない。国立公園は誇りを持ってマンハッタンプロジェクトに関連する地域と施設を管理し、末永くその物語を語り継いでいく」と発言している。

「マンハッタンプロジェクト国立歴史公園」を推し進めた人々

 今回の法案成立の原動力となったのは、非営利団体 Atomic Heritage Foundation(AHF)だった。

 筆者は最近、その設立者代表のシンディ・ケリー氏と理事のリチャード・ローズ氏にインタビューする機会があった。ケリー氏は、この問題に関わることになった経緯や公園への期待を次のように語った。

 「私は1993年にエネルギー省で働き始めましたが、その時点で、ロスアラモスのマンハッタンプロジェクト関連の施設は全て取り壊されることが決まっていました。大学で歴史を専攻した者として、将来の世代がこの歴史的事業が行われた場所を知る機会が無くなることに愕然としました。
 保存の重要性を政府高官に訴えることに成功した私は、2000年にエネルギー省を退職し、マンハッタンプロジェクト関連施設を保存しその歴史を伝えることを目的とする非営利団体AHFを設立しました。
 そしてその後15年近くにわたり、AHFは、連邦政府の関係省庁や連邦議員、関心を持つ諸団体と連携しながら、『マンハッタンプロジェクト国立歴史公園』設立のために活動してきました。
 日本への原爆投下は、20世紀の歴史で最も議論を呼び起こす出来事だと思います。活動を通して私が感じた最大の困難も、個々人がこの歴史に既に審判を下していることと関係していました。
 第二次大戦という脈絡や当時の指導者達が不確実性・曖昧性を伴う状況下で決断しなければならなかったことを考慮に入れず、人々はすぐ審判を下したがります。
 理想的には、第二次大戦時の原爆使用と今も続く核兵器の問題について、人々が思慮深く偏見のない柔軟な対話を持てたらと思います。国立公園は、訪問者に“これが結論ですよ"と告げるアプローチは取りません。 ・・・続きを読む
(残り:約2189文字/本文:約5739文字)




A「ニュー東宝、ニュー東宝シネマ1」の名前で親しまれたTOHOシネマズ有楽座(397席千代田区有楽町)が27日で閉館。少年少女の淡い恋を描いた「小さな恋のメロディ」や、野良犬が活躍する「ベンジー」の大ヒットなど洋画全盛期を支えた名物館〜時代の流れではあるが、映画館が消えるのも寂い。昭和の庶民史を語る会、15・02・14・A



朝日新聞デジタル。有楽町の旧「ニュー東宝」閉館へ 洋画全盛期支え58年.。斉藤勝寿.2015年2月11日08時20分
写真・図版
閉館する「TOHOシネマズ有楽座」=千代田区有楽町
 東京都心の映画館の閉館が相次ぐ中、かつて「ニュー東宝」「ニュー東宝シネマ1」の名前で親しまれたTOHOシネマズ有楽座(397席、千代田区有楽町)が27日で閉館する。少年少女の淡い恋を描いた「小さな恋のメロディ」や、野良犬が活躍する「ベンジー」の大ヒットなど洋画全盛期を支えた名物館が姿を消す。

 ニュー東宝は1957年、有楽町のニユートーキヨービル内に開館した東宝直営の洋画中心の封切館。2005年には、近くにあった大映画館「有楽座」の名前を冠してリニューアルしたが、入居する同ビルが閉鎖されることから閉館が決まった。

 ニュー東宝の名前を一躍有名にしたのが、1971年公開の「小さな恋のメロディ」だ。当時の映画誌によると、女性層を中心に1カ月で15万人を動員する大ヒット。「支配人以下従業員は連日の超満員でクタクタ」とつづられている。

 配給した日本ヘラルド映画の宣伝部長を務めた原正人さんは「小粒だけど個性豊かな良品を上映するのがニュー東宝。ヘラルドの作品にぴったりの映画館だった。何だか寂しいね」。

 77年暮れには、喜劇の王様チャプリンの記録映画「放浪紳士チャーリー」を公開中に、チャプリンが亡くなり、話題になった。90年公開された「フィールド・オブ・ドリームス」もヒットを記録した。

 東宝の興行部員として映画館の番組編成にも関わった高井英幸・前社長は「ミケランジェロ・アントニオーニ監督の『情事』など欧州の秀作あり、記録映画あり、アニメあり、大ヒット作の続映あり、何が飛び出すかわからないイメージの劇場でした。当時は番組編成上こういった劇場が必要だったのです」と58年の歴史をねぎらった。(斉藤勝寿)



A百年余りの歴史を持つJR東京駅と台湾北西部の新竹駅(新竹市)が、姉妹駅として提携。台湾鉄路管理局(台鉄)の新竹駅は1893年に開業。台湾で最も古い現在の駅舎は、日本が植民地として統治していた1913年、ドイツで建築を学んだ日本人建築家松ケ崎万長(つむなが)設計〜文化財指定を!明治建築研究会、15・02・13・A


朝日新聞デジタル.東京駅と台湾の駅、ともに100歳超えて「姉妹」に.台北=鵜飼啓.2015年2月13日07時07分
100年余りの歴史を持つ台湾の新竹駅を背に撮影に応じる江藤尚志・東京駅長(右)と黄栄華・新竹駅長=12日、鵜飼啓撮影

 ともに駅舎が100年余りの歴史を持つJR東京駅と台湾北西部の新竹駅(新竹市)が12日、姉妹駅として提携した。新竹駅前の広場で行われた式典では記念の交通ICカードの販売に長い列ができ、用意した500枚を完売した。

特集:“テツ”の広場

 台湾鉄路管理局(台鉄)の新竹駅は1893年に開業。台湾で最も古い現在の駅舎は、日本が植民地として統治していた1913年、ドイツで建築を学んだ日本人建築家、松ケ崎万長(つむなが)の設計で建てられた。一方、東京駅は1914年12月20日に開業した。

 式典に出席した東京駅の江藤尚志駅長は「両駅舎は当時の日本を代表する建築家が建てたもの。100年後に手を結べたことはすばらしい」と語った。

 台鉄は新竹駅で記念入場券2700セットを販売するほか、同駅や台北、高雄駅などで日本人観光客に記念ICカード1千枚を無料配布する。入手にはパスポートの提示が必要。(台北=鵜飼啓)



A通天閣本通商店街かいわい1970年代頃 変わる人波、変わらぬシンボル。今も昔も大阪のシンボル、通天閣。1代目が火災で焼失し、2代目が地元の商店主らの力で再建〜初代通天閣が、火災で焼失と言うのは少し、抵抗があります。もう少し、丁寧な説明が欲しい。戦時中の金属類回収令についても? 明治建築研究会、15・02・11・A

昭和18年1月に直下にあった映画館・大橋座の火災で通天閣の脚部が加熱により強度不足。そのため、鉄材を軍需資材として大阪府に「献納」するという名目で同年2月13日から塔は解体され、初代通天閣は姿を消。なお終戦後赤錆となった残骸が明石市の浜辺に放置〜鉄材が武器に利用されてない。明治建築研究会、15・02・11・ウキペヂア



2014年02月11日 〜 2015年02月11日。新聞切り抜き

(おおさか昭和旅行)通天閣本通商店街かいわい 1970年代頃 変わる人波、変わらぬシンボル/大阪府
 今も昔も大阪のシンボル、通天閣。1代目が火災で焼失し、2代目が地元の商店主らの力で再建されたのは1956年秋のこと。  写真には、通天閣本通商店街から見上げた…2015年02月11日 大阪 朝刊 大阪府・2地方

初代通天閣[編集]

1903年(明治36年)に開催された第5回内国勧業博覧会の会場跡地に、パリの凱旋門にエッフェル塔の上半分を乗せたような初代通天閣が1912年(明治45年)7月3日にルナパークと共に建設された[5]。設計は設楽貞雄。建設費用は約9万7000円で、当為の入場料は10銭。300尺(91メートル)という触れ込み(実際は250尺/約75メートル[26][27])で、その当時東洋一の高さを誇っていた。通天閣は、ルナパークと「ロープ・ウエィ」で結ばれており、人々に親しまれていた。大阪で2番目(非貨物専用としては最初)の昇降機が設置され評判となった。現在の二代目と同じように塔側面に巨大ネオン広告があった時期があり(1920年(大正9年)に導入)、当時の広告は「ライオン歯磨」であった[28](後に阪神電車の広告も加わる)。


特に武器生産に必要な金属資源の不足を補うことを目的に公布された勅令第835号・金属類回収令(鉄材供出)

吉本興業に買収された後、太平洋戦争中の1943年(昭和18年)1月16日に直下にあった映画館・大橋座の火災で通天閣の脚部が加熱により強度不足となる。そのため、鉄材を軍需資材として大阪府に「献納」するという名目で同年2月13日から塔は解体され、初代通天閣は姿を消した。なお終戦後赤錆となった残骸が明石市の浜辺で見つかっている。



 豊後森機関庫へのSL引っ越し 募金低調。Y2015年02月08日

修復されたSLが展示される「旧国鉄豊後森機関庫」


 鉄道遺産を生かしたまちづくりを進める玖珠町は、新たに福岡県志免町から譲り受けた約100年前の蒸気機関車(SL)を「旧国鉄豊後森機関庫」そばに展示する。ただ、賛同者が「SL引越ひっこしプロジェクト」として1000万円を目標に呼びかけている募金は1割程度にとどまり、盛り上がりは今一つ。移設に必要な踏切の拡幅工事も遅れており、展示は予定していた今春から6月頃にずれ込みそうだ。

 「玖珠には機関庫がある。鉄くずになる前に譲り受けてほしい」――。2013年12月、志免町の公園にあるSLが解体されることを知った鉄道ファンから、保存、展示を求めるメールが玖珠町に届いた。

 これをきっかけに町が引き取りを打診。14年4月、両町長が無償譲渡に合意した。玖珠町観光協会の佐藤隆会長(72)は「早く地元の子どもたちにSLを見てもらいたい」と待ちわびる。

     ◇

 SLは1919年(大正8年)に製造された「D―96型」。全長約16・5メートル、重さ約60トンで、主に北部九州の石炭運搬で活躍した。長崎市に原爆が投下された時は被爆者を乗せて走ったこともあり、引退後の75年、志免町に設置された。

 玖珠町は機関庫一帯を公園に整備する計画を進めている。2014年度は関連予算として約1700万円を計上。町を後押ししようと観光協会や町商工会などは昨年6月、引越しプロジェクトを発足させ、1000万円を目標に募金活動を始めた。

 町内の商店やスーパー、食堂など約150か所に募金箱を設置。ポスターやチラシも配ったが、1月末時点で集まったのは約100万円。毎年約5000人が訪れる恒例の「機関庫まつり」(10月)が台風で中止になったことが響いており、佐藤会長は「たくさんの観光客が来るはずだったのに誤算だった」と振り返る。目標額に達しなくても引っ越しはできるが、関連行事に影響が出る。

     ◇

 こうした中、機関庫への通り道となるJR久大線の踏切拡幅工事は3月以降にずれ込む見通しとなった。約60トンのSLをトレーラーで運び込むためには拡幅だけでなく、レールや地盤も強化する必要があるからで、JR側は、本県への観光誘致を図る「おんせん県おおいたディスティネーションキャンペーン(DC)」が始まる7月までには工事を終わらせたい意向だ。

 SLは今、福岡県直方市の鉄道愛好家らでつくる「汽車倶楽部」が修復作業中で、ライトが点灯し、汽笛も鳴らせるようになる。

 機関庫近くにある豊後森駅の篠原安生駅長(60)は「商店街の活性化にもつながる」と鉄道公園に期待。町商工観光振興課は「DCが始まるまでに何とかSLの展示を始め、一緒に盛り上がりたい」としている。

     ◇

 SL引越しプロジェクトは、3000円以上を寄付した人に「旧豊後森機関庫メモリアルCD」を寄贈する。郵便振り込みは▽加入者名=玖珠町観光協会▽口座記号=01710―6▽口座番号=74671。問い合わせは事務局の観光協会(0973・72・1313)へ。

 【旧国鉄豊後森機関庫】 福岡県久留米市と大分県を結ぶ久大線の全線開通に合わせて、1934年に完成。戦後は25両を擁する大規模な「扇形機関庫」として使われた。ディーゼル化に伴い、71年に廃止。原型のまま残る機関庫は九州唯一で、有志らの保存運動を経て2009年、貴重な鉄道遺構として近代化産業遺産に認定された。12年には国の有形文化財にも登録された。2015年02月08日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


行政院(内閣)は6日、台北市内にある旧国防部空軍総司令部の再開発計画を見直し、保存の上で文化振興の拠点として活用する方針。敷地面積7.2ヘクタールの同地には日本統治時代に台湾総督府工業研究所として使われた建物も残されている〜台湾には、多くの貴重な近代建築が、保存活用されている。明治建築研究会、15・02・09・フォーカス台湾



同施設は台北市の中心部に位置し、これまで複合商業施設や公営住宅の建設が検討されていた。行政院は文化資産は適切に保存されるべきだとした上で若者世代が創造力を育む基地にしたいとの考えが〜優れた貴重な近代建築は、歴史的、文化的に重要なので文化財として保全活用についてご検討をお願いします。明治建築研究会、15・02・09・フォーカス台湾



日本統治時代の工業研究所跡地、再開発見直し保存へ/台湾。フォーカス台湾【観光】 2015/02/07 14:10

(台北 7日 中央社)行政院(内閣)は6日、台北市内にある旧国防部空軍総司令部の再開発計画を見直し、保存の上で文化振興の拠点として活用する方針を明らかにした。敷地面積7.2ヘクタールの同地には日本統治時代に台湾総督府工業研究所として使われた建物も残されている。

同施設は台北市の中心部に位置し、これまで複合商業施設や公営住宅の建設が検討されていた。行政院は文化資産は適切に保存されるべきだとした上で、若者世代が創造力を育む基地にしたいとの考えを示している。 (唐佩君/編集:齊藤啓介)



突然失礼します。神奈川県知事殿、神奈川県教育委員会殿、横浜市長殿、横浜市議会殿、横浜市教育委員会殿、文化庁殿。野口英世博士がかつて働いていた建物が横浜市金沢区の横浜海港検疫所の「旧細菌検査室」を歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。 明治建築研究会、15・02・09



野口英世博士がかつて働いていた建物が横浜市金沢区の横浜海港検疫所の「旧細菌検査室」を歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。15・02・09

神奈川県知事殿、神奈川県教育委員会殿、横浜市長殿、横浜市議会殿、横浜市教育委員会殿、文化庁殿

ご検討をよろしくお願いします。

  S1世界的な細菌学者野口英世博士(1876〜1928年)がかつて働いていた建物が横浜市金沢区に。シーサイドライン幸浦駅から徒歩約15分。緑豊かな長浜野口記念公園内に建つ、野口博士ゆかりの研究施設としては国内で唯一現存する「旧細菌検査室」を復元して「横浜市長浜ホール」に〜素晴らしい明治建築研究会、15・02・08・S

2旧細菌検査室は、明治28年に建てられた「横浜海港検疫所」の建物群の一つ。野口博士は32年5月に22歳の若さで入所し9月までの5カ月間、検疫業務に携わり「野口博士はここで熱心に、顕微鏡で細菌を観察」旧細菌検査室の隣に建つ、横浜海港検疫所の旧事務棟を復元〜文化的に重要なので文化財に明治建築研究会、15・02・08・S

3古い顕微鏡やてんびんといった備品が置かれて当時の様子が再現され、熱心に細菌を見つめる野口博士の姿が目に浮かぶようだ。昭和に入って埋め立てられる前は、検査室の窓から海が見えたといい、長谷館長は「仕事に没頭しつつ、時に海を眺めていたのでは」と思いを巡らせる〜歴史建築としての再評価を明治建築研究会、15・02・08・S

4検疫所は昭和27年に横浜市中区に移転。旧細菌検査室は放置されて荒廃し、取り壊しが決まっていたが、若い頃に野口博士の伝記を読んで感動したという同市の主婦、小暮葉満子さんが54年に始めた保存運動が実り、平成8、9年に大規模改修〜貴重な建築「旧細菌検査室」を、文化財として保全再生を!明治建築研究会、15・02・08・S

 貴重な歴史建築として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、文化財として、活用されるようご検討をお願いします。
   
   堺市東区大美野155−13、 明治建築研究会、 TEL 072−236−3357。






  S1世界的な細菌学者野口英世博士(1876〜1928年)がかつて働いていた建物が横浜市金沢区に。シーサイドライン幸浦駅から徒歩約15分。緑豊かな長浜野口記念公園内に建つ、野口博士ゆかりの研究施設としては国内で唯一現存する「旧細菌検査室」を復元して「横浜市長浜ホール」に〜素晴らしい明治建築研究会、15・02・08・S

2旧細菌検査室は、明治28年に建てられた「横浜海港検疫所」の建物群の一つ。野口博士は32年5月に22歳の若さで入所し9月までの5カ月間、検疫業務に携わり「野口博士はここで熱心に、顕微鏡で細菌を観察」旧細菌検査室の隣に建つ、横浜海港検疫所の旧事務棟を復元〜文化的に重要なので文化財に明治建築研究会、15・02・08・S

3古い顕微鏡やてんびんといった備品が置かれて当時の様子が再現され、熱心に細菌を見つめる野口博士の姿が目に浮かぶようだ。昭和に入って埋め立てられる前は、検査室の窓から海が見えたといい、長谷館長は「仕事に没頭しつつ、時に海を眺めていたのでは」と思いを巡らせる〜歴史建築としての再評価を明治建築研究会、15・02・08・S

4検疫所は昭和27年に横浜市中区に移転。旧細菌検査室は放置されて荒廃し、取り壊しが決まっていたが、若い頃に野口博士の伝記を読んで感動したという同市の主婦、小暮葉満子さんが54年に始めた保存運動が実り、平成8、9年に大規模改修〜貴重な建築「旧細菌検査室」を、文化財として保全再生を!明治建築研究会、15・02・08・S

  S,2015.2.1 07:00更新 【記者のイチ押し】野口英世が勤めた「旧細菌検査室」 神奈川

 ■博士の遺徳、子供たちへ

 アフリカで黄熱病の研究に命をささげ、千円札の肖像画にもなっている世界的な細菌学者、野口英世博士(1876〜1928年)がかつて働いていた建物が横浜市金沢区にある。シーサイドライン幸浦駅から徒歩約15分。緑豊かな長浜野口記念公園内に建つ、野口博士ゆかりの研究施設としては国内で唯一現存する「旧細菌検査室」だ。

 旧細菌検査室は、明治28(1895)年に建てられた「横浜海港検疫所」の建物群の一つ。野口博士は32年5月に22歳の若さで入所し、9月までの5カ月間、検疫業務に携わった。

 「野口博士はここで熱心に、顕微鏡で細菌を観察していたそうです」

 旧細菌検査室の隣に建つ、横浜海港検疫所の旧事務棟を復元した「横浜市長浜ホール」の長谷良夫館長(61)に案内してもらい、室内に足を踏み入れた。

 古い顕微鏡やてんびんといった備品が置かれて当時の様子が再現され、熱心に細菌を見つめる野口博士の姿が目に浮かぶようだ。昭和に入って埋め立てられる前は、検査室の窓から海が見えたといい、長谷館長は「仕事に没頭しつつ、時に海を眺めていたのでは」と思いを巡らせる。

 入所して間もない同年6月、野口博士は早速、実力を発揮した。横浜港に入港しようとしていた「亜米利加丸」の乗員2人がペストに感染しているのを発見し、隔離に成功。この功績により、当時ペストが流行していた清国に派遣されることになった。世界へ飛躍する第一歩をこの場所から踏み出したともいえる。

 検疫所は昭和27(1952)年に横浜市中区に移転。旧細菌検査室は放置されて荒廃し、取り壊しが決まっていたが、若い頃に野口博士の伝記を読んで感動したという同市の主婦、小暮葉満子(はまこ)さん(81)が54年に始めた保存運動が実り、平成8、9年に大規模改修が行われた。

 「多くの方にご賛同いただき、市民に愛される建物としてよみがえった。本当にうれしいです」と喜ぶ小暮さん。今では多くの市民に親しまれ、市長浜ホールでは、野口博士の関連書籍を読むこともできる。

 「僕も野口博士みたいになりたい」。見学にきた子供たちからは、このような声が寄せられるという。長谷館長は「野口博士は貧しい家に生まれたが努力し、ノーベル賞の候補者にもなった。子供たちにも野口博士から、努力を学んでもらいたい」と“未来の博士”たちに期待を寄せる。

 所在地は横浜市金沢区長浜114の4 長浜野口記念公園内。開館時間は午前9時〜午後5時。入館無料。休館日は年末年始と月1回程度の施設点検日。問い合わせは市長浜ホール(電)045・782・7371。



S2015.1.31 07:08更新 。群馬・碓氷峠の価値探る 保存活用へ文化遺産研究会

 古くから交通の要衝として知られる碓氷峠=安中市松井田町=の文化遺産としての価値や歴史などを研究し保存活用や地域振興を探る「碓氷峠歴史文化遺産研究会」(通称・碓氷峠浪漫倶楽部(ろまんくらぶ))の設立総会が2月1日、同市役所松井田支所で行われる。昨年7月から準備を進めてきたもので、NPO法人化を目指すという。

 旗振り役は元市職員で設立準備会代表の萩原豊彦さん(62)。これまでに鉄道ファンや元駅長など48人の会員が参集した。萩原さんは「会員はそれぞれ自分の目的に合わせた研究を行っているが、さまざまな研究成果を体系的に整理し活用していきたい」と話す。

 碓氷峠は中山道の難所として名高かったが、明治17年に碓氷新道(旧国道18号)が開通、21年には馬車鉄道が営業を開始した。26年には横川−軽井沢間が開通することで太平洋側と日本海側がつながり、生糸をはじめとした物流が盛んとなり明治期以降の日本経済発展に大きく貢献した。

 横川−軽井沢間は、急勾配で列車が滑らないよう2本のレール中央に歯車でかみ合う軌条を取り付けたアプト式で運行したことでも有名だ。昭和38年には新線が建設され、平成9年に長野新幹線が開業するまで運行。新線から外れた旧線の「めがね橋」(碓氷第三橋梁(きょうりょう))などの橋やトンネル群などは国の重要文化財に指定され、現在は遺構を遊歩道にした「アプトの道」が整備されている。

 設立総会は午後2時からで、当日の入会も可能。鉄道総合技術研究所の小野田滋氏による記念講演「碓氷峠の鉄道史と煉瓦(れんが)構造物群」も行われる。

 会は当面、碓氷峠の資料収集・保存や文献調査などに取り組む予定。萩原さんは「優れた碓氷峠の自然や文化遺産、歴史に学び、保存・継承への取り組みと、地域づくりの視点も加えた新たなネットワークづくりが必要」と話している。


  三重津海軍所跡の活用討論 7日に世界遺産シンポ 佐賀市。佐賀新聞2015年02月02日 10時41分
 世界文化遺産登録の可否が今夏に決まる国史跡「三重津海軍所跡」(佐賀市川副町、諸富町)の活用と保全について考える世界遺産シンポジウムが7日午後1時半から、佐賀市のメートプラザ佐賀で開かれる。同じ産業遺産として登録された先進事例を学び、パネル討論を行う。入場無料。

 県や市、地元の団体などでつくる県世界遺産フェスタ等実行委が主催する。世界遺産登録に向けたこれまでの取り組みについて、同市世界遺産登録推進室の木島愼治室長が紹介。既に世界遺産に登録された石見銀山(島根県大田市)や富岡製糸場(群馬県富岡市)の行政やNPO法人関係者が、観光客増加への対応などを“先輩”として助言する。

 パネル討論は「今後の保全と活用」がテーマ。木島室長らに加え、地元や経済団体の代表ら7人が登壇。住民や企業が、同史跡とどう関わっていくかを話し合う。問い合わせは同実行委、電話0952(25)7253へ。



前略。東京都知事殿、東京都議会殿、杉並区長殿、杉並区議会殿、杉並区教育委員会殿、文化庁殿。太宰治が暮らした東京都杉並区天沼の民家兼アパート「碧雲荘」を歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。地元の保存の声に関西からも応援させていただきます。 明治建築研究会15・01・28



太宰治が暮らした東京都杉並区天沼の民家兼アパート「碧雲荘」を歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。15・01・28

東京都知事殿、東京都議会殿、杉並区長殿、杉並区議会殿、杉並区教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

TK太宰のアパート 残したい「富嶽百景」にも登場。「人間失格」「走れメロス」などで知られる作家の太宰治(一九〇九〜四八年)が暮らした東京都杉並区天沼の民家兼アパート「碧雲荘(へきうんそう)」が取り壊されるかもしれない〜歴史的、文化的に重要なので保全活用についてご検討をお願いします明治建築研究会、15・01・26・TK

専門家によると、太宰が住んだ建物はここを含む二つしか現存していない。所有者は土地建物を手放す意向を固める一方、移築などの道を模索。地元住民らからも「価値ある遺産を残せたら」との声が〜貴重な歴史建築として、正しく評価して、後世に悔いを残さないように文化財にして保全再生を要望します。明治建築研究会、15・01・26・TK

地元住民らが昨年末に立ち上げた「荻窪の歴史文化を育てる会」の会長で中央大の岩下武彦教授(国文学)は「太宰が住んだ建物で現存するのは、資料館となった青森県五所川原市の斜陽館と碧雲荘だけ。碧雲荘の時期は太宰にとって変化の時期で、体験が後の作品に結実した貴重な場所」と〜歴史の再評価を!明治建築研究会、15・01・26・TK

  貴重な歴史建築として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、活用されるようご検討をお願いします。地元の保存の声に、歴史建築の研究をしている立場から関西からも応援させていただきます。   
   
   堺市東区大美野155−13、 明治建築研究会、 TEL 072−236−3357。




太宰のアパート 残したい 「富嶽百景」にも登場。東京新聞2015年1月25日 朝刊

かつて太宰治が住んでいた「碧雲荘」

 「人間失格」「走れメロス」などで知られる作家の太宰治(一九〇九〜四八年)=写真=が暮らした東京都杉並区天沼の民家兼アパート「碧雲荘(へきうんそう)」が取り壊されるかもしれない。専門家によると、太宰が住んだ建物はここを含む二つしか現存していない。所有者は土地建物を手放す意向を固める一方、移築などの道を模索。地元住民らからも「価値ある遺産を残せたら」との声が出ている。 (杉戸祐子)


 JR中央線荻窪駅北口から十分ほどの碧雲荘は、昭和初期に建てられた二階建ての日本家屋。延べ七十二坪で一階は民家、二階はアパートとして使われた。


 太宰は師と仰ぐ作家の井伏鱒二を慕い、二十代で荻窪に移住。三六年十一月〜翌年六月、二階の東南角にある八畳間で、最初の妻初代と暮らした。初代の不貞を知った時の嘆きを短編「富嶽百景」につづり、その描写「アパートの便所の窓」はそのまま残っている。


 「残したいが、相続の事情で手放す必要がある」。土地と建物を所有するハワイ在住の治療士田中利枝子さんはこう説明する。祖父で大工の棟梁(とうりょう)だった豊作(とよさく)さんが建て、母サクヱさんが一昨年に亡くなるまで住んだ。「祖父が意匠を凝らし太宰治も生活した。消えるのは惜しいが、難しい場合は移築して生かしてほしい」


 NPO法人・日本民家再生協会の民家バンクに登録し、引き取り手を探している。協会によると、移築する場合は数千万円がかかる見通しという。


 敷地は特別養護老人ホームなどの新設用地に隣接。区は「一体的に使えたら」と土地の入手を検討するが、建物については「太宰が住んだ足跡は残したいが、大きな家屋の取得は税金の使い道として困難」との見解だ。


 地元住民らが昨年末に立ち上げた「荻窪の歴史文化を育てる会」の会長で中央大の岩下武彦教授(国文学)は「太宰が住んだ建物で現存するのは、資料館となった青森県五所川原市の斜陽館と碧雲荘だけ。碧雲荘の時期は太宰にとって変化の時期で、体験が後の作品に結実した貴重な場所」と語る。住民らからは現在地に残すほか、移築や一部保存などの案も出ている。


 問い合わせは日本民家再生協会=電03(5216)3541=か、田中さんのメール(arigatouamanuma@gmail.com)へ。

◆「富国百景」から


 …三年まへの冬、私は或る人から、意外の事実を打ち明けられ、途方に暮れた。その夜、アパートの一室で、ひとりで、がぶがぶ酒のんだ。一睡もせず、酒のんだ。あかつき、小用に立つて、アパートの便所の金網張られた四角い窓から、富士が見えた。小さく、真白で、左のはうにちよつと傾いて、あの富士を忘れない。窓の下のアスファルト路を、さかなやの自転車が疾駆(しつく)し、おう、けさは、やけに富士がはつきり見えるぢやねえか、めつぽふ寒いや、など呟(つぶや)きのこして、私は、暗い便所の中に立ちつくし、窓の金網撫でながら、じめじめ泣いて、あんな思ひは、二度と繰りかへしたくない。



ハンセン病療養所の歴史保存。朝日新聞 (本紙記事より)。2015年1月25日

【北野隆一、高木智子】 ハンセン病療養所を、隔離や差別など社会の「負の歴史」を刻んだ遺産として保存しようと、国内外で取り組みが進んでいます。海外では日本の経験を教訓に、各国で資料館建設や遺構保存、回復者による語り部活動などが始まりました。日本では療養所の世界遺産登録をめざす活動も本格化していますが、実現までの道のりは厳しそうです。


■世界遺産への登録を

日本とアジア各国のハンセン病療養所と遺構/ハンセン病回復者らの交流があるアジアの主な国・地域<グラフィック・藤井順子>


 岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養所長島愛生園。隔離政策の歴史や入所者の暮らしを伝える施設「歴史館」には昨年、1万2千人が訪れた。年間来館者数が初めて1万人を超え、2003年の開館以来の累計は昨年11月に10万人を突破した。

 来館者の増加は「世界遺産運動の効果」と、歴史館の田村朋久学芸員(38)は話す。同じ長島にある邑久光明園と愛生園の関係者が13年9月に「長島の世界遺産登録をめざす準備会」を発足させると世界遺産がらみの報道が増え、人権研修や社会見学など団体の訪問が急増したという。

 準備会は世界遺産登録の意義について(1)偏見と差別、人権侵害の歴史を継承する(2)入所者らの差別に立ち向かう姿を示せる(3)建築、遺構、文書や生活資料など全てが保存対象となる(4)市民の関心が高まる(5)日本が過ちを認める成熟した国と示せる――ことをあげている。

 背景には入所者の高齢化と減少がある。国内13カ所の国立療養所入所者数は昨年5月現在で1840人に減り、平均年齢は83歳。230人が住む愛生園で隔離の歴史や体験を証言した入所者はかつて25人いたが、いまも語り部を務めるのは5人だ。

 資料の収集や展示は当初、入所者自身の取り組みとして進められてきた。しかし高齢化が進み、02年以降は東京都東村山市の国立ハンセン病資料館▽熊本県合志市の菊池恵楓園社会交流会館▽群馬県草津町の栗生楽泉園重監房資料館▽愛生園歴史館――の4カ所で学芸員が着任。資料整理や展示の業務を引き継いだ。他の療養所でも、資料室や展示室の設置が相次いでいる。

 歴史館が開館した03年に学芸員資格を取得した田村さんは、啓発活動について「以前は入所者自身の名誉回復が重視されていたが、それとともに今は市民が自分の問題として社会の差別を考える時代に入ったのではないか」と語る。

 歴史保存の道は平坦(へいたん)ではない。愛生園は国立療養所を所管する厚生労働省に対し、04年から施設内の建造物の保存措置を求めてきた。11年には、地元の岡山県や瀬戸内市の教育委員会に登録有形文化財の申請を打診した。世界遺産をめざす運動も、こうした取り組みの延長上にある。ただ、全国13療養所の入所者自治会でつくる全国ハンセン病療養所入所者協議会で結論が出ていないため、厚労省は「まだ正式に要望された段階ではない」との立場だ。

 「それでも、世界遺産をめざす意義は大きい。差別の解消には関心の高まりが大切。運動を始めたことで新たな人的つながりが増え、療養所が、差別の歴史を市民が学べる『負の遺産』でもあるとの理解が広まってきた」と田村さんは説く。…「続きはログイン・ご購入後に読めます」



S2015.1.22 16:15更新 。太陽の塔 世界遺産登録目指す 大阪府審議会が答申案まとめ

オレンジ色にライトアップされた「太陽の塔」


 万博記念公園(大阪府吹田市)の活性化策について議論する府の有識者審議会が22日開かれ、「太陽の塔」の世界遺産登録を目指すことなどを盛り込んだ答申案をまとめた。府議会2月定例会に示した後、府が公園の将来ビジョンとしてとりまとめる。

 答申案では、岡本太郎作の太陽の塔を「地域の財産として守り、継承する環境を整える」ため、将来的に世界遺産登録を目指す方針を明記。前段階として、国の文化財登録を目指す。

 また、平成29年3月をめどに塔の内部公開を行うことを改めて確認した。

 また、昭和45年の大阪万博開催から50周年となる平成32年度には記念イベントを開催。25年度に約180万人だった入園者数を32年度に300万人に引き上げ、外国人入園者数も25年度の約1万人(推計)から10倍の10万人に引き上げる目標を掲げた。



福井新聞、敦賀市立博物館修復 建物自体が最高の展示物。(2015年1月22日午前7時25分)
.
 国の重要文化財登録を目指し修復を進めていた福井県の敦賀市立博物館が工事をほぼ終え7月にリニューアルオープンする。同博物館の前身は旧大和田銀行本店(県指定文化財)で、建設された1927年当時の豪華な内装がよみがえった。近代敦賀の発展のシンボルともいえる建物だけに、それ自体が最高の“展示物”に生まれ変わった。ただ博物館の機能としては、従来の展示スペースが大幅に減少することは避けられない。どのような方法でニーズに応えていくのか、今後の運用が課題となる。

 旧大和田銀行本店は地元の実業家、2代目大和田荘七氏が建設。鉄骨レンガ造りのモダンな洋風建築で地上3階、地下1階。大理石がふんだんに使われ、北陸初となるエレベーターも設置された。1階に銀行、2階が貴賓室、3階には公会堂と舞台施設、地下はレストランがあり社交場としても利用されていた。

 同博物館の外岡慎一郎館長は「銀行でありながら交流の場としての役割を持ち、市民に長く親しまれてきた建物としては全国的にもほかに例を見ない」と話す。国の重要文化財昇格を目指す上で最も大きなポイントだと指摘する。

 建物はその後、1977年に市に寄贈され、歴史民俗資料館を経て93年から博物館として保存活用されてきた。老朽化に伴い2004年、修復を検討してきた市の諮問機関は「復元的活用」と「新博物館の建設」を答申。保存活用と博物館機能を同時に果たすことには限界があると説明した。答申をもとに12年に修復工事に着手したものの、新博物館建設は現在も先送りされたままになっている。

 修復工事には文化財建造物保存技術協会(東京)から専門家を招き、残っている写真などを参考に当時の姿を忠実に再現。1階の銀行部分には、これまでカバーや壁で覆われていた大理石のカウンター、装飾が施された柱、金庫などが姿を現した。倉庫に保管されていた照明器具や壁紙の内側に残っていた壁布などは復元。壁は漆喰(しつくい)を塗り直し、じゅうたんはそっくりに作り直した。昔を知らない人たちは、驚きを持って見るに違いない。

 館蔵品の中には円山応挙(まるやまおうきょ)、岸駒(がんく)、原在中(はらざいちゅう)ら日本画コレクションの名品が数多くある。工事期間中は見ることが出来なかった作品を待ち望むファンもいるだろう。一方で、市民の中にはコレクションの存在すら知らない人も多いと聞く。リニューアルオープンを機に、レトロな建物の中で名画を鑑賞する楽しみを多くの人に味わってほしい。荘七が思い描いた「社交場」の思想を引き継いだ歴史的モニュメントの復活とともに、街並み活性が待たれる。


先日、「JR遠野駅舎を、近代産業遺産の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい」、地元の保存の声に近代産業遺産の研究をしている立場から応援を!の要望を関係方面に送付したら、新聞社から電話があり、記事に紹介された。地元の保存のお手伝いに成れば幸い。15・02・08


突然失礼します。JR東日本殿、岩手県知事殿、岩手県議会殿、遠野市長殿、遠野市議会殿、遠野市教育委員会殿、文化庁殿。JR遠野駅舎を、近代産業遺産の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。地元の保存の声に近代産業遺産の研究をしている立場から応援を!近代産業遺産研究会、15・01・26


A遠野駅舎は1950年、欧州の建築様式を採り入れて建設。02年に「東北の駅百選」に選定され、近代産業遺産研究会も「近代産業遺産の生き証人」として注目する建物。市はこれを、遠野らしさを醸し出す重要な建築物と位置づけ中心市街地活性化などを進めてきた〜関西からも手伝いで保存要望の声を!近代産業遺産研究会、15・02・08・A

朝日新聞デジタル。JR釜石線の遠野駅舎、解体方針 市民は活用策探る。木瀬公二。2015年2月8日11時25分

写真・図版
解体の計画が出ている遠野駅舎=岩手県遠野市


 老朽化に伴い解体の方針が示されているJR釜石線の遠野駅舎について、岩手県遠野市民らが「遠野駅舎の未来を考える会」をつくり、9日に立ち上げ会議を開く。現駅舎をまちづくりに欠かせない重要建築物ととらえており、保存活用の可能性を探っていくという。

特集:“テツ”の広場

 遠野駅舎は1950年、欧州の建築様式を採り入れて建てられた。2002年に「東北の駅百選」に選定され、近代産業遺産研究会も「近代産業遺産の生き証人」として注目する建物。市はこれを、遠野らしさを醸し出す重要な建築物と位置づけ、中心市街地活性化などを進めてきた。

 この駅舎が、東日本大震災後のJR側の調査で、耐震性に問題があることがわかった。1日の乗降客は約400人で約1300平方メートルの駅舎を4人の駅員で守っていることもあり、「乗客の安心安全と費用対効果から、解体して3分の1程度の新駅舎を造りたい」と市に伝えてきたという。

 市は、市民の意見も反映させたいと、1月23日に「考える会」の結成を呼びかけ、9日から実質的な協議に入ることにした。本田敏秋遠野市長は「こだわりの町づくりをする中でいつも念頭に置いていた遠野駅舎だから、保存という選択肢も含めて議論し、具体的な提案につなげたい」としていた。

 JR東日本は、遠野駅舎の一部を使ってホテル「フォルクローロ遠野」(1階フロント、2階客室)を営業しているが、3月14日で営業を終了する方針を示している。(木瀬公二)


JR遠野駅舎を、近代産業遺産の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。15・01・26

JR東日本殿、岩手県知事殿、岩手県議会殿、遠野市長殿、遠野市議会殿、遠野市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

INJR東日本は、老朽化のため遠野市のJR遠野駅舎を解体し、建て替える方針。現駅舎は1950年に欧州様式を取り入れ建築された遠野観光や中心市街地の象徴的存在で、保存を求める声も〜駅舎は優れた懐かしい都市資産として、歴史的、文化的に重要なので保全活用についてご検討をお願いします。近現代建築史研究会、15・01・25・岩手日報。

駅舎は硬質コンクリートブロック造り2階建て、延べ床面積は1291平方メートル。東日本大震災でも被害はなかったが、築65年を迎え軽微な損壊が目立つようになり、「災害に備え乗客の安全を確保する」ため建て替え〜耐震補強をして、後世に悔いを残さないように文化財にして保全再生を要望します。近現代建築史研究会、15・01・25・岩手日報。

  貴重な近代産業を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、活用されるようご検討をお願いします。   
   堺市東区大美野155−13、
        近代産業遺産研究会、 TEL 072−236−3357。





INJR東日本は、老朽化のため遠野市のJR遠野駅舎を解体し、建て替える方針。現駅舎は1950年に欧州様式を取り入れ建築された遠野観光や中心市街地の象徴的存在で、保存を求める声も〜駅舎は優れた懐かしい都市資産として、歴史的、文化的に重要なので保全活用についてご検討をお願いします。近現代建築史研究会、15・01・25・岩手日報。


駅舎は硬質コンクリートブロック造り2階建て、延べ床面積は1291平方メートル。東日本大震災でも被害はなかったが、築65年を迎え軽微な損壊が目立つようになり、「災害に備え乗客の安全を確保する」ため建て替え〜耐震補強をして、後世に悔いを残さないように文化財にして保全再生を要望します。近現代建築史研究会、15・01・25・岩手日報。


岩手日報。遠野駅舎、小規模に建て替えへ 2階ホテルも終了

JR東日本は、老朽化のため遠野市のJR遠野駅舎を解体し、建て替える方針を決めた。市に示した案では、新駅舎は3分の1程度の規模となる見込み。駅舎2階を利用したホテル・フォルクローロ遠野も3月14日で営業を終える。現駅舎は1950年に欧州様式を取り入れ建築された遠野観光や中心市街地の象徴的存在で、保存を求める声も出ている。

 駅舎は硬質コンクリートブロック造り2階建て、延べ床面積は1291平方メートル。東日本大震災でも被害はなかったが、築65年を迎え軽微な損壊が目立つようになり、「災害に備え乗客の安全を確保する」ため建て替える。

 完成当時は保線区の事務所でもあったが、2年前に駅旅行センターを廃止し、現在は駅員4人体制。人員や客数に合わせ、新駅舎はコンパクト化される。

 同社駅舎内ホテルチェーン「フォルクローロ」の第1号として95年に開業したフォルクローロ遠野も営業を終える。現在も年間7千人以上の宿泊客を集める人気施設で、観光振興に取り組む遠野にとっては二重の痛手だ。

 同社盛岡支社の保田暢彦広報室長は「安全面を考えると解体は避けられず、現状と同規模の駅舎整備はコスト面で難しい。工事時期や整備方針は自治体と十分議論した上で決めたい」と説明する。

【写真=JR東日本が解体・建て替えを決めた遠野駅舎。2階のフォルクローロ遠野は3月14日で営業を終える=23日、遠野市新穀町】(2015/01/24)



愛知県知事殿、愛知県議会殿、春日井市長殿、春日井市議会殿、春日井市教育委員会殿、文化庁殿。名古屋陸軍造兵廠しょう鷹来たかき製造所の本館だった名城大学農学部付属農場本館(春日井市鷹来町)を、歴史の生き証人として正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。戦争遺構研究会、15・01・26


名古屋旧陸軍造兵廠しょう鷹来たかき製造所の本館だった名城大学農学部付属農場本館(愛知県春日井市鷹来町)を、歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。15・01・26

愛知県知事殿、愛知県議会殿、春日井市長殿、春日井市議会殿、春日井市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

Y1戦時中、銃弾などが製造された名古屋陸軍造兵廠しょう鷹来たかき製造所の本館だった名城大学農学部付属農場本館(愛知県春日井市鷹来町)について、卒業生や地元住民、教授らが昨年10月平和・産業ミュージアムとして保存するよう求める要望書を大学に提出〜歴史的、文化的に重要なので保全活用を戦争遺構研究会、15・01・24・Y

2終戦から70年を経て、各地の戦争遺跡・旧日本軍施設は消滅の危機に直面。卒業生らは「戦争の記憶と平和の尊さを伝える拠点として残して」と。高射機関砲が置かれた土盛りなどもあり、戦争の痕跡を色濃く残す。戦後は、名城大学が農学部を開設した50年、本館を含む製造所の敷地の一部に付属農場。戦争遺構研究会、15・01・24・Y

3農場本館は鉄筋コンクリート製の地上2階地下1階。戦時中は製造所全体の「司令塔」の役割を果たし、玄関上部に時計台があり、壁に旧陸軍の「星章」の跡が残る。屋上は空襲からカムフラージュするため緑化され、絶滅危惧種「イシモチソウ」などが一面に生える〜貴重な戦争遺構として正しい評価を!戦争遺構研究会、15・01・24・Y

卒業生らは「名城大学付属農場の歴史的遺構保存を呼びかける会」を結成。本館保存と模擬原爆が同製造所に落とされたことを伝える碑の建立を求めている。呼びかけ人の渋井康弘経済学部教授は「70年の時を超え、戦中の動員学徒と今の学生がこの場所でつながっている」と〜貴重な戦争遺構として保存を戦争遺構研究会、15・01・24・Y

5市民団体「春日井の戦争を記録する会」の金子力つとむさんは「農場本館は極めて貴重な施設。説明をつけて残せば大学や地域の財産になる」と語り、ミュージアムが実現すれば、住民から譲り受けた模擬原爆の破片を展示を。「軍需工場の技術が戦後、愛知の『ものづくり』を支えた歴史を伝える場所です。戦争遺構研究会、15・01・24・Y

  貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、活用されるようご検討をお願いします。地元の保存の声に、戦争遺構の研究をしている立場から応援させていただきます   
   堺市東区大美野155−13、
        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。






「旧陸軍工場の校舎、保存を」名城大OBら要望。Y2015年01月20日 09時00分

名古屋陸軍造兵廠鷹来製造所本館だった名城大学農学部付属農場本館。玄関上の外壁に陸軍の「星章」の跡が残る(愛知県春日井市で)=大井雅之撮影

 戦時中、銃弾などが製造された名古屋陸軍造兵廠しょう鷹来たかき製造所の本館だった名城大学農学部付属農場本館(愛知県春日井市鷹来町)について、卒業生や地元住民、教授らが昨年10月、平和・産業ミュージアムとして保存するよう求める要望書を大学に提出した。

 終戦から70年を経て、各地の戦争遺跡・旧日本軍施設は消滅の危機に直面する。卒業生らは「戦争の記憶と平和の尊さを伝える拠点として残してほしい」と訴えている。

 農場本館は鉄筋コンクリート製の地上2階地下1階。戦時中は製造所全体の「司令塔」の役割を果たし、玄関上部に時計台があり、壁に旧陸軍の「星章」の跡が残る。屋上は空襲からカムフラージュするため緑化され、絶滅危惧種「イシモチソウ」などが一面に生える。高射機関砲が置かれた土盛りなどもあり、戦争の痕跡を色濃く残す。

 戦後は、名城大学が農学部を開設した1950年、本館を含む製造所の敷地の一部に付属農場が置かれた。今も農場実習や講義のために使用されている。

 同大学施設部によると、付属農場では新たな本館を現本館のそばに建設する方針で、2016年3月の完成を目指す。現本館は既に耐震補強を施され、当面は併用されるが、加鳥裕明副学長は「どのように保存していくかは未定」と話す。

 これに対し、卒業生らは「名城大学付属農場の歴史的遺構保存を呼びかける会」を結成。本館保存と、模擬原爆が同製造所に落とされたことを伝える碑の建立を求めている。呼びかけ人の渋井康弘経済学部教授は「70年の時を超え、戦中の動員学徒と今の学生がこの場所でつながっている」と話し、「軍需工場の技術が戦後、愛知の『ものづくり』を支えた歴史を伝える場所でもある」とする。

 大学で旧日本軍施設が戦争を伝える施設として保存された例は、生物・化学兵器などが開発された陸軍登戸研究所(現・明治大学平和教育登戸研究所資料館、川崎市)がある。愛知県豊川市は、機銃などを製造した海軍豊川工廠の一部で、今は名古屋大学の研究所分室になっている約18ヘクタールのうち約3ヘクタールを購入し、火薬庫など2棟を含む平和公園(仮称)を整備する方針で、18年度開園を目指す。

 市民団体「春日井の戦争を記録する会」の金子力つとむさん(64)は「農場本館は極めて貴重な施設。説明をつけて残せば大学や地域の財産になる」と語り、ミュージアムが実現すれば、住民から譲り受けた模擬原爆の破片を展示したいと願う。

遺跡全国3万件 継承に障壁





 市民団体「戦争遺跡保存全国ネットワーク」(長野市)によると、戦争遺跡は全国に約3万件が残る。しかし、再開発などで消えていく施設も多く、所有権の所在が不明なものや、保存の技術・費用など、継承には様々な障壁がある。

 東海3県には都市の工場を郊外の地下壕ごうに移した地下軍需工場跡が残るが、多くは荒廃したまま。岐阜県瑞浪市の化石博物館は、地下軍需工場跡を化石の見学などで活用しているが、戦争を学ぶ目的ではほとんど使われていない。

 三重県鈴鹿市の旧鈴鹿海軍航空基地格納庫は、地元住民らが2009年から保存を求め、全国から1万3000に上る解体反対の署名を集めた。しかし、市や所有者の企業などが再開発計画を進め、格納庫3棟は11年3月に解体された。

 大砲の性能試験が行われた愛知県田原市の陸軍伊良湖試験場跡は6階建ての観測塔などが残るが、地域の団体や個人が所有。劣化が進み、地元では観測塔の市への無償譲渡を模索する。地元自治会の森下田嘉治会長(63)は「保存するにも費用がかかり、地元だけで残すのは困難だ」と語る。

終戦前日に模擬原爆



 名古屋陸軍造兵廠鷹来製造所 1941年開設。市民団体によると、終戦時は4151人が働き、うち960人以上が動員学徒。銃弾などのほか、ジェット気流に乗せて米本土を直接攻撃する風船爆弾も製造された。終戦前日の45年8月14日、米軍が原爆投下訓練用に開発した模擬原爆(1万ポンド=約4.5トン=高性能爆弾、長崎原爆とほぼ同形)が落とされ、直撃された工場が全壊するなどした。

2015年01月20日 09時00分 Copyright c The Yomiuri Shimbun


@alterbau N吉祥寺を含む武蔵野市や三鷹市などの一帯は、日本有数の軍需産業の集積地。零戦を量産した東洋最大の航空機メーカー、中島飛行機(富士重工業)などが30年代に相次いで工場を建設。のどかな農村は工業地として飛躍的に発展〜開発計画の中に、戦時中の歴史を正しく後世に記録で

@alterbau 戦後70年、消える元軍需工場 宅地化で地価上昇。周囲はマンション建設ラッシュ。日本無線が三鷹製作所を建設したのは38年。前年から日中戦争が始まり総動員体制の下で軍部が能力を増強するよう要求。戦時中の名称は「皇国第二九四軍需工場」〜忘れてはならない歴史跡の保存を


@alterbau43年には世界最高水準の技術を誇る独テレフンケン社から技術博士のフォダス氏が戦火をかいくぐって三鷹製作所を訪れ、日本の同盟国だったドイツが最高機密としていた高性能レーダーの技術を伝えた。米軍のB29爆撃機を捕捉し撃墜できる高射砲を初めて完成〜記録を後世に保存を!

N吉祥寺を含む武蔵野市や三鷹市などの一帯は、日本有数の軍需産業の集積地。零戦を量産した東洋最大の航空機メーカー、中島飛行機(富士重工業の前身)などが1930年代に相次いで工場を建設。のどかな農村は工業地として飛躍的に発展〜開発計画の中に、戦時中の歴史を正しく後世に記録で保存を!戦争遺構研究会、15・01・24・N


戦後70年、消える元軍需工場 宅地化で地価上昇。周囲はマンション建設ラッシュ。日本無線が三鷹製作所を建設したのは38年。前年から日中戦争が始まり、総動員体制の下で軍部が能力を増強するよう求めた。戦時中の名称は「皇国第二九四軍需工場」〜忘れてはならない歴史の跡を保存してください・戦争遺構研究会、15・01・24・N



43年には世界最高水準の技術を誇る独テレフンケン社から技術博士のフォダス氏が戦火をかいくぐって三鷹製作所を訪れ、日本の同盟国だったドイツが最高機密としていた高性能レーダーの技術を伝えた。米軍のB29爆撃機を捕捉し撃墜できる高射砲を初めて完成、日本が無条件降伏する直前〜記録を後世に!戦争遺構研究会、15・01・24・N




戦後70年、消える元軍需工場 宅地化で地価上昇
(1/2ページ)N 2015/1/24 7:00 記事保存

 「住みたい街」として知られる東京・吉祥寺からバスで10分弱。閑静な住宅地の一角で巨大な工場の解体作業が始まった。創業100年の老舗企業、日本無線の三鷹製作所(東京都三鷹市)の敷地面積は6.4ヘクタールで、東京ドーム1.4個分に相当する。現在も登記簿上の本社を置く中核工場だが、同社は事業のグローバル化を目指す構造改革の一環として売却する方針を決めた。

■売却益、簿価の50倍以上

 東京商工リサーチによると、不動産を売却した上場企業は、1999年度の232社をピークに2011年度の50社までほぼ一本調子で減少したが、13年度は76社まで増加した。14年度も前年を上回るペースだ。



画像の拡大
 売却数が増加した背景には、アベノミクスによる景気回復への期待を反映し、不動産の買い手が増えたことがある。工業地の公示地価は、14年に東京圏で6年ぶりに上昇した。バブル崩壊に伴って90年から下落基調が続いたが、ここに来て下げ止まりつつある。

 三鷹製作所の売却価格は明らかになっていないが、すでに売却先が決まった南側の2.9ヘクタール分について、同社は合計約90億円の特別利益を計上した。単純に計算すると1平方メートルあたり約31万円となる。ところが、有価証券報告書に記載された簿価は1平方メートルあたり約5700円。実に50倍以上の差がある。

 謎を解くカギは、周辺一帯の歴史にあった。

 現在の町並みからは想像しがたいが、吉祥寺を含む武蔵野市や三鷹市などの一帯は、日本有数の軍需産業の集積地だった。零戦を量産した東洋最大の航空機メーカー、中島飛行機(富士重工業の前身)などが1930年代に相次いで工場を建設。のどかな農村は工業地として飛躍的に発展した。工業計器最大手の横河電機や宇宙航空研究開発機構(JAXA)の本社が近隣にあるのはその名残だ。



戦後70年、消える元軍需工場 宅地化で地価上昇
(2/2ページ) N2015/1/24 7:00 記事保存

■周囲はマンション建設ラッシュ

 日本無線が三鷹製作所を建設したのは38年。前年から日中戦争が始まり、総動員体制の下で軍部が能力を増強するよう求めたという。戦時中の名称は「皇国第二九四軍需工場」だった。

 43年には世界最高水準の技術を誇る独テレフンケン社から技術博士のフォダス氏が戦火をかいくぐって三鷹製作所を訪れ、日本の同盟国だったドイツが最高機密としていた高性能レーダーの技術を伝えた。度重なる空襲に耐えながら研究を進め、米軍のB29爆撃機を捕捉し撃墜できる高射砲を初めて完成させたのは、日本が無条件降伏する直前だった。

 戦後、日本無線は戦時下に培った技術力を生かして漁業無線などに進出し、業容を拡大した。軍需工場の多くは終戦直後に解体されたが、人口が急増していた周辺一帯は残った企業とともに住宅地として発展した。現在も製作所の周辺はマンションの建設ラッシュだ。バブル崩壊後の下落を経ても50倍以上上昇した地価は、戦後70年の重みを映している。


日本無線の三鷹製作所(東京都三鷹市)
画像の拡大
日本無線の三鷹製作所(東京都三鷹市)
 日本無線が製作所の閉鎖を決めた背景には「『一等地でモノ作りをしていて良いのか』という問題意識があった」(経営企画部)。三鷹で働いていた従業員のうち約1000人が長野県の新拠点に異動し、一部は中国・深圳での委託生産に切り替える。約500人の希望退職を含む厳しい構造改革を迫られた同社にとって、土地の売却益は再出発の原資となる。

 製作所の正門には、樹齢80年ほどのヒマラヤスギが2本並ぶ。建設当時は高さ3メートルほどだったというが、いまは約30メートルの巨木になった。毎年冬にはイルミネーションを飾り、近隣の住民からクリスマスツリーとして親しまれてきた。その正門を含む製作所の北側部分の売却先はまだ決まっていない。解体作業のため行き交うトラックを、ヒマラヤスギはただ静かに見下ろしている。

(商品部 高見浩輔)




A名古屋城天守閣、木造復元に賛同の声も。改修が必要な名古屋城天守閣の整備方法について、名古屋市は、このほど、戦後の再建の際に寄付した人の家族と懇談会を開いた。再建費用の3分の1を寄付が占めるなど、市民の天守閣への愛着は深い〜既存の建築の貴重な文化財的な価値についての再検討を要望。近現代建築史研究会、15・01・20・A

45年の空襲で焼失した名古屋城は、59年に耐火性の高いコンクリート製で再建。ただ、耐震性が十分でなくコンクリートは老朽化し、改修時期を迎えている。市長は焼失前の姿に戻そうと天守閣の木造での復元を主張。課題を検討する市の調査が2010年から続いている〜耐震補強で、保全活用の検討を!近現代建築史研究会、15・01・20・A

59年の再建費用6億円のうち2億円は市民や企業の寄付。市は今回の改修方法について、再建を支えた市民らの声を聴く必要があるとし、個人で当時5千円以上を寄付した高額寄付者約1400人を追跡調査。本人9人、配偶者や子ども121人の計130人の所在が確認〜親しまれた懐かしさも、再評価を!近現代建築史研究会、15・01・20・A



朝日新聞デジタル。愛知)名古屋城天守閣、木造復元に賛同の声も。中村真理

2015年1月20日03時00写真・図版
現在の名古屋城天守閣=名古屋市提供

 改修が必要な名古屋城天守閣の整備方法について、名古屋市は、このほど、戦後の再建の際に寄付した人の家族と懇談会を開いた。再建費用の3分の1を寄付が占めるなど、市民の天守閣への愛着は深い。懇談会では、河村たかし市長が望む木造復元に賛同の声が出た。市は来年度にも方針を決める。

 1945年5月の空襲で焼失した名古屋城は、59年に耐火性の高いコンクリート製で再建された。ただ、耐震性が十分でなく、コンクリートは老朽化し、改修時期を迎えている。市長は焼失前の姿に戻そうと天守閣の木造での復元を主張。課題を検討する市の調査が2010年から続いている。

 59年の再建費用6億円のうち、2億円は市民や企業の寄付だった。市は今回の改修方法について、再建を支えた市民らの声を聴く必要があるとし、個人で当時5千円以上を寄付した高額寄付者約1400人を追跡調査。本人9人、配偶者や子ども121人の計130人の所在が確認できた。


M阪神大震災から20年。街に「震災に触れるモノ」がほとんど残っていないことに改めて気づく「震災遺構を残しておくことも教訓の一つだったのではないか」最近、そんな話を被災者から何度か聞いてうなずかされた。解体を決定した場合も粉砕するのでなく〜苦しい思い出を、乗り越えて、被災の教訓に!近代産業遺産研究会、15・01・20・M



毎日新聞。2015年1月20日(火)記者の目:阪神大震災20年と被災地の遺構=高尾具成(阪神支局)  ◇現物の力を生かして

 阪神大震災から20年がたった。かつての被災地を歩くと、街に「震災に触れるモノ」がほとんど残っていないことに改めて気づく。「震災遺構を残しておくことも教訓の一つだったのではないか」。最近、そんな話を被災者から何度か聞いてうなずかされた。東日本大震災の被災地では震災遺構の保存・解体を巡る議論が続く。解体を決定した場合も粉砕するのでなく、... 続きを読む



静岡県知事殿、静岡県議会殿、島田市長殿、島田市議会殿、島田市教育委員会殿、文化庁殿。島田市牛尾の貴重な戦争遺構「第二海軍技術廠牛尾実験所」を、歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。地元の保存の声に、関西からも応援させていただきます。戦争遺構研究会、15・01・19


島田市牛尾の貴重な戦争遺構「第二海軍技術廠牛尾実験所」を、歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。15・01・19

静岡県知事殿、静岡県議会殿、島田市長殿、島田市議会殿、島田市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

S1強力な電波兵器でB29を撃墜しようと、大戦末期に旧日本海軍が研究を進めた島田市牛尾の「第二海軍技術廠牛尾実験所」。平成25年から市教委による発掘調査が行われ、直径10メートルのパラボラ反射鏡を据え付ける架台などが発見、大井川の治水工事のため取り壊しが〜戦争遺構として再評価を。戦争遺構研究会、15・01・19・S

2)5年ほど前に地元の郷土史研究会が地中に埋もれた遺跡の存在を確認し、平成25年に市教委が発掘調査を実施。直径10mのパラボラ反射鏡を据え付け可能な高さ約4mの架台2基や、約500平方mの電源室の基礎などが発見〜戦争遺構として重要なので一部でも保全活用についてご検討をお願いします戦争遺構研究会、15・01・19・S

3東京工業専門学校の河村豊教授によると、牛尾実験所では地上の高射砲から発射した砲弾にマイクロ波を照射し、B29のそばで起爆させる研究を進めていたという。河村教授は「反射鏡の架台部分も見つかっており、実用化に向けて相当程度の研究が進んでいたのでは」と分析〜歴史の生き証人の保存を!戦争遺構研究会、15・01・19・S

4「電波兵器の研究は、戦後電子レンジの技術にも応用。実験所は戦争遺跡であるだけではなく、日本の産業遺跡という側面も」と遺跡の重要性を指摘。臼井さんは「2mでも3mでもいいから、遺跡の一部を残してほしい。当時につながる『場』を維持していくことが必要だ」と〜戦争遺構の、保全再生を!戦争遺構研究会、15・01・19・S

  貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、活用されるようご検討をお願いします。   
   堺市東区大美野155−13、
        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。






  S,2015.1.16 07:08更新 。旧海軍牛尾実験所跡、大井川治水工事で取り壊し 消えゆく遺構に惜しむ声

 強力な電波兵器でB29を撃墜しようと、大戦末期に旧日本海軍が研究を進めた島田市牛尾の「第二海軍技術廠牛尾実験所」。平成25年から市教委による発掘調査が行われ、直径10メートルのパラボラ反射鏡を据え付ける架台などが発見されたが、大井川の治水工事のため取り壊しが始まった。貴重な戦争遺跡が失われることを危惧し、保存を求めてきた地元有志からは「一部でも遺跡を保存すべきだ」という声が上がっている。

 「ガガガガッ」。15日午後1時ごろ、重機の先端に付けられた破砕機がコンクリート製の基礎に突き刺さると、実験所電源室の跡地は次々と崩れていった。「70年も残っていた遺跡なのに、あまりにもあっけない最期だ」。「牛尾実験所跡遺跡を守る会」共同代表の臼井利之さん(68)はそう言って唇をかむ。崩れた基礎の中から姿を現したのは、か細い2本の鉄筋。臼井さんは「通常ではあり得ないもろい構造だが、戦時中で物資が不足していたのだろう」と往時に思いをはせる。

 実験所の跡地が残る牛尾山周辺は、隣接する大井川の川幅が約300メートルと狭く、数十年前から洪水の危険性が指摘されてきた。河道拡幅工事を行う国土交通省静岡河川事務所によると、遺跡を含む牛尾山を掘削し、150メートルほど川幅を広げる計画だという。

 しかし、5年ほど前に地元の郷土史研究会が地中に埋もれた遺跡の存在を確認し、平成25年に市教委が発掘調査を実施。直径10メートルのパラボラ反射鏡を据え付け可能な高さ約4メートルの架台2基や、約500平方メートルの電源室の基礎などが発見された。臼井さんらは遺跡の保存を求める署名活動を行い、昨年11月に市長に3163人分の署名を提出。同12月には、市議会でも治水工事と遺跡の保存を両立する工法の採用を訴えたが、採択されなかった。

 レーダーなど、旧日本海軍が開発した電波兵器に詳しい東京工業専門学校の河村豊教授によると、牛尾実験所では地上の高射砲から発射した砲弾にマイクロ波を照射し、B29のそばで起爆させる研究を進めていたという。河村教授は「反射鏡の架台部分も見つかっており、実用化に向けて相当程度の研究が進んでいたのでは」と分析。「電波兵器の研究は、戦後電子レンジの技術にも応用された。実験所は戦争遺跡であるだけではなく、日本の産業遺跡という側面もある」と遺跡の重要性を指摘する。臼井さんは「2メートルでも3メートルでもいいから、遺跡の一部を残してほしい。当時につながる『場』を維持していくことが必要だ」と話した。




@alterbau 埼玉県知事殿、埼玉県議会殿、桶川市長殿、本桶川市教育委員会殿、文化庁殿。「旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡」(桶川市)の建物群を、歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。戦争遺構の研究をしている立場から関西からも応援を!戦争遺構研究会、15・01・19



「旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡」(埼玉県桶川市)の建物群を、歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。15・01・19

埼玉県知事殿、埼玉県議会殿、桶川市長殿、桶川市議会殿、本桶川市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

A太平洋戦争の末期、特攻隊の訓練施設になった「旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡」(埼玉県桶川市)の建物群について、桶川市は当初の姿を残して保存する方針。木造4棟のうち、少なくとも3棟について建造当時の部材を最大限活用して修復〜素晴らしい自治体による戦争遺構の保全・再生計画、万歳!戦争遺構研究会、15・01・03・A

戦争遺跡の保存に取り組む団体などの全国組織「戦争遺跡保存全国ネットワーク」(事務局・長野市)によると、旧陸軍の飛行学校は三重県や千葉県、福岡県など全国約10カ所にあったが、現存する建物群は同分教場跡だけ〜戦争遺構は、歴史的、文化的に重要なので正しく評価して保全活用について検討を!戦争遺構研究会、15・01・03・A

「戦争遺跡保存全国ネットワーク」共同代表の十菱駿武山梨学院大客員教授の話。桶川の分教場跡の本部兵舎棟の天井は太い梁を組み合わせて、特徴的な構造を持つ。保存状態も比較的良い。戦争の記憶を未来へつなぐ遺産として、建物群の保存を決めたことには大きな意味が〜文化財登録の、検討を要望します。戦争遺構研究会、15・01・03・A

 
 貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、活用されるようご検討をお願いします。地元の声に、     
   
   堺市東区大美野155−13、
        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。




  朝日新聞デジタル。特攻隊の訓練施設、保存へ 往時の姿で 埼玉・桶川。川崎卓哉。2015年1月3日20時50分
保存の方針が決まった旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡の本部兵舎棟=埼玉県桶川市川田谷、川崎卓哉撮影

 太平洋戦争の末期、特攻隊の訓練施設になった「旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡」(埼玉県桶川市)の建物群について、桶川市は当初の姿を残して保存する方針を固めた。木造4棟のうち、少なくとも3棟について建造当時の部材を最大限活用して修復する。

 戦争遺跡の保存に取り組む団体などの全国組織「戦争遺跡保存全国ネットワーク」(事務局・長野市)によると、旧陸軍の飛行学校は三重県や千葉県、福岡県など全国約10カ所にあったが、現存する建物群は同分教場跡だけだという。

 市の説明では、同分教場は1937(昭和12)年に開校。若い飛行兵らが航空力学や飛行技術を学んだ。戦争末期の45(同20)年2月から旧陸軍の特攻隊「振武隊」の訓練施設になり、同4月に12人の特攻隊員が鹿児島・知覧の出撃基地から沖縄へ飛び立ち、多くが戦死したとされる。

 跡地には本部兵舎棟や守衛所、車庫など木造4棟とコンクリート造りの弾薬庫が残る。最も大きい本部兵舎棟は幅約50メートル、奥行き約11メートルの細長い平屋建て。いずれも老朽化し、一部は崩れている。

 市民らの保存を求める声を受けて、市は昨年7月に本部兵舎棟の保存案をつくったが、他の棟を含めた取り扱いについては決めていなかった。市は戦争の惨禍を伝える「生き証人」として、建物群全体の建設当初の姿をとどめることにした。木造4棟のうち便所棟は傷みが激しいため、保存可能かどうか検討する。弾薬庫はそのまま残す。

 建物の維持管理をしている地元のNPO法人の会長で、出撃した特攻隊長の親族でもある臼田智子さんは「戦後70年の節目を迎えようとしている時に建物保存の念願がかなうことになり、大変うれしい」と喜ぶ。(川崎卓哉)

■「戦争遺跡保存全国ネットワーク」共同代表の十菱駿武(じゅうびししゅんぶ)・山梨学院大客員教授の話

 桶川の分教場跡の本部兵舎棟の天井は太い梁(はり)を組み合わせて、特徴的な構造を持つ。保存状態も比較的良い。戦争の記憶を未来へつなぐ遺産として、建物群の保存を決めたことには大きな意味がある。






A東日本大震災の津波で児童と教職員計84人が犠牲になった大川小学校(宮城県石巻市)の被災校舎について、地元で保存か解体かの話し合いが、津波被害の大川小「校舎残して」 卒業生が訴え。壁が崩れた校舎は被災時のまま残っており、今も追悼に訪れる人は絶えない〜将来、教材として保存・活用を!近代産業遺産研究会、15・01・18・A

協議会が示したのは々纂砲亮舁徂分を保存する一部を保存する2鯊痢ε欝遒垢襦宗修裡外董市と協議会は一帯を追悼のための公園に整備し、津波が到達した高さまで盛り土をして慰霊碑などを建てる案も〜震災遺構として文化的に重要なので正しい評価をして、保全活用についてご検討をお願いします。近代産業遺産研究会、15・01・18・A



  朝日新聞デジタル。津波被災の大川小校舎、保存か解体か 遺族に3案提示。川端俊一、加藤裕則.2015年1月18日05時25分
写真・図版
津波で被災したままの大川小学校の校舎=宮城県石巻市

 東日本大震災の津波で児童と教職員計84人が犠牲になった大川小学校(宮城県石巻市)の被災校舎について、地元で保存か解体かの話し合いが始まっている。地元の地域代表らによる大川地区復興協議会が17日、同小で子どもを亡くした遺族に案を示した。

津波被害の大川小「校舎残して」 卒業生が訴え
3.11 震災・復興

 被災校舎は北上川沿いの同市釜谷地区にある。住宅などは撤去されたが、壁が崩れた校舎は被災時のまま残っており、今も追悼に訪れる人は絶えない。

 協議会が示したのは々纂砲亮舁徂分を保存する一部を保存する2鯊痢ε欝遒垢襦宗修裡外董市と協議会は一帯を追悼のための公園に整備し、津波が到達した高さまで盛り土をして慰霊碑などを建てる案も出ている。





Kパリ市内に高さ180mの高層ビルを建てる計画が持ち上がり論争が。実現すればエッフェル塔(324m)、モンパルナスタワー(210m)に続く高層建築。推進派は「パリの新たな魅力」と、反対派は「景観を損なう」と主張〜賛否両論あるが、パリ市民だけでなく、都市景観について、大いに議論を!歴史的景観研究会、15・01・06・K


高層ビルは「トライアングルタワー」と呼ばれガラス張りの巨大な三角形。建設予定地はエッフェル塔のたもとからセーヌ川を下った市南端に近い場所で総工費は5億ユーロ。建築物の高さ制限で美しい町並みを守ってきたとの自負があるパリ市民の間では拒否感も強く世論調査では常に6〜7割が反対〜慎重に歴史的景観研究会、15・01・06・K


13年10月にはパリに本部を置く国連教育科学文化機関(ユネスコ)まで「パリは低層のまま保存された世界でもまれに見る都市」と反対の立場を表明。 「モンパルナスのトラウマ(心的外傷)」も反対論を支える。73年完成のモンパルナスタワーは冷たい感じの外観などから現在も不評〜景観も文化財!歴史的景観研究会、15・01・06・K

パリの高層ビル計画に賛否 「新たな魅力」「景観破壊」 。K、2015/1/6 11:52 記事保存

 パリ市内に高さ180メートルの高層ビルを建てる計画が持ち上がり論争が起きている。実現すればエッフェル塔(324メートル)、モンパルナスタワー(210メートル)に続く高層建築。推進派は「パリの新たな魅力」とするが、反対派は「景観を損なう」と主張している。

 高層ビルは「トライアングルタワー」と呼ばれガラス張りの巨大な三角形。建設予定地はエッフェル塔のたもとからセーヌ川を下った市南端に近い場所で総工費は5億ユーロ(約720億円)。

 イダルゴ市長は「約5千人の雇用を創出し、パリの新しいモニュメントになる」と強調。しかし建築物の高さ制限で美しい町並みを守ってきたとの自負があるパリ市民の間では拒否感も強く、世論調査では常に6〜7割が反対する。

 2013年10月にはパリに本部を置く国連教育科学文化機関(ユネスコ)まで「パリは低層のまま保存された世界でもまれに見る都市」と反対の立場を表明した。

 「モンパルナスのトラウマ(心的外傷)」も反対論を支える。1973年完成のモンパルナスタワーは冷たい感じの外観などから現在も不評。市議会野党の国民運動連合(UMP)は「あの惨劇をまた繰り返すのか」と新ビル建築計画を攻撃する。

 市議会は14年11月に83票対78票で建築計画を否決。しかしイダルゴ市長は秘密投票が守られなかったとして無効を求め行政裁判所に提訴。同時に計画の一部修正に応じる構えも見せており、計画は再審議となる見通し。

 現在はパリの象徴となっているエッフェル塔ですら、19世紀の建設当時は景観破壊を理由に反対論にさらされた。(パリ=共同)




氷川丸、日本丸を国重文に 老朽化で高まる機運 支援受け“百寿”目指す。2015.01.04 03:00:00

山下公園前に係留、公開されている日本郵船氷川丸

 昭和初期の1930年建造で、横浜で係留、保存公開されている「日本郵船氷川丸」と「帆船日本丸」について、国の重要文化財指定を求める動きが今年から本格化する。戦前から海運国・日本を支え、戦火を生き抜いたが、船体の老朽化が進み、廃船の危機に直面している。国の支援で大規模な修繕を行うことで、そろって2030年の“百寿”を目指す考えだ。


 戦前に建造された日本の大型船は、第2次世界大戦で大半が沈没したため、ほとんど現存していない。造船工学に詳しい国土交通省運輸安全委員会委員の庄司邦昭さんは「両船とも日本の海運史を象徴する存在で、保存活用されているのは世界的にも珍しい」と高く評価する。


 海事文化遺産の保護は、世界的な潮流だ。海底資源開発や領海問題を中心に海洋への関心が高まる中、海洋教育を重視する国が増えているためだ。7月20日に日本で開催される国際海事機関(IMO)国際会議では海洋教育や訓練がテーマで、海事文化遺産の保護についても話し合う。関係者は、この機会に氷川丸や日本丸の重文指定に向けた機運を盛り上げていく考えだ。


 国交省などによると、会議前日に国内外の海事関係者ら約400人を招いて氷川丸で船上レセプションを企画。21日には日本丸などを視察する方向で検討している。同省担当者は「氷川丸や日本丸の長期保存に向けた動きに、できる範囲で協力したい」と話す。


 国会議員も氷川丸の重文指定に向けて動き始めた。超党派の「海事振興連盟」(衛藤征士郎会長)は、歴史的価値を踏まえて重文指定を目指す小委員会を設置。文化庁などへの働き掛けを進めている。


 文化庁の担当者は、木造の小型船が重文に指定されているほか、陸上に固定されている灯台巡視船「明治丸」は建造物として指定されている例を挙げて、「船舶も調査によっては指定の対象となり得る」との見方を示す。担当者は「氷川丸や日本丸は貴重な文化財として認識している」と関心を寄せている。


 氷川丸は03年に横浜市の有形文化財、07年には経済産業省の近代化産業遺産に指定されている。日本丸は市の文化財などに指定されていない。


◆歴史“証人”守れ

「市民の関心 大前提」


 山下公園前の日本郵船氷川丸と、みなとみらい21地区の帆船日本丸。ミナト横浜を代表する風景となった2隻は市民ボランティアらの手で維持補修されてきた。船体の劣化が進み廃船の危機が刻々と迫る中、国の重要文化財指定が実現するかが注視されている。


 氷川丸、日本丸ともに100歳に当たる2030年まで一般公開を前提に従来通り保存活用する方針だが、いずれも延命化には大規模な修繕工事が不可欠。氷川丸を所有する日本郵船は07年、10億円超を投じて船体の補強や内装などの修繕を実施。さらに13年までにさびを抑える樹脂塗料で外板を保護した。


 日本丸は1998年を最後に大規模工事を行っておらず、海水に接している鋼鉄製の外板が本来の厚さの6割にまでなっている部分もある。所有する横浜市は「必要な修繕はやっているが、100歳までもたせるための予算額や具体的な手法などはまだ決まっていない」とする。


 そろって保存活用を目指す理由の一つは、第2次世界大戦の“生き証人”だからだ。氷川丸は白色の船体に赤十字を掲げて病院船に、戦後は外地からの引き揚げ船として使われた。日本丸は帆装を外し船体をねずみ色に塗って輸送船として、戦後は南洋をめぐり旧日本兵らの遺骨収集に従事した。


 そうした歴史に加え、戦前の造船技術の粋が随所に生かされたことも評価が高い。造船工学に詳しい国土交通省運輸安全委員会委員の庄司邦昭さんが注目するのは、外板のつなぎ目などに採用されたリベット構造。「(溶接技術が確立した)現在では造船でリベットをすることはほとんどない。技術伝承の意味でも重要」と話す。

 特に氷川丸は、戦時中に沈没した日本の大型客船の豪華な船内意匠の面影が残り、生糸専用の船倉「シルクルーム」を備えるなど、日本経済の発展に果たした役割を今に伝えている。

 それぞれの船体の維持や補修にはボランティアが貢献してきた。日本丸では誘致以来、市民らでつくる「かもめ会」が毎年12回程度、すべての帆を張る「総帆(そうはん)展帆(てんぱん)」などを実施。2014年度の海事関係功労者として国交省関東運輸局表彰を受けた。

 氷川丸は日本郵船グループ社員やOBらでつくる「クラブ氷川丸」が、手すりなどの真ちゅう磨きや船内ガイドを行っている。
 ただ、係留から氷川丸が54年、日本丸が30年を迎える中、横浜の見慣れた風景として捉えられ、市民の関心が徐々に失われつつあるのが現状だ。

庄司さんは、国の重文指定を受けるとすれば「少なくとも市民の関心と理解が大前提」と指摘。「指定されたらそれで終わりではなく、船を大事に保存する動きが市民に起きることが大切」と話し、横浜らしさの象徴としてさらに市民に親しまれ、愛される存在となることを期待している。

 ◆日本郵船氷川丸 横浜船渠(三菱重工業横浜製作所の前身)で建造された貨客船。北米シアトル航路に就航し、横浜港からの生糸や茶などの輸出でも活躍。「北太平洋の女王」と呼ばれた。戦時中は病院船として、戦後は引き揚げ船として使われた。1953年にシアトル航路に復帰したが60年に引退。横浜開港100周年記念の一環で、翌年から山下公園前に係留、公開されている。

 ◆帆船日本丸 日本人船員の養成のため、神戸の川崎造船所で進水した大型練習帆船。その美しい姿から「太平洋の白鳥」と呼ばれた。戦時中は帆装を外して物資輸送、戦後は引き揚げや遺骨収集に携わった。1952年に再び航海訓練に従事し、84年に引退するまでに1万1500人の訓練生を育てた。横浜市が同年に誘致し、85年からみなとみらい21地区で展示、公開されている。【神奈川新聞】



戦時中、戦地に赴く若者が家族と別れる場になったJR東京駅の丸の内口前。戦後、平和を願う「愛(アガペー)の像」が建立。〇七年からの駅舎復元工事で撤去されたが、像の建立に尽力した関係者の遺族らは再設置を粘り強く要望。JR東日本は、一七年に再整備される丸の内駅前広場に置く〜素晴らしい!昭和の庶民史を語る会、14・12・26・東京新聞


裸の青年が空に向かい両手を高く広げ、平和が訪れるよう天に訴えるかのように−。像は五五年、BC級戦犯らの遺稿をまとめた本「世紀の遺書」の収益金で建設。ブロンズ製で、高さは台座を含め七・八m。台座に「愛」の文字と、神の愛を表すギリシャ語「アガペー」の文字が刻まれた〜歴史の再生万歳!昭和の庶民史を語る会、14・12・26・東京新聞


「戦争のあった時代に戻してはならないという祈りがこもった像」。千葉県市川市の中村勝彦さんは語る。父の故勝五郎さんが遺稿を読んで、平和の実現を願う思いをくみ取り、本の出版を資金面で援助。本の収益金で像を建てようと活動〜忘れてはいけない戦争の歴史を、後世に正しく伝える努力をしたい。昭和の庶民史を語る会、14・12・26・東京新聞




「愛の像」東京駅に帰る 非戦・平和な世祈り 1955年建立。東京新聞、2014年12月20日 朝刊

東京駅丸の内駅前広場の整備完成イメージ図。愛の像は広場の南側付近(図の右側)に再設置される予定

 戦時中、戦地に赴く若者が家族と別れる場になったJR東京駅の丸の内口前。ここに戦後、平和を願う「愛(アガペー)の像」が建立された。二〇〇七年からの駅舎復元工事で撤去されたが、像の建立に尽力した関係者の遺族らは再設置を粘り強く要望。JR東日本は、一七年に再整備される丸の内駅前広場に置くことを決めた。 (横井武昭)


 裸の青年が空に向かい、両手を高く広げる。平和が訪れるよう、天に訴えるかのように−。像は一九五五年、BC級戦犯らの遺稿をまとめた本「世紀の遺書」の収益金で造られた。ブロンズ製で、高さは台座を含め七・八メートル。台座に「愛」の文字と、神の愛を表すギリシャ語「アガペー」の文字が刻まれた。


 「戦争のあった時代に戻してはならないという祈りがこもった像なんです」。千葉県市川市の中村勝彦さん(68)は語る。父の故勝五郎さんが遺稿を読んで、平和の実現を願う思いをくみ取り、本の出版を資金面で援助。本の収益金で像を建てようと活動したという。


 勝五郎さんの依頼で、六〇年に広島平和記念公園の「祈りの像」を制作した彫刻家の故横江嘉純(よしずみ)氏が手掛けた。「アガペー」の文字は、勝五郎さんの母が画家の故東山魁夷氏に手を取ってもらって書いた。丸の内側の正面に建ち、平和の象徴として親しまれた。


 六八〜八七年に地下駅の工事で一時撤去。〇七年に駅舎の復元工事で再び撤去されたが、一二年に工事が終わった後も千葉県内の倉庫に保管されたままになっている。勝彦さんはJR東日本をたびたび訪問して再設置を要望。像建立に奔走した父たちを見て育ち、自身も除幕式に出席した。


 遺稿を書いたBC級戦犯は、戦争指導者らのA級戦犯とは別に、「通例の戦争犯罪」などに問われた人々。「『世紀の遺書』を読むと、BC級戦犯とされた人も戦争がなければ普通の人だったのかもしれないと思う。最期には戦争のない平和な社会になってくれと願っていた。多くの祈りがこもった像をぜひ戻してほしかった」と言う。


 BC級戦犯らが収容された巣鴨プリズン元刑務官の上野豊隆さんも、プリズンの教誨(きょうかい)師の遺族らと署名を集め、JRに嘆願書を出すなど活動を続けた。次女の佐奈枝さん(51)は「収容された人々と接し、平和の象徴の像を戻したいという思いがずっと胸にあったのでしょう」と話す。上野さんは今年十一月、八十八歳で亡くなった。


 JR東日本は今年、一七年春に完成する丸の内駅前広場の整備計画をまとめ、像の再設置を決めた。最初の位置から移動し、広場の南側付近に設置する予定だ。


 二十日に開業百年を迎える東京駅。勝彦さんは「戦争の記憶が風化しつつある今こそ、忘れてはいけないものがある。像に込められた平和への祈りを未来につないでいきたい」と話す。



宮城県知事殿、宮城県議会殿、石巻市長殿、石巻市議会殿、文化庁殿。 地元で保存に反対の声がある震災遺構・石巻市の旧門脇小学校ですが、改めて、将来の為に保全再生について再検討をお願いします。 被災者の方々のお気持ちも分かりますが、震災の生き証人として正しく評価して活用をお願いします。近代産業遺産研究会、14・12・26

 

  保存に反対の声がある震災遺構・石巻市の旧門脇小学校ですが、改めて、将来の為に保全再生について再検討をお願いします。14・12・26

 宮城県知事殿、宮城県議会殿、石巻市長殿、石巻市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

KS石巻市震災伝承検討委員会は22日、東日本大震災で被災した門脇小を遺構として保存することなどを盛り込んだ提言書を市に提出。門脇小に対しては住民の間に解体を求める意見もあることから、市は慎重に検討する方針〜解体を求める意見もあるが、将来のために、正しい評価で、保全活用の決断を要望近代産業遺産研究会、河北新報、2014年12月23日

亀山市長は「震災の教訓をどのように残すのか、住民の意見を聞きながら丁寧に考えていきたい」と。提言は「津波と火災の痕跡を残す唯一の施設」と門脇小の重要性を指摘し、全体の保存が望ましいとした上で、住民の意向を考慮して部分保存もやむを得ないという付帯意見を添えた〜建築全体保存の再考を!近代産業遺産研究会、河北新報、2014年12月23日

有識者や住民代表で構成する検討委は昨年11月から、震災の被害や教訓を後世に伝える手法や、遺構の選定・保存方法を協議。市は提言を受け、来年1月にも門脇小周辺の住民を対象に説明会を開く。門脇小については、県の震災遺構有識者会議も18日、「保存する価値がある」との総合評価〜再生保存を!近代産業遺産研究会、河北新報、2014年12月23日

A(被災地から)保存か解体か、揺れる心情 東日本大震災。 津波に伴う火災で焼け焦げた石巻市の旧門脇小学校は、目隠し用のシートで覆われている。「つらい記憶がよみがえる」という地元の人の心情に市が配慮。〜難問であるが、震災遺構として、正しく評価して、将来の為にも保全活用されるよう要望近現代産業遺産研究会、A,14/09/01

遺構は遠くの人を呼び込む力がある。骨組みだけ残り、保存と解体で揺れる南三陸町の防災対策庁舎にも訪問者が絶えない。田代さんは「震災の教訓を後世に伝える意義は理解できる。でも、街が焼けた光景を毎日思い出して暮らすなんてありえない」と〜痛み、苦しみを乗り越えて、震災遺構の再評価を要望!近現代産業遺産研究会、A,14/09/01

    失礼を省みず、再度、お願いします。被災者の方々のお気持ちも分かります。震災後の、厳しい生活環境、財政のなかで、大変だと思いますが、近現代産業遺産の保存の研究している立場から、震災の生き証人として、関西からも、保全活用の再検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          近現代産業遺産研究会、TEL 072−236−3357 。


門脇小は保存を 震災伝承検討委が提言。亀山市長に提言書を提出する平川委員長(右)

 石巻市震災伝承検討委員会(委員長・平川新宮城学院女子大学長)は22日、東日本大震災で被災した門脇小を遺構として保存することなどを盛り込んだ提言書を市に提出した。門脇小に対しては住民の間に解体を求める意見もあることから、市は慎重に検討する方針。
 平川委員長らが市役所を訪れ、亀山紘市長に提言書を手渡した。平川委員長は「多くの候補について吟味を重ね、門脇小を残すという結論に至った。住民に配慮した保存方法を模索してもらいたい」と述べた。
 亀山市長は「震災の教訓をどのように残すのか、住民の意見を聞きながら丁寧に考えていきたい」と語った。
 提言は「津波と火災の痕跡を残す唯一の施設」と門脇小の重要性を指摘し、全体の保存が望ましいとした上で、住民の意向を考慮して部分保存もやむを得ないという付帯意見を添えた。
 有識者や住民代表で構成する検討委は昨年11月から、震災の被害や教訓を後世に伝える手法や、遺構の選定・保存方法を協議してきた。市は提言を受け、来年1月にも門脇小周辺の住民を対象に説明会を開く。
 門脇小については、県の震災遺構有識者会議も18日、「保存する価値がある」との総合評価をまとめ、村井嘉浩知事に伝えている。河北新報、2014年12月23日火


@asahi_wakayama 「14年市民が選ぶ戦争遺構五大ニュース」1東京都旧軍人会館の文化財登録要望2和歌山県旧由良要塞跡の世界遺産登録要望3那覇市の旧32軍司令部壕跡の公開要望4大阪市東淀川区の高架式高射砲陣地跡の文化財要望5沖縄県本部町の機銃掃射跡が残る塀の文化財要望中


@asahi_wakayama集団自衛権の閣議決定が議論される中、平和の大切さを考える為に忘れられている戦争遺構の動きに注目。歴史遺産に比べあまり注目されにくく人知れず解体されてゆく恐れのある戦争遺構について再評価を考える為に市民が、新聞、テレビ、雑誌などを参考にして選定。評価を

「14年市民が選ぶ戦争遺構五大ニュース」1東京都旧軍人会館の文化財登録要望2和歌山県旧由良要塞跡の世界遺産登録要望3那覇市の旧32軍司令部壕跡の公開要望4大阪市東淀川区の高架式高射砲陣地跡の文化財要望5沖縄県本部町の機銃掃射跡が残る塀の文化財要望〜再評価を望みます。戦争遺構研究会、14・12・24


集団自衛権の閣議決定が議論される中、平和の大切さを考える為に忘れられている戦争遺構の動きに注目。歴史遺産に比べあまり注目されにくく人知れず解体されてゆく恐れのある戦争遺構について再評価を考える為に、市民が、新聞、テレビ、雑誌などを参考にして選定。戦争遺構の正しい評価を要望中です。戦争遺構研究会、14・12・24


旧軍人会館の文化財登録要望(2月)
和歌山県旧由良要塞跡の世界遺産登録要望(4月)
那覇市の旧32軍司令部壕跡の公開要望(6月)
大阪市東淀川区の高架式の高射砲陣地跡の保存再燃( 10月)
沖縄県本部町並里の機銃掃射跡が残る塀の文化財要望(12月)








@matsukawa_a 突然失礼します。ご検討をよろしく。12月10日、沖縄県本部町並里の機銃掃射跡が残る塀の実測調査を。戦争の歴史を雄弁に物語る戦争遺構として文化財にするよう関係方面に要望しています。関西に比べて、沖縄の戦争遺構にたいする調査は進んでいるので感謝。戦争遺構研究会、14・12・22




@TsutomuISHIAI ご無沙汰しています。旧朝鮮総督府では、お世話になりました。現在、縁あって生まれた旧満州の 明治建築の世界遺産登録を要望しています。中国でも、動きが出ていますので、安心しています。和歌山県、兵庫県に跨る,旧由良要塞跡の戦争遺構も、世界遺産登録を要望中戦争遺構研究会、14・12・22


A東京電力福島第一原発事故で放射線量が高い地域があったり、放射性物質を含むがれきの撤去が遅れたりして手つかずだった。津波や地震の爪痕だけでなく、原発事故によって生活の場から突然離れざるを得なくなった状況を伝える物も多く、関係者は「原発災害の語り部」を後世に残したいと取り組む。近代産業遺産研究会、14・12・21・A


福島、震災遺物は「語り部」原発事故で遅れた収集開始。富岡町で津波にのまれ、大破したパトカーが保存されることが今月16日、町議会で報告。パトカーは震災直後、住民の避難誘導中だった。乗っていた双葉署地域交通課の増子洋一さんは死亡し、佐藤雄太さんは行方不明のままだ〜辛い歴史の事実を近代産業遺産研究会、14・12・21・A



県警はパトカーを処分するつもりだった。だが、町民有志が今年7月、町と双葉署に保存を陳情。町が今月1日に県警から譲り受けた。町は「危険を顧みず、多くの町民の命を守った警察官と被災の実情を後世に伝えたい」と説明。車体を防さび加工し、年度内に署の隣の児童公園へ移設、公開〜被災を後世に!近代産業遺産研究会、14・12・21・A




  朝日新聞デジタル。福島、震災遺物は「語り部」 原発事故で遅れた収集開始。小島泰生。014年12月21日11時35分

写真・図版
津波にのまれたパトカー。行方不明の佐藤雄太さんの両親は毎月訪れ、そばに設けられたポストに寄せられた手紙を読む=11月8日、福島県富岡町仏浜、小島泰生撮影

 東日本大震災の惨状を伝える震災遺物の収集が、福島県でようやく動き出した。東京電力福島第一原発事故で放射線量が高い地域があったり、放射性物質を含むがれきの撤去が遅れたりして手つかずだった。津波や地震の爪痕だけでなく、原発事故によって生活の場から突然離れざるを得なくなった状況を伝える物も多く、関係者は「原発災害の語り部」を後世に残したいと取り組んでいる。

 富岡町で津波にのまれ、大破したパトカーが保存されることが今月16日、町議会で報告された。パトカーは震災直後、住民の避難誘導中だった。乗っていた双葉署地域交通課の増子洋一さん(当時41)は死亡し、佐藤雄太さん(同24)は行方不明のままだ。

 この日、2人は非番だったが、人事異動の内示を受けに署を訪れた。佐藤さんは約2週間後に巡査部長に昇任し、郡山署へ異動することを知った。刑事志望だった佐藤さん。旧知の郡山署の刑事1課長に電話すると、「待ってるぞ」と喜んでくれたという。

 しばらくして激しい揺れが襲った。2人はパトカーで署を飛び出した。高台へ逃げる人々とは逆に、大津波が迫る住宅地へ。走るパトカーの最後の姿だった。

 その後、富岡町仏浜の海岸近くで見つかった。原発事故で全町避難になっているが、昨年3月から日中は立ち入りができるようになり、町民らが訪れる。双葉署が佐藤さんへのメッセージを募るために置いたポストには、「早く帰って来て」「あなたのことは忘れない」といった手紙などが寄せられた。

 県警はパトカーを処分するつもりだった。だが、町民有志が今年7月、町と双葉署に保存を陳情。町が今月1日に県警から譲り受けた。町は「危険を顧みず、多くの町民の命を守った警察官と被災の実情を後世に伝えたい」と説明。県立博物館(会津若松市)や南相馬市博物館、いわき自然史研究会(いわき市)など県内の8機関・団体でつくる「ふくしま震災遺産保全プロジェクト」実行委員会の協力で車体を防さび加工し、年度内に署の隣の児童公園へ移設、公開する。




震災遺構について検討する宮城県の有識者会議は18日開かれた7回目の会合で、これまでの検討結果をまとめ「ぜひ保存すべき価値がある」とするものに、南三陸町の防災対策庁舎、女川町の旧女川交番、石巻市の門脇小学校、仙台市の荒浜小学校とその周辺の住宅跡地の合わせて4つを選定。近代産業遺産研究会、14・12・20・NHK


「保存する意義は認められる」ものに、東松島市のJR仙石線野蒜駅プラットフォーム、東松島市の野蒜小学校、東松島市の浜市小学校、山元町の中浜小学校、気仙沼市の気仙沼向洋高校の5つを選ぶ。津波の破壊力を示す痕が残されているか、教訓が導けるか、発信力があるか、鎮魂の場としての性格を評価。近代産業遺産研究会、14・12・20・NHK



宮城県の村井知事は「できるだけ有識者会議の結論に沿うように、最大限、汗を流す。市や町が所有している遺構について、市や町の考え方を最優先にと考えていたが、有識者会議でこのような意見が出た以上、県の関与も視野に入れながら検討したいと」と来年1月中にも県としての判断を明確に〜素晴らしい。近代産業遺産研究会、14・12・20・NHK




NHKニュース2014年(平成26年)12月20日[土曜日]

南三陸町防災庁舎など震災遺構に
12月18日 20時39分

南三陸町防災庁舎など震災遺構に

東日本大震災の記憶を後世に伝える被災した建物などの「震災遺構」の保存を検討する宮城県の有識者会議は、南三陸町の防災対策庁舎など4つの遺構を「ぜひ保存すべき価値がある」と結論づけました。

震災遺構について検討する宮城県の有識者会議は、18日開かれた7回目の会合で、これまでの検討結果をまとめ、「ぜひ保存すべき価値がある」とするものに、南三陸町の防災対策庁舎、女川町の旧女川交番、石巻市の門脇小学校、仙台市の荒浜小学校とその周辺の住宅跡地の合わせて4つを選定しました。
また、「保存する意義は認められる」ものに、東松島市のJR仙石線野蒜駅プラットフォーム、東松島市の野蒜小学校、東松島市の浜市小学校、山元町の中浜小学校、気仙沼市の気仙沼向洋高校の5つを選びました。
有識者会議は選定にあたって、津波の破壊力を示す痕が残されているか、教訓が導けるか、発信力があるか、鎮魂の場としての性格を有するかの4つの項目で評価したとしています。
また、有識者会議は「南三陸町の防災対策庁舎」については、「震災を象徴する遺構として広く認知されている」などとして、特に保存する価値が高いとしています。検討会議は、来月にも宮城県の村井知事に報告書を提出することにしています。
宮城県の村井知事は「できるだけ有識者会議の結論に沿うように、最大限、汗を流していきたい。市や町が所有している遺構については、市や町の考え方を最優先にと考えていたが、有識者会議でこのような意見が出た以上、県の関与も視野に入れながら検討したいと考えている」と述べ、来年1月中にも県としての判断を明らかにする考えを示しました。



松隈 章
先ほどニュースで知ったが、ギャラリーエークワッドの企画展で何度か訪れた南三陸町の防災避難庁舎が、震災遺稿として保存されることになったとのこと。良かった。 大津波の記憶を次世代に伝える大切な建物遺産だ。


M米上下院が、第二次世界大戦時に原爆の開発を極秘に進めた「マンハッタン計画」の関連施設などを国立歴史公園に指定する法案を可決したことを受けて、広島市は、広島、長崎の被爆の実相を十分に踏まえた整備をするよう求める要請文をケネディ駐日米大使宛てに送った〜全力で、正しい歴史の伝承を!戦争遺構研究会、14・12・17・M


米国に被爆の実相踏まえた公園整備を。広島市は指定構想が出た2011年と13年にも憂慮の念を示す要請文を送付。今回の要請文では、被爆資料や写真・パネルの提供などで協力できるとして、被爆の実相と核兵器の非人道性を踏まえるよう求めている〜難問であるが、原爆の被害を、正しく理解させよう!戦争遺構研究会、14・12・17・M


M米上下院が、広島県原爆被害者団体協議会理事長の坪井直さんは「国立歴史公園化しても、米国にとって都合の悪い情報は示されないだろう。米国は『正義は我らにある』という考え。新型核実験を繰り返し核兵器廃絶の意志が感じられない。歴史にしっかりと向き合うべきだ」と〜世界へも非核を発信を戦争遺構研究会、14・12・17・M




米国:被爆の実相踏まえた公園整備を−−広島市。毎日新聞 2014年12月17日 大阪夕刊


 米上下院が、第二次世界大戦時に原爆の開発を極秘に進めた「マンハッタン計画」の関連施設などを国立歴史公園に指定する法案を可決したことを受けて、広島市は17日、広島、長崎の被爆の実相を十分に踏まえた整備をするよう求める要請文をケネディ駐日米大使宛てに送った。


 広島市は指定構想が出た2011年と13年にも憂慮の念を示す要請文を送付。今回の要請文では、被爆資料や写真・パネルの提供などで協力できるとして、被爆の実相と核兵器の非人道性を踏まえるよう求めている。

 広島県原爆被害者団体協議会(被団協)理事長の坪井直さん(89)は「国立歴史公園化しても、米国にとって都合の悪い情報は示されないだろう。米国は『正義は我らにある』という考え。新型核実験を繰り返し、核兵器廃絶の意志が感じられない。歴史にしっかりと向き合うべきだ」と語った。



沖縄県知事殿、沖縄県議会殿、本部町長殿、本部町議会殿、本部町教育委員会殿、文化庁殿。戦争遺構を歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。地元の声に、戦争遺構の研究をしている立場から関西からも応援させていただきます。活用されるようご検討を。戦争遺構研究会、14・12・15



戦争遺構を歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・12・15

沖縄県知事殿、沖縄県議会殿、本部町長殿、本部町議会殿、本部町教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

12月10日、沖縄県本部町並里の機銃掃射跡が残る塀の実測調査をしました。戦争の歴史を雄弁に物語る戦争遺構として文化財にするよう関係方面に要望しています。関西に比べて、沖縄の戦争遺構にたいする調査は進んでいるので感謝。沖縄県では、旧奉安殿、旧監視哨等が文化財に指定されている。戦争遺構研究会14・12・14

沖縄県本部町の並里の戦争遺構を文化財に。市民に協力をいただき、沖縄県の貴重な戦争遺構の調査をしています。戦争遺構の現地調査を続けてきましたが、保存について賛否両論の意見がありますが、近現代の教育史の教材として今の時代だからこそ再評価し、文化財にして保存する必要があります。戦争遺構研究会14・12・14
 
 地元の声に、戦争遺構の研究をしている立場から関西からも応援させていただきます。貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、活用されるようご検討をお願いします。
     
 599−8126 堺市東区大美野155−13、
        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。

高射第121連隊(仮)

高射第121連隊(仮)

高射砲第121連隊の配置図(昭和20年6月頃)

高射砲第121連隊の配置図(終戦時)

履歴:

2010.7.26 新規作成(仮)

昭和20年5月28日現在:(本土 全般 061 本土防空高射砲部隊の概況 昭和20年)
(注:他の資料との整合性が無かったりするが、参考まで。)

高射第121連隊 炸7630

第1大隊: 7cm高射砲3個中隊、8cm高射砲3個中隊、タ号1型1、タ号3型2
7高1中は97式高射算定具、7高1中は90式高射算定具、7高有脚4門

第2大隊: 7cm高射砲1個中隊、8cm高射砲4個中隊、12cm高射砲1個中隊、タ号3型1、タ号改4型1
7高1中は有脚

第3大隊:
照空3個中隊

第4大隊:
照空3個中隊

・7高1中は神戸、8高1中は明石、7高1中は京都
・高122と混成の照1小は宇野港
・照1中は京都(6月下旬)
・7高1中 和歌山
・7高1中 下津(石油工場)(6月下旬)
・本部にタ号1型1、タ号3型1あり

独立高射砲第13大隊 炸4116

7cm高射砲1個中隊、8cm高射砲1個中隊、照空1個中隊、タ号3型1
7高1中は97式高射算定具(電照なし)、7高1中は有脚
・照1小は神戸地区に配置
・7高1中は京都
・教育隊なり

独立機関砲第11大隊、炸4117
(略)
ソキ1中と1小は大正飛行場

備考:
・本表の他、航空機用13mm機関砲136門を各師団に分与、交通路上の要点に配置する予定
・主要工場自体の防空気球、大阪に27個、神戸に17個あり
・8高、12高の各中隊は全部2式算定具を装備す
・高射砲第3師団、無線機の装備は左の如し(注:資料の数は漢数字で潰れていて読めず)
 3号甲 4
 3号丙 3
 3号 22
 6号 14
 副受信機 14
・高射砲第121、122、123連隊に各々特甲特乙装備あり
・高射砲第3師団に無線平行誘導装置6組あり
・弾薬装備の現状、左の如し(各門宛概数)
 7高 400、8高 90、12高 90、機関砲 770
・高射砲第3師団の自動車の装備は左の如し
 自動貨車 32、乗用車 26

若江 照空第13中隊

左:昭和20年6月頃、右:終戦時

米軍の航空写真(左:R500-13、国土地理院、右:USB15-R12-797、国会図書館)

左:米軍の航空写真(R500-13、国土地理院)

巽村、第1中隊、7高4門(終戦時):
現在のロート本社付近にそれっぽい敷地は写っているが、砲座は確認できず。

若江(仮名)、照空分隊、中隊本部:
若江小学校の北西、薬師寺の南側付近に照空分隊、若江中学校の東側付近に中隊本部の印あり。航空写真では確認できず。

萱振(仮名)、照空分隊:
府立八尾北高校の南東、加津良神社の北に照空分隊の印あり。航空写真では確認できず。

小阪(仮名)、照空分隊:
近鉄河内小阪駅の北、大阪商業大学の西付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認できず。

長瀬(仮名)、照空分隊:
JR長瀬駅の西、安養寺の北付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認できず。

八尾(仮名)、照空分隊:
八尾小学校の南西付近に照空分隊、またその南西に照空大隊の印あり。航空写真では確認できず。

左:米軍の航空写真(R462-90、国土地理院)

久宝寺(仮名):
久宝寺緑地の内部にに照空分隊の印あり。航空写真を見ると、円形窪地っぽいものが写っているような気がするが、いまいちはっきりとしていない。

平野 照空第14中隊

左:昭和20年6月頃、右:終戦時
左:米軍の航空写真(M18-1-120、国土地理院)、右:米軍の航空写真(USB15-R12-797、国会図書館)

長居、第3中隊、7高6門
配置図を見ると長居公園の敷地内に7高のマークが書かれているが、航空写真からは明確な地形跡は見つけられなかった。

左:米軍の航空写真(M18-1-121、国土地理院)

矢田部(仮名)、照空分隊:
近鉄南大阪線矢田駅の西、矢田西小学校の南東付近に、照空陣地らしいものが写っている。

左:米軍の航空写真(M18-1-70、国土地理院)

三宅(仮名)、照空分隊、中隊本部:
大海池の南西、阿保5丁目交差点の南東部付近に、学校並の広さの施設跡が写っている。

左:米軍の航空写真(M18-1-147、国土地理院)

桃ヶ池(仮名)、照空分隊:
桃ヶ池と桃山学院高校との間付近に照空分隊の印あり。航空写真を見ると、高校のグラウンドにそれっぽいものが写っているようなのだが、余りはっきりとしておらず別のものの可能性が高い。

左:米軍の航空写真(、国土地理院)

平野(仮名)、照空分隊、大隊本部:
摂陽中学校の西付近に照空分隊の印が、大阪教育大学付属高校平野校舎付近に大隊本部の印が描かれているものの、航空写真では確認できず。大隊本部は後に八尾に移動した模様。

瓜破(仮名)、照空分隊:
瓜破斎場付近に照空分隊の印あるが、航空写真では確認できず。

左:米軍の航空写真(R443-No2-19、国土地理院)

六反(仮名)、照空分隊:
長吉六反の集落付近に照空分隊の印あり。航空写真を見ると弘常寺の南東付近に円形土塁の残骸らしきものが写っているが、確認は取れず。

石原 照空第15中隊

左:昭和20年6月頃、右:終戦時

米軍の航空写真(左:M157-A-6-180、1946年6月、右:M18-1-40、1948年2月、共に国土地理院)

独立高射砲第13大隊、大泉池、7高5門、8高6門(引渡時)、照空2個小隊:
大泉緑地、大泉池の南西付近に2ヵ所の高射砲陣地跡と建物群の跡が写っている。また現在の大泉緑地周辺に3ヵ所の円形の地形が写っている。直径は約150mで、何らかの施設跡と思われるものの正体は良くわからない。高射砲陣地の南の円形地形内には砲座跡らしきものが写っており、こちらは高射砲陣地跡の可能性もある。

左:米軍の航空写真(M18-1-10、国土地理院)

石原(仮名)、照空分隊、中隊本部:
初芝立命館高校の北300m、来宝寺付近。照空陣地らしきものが写っている。地図を見ると照空分隊と中隊本部が描かれており、これではないかと思われる。

杉本(仮名)、照空分隊:
大阪市立大学構内に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

天我美堂(仮名)、照空分隊:
松原第5中学校の南付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

左:米軍の航空写真(、国土地理院)

黒土(仮名)、照空分隊:
警察学校の西付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

新家(仮名)、照空分隊:
東百舌鳥高校と東百舌鳥中学校の中間付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

米軍の航空写真(左:M157-A-6-176、中:M18-1-13、国土地理院)

丹南(仮名)、照空分隊:
美原ロータリーの西付近に照空分隊の印あり。航空写真では円形窪地と兵舎らしきものが写っており、これではないかと思われる。

堺 照空第16中隊

左:昭和20年6月頃、右:終戦時

上左:米軍の航空写真(R443-No2-46、国土地理院)

石津川、第5中隊(高射戦史、昭和20年6月頃)、8高6門、照空分隊、中隊本部:
南海本線石津川駅南西500m、石津川旧河口の右岸。左岸に中隊本部と照空分隊のマークもあるが、航空写真では完全な畑もしくは田んぼで残っておらず。

堺(仮名、もしくは大浜)、照空分隊、大隊本部:
大浜北公園付近に照空分隊と大隊本部(終戦時)が、また堺駅の北西付近にも大隊本部(昭和20年6月頃)の印あり。いずれも航空写真では確認は取れず。

湊(仮名)、照空分隊:
新湊小学校の北付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

鳳(仮名)、照空分隊、中隊本部:
JR阪和線の鳳駅の東付近に照空分隊と中隊本部の印あり。航空写真では確認は取れず。

深井(仮名)、照空分隊:
泉北高速鉄道の深井駅の北西、深井小学校の南付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

百舌鳥(仮名)、照空分隊:
JR阪和線の百舌鳥駅の南東付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

米軍の航空写真(M18-1-6、国土地理院)

仁徳天皇陵の南西にある大仙公園付近に、照空陣地らしき遺構が2ヵ所写っている。上記の百舌鳥(仮名)の位置がこちらなのかもしれないが、あまりに離れすぎている感があり、別のものである可能性もある。

南港 照空第17中隊

左:昭和20年6月頃、右:終戦時

米軍の航空写真(左:M18-1-116、右:R443-No2-30、国土地理院)

木津川(南港)、中隊名不明、8高6門(終戦時)、7高5門(昭和20年6月)、大隊本部、照空中隊本部、照空分隊:
ニュートラム、南港東駅の南東500m。地図の位置と違うが写真にくっきり写っているので南側が正解。また電波標定機の跡がその北500mくらいのところに写っている。その南は兵舎跡だろうか。右の方にも幾つか建物が写っているが、大隊本部や中隊本部かと思われる。(そうなると地図はかなりいい加減になるが)。またその南には照空分隊らしき施設跡も写っている。
東側の7高5門は確認できず。

米軍の航空写真(R443-No2-26、国土地理院)

左:米軍の航空写真(R462-85、国土地理院)

帝塚山(住吉神戸)、第4中隊、8高6門、照空分隊:
市立住吉中学校の校庭内に砲座を確認できる。砲座に影らしきものがあり、また撮影時間によって影の方向が違うため、東淡路の現存砲座のように地面から高く嵩上げされているものと思われる。照空分隊については位置不明。

三宝(仮名)、照空分隊:
南海本線七道駅西、三宝インターの西の新日鉄の工場内に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

北島(仮名)、照空分隊:
住之江公園の南東、敷津浦小学校の西付近に照空分隊の印あり。航空写真では確認は取れず。

左:米軍の航空写真(USB15-R11-103、国土地理院)

北加賀屋(仮名)、照空分隊:
地下鉄緑木検車場の北付近に照空分隊の印あり。航空写真では、円形の地形が確認できるものの道路上にあり、何ともいえない。

北港 照空第18中隊

左:昭和20年6月頃、右:終戦時

米軍の航空写真(左:USB15-R11-101、右:USB15-R11-533、国会図書館)
米軍の航空写真(左:M85-1-111、右:R500-4、国土地理院)

米軍の航空写真(左:USB15-R11-533、右:USB15-R11-101、国会図書館)

米軍の航空写真(左:M85-1-90、国土地理院、右:USB15-R11-533、国会図書館)

米軍の航空写真(USB15-R11-533、国会図書館)

桜島(北港)、中隊名称不明(第7〜12中隊辺り)、12高6門、8高6門(終戦時)、7高6門(昭和20年6月):
ユニバーサルスタジオジャパンの西、北港周辺に3ヶ所の高射砲陣地が写っている。南西端にあるのは独特の六角形の形状からも12cm高射砲のもので、陣地の少し北には電波標定機らしき円形の跡が写っている。北港JCTの北東側の高射砲陣地は地図の記載から8cm高射砲と思われる。入り江を挟んで南側の角にも高射砲陣地があるが、こちらも地図の記載から7cm高射砲のものと思われる。入り江の奥の両岸に、建物が幾つか写っているが、この辺りが第2大隊本部や照空分隊、照空中隊本部等の建物かと思われる。

左:米軍の航空写真(USB15-R11-101、国会図書館)

中央突堤(仮名)、中隊名不明、7高4門(終戦時):
中央突堤の先にも、高射砲陣地らしいものが写っている。

左:米軍の航空写真(R500-6、国土地理院)

米軍の航空写真、上の写真の拡大(R500-6、国土地理院)

福崎、中隊名不明、8高6門(終戦時):
三十三間堀川の南岸にも高射砲陣地が写っている。上の写真は戦後3年経っているが、それでも建物等が綺麗に残っている。ここの高射砲座も高架式なのか、太陽の影が写真に写りこんでいる。また堀川の逆側にも施設跡らしいものが写っている。探照灯の円形土塁のようなものもあり、地図ではもっと南西に描かれている昭和20年6月頃の照空分隊と中隊本部が置かれていたのか、もしくは元々は高射砲陣地がこちらにあったのかもしれない。

左:米軍の航空写真(USB15-R11-103、国土地理院)

思賀島、中隊名不明、8高6門(終戦時):
平尾小学校の北西隣付近にも高射砲陣地が写っている。

米軍の航空写真(USB15-R11-104、国土地理院)

船町(仮名)、照空分隊、高射砲は資料無し:
木津川河口に照空分隊らしいものと、高射砲陣地が写っている。高射砲陣地の方は資料に載っていない。南港の昭和20年6月の地図に描かれている7高5門のマークが実はズレていて、これがそれにあたる可能性もある。

第1突堤(仮名)、照空分隊:
第1突堤の大阪市港湾局の建物付近に照空分隊と中隊本部の印あり。航空写真は良いのが無く確認できず。印がずれていて、上記の三十三間堀の西の施設跡がこの印の施設である可能性もある。

市岡(仮名)、照空分隊:
市岡小学校の北東付近に照空分隊の印あり。航空写真は良いのが無く確認できず。


八尾飛行場周辺

左:昭和20年6月頃、右:終戦時

左:米軍の航空写真(M18-1-99、国土地理院)

大正(仮名)、第2中隊、7高4門(昭和20年6月)、7高6門(終戦時):
八尾空港の南にある、北町集会所の北付近に高射砲陣地が写っている。上記地図では高射砲陣地が移動しているが、地図の4門編成の印の位置に6門編成の高射砲陣地が写っているので、地図の位置が間違っていて位置変更は無かったのかもしれない。


恩地(仮名)、聴音分隊:
恩地駅の東、南高安小学校の東側付近に聴音分隊の印あり。航空写真は良いのが無く確認できず。

独立聴音中隊(富蔵?)

左:北部(終戦時)、右:南部(終戦時)

左:米軍の航空写真(M85-1-72、国土地理院)

上垣内(仮名)、聴音分隊:
上垣内の西方に聴音分隊の印あり。ただ上垣内という字が消滅してしまっている。どうも元山上口駅から鳴川の千光寺までの途中にあるらしいのだが、地図では確認できず。近鉄生駒線の元山上口の南西付近ににそれらしいものが写っているのでこれかと思うのだが、はっきりとはわからない。

左:米軍の航空写真(M18-1-158、国土地理院)

信貴畑(仮名)、聴音分隊:
信貴山奥の院付近に聴音分隊の印あり。奥の院の南にある笙谷寺の北西付近に不自然な平坦地が写っており、これかと思われるものの良くはわからない。


左:米軍の航空写真(M18-1-50、国土地理院)

国分(仮名)、聴音分隊:
河内国分駅の南東付近に聴音分隊の印あり。国分中学校の敷地内にそれらしいものが写っているが、はっきりとはわからない。

大道(仮名)、聴音分隊:
孝徳天皇陵の北東にあるピークに聴音分隊の印あり。航空写真は良いのが無く確認できず。

大ヶ塚(仮名)、聴音分隊:
大阪芸術大学の南西、東山の集落の南西付近に聴音分隊の印あり。航空写真は良いのが無く確認できず。

富蔵(仮名)、聴音分隊、中隊本部:
妙見山感應寺のある富蔵の集落の、西端付近に聴音分隊、寺の北側くらいに中隊本部の印あり。航空写真は良いのが無く確認できず。

廿山(仮名)、聴音分隊:
錦織公園北の長福寺の直ぐ南くらいに聴音分隊の印あり。航空写真は良いのが無く確認できず。



新しい活動予定事案、再度アピール事案予定14・10・14

浜寺公園の大阪府立青少年センター,大阪国際ユースホステルの前にある「日露友好之像」「記念碑」(02年建設)に書かれている文言に誤りがあるので調査して修正するようお願いします。国際的にも貴重な記念碑に誤りがあるようでは問題だと思いますので歴史の事実について調査、修正を早急にお願い!近現代史研究会、13・11・05

元ロシアプーチン大統領,元小泉総理大臣の名前も刻まれている重要な、大阪府の浜寺公園の「日露友好之像の記念碑」の文言の過ちを、早急に調査して、修正を。石に刻まれた記念碑の修正は、なかなか難しいですが、国際的に問題になりかねないので、正しい歴史の事実を調べて、早急に書き直すべきです。近現代史研究会、13・11・05



放置されていますので,貴誌での取材のご検討をお願いします。14・11・02朝日へ

大阪府の浜寺公園の「日露友好之像」、「記念碑」の文言の過ちの修正を、再度、要望します。13・11・05

「特定非営利活動法人泉州21世紀協議会」殿、日本政府殿、外務省殿、大阪府殿、高石市殿、大阪府公園協会殿

突然失礼します。調査、修正のご検討をよろしくお願いします。

浜寺公園の大阪府立青少年センター,大阪国際ユースホステルの前にある「日露友好之像」「記念碑」(02年建設)に書かれている文言に誤りがあるので調査して修正するようお願いします。国際的にも貴重な記念碑に誤りがあるようでは問題だと思いますので歴史の事実について調査、修正を!近現代史研究会、13・11・05


大阪府の浜寺公園の「日露友好之像」「記念碑」の文言の内容についての調査要望で大阪府からの回答。浜寺公園の「日露友好の碑」に対するご意見につきましては、本件を製作し維持管理を行う「特定非営利活動法人泉州21世紀協議会」にお伝えしました。確認の上必要に応じて対応すると聞いております。近現代史研究会、13・11・05


元ロシアプーチン大統領,元小泉総理大臣の名前も刻まれている重要な、大阪府の浜寺公園の「日露友好之像の記念碑」の文言の過ちを、早急に調査して、修正すべきです。些細な事だと放置しないで、正しい歴史の事実を調べて、書き込むべきです。過ちが、放置されたままなのは、国際的に問題で、恥では?近現代史研究会、13・11・05

       599−8126 堺市東区大美野155−13

         近現代史研究会  TEL 072−236−3357 。


  大阪府知事殿、堺市長殿、14・10・28

突然失礼します。大泉緑地の歴史の説明を、ご検討をお願いします。

大泉緑地の近くの農地に、戦時中の模擬高射砲陣地の一部が現存。戦時中の防空緑地の中に残る貴重な高射砲陣地跡。航空写真で見れば円形の形がよく分かる。現在、大阪府に、大泉公園の説明版に、防空緑地の歴史を書き込むよう要望中。大阪周辺の高射砲陣地に駐屯された人を探しています。戦争遺構研究会、14・10・28、 [2009/02/28」 堺市の高射砲・照空隊陣地


<大泉緑地の高射砲陣地>高射第三師團隷下の独立高射砲第十三大隊の第一中隊(七高×6門、4門?)、第二中隊(八高×6門、4門?)、第三中隊(照空灯)が配備。現在は広大な大泉緑地公園、畑の中に残る「東側の陣地跡」現在はコンクリート製の建物基礎のような遺構と外周の一部が残る〜現在調査中。戦争遺構研究会、14・10・28、 [2009/02/28」 堺市の高射砲・照空隊陣地

堺市東区大美野155−13、戦争遺構研究会、 電話 072−236−3357。




 突然失礼します。ご面倒をおかけしますが歴史建築としての調査をよろしくお願いします。

大阪府知事殿。高師浜駅の近くに古びた木造平屋建ての長屋(高師浜4−7)が、現存しています。我々の見立てでは、旧ロシア兵の捕虜収容所の建築ではないかと思い調査をしています。建築の大きさ、屋根の勾配などから、感じられます。内部調査ができれば、ありがたいのですが、ご検討を、よろしくお願いします。戦争遺構研究会、14・10.15

ご存知だと思いますが、中之島から移築された貴重な江戸時代の蔵屋敷、朝日新聞社社屋が、浜寺諏訪ノ森地区に現存しています。明治30年代後半に、日露戦争の捕虜の監視の為に移築されたと聞いています。文化財にしてかけがえのない歴史建築を保全再生するよう関係方面へ呼びかけています。

なお、最近、文化財に登録された昭和の難波駅舎の前身で高石市に、移築された明治期の旧難波駅舎(辰野金吾設計)は,昭和50年代頃まで現存していたようです。
 明治建築研究会。

メールアドレス[必須] masami19928@hotmal.co.jp
連絡先 堺市東区大美野155−13 電話 072−236−3357 携帯090−4289−1492


 突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御教え下さい。よろしくお願いします。

ご存知だと思いますが、中之島から移築された貴重な江戸時代の蔵屋敷、朝日新聞社社屋が、浜寺諏訪ノ森地区に現存しています。明治30年代後半に、日露戦争の捕虜の監視の為に移築されたと聞いています。文化財にしてかけがえのない歴史建築を保全再生するよう関係方面へ呼びかけています。

なお、最近、文化財に登録された昭和の難波駅舎の前身で高石市に、移築された明治期の旧難波駅舎(辰野金吾設計)は,昭和50年代頃まで現存していたようです。
 明治建築研究会。




読売からの返信
丹下健三の北野田再開発計画案の記事をスクラップしましたが、記事を紛失しました。新聞名は忘れましたので、現在、記録、調査のために、昭和末年に新聞に大きく発表された幻の北野田再開発計画案の記事を探している。貴社で記事の検索をいただければ、幸いです。14・10.14


@alterbau 世界的な建築家丹下健三が、堺市内でまれていることは、あまり知られていない。姉は、堺女学校を卒業し、生誕百年を記念して、与謝野晶子と同じ甲斐町に記念柱を立てたが、何故か広がらない。調査のために、昭和末年に新聞に大きく発表された幻の北野田再開発計画案の記事探しを!明治建築研究会、14・10。14



@alterbau 「建築家・丹下健三先生の生誕の地、大正年2年(1913)9月4日生まれ、旧堺市甲斐町三番屋敷、平成17年(2005年)3月22日没、明治建築研究会」優れた日本の建築の、世界への発展、成長を記念して偉大な建築家の誕生跡に記念柱を。多くの方々のご協力に、感謝します明治建築研究会、14・10。14



世界的な建築家丹下健三が、堺市内でまれていることは、あまり知られていない。姉は、堺女学校を卒業し、生誕百年を記念して、与謝野晶子と同じ甲斐町に記念柱を立てたが、何故か広がらない。現在、記録、調査のために、昭和末年に新聞に大きく発表された幻の北野田再開発計画案の記事を探している。14・10.14

 @alterbau 「建築家・丹下健三先生の生誕の地、大正年2年(1913)9月4日生まれ、旧堺市甲斐町三番屋敷、平成17年(2005年)3月22日没、明治建築研究会」優れた日本の建築の、世界への発展、成長を記念して偉大な建築家の誕生跡に記念柱を。多くの方々の、ご協力に、感謝します。明治建築研究会、13・08・26



 丹下 健三。建築家、都市計画家。東京大学名誉教授。「世界のタンゲ」と言われ、日本国内外でも大活躍。第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて多くの国家プロジェクトを手掛ける。位階勲等は従三位勲一等瑞宝章、文化勲章受章。フランス政府よりレジオンドヌール勲章受章など。明治建築研究会、13・08・26


旧浪速銀行堺支店の、屋根に葺かれていた貴重な瓦が、現存。明治建築研究会では、関係者からの聞き取りで当時のものだと信じていますが、再調査をよろしくお願いします。堺市の方でも調査に協力していただき、保全・活用について、ご協力をお願いします。堺市長殿、堺市議会殿、文化庁殿。明治建築研究会、14・06・30


旧浪速銀行堺支店の、屋根に葺かれていた貴重な瓦が、現存しています。明治建築研究会では、資料、関係者からの聞き取りで当時のものと評価していますが、、堺市の方でも調査に協力していただき、保全・活用について、ご協力をお願いします。14・06・30

堺市長殿、堺市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。調査について、ご検討をよろしくお願いします。

旧浪速銀行堺支店。戦後、解体されたときの貴重な、屋根瓦が、現存していることは、あまり知られていない。保存の声がありながら、解体されたが、将来の復元の為に、材料が保存されていたが、木材は、腐朽したが、屋根瓦だけは残った。有名建築家の設計になる貴重な明治期の瓦である。展示の検討を要望。明治建築研究会、
14・05・20、『日誌』 明治36年7月〜37年6月 (堺銀行文
書98)

旧浪速銀行堺支店。明治33年に西洋風の設計により進められていた新築計画は、設計者の急逝と経済界の不振により一時中止。経済界の回復をみて34年にふたたび新築に着手し、翌35年に伝統的な江戸黒様式と西洋風を折衷加味した重厚な明治期建築として落成〜設計山口半六、設楽貞雄、施工竹中工務店。明治建築研究会、14・05・20、『日誌』 明治36年7月〜37年6月 (堺銀行文書98)

山口 半六(安政5年〜明治33年)は、明治時代を代表する建築家。文部省在籍時に多くの学校建築を手がけた。代表作に兵庫県庁舎(現・兵庫県公館)などがある。明治4年大学南校、東京大学の前身。)に入学。明治12年)国立パリ中央工芸学校を卒業。明治33年逝去。享年42。明治建築研究会、ウキペディア、14・06・28

明治14年帰国。郵便汽船三菱会社(現・日本郵船)に入社。明治17年文部省に移り、文部省管轄学校の建設工事を担当。明治24年建築家として2人目の工学博士号を授与。明治27年桑原工業事務所(大阪)の建築部に移籍(部下に設楽貞雄)明治32年山口建築事務所を設立〜近代初期の重要な建築家。明治建築研究会、ウキペディア、14・06・28

山口半六設計の現存する主な建築。第五高等中学校本館(1889年、現・熊本大学五高記念館、重要文化財)旧東京音楽学校奏楽(90年、東京都、重要文化財)第四高等中学校本館(91年、金沢市、現・四高記念文化交流館、重要文化財)兵庫県庁舎(02年、神戸市、現・兵庫県公館、登録有形文化財)明治建築研究会、ウキペディア、14・06・28

 現存していませんが、堺の近代商業史上重要な、懐かしい旧浪速銀行堺支店の実像を知る為にも、調査の協力をお願いします。


       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        明治建築研究会、 TEL 072−236−3357。









大正ロマン漂う商店街。歌人・与謝野晶子の生家跡に近い堺市堺区の堺山之口商店街で、昨年末から続いていた街路灯や空き店舗の改修工事が終了。〜与謝野晶子と同じ甲斐町に、世界的な建築家丹下健三先生が生まれています。生誕百年を記念して、昨年9月に、生家跡にささやかな記念柱を建設。明治建築研究会、14・06・04

 
  突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。 14・05・20

お問い合わせ内容


旧浪速銀行堺支店の、屋根瓦が、現存しています。寄贈したいと思
いますので、ご検討下さい。

旧浪速銀行堺支店。戦後、解体されたときの貴重な、屋根瓦が、現
存していることは、あまり知られていない。保存の声がありなが
ら、解体されたが、将来の復元の為に、材料が保存されていたが、
木材は、腐朽したが、屋根瓦だけは残った。有名建築家の設計にな
る貴重な明治期の瓦である。展示の検討を要望。明治建築研究会、
14・05・20、『日誌』 明治36年7月〜37年6月 (堺銀行文
書98)



旧浪速銀行堺支店。明治33年に西洋風の設計により進められていた
新築計画は、設計者の急逝と経済界の不振により一時中止。経済界
の回復をみて34年にふたたび新築に着手し、翌35年に伝統的な江戸
黒様式と西洋風を折衷加味した重厚な明治期建築として落成〜設計
山口半六、設楽貞雄、施工竹中工務店。明治建築研究会、14・
05・20、『日誌』 明治36年7月〜37年6月 (堺銀行文書98)


599−8126 堺市東区大美野155−13、明治建築研究
会、TEL 072−236−3357 。



旧浪速銀行堺支店。戦後、解体されたときの貴重な、屋根瓦が、現存していることは、あまり知られていない。保存の声がありながら、解体されたが、将来の復元の為に、材料が保存されていたが、木材は、腐朽したが、屋根瓦だけは残った。有名建築家の設計になる貴重な明治期の瓦である。展示の検討を要望。明治建築研究会、14・05・20、『日誌』 明治36年7月〜37年6月 (堺銀行文書98)



旧浪速銀行堺支店。明治33年に西洋風の設計により進められていた新築計画は、設計者の急逝と経済界の不振により一時中止。経済界の回復をみて34年にふたたび新築に着手し、翌35年に伝統的な江戸黒様式と西洋風を折衷加味した重厚な明治期建築として落成〜設計山口半六、設楽貞雄、施工竹中工務店。明治建築研究会、14・05・20、『日誌』 明治36年7月〜37年6月 (堺銀行文書98)




  山口 半六(やまぐち はんろく、安政5年8月23日(1858年9月29日) - 明治33年(1900年)8月23日)は、明治時代を代表する建築家。文部省在籍時に多くの学校建築を手がけた。代表作に兵庫県庁舎(現・兵庫県公館。半六の逝去後に竣工)などがある。
工手学校(現工学院大学)造家学科教員。


経歴[編集]
##1858年(安政5年)出雲国(現・島根県)松江に松江藩士山口軍兵衛礼行の次男として生まれる。 ##兄に日本銀行理事を務めた山口宗義、弟に物理学者で京都帝国大学教授、学習院院長を務めた山口鋭之助がいる。また、甥(兄の山口宗義の子息)に海軍中将を務めた山口多聞がいる。

##1871年(明治4年)大学南校(明治6年に開成学校に名称変更。東京大学の前身。)に入学。
##1876年(明治9年)文部省貸費留学生に選抜され、フランスへ留学。国立パリ中央工芸学校 (Ecole Centrale Paris) に入学。
##1879年(明治12年)国立パリ中央工芸学校を卒業。
##1881年(明治14年)帰国。郵便汽船三菱会社(現・日本郵船)に入社。
##1884年(明治17年)文部省に移り、文部省管轄学校の建設工事を担当する。
##1891年(明治24年)建築家として2人目の工学博士号を授与される。
##1892年(明治25年)肺結核により文部省を休職。
##1894年(明治27年)桑原工業事務所(大阪)の建築部に移籍(部下に設楽貞雄)。
##1899年(明治32年)山口建築事務所を設立。
##1900年(明治33年)逝去。享年42。

主な作品[編集]熊本大学五高記念館(熊本市)。 四高記念文化交流館(金沢市)




兵庫県公館(神戸市)
##東京師範学校(1887年、現存しない)
##帝国大学理科大学本館(1888年、現存しない)
##第五高等中学校本館(1889年、熊本市、現・熊本大学五高記念館、重要文化財)
##旧東京音楽学校奏楽堂(1890年、東京都台東区、重要文化財)
##第四高等中学校本館(1891年、金沢市、現・四高記念文化交流館、重要文化財)
##日本火災保険会社(1900年、現存しない)
##百三十銀行本店(1901年、現存しない)
##兵庫県庁舎(1902年、神戸市中央区、現・兵庫県公館、登録有形文化財)
##日本貯蓄銀行本店(1902年、現存しない)

##大阪市新設市街設計書(1899年、日露戦争のため実現せず。幹線道路の配置計画が市電路線に生かされた)

 明治33年に西洋風の設計により進められていた同支店新築計画は、設計者の急逝と経済界の不振により一時中止となっていた。経済界の回復をみて34年にふたたび新築に着手し、翌35年に伝統的な江戸黒様式と西洋風を折衷加味した重厚な明治期建築として落成をみる。


  旧紀州街道に沿って(堺市堺区西湊5)大正時代かと思われる珍しい煉瓦タイル貼りの地蔵堂を貴重な都市資産として、保全・再生のご検討をお願いします14・05・07

堺市堺区自治会殿、堺市長殿、堺市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

旧紀州街道に沿って(堺市堺区西湊5)大正時代かと思われる珍しい煉瓦タイル貼りの地蔵堂が、ひっそりと残されている。堺には明治期に、煉瓦工場がたくさん建設されていた関係で、煉瓦造建築が見られたが、最近では、見られない。この地蔵さんも、道路整備でどうなるのか不安との事、文化財の検討を?明治建築研究会、14・05・05

長岡市地蔵1-6 の煉瓦造の地蔵さんが、文化財に登録されている。老朽化が進む堺市内の地蔵さんも、かけがえのない都市資産として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるようご検討をお願いします。戦前に、堺には煉瓦造、煉瓦タイル貼りの地蔵さんが、多く見られた明治建築研究会、14・05・05

長岡市の「地蔵堂 」大正/1922。煉瓦造平屋建、鉄板葺、建築面積23?。新潟県長岡市地蔵1-6。登録年月日:20061129。地蔵1丁目町内会〜旧紀州街道に(堺市堺区西湊5)現存する大正時代かと思われる珍しい煉瓦タイル貼りの地蔵堂も、再評価していただき、文化財についてのご検討を明治建築研究会、文化財オンライン、14・05・05

長岡市の「地蔵堂 」大正/1922。4.8m四方の正方形平面をもつ煉瓦造イギリス積の小堂で,屋根は切妻造,鉄板葺とし,正面に木造の向拝を付ける。小規模ながら入口や側面の窓はアーチとし,丁寧に造る。軒廻りを斜めに持ち出す煉瓦積技法が使われ貴重〜堺の煉瓦タイル貼りの地蔵堂の再評価を明治建築研究会、文化財オンライン、14・05・05

郷土史、明治、大正建築の勉強をしている立場から、 旧紀州街道(堺市堺区西湊5)の地蔵さんを、貴重な都市資産として、正しく評価して、文化財にして保全活用されるようご検討をお願いします。。


  599−8126 堺市東区大美野155−13
            明治建築研究会、昭和の庶民史を語る会、TEL 072−236−3357。




本日の「鈴木貫太郎を知ろう」(堺市中区役所)は、分かり易い白神典之氏によるためになる講演会。感謝。余り知られていないのでもう少し、このような企画を。昭和史は、わから無い事が多いので、これから、調査研究が期待される。生誕跡だとされる記念碑は、場所が違うので、中辻邸に移設の検討を!明治建築研究会、昭和の庶民史を語る会14・02・26


堺市伏尾に生まれ海軍の軍人で第42代内閣総理大臣を務めた鈴木貫太郎は、現堺市中区伏尾に生まれた人物。 太平洋戦争終結において重要な役割を果たした〜堺生まれの建築家・丹下健三同様、生誕の地に、記念柱を建設し、所縁のある中辻邸、旧関宿藩陣屋跡などを文化財指定の検討を関係方面に要望中。明治建築研究会、昭和の庶民史を語る会14・02・26



堺に生まれた首相 鈴木貫太郎

堺市伏尾に生まれ、海軍の軍人で第42代内閣総理大臣を務めた鈴木貫太郎は、現堺市中区伏尾に生まれた堺市にゆかりのある人物です。

太平洋戦争終結において重要な役割を果たした人物像や、堺市ゆかりの地や人々の交流などのエピソードを学芸員が分かりやすく紹介するイベントがあるます。

=============

■日時:平成26年2月26日(水)

■時間:14時〜16時

■場所:中区役所プレハブ棟2A会議室

■費用:無料

■先着50名

■申し込み方法:2月3日より電話・FAX・メールにて中区市役所にてお願い致します。

電話:072−270−8181

FAX:072−270−8101

メール:nakakiso@city.sakai.lg.jp

  突然失礼します。貴誌で拝見、よろしくお願いします。

若者よ、堺へ―。女性に人気の高い「和スイーツ」や神社仏閣のパワースポットなど堺市の魅力を発信する観光マップ「S―Mapi」を関西大学の学生作成。情報誌とデジタルマップの特性を併せ持つ若者目線のマップ〜知られていない総理大臣鈴木貫太郎、建築家丹下健三生家跡などのマップ作成もしたい。明治建築研究会、朝日、14・01・31



「堺のマップです。手にとって見てください」29日、大阪・ミナミの南海難波駅前で、慌ただしく行き交う人たちに、関西大学総合情報学部でマーケティングを学ぶ学生がマップ配布。関大と堺市の地域連携事業の一環で3千部を作製し、街頭配布の他、若者が多く集まるミナミの飲食店の店頭にも〜若者の発想に感激!明治建築研究会、朝日、14・01・31


599−8126 堺市東区大美野155−13。

         明治建築研究会、072−236−3357 。


  堺の歴史まちづくり認定 向上計画。文部科学、農林水産、国土交通の3省は、堺市が申請していた「歴史的風致維持向上計画」を認定。歴史的に価値の高い建造物や地域固有の伝統を生かした街づくりに対し、国が積極的な財政支援を行う制度で、府内の認定は初めて。全国では同市を合わせ、41市町に。明治建築研究会、読売、13・11・28



堺市の計画は、古墳が多数残り、百舌鳥八幡宮もある「百舌鳥古墳群及び周辺区域」と、刃物や線香といった伝統産業が引き継がれている南海本線東側の「環濠都市区域」を重点区域と選定。歴史的価値の高い建造物を保存・修理しながら、観光客らが周遊しやすいように案内板を設置〜生活環境の保全再生も!明治建築研究会、読売、13・11・28




 


  
堺市長殿、堺市議会殿

 突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。12・05・29.

堺市役所の前の、ジョルノ、堺市民会館の建て替え計画があるという。市民は、新しくなることを歓迎する人が多いが、東日本大震災後、地球資源、省エネなどから、鳥取市庁舎をはじめ、各地で古い建築を補修しながら、活用という動きが出ている。堺市も従来のような、スクラップアンドビルドの見直しを


従来のような、スクラップアンドビルドは、老朽化した建物・設備を一度廃棄や取り壊して、その後最新鋭の技術などを生かした新しい設備などに建替えるやり方は、反省。近年は、消費文化に運動する立場から、耐久性のある建物の再利用の考え方などが、広がりつつある。大阪中央郵便局再生への見直しを!

近現代建築史研究会


 
  岸谷勢蔵が描いた貴重な絵を歴史資料として正しく評価して文化財に指定するよう要望します。12・01・25

大阪府知事殿、堺市長殿、文化庁殿

 突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

岸谷勢蔵は現在の堺区大町東の木綿卸問屋の生まれ。教科書の挿絵画家などとして活躍。大戦中の昭和19年には、米軍の空襲に備えて進められていた「建物疎開」に際し、建物の取り壊しで失われる町並みを記録するよう市から依頼。この貴重な絵を歴史資料として正しく評価して文化財指定を要望します。

岸谷勢蔵は現在の堺区大町東の木綿卸問屋の生まれ。大阪精華美術学院で絵を学び、教科書の挿絵画家などとして活躍。大戦中の昭和19年には、米軍の空襲に備えて進められていた「建物疎開」に際し、建物の取り壊しで失われる町並みを記録するよう市から依頼。絵は貴重な歴史資料で、文化財指定の検討を。昭和の庶民史を語る会


岸谷勢蔵は、大阪精華美術学院で絵を学び、教科書の挿絵画家などとして活躍。大戦中の昭和19年には、米軍の空襲に備えて進められていた「建物疎開」に際し、建物の取り壊しで失われる町並みを記録するよう市から依頼。貴重な歴史資料で、文化財指定のご検討を!一部指定を望む声をお聞き下さい。昭和の庶民史を語る会



今回堺市博物館で展示されている第一次疎開地区記録は、5回にわたって行われた建物疎開のうち、最初に対象となった宿院周辺の風景を、岸谷が描いたもの。映画館や商店が並ぶ約2キロの町並みを、丁寧な観察と細やかな筆遣いで記録。建物の素材や貼り紙の文言、戦災のあともリアルに描かれている。昭和の庶民史を語る会



   気迫伝わる記録原画 戦前の堺描いた岸谷勢蔵展 堺市博物館
産経、2012.1.24 02:11
 戦前の堺の景色や風俗を描いた画家、岸谷勢蔵(1899〜1980年)の作品を集めた企画展「堺の近代〜郷土画家岸谷勢蔵の作品を中心に〜」が、堺市堺区の市博物館で開かれている。第二次世界大戦中に建物疎開で失われた町並みを克明に描いた「堺市第一次疎開地区記録」の原画も公開。同館は「『何としても後世に残さねば』という岸谷の気迫が資料から伝わってくる」としている。

 岸谷は現在の堺区大町東の木綿卸問屋の生まれ。大阪精華美術学院で絵を学び、教科書の挿絵画家などとして活躍した。大戦中の昭和19年には、米軍の空襲に備えて進められていた「建物疎開」に際し、建物の取り壊しで失われる町並みを記録するよう市から依頼された。

 今回展示されている第一次疎開地区記録は、5回にわたって行われた建物疎開のうち、最初に対象となった宿院周辺の風景を、岸谷が描いたもの。映画館や商店が並ぶ約2キロの町並みを、丁寧な観察と細やかな筆遣いで記録。建物の素材や貼り紙の文言なども書きとめられている。

 展示を担当した矢内一磨学芸員は「原画は19年7月から描かれ、10月に清書されている。炎天下の中、必死に記録を取った様子が感じられる」と話す。

 堺では昭和19年7月〜20年7月の間、5回行われた建物疎開で計3620戸の建物が壊され、1万1846人が疎開を余儀なくされた。さらに、20年7月の空襲で、市の中心部は壊滅的な被害を受けた。

 2月5日まで。入館料は大人200円、高校・大学生100円、小・中学生50円。月曜休館。問い合わせは同館((電)072・245・6201)。



堺市は、堺のまちの記憶を後世に伝えようと、市内の街並みや人々の暮らしぶりを写した写真をデジタル化し、保存する「堺メモリー」事業を。貴重な資料として多くの市民に活用、HP上での公開も目指す考えだ。市では、写真の収集やデジタル化の作業にボランティアで取り組む「サポーター」を募集。素晴らしい。昭和の庶民史を語る会


  堺市 街並みや暮らしデジタル化へ

 堺市は、堺のまちの記憶を後世に伝えようと、市内の街並みや人々の暮らしぶりを写した写真をデジタル化し、保存する「堺メモリー」事業を始める。今後、貴重な資料として多くの市民に活用してもらえるよう、ホームページ上での公開も目指す考えだ。市では、写真の収集やデジタル化の作業にボランティアで取り組む「サポーター」を募っている。

 写真の提供は市民らに呼びかけるほか、サポーターらの協力を得て地域の写真館や旧家などに個別に働きかけ、写真やネガフィルムの掘り起こしもする。集まった写真は、デジタルカメラやスキャナーを使ってデジタル化。色があせたり、カビで傷んだりしている写真は修復もする。

 市では実際の作業に取り組むサポーターに、作業の意義や手順などを説明する基調講座を今月29日と2月5日の2回開く。収集などの活動は4月から本格化させる予定。市は「堺市民の記憶を記録に残すために、多くの人に協力を呼びかけたい」と話している。

 講座の定員は40人で、2回とも受講できる人が対象。参加無料。申し込み、問い合わせは市中央図書館(072・244・3811)。(2012年1月9日 読売新聞)

戦争遺構、近現代産業遺産保存〜



沖縄県知事殿、沖縄県議会殿、本部町長殿、本部町議会殿、本部町教育委員会殿、文化庁殿。戦争遺構を歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。地元の声に、戦争遺構の研究をしている立場から関西からも応援させていただきます。活用されるようご検討を。戦争遺構研究会、14・12・15


宮城県知事殿、宮城県議会殿、山元町長殿、山元町議会殿、文化庁殿。東日本大震災で被災した山元町の旧中浜小校舎を震災遺構、被災の生き証人として、正しく評価して、将来、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。関西からも、地元の応援のために、保全再生を要望します。近代産業遺産研究会。14・12・13


東日本大震災で被災した山元町の旧中浜小校舎を震災遺構、被災の生き証人として、正しく評価して、将来、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・12・13・近代産業遺産研究会

宮城県知事殿、宮城県議会殿、山元町長殿、山元町議会殿、文化庁殿。

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

KA東日本大震災で被災した山元町の旧中浜小校舎を震災遺構として保存の在り方を検討する町震災伝承検討委員会の第4回会合が1日、町役場であり、校舎の保存や活用策で委員の意見がまとまらず、結論を次回に先送り〜貴重な被災遺産として、正しく評価して、保全活用についてご検討をお願いします。近代産業遺産研究会、14・12・12・、河北新報.12・03

予定では、今回で保存策などをまとめた提言書案を了承し年内に町に提出する運びだった。事務局の町側は、外観を現状保存する校舎の東側に隣接して学習スペースやエレベーターなどが入る建物を新設してつなぎ、一部をガラス張りにした廊下から教室などを見学できる案を〜被災の生き証人として保全再生を近代産業遺産研究会、14・12・12・、河北新報.12・03

委員からは「人を呼ぶ仕組み作りが必要だ」と賛同する意見の一方、「ありのままの姿を見せた方が震災の生々しさを伝えられる」と付帯設備を最小限に抑える提案も出た。災害時の避難やバリアフリー(障壁除去)への対応でも意見が分かれた〜考え方の違いはあるが、被災遺産の正しい評価が重要である。近代産業遺産研究会、14・12・12・、河北新報.12・03

  貴重な近代産業遺産を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その価値を生かして、文化財として保存・活用されるようご検討をお願いします。
   
    599−8126 堺市東区大美野155−13、

        近代産業遺産研究会、 TEL 072−236−3357。




 事務局は整備規模の縮小も含めて計画案を再検討し、来年1月中に予定する第5回会合で委員に提示する。木村委員長は「保存、活用策の理想像と安全対策が両立できるかが課題だ」と話した。


宮城 政治・行政.。旧中浜小保存、結論持ち越し 山元の震災遺構

 東日本大震災で被災した山元町の旧中浜小校舎を震災遺構として保存の在り方を検討する町震災伝承検討委員会(木村拓郎委員長)の第4回会合が1日、町役場であり、校舎の保存や活用策で委員の意見がまとまらず、結論を次回に先送りした。

 予定では、今回で保存策などをまとめた提言書案を了承し、年内に町に提出する運びだった。事務局の町側は、外観を現状保存する校舎の東側に隣接して学習スペースやエレベーターなどが入る建物を新設してつなぎ、一部をガラス張りにした廊下から教室などを見学できる案を示した。

 これに対し、委員からは「人を呼ぶ仕組み作りが必要だ」と賛同する意見の一方、「ありのままの姿を見せた方が震災の生々しさを伝えられる」と付帯設備を最小限に抑える提案も出た。災害時の避難やバリアフリー(障壁除去)への対応でも意見が分かれた。
 事務局は整備規模の縮小も含めて計画案を再検討し、来年1月中に予定する第5回会合で委員に提示する。木村委員長は「保存、活用策の理想像と安全対策が両立できるかが課題だ」と話した。




日刊旧建築 @alterbau ・ 12月3日
「旧中浜小保存、結論持ち越し 山元の震災遺構:宮城」 http://bit.ly/1Ag4naX "委員からは「人を呼ぶ仕組み作りが必要だ」と賛同する意見の一方、「ありのままの姿を見せた方が震災の生々しさを伝えられる」と付帯設備を最小限に抑える提案も出た。"




日本で初めて、本格的な西洋競馬が継続して開催されたのが、1866(慶応2)年に開設された神奈川県横浜市の根岸競馬場。開設当時は居留地の外国人が運営する競馬場だったのですが、後に日本人による運営に代わり、馬券も発売される。 明治建築研究会、14・12・12・おたくま経済新聞。第28回 戦前の競馬場を訪ねる


後に横浜競馬場と改称された根岸競馬場は、昭和17年の開催を最後に翌年海軍用地となり、スタンド内部には印刷工場が造られた。戦後は進駐軍が接収してスタンドは印刷工場、コース内側にあったゴルフ場はそのままレクリエーションの為のゴルフ場。明治建築研究会、14・12・12・おたくま経済新聞。第28回 戦前の競馬場を訪ねる


後にアメリカ海軍が管理する土地と。終戦間もなくからの度重なる要請に応え、敷地が返還され始めたのは昭和39年。昭和44までに大部分が返還され、現在はJRAが管理する「根岸競馬記念公苑」と横浜市の「根岸森林公園」に。昭和5年竣工の一等馬見所(スタンド)が残る。明治建築研究会、14・12・12・おたくま経済新聞。第28回 戦前の競馬場を訪ねる

設計はベーリック・ホール、関東学院など、横浜の建物を多く手がけたジェイ・H・モーガン。施工は大倉土木(現:大成建設)。かつては隣接する二等馬見所や下見所(パドック)なども残っており、一等馬見所と共にYMOの映像作品『PROPAGANDA』(1984年)のロケ地、昭和の末に老朽化の為、取り壊し。明治建築研究会、14・12・12・おたくま経済新聞。第28回 戦前の競馬場を訪ねる







おたくま経済新聞。Home。建物萌の世界。雑学

【建物萌の世界】第28回 戦前の競馬場を訪ねる

update:2014/11/建物萌の世界, 雑学。JRA, 競馬
.
今年、2014年はJRA(日本中央競馬会)創立60周年。記念の年として、記念競走を含めて様々なイベントが開催されています。戦前から競馬を開催していた日本競馬会(独占禁止法に抵触するとしてGHQの命により1948年解散)を引き継いだ国営競馬の受け皿として、1954(昭和29)年に公布された日本中央競馬会法に基づいて設立されたのが、日本中央競馬会という訳です。従来の「NCK」に代わり、JRAの略称を対外的に使うようになったのは1987(昭和62)年のこと。



【関連:おたく温故知新−第6回 競馬にもアニメ・まんがが進出! おたく馬名の数々】

そこで今回は、昔の競馬を感じさせる場所を訪ねてみようと思います。
日本で初めて、本格的な西洋競馬が継続して開催されたのが、1866(慶応2)年に開設された神奈川県横浜市の根岸競馬場。開設当時は居留地の外国人が運営する競馬場だったのですが、後に日本人による運営に代わり、馬券も発売されるようになります。ちなみに、日本人の所有馬で初めて勝ったのが、西郷隆盛の弟、西郷従道のミカン。騎手も自身が務めた上での勝利でした。
後に横浜競馬場と改称された根岸競馬場は、1942年(昭和17)年の開催を最後に翌年海軍用地となり、スタンド内部には印刷工場が造られました。戦後は進駐軍が接収してスタンドは印刷工場、コース内側にあったゴルフ場はそのままレクリエーションの為のゴルフ場となり(いわば「居抜き」ですね)、後にアメリカ海軍が管理する土地となります。終戦間もなくからの度重なる要請に応え、敷地が返還され始めたのは1964(昭和39)年。1969(昭和44)までに大部分が返還され、現在はJRAが管理する「根岸競馬記念公苑」と横浜市の「根岸森林公園」になっています。そこには、1981(昭和56)年に返還された1930(昭和5)年竣工の一等馬見所(スタンド)が残り、根岸競馬場の向正面部分に当たる根岸競馬記念公苑からは、木立からスタンド上部が顔を覗かせている様子を見られます。

根岸競馬場跡全体図
根岸競馬記念公苑から見た一等馬見所


設計はベーリック・ホール、関東学院など、横浜の建物を多く手がけたジェイ・H・モーガン。施工は大倉土木(現:大成建設)。かつては隣接する二等馬見所や下見所(パドック)なども残っており、一等馬見所と共にYMOの映像作品『PROPAGANDA』(1984年)のロケ地として知られていたのですが、昭和の末に老朽化の為、取り壊されました。

旧根岸競馬場一等馬見所


目玉のように見える塔屋上部にある丸窓の周囲は、遠目からだとボロボロになっているように見えますが、実は植物文様の装飾。

塔屋のアップ
当時の写真や復元模型を見ると、かつてはスタンド上部に屋根があり、その上に貴賓室や決勝審判室などがあったことが判ります。屋根の骨組は戦後も長く残っていましたが、2000年代に老朽化で崩落の危険がある為撤去されました。

復元模型

現在の様子


現在、この一等馬見所は横浜市の所有となっていますが、建物に接した旧4コーナーからホームストレッチにかけての敷地は、現在もアメリカ海軍根岸住宅地区となっており、観客席側の様子はそちらからしか窺うことができません。根岸住宅地区は日米間で返還が合意されているので、将来的には全体をぐるりと見て回ることができるでしょう。
ただ、建物の修復作業は全くと言っていいほど行われておらず、現在は耐震性に問題があるとのことで周囲をフェンスで囲い、立ち入り禁止になっています。根岸住宅地区返還後は、歴史的遺産として保存・活用していくことが考えられますが、修復費用が莫大で、横浜市の予算だけでは負担しきれない……という話もあります。全体をツタが覆い、コンクリートも劣化が進んでいるように見えるので、はたして残していけるのか心配なところ。

ツタがはう観客席
根岸競馬場のスタンドは立ち入り禁止ですが、現在も戦前そのままの姿で活用されている競馬場のスタンドが宮崎にあります。
宮崎神宮のすぐそば、宮崎市花ヶ島町にある旧宮崎競馬場は1907(明治40)年開設。戦時中の1944(昭和19)年に陸軍に接収され、戦後はJRAに返還されたものの競馬は再開されず、地方競馬が施設を借り受けて競馬を開催していました。が、これも1963(昭和38)年、赤字ではなく馬資源の枯渇(出走馬が確保できなくなった)という、今では信じられないような理由で廃止されてしまいます。それ以降は1956(昭和31)年から競馬場施設を利用して始まっていた、抽せん馬(現:JRA育成馬)育成事業の施設として活用されるようになり、現在は宮崎育成牧場と改称されています。また、利用者登録制のWINS宮崎も併設。
ここに残されているのは、1931(昭和6)年に作られた旧一等馬見所(スタンド)。戦後の地方競馬開催時にも使われていたので、きれいに整備された状態です。

旧宮崎競馬場一等馬見所

装飾の少ない、ある意味モダンなデザインですが、事務所の入口とおぼしき部分の庇には若干の装飾的要素があります。観客席にはコース側からの他、裏側から最上段へ通じる階段が左右に。

建物入口
観客席への階段


屋根を支える骨組はリベットで組み上げられており、無骨な表情を見せています。所々にある柵は木製。こまめに手入れしているのか、腐食はほとんど見受けられません。
屋根を支える鉄骨
木製の柵

上部には決勝審判室だったと思われる部屋、観客席の最上段には放送室があります。内部にはかつて使われていた放送機器がそのまま残っていました。

最上部に決勝審判室らしき部屋が
旧放送室


観客席の下にあたる部分は、現在馬場や施設管理に使う資材倉庫となっています。

観客席の真下
この旧一等馬見所を含む地域は一般に開放されており、タイミングが良ければJRA育成馬の調教風景を見ることができます。「馬に親しむ日」や、育成馬を売却するセリであるブリーズアップセール前に行われる「育成馬展示会(旧称:馬の卒業式)」などでは、来場者がここでイベントを楽しむ姿が。ダートコース(中央競馬の規格なので一周1600m)を走る馬を見ていると、競馬場時代の様子が何となく想像できます。

イベントでスタンドに集まる人々
競馬場時代を想像できる


根岸(横浜)競馬場と宮崎競馬場は、戦後一度も中央競馬は開催されていないのですが、1991(平成3)年まで「開催休止中の競馬場」という扱いでした。これは競馬法施行規則で、1場ごとの開催日数の制限があり、この2場分の開催日数を「競馬が開催できない場合は、その開催日数を他の競馬場に振り分けることができる」という規定を使って他場に振り替えることで、全体の開催日数を確保していたから、という事情もあったものです。1991(平成3)年の競馬法改正に伴う規則(農林水産省令)改正で制限が緩和された為、無理に「休止」扱いを続ける必要がなくなり、実情に合わせ競馬場としては正式に廃止されました。
この他、戦前の競馬場スタンド遺構としては、鳴尾競馬場(旧阪神競馬場)の一等馬見所がごく一部、とある女子高の施設として保存されています。貴賓室を中心とした玄関と建屋部分のみで、観客席は残されていません。この建物は戦時中、競馬場が鳴尾飛行場として転用された際、管制塔として使用されたという歴史も。
日本ダービーやジャパンカップをはじめとする大レースが開催される、府中市の東京競馬場。ここには、1933(昭和8)年の開場から1967(昭和42)年まで使用された初代スタンドの面影を残すものがあります。

初代スタンドのデザインを残す馬霊塔
新スタンド(2代目スタンド)完成の1968(昭和43)年、初代スタンドの特徴であった塔屋のデザインを模して作られた馬霊塔です。ここには馬頭観音の他、馬主や調教師らが建立した、斃死した馬の墓碑も並んでいます。最も知られているのが、旧名パーフェクトの通り生涯10戦10勝、1951(昭和26)年の日本ダービーをレコード勝ちした10日後、破傷風により急死したトキノミノルのもの。馬主の永田雅一と親交が深かった作家の吉屋信子が追悼文に書いた「ダービーを勝つために生まれてきた幻の馬」という言葉が有名です。

幻の馬トキノミノル碑
大映の社長であった永田雅一はこの後、トキノミノルをモデルにした映画『幻の馬』(1955年)も製作しています。東京競馬場でカメラを併走させてレース場面を撮るという、JRA全面協力の素晴らしい作品なのですが、映像ソフト化されていない幻の映画となっています。この他八大競走優勝馬では、1935(昭和10)年のダービー馬でレース後の調教中に故障し、予後不良となったガヴアナー、春の天皇賞を制した唯一の牝馬レダ(天皇賞を制した1953年秋、毎日王冠のレース中に故障し、それが元で死亡)の墓碑も。

ダービー馬ガヴアナー碑
天皇賞馬レダ碑

また、有馬記念が行われる千葉県の中山競馬場には、正門の奥に戦前に作られた旧正門が「メモリアルゲート」として保存されており、かつての姿を見ることができます。競馬場に行った際、これら昔の痕跡を探してみるのも一興ですよ。(文・写真:咲村珠樹)



【東京電力】ご意見・ご要望への回答14・12・03

echo@tepco.co.jp (echo@tepco.co.jp)
近代産業遺産研究会 様

 私どもの福島第一原子力発電所の事故により、今なお、発電所周辺地域をはじめとした福島県のみなさま、広く社会のみなさまに大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、改めて心より深くお詫び申し上げます。

 この度は、弊社送電設備に関するご提案を頂きましてありがとうございます。

 貴重な御意見として承らせて頂きます。

 御礼まで。

**********
 東京電力株式会社
  お客さま相談室
電話:050-3066-3033
**********



突然失礼します。福島から東京へ送電開始100年になる鉄塔・貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として、正しく評価して、将来、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。東京電力殿、福島県知事殿、福島県議会殿、栃木県知事殿、栃木県県議会殿、文化庁殿。関西からも、ご検討を、要望します。14・12・03・近代産業遺産研究会


福島から東京へ送電開始100年になる鉄塔・貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として、正しく評価して、将来、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・12・03・近代産業遺産研究会

東京電力殿、福島県知事殿、福島県議会殿、栃木県知事殿、栃木県県議会殿、文化庁殿。

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

A福島県の水力発電所から東京へ直接送電が始まって、3日で100年。福島を「首都圏の電力供給基地」に変えるきっかけとなった送電線。猪苗代湖の西岸から東京へ向けて建てられた鉄塔のうち、335基がいまも現役として大地に立つ〜将来、貴重な近代産業遺産として文化財登録の検討を要望します。近代産業遺産研究会、14・12・03・A

旧幹線が残るのは猪苗代湖西岸から栃木県・那須野変電所までの89キロ。米国と英国の技術顧問から指導を受け、この区間には443基の鉄塔が建設。部材は米国から輸入され鉄鋼王アンドリューカーネギーが創業したカーネギー社を示す「CARNEGIE」の文字が残る〜近代の文化財としての保全を!近代産業遺産研究会、14・12・03・A

旧幹線が残るのは猪苗代湖西岸から栃木県・那須野変電所までの89キロ。米国と英国の技術顧問から指導を受け、この区間には443基の鉄塔が建設。部材は米国から輸入され鉄鋼王アンドリュー・カーネギーが創業したカーネギー社を示す「CARNEGIE」の文字が残る〜近代の文化財としての保全を!近代産業遺産研究会、14・12・03・A

  貴重な近代産業遺産を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その価値を生かして、文化財として保存・活用されるようご検討をお願いします。
   
    599−8126 堺市東区大美野155−13、

        近代産業遺産研究会、 TEL 072−236−3357。







朝日新聞デジタル。福島から東京へ送電開始100年 鉄塔335基なお現役。編集委員・上田俊英。2014年12月3日08時38分


写真・図版
100年前に建てられた送電鉄塔=福島県会津若松市、福留庸友撮影

 福島県の水力発電所から東京へ直接送電が始まって、3日で100年になる。福島を「首都圏の電力供給基地」に変えるきっかけとなった送電線。猪苗代湖の西岸から東京へ向けて建てられた鉄塔のうち、335基がいまも現役として大地に立つ。

 送電線は「猪苗代旧幹線」と呼ばれる。明治〜大正期の電力会社・猪苗代水力電気が、猪苗代第一発電所(福島県会津若松市)とともに建設した。東京・田端変電所へ電気を送るためだ。戦後に所有権を得た東京電力によると、送電距離は225キロ、電圧は11万5千ボルトで、いずれも当時の国内最高だった。

 旧幹線が残るのは猪苗代湖西岸から栃木県・那須野変電所までの89キロ。米国と英国の技術顧問から指導を受け、この区間には443基の鉄塔が建てられた。部材は米国から輸入され、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーが創業したカーネギー社を示す「CARNEGIE」の文字が残る。




@alterbau ケン・コーポレーション殿。多くの市民、建築専門家などから保全再生の要望の声を無視して、生糸貿易の拠点として横浜発展の礎となった旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の解体工事を強行した件について厳重に抗議する。近代産業遺産研究会

@alterbau 企業の社会的な使命として貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として正しく評価して補強、文化財にして保全・活用すべきだあった。貴重な近代産業遺産を、後世に悔いを残さないようその価値を生かして、活用されるようお願いしましたが解体は残念でならない。関西からも応援を!

@alterbau K1明治末期に建てられ、輸出用生糸を収めた旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区)の解体が5日、着工。「横浜赤レンガ倉庫より古い横浜最古の倉庫。重要文化財級、いや世界遺産級の価値」〜最終段階で、後世に悔いを残さないように文化財にして保全再生を図るべきだ

@alterbau 2横浜市都市デザイン室と生涯学習文化財課に、東京都港区のケン・コーポレーションが今年5月、市に解体の意向を伝達。日本建築学会関東支部や日本建築家協会関東甲信越支部、市文化財保護審議会の委員有志などが保存要望書を提出〜この建築は、歴史的、文化的に重要な歴史建築



ケン・コーポレーション殿。多くの市民、建築専門家などから保全再生の要望の声を無視して、生糸貿易の拠点として横浜発展の礎となった旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の解体工事を強行した件について厳重に抗議する。近代産業遺産研究会、14・12・03

企業の社会的な使命として貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として正しく評価して補強、文化財にして保全・活用すべきだあった。貴重な近代産業遺産を、後世に悔いを残さないようその価値を生かして、活用されるようお願いしましたが解体は残念でならない。地元の保存の声に答えるよう関西からも応援。近代産業遺産研究会、14・12・03

      



ケン・コーポレーション殿。

多くの市民、建築専門家などから保全再生の要望の声を無視して、生糸貿易の拠点として横浜発展の礎となった旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の解体工事を強行した件について厳重に抗議する。企業の社会的な使命として、貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として正しく評価して補強、文化財にして保全・活用すべきだあった。近代産業遺産研究会、14・12・03



K1明治末期に建てられ、輸出用生糸を収めた旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の解体が5日、着工。「横浜赤レンガ倉庫より古い横浜最古の倉庫。重要文化財級、いや世界遺産級の価値」〜最終段階で、後世に悔いを残さないように文化財にして保全再生を図るべきであった。近代産業遺産研究会、14・11・07、K



2横浜市都市デザイン室と生涯学習文化財課に、東京都港区のケン・コーポレーションが今年5月、市に解体の意向を伝達。日本建築学会関東支部や日本建築家協会関東甲信越支部、市文化財保護審議会の委員有志などが保存要望書を提出〜この建築は、歴史的、文化的に重要な歴史建築であった。近代産業遺産研究会、14・11・07、K

 
 貴重な近代産業遺産を、後世に悔いを残さないようその価値を生かして、活用されるようお願いしましたが、解体は残念でならない。地元の保存の声に答えるよう関西から、応援させていただきましたが、無念である。      
     堺市東区大美野155−13、近代産業遺産研究会、 TEL 072−236−3357





明治末期の1910年に建てられ、生糸貿易の拠点として横浜発展の礎となった旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の取り壊し。

失われる歴史的建造物〈上〉「歴史を生かしたまちづくり」どこへ。神奈川新聞、2014.11.30 03:00:00

近年姿を消した横浜市中区の歴史的建造物(カッコ内は年)。横浜松坂屋(2008解体)

 明治末期の1910年に建てられ、生糸貿易の拠点として横浜発展の礎となった旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の取り壊しが進んでいる。失われるのは、「歴史的な倉庫」だけではない。横浜市の文化財、都市景観行政の大きな「挫折」として、後世まで語り継がれるかもしれない。



 「横浜市は、いつからこんなふうになってしまったのか」。倉庫の保存を訴えてきた専門家団体、横浜歴史資産調査会の米山淳一事務局長は嘆く。「以前は失われた歴史的建造物のことを話すとき『横浜ならば残せただろうに』と言われたが、その横浜でこれほど貴重な建物が危機にひんしているとは…」


●熱意

 かつて市側が開発業者と、歴史的建造物を守るため侃々諤々の議論を行ったことがある。2007年、市長の諮問機関である都市美対策審議会での一幕だ。


 中区の北仲通北地区の再開発をめぐり、森ビルなど数社からなる再開発協議会が、建物の高さ制限を31メートルから100〜200メートルへと緩和するよう市に求めていた。緩和の条件に値する「地域貢献」として市が協議会側に求めたのが、地区内にあった帝蚕倉庫群の何らかの形での保存だった。


 帝蚕倉庫といえば、生糸貿易で発展した横浜の象徴の一つといえる。関東大震災後の1926(大正15)年に完成し、横浜に集まる全ての生糸荷物を一括管理した。設計は、くしくも旧物産倉庫と同じく横浜ゆかりの建築家、遠藤於菟(おと)。


 審議会では、明確な保存プランを提示しなかった協議会に対し、時に厳しい言葉も飛んだ。「説明責任が果たされていない」「この資料からは貢献の度合いが全く分からない」。そうやって問いながら、緩和に見合う「地域貢献」を明確化させたのが、オブザーバー委員の都市デザイナー、故・北沢猛東大教授だった。


 結果、緩和条件として市都市整備局は「公開空地」「文化創造活動拠点」など五つの条件の中に「歴史的建造物等の保存・復元等」を明示。当時現存していた帝蚕倉庫4棟のうち1棟を丸ごと保存、もう1棟も新築したビルの壁面に復元し「倉庫が連なる空間」が残されることになった。


●変質

 しかし熟慮の成果はあっさりとほごにされた。08年のリーマン・ショックによる再開発の凍結を経て、事業者側は倉庫全棟の解体を表明。市も、「耐震性に問題がある」などとした事業者側の見解を追認した。07年の審議会の議論を通じ、市都市デザイン室が「保全活用の方向性を協議する」としていた地区内の万国橋ビル(1928年建造)も、2013年にあっけなく壊され跡形もない。


 帝蚕倉庫の問題は、旧物産倉庫の解体問題と無関係ではない。そのつながりが、文化庁OBの建築史家、堀勇良・同調査会理事の手元に残された「北沢メモ」からうかがえる。


 題は「横浜・三井物産ビルの保存問題について」。作成日は北沢が市都市デザイン室に在籍していた1982年7月12日。当時倉庫を所有していた三井物産の子会社、物産不動産が、既に取り壊しを検討していたことが分かる。その懸念を説明した上で、北沢はビルと倉庫の価値を説く。


 「横浜の生糸貿易全盛期を支え、震災・戦災に耐え生き残った三井物産ビルは、その市民的価値はもとより、我国の歴史的遺産として、保存・活用していく必要がある」「倉庫は、レンガ造一部鉄筋コンクリート造であり、(全鉄筋のビルと)隣り合って技術の変化が示されている」


 このメモが契機の一つになり、歴史的建造物の保存活用を推進する市の「歴史を生かしたまちづくり」がスタートしたといわれる。今、失われつつあるのは、その原点だ。米山事務局長は強調する。「キタ(北沢)さんたち先達に申し訳ない。まだ諦めない」【神奈川新聞】







M兵庫県尼崎市で05年4月に発生したJR福知山線脱線事故で、電車が衝突したマンションについてJR西日本は、一部を保存する最終案を被害者側に示す。9階建て建物(高さ約27m)の1〜4階(同約13m)を階段状に残す。来年春までに整備計画を決め15年度から3年程度の工期を見込む〜万歳!。近代産業遺産研究会、14・12・01・M


線路の反対側の敷地には、祈りをモチーフとした薄いグレーの慰霊碑を。両脇には、事故の概要を説明する碑と遺族が望む犠牲者の氏名を刻んだ碑も置く。概要を説明する碑には、「極めて重大な事故を起こしたことを心からおわびし、このような事故を二度と発生させず安全な鉄道を築いていくことを誓う」と。近代産業遺産研究会、14・12・01・M


遺族の意見を整理したところ、意見を寄せた90組のうち8割近くが大筋で賛同し、1割強も容認。残りの1割強は「今回案と異なる意見」で、全部保存や全部撤去を望んでいた。最終案は、こうした遺族の意向を一部取り入れてまとめた〜反対も聞くが、悲惨な事故を忘れないためにも、実物の保存は、重要! 。近代産業遺産研究会、14・12・01・M



尼崎脱線:4階まで階段状に保存…現場整備、JR最終案。毎日新聞 2014年11月29日 15時01分(最終更新 11月29日 17時23分)

JR西日本が29日、被害者に示した福知山脱線事故の現場マンションの保存イメージ図

 兵庫県尼崎市で2005年4月に発生したJR福知山線脱線事故で、電車が衝突したマンションについてJR西日本は29日、一部を保存する最終案を被害者側に示した。9階建て建物(高さ約27メートル)の1〜4階(同約13メートル)を階段状に残す。来年春までに整備計画を決め、15年度から3年程度の工期を見込んでいる。事故発生10年を控え、現場のあり方に道筋を付けた。

 ◇発生10年の来年度着工

 同県伊丹市で開いた被害者説明会で示した。1階部分を全て残し、上階に行くに従って保存部分を小さくして階段状にする。建物をアーチ状の屋根で覆い、線路側には壁を設ける。電車の乗客からの視線を遮る一方、運転士の視界には入るようにして事故現場を意識させるためだ。屋根に自然光が入る窓を設けたり、壁の一部を透明ガラスにしたりして、開放的な空間になるよう努める。

 線路の反対側の敷地には、祈りをモチーフとした薄いグレーの慰霊碑を設ける。さらに両脇には、事故の概要を説明する碑と、遺族が望む犠牲者の氏名を刻んだ碑も置く。概要を説明する碑には、「極めて重大な事故を起こしたことを心からおわびし、このような事故を二度と発生させず安全な鉄道を築いていくことを誓う」と記す。

 JR西は事故後、マンションの建物や周辺の土地を取得し、現場のあり方について12年から被害者にアンケートを繰り返した。被害者らの意見に「全部保存」から「全部撤去」まで幅があり、昨年11月に1、2階を中心に一部保存する4案を提示、今年7月には1案に絞り込んだ。

 遺族の意見を整理したところ、意見を寄せた90組のうち8割近くが大筋で賛同し、1割強も容認した。残りの1割強は「今回案と異なる意見」で、全部保存や全部撤去を望んでいた。最終案は、こうした遺族の意向を一部取り入れてまとめた。

 負傷者と遺族を対象にした説明会は、30日も開催する。【木村健二、生野由佳、大森治幸】



NK鳥取県琴浦町は、鳥取藩が幕末の1863年に沿岸防衛のために築いた赤碕台場跡(同町赤碕)の発掘調査を。台場の一部が出土し、鳥取藩台場の土塁の構造や築造技術が初めて判明。保存状態は良好で来年7月にも国史跡の指定を。台場に付属する防御施設という説が〜文化財指定が楽しみ。戦争遺構研究会、14・11・28、日本海新聞



日刊旧建築 @alterbau 11月26日
「設計図通り築造か 赤碕台場の発掘調査進む:鳥取」 http://bit.ly/1tsrBoT "琴浦町は、鳥取藩が幕末の1863年に沿岸防衛のために築いた赤碕台場跡(同町赤碕)の発掘調査を進めている。台場の一部が出土し、鳥取藩台場の土塁の構造や築造技術が初めて判明した。"

日本海新聞、2014年11月25日設計図通り築造か 赤碕台場の発掘調査進む

 鳥取県琴浦町は、鳥取藩が幕末の1863年に沿岸防衛のために築いた赤碕台場跡(同町赤碕)の発掘調査を進めている。台場の一部が出土し、鳥取藩台場の土塁の構造や築造技術が初めて判明した。保存状態は良好で来年7月にも国史跡の指定を目指す。台場に付属する防御施設という説がある「謎の石塁」も関連を調査する。

盛り土を掘り下げて出土した赤碕台場の一部を調べる作業員=琴浦町赤碕設計図を基に作成した平面図。海岸に造られ大砲3基や火薬庫3カ所を置いた。南側には松並木があった.

■半円形の土塁

 赤碕台場の設計図は鳥取県立博物館に保存されている。日本海に面して半円形の土塁が築かれ大砲3基、火薬庫3カ所を設置した。

 最も高い所に護胸壁が築かれ、その手前に一段低く砲壇が設けられて大砲が据えられた。さらに一段低い所が往来で火薬庫への通路になり、最低部が広場となる。西側には広場を守る土塁が築かれた。

 同台場跡は1957年、国道9号の新設工事に伴う残土の処分地となり埋められた。工場が建設されたが今は空き地になっている。

 1988年、鳥取藩台場跡(由良・境・淀江・橋津)は国史跡に指定。赤碕台場跡は地主の同意が得られなかったため見送られた。浦富も追加指定され、現存する台場で唯一指定外のままだ。■「版築」を使う


M行ってみたい日本の世界遺産トップは屋久島(鹿児島)−。JTBが実施した調査によると、今後訪れたい日本の世界遺産の1位は屋久島。「屋久杉や自然の森を体感したい」といった理由が。2位は知床(北海道)、3位は小笠原諸島(東京)、4位は白神山地(青森、秋田県)〜歴史遺産も訪れてください。近現代史研究会、14,11,25、M


日本の世界遺産:行ってみたい…トップは屋久島。毎日新聞 2014年11月25日 13時13分(最終更新 11月25日 14時09分)

 行ってみたい日本の世界遺産トップは屋久島(鹿児島)−−。JTBが実施した調査によると、今後訪れたい日本の世界遺産の1位は屋久島だった。「屋久杉や自然の森を体感したい」といった理由が多かった。2位は知床(北海道)、3位は小笠原諸島(東京)、4位は白神山地(青森、秋田県)と、現在登録されている四つの自然遺産全てが1〜4位を占めた。


 世界遺産には貴重な生態系などの自然遺産と、歴史的建造物や遺跡の文化遺産などがあるが、今回の調査では、自然遺産に人気が集まった。

 調査は7月31日〜8月7日にインターネットで実施。全国の男女計2033人から回答を得た。(共同)


A東京湾要塞は、旧日本陸軍が東京湾一帯に築いた。史跡への指定が答申されたのは、西洋の築城技術を導入した猿島砲台跡と千代ケ崎砲台跡。近代以降の戦争や軍事に関係する文化財は原爆ドーム(広島市)と西南戦争遺跡(熊本市など)が史跡に〜これを契機に少ない戦争遺構への再評価が高まれば幸いです戦争遺構研究会、14,11,24、A



東京湾要塞の砲台跡など13件、史跡に 文化審が答申。史跡への指定が答申された東京湾要塞の千代ケ崎砲台跡に残る砲座の跡=神奈川県横須賀市〜戦争遺構の史跡への指定答申万歳。次は、和歌山県、兵庫県にまたがる明治期の煉瓦造の砲台、弾薬庫など貴重な旧由良要塞跡のご検討を!戦争遺構研究会。戦争遺構研究会、14,11,24、A



朝日新聞デジタル。東京湾要塞の砲台跡など13件、史跡に 文化審が答申。2014年11月24日16時53分

写真・図版
史跡への指定が答申された東京湾要塞(ようさい)の千代ケ崎砲台跡に残る砲座の跡=神奈川県横須賀市、文化庁提供

 文化審議会は、明治時代に首都防衛のためにつくられた「東京湾要塞(ようさい)跡」の二つの砲台跡(神奈川県横須賀市)や、飛鳥時代の築造で国内最古の人工池とされる「狭山池」(大阪府大阪狭山市)など13件を新たに史跡に指定するよう、文部科学相に答申した。名勝10件、天然記念物1件、登録記念物5件、重要文化的景観3件の新規の指定や登録なども答申した。

 東京湾要塞は、旧日本陸軍が東京湾一帯に築いた。そのうち、史跡への指定が答申されたのは、西洋の築城技術を導入した猿島砲台跡と千代ケ崎砲台跡。近代以降の戦争や軍事に関係する文化財は原爆ドーム(広島市)と西南戦争遺跡(熊本市など)が史跡になっている。


@monokaki_minami いろいろむつかしい問題はあると思いますが、震災遺構は、後世のために、震災の生き証人として、歴史的、文化的に重要なので保全活用について、再度、ご検討をお願いします。現在は辛くて、見たくないとの意見も強いようですが、時間が経てば保存の意見もでるかも?近代産業遺産研究会、14・11・20




宮城県南三陸町志津川の町防災対策庁舎は、赤い鉄骨と玄関入り口の屋根だけが残る。玄関には折り鶴や供物が置かれ、線香も焚かれている。東日本大震災の遺構が次々と壊されているが、村井嘉浩宮城県知事が防災対策庁舎の保存を検討。有識者会議の結論を待つ〜もう一度保存の検討を!近代産業遺産研究会、14・11・20、 東京ブレイキングニュース。

南三陸町「防災対策庁舎」の保存問題は年内に結論へ。そんな中、「南三陸町防災対策庁舎を考える町民運動」は18日、町に対して「話し合いの場」の設置を求める署名を提出。しかし、町は「すでに解体を決めている。受け取る立場にない」と〜解体計画の変更を!震災の生き証人として、保存・活用を!近代産業遺産研究会、14・11・20、 東京ブレイキングニュース。



「南三陸町防災対策庁舎を考える町民運動」は、防災対策庁舎に関して、町内では「保存」「解体」「結論を出すまで十分な議論」という三者三様の意見が「さらなる議論の場の設置」と「議論を進める時間の確保」を求めている。町内の署名は90筆だが、町外からは1440筆が集まる〜再度、保存計画を!近代産業遺産研究会、14・11・20、 東京ブレイキングニュース。




町と、保存を検討している県の震災遺構有識者会議に書名簿を提出する。

 2011年3月11日の東日本大震災の発生時、南三陸町は津波が6メートルという予想だった。町防災対策庁舎は3階建て。そこの2階の危機管理課に町災害対策本部が置かれた。同課の女性職員は無線で避難を呼びかけ続けた。しかし、15時25分ごろ、本庁舎に津波が襲った。そこで放送は途切れた。呼びかけた女性職員は死亡した。屋上には約30人が避難し、佐藤仁町長ら11人が生還したが、ほかの職員や住民は犠牲となった。

 震災後、骨組みだけとなった町防災対策庁舎は、モニュメント的な存在になり、多くの観光客が訪れている。保存を求める声があり佐藤町長は保存方向を示していた。しかし、町防災対策庁舎は悲しみの象徴でもある。町民からは「解体」「保存」「解体を先延ばし、十分な議論を」という3種類の請願が町議会に出された。議会では「解体」のみを採択。佐藤町長も「解体」を表明した。

 しかし村井知事が「県民全体が関心を持っている」などと言い、国に対して保存費用を要請していた。復興庁も震災遺構の保存に前向きとなり、保存費用の一部を助成することになった。県の震災遺構有識者会議で現在、保存するかどうか議論中だ。町では、「有識者会議で議論の間は手をつけていない。しかしすでに町では、3つの陳情が出て、議会としても、町長としても解体と結論が出ている。受け取る立場にない」として、署名は受け取らなかった。

 また、県庁も訪れて、有識者会議の事務局に署名を提出し、受理された。有識者会議では年内に結論を出すことにしている。

「町民運動」の発起人の一人、佐々木光之さんは「あの場所でお子さんを亡くされた御夫婦もお互いに逆の意見を持つ。それだけデリケートな存在だ。それぞれの意見を表明しあう、ゆるやかな話し合いの場が持てないかと思ってスタートした署名活動です。壊す前にもう一度立ち止まり、色々な立場からの意見を出し合う機会をぜひつくって頂きたい」と話していたが、町が受け取らず疲れている様子だった。Written Photo by 渋井哲也



2014.11.19 17:20 東京ブレイキングニュース。【震災遺構】南三陸町「防災対策庁舎」の保存問題は年内に結論へ

 宮城県南三陸町志津川の町防災対策庁舎(画像=14年7月12日撮影)は、赤い鉄骨と、玄関入り口の屋根だけが残されている。玄関には折り鶴や供物が置かれ、線香も焚かれている。東日本大震災の遺構が次々と壊されているが、村井嘉浩宮城県知事が防災対策庁舎の保存を検討。有識者会議の結論を待つ。

 そんな中、「南三陸町防災対策庁舎を考える町民運動」は18日、町に対して「話し合いの場」の設置を求める署名を提出した。しかし、町は「すでに解体を決めている。受け取る立場にない」(総務課)として受け取らなかった。

「南三陸町防災対策庁舎を考える町民運動」は、防災対策庁舎に関して、町内では「保存」「解体」「結論を出すまで十分な議論」という三者三様の意見があるため、「さらなる議論の場の設置」と「議論を進める時間の確保」を求めている。町内の署名は90筆だが、町外からは1440筆が集まった。町と、保存を検討している県の震災遺構有識者会議に書名簿を提出する。

 2011年3月11日の東日本大震災の発生時、南三陸町は津波が6メートルという予想だった。町防災対策庁舎は3階建て。そこの2階の危機管理課に町災害対策本部が置かれた。同課の女性職員は無線で避難を呼びかけ続けた。しかし、15時25分ごろ、本庁舎に津波が襲った。そこで放送は途切れた。呼びかけた女性職員は死亡した。屋上には約30人が避難し、佐藤仁町長ら11人が生還したが、ほかの職員や住民は犠牲となった。

 震災後、骨組みだけとなった町防災対策庁舎は、モニュメント的な存在になり、多くの観光客が訪れている。保存を求める声があり佐藤町長は保存方向を示していた。しかし、町防災対策庁舎は悲しみの象徴でもある。町民からは「解体」「保存」「解体を先延ばし、十分な議論を」という3種類の請願が町議会に出された。議会では「解体」のみを採択。佐藤町長も「解体」を表明した。

 しかし村井知事が「県民全体が関心を持っている」などと言い、国に対して保存費用を要請していた。復興庁も震災遺構の保存に前向きとなり、保存費用の一部を助成することになった。県の震災遺構有識者会議で現在、保存するかどうか議論中だ。町では、「有識者会議で議論の間は手をつけていない。しかしすでに町では、3つの陳情が出て、議会としても、町長としても解体と結論が出ている。受け取る立場にない」として、署名は受け取らなかった。

 また、県庁も訪れて、有識者会議の事務局に署名を提出し、受理された。有識者会議では年内に結論を出すことにしている。

「町民運動」の発起人の一人、佐々木光之さんは「あの場所でお子さんを亡くされた御夫婦もお互いに逆の意見を持つ。それだけデリケートな存在だ。それぞれの意見を表明しあう、ゆるやかな話し合いの場が持てないかと思ってスタートした署名活動です。壊す前にもう一度立ち止まり、色々な立場からの意見を出し合う機会をぜひつくって頂きたい」と話していたが、町が受け取らず疲れている様子だった。Written Photo by 渋井哲也



朝日新聞デジタル。愛知)春日井に残るトンネル群、22日から一般公開。2014年11月19日03時00分


写真・図版
2012年秋の一般公開。右手は庄内川=愛知県春日井市

 明治時代の開通当時のまま愛知県春日井市に残る旧国鉄中央線のトンネル群が、22日から30日まで一般公開される。紅葉と重なる秋は全国から約2万人が訪れるようになり、公開日数を従来の5〜6日から9日に増やした。土産物や弁当、地ビールなどを販売するエリアもある。

 廃線跡を散策路として整備しているNPO法人「愛岐トンネル群保存再生委員会」は今年6月、トンネル4基を含む一帯を、市民の寄付によるナショナルトラスト運動で取得した。岐阜県多治見市に続く廃線跡とトンネル群の整備を目指して運動を続けている。

 公開は午前9時半開門、午後3時閉門(入場は午後2時まで)。駐車場はないためJR中央線の定光寺駅で下車。見学料は100円(保険料込み。小学生以下は無料)。歩きやすい靴がおすすめ。雨天中止。期間中の問い合わせは(080・9492・5458)。




防災対策庁舎の保存 。南三陸町は一度「解体」を決めた。議会での「解体」陳情採択を受けて町長も解体を決めた。民主的な手続。しかし県の有識者会議で再び議論が。解体を決めたときから時間も経っている。議論に加わるということは、もう一度、考え直すチャンスを。その意味では、「話し合いの場」を。近代産業遺産研究会、14・11・19、NewsCafe



防災対策庁舎の保存 。 提供元: NewsCafe 。 2014.11.19 15:00

東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の防災対策庁舎の保存に関して、町民のグループと埼玉県の市民団体が「話し試合の場」を設けることを求める署名を提出しました。

県の有識者会議の事務局では受理しましたが、町は「すでに町では解体を決めており、受け取る立場にない」として受け取りませんでした。

震災遺構をめぐっては、各地で保存か解体かが議論されています。
岩手県では宮古市田老の「たろう観光ホテル」、大槌町の町役場の位置の一部、陸前高田市の奇跡の一本松や気仙中学校、宮城県では石巻市が門脇小学校校舎、
塩釜市は「寒風沢の津軽石」、女川町の旧女川交番、福島県ではいわき市の旧豊間中学校校舎が、保存の方向になっています。

一方、岩手県釜石市の鵜住居地区防災センターや宮城県気仙沼市の第18共徳丸がすでに解体されています。
また宮城県南三陸町の防災対策庁舎も、町議会で「解体」の陳情を採択。町長も解体を決めましたが、村井嘉浩宮城県知事が保存を検討すると言い出し、現在、県の有識者会議で検討しています。

震災遺構の議論として、求められる視点は、二度と悲劇を繰り返してはいけないということです。
その意味では、すべてが「教訓」として後世に伝えられるべき「遺構」ではあります。防災を学ぶための場所として、すでに宮古市田老では、「学ぶ防災」が実践されています。

ただし、地元の住民の視点も大切です。毎日のように被災した建築物を見なければいけないのか?という点です。
悲しみの象徴でもあるのです。これには説得力があります。ただ、毎日のように見ない方法も検討され、石巻市の門脇小学校校舎はドームのような屋根を作り、外からは見れないようにします。

もちろん、震災遺構は観光の名所ともなります。震災後、被災地を訪れる人は、被災の痕跡を探します。
しかし、震災遺構がない場所では、すでに周囲の建物が解体されているところが多く、被災を実感することはありません。
「語り部」のガイドがありますが、初めて訪れる人にどれだけ実感がわくかは未知数です。

震災後、私は何度も被災地を訪れて、取材をしています。震災遺構だけでなく、被災の痕跡がなくなるのと、震災の風化はほぼ同じだと実感しています。
被災地の視点に立っていると、都内で生活をしているギャップを大きく感じます。とはいえ、人は震災への関心だけでは生きているわけではありません。
すべての人がみな、被災地に関心を向け続けるのはありません。だからこそ、遺構を残す意義が出てきます。

南三陸町は一度、「解体」を決めました。議会での「解体」陳情採択を受けて、町長も解体を決めたのです。その意味では民主的な手続きです。
しかし、県の有識者会議で再び議論がされています。解体を決めたときから時間も経っています。
議論に加わるということは、もう一度、考え直すチャンスを得たということではないでしょうか。
その意味では、「話し合いの場」を設けてもいいのではないかと思えるのです。



@alterbau 戦争遺構を歴史の生き証人としてロケット戦闘機「秋水」の地下燃料庫を正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。千葉県知事殿、千葉県議会殿、柏市長殿、柏市議会殿、柏市教育委員会殿、文化庁殿 地元の声に戦争遺構の研究をしている立場から関西からも応援



戦争遺構を歴史の生き証人としてロケット戦闘機「秋水」の地下燃料庫を、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。千葉県知事殿、千葉県議会殿、柏市長殿、柏市議会殿、柏市教育委員会殿、文化庁殿 地元の声に戦争遺構の研究をしている立場から関西からも応援させていただきます。戦争遺構研究会、14・11・14



戦争遺構を歴史の生き証人として、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・11・14

千葉県知事殿、千葉県議会殿、柏市長殿、柏市議会殿、柏市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

Y1柏市の市民団体「柏歴史クラブ」が、来年の戦後70年を前に、戦争遺構の保存を。市内には太平洋戦争末期に開発されたロケット戦闘機「秋水」の地下燃料庫などが現存。同会は「当時『軍郷』と呼ばれた柏の姿を知る貴重な史料」とし調査と保存を求める要望書を市に提出〜戦争遺構の正しい再評価を!戦争遺構研究会、14・11・14、y

2同会は09年に発足して以来、陸軍の柏飛行場があったとされるつくばエクスプレス・柏の葉キャンパス駅近くを中心に、戦争遺構の調査や、当時を知る人々への聞き取りに取り組み、数基の秋水燃料庫を確認するなどの成果を。22日午後1時半から現地見学会を開く。申し込み090・6301・7417 戦争遺構研究会、14・11・14、Y

3秋水は、敗色が濃厚となった戦争末期に、米軍のB29を迎撃する新兵器として、ドイツの戦闘機をモデルに開発が進められたが、完成前に終戦となり、「幻の戦闘機」と呼ばれている。燃料が液体の劇薬だったため保管用としてぶ厚いコンクリート製の燃料庫が造られ、その遺構が同駅付近に現存〜重要ダ!戦争遺構研究会、14・11・14、Y

4遺構は、公有地や民有地にあり、同会は10月、高射砲連隊の建築物や弾薬庫など他の遺構とともに、本格的な調査や内部が見られる状態での保存などを求め実物を残していくことが大事。燃料庫を中心に、現存する遺構を活用していけるような形で保存してもらいたい」と〜文化財にして保全活用の検討を!戦争遺構研究会、14・11・14、Y

  地元の声に、戦争遺構の研究をしている立場から関西からも応援させていただきます。貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、活用されるようご検討をお願いします。
     
  599−8126 堺市東区大美野155−13、

        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。




幻の戦闘機燃料庫 保存を 柏の市民団体。Y2014年11月09日

秋水燃料庫の内部

 柏市の市民団体「柏歴史クラブ」が、来年の戦後70年を前に、戦争遺構の保存を呼びかけている。市内には、太平洋戦争末期に開発されたロケット戦闘機「秋水」の地下燃料庫などが残っている。同会は「当時『軍郷』と呼ばれた柏の姿を知る貴重な史料」とし、調査と保存を求める要望書を市に提出した。今月22日には、地下燃料庫の見学会を開催する。

 同会は2009年に発足して以来、陸軍の柏飛行場があったとされるつくばエクスプレス・柏の葉キャンパス駅近くを中心に、戦争遺構の調査や、当時を知る人々への聞き取りに取り組み、数基の秋水燃料庫を確認するなどの成果を上げている。

 同会などによると、秋水は、敗色が濃厚となった戦争末期に、米軍のB29を迎撃する新兵器として、ドイツの戦闘機をモデルに開発が進められたが、完成前に終戦となり、「幻の戦闘機」と呼ばれている。燃料が液体の劇薬だったため、保管用としてぶ厚いコンクリート製の燃料庫が造られ、その遺構が同駅付近や花野井地区に現存している。

 これらの遺構は、公有地や民有地にあり、同会は10月、高射砲連隊の建築物や弾薬庫など他の遺構とともに、本格的な調査や内部が見られる状態での保存などを求め、秋山浩保市長らに要望書を提出した。

 同会の上山和雄代表は「大きなハコものでの展示ではなく、小さなものでも 同会は、22日午後1時半から、同駅近くの地下燃料庫1基の現地見学会を開く。申し込み先着100人。参加費は300円(資料代含む)。問い合わせは同会事務局(090・6301・7417)。

2014年11月09日 Copyright c The Yomiuri Shimbun



明治末期の1910年に建てられ、生糸貿易の拠点として横浜発展の礎となった旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の取り壊し。


取り壊し計画がある貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として実物を正しく評価して補強、文化財にして保全・活用について再度、検討下さい。企業の社会的な使命として再検討を!14・11・07

ケン・コーポレーション殿、神奈川県知事殿、横浜市長殿、横浜市議会殿、横浜市教育委員会殿、文化庁殿。

突然失礼します。再検討をよろしくお願いします。

S横浜港の生糸貿易の歴史を今に伝える旧「日東倉庫日本大通倉庫」(横浜市中区日本大通)が取り壊される見通しが強まり、建築家らの間で保存を求める声が高まっている。所有企業は取り壊す意向を変えず、国や県、市による文化財指定や登録も難しい状況の中、保存方法について関係者らの模索が〜再考を近代産業遺産研究会、14・10・26、S

K1明治末期に建てられ、輸出用生糸を収めた旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の解体が5日、着工。「横浜赤レンガ倉庫より古い横浜最古の倉庫。重要文化財級、いや世界遺産級の価値がある」−。〜最終段階で、後世に悔いを残さないように文化財にして保全再生のご検討を! 近代産業遺産研究会、14・11・07、K

2)08年のリーマン・ショック後、市の軸足は保存から開発へと目に見えて移った。同年10月に閉店した中区の横浜松坂屋の跡地計画をめぐり、アールデコ調の外壁の一部保存復元の構想があったのにもかかわらず、市は解体を認めた。地元や事業者から早期の営業再開を求める声が上がり、経済振興を優先近代産業遺産研究会、14・11・07、K

3横浜市都市デザイン室と生涯学習文化財課に、東京都港区のケン・コーポレーションが今年5月、市に解体の意向を伝達。日本建築学会関東支部や日本建築家協会関東甲信越支部、市文化財保護審議会の委員有志などが保存要望書を提出〜この建築は、歴史的、文化的に重要なので保全活用についてご検討を!近代産業遺産研究会、14・11・07、K

4国や県、市の文化財などに指定されておらず、保存のための規制対象外。所有者は長らく総合商社の三井物産が全額出資する物産不動産だったが、昨年ケン社に移っていた。解体後の跡地利用として駐車場やホテルの案が〜企業の社会的な役割を考えて、貴重な歴史建築の保全活用の検討をお願いします。近代産業遺産研究会、14・11・07、K
 
 貴重な近代産業遺産を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、補強方法を考えられ、その価値を生かして、活用されるようご検討をお願いします。地元の保存の声に、歴史建築の研究をしている立場から関西から、応援させていただきます。
      
     堺市東区大美野155−13、近代産業遺産研究会、 TEL 072−236−3357


「経済振興」か「横浜らしさ」か “世界遺産級”倉庫の解体着工。神奈川新聞、2014.11.06 12:30:00

解体に着手した旧三井物産横浜支店倉庫。外壁は白い「化粧れんが」で明治期に一般的だった赤れんがよりも高価だった=横浜市中区

 明治末期に建てられ、輸出用生糸を収めた旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の解体が5日、着工した。「横浜赤レンガ倉庫より古い横浜最古の倉庫。重要文化財級、いや世界遺産級の価値がある」−。多くの専門家が折り紙を付け、市民も愛着を寄せる歴史的な建物は、なぜ今、失われようとしているのか。

◇横浜の魂宿す
 「世界遺産となり得る素質がある」。文化庁OBで横浜開港資料館にも勤めた建築史家の堀勇良さんは解体が決まっても力説する。6月に世界遺産登録された群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」との関連性からだ。北関東や信州などで生産された絹は横浜港に集約され、海外へ渡り外貨を稼いだ。旧物産倉庫はその拠点の一つだった。


 1923(大正12)年の関東大震災の際も倒壊や火災を免れ、無事だった生糸はわずか半月後に米国へ輸出。堀さんによると、そのことは翌24年、神奈川新聞社の前身に当たる横浜貿易新報社が刊行した「新興の横浜」に「三井物産の第一回積出があったと云(い)ふ報道」が「紐育(ニューヨーク)の生糸街を潤した」と記された。「倉庫が貿易復興の先導的な役割を果たした」(堀さん)


 「技術史の面でも計り知れない価値があるのに…」と吉田鋼市・横浜国立大名誉教授(建築史)は肩を落とす。


 同倉庫は10(明治43)年に誕生。れんがの外壁、木造の床、鉄筋コンクリートの屋根が巧みに組み合わされた混構造で、現存例は国内にはほとんどない。隣には翌11年に完成した日本初の全鉄筋コンクリート造のビルである、旧三井物産横浜支店ビルも残る。設計はいずれも横浜にゆかりの深い建築家、遠藤於菟(おと)(1866〜1943年)。れんがからコンクリートに至る建築史が並び立つ。吉田名誉教授は「倉庫とビルがそろってこそ意味がある」と強調する。


 地域の「物語」を宿し歴史的にも第一級−。保存を呼びかける研究者や市民らは、同倉庫を「横浜のソウル(魂)」と称する。



◇行政に不信感
 所有者のケン・コーポレーションは取材に「あくまで計画通り」と説明する。前後して、従来は歴史的建造物の保存に積極的だった市当局への批判が、にわかに高まっている。


 10月23日夜、専門家らでつくる横浜歴史資産調査会が横浜・関内で開いた緊急シンポジウム。「横浜市の文化財担当者ならば、この倉庫がどれほど大事かを知らないはずはない」「市は解体を“既定路線”と捉えているのではないか」「守ろうという意思が伝わってこない」。発言したのは、建築家や都市計画コンサルタントなど、これまで行政とタッグを組んできた面々だ。市役所OBもいた。


 88年、全国に先駆けて「歴史を生かしたまちづくり要綱」を定め、古い建物を都市の魅力の構成要素と定義づけた市に対し、その理解者である彼らが公然と批判を加えたのは異例といっていい。「従来こんなことはなかった。それほど不信感がある」(参加者)


 もちろん、市も同倉庫の価値を認識している。既に91年の時点で、市都市デザイン室は「極めて貴重な遺構」と出版物に明記し、94年には市文化財課も「日本大通りに欠かせないモニュメント」と評価した。


 しかし今回、同室も市生涯学習文化財課もそろって「所有者に保存や、文化財指定を受けることをお願いしたが、同意を得られなかった」との説明に終始した。



◇まだ間に合う
 吉田名誉教授はなお問いかける。「1世紀にわたって街になじんだ建物は、社会的な存在ともいえるはずだ」。街の情景、雰囲気をどう守るか。「万能薬」はないが、知恵はまだある。


 横浜市立大の鈴木伸治教授(都市計画)は、東京駅赤れんが駅舎を例に挙げる。建物上空の未利用容積率を売却し、保存復元の工事費に充てた「特例容積率適用地区制度」を、「みなとみらい21(MM21)地区や関内地区の再開発と連動させればいいのではないか」。堀さんも「市として、市有地との等価交換をして残すべきだ」と提案する。


 求められるのは「残したい」という意思表示と、所有者が納得し、折り合いをつけられる多様な選択肢。同調査会は「『歴史を生かしたまちづくり』の要を失うわけにはいかない。絶対に諦めない」と引き続き保存を模索する。行政との温度差が際立っている。


 戦後しばらくの間、横浜の中心街・関内地区は戦災と接収で荒廃していた。都市ヨコハマの再生は、わずかに残った歴史的建造物の価値を認めて積極的に保存し、明治、大正期の「近代」と昭和以降の「現代」が同居する個性的な街並みを築き上げた歩みだった。


 その推進役を1960年代から担った市企画調整局(都市整備局の前身)局長で技監だった故・田村明氏は、歴史的建造物そのものが「横浜らしさ」と断じた。安易に取り壊すのではなく未来に歴史をつなげることが大切と述べていた。


 その成果がみなとみらい21(MM21)地区の赤レンガ倉庫やドックヤードガーデンであり、「横浜三塔」と呼ばれる県庁、横浜税関、横浜市開港記念会館などの歴史的建造物だ。


 しかし、2008年のリーマン・ショック後、市の軸足は保存から開発へと目に見えて移った。同年10月に閉店した中区の横浜松坂屋の跡地計画をめぐり、アールデコ調の外壁の一部保存復元の構想があったのにもかかわらず、市は解体を認めた。地元や事業者から早期の営業再開を求める声が上がり、経済振興を優先させたためだ。


 三井物産倉庫と同じく遠藤於菟が設計し、大正期に建造された旧帝蚕倉庫群があった同区の北仲通北地区の再開発事業では、倉庫3棟のうち1棟の保存を条件に市は高層ビル建設を認めたが、リーマン・ショックによる計画凍結の後、倉庫全てを解体するという事業者の方針転換を市は追認。倉庫群の「歴史的な景観」を守るため、07年に市長の諮問機関・市都市美対策審議会などで専門家が重ねた議論がほごにされる結果となった。


 「(相応の負担になる)保存を強く求めることで、事業者の開発意欲をそぐ結果になってはならない」と市幹部は釈明する。この半世紀で歴史的建造物をめぐる市の考え方が大きく揺らぐ中、「横浜らしさ」とは何かが問われている。



◆「旧三井物産倉庫」解体
 横浜市都市デザイン室と生涯学習文化財課によると、所有する東京都港区のケン・コーポレーションが今年5月、市に解体の意向を伝達。日本建築学会関東支部や日本建築家協会関東甲信越支部、市文化財保護審議会の委員有志などが保存要望書を提出した。国や県、市の文化財などに指定されておらず、保存のための規制対象外。所有者は長らく総合商社の三井物産が全額出資する物産不動産だったが、昨年ケン社に移っていた。解体後の跡地利用として駐車場やホテルの案が上がっている。【神奈川新聞】



 突然失礼します。戦争遺構を歴史の生き証人として、正しく評価して文化財として保全・活用についてご検討下さい。福岡県知事殿、福岡県議会殿、筑紫野市長殿、筑紫野市議会殿、筑紫野市教育委員会殿、文化庁殿。地元の保存の声に、歴史建築の研究をしている立場から応援させていただきます。戦争遺構研究会、14・11・05



戦争遺構を歴史の生き証人として、正しく評価して文化財として保全・活用についてご検討下さい。14・11・05

福岡県知事殿、福岡県議会殿、筑紫野市長殿、筑紫野市議会殿、筑紫野市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

Y1終戦間際に福岡県筑紫村(現筑紫野市)であった西鉄電車空襲について同県筑紫野市教委が、機銃掃射の跡が残る旧筑紫駅待合所を遮光断熱ガラスで覆い、戦争遺構として永久保存を。惨劇の全容が明らかになっていないことから、戦後70年の節目にあわせ米軍が撮影した映像などを入手〜貴重な歴史資料戦争遺構研究会、14・11・03、Y

2西鉄電車空襲は、45年8月8日に米軍機が西鉄大牟田線(現天神大牟田線)の旧筑紫駅周辺上空から同駅に差しかかった上下線の電車2両に機銃掃射を。筑紫野市教委によると乗客ら64人が即死、ほかに100人以上が死傷。銃撃の状況をコンピューターグラフィックスで再現することも計画〜貴重な資料 戦争遺構研究会、14・11・03、Y

3軍のかん口令が敷かれたため、当時の正確な状況や被害程度は明らかになっていない。待合所は木造で、20年代に旧筑紫駅のホームに設置された。幅約3・5m、高さ2・7m、ひさしを含む奥行き2・5m。少なくとも天井の2か所に機銃弾の貫通跡が残っている〜戦争の歴史を語り継いでゆくことは重要。戦争遺構研究会、14・11・03、Y

4西鉄電車空襲 銃撃跡残る駅待合所永久保存へ。戦争遺構として保存される旧筑紫駅待合所(市教委によると、81年に旧筑紫駅が移転する際、西鉄から地元行政区が譲り受け、民有地や地元の公民館前に移設。94年夏に市教委が引き取り、解体して保管したり、戦争関連行事に貸し出し〜文化財に登録を!戦争遺構研究会、14・11・03、Y

  地元の声に、歴史建築の研究をしている立場から応援させていただきます。貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、文化財として活用されるようご検討をお願いします。
     
  599−8126 堺市東区大美野155−13、

        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。


A1ロンドン中心部に残るバタシー石炭火力発電所跡地で巨大な再開発進行。英国のロックバンド、ピンクフロイドのレコードジャケットに使われ、ロンドン名物となった発電所。閉鎖から30年手つかずのままだったが、白い煙突とれんが造りの外観を残しつつ、複合商業施設に再生〜優れた産業遺産の活用!明治建築研究会、14・11・04、A

2バタシー発電所は1929年に着工、83年に運転を停止。長く放置された理由の一つは、保存運動が高まったことだ。古い建造物を大切にする英国では工場ですら保存対象に。当初はバタシーを遊園地などに衣替えする計画もあったが、開発費の不足もあいまって進まなかった〜日本も、大いに参考にしたい明治建築研究会、14・11・04、A

3経済危機にも翻弄された。06年にアイルランドの企業が購入して再開発しようとしたが、財政・金融危機の波をかぶって頓挫。12年にマレーシアの政府系ファンドなどに買われアジアや中東の金融機関の融資を受け、ようやく再開発にこぎつけた〜現在堺市内の煉瓦造建築旧火力発電所の保全再生を要望中明治建築研究会、14・11・04、A

4計画では、25年までに約4千戸の住居やホテル、オフィスビル、店舗、地下鉄の駅などを建設。総事業費は80億ポンド(約1兆4千億円)。住居やオフィスは、欧米や日本、中国など世界に売り込みをはかる。過去最大規模の再開発が動き出す〜開発計画の中に、歴史建築を組み入れて、保全再生計画を!明治建築研究会、14・11・04、A




朝日新聞デジタル。ピンクフロイドゆかりの発電所、商業施設に 英で再開発。ロンドン=星野真三雄
2014年11月4日01時49分
再開発が進むバタシー発電所=ロンドン、星野真三雄撮影

写真・図版

 ロンドン中心部に残るバタシー石炭火力発電所跡地で、巨大な再開発が進んでいる。英国のロックバンド、ピンクフロイドのレコードジャケットに使われ、ロンドン名物となった発電所。閉鎖から30年手つかずのままだったが、白い煙突とれんが造りの外観を残しつつ、複合商業施設に生まれ変わる。

 バタシー発電所は1929年に着工、83年に運転を停止した。長く放置された理由の一つは、保存運動が高まったことだ。古い建造物を大切にする英国では工場ですら保存対象になる。当初はバタシーを遊園地などに衣替えする計画もあったが、開発費の不足もあいまって進まなかった。

 経済危機にも翻弄(ほんろう)された。06年にアイルランドの企業が購入して再開発しようとしたが、財政・金融危機の波をかぶって頓挫。12年にマレーシアの政府系ファンドなどに買われ、アジアや中東の金融機関の融資を受け、ようやく再開発にこぎつけた。

 計画では、25年までに約4千戸の住居やホテル、オフィスビル、店舗、地下鉄の駅などを建設する。総事業費は80億ポンド(約1兆4千億円)。住居やオフィスは、欧米や日本、中国など世界に売り込みをはかる。

 開発会社「バタシー・パワー・ステーション・ディベロップメント社」のロブ・ティンクネル最高経営責任者(CEO)は「資金面で安定し、ロンドン市が地下鉄延伸を決めたことで、過去最大規模の再開発が動き出した」と話す。日本の小売業の出店や住居購入に期待感を示している。(ロンドン=星野真三雄)



Y1終戦間際に福岡県筑紫村(現筑紫野市)であった西鉄電車空襲について同県筑紫野市教委が、機銃掃射の跡が残る旧筑紫駅待合所を遮光断熱ガラスで覆い、戦争遺構として永久保存を。惨劇の全容が明らかになっていないことから、戦後70年の節目にあわせ米軍が撮影した映像などを入手〜貴重な歴史資料戦争遺構研究会、14・11・03、Y


2西鉄電車空襲は、45年8月8日に米軍機が西鉄大牟田線(現天神大牟田線)の旧筑紫駅周辺上空から同駅に差しかかった上下線の電車2両に機銃掃射を。筑紫野市教委によると乗客ら64人が即死、ほかに100人以上が死傷。銃撃の状況をコンピューターグラフィックスで再現することも計画〜貴重な資料 戦争遺構研究会、14・11・03、Y


3軍のかん口令が敷かれたため、当時の正確な状況や被害程度は明らかになっていない。待合所は木造で、20年代に旧筑紫駅のホームに設置された。幅約3・5m、高さ2・7m、ひさしを含む奥行き2・5m。少なくとも天井の2か所に機銃弾の貫通跡が残っている〜戦争の歴史を語り継いでゆくことは重要戦争遺構研究会、14・11・03、Y



4西鉄電車空襲 銃撃跡残る駅待合所永久保存へ。戦争遺構として保存される旧筑紫駅待合所(市教委によると、81年に旧筑紫駅が移転する際、西鉄から地元行政区が譲り受け、民有地や地元の公民館前に移設。94年夏に市教委が引き取り、解体して保管したり、戦争関連行事に貸し出し〜文化財に登録を!戦争遺構研究会、14・11・03、Y




 西鉄電車空襲 銃撃跡残る駅待合所永久保存へ。読売2014年11月01日
戦争遺構として保存される旧筑紫駅待合所(福岡県筑紫野市で)

 終戦間際に福岡県筑紫村(現筑紫野市)であった西鉄電車空襲について、同県筑紫野市教委が、機銃掃射の跡が残る旧筑紫駅待合所を遮光断熱ガラスで覆い、戦争遺構として永久保存することを決めた。惨劇の全容が明らかになっていないことから、戦後70年の節目にあわせ、米軍が撮影した映像などを入手し、銃撃の状況をコンピューターグラフィックス(CG)で再現することも計画している。

 西鉄電車空襲は、1945年8月8日に米軍機が西鉄大牟田線(現天神大牟田線)の旧筑紫駅周辺上空から、同駅に差しかかった上下線の電車2両に機銃掃射を浴びせた。筑紫野市教委によると、乗客ら64人が即死、ほかに100人以上が死傷したと伝えられている。軍のかん口令が敷かれたため、当時の正確な状況や被害程度は明らかになっていない。

 待合所は木造で、20年代に旧筑紫駅のホームに設置された。幅約3・5メートル、高さ2・7メートル、ひさしを含む奥行き2・5メートル。少なくとも天井の2か所に機銃弾の貫通跡が残っている。

 市教委によると、81年に旧筑紫駅が移転する際、西鉄から地元行政区が譲り受け、民有地や地元の公民館前に移設。94年夏に市教委が引き取り、解体して保管したり、戦争関連行事に貸し出したりしてきた。

2014年11月01日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


戦争遺構を歴史の生き証人として、国登録有形文化財「旧第八師団長官舎」を、正しく評価して、建築の価値にふさわしい施設として保全・活用についてご検討下さい。14・11・05

青森県知事殿、青森県議会殿、弘前市長殿、弘前市議会殿、弘前市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

H/K弘前の国登録有形文化財にスタバ初出店−市民は賛否両論。スターバックスの出店が予定されている国登録有形文化財「旧第八師団長官舎」〜後世に悔いを残さないように、弘前市役所敷地内にある国登録有形文化財にふさわしい歴史建築の価値を活かして保全活用についてご検討をお願いします.。明治建築研究会、14・11・02、弘前経済新聞(2014年10月28日)

旧第八師団長官舎は大正6年に青森県を中心に洋風建築を多く手がけた大工棟梁・堀江佐吉の長男である堀江彦三郎によって設計。終戦後は米軍の進駐部隊が滞在した司令官宿舎として使われ、昭和26年に市の管理物となり、市長公舎。昭和34年に市役所新築に伴い3分の2が解体され現在の形に〜再考を!。明治建築研究会、14・11・02、弘前経済新聞(2014年10月28日)

  地元の声に、歴史建築の研究をしている立場から応援させていただきます。貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その歴史価値にふさわしく生かして、活用されるようご検討をお願いします。
     
  599−8126 堺市東区大美野155−13、

        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。



弘前の国登録有形文化財にスタバ初出店−市民は賛否両論。弘前経済新聞、2014年10月28日

弘前の国登録有形文化財にスタバ初出店−市民は賛否両論
スターバックスの出店が予定されている国登録有形文化財「旧第八師団長官舎」


 弘前市役所敷地内にある国登録有形文化財「旧第八師団長官舎」に来春、スターバックスコーヒージャパン(東京都)が出店することが内定した。

「旧第八師団長官舎」の建物内の様子(1)

 旧第八師団長官舎は1917(大正6)年に青森県を中心に洋風建築を多く手がけた大工棟梁・堀江佐吉の長男である堀江彦三郎によって設計された。終戦後は米軍の進駐部隊が滞在した司令官宿舎として使われ、1951(昭和26)年に市の管理物となり、市長公舎となった。1959(昭和34)年に市役所新築に伴い3分の2が解体され現在の形となり、2012年に同地へ移築された。

 スターバックスの出店が決まれば青森県内では5店目となり、弘前市は初出店となる。同店の国登録有形文化財への出店としては、兵庫県神戸市の「神戸北野異人館店」の事例はあるが、「珈琲の街ひろさき」「りんごカフェめぐり」といった取り組みがあるなど喫茶・カフェ文化が根付いている同市への人気チェーン店出店には、さまざまな意見が飛び交っている。

 20代の女性会社員は「弘前市は喫茶店やカフェはたくさんあるが、遅くまで営業しているお店は少ない。仕事帰りに寄れるような場所になってくれればいい」と話す。30代の自営業の女性は「今は五所川原のエルム店まで通っているので、弘前にできることはうれしい」といった賛成の声がある一方、30代の男性会社員は「あのエリアだけでもカフェはすでにある。できるならレストランといった食べられるお店の方が良かった」。60代の男性は「地元で頑張っている喫茶店が生き残れるか心配」といった声もあった。

 同市で同事業を担当する「ひろさき魅力プロデュース室」では、2015年春にオープンを予定としており、年内には協定書を取り交わす予定という。





小倉産業新聞、2014年10月28日。小倉の赤レンガ建築でアート展示会−「100年前の産業遺構」舞台に

小倉の赤レンガ建築でアート展示会−「100年前の産業遺構」舞台に

 昨年に次ぎ2回目となる同企画。長くワイヤロープ製造工場の事務所棟として使われ、ここ10年以上使われていなかった築100年以上の赤レンガ建築を舞台に、石炭を敷き詰めた小部屋「ひとりのへや・席単」や、炭鉱住宅模型の小型照明を密集させた「MINE/MINE」などのアート作品計8作品を展示する。

 北部九州の石炭産業が栄華を極めた時代、炭鉱内で石炭の引き上げに使われるワイヤロープを製造していた同工場。機械設備などが整理撤去され、広大な敷地内にぽつんと取り残されたことでその存在感が際立ち「産業遺産」としての価値を再認識する動きも出ている。「その存在感に魅了された廃墟好きも多く訪れるイベントになった。このエリアには私財を投げ打って海の安全を祈願した偉人の歴史もある。まずは市民の多くに場所の価値を知ってもらいたい」と実行委員で西日本工業大学助教の梶谷克彦さん。梶谷さんが前回展示した「おもちゃの花束」は、「感性工学会」(日本感性工学会主催)の「かわいい感性デザイン賞(福岡地区賞)」を受賞した。


Hれんが工場だった「旧ヒダ工場」(東野幌町3)の市利活用選定委員会が22日市民会館で、市の公募に応じた札幌の業者が建物を再整備し、商業施設として活用する案を示した。選定委は提案を審議、基本的に了承。JR野幌駅にも近く提案では来春着工11月にはオープンさせる計画〜産業遺産の保全活用。近現代建築史研究会、14・10・28、北海道新聞(10/23 )


同工場は窯業会社「ヒダ」の工場として51年に建設、れんが造りなどの約1300平方m。98年の自主廃業後、歴史的建造物を守るため2000年に市が取得、現在は約100平方mで江別グレシャムアンテナショップが営業する。敷地は周辺地との交換もあり約6300平方m〜戦後の貴重な煉瓦造建築!近現代建築史研究会、14・10・28、北海道新聞(10/23 )



提案によると、コンセプトとして経済を活性化する交流施設や新産業の創出、情報発信、地産地消のため農産物や加工品の販売、やきものなど特産物の発展に寄与などを挙げた。恒常的にイベントも展開、市内や札幌、北広島など近郊からの入り込みを期待〜都市資産で文化財登録についてご検討をお願いします。近現代建築史研究会、14・10・28、北海道新聞(10/23 )


  江別の旧れんが工場、商業施設に 市利活用選定委 札幌の業者提案 来年11月にもオープン北海道新聞(10/23 12:53)
商業施設としての再整備が濃厚になった旧ヒダ工場 商業施設としての再整備が濃厚になった旧ヒダ工場

 【江別】れんが工場だった「旧ヒダ工場」(東野幌町3)の市利活用選定委員会が22日、市民会館で開かれ、市の公募に応じた札幌の業者が建物を再整備し、商業施設として活用する案を示した。選定委は提案を審議、基本的に了承したもようだ。JR野幌駅にも近く、提案では来春着工、11月にはオープンさせる計画だ。

 同工場は窯業会社「ヒダ」の工場として1951年に建設された、れんが造りなどの約1300平方メートル。98年の自主廃業後、歴史的建造物を守るため2000年に市が取得、現在は約100平方メートルで江別グレシャムアンテナショップが営業する。敷地は周辺地との交換もあり約6300平方メートル。

 建物全体を民間のアイデアと力で利活用するため、市が事業者を公募。土地、建物を無償で貸し、事業者は改修などと20年以下の運営を行うとした。09年、10年に続く募集で、過去2回は応募がなかったが、今回は商業施設の企画や設計などを行う「ストアプロジェクト」(札幌市中央区)が応募した。

 選定委の委員は経済界、消費者団体、自治会などの代表8人で構成、ストアプロジェクトの提案と委員との質疑は公開で行われた。

 提案によると、コンセプトとして経済を活性化する交流施設や新産業の創出、情報発信、地産地消のため農産物や加工品の販売、やきものなど特産物の発展に寄与などを挙げた。恒常的にイベントも展開、市内や札幌、北広島など近郊からの入り込みを期待する。

 具体的には、切り妻造り屋根が五つ集まった建物の特性を生かし、飲食、物販の五つのテナントを誘致、現在入居するアンテナショップは継続するため、実質的に最大四つを募る。建物全体の表、裏側にメーン出入り口を設け、各テナント独自の出入り口も造る。駐車場は裏手となる。



取り壊しが心配されている貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として実物を正しく評価して補強、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。企業の社会的な使命として再検討を!ケン・コーポレーション殿、神奈川県知事殿、横浜市長殿、横浜市議会殿、横浜市教育委員会殿、文化庁殿。近代産業遺産研近代産業遺産研究会、14・10・26



取り壊しが心配されている貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として、実物を正しく評価して、補強、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。企業の社会的な使命として、再検討を!14・10・27

ケン・コーポレーション(東京都港区)殿、神奈川県知事殿、神奈川県議会殿、横浜市長殿、横浜市議会殿、横浜市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

S横浜港の生糸貿易の歴史を今に伝える旧「日東倉庫日本大通倉庫」(横浜市中区日本大通)が取り壊される見通しが強まり、建築家らの間で保存を求める声が高まっている。所有企業は取り壊す意向を変えず、国や県、市による文化財指定や登録も難しい状況の中、保存方法について関係者らの模索が〜再考を近代産業遺産研究会、14・10・26、S

同倉庫の竣工は明治43年。翌年には隣に、日本で最初の鉄筋コンクリート造のオフィスビルとして知られる旧「三井物産横浜ビル」が完成。2つの建物は、三井物産横浜支店の生糸倉庫と事務所として、横浜港の生糸貿易の拠点〜明治期の産業遺産としても重要なので保全活用についてご検討をお願いします。近代産業遺産研究会、14・10・26、S

吉田名誉教授は「鉄筋コンクリートとれんが、木を組み合わせた珍しい構造。鉄筋コンクリート造の三井物産横浜ビルの前段階として、実験的に造ったのだろう」と指摘「2つの建物がセットで、日本の鉄筋コンクリート建築の発展の軌跡を伝える貴重な証拠物件」と訴える〜早急に自治体などの買取の検討を!近代産業遺産研究会、14・10・26、S

  貴重な近代産業遺産を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、補強方法を考えられ、その価値を生かして、活用されるようご検討をお願いします。
       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        近代産業遺産研究会、 TEL 072−236−3357。



生糸貿易“生き証人”日東倉庫の取り壊し…文化財指定求めるも、所有企業「NO」産経新聞 10月25日(土)18時15分配信

 横浜港の生糸貿易の歴史を今に伝える旧「日東倉庫日本大通倉庫」(横浜市中区日本大通)が取り壊される見通しが強まり、建築家らの間で保存を求める声が高まっている。所有企業は取り壊す意向を変えず、国や県、市による文化財指定や登録も難しい状況の中、保存方法について関係者らの模索が続いている。(小林佳恵)

 ■明治43年に竣工

 同倉庫の竣工(しゅんこう)は明治43(1910)年。翌年には隣に、日本で最初の鉄筋コンクリート造のオフィスビルとして知られる旧「三井物産横浜ビル」が完成。2つの建物は、三井物産横浜支店の生糸倉庫と事務所として、横浜港の生糸貿易の拠点となった。

 建築史が専門の横浜国立大学の吉田鋼市名誉教授(67)によると、倉庫は昭和27年に三井物産の系列会社である日東倉庫が所有することになり、一般の倉庫として使用していたが、その後ビルとともに所有者が変わっていた。

 吉田名誉教授は「鉄筋コンクリートとれんが、木を組み合わせた珍しい構造。鉄筋コンクリート造の三井物産横浜ビルの前段階として、実験的に造ったのだろう」と指摘したうえで、「2つの建物がセットで、日本の鉄筋コンクリート建築の発展の軌跡を伝える貴重な証拠物件」と訴える。

 また、倉庫は「関東大震災で焼け野原となった横浜に残った貴重な建物」(市都市デザイン室担当者)でもあり、吉田名誉教授によると、大震災で大きな被害を受けなかった倉庫や収蔵していた生糸は、震災後の生糸貿易復興の支えとなった。

 ■所有企業は「解体」

 不動産仲介のケン・コーポレーション(東京都港区)が昨年、倉庫とビルを都内の不動産会社から取得。今年5月には、横浜市に倉庫を解体する意向を伝えた。

 これを受け、市は6月、ケン社に対し保存の申し入れを行い、7〜8月には、日本建築学会や日本建築家協会などが相次いで、倉庫とビルの保存を訴える要望書を同社と市に提出した。

 だが、同社は「倉庫は取り壊し、ビルは残す予定。解体時期は未定だが、できるだけ速やかにしたい」として、解体の方針を変えていない。

 市文化財の願いも…

 市教委の生涯学習文化財課は「市の文化財に指定したい」とするものの、指定には所有者の承諾が必要なため、難しいという。

 日本建築家協会関東甲信越支部・保存問題委員会の笠井三義(みつよし)さん(63)は「所有者が民間企業の場合、所有者側にメリットがないと、保存は難しい」と指摘しつつ、「保存に取り組む各団体や市とで協議して、何とか残す方策を探りたい」と話している。
.



朝日新聞デジタル。「日本のSL保存拠点」京都に JR西、来秋新設へ。2014年10月19日08時29分

写真・図版
新設するSL検修庫(手前左)のイメージ=JR西日本提供

JR西日本は17日、京都市下京区の梅小路蒸気機関車館の隣に、蒸気機関車(SL)の解体検査などを行う専用の施設(検修庫)を新設すると発表した。2階建ての建物内にSLをつり下げる天井クレーンを備え、大規模な検査や修理が可能。「日本のSL保存の拠点」として来秋にも完成予定で、将来は作業風景の見学もできる。

特集:“テツ”の広場

 梅小路には日本最多となる20両のSLがあり、うち8両が線路上を走る「動態保存」。ただ、車庫が老朽化し、大規模検査はできなかった。滋賀県の「北びわこ号」を始めSLは観光や地域活性化で人気も高く、今後も安定的にSLを保存する体制が必要だと判断したという。SL整備の技術を若手整備士に継承する場としても活用する。

 事業費は約11億円で延べ床面積は約1千平方メートル。2016年春には新設の「京都鉄道博物館」とデッキでつなげ、作業を見学できるようになる。JR西の真鍋精志社長は17日の会見で「SLを後世に継承するのは当社の社会的使命。日本のSL保存の拠点としたい」と話した。



石巻市震災伝承検討委員会は16日市役所で第5回会合を開き東日本大震災の遺構として保存の方向性を示していた門脇小について検討。校舎全体の保存を理想としがらも費用面などで部分的でもやむを得ないという意見が多数を占めた〜震災遺構として保全活用についてご検討をお願いします。近代産業遺産研近代産業遺産研究会、14・10、21、河北新報


門脇小は県内に残る被災建築物で唯一、地震と津波、火災の被害に遭った。市側はこうした状況を踏まえ、保存に関して(1)全体(2)火災で焼けた東部分(3)東部分と火災が広がった中央部分−3案を示した。校舎の活用法は、廊下を見学コースとする案と、校舎外側に見学通路を設ける案が提示された。近代産業遺産研究会、14・10、21、河北新報


地元の住民らに配慮し、校舎をドーム状の屋根やシートで覆うことも提案。保存に伴う初期整備費は手法に応じて約1億7000万〜約10億2500万円と試算。全体を保存する場合、維持管理費がかさむことから部分的に残す意見が大勢で校舎内で見学するには補強工事が必要なため外側から見る案への賛同。近代産業遺産研究会、14・10、21、河北新報



 委員会は11月下旬、門脇小の保存を盛り込んだ提言をまとめ、12月に亀山紘市長に提出する。2014年10月17日金曜日



  河北新報ONLINE NEWS. 。宮城 政治・行政 3.11大震災.

「門脇小部分保存も」 維持管理費を考慮

 
 門脇小は県内に残る被災建築物で唯一、地震と津波、火災の被害に遭った。市側はこうした状況を踏まえ、保存に関して(1)全体(2)火災で焼けた東部分(3)東部分と火災が広がった中央部分−3案を示した。
 校舎の活用法は、廊下を見学コースとする案と、校舎外側に見学通路を設ける案が提示された。地元の住民らに配慮し、校舎をドーム状の屋根やシートで覆うことも提案。保存に伴う初期整備費は手法に応じて約1億7000万〜約10億2500万円と試算された。
 全体を保存する場合、維持管理費がかさむことから部分的に残す意見が大勢で、校舎内で見学するには補強工事が必要なため外側から見る案への賛同が多かった。
 委員会は11月下旬、門脇小の保存を盛り込んだ提言をまとめ、12月に亀山紘市長に提出する。2014年10月17日金曜



取り壊しが心配されている貴重な近代産業遺産を歴史の生き証人として、実物を正しく評価して、補強、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・10・21

神奈川県知事殿、神奈川県議会殿、鎌倉市長殿、鎌倉市議会殿、鎌倉市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

東京1鎌倉市のJR北鎌倉駅裏の市道にあるトンネルの傷みが進み取り壊しか保存か。鎌倉市は安全確保のため取り壊して道路を拡幅する方針、地元の「北鎌倉史跡研究会」は取り壊しに反対し保存を訴える〜トンネルは、産業遺産としても、重要なので正しく評価して、保全活用についてご検討をお願いします近代産業遺産研究会、14・10・20、東京

2このトンネルは岩塊に素掘りされており、全長約十m、幅約二・七m、高さ約一・九m。約八十年前に掘られたとみられている。生活道路として使われてきたほか、観光客にも人気が。近年、細かな崩落が進み、市は昨年度の調査で、山全体が崩れる危険性があるとして安全対策が必要〜耐震補強で活用を!近代産業遺産研究会、14・10・20、東京

3市は昨年十二月に地元の意見を取りまとめるため、町内会や学校関係者などと「北鎌倉駅裏トンネルの安全対策協議会」を設立。市道路課が今年八月に開かれた協議会で、トンネル一帯の山を全面的に切り崩す計画案を安全対策の一つとして示した。市によると、協議会では了承されたが、最終決定ではない。近代産業遺産研究会、14・10・20、東京

4同研究会などは、住民の一部が慣れ親しんだ景観であることなどを理由に取り壊しに反対、トンネルの保存を前提にした安全対策を要望。二十日の集会は地元の山ノ内公会堂で午後六時から馬淵和雄さんが「失われゆく心の風景−史跡」と題して講演。問い合わせ電070(6458)4916〜文化財検討を近代産業遺産研究会、14・10・20、東京

  貴重な近代産業遺産を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、補強方法を考えられ、その価値を生かして、活用されるようご検討をお願いします。
       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        近代産業遺産研究会、 TEL 072−236−3357。







「解体」か「保存」か 老朽化進む北鎌倉駅裏トンネル。東京、2014年10月16日

北鎌倉駅裏トンネル。左の金網フェンスの向こうは駅のホーム=鎌倉市で

 鎌倉市のJR北鎌倉駅裏の市道にあるトンネルの傷みが進み、取り壊しか保存かで揺れている。鎌倉市は安全確保のため取り壊して道路を拡幅する方針を示しているが、地元の「北鎌倉史跡研究会」(出口茂代表)は取り壊しに反対し、二十日に集会を開いて保存を訴える。


 市などによると、このトンネルは岩塊に素掘りされており、全長約十メートル、幅約二・七メートル、高さ約一・九メートル。約八十年前に掘られたとみられている。生活道路として使われてきたほか、観光客にも人気がある。


 近年、細かな崩落が進み、市は昨年度の調査で、山全体が崩れる危険性があるとして安全対策が必要と結論づけた。大規模な崩落が起これば、横須賀線に影響が出るとみられている。


 市は昨年十二月に地元の意見を取りまとめるため、町内会や学校関係者などと「北鎌倉駅裏トンネルの安全対策協議会」を設立。市道路課が今年八月に開かれた協議会で、トンネル一帯の山を全面的に切り崩す計画案を安全対策の一つとして示した。市によると、協議会では了承されたが、最終決定ではないという。


 これに対し、同研究会などは、住民の一部が慣れ親しんだ景観であることなどを理由に取り壊しに反対、トンネルの保存を前提にした安全対策を要望している。


 二十日の集会は地元の山ノ内公会堂で午後六時から、参加費五百円。活動報告のほか、日本考古学協会理事の馬淵和雄さんが「失われゆく心の風景−史跡」と題して講演する。問い合わせは同研究会事務局=電070(6458)4916=へ。 (草間俊介)



貴重な戦争遺構を歴史の生き証人として、実物を正しく評価して、補強、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・10・17

大阪府知事殿、大阪府議会殿、高槻市長殿、高槻市議会殿、高槻市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

 A1この地下壕は、高槻地下倉庫。頭文字をとって、通称「タチソ」の暗号名。タチソは旧陸軍の主要な貯蔵庫の一つとして政府が44年11月着工。本土空襲が本格化し、翌年2月に川崎航空機工業(当時)の工場として使われることが決まり旋盤などが運び込まれた矢先に敗戦〜保存すべき、貴重な戦争遺構戦争遺構研究会、14・10.17、A

2地元の人や動員学生に加え、朝鮮人らも掘削にあたったという。80年代から市民有志らにより、保存・整備の要望が市に寄せられた。市はタチソに立ち入りして測量や現況を記録し、その後は「地下壕にかかる施策は終結した」との立場を〜戦争遺構として重要なので保全活用についてご検討をお願いします戦争遺構研究会、14・10.17、A

3背景には土地の所有権の問題が。タチソは民有地を借りて造成された経緯、戦後は民間に返還された。地権者は推定約25人。だが山林の登記の境界線があいまいで、数は確定できていない。市人権課の担当者は「地権者も特定しきれず、市単独では土地買収や保存整備は難しい」と〜文化財として再検討を!戦争遺構研究会、14・10.17、A

4保存の会は普段は50〜90代の9人で活動、タチソを案内できるのは3人。会では消えつつあるタチソの現状に危機感を持ち、プロのカメラマンに撮影を依頼。高槻市内で今月2日まで写真展を開催「地元の人でもタチソの存在を知らない人が。せめて写真に残すことで後世に」〜戦争遺構の文化財登録を!戦争遺構研究会、14・10.17、A


 貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、補強方法を考えられ、その価値を生かして、実物を生かして活用されるようご検討をお願いします。地元の保存の声に歴史遺産の研究している立場から、応援させてもらいます。

       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。


@alterbau 「現存する貴重な大阪市東淀川の高架式の高射砲陣地跡の再生計画案と資料展」卒業設計で旧軍事施設を平和な施設に保全再生させる案を提案した高射砲陣地の再生計画案(新聞でも紹介された)平成26年11月8日〜15日まで、堺市立東図書館(南海高野線北野田駅前アミナス4階)。戦争遺構研究会、14・10・17

しぶりに取材のために、記者来宅。忘れられている戦時中の東淀川の貴重な高架式の高射砲陣地に注目してくれ感謝だ。一部、現存している戦争遺構の保存要望の声は出し続けているので、取材して欲しい。近いうちに、堺市立東図書館で、芸大生の、卒業設計の高射砲陣地の再生計画、資料展を予定している。戦争遺構研究会、14・10・16


A塚崎昌之さんは「地下壕の空間は戦争の記憶を凝縮したもの。戦争を知る世代が次々亡くなり、今後は戦争を語れるモノをいかに残すかが重要だ」と指摘。「劣悪な労働環境の跡が明瞭に残るものや、軍の関与が大きく、歴史的に価値が高いものは国が認定して保存してほしい」と〜歴史遺産として再生活用を。戦争遺構研究会、14・10・15、A



朝日新聞デジタル。朽ちていく地下軍事施設 複雑な所有権、保存に明暗。伊藤喜之

2014年9月23日13時27分

 1944年以降、旧日本軍は各地で地下軍事施設を造成し始めた。サイパン島が陥落し、米国のB29機による本土空襲が可能になったからだ。それから70年。戦争の痕を物語る施設の保存を巡り、明暗が分かれている。土地の権利関係が壁となり、消えかけている施設も少なくない。

■大阪・高槻地下倉庫

 「あれっ、この辺なんだけど。倒木も多いし、大雨のせいで地形が変わってしまっている」

 大阪府高槻市成合地区の山中で6月、ガイドの橋本徹さん(74)は言った。1時間近く林の中を歩いたが、複数に分かれた地下壕(ごう)のうち、目当ての壕の入り口は見つからなかった。これまでは案内できた場所だ。

 「こうやって戦争の記憶は消えていくんですわ」

 この地下壕は、高槻地下倉庫。頭文字をとって、通称「タチソ」の暗号名で呼ばれた。橋本さんは「高槻『タチソ』戦跡保存の会」のメンバーだ。

 保存の会によると、地下壕群は5地区あるが、現在見学しやすいのは1地区。戦後処理で埋められた壕のほか、崩落が起こり、出入りできなくなった壕もある。

 市などによると、タチソは旧陸軍の主要な貯蔵庫の一つとして政府が44年11月に着工。本土空襲が本格化し、翌年2月に川崎航空機工業(当時)の工場として使われることが決まり、旋盤などが運び込まれた矢先に敗戦を迎えたという。

 市などによると、地元の人や動員学生に加え、朝鮮人らも掘削にあたったという。80年代から市民有志らにより、保存・整備の要望が市に寄せられた。市はタチソに立ち入りして測量や現況を記録し、その後は「地下壕にかかる施策は終結した」との立場を採っている。

 背景には土地の所有権の問題がある。タチソは民有地を借りて造成された経緯があるため、戦後は民間に返還された。地権者は推定約25人。だが山林の登記の境界線があいまいで、数は確定できていない。

 市職員や保存の会のメンバーも、地権者に連絡がとれず、無許可で立ち入らざるをえない状況だ。市人権課の担当者は「地権者も特定しきれず、市単独では土地買収や保存整備は難しい」と話した。

 保存の会は普段は50〜90代の9人で活動しているが、タチソを案内できるのは3人。会では、消えつつあるタチソの現状に危機感を持ち、プロのカメラマンに撮影を依頼。高槻市内で今月2日まで写真展を開いた。「地元の人でもタチソの存在を知らない人がいる。せめて写真に残すことで後世に伝えたかった」

■長野・松代大本営跡 観光客年10万人

 保存され、観光スポットとなっている施設もある。

 大本営や皇居などの中枢機能を東京から移そうと造成された松代(まつしろ)大本営跡(長野市)には年約10万人が訪れる。民有地にあるが、長野市が約10人の地権者から無償で管理許可を得て90年から一部を公開。市は維持・管理をするが、入場料などは取らず、ガイドも市民有志らに任せている。

 旧海軍が造った横浜市の日吉台地下壕は、大部分が慶応義塾大学日吉キャンパスの地下にある。80年代から教職員や市民らによって保存・整備され、現在月1回のガイドツアーで年約2千人が見学する。一方で、台地にある大学敷地東側の斜面の地下壕の入り口の一つは民有地にあったため、昨年4月に宅地開発で壊される騒動が起きた。

 兵庫県西宮市甲陽園にあった地下壕も、宅地開発のため、市によって今年3月までに埋め戻された。

 全国の地下軍事施設について調べている大阪府立千里青雲高校教諭の塚崎昌之さん(58)は「地下壕の空間は戦争の記憶を凝縮したもの。戦争を知る世代が次々亡くなり、今後は戦争を語れるモノをいかに残すかが重要だ」と指摘。「全ては残せないだろうが、劣悪な労働環境の跡が明瞭に残るものや、軍の関与が大きく、歴史的に価値が高いものは国が認定して保存してほしい」と語る。(伊藤喜之)

     ◇

 〈戦時中の地下壕〉 旧日本軍や自治体などが戦中に各地に造成した防空壕や防火水槽を国土交通省は特殊地下壕と呼び、2013年度の調査では全国に8458カ所ある。ただ、そのうち高槻地下倉庫など軍との関わりの深い壕の正確な数は不明。国は、崩落などの危険性が高い地下壕の埋め戻しや入り口をふさぐなどの安全対策への補助事業を1974年度から継続しているが、保存に向けた予算措置はとっていない。



  現在地:ホーム>ニュース>ニュース 。2014年09月14日 06時00分

シェア 79 ツイートする 517 LINEで送る


28日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』では東京湾の無人島・第二海堡に上陸 (C)日本テレビ
[拡大写真]

28日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』では東京湾の無人島・第二海堡に上陸 (C)日本テレビ
未知の土地にTOKIO城島茂と山口達也が足を踏み入れる
[拡大写真]

未知の土地にTOKIO城島茂と山口達也が足を踏み入れる

『ザ!鉄腕!DASH!!』、第二海堡にTV初上陸 TOKIO山口「こんな無人島があるとは」
 人気グループ・TOKIOの日本テレビ系看板番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜 後7:00)が東京湾最後の無人島といわれる国有地『第二海堡』にテレビで初めて上陸したことが12日、わかった。人気企画『DASH海岸』の一環として、民間人立ち入り禁止の島に国土交通省の許可のもと、城島茂と山口達也が生態系調査などを行う。

 『第二海堡』とは千葉県富津市を住所に持つ東京湾に浮かぶ人工の無人島。明治時代に帝都防衛のために造られ、現在は国交省の管理(第三管区海上保安部および関東地方整備局)であり、千葉県が埋蔵文化財包蔵地に指定されている。古くから、豊かな漁場として漁師や釣り人から知られていたものの一般人の出入りは禁止。貴重な生物の姿を始め、史的建造物や旧日本軍の施設跡などの知られざる実態に城島と山口が迫る。
 
 今年CDデビュー20周年を迎えるTOKIOは21日から28日まで日本テレビの各番組とコラボする『TOKIOスペシャルDAYS』を実施。そのトリとして28日の『ザ!鉄腕!DASH!!』3時間スペシャル内で同企画を放送する。他にも番組では、『DASH島』企画として水路づくりの模様など送る。

 山口は「DASH海岸で東京湾を知り尽くしているつもりでいたけれど、こんな無人島があるとは。しかも人工の島ということで、さらに驚いています」と感心しきり。「『TOKIOスペシャルDAYS』の最後を飾るにふさわしい記念となる初上陸です!」とアピールしている。



 「改修工事に着手へ 築後90年の別府市中央公民館 - 大分」別府市中央公民館のリニューアル工事が始まる。16年3月末まで休館し、耐震補強を進めるとともに、昭和初期の完成当時の外観を復元して文化財としての価値を高める。〜歴史的、文化的に重要なので国の文化財登録の検討を要望します。明治建築研究会、14・10・15、大分合同新聞


10月1日大分合同新聞 。「改修工事に着手へ 築後90年の別府市中央公民館 - 大分」 http://bit.ly/1mPG5SM "別府市中央公民館のリニューアル工事が始まる。2016年3月末まで休館し、耐震補強を進めるとともに、昭和初期の完成当時の外観を復元して文化財としての価値を高める。
"



いわき・旧豊間中を震災遺構候補に選定。保存か解体かで住民の意見が分かれている旧豊間中校舎

 いわき市は東日本大震災の津波で被災した旧豊間中の校舎の一部について、国の復興交付金を活用して保存する震災遺構の候補に選んだ。住民の賛否が分かれているため、地元の3行政区に意見集約を要請。地元の意向を踏まえ、年内に保存か解体かを決める方針だ。

 旧豊間中は鉄筋コンクリート3階(延べ床面積2455平方メートル)で、1階部分が津波被害を受けた。2、3階は損傷がなく、震災当日が卒業式だった3年生が寄せ書きをした黒板などが残っている。当時、校舎には約30人の生徒がいたが、避難して無事だった。

 市の構想では、震災の教訓を伝え、防災・交流の拠点とする。福島県が整備する防災緑地の用地に掛かる校舎東側の半分近くを解体し、西側を残す。1階部分はアルバムや資料などの保管庫、3階を震災の記憶と教訓を伝える場所、2階を市民活動のスペースにする。

 豊間中の地元である薄磯、沼ノ内、豊間3行政区は最大で9メートル近い津波が押し寄せ、死亡・行方不明者は199人(関連死除く)に上った。市内最大の被災地で、校舎保存に対する住民の感情は複雑だ。
 市が9月25日、3行政区の役員らを対象に開いた説明会では「私たちには、なぜ多くの犠牲者が出たのかを伝える義務がある。ぜひ校舎を保存すべきだ」と賛成する意見が出た。

 一方で、両親を亡くした男性は「被災した建物を見ると胸が締め付けられる。気持ちをくんでほしい」「ダメージを受けた母校を半分に切り、哀れな格好で残すのはどうなのか」と訴えた。

 市は3行政区に対し、11月末までの意見集約を求めており、今後、住民説明会やアンケートを実施するかどうかなど、方法について協議する。
 地元側は難しい判断を迫られる。市は「多くの犠牲者が出たこともあり、地域の住民の意向を尊重したい。地区内で意見を出し合い、合意形成を図ってほしい」(ふるさと再生課)と説明している。
河北新報、2014年10月08日水曜日




文化財として保全活用のご指導を。明治建築研究会。
Subject: 亀山製糸室山工場について

 明治建築研究会様



 ご意見を賜りまして、誠にありがとうございます。

 亀山製絲株式会社室山工場については、ご指摘のように、

貴重な産業遺産であると認識しております。

また、文化庁が富岡製糸場の世界遺産登録に向けてユネスコに提出した推薦文の中にも、

「現存する最後の富岡モデルの工場」と記されているなど、

本市においてもその価値については十分に認識しております。

室山工場は平成7年に操業を停止し、平成11年に繰糸工場、事務所、正門以外は解体されておりまして、

残された繰糸工場の傷みは著しく、修理には相当な費用がかかるものと想定されます。

本市としては、亀山製絲株式会社本社に対して、室山工場を保存していただくよう、

お願いをしておりますが、会社側から、「多大な修繕費用はかけられない。

また、具体的な方針は決まっていない。」という話がありました。

以上のことから、室山工場の保存については静観するしかない状況にありますので、

ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



ご回答が遅くなりまして、申し訳ございませんでした。



〒510-8601 三重県四日市市諏訪町1番5号

四日市市教育委員会 社会教育課

                     筺。娃毅后檻械毅粥檻牽横苅

                    E-Mail syakaikyouiku@city.yokkaichi.mie.jp

突然失礼します。老朽化して解体が心配されている貴重な産業遺産・旧亀山製糸室山工場を歴史の生き証人として、実物を正しく評価して、補強、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。三重県知事殿、三重県議会殿、四日市市長殿、四日市市議会殿、四日市市教育委員会殿、文化庁殿。明治建築研究会14・09・11


貴重な産業遺産の生き証人として、実物を正しく評価して、補強、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・09・11

三重県知事殿、三重県議会殿、四日市市長殿、四日市市議会殿、四日市市教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

1富岡製糸場(群馬県富岡市)をモデルに建設された全国の工場の中で唯一、現存するとされる三重県四日市市室山町の亀山製糸室山工場の老朽化が。富岡製糸場の世界文化遺産登録で歴史的価値が見直され、地元住民からは保存を望む声が、修繕の予定はなく行く末が心配。〜文化財としての再評価を要望!。明治建築研究会、中日、14・09・10

2富岡製糸場の技術や建築様式をモデルにした工場は、全国三十二カ所に建設。戦後、化学繊維の普及や安価な輸入生糸の増加で国産生糸の需要は落ち込み、工場は次々と操業を停止し、解体。住民の要望で表門と明治三十六年に建てられた工場一棟が取り壊しを免れ、現在立ち入り禁止〜補強して保全再生を!明治建築研究会、中日、14・09・10

3富岡製糸場の技術普及の歴史を検証するため、昨年末に敷地外から視察した富岡製糸場総合研究センターの今井幹夫所長は「老朽化が激しく、いつ壊れるか分からない。保存か取り壊しか結論を出す時期だと思う」と指摘「歴史的価値は高く『西の富岡』として、できれば残してほしい」と望む〜文化財に!明治建築研究会、中日、14・09・10

4亀山製糸室山工場。亀山製糸に吸収合併される旧伊藤製糸が明治初めに器械製糸工場。江戸後期に始まった手繰り製糸が源流。最盛期には約3万平方mの敷地に繰糸工場建屋が並び、年間15トンの生糸を生産。明治11年のパリ万博では出品した生糸が銅賞を受賞するなど品質も高い評価を〜貴重な産業遺産。明治建築研究会、中日、14・09・10


 貴重な産業遺産を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、補強方法を考えられ、その価値を生かして、実物を生かして活用されるようご検討をお願いします。地元の保存の声に歴史遺産の研究している立場から、大阪からも、応援させてもらいます。

       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        明治建築研究会、 TEL 072−236−3357。



  中日新聞、2014年9月8日 夕刊。「西の富岡」行く末不安 四日市の旧製糸場、老朽化。北側から見た室山工場。屋根瓦がはがれるなど老朽化が進んでいる=三重県四日市市室山町で(河崎裕介撮影)

 富岡製糸場(群馬県富岡市)をモデルに建設された全国の工場の中で唯一、現存するとされる三重県四日市市室山(むろやま)町の亀山製糸室山工場の老朽化が進んでいる。富岡製糸場の世界文化遺産登録で歴史的価値が見直され、地元住民からは保存を望む声が上がっているが、修繕の予定はなく行く末が心配されている。


 富岡製糸場の技術や建築様式をモデルにした工場は、全国三十二カ所に建てられた。戦後、化学繊維の普及や安価な輸入生糸の増加で国産生糸の需要は落ち込み、工場は次々と操業を停止し、取り壊された。


 室山工場も一九九五年に操業を停止したが、住民の要望で表門と一九〇三(明治三十六)年に建てられた工場一棟が取り壊しを免れ、現在立ち入り禁止になっている。工場は床面積六百二十五平方メートルの木造の建物で、中央の柱を省いた「トラス構造」で広い作業空間を確保している。高さは十メートルあり、動力として蒸気機関を使ったため、屋根に換気用の開口部を設けさらに「越屋根」がある。


 地元の四郷郷土資料館には、建設の参考にした富岡製糸場の設計図が残る。文化庁が世界遺産登録に向けて国連教育科学文化機関(ユネスコ)に提出した推薦文でも、現存する最後のモデル工場と記されている。


 富岡製糸場の技術普及の歴史を検証するため、昨年末に敷地外から視察した富岡製糸場総合研究センターの今井幹夫所長(80)は「老朽化が激しく、いつ壊れるか分からない。保存か取り壊しか結論を出す時期だと思う」と指摘。「歴史的価値は高く『西の富岡』として、できれば残してほしい」と望む。


 市教委と四郷郷土資料保存会は七月下旬、同県亀山市の亀山製糸本社を訪れ保存を提案したが、「具体的な方針は決まっていない」という回答だった。同社の担当者は「多大な修繕費用はかけられない」と話す。


 保存会の伊藤康則副会長(70)は、亀山製糸の前身の一つ、伊藤製糸の創業家の子孫に当たる。「地元にとって近代化の象徴。私たちの代で失うのは悲しい」と話した。


 富岡製糸場をモデルにした名古屋製糸場は、かつて名古屋市北区柳原にあり現在は別の会社の社員寮が建っている。(四日市支局・河崎裕介)


 <亀山製糸室山工場> 後に亀山製糸に吸収合併される旧伊藤製糸が明治初めに器械製糸工場として建てた。江戸後期に始まった手繰り製糸が源流。最盛期には約3万平方メートルの敷地に繰糸工場建屋が並び、年間15トンの生糸を生産した。1878(明治11)年のパリ万博では出品した生糸が銅賞を受賞するなど品質も高い評価を得た。

 <富岡製糸場> 1872(明治5)年、フランスの器械製糸技術を導入して建設された国内初の官営器械製糸模範工場。器械製糸の普及と技術者育成に寄与した。1987(昭和62)年に操業を停止。当時の所有者の片倉工業は「売らない、貸さない、壊さない」の3原則で保存し、2005年に市に寄贈した。今年6月に世界文化遺産に登録された。





鳥取県大山町所子地区の戦没者慰霊塔の塔柱(廃砲)が、保存される事を報道で知りました。おめでとうございます。貴重な昭和史の生き証人として、実物を正しく評価して、補強して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。鳥取県知事殿、大山町長殿、大山町教育委員会殿、文化庁殿。戦争遺構研究会、14・09・10、日本海新聞




鳥取県大山町所子地区の戦没者慰霊塔の塔柱(廃砲)が、保存される事を報道で知りました。おめでとうございます。貴重な昭和史の生き証人として、実物を正しく評価して、補強、補修して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・09・10

鳥取県知事殿、鳥取県議会殿、大山町長殿、大山町議会殿、大山町教育委員会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

鳥取県大山町所子地区の町有地にそびえる戦没者慰霊塔の塔柱(廃砲)が近く台座から下ろされる。老朽化で倒れる恐れがあるとして町は当初、撤去処分を検討したが、地元住民の強い思いなどもあり敷地に横たえ保存。建立から約90年。慰霊塔は新たな姿で戦争の歴史を〜戦争遺構の再評価を!戦争遺構研究会、14・09・09、日本海新聞

慰霊塔は、23年、在郷軍人所子村分会が中心となり忠霊塔として建立。コンクリート製の台座に、日露戦争で使用された旧日本海軍巡洋艦「春日」の砲身(長さ6・4m、重さ約5トン)の塔柱が立つ。塔の前には戦後建立された慰霊碑。忠霊塔は慰霊塔と名称が変更〜歴史の生き証人として保全再生を要望!戦争遺構研究会、14・09・09、日本海新聞



貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、補強方法を考えられ、その価値を生かして、実物を生かして活用されるようご検討をお願いします。地元の保存の声に歴史遺産の研究している立場から、関西からも、応援させてもらいます。

       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。





日本海新聞、2014年9月7日。撤去一転保存へ 大山・所子の戦没者慰霊塔


 鳥取県大山町所子地区の町有地にそびえる戦没者慰霊塔の塔柱(廃砲)が近く台座から下ろされる。老朽化で倒れる恐れがあるとして町は当初、撤去処分を検討したが、地元住民の強い思いなどもあり敷地に横たえ保存することにした。建立から約90年。慰霊塔は新たな姿で戦争の歴史を伝える。
長年の風雨で赤くさびた戦没者慰霊塔。台座から下ろされ新たな姿で歴史を見守る=大山町所子
 慰霊塔は、1923年、在郷軍人所子村分会が中心となり忠霊塔として建立された。コンクリート製の台座に、日露戦争で使用された旧日本海軍巡洋艦「春日」の砲身(長さ6・4メートル、重さ約5トン)の塔柱が立つ。塔の前には戦後建立された慰霊碑がある。

 第2次世界大戦後、忠霊塔は慰霊塔と名称が変更され今日に至るが、鉄製の砲身は長年の風雨で赤くさび、台座には数カ所亀裂が入るなど劣化が著しい。

 近くには中学校の通学路、電線や光ファイバーケーブルが通り、周辺住民から不安の声が上がっていた。また、慰霊塔敷地の草取りなど実質的に維持管理に当たってきた「所子校区遺族会」(山根淳会長)も会員が高齢化し、町に維持管理を相談していた。

 こうした声を受け、町は昨年8月、住民の安全を最優先に撤去を決断するが、所子地区が国の重要伝統的建造物群(重伝建)地区に指定されたことで状況が変わる。重伝建の審議会で「長年存在し、地元住民の思いもある。安全を図りながら残し、歴史が分かるような保管の仕方をしてほしい」という要望が出たためだ。

 このため町は撤去方針を再検討。県外の事例を参考に、慰霊塔の塔柱を台座から下ろし、横に倒して保管する方法を採用することにした。

 山根会長(71)は「遺族会役員会や地元自治会で、形を変えて残す方法を探っていた」といい、慰霊塔が残る結果に胸をなでおろす。「若い人に戦争の悲惨さを知ってもらい、なぜ『慰霊塔』ができることになったのかを考え、戦争があったことを忘れないでほしい」と願っている。



Y1世界文化遺産に登録を目指す佐賀市の国史跡「三重津海軍所跡」で、県が当時の様子を先端のデジタル技術を使って再現するなどの演出をつかった観光振興に乗り出す。来年のユネスコ登録を見据えた取り組み。佐賀市教委も今秋から、未調査地点を発掘して全容解明を目指し、観光地としての整備〜万歳!。戦争遺構研究会、Y,14/09/07




2海軍所跡は、佐賀市川副、諸富両町にまたがる約3万平方m。佐賀藩が幕末に作った海軍拠点施設で、国内最古の西洋式木造ドックなどが作られ、日本の近代造船の礎で、「明治日本の産業革命遺産」を構成する23資産。9日に開会予定の県議会9月定例会に総合演出計画事業の費用として6千万円を計上。戦争遺構研究会、Y,14/09/07




3計画は、高度なデジタル技術を持つ企業などから企画案を募って作成。例えば、海軍所跡の公園を訪れた際に通信端末で当時の様子の映像を流すなど、分かりやすさを重視する。また、県内外へのPR戦略や市街地から道に迷わず現地に行けるための案内板設置などにも取り組む〜世界遺産登録が待たれる!。戦争遺構研究会、Y,14/09/07




4佐賀市教委も、これまで産業遺産としての価値が高いとされるドックや金属部品を加工していた場所などを優先して発掘調査、今後は、文献記録に残っているもので未調査の地点を順次、調査。今年度は、鍛冶職人の小屋があったとされる地点や通路跡などを発掘「稽古場地区、船屋地区」などを本格的に発掘。戦争遺構研究会、Y,14/09/07




5登録を実質的に審査する国際記念物遺跡会議の現地調査が近く開始。県文化課は「幕末の海軍所跡の様子や歴史を分かりやすく伝えることで、観光客に『また来たい』と思ってもらいたい」と意気込む。市教委文化振興課は「訪れた人に史跡の価値を深く理解してもらえるよう史跡の全域を詳しく調べたい」と。戦争遺構研究会、Y,14/09/07





三重津海軍所跡 世界遺産登録見据え観光策.読売、2014年09月06日

世界遺産登録を目指す三重津海軍所跡(河川右側広場とその周辺=佐賀市教委提供)


 ◆県、デジタル技術で再現へ

 政府が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録を目指す佐賀市の国史跡「三重津海軍所跡」で、県が当時の様子を先端のデジタル技術を使って再現するなどの演出をつかった観光振興に乗り出す。来年のユネスコ登録を見据えた取り組み。佐賀市教委も今秋から、未調査地点を発掘して全容解明を目指し、観光地としての整備を進める。(村岡経世、小沢亮介)

 海軍所跡は、佐賀市の川副、諸富両町にまたがる約3万平方メートル。佐賀藩が幕末に作った海軍拠点施設で、国内最古の西洋式木造ドックなどが作られ、日本の近代造船の礎で、「明治日本の産業革命遺産」を構成する23資産のひとつ。

 海軍所跡は、これまでの発掘調査後に埋め戻され、現在、公園の地中にある。このため、県では「効果的な見せ方」を検討。9日に開会予定の県議会9月定例会に総合演出計画事業の費用として6000万円を計上する。

 計画は、高度なデジタル技術を持つ企業などから企画案を募って作成。例えば、海軍所跡の公園を訪れた際に通信端末で当時の様子の映像を流すなど、分かりやすさを重視する。また、県内外へのPR戦略や市街地から道に迷わず現地に行けるための案内板設置などにも取り組む。

 佐賀市教委も、これまで産業遺産としての価値が高いとされるドックや金属部品を加工していた場所などを優先して発掘調査してきたが、今後は、文献記録に残っているもので未調査の地点を順次、調べる。

 今年度は、鍛冶職人の小屋があったとされる地点や通路跡などを発掘。来年度以降、海軍の訓練を行った「稽古場地区」、和船を保管する「船屋地区」などを本格的に発掘する。

 登録を実質的に審査する国際記念物遺跡会議(イコモス)の現地調査が近く始まる。県文化課は「幕末の海軍所跡の様子や歴史を分かりやすく伝えることで、観光客に『また来たい』と思ってもらいたい」と意気込む。市教委文化振興課は「訪れた人に史跡の価値を深く理解してもらえるよう、史跡の全域を詳しく調べたい」としている。2014年09月06日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


1桶川市川田谷に倒れそうな木造の建造物。太平洋戦争時、12人の特攻隊員を送り出した「旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地だ。市による購入後、滞ってきた跡地の保存への議論も今年になって活発化。市は資料館への活用などを打ち出し、後世への継承を試みる。〜戦争遺構としての再評価を!戦争遺構研戦争遺構研究会、14・09・06、埼玉新聞。



2市が財務省から約3千万円で跡地を買い取ったのは2010年。保存や運営方針をめぐる議論は滞ってきたが、戦後70年を1年後に控えた7月、跡地の建物を資料館や休憩所として活用することを盛り込んだ整備基本計画案を策定。〜戦争遺構保存は、戦争賛美、反戦にも利用できるから注意が必要です。戦争遺構研究会、14・09・06、埼玉新聞。




3)9月定例議会には、管理に向けた資金を積み立てるための「市旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地整備管理基金条例」を提出。10月には同市歴史民俗資料館で、「旧陸軍桶川飛行学校からのメッセージ」を題目にシンポジウムを開催することを決定〜戦争の歴史の評価は、どちらにも利用されるのが心配?戦争遺構研究会、14・09・06、埼玉新聞。



4跡地の管理を担ってきた団体も保存に前向きだ。「ここは戦争のことを語り継ぎやすい場所」と話すのは、NPO法人「旧陸軍桶川飛行学校を語り継ぐ会」の事務局長鈴木義宏さん。「戦争遺跡保存全国ネットワーク」の会員としても活動。〜最近、戦争を美化する動きが、加速されているのが、気になるが?戦争遺構研究会、14・09・06、埼玉新聞。



5「戦争を連想させるのは難しいと思う」と鈴木さん「場所」として当時のまま残り、それにまつわる物語も数多く存在する桶川飛行学校を「国内に少ない"生きた戦争遺跡"」と強調「だからこそ市には建物だけでなく、この場所の持つ雰囲気を守ってほしい」と祈りを込める〜正しい戦争の歴史の継承が重要戦争遺構研究会、14・09・06、埼玉新聞。



6熊谷市に35年開設した熊谷陸軍飛行学校の分教場として37年6月に開設。少年飛行兵や学徒出陣の特別操縦見習い士官など約1600人の航空兵が学んだとされる。太平洋戦争末期には、特別攻撃隊(特攻隊)の訓練基地に。戦後は旧満州からの引き揚げ者などの市営住宅「若宮寮」として活用〜歴史遺産戦争遺構研究会、14・09・06、埼玉新聞。




7)56年ごろには64世帯約300人が暮らしていた。建物の一部は80年に火災で焼失したが、今も9552平方mの敷地に兵舎棟、守衛棟、車庫、便所棟と4棟の木造建築ほか、コンクリート造りの弾薬庫などが現存。隣接の飛行訓練所跡は「本田航空」の滑走路に〜戦争遺構の保存の意味は大きいが?戦争遺構研究会、14・09・06、埼玉新聞。







埼玉新聞。2014年9月3日(水) 。特攻隊の記憶紡ぐ場に 旧桶川飛行学校跡地、保存へ議論



壁をはがし建物の内部まで調査が進められる兵舎

 桶川市川田谷の荒川沿いに今にも倒れそうな木造の建造物がある。太平洋戦争時、12人の特攻隊員を送り出した「旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場(通称・桶川飛行学校)」跡地だ。市による購入後、滞ってきた跡地の保存への議論も今年になって活発化。市は資料館への活用などを打ち出し、後世への継承を試みる。旧陸軍飛行学校の姿を国内で唯一残すといわれるたたずまいに、跡地を管理してきた団体も「貴重な戦争遺跡」とし、保存への期待を向けている。

 「基礎の部分はきついですけどね、柱なんかは太くて丈夫ですよ」

 8月下旬、桶川飛行学校跡地に市から委託を受け、建物を調査する設計事務所所員の姿があった。調査の結果は、同地に残る建物をどのように修繕、解体していくかについての貴重なデータとなる。所員は天井、建物の内部までを確認した。

 市が財務省から約3千万円で跡地を買い取ったのは2010年。保存や運営方針をめぐる議論は滞ってきたが、戦後70年を1年後に控えた7月、跡地の建物を資料館や休憩所として活用することを盛り込んだ整備基本計画案を策定した。

 2日開会の9月定例議会には、管理に向けた資金を積み立てるための「市旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地整備管理基金条例」を提出。10月4日には同市歴史民俗資料館で、「旧陸軍桶川飛行学校からのメッセージ」を題目にシンポジウムを開催することを決定した。

 跡地の管理を担ってきた団体も保存に前向きだ。「ここは戦争のことを語り継ぎやすい場所なんです」と話すのは、NPO法人「旧陸軍桶川飛行学校を語り継ぐ会」の事務局長鈴木義宏さん(62)。「戦争遺跡保存全国ネットワーク」の会員としても活動している。

 「戦争遺跡」は戦争に関わる遺跡や遺物、戦争で受けた痕跡などのことを指す。国内の戦争遺跡の多くは、整備された公園や学校の中で単体として残る砲台や飛行機を格納していた掩体壕(えんたいごう)などだ。

 「砲台のみから戦争を知らない訪問者たちに、戦争を連想させるのは難しいと思うんです」と鈴木さん。「場所」として当時のまま残り、それにまつわる物語も数多く存在する桶川飛行学校を「国内に少ない"生きた戦争遺跡"」と強調。「だからこそ市には建物だけでなく、この場所の持つ雰囲気を守ってほしい」と祈りを込める。

■海に散った命伝える/元整備員・柳井さん


兵舎の前で桶川飛行学校について語る柳井政徳さん(右)と鈴木義宏さん

 「あのときの隊員の気持ちを考えるとね...」。桶川飛行学校の元整備員柳井政徳さん(88)は遠くを見つめる。終戦間際の1945年4月5日、桶川の地で特攻隊に命じられた隊員の飛行機後部席に、山口県小月飛行場まで同乗した。小月に到着し、飛行機の最終確認が終了。その場を離れようとすると隊員に呼ばれた。「柳井、世話になったな。整備班に帰ったら、みんなによろしく伝えてくれ」

 11日後、当時22歳だった青年は沖縄の海に散った。

 土日曜、祝日を一般開放している同飛行学校跡地。柳井さんは解説員として来場者たちに当時の校内の様子や学んでいた隊員たちの姿を伝える。「本当は戦争のときの話なんてしたくないんですよ」と柳井さん。それでも「こうしていれば、誰かには戦争の悲惨さが正しく伝わる。それが今生きている私の使命」と語り続けている。

■桶川飛行学校

 熊谷市に1935年開設した熊谷陸軍飛行学校の分教場として37年6月に開設。少年飛行兵や学徒出陣の特別操縦見習い士官など約1600人の航空兵が学んだとされる。太平洋戦争末期には、特別攻撃隊(特攻隊)の訓練基地にもなった。戦後は旧満州からの引き揚げ者などの市営住宅「若宮寮」として活用され、56年ごろには64世帯約300人が暮らしていた。建物の一部は80年に火災で焼失したが、今も9552平方メートルの敷地に兵舎棟、守衛棟、車庫、便所棟と4棟の木造建築ほか、コンクリート造りの弾薬庫などが残っている。隣接の飛行訓練所跡は「本田航空」の滑走路となっている。


近現代産業遺産、戦争遺構〜 

突然失礼します。 保存に反対の声がある震災遺構・石巻市旧門脇小学校ですが、大正12年9月1日に発生した関東大震災における遭難死者を追弔し、震災記念日に、改めて、将来の為に保全再生について再検討をお願いします。宮城県知事殿、宮城県議会殿、石巻市長殿、石巻市議会殿、同教委殿、文化庁殿。近現代産業遺産研究会、
14・09・01




  保存に反対の声がある震災遺構・石巻市の旧門脇小学校ですが、大正12年9月1日に発生した関東大震災における遭難死者を追弔し、震災記念日に、改めて、将来の為に保全再生について再検討をお願いします。14・09・01

 宮城県知事殿、宮城県議会殿、石巻市長殿、石巻市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

A(被災地から)保存か解体か、揺れる心情 東日本大震災。 津波に伴う火災で焼け焦げた石巻市の旧門脇小学校は、目隠し用のシートで覆われている。「つらい記憶がよみがえる」という地元の人の心情に市が配慮。〜難問であるが、震災遺構として、正しく評価して、将来の為にも保全活用されるよう要望近現代産業遺産研究会、A,14/09/01



遺構は遠くの人を呼び込む力がある。骨組みだけ残り、保存と解体で揺れる南三陸町の防災対策庁舎にも訪問者が絶えない。田代さんは「震災の教訓を後世に伝える意義は理解できる。でも、街が焼けた光景を毎日思い出して暮らすなんてありえない」と〜痛み、苦しみを乗り越えて、震災遺構の再評価を要望!近現代産業遺産研究会、A,14/09/01

    失礼を省みず、再度、お願いします。被災者の方々のお気持ちも分かります。震災後の、厳しい生活環境、財政のなかで、大変だと思いますが、近現代産業遺産の保存の研究している立場から、震災の生き証人として、関西からも、保全活用の再検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          近現代産業遺産研究会、TEL 072−236−3357 。




朝日新聞デジタル。(被災地から)保存か解体か、揺れる心情 東日本大震災。2014年9月1日05時00分
写真・図版
目隠し用のシートで覆われた旧門脇小学校(後方)と田代方政さん=宮城県石巻市


 津波に伴う火災で焼け焦げた宮城県石巻市の旧門脇小学校は、目隠し用のシートで覆われている。「つらい記憶がよみがえる」という地元の人の心情に市が配慮した。

 校舎の前で8月28日、土地区画整理事業の安全祈願祭があった。周辺には真新しい災害公営住宅など400戸が建てられる。出席した地元の「門脇町復興街づくり協議会」会長の田代方政(みちまさ)さん(67)は「校舎は住宅地の真ん中に立ち、どこからでも見える」と語り、改めて解体を訴えた。

 田代さんはあの日、息子2人が通った校舎が炎にのまれる様子を高台から胸がつぶれる思いで見ていた。地区では約500人が犠牲になった。跡地は集会所や公園にして、モニュメントを建ててほしいと願う。

 遺構は遠くの人を呼び込む力がある。骨組みだけ残り、保存と解体で揺れる南三陸町の防災対策庁舎にも訪問者が絶えない。田代さんは「震災の教訓を後世に伝える意義は理解できる。でも、街が焼けた光景を毎日思い出して暮らすなんてありえない」と話す。

 市がつくる有識者委員会は、旧門脇小保存の方向で議論を進めている。新しい住宅地に、そびえ立つ遺構はなじむのか。教訓を伝承する大切さをかみしめつつ、保存すべきだと明言できない自分がいる。(石巻支局・茂木克信)



はまれぽ.com 。ホコリまみれで以前話題になってた野毛近道入り口の看板が綺麗になってた!

もぎゃさん

横浜駅周辺で新鮮なお魚が買えるお店を教えてください。私のお勧めはそごう地下2階の「つきすそ」さんです。

横浜最古の倉庫「日東倉庫」が8月中にも解体って本当?解体が取りざたされている横浜最古の倉庫「旧日東倉庫」の今後はどうなる?(はまれぽ編集部のキニナル)

114年間同じ場所にたたずむ倉庫は、耐火耐震建築として全鉄筋コンクリート建築物を実現するための最後のステップであり、近代建築史の縮図といえる

「横浜最古の倉庫解体へ」という見出しで8月1日(金)付の神奈川新聞1面で報じられた記事によって日本大通周辺がざわついている。そしてそのざわめきについては、8月7日にはまれぽでもブレーキング・ニュースを掲載した。
 


この味わい深いタイル壁が消えてしまう日が来るのだろうか


そこで今回は、今からでも保存と有効活用について可能性を探ってみる価値はあるのではないか、という問題提起もふくめながら、前編は倉庫建物の歴史、後編は倉庫内部の様子と現状と今後、と2回にわけて、日本近代建築史における倉庫の位置と意味について、できるだけ掘り下げてみる。



建物の歴史

調査会や神奈川新聞で「『重要文化財級』との評価も」と言われる倉庫について、まずは名称を整理しておく。「三井物産株式会社横浜支店倉庫」として建てられたのが1910(明治43)年。

戦後の1959(昭和34)年2月、三井物産株式会社から倉庫営業部門を分離独立させて別会社とするため、資本金5000万円をもって設立されたのが「日東倉庫株式会社」であり、同社は同年4月から営業を開始した。このとき「日東倉庫株式会社横浜支店日本大通倉庫」となった。
 



2014(平成26)年8月中旬の旧日東倉庫

 
倉庫は1980(昭和55)年ごろまでには開店休業状態になり、社名は2003(平成15)年に「日東ロジスティクス株式会社」、2007(平成19)年にはグループ2社との統合により「トライネット・ロジスティクス株式会社」と変わっていくものの、一貫して100%の株主である三井物産によって所有されてきた。
 



日本大通から少し入ったところにあるその倉庫は
 

横浜情報文化センターと向かい合うように建っている

 
上の地図で倉庫に隣接する青い建物は、「旧日東倉庫」設立の翌1911(明治44)年に、日本最初の全鉄筋コンクリート建築となる「横浜三井物産ビル(現在はKN日本大通ビル)」である。1号館、2号館となっているが、1911年に建てられたのが日本最初のオフィスビルでもある1号館で、のちに1927(昭和2)年に建てられた2号館と合体して、現在は1つのビルとなっている。
 



街路樹が生い茂る盛夏の現在は遠景だとわかりにくいが、この正面玄関の
 

左側(手前)が1号館、右側(奥)が2号館である
 

2号館側から。よく見ると柱の張り出し方や窓の配置が微妙に違って興味深い

 
先進国において鉄筋コンクリート(RC:reinforced concrete)による建築物がつくられるようになってからわずか10年ほどの時差で、明治時代の終わりにこのビルが建てられたことそれ自体快挙であるが、1911年という建設年は、1923(大正12)年の関東大震災、1945(昭和20)年の横浜大空襲という近現代史上最悪の惨事を2つとも乗り越えたことを意味し、快挙どころではない驚嘆すべき建物である。

そして、この「旧横浜三井物産ビル」に隣接する「旧日東倉庫」は、それをさらに1年さかのぼる1910(明治43)年から今日まで、同じように震災と空襲に耐え、建ち続けていることになる。
 



1号館のみだった当時はこちら側が正面玄関で、倉庫と半ば一体の建物である
 

緑色の鉄扉がいいアクセントになっている煉瓦壁の倉庫

 
いまや観光スポットとして人気を集めている赤レンガ倉庫は2号倉庫が1911年、1号倉庫は1913(大正2)年建設であり、現存するもので倉庫より古い建物は、1904(明治37)年建設の神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行本店本館)くらいのものである。

ただし、神奈川県立歴史博物館は関東大震災時に屋上ドームが焼失し、1967(昭和42)年に復元されているのに対し、「旧日東倉庫」、「旧横浜三井物産ビル」は建設時そのままの姿を留めている。
 



横浜大震災実況 横浜正金銀行惨状(提供:横浜市中央図書館)

 




◇ちば探検隊 歴史的遺構「廃虚」に脚光。読売、2014年08月24日

開口部が鉄板でふさがれた検見川送信所の局舎。長い年月に劣化も進んでいる

日本で初めて国際放送を発信した送信所が千葉市花見川区にある。1979年に役目を終えた後、残された局舎は「廃虚」「心霊スポット」などとして有名になり、一時は負のイメージでみられていたが、近年再評価されて保存・活用へ向けた取り組みが進んでいるという。知られざる町のお宝を探った。(深沢雅弘)


 JR新検見川駅から南約0・7キロ・メートルにある住宅街の一角、約2・3ヘクタールの敷地に検見川送信所は、ひっそりと立つ。1926年(大正15年)4月、逓信省東京無線電信局の送信所として開局。30年(昭和5年)、補助艦保有を制限したロンドン海軍軍縮条約締結を記念し、日本初の国際放送として、浜口雄幸首相の演説を米英向けに発信した。戦時中には対植民地通信の無線所としても活用された。

 その他にも、日本初の標準電波発射、ドイツの飛行船ツェッペリン号との交信、日本初の対航空機無線通信など通信史に数多くの実績を残し、79年に閉局された。91年、NTTに代替地を提供して等価交換し、千葉市の所有となった。

 建物を設計したのは逓信省営繕課の吉田鉄郎。2013年、商業施設に再開発されたJR東京駅前の旧東京中央郵便局の設計でも知られる。

 現存する鉄筋コンクリート造2階建て延べ床面積約1370平方メートルの局舎の周囲には、草が生い茂る。ぼや騒ぎや不審者侵入などがあったため、現在は外壁の開口部を鉄板でふさぎ、入り口も施錠。市検見川稲毛土地区画整理事務所が管理し、敷地への立ち入りも禁止している。

 再評価のきっかけは00年、同送信所を会場に千葉大の教授が開催したアートプロジェクトだった。アートを通じ、忘れられていた町の歴史的遺構が多くの人に再認識されることになったという。

 その後、地元町内会や市議などが市に地域文化財としての登録を求める要望を行い、07年には、市民有志が「検見川送信所を知る会」を設立した。同会は、資料や写真などを入手してホームページで歴史や意義を紹介、イベントも企画して多くの人に存在が知られるようになった。市民の意識の高まりを受け、市は09年に送信所を改修して保存する方針を決めた。今年3月に市文化財保護審議会で報告された文化財調査では「初期モダニズムのあり方を示すものとして、日本近代建築史上貴重な遺構であり、文化財的価値を有する」とされた。

 知る会の高井義信副代表(61)は「一時はマイナスイメージが強く、取り壊されそうになったこともあった。検見川連合町内会が何度も要望書を提出したり、我々がいろいろな情報を集めて提供してきたりした努力が実りつつある」と喜ぶ。

 今後について、文化財調査は「日本の無線通信史上、数多くの業績を有し、近代化遺産ともいえる歴史的・文化的価値を有する。同時代の無線局局舎は皆無に等しいことからも保存が望まれる」と結論づけた。一方で、傷みの進行が激しいため維持保存の緊急修理を先行させ、続く第2期で本格的な活用を目指した整備・改修が望ましいと提言した。

 市教委文化財保護室は今後、文化財のレベルが国、県、市のどれに相当するかを検討する。具体的活用方法については、地元の要望を聞きながら、関係各課で協議する。方針は今年度末に策定する市第2次実施計画に盛り込まれる。

 知る会の仲佐秀雄代表(84)は「検見川は歴史のある古い町。郷土に残る農業や漁業の史料などを展示してほしい。いろいろなイベントにも活用できたら」と期待している。2014年08月24日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


  朝日新聞デジタル。(各駅停話)琴似駅 語り継がれる屯田兵。大久保泰。2014年7月7日14時29分

写真・図版
琴似屯田兵村兵屋跡と子孫の永峰貴さん=札幌市西区


 琴似(ことに)駅が近づくと、車窓に収まりきらない高層マンションが増えてくる。駅前から歩くこと約10分。札幌市営地下鉄の琴似駅を過ぎると、平屋建ての木造小屋が現れる。明治政府が始めた屯田兵制度発祥の地を伝える国指定史跡「琴似屯田兵村兵屋跡(とんでんへいそんへいおくあと)」だ。

「各駅停話」一覧
“テツ”の広場

 明治維新後の1875(明治8)年、中央官庁の「開拓使」が最初に屯田兵を入植させたのが琴似だ。屯田兵は農業をしながら、ロシアの侵攻に備える軍人だった。

 小屋の中には、脱穀機や馬に引かせた耕機がある。「飲める水はどこにあるか探してごらん」。社会見学に訪れた西区の小学生38人に、屯田兵の孫にあたる永峰貴さん(71)が語りかけた。全国に約160人いる子孫会の事務局長だ。

 学生服で作った兵服を着て、小学校教諭の経験を生かした語り口で子どもたちの視線を集める。祖父は会津藩士だった。「逆賊と言われ、寒さに耐え、ただただ懸命に生きた。それが今の琴似をつくっている」

 JR北海道によると、琴似駅の1日の乗客数はこの4年で300人ほど増えた。札幌市中心部に近く、JRと地下鉄の駅があるのが人気の理由だ。「入植」は今も続く。(大久保泰)




那覇タワー、10月にも取り壊し,OT,2014年8月20日 09:39

解体されることが決まった那覇タワー=19日、那覇市牧志


 那覇市の国際通りのランドマークタワー「那覇タワー」の解体工事が始まる。7月に同タワーの土地・建物を取得したグリーンホテル・ズ・コーポレーション(福岡市久留米)が19日、工事開始を発表した。9月初旬から建物内の備品撤去を始め、10月ごろ建物の取り壊し作業に入る。工事は来年4月ごろまでかかる見通し。新たな開発事業が決定するまで、駐車場として利用するなど活用方法を検討している。

 那覇タワーは、沖縄が本土に復帰した翌年の1973年設立。那覇市民会館や海洋博の沖縄館などを手掛けた沖縄の建築家を代表する一人、故・金城信吉氏が設計した。

 高さ約83メートル、地上19階、地下2階建て。ファッションビルなどとして営業後、2006年に不動産事業のゼファーが取得。08年に同社が経営破綻して以降、閉鎖していた。11年に不動産開発のイントランス(東京都)が土地、建物を取得。7月にグリーンホテルに売却した。

 同社は建設から40年以上が経過して老朽化しており、「現状を維持しながらの有効活用は困難と判断した」としている。隣接する沖縄三越の建物は9月の閉店後、リウボウが観光商業施設として新事業を始める計画で、那覇タワー跡地で同事業と連携した一体的な開発が検討される可能性がある。



横浜最古の倉庫:文化財指定拒み壊す計画 市側は保全を。毎日新聞 2014年08月12日 20時50分(最終更新 08月12日 21時10分)

解体の危機にある旧三井物産横浜支店倉庫(手前)。奥に隣接する建物が旧三井物産横浜ビル=横浜市中区で

関連記事
桟敷わらし:肝試しに挑戦を 嘉穂劇場で来月5日まで /福岡
近代洋風建築:西村伊作の2棟、保存活用する会を設立へ−−新宮 /和歌山
あがらのまち自慢:新宮・旧西村家住宅(西村記念館) 築100年、驚きの近代建築 /和歌山
あがらのまち自慢:新宮・旧西村家住宅(西村記念館) 築100年、驚きの近代建築 /和歌山
なぜ?謎?やまがた:大型映画の撮影隊続々来る理由は? 「県内各地でロケ」魅力 /山形

 明治時代末期に建てられ、横浜最古の倉庫建築として知られる旧三井物産横浜支店倉庫(横浜市中区日本大通)の取り壊し計画が浮上し、保存を求める声が上がっている。鉄筋コンクリートや木材を組み合わせた珍しい構造で、市も「重要文化財級」と評価する。早ければ今月中にも解体が始まる予定で、5日には専門家らが緊急シンポジウムを開き、「横浜の宝として守るべきだ」と訴えた。

 倉庫は旧横浜生糸検査所などを手がけた建築家の遠藤於菟(おと、1866〜1943年)が設計し、1910年に完成。柱と屋根が鉄筋コンクリート、壁がれんが、床が木材−−と複数の素材を使った特殊な構造で、かつては生糸の保管庫として利用された。国内初の全面鉄筋コンクリート建築の旧三井物産横浜ビル(現KN日本大通りビル)と隣接する。

 前所有者の物産不動産(東京都港区)が市に倉庫の解体を申し出たことから、市は2008年に保全活用を求めて検討会を設置。両者の協議により09年、外壁の部材のみ残して解体し、以前の外観を生かして復元する「壁面復元」の方針がまとまりかけた。

 ところが昨年6月、倉庫は隣接するビルとともに物産不動産から不動産業のケン・コーポレーション(同)に売却され、ケン社が今年4月、安全面や経済的な理由から倉庫を全面解体し、更地にする意向を市に示した。

 市は倉庫の保存または一部保存の検討をケン社に要望。市民や専門家の間でも保存を求める声が高まる。シンポジウムの呼び掛け人に名を連ねた市文化財保護審議会委員の水沼淑子・関東学院大教授は「横浜に残る生糸文化の礎。歴史的価値も高く、次世代に残すべきだ」と強調する。

 ただ、これまで所有者側が一貫して文化財指定を拒んできた経緯があり、保存のための法規制はないのが現状だ。ケン社の担当者は「詳細は未定」としながらも、解体の方針を崩しておらず、市都市デザイン室の担当者は「ぎりぎりまで保全活用を働きかけたい」としている。【飯田憲】



 Y1)8月15日、終戦から69年。この間、時代の経過とともに、県内の旧軍用施設や弾痕の残る建造物など「戦争遺跡」は少なくなっている。戦争遺跡について調べてきた元高校教諭の加藤昭雄さんは、「戦争の記憶の風化を防ぐためにも、遺物が保存されることが重要だ」と訴える〜早急に文化財登録を!戦争遺構研究会、Y,14/08/20





2「閉伊川鉄橋は、宮古空襲の機銃掃射の痕が残った貴重な遺物」終戦直前の1945年8月9、10日、宮古市内は米軍の空襲を受けた。閉伊川鉄橋には、米軍機の機銃掃射によってできた50か所以上の弾痕が残された。厚さ9ミリの鉄板を貫通した弾も10発以上あり、直径2センチ程度の穴が開いている戦争遺構研究会、Y,14/08/20





3鉄橋は戦後も使用され、東日本大震災の津波で倒壊。橋げたは鉄くず処理される計画だったが、市民の間に保存運動が広がり、11年7月、JRの協力も得て弾痕が残る部分の保存が。現在は、休館中の市民文化会館敷地内に仮置きされ、市民が実際に見て学べるようになっている〜貴重な戦争遺構保全活用例戦争遺構研究会、Y,14/08/20





4戦争遺跡を残そうと、盛岡市は12年、市青山にある赤れんが造りの旧陸軍覆馬場おおいばばを整備し、当時の建造物を残しつつ多目的施設としてオープン。山田町大沢の海岸には、戦時中に海軍航空隊の基地が水上に着陸した飛行機を引き上げるコンクリート造りの斜路跡が、震災後は大半が海面下に沈む。戦争遺構研究会、Y,14/08/20





5花巻市の加藤さんは、「岩手・戦争を記録する会」の事務局長、「閉伊川鉄橋や旧陸軍覆馬場のように保存されるケースはなかなかない。戦争遺跡は認知度が低く、取り壊されてしまったものも数多い。戦争体験者が少なくなっていく中で、貴重な資料に。何とか保存をしていきたい」と〜自治体の協力を!戦争遺構研究会、Y,14/08/20


  読売、貴重な戦争遺跡 保存を。2014年08月15日

所々に穴が開いた閉伊川鉄橋の橋げたが、機銃掃射の威力を物語る。震災で被害を受けた宮古市民文化会館(休館中)敷地内に仮置きされている

 15日、終戦から69年を迎える。この間、時代の経過とともに、県内の旧軍用施設や弾痕の残る建造物など「戦争遺跡」は少なくなっている。戦争遺跡について調べてきた元高校教諭の加藤昭雄さん(68)は、「戦争の記憶の風化を防ぐためにも、遺物が保存されることが重要だ」と訴えている。(浅川貴道)

 「閉伊川鉄橋は、宮古空襲の機銃掃射の痕が残った貴重な遺物です」

 宮古市が主催して10日に開かれた講演会で、加藤さんは住民約20人を前に、スライドを使ってJR山田線の鉄橋橋げたについて解説した。

 終戦直前の1945年8月9、10日、宮古市内は米軍の空襲を受けた。閉伊川鉄橋には、米軍機の機銃掃射によってできた50か所以上の弾痕が残された。厚さ9ミリの鉄板を貫通した弾も10発以上あり、直径2センチ程度の穴が開いている。

 鉄橋は戦後も使用され、東日本大震災の津波で倒壊。橋げたは鉄くず処理される計画だったが、市民の間に保存運動が広がり、2011年7月、JRの協力も得て弾痕が残る部分の保存が決まった。現在は、休館中の市民文化会館敷地内に仮置きされ、市民が実際に見て学べるようになっている。

 戦争遺跡を残そうと、盛岡市は12年、市青山にある赤れんが造りの旧陸軍覆馬場おおいばばを整備し、当時の建造物を残しつつ多目的施設としてオープンさせた。

 一方、山田町大沢の海岸には、戦時中に海軍航空隊の基地があり、水上に着陸した飛行機を引き上げるコンクリート造りの斜路跡が残されていたが、震災後は大半が海面下に沈んでしまっているという。

 花巻市在住の加藤さんは、20年ほど前から県内の戦争遺跡について調べてきた。「岩手・戦争を記録する会」の事務局長も務めており、「閉伊川鉄橋や旧陸軍覆馬場のように保存されるケースはなかなかない。戦争遺跡は認知度が低く、取り壊されてしまったものも数多い。戦争体験者が少なくなっていく中で、貴重な資料になるはず。何とか保存をしていきたい」と話している。2014年08月15日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


NHK“戦争遺跡”の保存と活用を考える。全国の市民団体で作る「戦争遺跡保存全国ネットワーク」が16日から3日間、川崎市多摩区の大学の施設には450人。山梨学院大学の十菱駿武客員教授が「戦争の体験者が少なくなり、戦争の実態を伝える役割が人からものへと移行〜戦争遺構の再評価を要望中!戦争遺構研究会、NHK,14/08/20


全国には明治から太平洋戦争にかけての戦争遺跡が3万件あり、保存して歴史や平和学習の教材として活用することが重要」と。旧日本軍の軍事施設や、空襲を避けるための地下ごうといった戦争遺跡のうち、国や自治体が文化財として指定や登録は、全国でことし7月現在、216件〜世界遺産登録の検討を!戦争遺構研究会、NHK,14/08/20



シンポジウムでは戦争遺跡の保存や活用に向けた各地の取り組みが紹介され、施設の老朽化対策や土地の権利者と行政の理解など、今後の課題。戦争遺跡保存全国ネットワークの渡辺賢二氏は「これまで多くの戦争遺跡が失われてきたが、戦後70年を前に、その価値を再認識することが重要だ」と〜再評価を!戦争遺構研究会、NHK,14/08/20


  NHK。“戦争遺跡”の保存と活用を考える 。8月16日 20時54分

旧日本軍の施設や防空ごうなど、戦争の実態を今に伝える、いわゆる戦争遺跡の保存や活用を考えるシンポジウムが、16日から開かれています。

このシンポジウムは、全国の市民団体で作る「戦争遺跡保存全国ネットワーク」が16日から3日間の日程で開き、会場となった川崎市多摩区の大学の施設には450人が集まりました。
はじめに、ネットワークの共同代表で、山梨学院大学の十菱駿武客員教授が「戦争の体験者が少なくなり、戦争の実態を伝える役割が人からものへと移行している。全国には明治から太平洋戦争にかけての戦争遺跡が3万件あり、保存して歴史や平和学習の教材として活用することが重要だ」と述べました。
ネットワークによりますと、旧日本軍の軍事施設や、空襲を避けるための地下ごうといった戦争遺跡のうち、国や自治体が文化財として指定や登録を行っているのは、全国でことし7月現在、216件にとどまっているということです。
シンポジウムでは戦争遺跡の保存や活用に向けた各地の取り組みが紹介され、施設の老朽化対策や土地の権利者と行政の理解など、今後の課題が話し合われました。
戦争遺跡保存全国ネットワークの渡辺賢二運営委員は「これまで多くの戦争遺跡が失われてきたが、戦後70年を前に、その価値を再認識することが重要だ」と話しています。



【神奈川】戦争遺跡を訪ねて(1)猿島(横須賀) 観光地に要塞の歴史。2014年8月14日

深い緑に紛れるように造られた、れんが造りの軍事施設跡=横須賀市で

 船を下りると、三六〇度が真夏の海と空。観音崎、房総、東京を望む横須賀市沖の猿島は、東京湾唯一の自然島。そして、かつて首都を防衛する要塞(ようさい)だった。


 海水浴やバーベキューの客でにぎわう砂浜を抜け、生い茂る木々の中の散策路を進む。コケがむすれんが積みの建造物が見えてきた。兵舎や弾薬庫の跡だ。


 島の外からは深い緑に包まれて分からないが、島の中央部は岩山を切り崩した「切り通し」が貫く。旧軍事施設は、それに沿って残る。


 切り通しの先に、長いトンネルが現れた。暗い内部に足を踏み入れた途端、うるさいほどのセミの声が遠くなった。ひんやりと、湿り気を帯びた空気がまとわりつく。歩き進むごとに時をさかのぼる感覚になるトンネル内にも、弾薬庫や用途不明の地下室がある。


 日蓮上人ゆかりの伝説が残る猿島は、古くから漁民に親しまれた。軍事拠点としての歩みは、幕末から。異国船の侵入を防ぐために全国初の台場が建設され、明治には砲台や要塞が築かれた。第二次世界大戦の激化で高射砲も配備。高台にいくつもある砲台跡は、東京湾口の守りを固めた往時の名残だ。


 「不発弾を発見した場合は、管理事務所へ連絡を」。島内看板が、時代の名残を伝える。暗い歴史を秘めた島は今、明るい光の下で人々を迎える。平和な世を、味わうように。 (中沢佳子)

 終戦から六十九年。戦場や空襲の体験者が年々減っていく中、戦禍の時代を伝える遺構や記念物の存在は重みを増している。県内の戦争遺跡を訪ね、身近な場所に残る戦争の傷痕を確かめた。


 猿島 横須賀市の約1・7キロ沖に浮かぶ、無人島。周囲約1・6キロ、面積約5万6000平方メートル。縄文や弥生時代の土器なども発見されている。京急線横須賀中央駅から歩いて約15分の三笠桟橋から、1時間に1本運航されている定期船で渡ることができる。




【神奈川】戦争遺跡を訪ねて(2)川崎市役所時計塔 復興への努力見守る。東京、2014年8月15日

戦時は迷彩色がほどこされ、空襲の監視塔になっていたという川崎市役所の時計塔を示す星野正孝さん

 一九四五年四月十五日夜。川崎市街を焼け野原にした空襲の炎の熱は、高さ約四十メートルの市役所本庁舎の時計塔の上にまで届いた。


 時計塔は戦時中、米軍機の空襲に備える監視塔だった。「熱風が渦巻いた」。防空監視の任務で塔の上にいた星野正孝さん(88)=川崎市川崎区=は、熱風に痛む目で空を舞う焼けたトタンを見た。


 市によると、戦中十数回の空襲全体の死者千人、重軽傷者一万五千人。この時の大空襲は、その大半の被害を出した。川崎駅周辺は市役所のほかは宮前小学校などわずかに残るだけに。市民は残った時計台を見上げ、戦後の復興に努力したといわれる。


 市役所本庁舎は一九三八年の完成。オランダの市庁舎を模したとされ、斬新な建物と評された。東端部から上に伸びた時計塔は戦時、迷彩色がほどこされた。星野さんは戦後、塔の西側壁面に弾痕を二カ所確認したが、白亜に戻った現在の壁では見えづらい。


 老朽化し耐震性に問題があり、市は本庁舎と時計塔を二〇一六年度以降に解体するスケジュールを示している。星野さんは時計塔の再現を願っている。再現されれば「戦争の、空襲の話を語り継いでいける」からだ。 (山本哲正)

  戦争遺跡 保存と活用 多摩区の明大シンポ始まる(8月17日)写真付き記事
引き揚げ船の悲劇伝えたい 横須賀でパネル展始まる(8月16日)写真付き記事



戦争遺跡を訪ねて(3)青根監視哨(相模原) 米爆撃機、少年が警戒。東京新聞、2014年8月16日

米軍機が飛来した方向を指しながら、当時を語る長田さん(右)と杉本さん=相模原市緑区青根で

 空襲の現場や戦場とは遠かった山間部にも、戦争の跡がある。旧津久井町青根(現・相模原市緑区青根)の小山の頂。米爆撃機の飛来を発見するためにつくられた青根防空監視哨だ。地面に掘られた聴音壕(ごう)の跡が当時を伝える。


 哨員を務めた地元の農業長田博さん(89)は振り返る。「南西方向からグォォーって爆撃機が飛んできた。こんな山奥に来るなんて…。初めて見たときはそりゃ怖かった」


 設けられた時期は防空法制定後の一九三八年ごろとみられている。徴兵前の地元の少年ら七人が一組になり、二十四時間体制で交代しながら、山のかなたに目を凝らし、耳を澄ませた。航空機を発見したら、旧海軍厚木基地の本隊に電話で連絡した。聴音壕は深さ二メートルで、航空機の音が集まりやすいように石やコンクリートで固められ、トタン屋根がかぶされていたという。


 当初は、飛来するのは日本軍機ばかりで比較的のんびりしていたらしい。だが、戦局が悪化した四四年ごろからは、大型爆撃機の編隊が東京や横浜に向かって、山のはるか上を通り過ぎていった。

 終戦時に哨員だった農業杉本理一さん(86)は「米軍機がここを通ったのは、富士山を目指して飛んできて、方向を変えるからだと聞いた。だいたい高度一万メートル。どうにもならんと思った」と語る。

 青根地区出身で相模原市立博物館市史編さん担当の井上泰さん(56)は「津久井でもほかに二カ所の監視哨があったが、資料が少なく全体像はよく分からない。青根は通信用紙の一部が残っており、活動が伝わる数少ない場所です」と話す。 (原昌志)

戦争遺跡 保存と活用 多摩区の明大シンポ始まる(8月17日)写真付き記事



  A廃墟の村を保存。ナチス親衛隊が村を占拠。村民を納屋や教会に閉じ込め、火を放ち、一斉射撃。その4日前に連合軍がノルマンディーに上陸。村は抵抗運動とのつながりを疑われたが、武器は見つかっていない。戦後仏政府は、虐殺を歴史にとどめるため、村をそのまま保存〜全体を文化財にして保全活用を戦争遺構研究会、A,14/08/12



敵対関係を超えて 共有進む虐殺の記憶。第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦から70年。第1次大戦開始からは百年。今年現代史の節目を迎える欧州では、ことあるごとに各国首脳が集い、歴史をふりかえる。かつての敵対関係を超えて、戦争の記憶の共有が進む〜平和構築の為に戦争遺構保全活用を!戦争遺構研究会、A,14/08/12







朝日新聞デジタル。(戦後70年へ)敵対関係を超えて 共有進む虐殺の記憶。編集委員・三浦俊章。2014年8月11日23時55分。独仏の和解の歩み

 第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦から70年。第1次大戦開始からは100年。今年、現代史の節目を迎える欧州では、ことあるごとに各国首脳が集い、歴史をふりかえる。かつての敵対関係を超えて、戦争の記憶の共有が進む。歴史観をめぐって対立が深まる一方の東アジアとどこが違うのか。現地から報告する。

特集・戦後70年へ

 小鳥がさえずり、タンポポが風に揺れる。鐘の音も聞こえてきた。フランス中部の小村オラドゥールは、のどかな田園が広がる。しかし、時間は1944年6月10日で止まっていた。

■廃墟の村を保存

 村全体が廃虚だ。崩れ落ちた建物をのぞくと、赤茶色にさびたミシンがある。道には自動車の残骸。焼き打ちされた教会では、鉄枠だけの乳母車が、70年前の惨劇を伝えている。

 この日、ナチス親衛隊が村を占拠。村民を納屋や教会に閉じ込め、火を放ち、一斉射撃した。女性と子供を含む642人が虐殺された。その4日前に連合軍がノルマンディーに上陸している。村は抵抗運動とのつながりを疑われたが、武器は見つかっていない。戦後仏政府は、虐殺を歴史にとどめるため、村をそのまま保存することを決めた。

 昨年の9月4日、ドイツのガウク大統領とフランスのオランド大統領が、連れ立って村を訪れた。69年の歳月を経て、村が独大統領の訪問を受け入れたのである。2人は、生存者の腕をとって、悲劇の現場だった教会の祭壇に向かった。

■「真実のみが礎」

 〈ガウク大統領〉「ドイツ人が犯した重い罪に向き合うとき、深い驚愕(きょうがく)の念を免れることはありません」

 〈オランド大統領〉「真実のみが和解の礎となる。戦後両国は、過去を乗り越え、未来を分かち合うと決断しました」

 オラドゥールの地だけではない。今年6月6日にノルマンディー上陸作戦の記念式典。同月26日に第1次大戦の古戦場ベルギー・イーペルで開かれた欧州連合(EU)首脳の会合。8月3日には独仏開戦100年式典と、共同行事が続く。

 第2次大戦後の冷戦下の欧州では、今日のEUに発展する地域統合が進んだ。ドイツは欧州の一員に徹する道を選び、フランスは受け入れた。和解の環境が整っていたといえる。だが、それだけでは、十分ではなかった。

 「和解は、両国の単なる経済協力の延長でもなければ、社会に自然と浸透するものでもない。双方の指導者層の間に、和解を成し遂げようという明確な意志があり、首脳がそれにふさわしい象徴的行動をとり、指導的役割を果たしたことが大きかった」と、ロンドン大学のアントニー・ベスト博士(国際関係史)。

 しかも、和解は、一回きりのことではなく、試行錯誤しながら続くプロセスである。その試みを、独仏国境の街ストラスブールに訪ねた。



  株式会社トプコン(東京都)は、下関市が進める記念事業である「旧下関電信局電話分室」(現田中絹代ぶんか館、大正13年竣工)の建物竣工90周年(15年)、ぶんか館オープン5周年に当たり、最新のIT技術を用いて3Dモデル化するプロジェクトに協力。〜大阪から、保存運動のお手伝いをしました。明治建築研究会、14・08・12、TOPCON。歴史的・文化的財産の価値向上と文化資料の共有を実現へ。


TOPCON。歴史的建築文化財を3Dデータで運用・管理する 日本初のプロジェクトに協力しました
News Releases English 。ニュースリリース 2014年度


歴史的建築文化財を3Dデータで運用・管理する 日本初のプロジェクトに協力しました

歴史的・文化的財産の価値向上と文化資料の共有を実現へ

発表日 2014年08月06日

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、山口県下関市が進める記念事業である「旧下関電信局電話分室」(現田中絹代ぶんか館、大正13年(1924年)竣工)の建物竣工90周年(2015年)、ぶんか館オープン5周年に当たり、最新のIT技術を用いて3Dモデル化するプロジェクトに協力することとなりました。
今回のように建造文化財が3Dモデル化され、3Dデータが運用・維持管理にまで利用されるのは全国でも初めてのケースです。また、文化資料として国内外で共有するとともに次世代に継承できるよう一般公開していく予定です。


3Dモデルを使用した街並み再現

現在、国内に文化財として指定されている建造物はおよそ14,300棟*あります。時間の経過とともに建物が損傷するため修繕する必要がありますが、戦前に建てられた建物は図面が消失していることが多く、修繕できずに取り壊され、記憶から消えてしまう場合が多く見られます。(*文化庁ホームページより)

これに対し「旧下関電信局電話分室」は、大正時代特有の設計、装飾が数多く見られ、当時の時代背景や文化を現す貴重な建築財産です。そのため近代建築資料として後世に残し、市民などと共有することが重要と考えました。これを実現するために「ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)」*1の手法により、建物全体を3Dモデル化して運用ならびに修繕と保全、共有に備えることとしました。
トプコン 3Dレーザースキャナー GLS-2000
今回のプロジェクトでは、株式会社NTTファシリティーズ監修の下、オートデスク株式会社、株式会社トプコンが協力し、建造文化財の3Dモデル化を図り、これを利用することによって、建物を安全に効率よく運用・維持管理できるか、ファシリティマネジメント*2の視点に立って具体的な事例で検証いたします。当社は、2012年11月から開始した米国におけるオートデスク社との業務提携の一環として、3Dデータの運用分野拡大にグローバルで取り組んでまいります。



3Dモデル化は以下のような手順で進行しています。
(1)建物を3Dレーザースキャナーで計測する作業

旧下関電信局電話分室の外部と内部に3D3Dレーザースキャナー GLS-2000レーザースキャナーを設置し、レーザー光線をあてて、高精度の3Dの点データの群れ(点群データ)を取得。4日間かけて建物の内外およそ50カ所でスキャン作業を実施。外観のスキャンは完了し、約4,500万個の点群で構成されています。

(2)データ統合、モデリング作業3Dモデル CG

およそ50カ所のスキャン作業で作成された点群データをソフトウェアに取り込んで一つの建物のモデルに結合(現在までにほぼ完了)。この点群データを利用して詳細な3Dモデルを作成し、属性情報を付与しながらBIM化、また写真のようにリアルなCGまで作成。(2014年12月に完了予定)。

(3)3Dモデルを使用した街並み再現、一般公開3Dモデルを使用した街並み再現

完成した3Dモデルを周辺(唐戸地区)の地形データと周辺の近代建築遺産の外観と組み合わせ、建物が竣工した大正時代の街並みをバーチャルに再現して一般公開(2015年2月より開始予定)。




 防空壕に待避せよ 望月隆昭(80)医師八尾市。わが家の裏庭に防空壕ができたのは昭和19年の夏、私は小学5年生。父が大工さんに頼んだ壕は3畳くらいの細長い穴蔵で、壁と天井が板張り。翌年3月には東京や大阪が大空襲に見舞われ、焼け出された人達が空襲の翌日、郊外のわが村に逃れてきた。



5月に父が軍医養成のため召集され、私と妹は北摂の母の実家に疎開と決まり、馴染んできた壕ともお別れ。北摂でも空襲警報は頻繁になり、祖父はその度に少し離れた地下物置へ私達を急がせた。夜中でも必ず起こされ、寝ぼけ眼で暗い地下室に辿りつくと、地下特有のかび臭いにおいによけいに気が滅入った。


頭上を越えて北へ向かった敵編隊は祖父の郷里の福井市を襲った。そしてその20日後、戦争は終わった。あれから69年、今も夏には必ず戦時中のことを思い出す。あのときの少年が今も私の中で生きていて、空襲で亡くなった無辜(むこ)の人達のことや、家族の絆の防空壕のことを思い出させてくれるのだ。戦争遺構研究会、S,2014.8.11


  防空壕に待避せよ 望月隆昭(80)医師 大阪府八尾市。産経08.11 13:00

投稿は600字程度にまとめ、氏名と電話番号を明記。〒556-8661産経新聞編集局「夕焼けエッセー」係へ。採用の方のみご連絡。原稿の返却はいたしません。

投稿は600字程度にまとめ、氏名と電話番号を明記。〒556-8661産経新聞編集局「夕焼けエッセー」係へ。採用の方のみご連絡。原稿の返却はいたしません。

 わが家の裏庭に防空壕ができたのは昭和19年の夏、私は小学5年生だった。父が大工さんに頼んだ壕は3畳くらいの細長い穴蔵で、壁と天井が板張りだった。

 空襲の怖さなど知らなかった私は、洞窟探検の主人公気分で壕に入ったが、父がキャラメルや干しバナナを常備してくれていると知って、楽しんで入るような癖がついてしまった。

 しかし、だんだん気を引きしめねばならぬ事態になってきた。翌年3月には東京や大阪が大空襲に見舞われ、焼け出された人達が空襲の翌日、郊外のわが村に逃れてくるのも見た。

 その後敵機は全国の都市を襲い出した。5月に父が軍医養成のため召集され、私と妹は北摂の母の実家に疎開と決まり、馴染んできた壕ともお別れとなった。

 北摂でも空襲警報は頻繁になり、祖父はその度に少し離れた地下物置へ私達を急がせた。夜中でも必ず起こされ、寝ぼけ眼で暗い地下室に辿りつくと、地下特有のかび臭いにおいによけいに気が滅入った。

 7月のある夜、地下室にうずくまっていたとき、頭上を越えて北へ向かった敵編隊は祖父の郷里の福井市を襲った。翌朝、故郷への汽車にとび乗った祖父は、やがて打ちひしがれて帰ってきた。妹一家全員が犠牲になっていた。そしてその20日後、戦争は終わった。

 あれから69年、今も夏には必ず戦時中のことを思い出す。あのときの少年が今も私の中で生きていて、空襲で亡くなった無辜(むこ)の人達のことや、家族の絆の防空壕のことを思い出させてくれるのだ。2014.8.11



 S兵庫県教委は7日、豊岡市出石町の芝居小屋「永楽館」を県の重要有形文化財(建造物)に指定。永楽館は明治34年に建てられた地上2階地下1階の木造建築。近畿地方の芝居小屋では、現地で保存されている最古のもの。昭和初期から30年代にかけて、映画館やパチンコ店に。〜将来は、国の文化財に!明治建築研究会、s、14・08・11



その後、旧出石町が所有者から建物を寄贈され、合併した豊岡市による復元工事が平成20年完了。現役の芝居小屋として使用。正面入り口の2階に出演者が顔見せをする「縁」があり、その上に太鼓を納めた「太鼓楼」がある。内部は桟敷や花道のほか、舞台中央に回転する「廻り舞台」が設置〜素晴らしい!明治建築研究会、s、14・08・11




  芝居小屋「永楽館」が県重文に 兵庫。産経2014.8.8 02:08

 県教委は7日、豊岡市出石町の芝居小屋「永楽館」を県の重要有形文化財(建造物)に指定し、積雪で倒れた天然記念物「上森神社のシラカシ大木」(養父市)について、県指定文化財指定を解除した。

 永楽館は明治34年に建てられた地上2階地下1階の木造建築。近畿地方の芝居小屋では、現地で保存されている最古のものという。

 当初は芝居小屋だったが、昭和初期から30年代にかけて、映画館やパチンコ店として使われた。その後、旧出石町が所有者から建物を寄贈され、合併した豊岡市による復元工事が平成20年に完了。現役の芝居小屋として使われている。

 正面入り口の2階に出演者が顔見せをする「縁」があり、その上に太鼓を納めた「太鼓楼」がある。内部は桟敷や花道のほか、舞台中央に回転する「廻り舞台」が設置されている。

 一方、上森神社のシラカシ大木は23年1月に積雪の重みで倒壊。回復が見込めないため指定の解除が決まった。



  近衛師団司令部として使われた文化財の東京国立近代美術館工芸館。東京都千代田区の北の丸公園。〜難問であるが、隠さないで、閣議決定の解体計画が、変更され保全再生された本当の理由を、後世に正しく伝えるべきである。明治建築、近現代建築、戦争遺構などの保存と開発の歴史の難しさよ!戦争遺構研究会、14・08・10


昭和50年代、旧大阪砲兵工廠本館の保存運動をした頃、幻燈で旧近衛師団司令部庁舎のように保存・活用したいと呼びかけたが、軍国主義の賛美と批判された。解体計画が、何故、保存されたのか分からないと講演会で、話したら、協力していただいた旧軍人さんから裏話をご教示いただき、驚愕!後世へ記録を戦争遺構研究会、14・08・10


  朝日新聞デジタル。映画の旅人一覧。(映画の旅人)ぶらり・見る・読む。2014年8月9日03時30分


写真・図版
近衛歩兵第二連隊記念碑=東京都千代田区の北の丸公園

写真・図版


■ぶらり

 皇居近くの北の丸公園に行くには、地下鉄が便利だ。九段下駅で降り数分歩いて田安門をくぐると、50年前のオリンピック東京大会のさいに柔道競技会場として建設された日本武道館がそそり立つ。遊歩道に沿って歩けば、木立に囲まれて近衛歩兵第一連隊と第二連隊の記念碑がある。さらに奥に進むと池や芝生が広がり、その向こうに近衛師団司令部として使われた東京国立近代美術館工芸館のレトロな建物がある。31日まで「もようわくわく」をテーマに、着物の柄や食器の模様など伝統的な、また現代の美を展示中だ。近衛兵が占拠した内幸町の放送会館は取り壊され、跡地に日比谷シティの高層ビルがそびえる。日比谷通り沿いに小さな「放送記念碑」の石碑が立つ。

 岡本監督の資料を展示する島根県安来市の足立美術館(電話0854・28・7111)へは、JR安来駅からほぼ1時間おきに出る無料のシャトルバスで20分。美術館を創設した足立全康と親交があった縁で、毎週土曜日に「岡本喜八記念コーナー」を開場し、岡本監督の映画を上映する。入場は無料。今日9日は「戦国野郎」で、「日本のいちばん長い日」は9月27日の上映だ。名園で名高い美術館だけに枯山水の庭や横山大観の絵などを有料でじっくりと楽しめる。

 岡本監督の故郷、鳥取県米子市にはJR米子駅から歩いて5分の商店街に旧銀行の建物を改造した「DARAZ CREATE BOX」があり、ここを拠点に「喜八プロジェクト」(電話0859・34・3383)が活動している。地元の言葉で突拍子もないことをする人を「だらず」と呼ぶ。尊敬する岡本監督も模範的な「だらず」と考え、金庫室に岡本監督の映画のポスターを並べる。「だらず様」という観音様のようなゆるキャラをシンボルに、奇抜な夜市を開くなど「喜八スピリット」で街づくりを進める。

■見る

 映画「日本のいちばん長い日」は、東宝が出した「期間限定プライス版」のDVD(2700円)で見ることができる。

■読む

 半藤一利さんの著書『日本のいちばん長い日(決定版)』(648円)と『あの戦争と日本人』(724円)はいずれも文春文庫。岡本喜八監督の著書『マジメとフマジメの間』(1296円)と『しどろもどろ 映画監督岡本喜八対談集』(1296円)がちくま文庫から出ている。




  突然失礼します。解体計画がある横浜市の旧「日東倉庫日本大通倉庫」を正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。神奈川県知事殿、神奈川県議会殿、横浜市長殿、横浜市議会殿、文化庁殿。地元の保存の声に歴史建築の研究している立場から関西から応援させてもらいます。明治建築研明治建築研究会、14・08・04




解体計画がある横浜市中区の旧「日東倉庫日本大通倉庫を、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・08・04

神奈川県知事殿、神奈川県議会殿、横浜市長殿、横浜市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

K明治末期に建てられ、生糸貿易を支えた横浜市中区の旧「日東倉庫日本大通倉庫」が、8月中に取り壊される。関東大震災に耐えた横浜最古の倉庫で、震災復興にも貢献。木材やれんが、鉄筋コンクリートを組み合わせた構造は建築史的に珍しく「重要文化財級」との評価も〜歴史遺産を文化財にして活用を。明治建築研究会、14・08・03、神奈川新聞。

同倉庫は1910(明治43)年に完成。横浜赤レンガ倉庫(1911〜13年)よりも古い。翌11年に誕生した同ビルとともに三井物産横浜支店として一体的に使われ、生糸輸出の最前線だった。23年の関東大震災の際は倉庫の中の生糸が被災を免れ、国家財政を助けたとも。〜国、自治体が、早急に保存の措置を。明治建築研究会、14・08・03、神奈川新聞。

構造的にも特殊で、柱と屋根が鉄筋コンクリート、壁がれんが、床が木材−と、複数の素材がうまく組み合わされている。建築史に詳しい横浜国大の吉田鋼市名誉教授は「鉄筋コンクリート造を試作的に用いた最初期の建物で、国内にはまず現存例がなく極めて貴重だ」と指摘〜問答無用で、文化財指定で保存を。明治建築研究会、14・08・03、神奈川新聞。

地元の保存の声に歴史建築の研究している立場から応援させてもらいます。貴重な明治建築を、解体でなく、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、保存・活用されるようご検討をお願いします。

       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        明治建築研究会、 TEL 072−236−3357。





K明治末期に建てられ、生糸貿易を支えた横浜市中区の旧「日東倉庫日本大通倉庫」が、8月中に取り壊される。関東大震災に耐えた横浜最古の倉庫で、震災復興にも貢献。木材やれんが、鉄筋コンクリートを組み合わせた構造は建築史的に珍しく「重要文化財級」との評価も〜歴史遺産を文化財にして活用を。明治建築研究会、14・08・03、神奈川新聞。


同倉庫は1910(明治43)年に完成。横浜赤レンガ倉庫(1911〜13年)よりも古い。翌11年に誕生した同ビルとともに三井物産横浜支店として一体的に使われ、生糸輸出の最前線だった。23年の関東大震災の際は倉庫の中の生糸が被災を免れ、国家財政を助けたとも。〜国、自治体が、早急に保存の措置を。明治建築研究会、14・08・03、神奈川新聞。



構造的にも特殊で、柱と屋根が鉄筋コンクリート、壁がれんが、床が木材−と、複数の素材がうまく組み合わされている。建築史に詳しい横浜国大の吉田鋼市名誉教授は「鉄筋コンクリート造を試作的に用いた最初期の建物で、国内にはまず現存例がなく極めて貴重だ」と指摘〜問答無用で、文化財指定で保存を。明治建築研究会、14・08・03、神奈川新聞。



神奈川新聞。横浜最古の倉庫解体へ 「重要文化財級」との評価も。2014.08.01 03:00:00

解体の危機にある旧日東倉庫日本大通倉庫。奥のビルは旧三井物産横浜ビル=横浜市中区日本大通

 明治末期に建てられ、生糸貿易を支えた横浜市中区日本大通の旧「日東倉庫日本大通倉庫」が、駐車場整備などのため早ければ8月中に取り壊されることが31日、分かった。関東大震災に耐えた横浜最古の倉庫で、震災復興にも貢献。木材やれんが、鉄筋コンクリートを組み合わせた構造は建築史的に珍しく「重要文化財級」との評価もある。「横浜のルーツが失われる」と憤る声が上がっている。


 所有者の不動産業ケン・コーポレーション(東京都港区)は「解体の予定はあるが、詳細は決まっていない」としている。関係者によると、ホテル開発の構想も浮上しているという。


 同社は昨年8月、総合商社の三井物産が全額出資する物産不動産(同港区)から、倉庫に隣接する旧「三井物産横浜ビル」と合わせ取得していた。同倉庫は国や県、市の文化財指定などは受けておらず、このまま解体される公算が大きい。

 同倉庫は1910(明治43)年に完成。横浜赤レンガ倉庫(1911〜13年)よりも古い。翌11年に誕生した同ビルとともに三井物産横浜支店として一体的に使われ、生糸輸出の最前線だった。23年の関東大震災の際は倉庫の中の生糸が被災を免れ、国家財政を助けたともいわれる。

 構造的にも特殊で、柱と屋根が鉄筋コンクリート、壁がれんが、床が木材−と、複数の素材がうまく組み合わされている。建築史に詳しい横浜国大の吉田鋼市名誉教授は「鉄筋コンクリート造を試作的に用いた最初期の建物で、国内にはまず現存例がなく極めて貴重だ」と指摘する。

 市文化財課も「鉄筋や木を組み合わせた構造は貴重だ」と重要性を認識する。一方で、歴史的な景観を企画、調整する役割の市都市デザイン室は「前オーナーも含め、所有者が一貫して文化財の指定を受けることを断ってきた」と、保存のための規制が働かなかった経緯を説明している。

 公益社団法人「横浜歴史資産調査会」の米山淳一事務局長は「横浜の発展の礎となった生糸貿易の遺産が失われてしまう」と危機感を募らせている。【神奈川新聞】



東京新聞。 8月10日。守れ生糸文化の礎 かつて保管庫 横浜最古の倉庫解体へ

歴史的価値が高いとして保存を求める声が出ている旧三井物産横浜支店倉庫(手前)=横浜市中区日本大通で
 1910(明治43)年に建てられた横浜で最も古い倉庫建築、旧三井物産横浜支店倉庫(横浜市中区日本大通)の解体計画が浮上し、専門家らから保存を求める声が上がっている。「歴史的建造物として価値が高い。次世代のために横浜の宝として守って」と訴えている。 (原昌志)


 同倉庫は、日本で最も早い時期に鉄筋コンクリート(RC)を導入した建物とされ、木材やれんがを組み合わせた混構造。地上三階地下一階で、延べ二千百九十四平方メートル。日本のRC建築の先駆者とされる遠藤於菟(おと)(一八六六〜一九四三年)が設計・監督した。翌年に完成した日本初の全面RC建築、旧三井物産横浜ビル(事務所ビル、現・KN日本大通りビル)に隣接する。赤レンガ倉庫よりも古い。


 絹貿易で栄えた横浜で、生糸の保管庫としても利用された。二三年の関東大震災に耐え、倉庫内の生糸は震災復興に役立てられたという。市生涯学習文化財課によると、四〜五年前に市の文化財指定の動きがあったが、所有者の意向もあって指定できなかったため、解体などに規制はない。


 三井物産系の不動産会社が所有していたが、昨年に東京・港区の不動産会社ケン・コーポレーションが、隣接の事務所ビルとともに取得。同社担当者は「解体予定だが、詳細は未定。本館(事務所ビル)は現状保存する」としている。


 横浜都市発展記念館の青木祐介・主任調査研究員(建築史)は「今では当たり前になった鉄筋コンクリ構造を、木材などを組み合わせて試行錯誤してつくりあげた過程が残っている。非常に貴重」と指摘する。


 五日には、保存を求めるシンポジウム(横浜歴史資産調査会主催)が市内で開かれ、富岡製糸場(群馬県)の世界遺産登録と横浜の生糸貿易をからめて、価値を訴える意見などが交わされた。


 会場には約百二十人の参加者が集まり、西和夫・神奈川大名誉教授、吉田鋼市・横浜国大名誉教授らは「横浜に残る生糸文化の礎をみんなで守ろう」と緊急アピール。「日本のシルク遺産として世界遺産になりうる建造物。ぜひとも次の世代に横浜の宝として守っていくことを決意し、広くアピールする」と宣言した。






「有楽座」は1935年に演劇劇場(現・東宝日比谷ビル)として誕生した劇場、51年に映画専用の劇場に、84年には一度閉館。05年に「ニュー東宝シネマ1」を改装し、「新・有楽座」として生まれ変わった姿で再び経営。09年には名前を「TOHOシネマズ有楽座」に改め、1スクリーン(397席)と小さい劇場に。明治建築研究会、14・08・−3

TOHOシネマズ有楽座、閉館へ 都内劇場の閉鎖相次ぐ…

来年2月27日で閉館(画像はTOHOシネマズ公式サイトのスクリーンショット)

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 「TOHOシネマズ有楽座」がニユートーキヨー本店ビルの閉鎖に伴い、2015年2月27日をもって閉館することが明らかになった。

 「有楽座」は1935年に演劇劇場(現・東宝日比谷ビル)として誕生した劇場で、1951年に映画専用の劇場になった後、1984年には一度閉館を迎えている。しかし、2005年に「ニュー東宝シネマ1」を改装し、「新・有楽座」として生まれ変わった姿で再び経営を続けた。その後2009年には名前を「TOHOシネマズ有楽座」に改め、1スクリーン(397席)と小さい劇場ながら、今日まで多くの映画ファンに親しまれてきた。

 劇場側は「これまでTOHOシネマズ有楽座にご支援、ご愛顧いただきました映画ファンの皆様、関係者の皆様に心より御礼申し上げます。TOHOシネマズ日劇、スカラ座、みゆき座、シャンテにて、引き続きご来場をお待ちしております」とオフィシャルサイトにて感謝のコメントを寄せている。

 都内では近年、立て続けに映画館が閉鎖しており、5月末には「吉祥寺バウスシアター」、7月20日には「三軒茶屋シネマ」が閉館したばかり。ガード下の映画館として親しまれてきた「新橋文化劇場」「新橋ロマン劇場」も今月末をもって57年の歴史に幕を下ろす。(編集部・吉田唯)


  
石巻市震災伝承検討委員会が東日本大震災で被災した門脇小(門脇町4丁目)を震災遺構として保存する方向性を示したことに、住民組織「門脇町復興街づくり協議会」が反発。学校周辺は土地区画整理事業が進められ、協議会は「新たな街づくりにそぐわない」と解体を求める。〜震災遺構の正しい評価を!近現代史研究会、河北新報14・08・03




  河北新報。門脇小の震災遺構化に住民組織反発。2014年07月31日木曜日

シートで覆われた門脇小の前で、解体を求める考えを語る田代会長

 石巻市震災伝承検討委員会が東日本大震災で被災した門脇小(門脇町4丁目)を震災遺構として保存する方向性を示したことに、住民組織「門脇町復興街づくり協議会」が反発している。学校周辺は土地区画整理事業が進められ、協議会は「新たな街づくりにそぐわない」と解体を求めている。
 区画整理事業は門脇町2〜5丁目などの23.7ヘクタールが対象。災害公営住宅150戸と一戸建て用地250戸分を整備し、新市街地を形成する。
 地元の4町内会でつくる協議会は昨年9月、門脇小の解体を前提に居住地域にふさわしい跡地の利用を市に要望。ことし6月には検討委の平川新委員長らと意見交換し、早期解体などを求めた。
 今月24日にあった検討委第4回会合では門脇小について、震災の教訓を伝えたり防災教育に生かしたりできる遺構としての価値が評価された。一方で、近くに整備されるメモリアルパークへの移転など住民の意向に配慮を求める意見も出された。
 門脇小をめぐっては、市が昨年3月に区画整理事業の地権者を対象に行った調査で「解体すべきだ」が53.5%と半数を超えた。ことし1月の市民アンケートでは、震災遺構が必要と考える市民が挙げた候補として58.6%で最多だった。
 検討委は遺構に関する意見を取りまとめ、12月に亀山紘市長に提言する。市は「本年度中に結論を出す方針で、あらためて住民の意見を聞く機会を設けることも検討したい」と説明している。

◎門脇町復興街づくり協議会会長/田代方政さんに聞く

 石巻市震災伝承検討委員会が門脇小を震災遺構とする方向性を示したことについて、解体を要望してきた門脇町復興街づくり協議会の田代方政会長(67)に聞いた。
 −検討委の考え方をどう受け止めるか。
 「6月に意見交換した際、はっきりと解体を要請したのに受け入れられなかった。残念だ。門脇小は4階建てで地域のどこからでも見える。毎日校舎を目にしながら生活するのは忍びない。津波で街が流される光景を目にした住民も多く、つらい思いがよみがえる」
 −協議会は土地区画整理事業で整備される新市街地のまちづくりを話し合ってきた。
 「門脇町は、市が非可住地域ではなく可住地域に指定した。新しくまちをつくることを決めたのに、住宅地のど真ん中に遺構があるのはナンセンスではないか。解体して、跡地は住民のコミュニティーづくりのために集会所や憩いの場として活用してもらいたい」
 −市内には門脇小の保存を求める声もある。
 「震災の教訓を後世に引き継ぐという意義は理解できる。私も自宅が流され、間一髪で日和山に逃げた。学校跡地の一角にモニュメントを設置するなら賛成だが、校舎をそのまま残すのは納得できない。市は門脇小の遺構化に関するアンケートを何度か実施している。最も重視してほしいのは、これから門脇町で暮らす住民の意向だ」
 −検討委は今後、門脇小の保存・活用法、景観や住民への配慮などを協議していく。
 「住民で話し合いを重ね、解体を望むという意見を集約している。次回の検討委に参考人として出席し、委員全員にわれわれの思いの丈を伝えたい」。2014年07月31日木曜日





旧三井物産株式会社横浜ビル(明治43年竣工)に併設されている倉庫(明治42年竣工)が現所有者である株式会社ケン・コーポレーションにより、取り壊し計画が進行。同倉庫は絹貿易で栄えた横浜で生糸の保管庫としても利用された貴重な歴史的建造物。〜歴史建築を文化財にして保全活用されるよう要望。明治建築研究会、14・08・02、•旧三井物産株式会社横浜支店倉庫の保存を考える緊急シンポジウム。

sibatamasami ‏@sibatamasami1 ・ 11秒 旧三井物産株式会社横浜支店倉庫の保存を考える緊急シンポジウム。平成26年8月5日19〜21横浜市開港記念会館 6号会議室。水沼淑子。大野敏。堀勇良。鈴木伸治。吉田鋼市。コーディネータ。米山淳一.。参加無料。定員110名。主催公益社団法人 横浜歴史資産調査会〜歴史遺産の保全活用を!明治建築研究会、14・08・02、•旧三井物産株式会社横浜支店倉庫の保存を考える緊急シンポジウム。




•旧三井物産株式会社横浜支店倉庫の保存を考える緊急シンポジウム 緊急・NEW

旧三井物産株式会社横浜ビル(明治43年竣工)に併設されている倉庫(明治42年竣工)が現所有者である株式会社ケン・コーポレーションにより、取り壊し計画が進行していることがこの度分かりました。同倉庫は絹貿易で栄えた横浜で生糸の保管庫としても利用された貴重な歴史的建造物です。横浜の「歴史を生かしたまちづくり」を推進する上で、要となる歴史的建造物でもあります。将来に渡り貴重な宝物として子々孫々に伝え残すことを皆さんと一緒に考えてみたいと思います。皆様お誘い合わせの上多くのご参加をお願い致します。
日 時 平成26年8月5日(火)19:00〜21:00(開場 18:30)
会 場 横浜市開港記念会館 6号会議室
 パネリスト(予定)
  水沼淑子(関東学院大学 教授)
  大野 敏(横浜国立大学 大学院 准教授)
  堀 勇良(建築史家)
  鈴木伸治(横浜市立大学 教授)
  吉田鋼市(横浜国立大学 名誉教授)
 コーディネーター
  米山淳一(公益社団法人 横浜歴史資産調査会 常務理事・事務局長)
参加費 無料
定 員 110名(※お申し込みは不要です!直接会場までお越し下さい)
主 催 公益社団法人 横浜歴史資産調査会(ヨコハマヘリテイジ)


•「歴史的建造物保存修復関係者向け見学会・体験実習」のお知らせ(2014.3.29開催)詳しくはこちら(pdf)

•「第3回神奈川県ヘリテージマネージャー大会」のお知らせ(2014.3.15開催)詳しくはこちら(pdf)
•「ピアノが案内する横浜の歴史とまちvol.3」開催のお知らせ(2014.2.6開催) 案内チラシ(pdf) 朝日新聞(2014.1.21)掲載の記事(jpg)




突然失礼します。観光事業のため撤去計画があるタヒチ核実験被害者の記念碑を、忘れてならない核実験の記憶を刻む記念碑を、歴史の生き証人として、正しく評価して、永久に存続・活用されるようご検討下さい。タヒチ現地政府(ガストン・フロス)長官殿、国際連合殿、パペーテ市長殿〜近現代史研究会、A,14/07/30


観光の為に、貴重な記念碑が、撤去される事は、許されない暴挙です。地元、世界各地からの存続を求める声に、戦争、平和について研究している立場から日本から全力で応援させてもらいます。存続について、再検討を、お願いします。堺市東区大美野155−13、近現代史研究会、世界平和会議日本支部近現代史研究会、A,14/07/30






観光事業のため撤去計画があるタヒチ核実験被害者の碑を、忘れてならない核実験の記憶を刻む記念碑を、歴史の生き証人として、正しく評価して、永久に存続・活用されるようご検討下さい。14・07・30

タヒチ現地政府(ガストン・フロス)長官殿、国際連合殿、パペーテ市長殿、

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

A報道によれば、タヒチ核実験被害者の碑、取り壊しの危機 「保存へ署名を」仏領ポリネシアのタヒチにある核実験被害者の記念碑が取り壊されようとしている。現地の団体などが反対の声を上げ、永久保存を求めて署名を展開〜世界市民として忘れてはならない、タヒチ核実験被害者の碑の存続を要望します近現代史研究会、A,14/07/30

観光の為に、貴重な記念碑が、撤去される事は、許されない暴挙です。地元、世界各地からの存続を求める声に、戦争、平和について研究している立場から応援させてもらいます。存続について、再検討を、お願いします。

       599−8126 堺市東区大美野155−13、

       近現代史研究会、世界平和会議日本支部、 TEL 072−236−3357。





タヒチ核実験被害者の碑、取り壊しの危機 「保存へ署名を」仏領ポリネシアのタヒチにある核実験被害者の記念碑が取り壊されようとしている。現地の団体などが反対の声を上げ、永久保存を求めて署名を展開。


タヒチ核実験被害者の碑、取り壊しの危機 「保存へ署名を」 /長崎県
 仏領ポリネシアのタヒチにある核実験被害者の記念碑が取り壊されようとしている。現地の団体などが反対の声を上げ、永久保存を求めて署名を展開。長崎と広島でも、賛同者…
2014年06月27日 西部 朝刊 長崎・1地方


新聞切り抜き
タヒチの核実験被害者記念碑が撤去危機 永久保存へ署名を /広島県
 仏領ポリネシアのタヒチにある核実験被害者の記念碑が取り壊されようとしている。現地の団体などが反対の声を上げ、永久保存を求めて署名を展開。広島でも、核兵器や原発…
2014年06月25日 大阪 朝刊 広島1・2地方




A第1次世界大戦の終戦直後に開館したロンドンの戦争博物館が、4年間で4千万ポンド(約70億円)を費やして大規模改修し、開戦100年の今月、全く新しい博物館として再出発。戦争体験を継承し、多様な視点から考えさせることを強調〜各国でも、改修が続く、難問だが、各国とも歴史改ざんに注意を?近現代史研究会、A,14/07/30



広島、長崎の被爆がどれほど悲惨だったのかには触れていない。「戦争終結を早め多くの命を救った」といった正当化論もない。原爆製造にかかわった科学者らが結果に不安を覚えたことが記され、「核兵器は戦争の本質を変えた」「人類自体の滅亡につながっていたかも」と、核時代の幕開け〜自己弁護では?近現代史研究会、A,14/07/30




戦争博物館の新装開館を、英国はどう受け止めたか。保守系紙タイムズのコラムニスト、ベン・マッキンタイヤー氏は、「もはや帝国主義的でも好戦的でもない」展示を通じ、「戦争を賛美するのでも指弾するのでもなく、歴史を通じ我々を形づくってきた現象を説明しようとしている」と評価〜中立説明難問?近現代史研究会、A,14/07/30





 朝日新聞デジタル。(世界発2014)多様な視点、戦争再考 第1次大戦100年、英の博物館改装

2014年7月30日05時00分

写真・図版
古めかしい建物と、前庭に砲身が置かれた外観だけは改装前と変わっていない

写真・図版


 第1次世界大戦の終戦直後に開館したロンドンの戦争博物館が、4年間で4千万ポンド(約70億円)を費やして大規模改修し、開戦100年の今月、全く新しい博物館として再出発した。戦争体験を継承し、多様な視点から考えさせることを強調している。


 ■視覚に訴え追体験

 ロンドン中心部からテムズ川を渡った南側。ドーム屋根の下、正面玄関前に2本の砲身が並ぶ。改装前と変わらない外観に「帝国戦争博物館」という正式名称も手伝って、大英帝国の威厳を残すイメージがある。

 大戦犠牲者を顕彰する目的で設立が決まった博物館だけに、当初は英軍を英雄視する傾向が強かった。その後、コレクションに加わった兵器が陳列された。新装後の吹き抜けにも、第2次世界大戦期の英空軍戦闘機スピットファイアや、ドイツがロンドン空襲に使ったミサイル兵器V1、V2がつり下げられている。

 だが、その周囲を囲む回廊部の展示からは、一新された印象が伝わってくる。

 一番下の地階は、第1次大戦を扱う常設展示。開戦100年の節目に合わせた今回の改装の目玉だ。その特徴は、当時の視点で追体験させる姿勢。西部戦線で過ごす夜はどんなものか、視聴覚効果も駆使し、見学者自身に「塹壕(ざんごう)」を体験させるコーナーもある。

 説明パネルには、当時の日記や手紙や新聞からの引用句が掲げられている。ジェームズ・テイラー展示チーム長は「後知恵を排し、回顧録の言葉はいっさい使っていない」と強調した。


 ■日本兵の人間性描く

 階を一つ上った第2次大戦の展示、最後のコーナーは極東戦線を扱う。ゼロ戦の両翼をもがれた機体がそこにある。

 同館のサマンサ・ヘイウッド公共プログラム部長は「日本が天然資源獲得のために始めた戦争で、手に入る資源がどんどん限られていった状況を見せるねらい」を語る。

 後ろには、出征の寄せ書きが記された日の丸。インパール戦線で英軍将校が手に入れたものだという。「人間性を盛り込みたかった。旗の持ち主だった日本兵も人間で、無事の帰還を祈る家族や友人がいたと」

 そばにユニオン・ジャック(英国旗)もある。シンガポールの英軍部隊が、日本軍による占領後、捕虜収容所内で隠し持ち、日本の降伏と共に掲げたものだ。

 だが、日本に勝ったことを誇る展示ではない。説明パネルは「英国やほかの欧州列強は、日本に奪われたアジアの植民地へ戻った。だが、戦争の混乱は、独立の要求を含む大きな変化をもたらした。帝国による統治の時代は、終わった」と記す。ヘイウッド部長は「我々は勝ったつもりだったが、大英帝国は消えざるを得なかった。これもある種の降伏だ」と指摘する。


 ■原爆・テロ…広範に

 さらに1階上は第2次大戦後から現在までの紛争を広くカバーしている。階段を上がると、大きな爆弾がすぐ目に入る。広島型原爆を収めるため製造された、5個の爆弾容器のうち、唯一現存する実物だ。

 「爆弾の影」と題された説明パネルの中では、広島、長崎の被爆がどれほど悲惨だったのかには触れていない。だが、「戦争終結を早め多くの命を救った」といった正当化論もない。

 原爆製造にかかわった科学者らが結果に不安を覚えたことが記され、「核兵器は戦争の本質を変えた」「人類自体の滅亡につながっていたかもしれない」と、核時代の幕開けが強調されている。ヘイウッド部長は「この展示は、なるべく館内の中央近くに置きたかった」と明かす。

 冷戦期を扱った展示は、英国の核ミサイルなどと合わせ、原子雲にどくろをあしらったポスターや、被爆死した少女の遺体をモチーフにした彫像など、反核運動を示す物も並ぶ。

 ポスト冷戦期の展示では多様性が強まっている。9・11同時多発テロで崩壊した世界貿易センタービルの鉄骨が置かれたわきに、ブレア英首相(当時)をちゃかす、イラク戦争反対のポスターが張られている。英軍の偵察用無人機と、タリバーンが偵察に使うバイクが向き合う。「異なる視点、思考の材料を提示したかった。多くの問いに対し、まだ答えが見つかっていないから」。ヘイウッド部長は強調した。

 (ロンドン=梅原季哉)


 ■賛美も指弾もせず

 過去の戦争をどう描き、伝えるか。英国内での議論が尽きたわけではない。

 第1次大戦をめぐっては今年1月、教育相が大衆紙への投稿で、「明白に正しい戦争だった」と主張。「致命的な過ちの連続」「価値のない流血」とする見方は「左派の学者が喜んで作り出す神話」と批判し、物議を醸した。

 そうした中での戦争博物館の新装開館を、英国はどう受け止めたか。保守系紙タイムズのコラムニスト、ベン・マッキンタイヤー氏は、「もはや帝国主義的でも好戦的でもない」展示を通じ、「戦争を賛美するのでも指弾するのでもなく、歴史を通じ我々を形づくってきた現象を説明しようとしている」と評価した。



  N05年4月に尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故で、JR西日本は列車が衝突したマンションの保存案をまとめ25日から遺族らに個別に説明を。9階建てマンションの4階部分までを残し、大きな屋根で建物全体を覆う構造〜当時、保存提言は批判されたが、世間の事故、被害への受け止め方の変化に驚く。近代産業遺産研究会、N,14/07/27




JR西が遺族に提示した資料によると、マンションの北側は衝突の痕跡が残る4階部分まで保存。南側に向かってだんだん階段状に低くなり、事故の痕跡が大きく残る1階部分はすべて残す〜戦争遺構、被災遺構など、お前は、何でも残せというと、批判されてきたが、「負の遺産」への理解が広がりつつある。近代産業遺産研究会、N,14/07/27




  日本経済新聞尼崎脱線、現場を4階まで保存 JR西が遺族らに説明
2014/7/26 2:11 記事保存

 2005年4月に兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故で、JR西日本は列車が衝突したマンションの保存案をまとめ、25日から遺族らに個別に説明を始めた。9階建てマンションの4階部分までを残し、大きな屋根で建物全体を覆う構造。遺族らからはこれまでに様々な意見が出ており、JR西は改めて意見を聞いた上で、年内に説明会を開いて最終案をとりまとめたい考え。

 JR西が遺族に提示した資料によると、マンションの北側は衝突の痕跡が残る4階部分まで保存。南側に向かってだんだん階段状に低くなり、事故の痕跡が大きく残る1階部分はすべて残す。

 西の線路側には壁を立てて通過する列車内からは見えないようにする一方、北側には壁を設けず、運転士が事故現場を意識できるようにする。マンション東側には、手を合わせた形を表現した慰霊碑を建立する。

 JR西がこれまでに実施した被害者への調査では、大半が一部保存に賛成したが、「全部撤去」から「全部保存」まで意見は分かれていた。同社は昨年11月、通過する列車からは見えないように囲う形で1、2階を残す4案を提示。今年4月には真鍋精志社長が「できるだけ早期に実施案を示したい」と表明し、検討を進めていた。



  那覇市新都心「おもろまち」沖縄戦当時、日本軍はこの丘陵を「安里52高地」、米軍は「シュガーローフ」と呼んだ。日本軍にとって同高地は司令部のある首里防御のために重要な場所であり、米軍は何としても攻略すべき場所。同高地での戦闘は45年5月12日から1週間続く〜戦争の歴史を形で残したい。戦争遺構研究会、M,14/07/24

  
新20世紀遺跡:/16 那覇市・新都心「おもろまち」毎日新聞 2014年07月24日 東京夕刊

沖縄戦の激戦地跡に残る丘(左)。周辺は高層マンションや大型商業施設がそびえる新都心だ=那覇市で

 ◇開発進む激戦地跡で遺骨収集

 那覇市の「おもろまち」地区は、近年の再開発で生まれた、華やかな新都心である。一方でこの地域は、1945年の沖縄戦における激戦地跡でもある。5月末、現地を訪ねた。

 海外ブランドの看板が目立つ大型免税店。高層マンションやホテルがそびえている。そのにぎわいの一角に、小高い丘陵がある。那覇市上下水道局の「安里(あさと)配水池」で、丘の上には巨大な貯水タンク・展望台もあって、散歩や観光の休憩にもよさそうな場所だ。

 沖縄戦当時、日本軍はこの丘陵を「安里52高地」、米軍は「シュガーローフ」と呼んだ。日本軍にとって同高地は司令部のある首里防御のために重要な場所であり、米軍は何としても攻略すべき場所であった。同高地での戦闘は45年5月12日から1週間続いた。火力などで圧倒的に優位だった米軍が占領したが、死傷者は2662人に上った。日本軍の死傷者数は分かっていない。

 あたりは終戦後、米軍の住宅地となった。1987年に全面返還され、近年再開発が進んだ。

   ■   ■ 

 激戦地の跡に開かれた都心。凄惨(せいさん)な沖縄戦を象徴するような場所だ。記者が訪れた日、沖縄県立泊高校午前部の生徒たちが、引率の先生と平和学習のフィールドワークをしていた。講師は、沖縄戦戦没者の遺骨収集をしているボランティア団体「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(60)だ。

 90年代初め、具志堅さんは開発が進む同高地周辺を歩いた。工事現場で、日米両軍の装備品とともに遺骨が散乱していた。那覇市に収容するように訴えたが、はかばかしい反応はなかったという。

 同高地周辺の開発は進んだ。「遺骨を含んだ土は、たくさんのトラックでどこかへ運ばれていった。遺骨を助けることができなかった」。今も具志堅さんは悔やむ。だがその悔しさはその後、遺骨収容をするうえで大きなエネルギーになった。

 具志堅さんと泊高校の生徒たちは、同高地からモノレール「おもろまち駅」をはさんで東に300メートルほどの真嘉比地区に移動した。ここも近年の再開発できれいに整備されているが、かつては激しい戦闘が繰り広げられた場所だ。米軍はその形から「ハーフムーンヒル」と呼んだ。

 開発が進むなかで、遺骨が眠っていることを知った具志堅さんは行政にかけあい、大規模な発掘ができるようにした。ボランティアらと協力して、2007年から09年にかけて、およそ240柱もの遺骨を収容した。

 そのうちの1柱が、厚生労働省のDNA鑑定によって千葉県出身の朽方精(くちかたせい)さんと判明。11年に遺族のもとに還った。戦地で倒れた遺骨の身元を特定するのは極めて難しい。遺族に還るのはさらに困難だ。具志堅さんたちの熱意が結実した、奇跡的なケースである。

 「ほとんどの遺骨はバラバラでした」。現場で、具志堅さんは沖縄戦の様子や遺骨収容の体験を語った。生徒たちはさかんに質問する。「遺骨はまだ埋まっているのですか?」「DNAや所持品以外で身元を明らかにする方法は?」

 街や風景はこれからも変わっていくだろう。戦争の記憶はどれくらい、残っていくだろうか。【栗原俊雄】=毎月1回掲載します



  旧英国領事館再オープン 改修終え5年半ぶり.読売、2014年07月19日

テープカットするロングボトム臨時代理大使(左から2人目)ら


改装オープンした旧下関英国領事館


 2008年末から下関市が改修工事を行っていた同市唐戸町の国指定重要文化財「旧下関英国領事館」が18日、改装オープンした。同日午前に建物前で開かれた式典には関係者や市民ら約200人が参列し、テープカットなどで約5年半ぶりの公開を祝った。

 同館は1906年に建設され、22年までは領事、23年から時局が悪化する40年までは領事代理が、それぞれ事務を行っていた。54年に下関市が購入し、市民ギャラリーなどとして活用していた。現存する領事館としては国内最古で、99年に重要文化財に指定。築100年を過ぎた2008年12月から保存修理工事のため休館していた。

 建物はレンガ造りの2階建て。工事では地盤改良や構造補強を施したほか、かつて玄関上部にあった英国王室の紋章も復元した。事業費は約9億3000万円。

 18日の式典は、伝統楽器・バグパイプの演奏で始まった。ジュリア・ロングボトム臨時代理大使は「歴史的建造物が日英の友好関係を次世代につなぐ象徴として、地域活性化に貢献することを願っています」とあいさつ。中尾友昭市長は「保存修理を終え、披露できることはこの上ない喜び。多くのご来館をお待ちしています」と述べた。

 テープカットの後、建物が公開されると、市民らが続々と入館。歴代領事が使っていたとされる机や、重厚な趣の暖炉などを興味深そうに見学していた。

    ◇

 1階には、旧領事室のほか、昔の街並みをタブレット端末で見ることができる旧文書室、英国のピーターラビット人形やおもちゃ、お菓子などを販売するショップがある。2階はカフェやパブ、レストランのフロア。隣接する建物では、展示イベント「写真でたどる駐日英国大使館の今・昔」(8月10日まで)が開かれている。

 入場無料。本館は午前9時〜午後5時(2階は午前10時〜午後10時)。問い合わせは旧下関英国領事館(083・235・1906)へ。2014年07月19日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


【千葉】赤レンガ 見どころ紹介 市川の旧陸軍武器庫 図書館で写真パネル展。東京新聞、2014年7月21日

旧陸軍武器庫の市川市の赤レンガ建築物の見どころを紹介したパネル展=市川市の市川駅南口図書館で

 旧陸軍武器庫として使われた市川市国府台の赤レンガ建築物を紹介したパネル展が、市立の市川駅南口図書館で開かれている。日本における数少ない赤レンガの「フランス積み」工法で造られた同建築物の歴史や見どころを紹介している。二十七日まで。 (村上一樹)


 明治期に建てられた同建物は、戦後は県血清研究所の薬品倉庫として使われたが、二〇〇二年に研究所が閉鎖。普段は敷地内に入ることはできず、市内でも存在を知る人は少ない。


 先月七日に開かれた年に一度の見学会では、約百八十人が集まった。


 さらに多くの人に建物のことを知ってもらおうと、保存・再生と活用を考える市民グループ「赤レンガをいかす会」が、同図書館にパネルを展示した。


 十三枚が並び、建物西側には刻印がされたレンガがあることや、血清研究所時代の一九六二(昭和三十七)年に撮影された写真などを紹介している。


 一方で、東日本大震災の影響によって、雨漏りなどで劣化が進んでいることにも警鐘を鳴らしている。


 世界文化遺産に登録された富岡製糸場(群馬県富岡市)など、全国の代表的なフランス積みレンガ建造物も写真とともに紹介。保存、継承の重要性を訴えている。

◆屋根にシート 県が応急措置


 赤レンガ建築物について、県は屋根瓦のずれた部分に白いビニールシートをかける応急措置で、雨漏りを防いでいる。梅雨時を迎えた6月中旬にかぶせたという。


 東日本大震災後に屋根瓦がずれ、屋内の天井部分の一部が雨漏りで朽ちかけた状態にあった。屋根の上に小木が生えだしていた南西部分に、幅約1メートル、長さ約4メートルにわたって覆いかぶせた。


 県は、旧血清研究所の敷地管理費を含む健康福祉政策課の運営費として年間約1200万円を予算に計上しており、ビニールシートの費用はその一部から充てたという。 (村上一樹)




M1破壊された姿に価値があるという、世界遺産の中でも珍しい存在の原爆ドームを巡り、広島市が頭を悩ませている。ドーム初の耐震化が決まり、有識者らからさまざまなアイデアが寄せられているが、半壊した文化財の耐震工事は過去に例がない。被爆70年に開始予定の工事が遅れる懸念が。戦争遺構研戦争遺構研究会、M,14/07/23



2原爆ドームは15年に広島県物産陳列館として完成。被爆後は核被害を伝承するシンボルに。広島市は05年度に「永久保存を究極の目標に置く」と決定。ドームの壁をくりぬいて昨年実施した調査結果を基に、今年1月、想定される最大規模の震度6弱に耐えうるよう、耐震化を行うと発表〜世界が期待を!戦争遺構研究会、M,14/07/23



3「世界平和のシンボルとして、日本の最先端の技術を世界に発信するような工法を採用」。日本地震工学会の北川良和元会長(地震工学)は話す。提案するのは、ドームの地下5〜20メートルをトンネル状にくりぬき、免震部材で支えて地震の力を吸収する方法。費用は約50億円と、市側の想定の10倍。戦争遺構研究会、M,14/07/23




4委員で文化財の保存・修復に詳しい広島大の三浦正幸教授(文化財学)は「原爆ドームの下には遺骨が埋まっている。慰霊の場所でもあり、地表だけでなく地下を掘ることは、墓を暴くことと同じ」と指摘。その上で、外観上ドームの尊厳性をおとしめない最低限の補強とし、鉄骨による裏支えを挙げる。


5ドームの亀裂に最新の樹脂を注入するという案も浮上。世界遺産登録を審査する国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、日本イコモス国内委員会理事を務める花里利一三重大教授によると、文化財保存にあたっては、最小限度で、将来的に撤去できる工法が原則。広島市は難しい判断を〜英知を集めて戦争遺構研究会、M,14/07/23



原爆ドーム:耐震化難航 地下掘り免震/亀裂に樹脂 世界遺産、工法は撤去原則。毎日新聞 2014年07月22日 大阪夕刊


 破壊された姿に価値があるという、世界遺産の中でも珍しい存在の原爆ドームを巡り、広島市が頭を悩ませている。ドーム初の耐震化が決まり、有識者らからさまざまなアイデアが寄せられているが、半壊した文化財の耐震工事は過去に例がないためだ。昨年度内に決めるとしていた工法は選定に至っておらず、来年の被爆70年に開始予定の工事が遅れる懸念が出てきた。【高橋咲子】

 原爆ドームは1915年に広島県物産陳列館として完成。被爆後は核被害を伝承するシンボルになった。広島市は2005年度に「永久保存を究極の目標に置く」と決定。ドームの壁をくりぬいて昨年実施した調査結果を基に、今年1月、想定される最大規模の震度6弱に耐えうるよう、耐震化を行うと発表した。

 「世界平和のシンボルとして、日本の最先端の技術を世界に発信するような工法を採用すべきだ」。広島市の原爆ドーム保存技術指導委員会のメンバーで、日本地震工学会の北川良和元会長(地震工学)は話す。提案するのは、ドームの地下5〜20メートルをトンネル状にくりぬき、免震部材で支えて地震の力を吸収する方法だ。費用は約50億円と、市側の想定の10倍ほどになるが「日本の免震技術は世界一。外観を傷つけず、大切な地表面も触らずに済む。国外にも呼びかければ、寄付金は集まる」と期待する。

 一方、同じ委員で文化財の保存・修復に詳しい広島大の三浦正幸教授(文化財学)は「原爆ドームの下には遺骨が埋まっている。慰霊の場所でもあり、地表だけでなく地下を掘ることは、墓を暴くことと同じ」と指摘する。その上で、外観上ドームの尊厳性をおとしめない最低限の補強とし、鉄骨による裏支えを挙げる。

 このほか、ドームの亀裂に最新の樹脂を注入するという案も浮上している。世界遺産登録を審査する国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、日本イコモス国内委員会理事を務める花里利一・三重大教授(建築学)によると、文化財保存にあたっては、最小限度で、将来的に撤去できる工法が原則という。いずれにしても、確立された耐震方法はなく、広島市は難しい判断を迫られている。



KO震災遺構、時たち高まる価値 一部消失し保存に課題。阪神・淡路大震災を伝える遺構は被災地にわずかしか残っていないが震災直後の神戸市などは、市街地の早期復興を第一に掲げつつも、公園や道路などで地震の痕跡を残そうと。震災の記憶が風化する中、専門家らは震災遺構に注目〜震災遺構の再評価を!近代産業遺産研究会、神戸、14・07・21




芦屋市の国重要文化財「ヨドコウ迎賓館」は全体が損傷し修復したが、倉庫内の壁に生じた約2m四方の亀裂だけ残した。「どんな壊れ方でどう直したかが、後の人にも分かるようにした「震災の記憶が薄れるにつれ貴重」と〜東京駅舎の保存でも、戦争遺構研究会は、戦時中の空襲の傷跡を残すように要望を!近代産業遺産研究会、神戸、14・07・21








神戸新聞。震災遺構、時たち高まる価値 一部消失し保存に課題。時計2014/7/17 07:00

コンクリート壁を鉄骨で補強し、残された亀裂=芦屋市山手町3、ヨドコウ迎賓館(撮影・中西幸大)

現在は草木に覆われ、陥没部分も見えない=神戸市北区有馬町


震災で崩落した県道。フェンスを設け、落石などをそのまま保存した=神戸市北区有馬町


 阪神・淡路大震災を伝える遺構は被災地にわずかしか残っていないが、震災直後の神戸市などは、市街地の早期復興を第一に掲げつつも、公園や道路などで地震の痕跡を残そうとしていた。震災の記憶が風化する中、専門家らは震災遺構に注目している。

 震災翌年の1996年、神戸市は、公園を管理する各建設事務所に「震災を後世に伝えるため、残せるものがあったら企画してほしい」と指示した。

 同市須磨区の須磨浦公園では、約2・4トンの石製オブジェが塀の外に転がり落ちたが、そのまま保存。当時、西部建設事務所公園緑地係長だった林潤一さん(63)は「人目を引くものを残せれば良かったが、早い復旧が求められた中では難しかった。小さくても震災を知ってもらうために保存した」と語る。

 市は他にも橋など4カ所を選び、通常の災害復旧とは別枠で、被災箇所を残す修復工事を行ったという。

 一方で、遺構として残したものの、震災から19年の歳月とともに失われた場所もある。大規模な地滑りが発生した六甲山山頂近くの県道(神戸市北区)では、別の場所に新たな県道を整備した上で、陥没や落石があった旧道をフェンスで囲い、ハイカーらが見られるよう遊歩道や案内板も設置した。

 だが、現在は地滑りで転がり落ちた石はほとんどなく、案内板も生い茂る草に隠れている。北建設事務所工事第1係長だった三島功裕さん(53)=現市都心三宮再整備担当部長=は「いずれ痕跡そのものはなくなっても、旧道の存在と案内板で伝えたかった」と話すが、費用負担もあり管理が困難だった。

 芦屋市の国重要文化財「ヨドコウ迎賓館」は全体が損傷し修復したが、倉庫内の壁に生じた約2メートル四方の亀裂だけ残した。

 「どんな壊れ方でどう直したかが、後の人にも分かるようにした」と修理委員会委員を務めた村上裕道・兵庫県教育委員会文化財課長(59)。原則非公開だが、混雑時でなければ見学希望に応じており、山元勝彦館長(66)は「震災の記憶が薄れるにつれ貴重になっている」と話していた。(松本寿美子)






長崎新聞 県内トピックス (2014年7月17日更新)見学者が増加傾向の針尾無線塔=佐世保市

 佐世保市針尾中町の国指定重要文化財「旧佐世保無線電信所」(針尾無線塔)が昨年6月に一部公開されて以降、見学者が増え続けている。これまでに約1万7千人が訪れており、市教委は2016年度以降の全面公開に向けて準備を進めている。

 市教委によると、一部公開以降、見学者数は月間千人ペースだったが、3、4月は2千人に迫るなど右肩上がりで増加。近代化遺産が全国的に脚光を浴びていることもあり、7割は県外客という。市教委は「一部公開の段階でこれだけの見学者が訪れるのは予想以上」としている。

 針尾無線塔は、旧日本海軍が1918年から4年かけて建設した鉄筋コンクリート製の通信施設。高さ136メートルの無線塔3基が300メートル間隔で正三角形に配置され、太平洋戦争開戦の暗号電文「ニイタカヤマノボレ」を送信したとの説もある。

 築90年以上が経過した今も無線塔の壁にはひび割れもなく、「大正時代の建築技術の高さを示すもの」(市教委)として、昨年3月に国の重要文化財に指定された。3基のうちの1基「3号塔」が公開されており、針尾無線塔保存会の会員が毎日現地で見学者向けにガイドをしている。

 市教委は現在、施設の保存・管理について文化庁などと協議中。16年度以降の全面公開を目指している。






M高松市内の空襲跡を見て回るイベント「高松空襲跡を歩く」(8・15戦争体験を語りつぐ集い実行委員会)が4日夜、高松市内であり、大学生や小中学生も含む約130人の参加者が、それぞれ「戦争の記憶を引き継がなければ」という思いで街を歩く〜戦争遺構を正しく評価して、歴史として、保全活用を戦争遺構研究会、M,14/07/20



訪れた空襲跡は同市丸亀町の「空襲に耐えた迷彩壁」が12年に発見された百十四銀行高松支店の1カ所のみ。迷彩壁はすでに取り外して高松市に寄贈されたので現物はないが、職員が「高松空襲の前から東京や大阪であった空襲の情報を得て、大型の水筒やバケツなど、建物内に入念な準備を〜遺産の保存を!戦争遺構研究会、M,14/07/20



  高松空襲:“負の遺産”も 130人、被害の跡を歩く /香川。毎日新聞 2014年07月06日 地方版


 高松市内の空襲跡を見て回るイベント「高松空襲跡を歩く」(8・15戦争体験を語りつぐ集い実行委員会)が4日夜、高松市内であり、大学生や小中学生も含む約130人の参加者が、それぞれ「戦争の記憶を引き継がなければ」という思いで街を歩いた。

 今年、訪れた空襲跡は同市丸亀町の「空襲に耐えた迷彩壁」が2012年に発見された百十四銀行高松支店の1カ所のみ。迷彩壁はすでに取り外して高松市に寄贈されたので現物はないが、同行職員が「高松空襲の前から東京や大阪であった空襲の情報を得て、大型の水筒やバケツなど、建物内に入念な準備をしていた」などと当時の様子を説明した。

 続いて、市生涯学習センター(同市片原町)へ移動し、3人の高松空襲体験者の対談を聴いた。3人は空襲当日の出来事について「逃げようにも道が人でいっぱいで、止まることも走ることもできなかった」「国から指令を受けた警防団が『逃げる奴は非国民じゃ』と道をふさいだが、おやじが張り飛ばした」などと、69年前の片原・丸亀町付近での体験を話した。【伊藤遥】


被爆から69年を経て、これまでに多くの被爆建物が解体され、現在は同市に85件の被爆建物(民間65件、公共20件)が現存。市は民間が保存工事を行う場合、3千万円を上限に工事費の4分の3を補助、耐震工事をする場合、それ以上の多額の費用が必要となることが保存に向けた課題〜原爆遺構保存を。戦争遺構研究会、産経、14・07・15


松井市長は「被爆者が少なくなる中で、被爆の実相を伝える建物を守ることは重要。被爆建物を残す努力を一段」と強調。現在の使用状況や歴史的意義、老朽化の度合いなどを踏まえ、「金額的な面も含め、建物の特性に応じて、支援方法が考えられないかという視点に立って見直しを進めたい」と〜素晴らしい。戦争遺構研究会、産経、14・07・15

 また、数多く残る被爆樹木についても「被爆建物と同様に守るための支援、措置を講じたい」と語った。被爆建物保存に意欲 松井・広島市長が会見。産経、2014.7.12 02:14

 広島市内にある被爆建物について、同市の松井一実市長は11日の会見で「来年の被爆70周年に向け、建物の特性に応じて支援を見直す」と述べ、保存に向けて意欲を示した。

 被爆から69年を経て、これまでに多くの被爆建物が解体され、現在は同市に85件の被爆建物(民間65件、公共20件)が残っている。市は民間が保存工事を行う場合、3千万円を上限に工事費の4分の3を補助しているが、耐震工事をする場合などには、それ以上の多額の費用が必要となることが保存に向けた課題となっている。

 松井市長は「被爆者が少なくなる中で、被爆の実相を伝える建物を守ることは重要。被爆建物を残す努力を一段と行っていかなければならない」と強調。現在の使用状況や歴史的意義、老朽化の度合いなどを踏まえ、「金額的な面も含め、建物の特性に応じて、支援方法が考えられないかという視点に立って見直しを進めていきたい」と述べた。

 また、数多く残る被爆樹木についても「被爆建物と同様に守るための支援、措置を講じたい」と語った。



 和歌山、兵庫県の旧由良要塞跡を世界遺産登録を要望中


貴誌を参考に、ご検討をよろしくお願いします。


A観光客に一番人気の第3砲台跡。木漏れ日の差し込む空間が、どこか神秘的=大阪湾の南端に浮かぶ友ケ島(和歌山市加太)に若い女性が続々と。太平洋戦争時の砲台の跡などが残るレトロな風情が、アニメ映画「天空の城ラピュタ」に似ていると話題〜戦争遺構研は、和歌山、兵庫県の旧由良要塞跡を世界遺産登録を要望中!戦争遺構研究会、朝日(加藤美帆)、14.07・15

かけがえのない歴史遺産は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財、世界遺産にして保全活用されるよう要望しています。TEL 072−236−3357 。




朝日新聞デジタル。ツタ茂り木漏れ日…まるでラピュタ 友ケ島にファン続々。加藤美帆。2014年7月15日16時36分
赤れんがの壁に緑のツタがはう第2砲台跡=和歌山市加太。写真・図版
観光客に一番人気の第3砲台跡。木漏れ日の差し込む空間が、どこか神秘的=和歌山市加太
 大阪湾の南端に浮かぶ友ケ島(和歌山市加太)に若い女性が続々と詰めかけている。太平洋戦争時の砲台の跡などが残るレトロな風情が、アニメ映画「天空の城ラピュタ」に似ていると話題に。登場人物の格好をまねるコスプレのファンをはじめ、宮崎駿監督のアニメに親しんできた若者の心をくすぐるようだ。

 和歌山市西端の加太港から、定期船で約20分。緑に包まれた無人島群に着く。

 東京都渋谷区の中川志乃さん(25)は旅館に入ると、用意してきたズボンに着替え、ヘアバンドをつけた。「天空の城ラピュタ」に登場する主人公の女の子、シータの衣装だ。

 山道を歩き、戦時中に大砲が置かれていたレンガ造りの「第3砲台跡」へ。山道から通じている真っ暗な通路を進んで階段を上ると、視界が開けた。かつて大砲があった跡が巨大な丸い水たまりになり、木漏れ日が差していた。

 アニメの後半、シータと少年パズーは飛行機に乗って空に浮かぶ伝説の島「ラピュタ」を目指し、嵐に巻き込まれながらもたどり着く。意識が戻った2人の目に映ったのは……木の根に覆われた巨大な建物、鮮やかな木々の緑、木漏れ日――。アニメの舞台ではないものの、友ケ島にはラピュタの世界が広がっていた



  日本時代の建築物を再生利用=寺院宿舎が喫茶店に−台湾

日本統治時代の寺院宿舎を改修し、オープンした喫茶店「輪番所」=6月13日、台北市

 【台北時事】台湾・台北市が日本統治時代の建築物を再生利用するプロジェクトを進めている。築100年前後の旧寺院宿舎や倉庫を現代風に改修し、飲食店などの開業を目指す若者らに相場より安い賃料で貸し出している。
 若者でにぎわう繁華街・西門町近くに喫茶店「輪番所」が6日オープンした。若者層を狙った台湾茶の専門店だ。店舗は瓦ぶき平屋建ての純日本風で、テーブルのほか畳の席もある。共同経営者の林映均さん(31)は「私たちが提供する伝統と現代が融合したお茶のイメージにぴったり」とレトロな味わいの造りに満足している。
 台北市は、戦後廃虚となっていた日本時代の本願寺台湾別院を修復・整備し、2013年6月に「西本願寺公園」として市民に開放した。公園内にできた「輪番所」は1924年建築の僧侶の宿舎だった。市は林さんらが内部を修復した代わりに、周辺相場より安い月額約8万台湾ドル(約27万円)で貸し出している。林さんは「この辺りでは破格の家賃だ」と笑顔で話す。
 市内には戦前に建設され、現在は無人となっている日本式建築物が数多く残る。市は「輪番所」のように家賃を割り引く代わりに、借り主が建物を修復・管理する制度を導入して廃虚となるのを防いでいる。
 「輪番所」に続き、今後、10件以上の日本式建築物が書店、カフェなどに次々に生まれ変わる予定だ。市の担当者は「民間活力の導入で歴史的建築物の保存をしっかりと進めていきたい」と話している。時事、(2014/07/12-14:19)



突然失礼します。旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡を、貴重な昭和史の生き証人として、最初から、解体・復元計画でなく、実物を正しく評価して、補強、補修して、将来、文化財にして保全・活用についてのご検討下さい。埼玉県知事殿、埼玉県議会殿、桶川市長殿、桶川市議会殿、文化庁殿。戦争遺構研究会、朝日、14・07・14



  旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡を、貴重な昭和史の生き証人として、解体・復元でなく、実物を正しく評価して、補強、補修して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・07・15

埼玉県知事殿、埼玉県議会殿、桶川市長殿、桶川市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

太平洋戦争で特攻隊が訓練を受けた旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡について、桶川市は木造の本部兵舎棟を解体・復元、建設当初の姿で保存する案を作り、市民らからの意見募集。意見を参考に沖縄の海に散った兵士らが最後の日々を過ごした建物を平和について思い巡らす場に活用したい考え。戦争遺構研究会、朝日、14・07・14

分教場跡には本部兵舎棟、守衛所、車庫、便所の木造建築4棟と、コンクリート造りの弾薬庫などが残る。戦争遺跡の保存に取り組む団体などの全国組織「戦争遺跡保存全国ネットワーク」によると、旧日本軍の飛行学校で唯一現存する建物群〜出来るだけ戦争遺構としての実物の保存活用の検討を要望します。戦争遺構研究会、朝日、14・07・14

貴重な戦争遺構を、解体復元でなく、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その価値を生かして、実物を活用されるようご検討をお願いします。

       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。





日刊旧建築 @alterbau ・ 6 時間

「特攻隊の訓練施設 保存案:埼玉」 http://bit.ly/1kG4KTh "太平洋戦争で特攻隊が訓練を受けた旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡について、桶川市は木造の本部兵舎棟を解体・復元して、建設当初の姿で保存する案を作り、市民らからの意見募集を始めた。"




朝日新聞デジタル。2014年7月9日10時23分。写真・図版
昭和初期の姿をとどめる本部兵舎棟=桶川市川田谷


◇平和思う場に 市民から意見募集


 太平洋戦争で特攻隊が訓練を受けた旧熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡について、桶川市は木造の本部兵舎棟を解体・復元して、建設当初の姿で保存する案を作り、市民らからの意見募集を始めた。意見を参考に沖縄の海に散った兵士らが最後の日々を過ごした建物を、平和について思い巡らす場に活用したい考えだ。


◇旧熊谷陸軍飛行学校分教場跡 桶川市が3案示す


 分教場跡には本部兵舎棟、守衛所、車庫、便所の木造建築4棟と、コンクリート造りの弾薬庫などが残る。戦争遺跡の保存に取り組む団体などの全国組織「戦争遺跡保存全国ネットワーク」によると、旧日本軍の飛行学校で唯一現存する建物群という。


 本部兵舎棟は幅約50メートル、奥行き約11メートルの細長い平屋建てで中心的な建物。市が示す三つの案は、いずれも本部兵舎棟は解体・復元するとしている。3案が異なるのは他の3棟の扱い。


 (1)全て解体・復元。工事費は本部兵舎棟の分も含め、約3億4700万円。


 (2)保存状態の良い守衛所も修繕・保存し、傷みの激しい車庫は扉など主要な部材のみ保存。便所は外観のみ復元して新しいトイレに作り替える。本部兵舎棟前の庭は一面芝生を植え、公園的な整備を図る。工事費約2億8千万円。


 (3)守衛所は修繕・保存。車庫と便所は撤去し、土台のみ残すなどして建物の位置を示すにとどめる。工事費は約2億4400万円。


 市はこの3案をホームページなどで公開。意見は所定の用紙に自由記述式で書き込み、8月4日までにメールやファクス、郵送などで市自治文化課に送る。各案を折衷した意見も受け付ける。市は「財政負担が大きいことに加え、全国的にも桶川にしかない建築群の保存方針を定める重要な決定となるため、市民の意見を募ることにした」としている。寄せられた意見を参考に、秋にも保存方針を確定する。


この度、サイパン島から移設された大砲を、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・07・05

堺市長殿、堺市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

明治時代、日本海軍が英国に発注し制作されたもので、サイパン島の山上で第2次世界大戦時使われた大砲が、護衛艦いせ後援会・潜水艦救難艦ちはや後援会の加藤均会長により、海上自衛隊第1術科学校(江田島市)に寄贈。〜貴重な戦争遺構として、その価値を生かして文化財登録の検討を!戦争遺構研究会、14・07・04、堺ジャーナル(14・07・01号)

約40年前、加藤均会長がサイパンで慰霊祭を行うため戦友会からの協力を求められ執り行った時、戦争遺跡がそのまま放置されていることを知った。忘れてはならない戦争を伝えるひとつの手段になればと、私有地である山の上にあった大砲を買い上げ日本に持ち帰る事を決意、貨物船で〜貴重な、歴史資料。戦争遺構研究会、14・07・04、堺ジャーナル(14・07・01号)

長年にわたり保管していたが、より役立つ利用を考え、いせ後援会の吉川栄治顧問(元海上幕僚長)の協力のもと海上自衛隊第1術科学校で保管される事が決まり、6月4日に輸送。加藤会長は「戦争の遺構を後世に残し、伝えていくことは大切なことだと思う。〜戦後70年に向けて、文化財登録を要望します。戦争遺構研究会、14・07・04、堺ジャーナル(14・07・01号)

 この度、サイパン島から移設された、貴重な戦争遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その価値を生かして、文化財にして活用されるようご検討をお願いします。

       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        戦争遺構研究会、 TEL 072−236−3357。




堺ジャーナル、14・07・01号.戦争遺産 日本に帰還。海自第1術科学校に寄贈

海上自衛隊第1術科学校に寄贈された大砲

 明治時代、日本海軍が英国に発注し制作されたもので、サイパン島の山上で第2次世界大戦時使われた大砲が、護衛艦いせ後援会・潜水艦救難艦ちはや後援会の加藤均会長により、海上自衛隊第1術科学校(広島市江田島市)に寄贈された。
 約40年前、加藤均会長がサイパンで慰霊祭を行うため戦友会からの協力を求められ執り行った時、戦争遺跡がそのまま放置されていることを知った。忘れてはならない戦争を伝えるひとつの手段になればと、私有地である山の上にあった大砲を買い上げ日本に持ち帰る事を決意、貨物船で運んだ。長年にわたり保管していたが、より役立つ利用を考え、いせ後援会の吉川栄治顧問(元海上幕僚長)の協力のもと海上自衛隊第1術科学校で保管される事が決まり、6月4日に輸送された。
 加藤会長は「戦争の遺構を後世に残し、伝えていくことは大切なことだと思う。幹部候補生や見学者が平和の大切さをあらためて考えるきっかけになる事を願っています」と話す。
 この大砲は整備され校内に設置される。

第一術科学校長 丸伸一海将補





沖縄、岐路に立つ戦争遺跡 979件中、市町村の文化財は16件 【大阪】ーネットで検索不可残念
 今月23日は太平洋戦争末期にあった沖縄戦の犠牲者を悼む「慰霊の日」。この戦いは、土地と人々の心に深い傷を残した。しかし戦後69年が経ち、戦闘の舞台となった場所…

朝日、2014年06月30日 大阪 夕刊 大文化



  姫路市の都市景観重要建築物に指定の「姫路モノリス旧逓信省姫路別館」を、正しく評価して国の文化財にして保全・活用についてご検討下さい。兵庫県知事殿、姫路市長殿、姫路市議会殿、文化庁殿。保存の声に歴史建築の研究している立場から大阪からも要望します。堺市東区大美野155−13明治建築研14・07・02



姫路市の都市景観重要建築物に指定の「姫路モノリス旧逓信省姫路別館」を、正しく評価して、文化財にして保全・活用についてご検討下さい。14・07・03

兵庫県知事殿、姫路市長殿、姫路市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

ウエディングプロデュース・レストラン運営のノバレーゼは、姫路市の都市景観重要建築物に指定「姫路モノリス旧逓信省姫路別館」を一般開放し、14年7月〜8月28日まで、平日限定でビアガーデンを営業。敷地全体を一般開放し中庭をビアガーデン会場に、館内をビアホール会場〜素晴らしい保全再生例明治建築研究会、14・07・02、日刊アメーバニュース。

築80年! 重要建築物「旧逓信省姫路別館」でビアガーデン―スペイン料理付きで。 同建築物は、1930年1月に姫路郵便局電話分室として建設、02年に姫路市の都市景観重要建築物に指定された歴史的洋館。09年11月は、同社が土日祝日を中心に婚礼施設として運用〜歴史建築の活用、文化財に!明治建築研究会、14・07・02、日刊アメーバニュース。

 優れた歴史建築を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、その価値を生かして、文化財にして活用されるようご検討をお願いします。保存の声に歴史建築の研究している立場から大阪からも要望します。

       599−8126 堺市東区大美野155−13、

        明治建築研究会、 TEL 072−236−3357。






 

日刊アメーバニュース。築80年! 重要建築物「旧逓信省姫路別館」でビアガーデン―11種のスペイン料理付きで3,800円。2014年07月01日 22時35分提供:マイナビウーマン

築80年! 重要建築物「旧逓信省姫路別館」でビアガーデン―11種のスペイン料理付きで3,800円

写真を拡大写真を拡大
築80年! 重要建築物「旧逓信省姫路別館」でビアガーデン―11種のスペイン料理付きで3,800円
ウエディングプロデュース・レストラン運営のノバレーゼは、兵庫県姫路市の都市景観重要建築物に指定される「姫路モノリス旧逓信省姫路別館」を一般開放し、2014年7月1日〜8月28日まで、平日限定でビアガーデンを営業する。敷地全体を一般開放し、中庭をビアガーデン会場に、館内をビアホール会場にする。

2014年はビアガーデンの営業開始から3年目。初年度は6日間、2013年は10日間限定だったが、好評を受けて、実施期間を大幅に延長した。

同建築物は、1930年1月に姫路郵便局電話分室として建設、2002年に姫路市の都市景観重要建築物に指定された歴史的洋館。2009年11月は、同社が土日祝日を中心に婚礼施設として運用している。

料理は、これまでのグリル料理を刷新し、スペイン料理11種を食べ放題で提供。トルティージャ(オムレツ)やコシード(ポトフ)、ピンチョス(串に刺したおつまみ)やアルボンディカス(肉だんご)などスペインを代表するタパス(小皿料理)やシェフ特製パエリアを楽しめる。加えて、月から木曜日は敷地内のパン工房の焼き立てパンをビュッフェ形式で提供。

飲み物は、ビールやモヒートなどラテンカクテル12種を飲み放題。料理飲み物ぜんぶ込みで3,800円(税込)。

館内各所にローソクを灯し、幻想的な”大人のビアガーデン”を演出する。

希望者は館内各所を巡るツアーも体験できる。

■ビアガーデン概要

施設名:姫路モノリス 旧逓信省姫路別館

名称:スペイン風タパス&ビアパーティー

日時:2014年7月1日〜8月28日の平日17:30〜21:30(L.O20:30) ※1.5時間制

メニュー:【タパス】人参とオレンジのサラダ、スペインオムレツ(トルティージャ)、自家製パンのピンチョス、マドリード風ポトフ(コシード)、ピリ辛トマトソースのポテトフライ(パタタス・ブラバス)、ロシア風ポテトサラダ、煮込肉団子(アルボンディカス)、鶏もも肉の鉄板焼き(プランチャ)、ラマンチャ風ラタトゥイユ(ピトス・デラマンチャ)、白身魚のフリートス

【食事】シェフ特製パエリア

【スイーツ】桃のマンゴのパルフェ(別途1,200円)、フラン・デ・バイニージャ(別途1,000円)

ドリンク:生ビール、各種サワー、モヒート、レブヒート、カリモッチョ、スプリッツァ、自家製サングリアほかソフトドリンクの計12種

価格:大人3,800円、小学生1,000円、いずれも税込。小学生未満無料。

住所:〒670-0015 兵庫県姫路市総社本町115 (JR「姫路駅」から徒歩12分) (エボル)


T1赤レンガの「フランス積み」工法で造られた歴史的な建築物が千葉県市川市に。全国でも数少ないフランス積みの建築物は各地で手厚く保護、市川市の建物は文化財にも指定されず放置。市民は「富岡製糸場と同時代に生まれた歴史的文化遺産。ぜひ保存と有効活用を」と〜文化財登録の再検討を要望します戦争遺構研究会、東京、14・06・28


2市川市の赤レンガ建築物の保存・再生と活用を考える市民グループ「赤レンガをいかす会」によると、国内に現存する約三百棟のレンガ建築物のうち、フランス積みは十六棟。ほとんどが国や自治体により文化財指定されているが、同市の「旧陸軍武器庫」は指定されていない。〜早急に、歴史建築の再評価を。戦争遺構研究会、東京、14・06・28

3江戸川河岸に面した緑濃い台地の奥にひっそりと立つ建築物は二階建てで、幅約二十m、奥行き約八m。明治前期〜中期に建造されたと推定される。旧陸軍の武器庫として利用され、戦後はワクチンの開発や製造をした県血清研究所の薬品倉庫。〜戦争遺構の調査は、遅れているので、正しい評価が重要です。戦争遺構研究会、東京、14・06・28

4研究所は〇二年に廃止。敷地は閉鎖され、近くで見学することもできないため、地元でも存在を知る人は少ない。県は今も土地と建物を所有しているが「今後の利用計画は白紙」。和洋女子大中島明子教授は「戦争遺跡としても残す意味は大。公共の財産としてどう活用するか考える必要」が〜文化財で保存を。戦争遺構研究会、東京、14・06・28

5「いかす会」の吉原広代表は「応急処置でもいいから即刻手を打たないといけない状況」と危機感を。会のメンバーで建築家の高木彬夫さんも「明治から平成まで生き続けた日本近代化の歴史の証人。私たちの代で失うわけにはいかない」と、保存を強く訴えている。〜文化財として正しい評価を要望します。戦争遺構研究会、東京、14・06・28




東京新聞。市川の赤レンガも継承を 市民ら要望 富岡と同じ「フランス積み」工法。2014年6月24日 夕刊

今月7日に行われた見学会で、旧陸軍武器庫の赤レンガ建造物を訪れた人たち=千葉県市川市国府台で(村上一樹撮影)

 世界文化遺産に登録された富岡製糸場(群馬県富岡市)と同じく、赤レンガの「フランス積み」工法で造られた歴史的な建築物が千葉県市川市にある。全国でも数少ないフランス積みの建築物は各地で手厚く保護されているが、市川市の建物は文化財にも指定されず放置されたまま。市民は「富岡製糸場と同時代に生まれた歴史的文化遺産。ぜひ保存と有効活用を」と求めている。 (村上一樹)


 フランス積みは、レンガの長い面と短い面を交互に並べる工法で美しいデザインが特徴。積むのに手間がかかるため、明治中期以降はほとんど使われなくなった。


 市川市の赤レンガ建築物の保存・再生と活用を考える市民グループ「赤レンガをいかす会」によると、国内に現存する約三百棟のレンガ建築物のうち、フランス積みは十六棟しかない。ほとんどが国や自治体により文化財指定されているが、同市の「旧陸軍武器庫」は指定されていない。


 江戸川河岸に面した緑濃い台地の奥にひっそりと立つ建築物は二階建てで、幅約二十メートル、奥行き約八メートル。明治前期〜中期に建造されたと推定される。旧陸軍の武器庫として利用され、戦後はワクチンの開発や製造をした県血清研究所の薬品倉庫として使われた。


 研究所は二〇〇二年に廃止。敷地は閉鎖され、近くで見学することもできないため、地元でも存在を知る人は少ない。県は今も土地と建物を所有しているが「今後の利用計画は白紙」(県健康福祉政策課)という。


 一一年三月の東日本大震災では、倒壊こそ免れたものの、一部の屋根瓦が崩れた。建物にはツタが覆い始め、雨漏りも激しく内部はカビも生えだしている。


 「いかす会」の吉原広代表(65)は「応急処置でもいいから即刻手を打たないといけない状況」と危機感を募らせる。会のメンバーで建築家の高木彬夫さん(76)も「明治から平成まで生き続けた日本近代化の歴史の証人。私たちの代で失うわけにはいかない」と、保存を強く訴えている。


 和洋女子大の中島明子教授(居住政策)は「戦争遺跡としても残す意味は大きい。公共の財産としてどう活用するか考える必要がある」と話している。




NA職人や技術者の不足が深刻化。人手不足によって需給バランスが崩れ、職人の労務費は上昇の一途。それが建設コストの上昇につながり、影響は全国に広がる。〜スクラップアンドビルドの従来の開発計画を、見直し、既存施設の保全活用について、人手不足だけでなく、資源の有効利用からも、真剣に! 近現代建築史研究会、N,14/06/25



日経アーキテクチュアと日経コンストラクションは、職人不足の弊害や実勢コストなどを継続的に取材。6月24日に書籍「人材危機―建設業から沈む日本」を発行した。3回にわたって、人材危機の現状をリポートする。

 建設コストが事業者の収益を圧迫し、プロジェクトそのものを白紙に戻す動きが現れ始めた。労務費高騰が北海道新幹線の開業を見据えた開発計画を直撃。JR函館駅前で計画が進んでいた2つのプロジェクトが相次いで白紙に戻り、2016年3月の新幹線開業に間に合わない公算が高くなった。

ケンプラッツ。人材危機(1)労務費高騰で事業が止まる 。NA2014/06/25

職人や技術者の不足が深刻化している。人手不足によって需給バランスが崩れ、職人の労務費は上昇の一途。それが建設コストの上昇につながり、影響は全国に広がる。日経アーキテクチュアと日経コンストラクションは、職人不足の弊害や実勢コストなどを継続的に取材。6月24日に書籍「人材危機―建設業から沈む日本」を発行した。3回にわたって、人材危機の現状をリポートする。

 建設コストが事業者の収益を圧迫し、プロジェクトそのものを白紙に戻す動きが現れ始めた。労務費高騰が北海道新幹線の開業を見据えた開発計画を直撃。JR函館駅前で計画が進んでいた2つのプロジェクトが相次いで白紙に戻り、2016年3月の新幹線開業に間に合わない公算が高くなった。


  南京市は、市内に残る「慰安所」の建物を市の文化財として保存を決めた。中国当局は、南京事件や慰安婦に関する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に登録する申請を行っており、慰安所の保存も歴史問題をめぐる対日攻勢強化の動きとみられる。〜負の遺産として、正しい評価を要望します戦争遺構研究会、共同、14・06・23



慰安所の敷地面積は4800平方mで、複数の建物が現存。周辺の店舗などを含めた面積は8000平方mあったとされ、専門家は「アジアで現存する最大の慰安所跡」。〜東アジアの歴史を学ぶ立場から、歴史建築は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望します。戦争遺構研究会、共同、14・06・23

 
南京市、「慰安所」を文化財として保存 歴史問題で対日攻勢。産経、2014.6.23 20:36

中国江蘇省南京市に残る旧日本軍の「慰安所」とされる建物=17日(新華社=共同)

 中国江蘇省南京市は23日までに、市内に残る「慰安所」の建物を市の文化財として保存することを決めた。市当局者が同日、明らかにした。

 中国当局は、南京事件や慰安婦に関する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に登録する申請を行っており、慰安所の保存も歴史問題をめぐる対日攻勢強化の動きとみられる。

 中国メディアによると、慰安所の敷地面積は4800平方メートルで、複数の建物が現存。周辺の店舗などを含めた面積は8000平方メートルあったとされ、専門家は「アジアで現存する最大の慰安所跡」としている。

 慰安所には朝鮮半島や日本から慰安婦が集められていたという。

 関係者によると、建物の修復を今後行うほか、敷地内に慰安婦に関する資料館を建設する予定という。



昭和6年に天守が再建された際に司令部も本丸南東角に建設された新庁舎(写真右の建物)に移転し、司令部機能を集約。昭和御大典記念事業として大阪市が本丸の公園化および天守再建を計画〜貴重な歴史建築も、和風の天守閣に、調和しないとの理由で、解体計画が出されたが、市民の声を入れて保存。戦争遺構研究会、14・06・19

31年11月に大手前公園(24年開園)と本丸を合わせ大阪城公園が開園。司令部庁舎の建設には市民からの募金のうち80万円が。設計は第4師団経理部、欧州の古城を模した重厚なロマネスク様式。〜旧砲兵工廠本館解体後、旧司令部の保存要望をしたら、軍国主義時代の戦争遺構は、解体すべきだと批判が。戦争遺構研究会、14・06・19



司令部[編集]
同い年の大坂城天守と旧司令部庁舎
(2006年3月)
鉄道唱歌の東海道第1集57番の劇中にて、「三府の一に位して 商業繁華の大阪市 豊太閤の築きたる 城に師団は置かれたり」と歌われた第4師団司令部は、大阪府東区馬場町(現大阪市中央区大阪城)の大坂城(大阪城)内に設置された。

当初は大坂城内の各所に司令部機能が分散していたが、1931年(昭和6年)に天守が再建された際に司令部も本丸南東角に建設された新庁舎(写真右の建物)に移転し、司令部機能を集約した。これは、昭和御大典記念事業として大阪市が本丸の公園化および天守再建を計画したことによる。1931年11月6日に大手前公園(1924年開園)と本丸を合わせ大阪城公園が開園。司令部庁舎の建設には市民からの募金のうち80万円が充てられた。設計は第4師団経理部によるもので、欧州の古城を模した重厚なロマネスク様式である。

司令部庁舎には1940年(昭和15年)より中部軍管区司令部が入り、第4師団司令部は二の丸(現在の豊國神社鎮座地)に移転した。大坂城の東側には当時東洋最大と謳われた大阪陸軍造兵廠(大阪砲兵工廠)もあり、大戦末期の1945年(昭和20年)8月14日にアメリカ陸軍航空軍から集中的な爆撃を受けた。工廠の大半は壊滅し、城郭も石垣の一部が崩落する等の被害が出たが、司令部庁舎は頑丈なつくりであったため大きな被害を受けることなく大戦を生き抜いた。戦後は占領軍が接収、解除後は大阪市警視庁、大阪府警察本部(現在は大手前に移転)や大阪市立博物館(現在は大阪歴史博物館に改称され大手前に移転)として使用され、天守と共に大坂城本丸の二大建造物かつ貴重な戦争遺跡として残っている。



A@alterbau天守閣も旧陸軍庁舎も丸ごと民営化 大阪城公園で公募へ。地下1階地上3階建て、31年に市民の寄付で市が建築。戦後は府警本部庁舎として利用60年から01年までは市立博物館〜とんでもない理由での解体計画を乗り越えて素晴らしい保全活用を。歴史的な価値を生かした再生計画を戦争遺構研究会、朝日、14・06・19



A天守閣も旧陸軍庁舎も丸ごと民営化 大阪城公園で公募へ。地下1階地上3階建てで、31年に市民の寄付で市が建築。戦後は府警本部庁舎として利用され、60年から01年までは市立博物館。〜とんでもない理由での解体計画を乗り越えて素晴らしい保全活用を。貴重な歴史的な価値を生かした再生計画を!戦争遺構研究会、朝日、14・06・19



 朝日新聞デジタル。天守閣も旧陸軍庁舎も丸ごと民営化 大阪城公園で公募へ。沢木香織。2014年6月19日13時47分


写真・図版
平日も外国人観光客らでにぎわう大阪城公園=大阪市中央区

 大阪城公園の管理運営が来年度から民間任せになる。大阪市は25日から民間事業者の公募を開始。管理料は出さず、民間の知恵で収益を上げてもらう狙いだ。歴史や史跡に親しむ女性(歴女)によるブームもあり客足が好調な天守閣に加え、人気番組のロケ地も新たな目玉と期待する。

 「民間にできることは民間に」という橋下徹市長の方針のもと、大阪市は大阪城公園の管理を企業やNPO法人に委ねる改正市公園条例を出し、5月の市議会で可決した。国土交通省によると、自治体が公園の管理を民間に委ねるのは全国的な流れだが、管理料を払わず自助努力に任せるのは「かなり珍しい」という。

 大阪城の天守閣は現在、大阪市の関係団体が管理する。2012年度は延べ151万人が来場して約1億8900万円の収益があり、約1億3600万円が市に納付された。一方、市が直接管理している天守閣を除くエリアは、11年度の維持管理費が約2億4700万円。駐車場などの使用料収入は約1億4500万円にとどまり、1億円余りの赤字を税金で埋めたことになる。

 今回の公募対象は天守閣も含む公園全体の管理運営で、公園内の近代建築物などをレストランや売店として活用し、収益にあててもらう構想だ。特に活用を期待しているのが、天守閣そばの「旧第4師団司令部庁舎」。NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」のロケ地に使われた建物だ。

 地下1階地上3階建てで、天守閣と同様1931年に市民の寄付で市が建築。旧陸軍が司令部庁舎として使い、戦後は府警本部庁舎として利用され、60年から01年までは市立博物館となった。ただ、老朽化した庁舎は、耐震補強や改修が必要。市の試算では、数年がかりで10億円程度の費用がかかる。この費用も民間事業者の負担になる。

 ほかにも収入の芽はある。公募で選ばれた民間事業者は、来年3月末で契約が切れる売店9店舗の運営も任される。9店舗の合計売り上げは12年度で約4億8千万円。市の担当者は「民間の工夫で経費を上回る収益が上がることを期待している」と語る。

■城の民間委託、各地で

 民間による城の管理運営は各地で成功している。

 浜松城の天守閣は06年度から地元の鉄道などのグループ企業が管理運営している。12年度からは、このグループ傘下の企業などで作る共同事業体が浜松城公園全体を管理。天守閣の来場者数は05年度の約8万人から12年度は約17万人と倍増した。浜松市公園課の担当者は「『歴女ブーム』の影響も大きいが、民間の視点でホームページなどを通じて情報発信を充実させた効果が出た」と分析する。

 07年度から地元のグループ企業が管理する高知城では、夏場にドライミストで涼を楽しむサービスを実施。高知県教委文化財課の担当者は「県職員にはない民間のノウハウが導入され、サービスが柔軟になった」という。

 08年度から地元の鉄道会社が管理する松山城では、鉄道の切符と天守閣の観覧券をセットで販売。昨年度の天守閣の入場者数は40万人近くに上り、6年間で5万人ほど増えた。

 こうした地域では、自治体が城を含めた公園の管理料を支払っている。今年度予算では浜松市が約4600万円、高知県が3380万円、松山市が3億6千万円を計上した。

 大阪市は管理料を負担しないが、公共性には目を配る。公募の条件に草刈りの頻度などの基準を示し、入場料も上限を設定。橋下市長は「民間の純粋なテーマパークではない。公の役割としてやらなければならないところにはしっかり関与していく」と強調する。市は有識者を入れた選定委員会で審査し、10月下旬に事業者を決定する予定だ。(沢木香織)

戦争遺構、近現代産業遺産〜

松代大本営:隠した「強制的」の説明 長野市が見直しへ。毎日新聞 2014年08月12日 19時44分(最終更新 08月13日 06時23分)

朝鮮人労働者について「強制的に」と書かれた部分に白いテープが貼られた松代大本営地下壕の看板=長野市松代町で8月8日

関連記事
【テープで覆われた部分を拡大】
テープ貼った経緯をさらに詳しく
奈良・天理市でも「強制連行」説明版撤去
朝鮮人特攻兵にこだわった
群馬の強制連行追悼碑問題 韓国総領事が県庁訪問
追悼碑問題 排外グル―プと公園職員小競り合い

 長野市の地下壕(ごう)「松代大本営」の建設に朝鮮人が従事した経緯を記した看板の文言「強制的に」を、市がテープを貼って隠した問題で、市は12日までに、説明文を見直すための新組織を設置する方針を示した。市は市民参加も含め、新組織のあり方を検討する。

 市民団体「松代大本営追悼碑を守る会」が11日、市に抗議し復元を要請。樋口博副市長は「配慮を欠いていた」と陳謝し、新組織に言及した。樋口副市長は「市誌には『強制労働』との記述がある」とする一方、「すべての朝鮮人が強制動員されたのではないと聞いており、正確な文章に改めたい」と述べた。当面、テープはそのままにし「説明文は検討中」と書き添えるという。

 市は壕を公開した1990年ごろから「強制的に動員された」と看板に記していたが、「強制的ではないのでは」との外部からの指摘を受けて昨年8月、テープで覆った。【稲垣衆史】

朝鮮人労働者について「強制的に」と書かれた部分に白いテープが貼られた松代大本営地下壕の看板=長野市松代町で8月8日



M長野市の地下壕「松代大本営」の建設に朝鮮人が従事した経緯を記した看板の文言「強制的に」を、市がテープを貼って隠した問題で、市は12日までに、説明文を見直すための新組織を設置する方針。市は市民参加も含め、新組織のあり方を検討。〜各地でこの種の問題が、正確で、正しい説明を後世に!戦争遺構研究会、M,14/08/13



市民団体「松代大本営追悼碑を守る会」が11日、市に抗議し復元を要請。樋口博副市長は「配慮を欠いていた」と陳謝し、新組織に言及。副市長は「市誌には『強制労働』との記述がある」とする一方、「すべての朝鮮人が強制動員されたのではないと聞いており、正確な文章に改めたい」と〜事実を正しく!戦争遺構研究会、M,14/08/13




松代大本営:隠した「強制的」の説明 長野市が見直しへ。毎日新聞 2014年08月12日 19時44分(最終更新 08月13日 06時23分)

朝鮮人労働者について「強制的に」と書かれた部分に白いテープが貼られた松代大本営地下壕の看板=長野市松代町で8月8日

関連記事
【テープで覆われた部分を拡大】
テープ貼った経緯をさらに詳しく
奈良・天理市でも「強制連行」説明版撤去
朝鮮人特攻兵にこだわった
群馬の強制連行追悼碑問題 韓国総領事が県庁訪問
追悼碑問題 排外グル―プと公園職員小競り合い

 長野市の地下壕(ごう)「松代大本営」の建設に朝鮮人が従事した経緯を記した看板の文言「強制的に」を、市がテープを貼って隠した問題で、市は12日までに、説明文を見直すための新組織を設置する方針を示した。市は市民参加も含め、新組織のあり方を検討する。

 市民団体「松代大本営追悼碑を守る会」が11日、市に抗議し復元を要請。樋口博副市長は「配慮を欠いていた」と陳謝し、新組織に言及した。樋口副市長は「市誌には『強制労働』との記述がある」とする一方、「すべての朝鮮人が強制動員されたのではないと聞いており、正確な文章に改めたい」と述べた。当面、テープはそのままにし「説明文は検討中」と書き添えるという。

 市は壕を公開した1990年ごろから「強制的に動員された」と看板に記していたが、「強制的ではないのでは」との外部からの指摘を受けて昨年8月、テープで覆った。【稲垣衆史】


  近衛師団司令部として使われた文化財の東京国立近代美術館工芸館(千代田区北の丸公園)〜難問であるが、隠さないで、閣議決定での解体計画が、中止され保全再生された本当の理由を、後世に正しく記録すべきである。近現代建築、戦争遺構などの保存と開発の記録保存の難しさを、噛み締める今日この頃!戦争遺構研究会、14・08・10

昭和50年代、旧大阪砲兵工廠本館の保存運動をした頃、幻燈で旧近衛師団司令部庁舎のように保存・活用したいと呼びかけたが、軍国主義の賛美と批判された。解体計画が、何故、保存されたのか分からないと講演会で話したら、協力していただいた旧軍人さんから裏話をご教示いただき、驚愕!後世へ記録を戦争遺構研究会、14・08・10





市民に親しまれてきたJR原宿駅舎(東京都渋谷区、大正13年竣工)を、正しく評価して、文化財にして、保存・活用されるようご検討を、お願いします。JR東海殿、東京都知事殿、文化庁殿。市民に親しまれている、かけがえのない歴史建築として、保全活用されるよう要望します。関西からも、応援を!明治建築研究会、14・06・17
     




市民に親しまれてきたJR原宿駅舎(東京都渋谷区、大正13年竣工)を、正しく評価して、文化財にして、保存・活用されるようご検討を、お願いします。14・06・18


JR東海殿、東京都知事殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

大正期に建てられた西洋風のJR原宿駅舎(東京都渋谷区)が十五日で九十周年を迎える。骨組みの柱としっくいの壁が特徴の木造建築。明治神宮の森を背に、別荘のようなたたずまいで若者文化の発信地となった街を支えている。〜かけがえのない歴史建築を、文化財にして保全活用されるよう要望します。明治建築研究会、東京、14・06・17

明治三十九年開業の初代駅舎は代々木寄りに、創建された神宮を参拝する為に大正十三年六月、二代目駅舎が今の地に完成。骨組みを露出させた「ハーフティンバー」と呼ばれる様式で、伸びやかなデザイン。入り口はステンドグラスが彩る。緑の多かったこの場所に調和させた?〜素晴らしい名建築を文化財に。明治建築研究会、東京、14・06・17

           599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          明治建築研究会、TEL 072−236−3357 。




大正期に建てられた西洋風のJR原宿駅舎(東京都渋谷区)が十五日で九十周年を迎える。骨組みの柱としっくいの壁が特徴の木造建築。明治神宮の森を背に、別荘のようなたたずまいで若者文化の発信地となった街を支えている。〜かけがえのない歴史建築を、文化財にして保全活用されるよう要望します。明治建築研究会、東京、14・06・17


明治三十九年開業の初代駅舎は代々木寄りに、創建された神宮を参拝する為に大正十三年六月、二代目駅舎が今の地に完成。骨組みを露出させた「ハーフティンバー」と呼ばれる様式で、伸びやかなデザイン。入り口はステンドグラスが彩る。緑の多かったこの場所に調和させた?〜素晴らしい名建築を文化財に。明治建築研究会、東京、14・06・17


 
東京新聞。原宿駅舎あす90歳 森の別荘の趣 流行先端の街で健在。2014年6月14日 夕刊

15日で90周年を迎えるJR原宿駅舎

 大正期に建てられた西洋風のJR原宿駅舎(東京都渋谷区)が十五日で九十周年を迎える。骨組みの柱としっくいの壁が特徴の木造建築。明治神宮の森を背に、別荘のようなたたずまいで若者文化の発信地となった街を支えている。

 一日平均の乗車人員は約七万一千人。山手線渋谷、代々木の駅間に位置し、おしゃれを楽しむ若者や外国人観光客で混雑する。一九〇六(明治三十九)年開業の初代駅舎は代々木寄りにあったが、創建された神宮を参拝しやすいように二四(大正十三)年六月十五日、二代目駅舎が今の地に完成した。骨組みを露出させた「ハーフティンバー」と呼ばれる様式で、入り口はステンドグラスが彩る。

 「東京駅のように、明治期は重厚な造りが主流だったが、原宿駅は伸びやかなデザイン。緑の多かったこの場所にマッチしたのだろう」と鉄道博物館(さいたま市)主幹学芸員の奥原哲志(さとし)さんは話す。太平洋戦争で周囲は空襲に。駅舎にも焼夷(しょうい)弾が直撃したが不発だったと伝わる。とんがり帽子のような塔屋の風見鶏は二〇一一年に復活した。




中城村は日本軍が沖縄戦時に構築した同村北上原のトーチカと陣地壕の保存に取り組む。3月に戦争遺跡として初めて村の文化財に指定。今後はトーチカの屋根部分の補修など保存策を検討。指定されたのは「161・8高地陣地」。標高161・7m〜正しく評価して国の文化財にして保全活用されるよう要望。戦争遺構研究会、OT,14/06/17


沖縄)日本軍のトーチカ保存へ 沖縄・中城村。沖縄タイムス。2014年6月10日03時00分

写真・図版
中城村北上原の高地に残る日本軍のトーチカ(村教委提供)

 【中城】中城村は日本軍が沖縄戦時に構築した同村北上原のトーチカと陣地壕の保存に取り組む。今年3月に戦争遺跡として初めて村の文化財に指定。今後はトーチカの屋根部分の補修など保存策を検討する。

 指定されたのは「161・8高地陣地」。標高161・7メートル(当時161・8メートル)にあり、西海岸は読谷村まで見渡せる。戦後は「ウガンモー」と呼ばれる山林内に放置されたままだった。

 日本軍は宜野湾市の嘉数や中城村の和宇慶を結ぶ線に軍司令部の陣地を構築、米軍の南部進撃を防ぐ要衝にした。北上原も近郊にある。




 
中島知久平邸 一部を公開へ.読売2014年06月14日。一般公開される中島知久平邸玄関棟の応接間。13日には内覧会が行われた(太田市押切町で)

 戦前・戦中の軍用機メーカー「中島飛行機」の創始者・中島知久平(1884〜1949年)の邸宅(太田市押切町)の一部が14日から一般公開される。所有する市が改修し、地域交流センターとして利用する。市は今後、邸宅全体の国の重要文化財指定を目指す。

 中島知久平邸は昭和初期、中島が両親のために建てた。主屋は木造一部2階建てで、〈1〉玄関棟〈2〉客室棟〈3〉居間棟〈4〉食堂棟――の4棟が「ロ」の字型に並んでいる。延べ床面積は約1000平方メートル。2009年に市所有となり、昨年秋から工事していた。

 公開されるのは、耐震補強をした玄関棟の広間と応接間2室。基本的に建築当時のままで、洋室の応接間には暖炉があり、窓はステンドグラスで飾られている。

 見学は無料で、時間は午前9時〜午後5時(月曜休み)。問い合わせは地域交流センター(0276・52・2235)へ。2014年06月14日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


朝日新聞デジタル。日本統治時代の百貨店復元、開業へ 台湾。台南=鵜飼啓。2014年6月12日00時07分

 台湾南部・台南で日本統治下の1932年に開業した「ハヤシ百貨店」が復元され、14日から「林百貨」として再び営業を始める。台湾で2番目に古いデパートで、現存する店舗としては最も古い。台南に「モダン」の風を吹き込んだ建物の趣は当時のままだ。

 ハヤシ百貨店は山口県出身の故・林方一氏が創業。終戦で閉店した後は製塩会社や軍施設として使われたが、86年以降は放置されていた。これを台南市政府が8千万台湾ドル(約2億7千万円)を投じて復元した。

 新しい林百貨では、台南をテーマにした雑貨などを販売する。台南市の頼清徳市長は11日の開業記者会見後、「この百貨店は当時、建物、品物ともに日本風だった。日本の皆さんにもぜひ雰囲気を味わって欲しい」と話していた。(台南=鵜飼啓)




【埼玉】旧陸軍の弾薬工場跡地「造兵廠川越製造所」 最後の建物取り壊し。東京、2014年6月12日

5月に取り壊された旧雷管撰分室=ふじみ野市で(市教委提供)

 ふじみ野市にあった旧陸軍の弾薬工場「東京第一陸軍造兵廠(しょう)川越製造所」の跡地で、建物としては唯一残っていた鉄筋コンクリート造りの旧「雷管撰分(せんぶん)室」が五月中旬、取り壊された。昨年も旧火薬倉庫など六棟と鉄筋コンクリート製防爆壁が取り壊されており、旧造兵廠の遺構は跡地西側と北側に残るコンクリート塀約六百メートルのみとなった。 (中里宏)


 市教委によると、同製造所は一九三七(昭和十二)年に操業を開始。地元では「火工廠」の通称で呼ばれていた。約五十五ヘクタールの広大な敷地に最盛期で七百棟もの建物があり、戦闘機や高射機関砲などに使われた二〇ミリ機関砲弾や一二・七ミリ機関砲弾を主力に製造していた。第二次大戦末期には勤労動員の学徒や女子挺身(ていしん)隊も含め数千人が働いていたとされ、風船爆弾や陶製手りゅう弾の部品も作っていた。


 戦時中、同製造所に製図係として勤務し、「火工廠物語」の著書がある同市の富田竹雄さん(84)によると、雷管撰分室は完成した雷管から不良品を取り除く作業場。「比較的危険度は低いものの、学徒や挺身隊ではなく、熟練した女性職員が勤務していた」という。


 雷管撰分室は同製造所北東側の、新日本無線川越製作所の敷地内にあった。鉄筋コンクリートの平屋約三百四十平方メートルで、同社は最近まで社員寮の付属施設などとして使用していたという。駐車場にするため解体が決まり、市教委が解体前に建物を調査した。


 旧造兵廠で起爆薬を製造したり、薬きょうの雷管や弾頭の信管を扱う作業場は危険度が高かった。こうした作業場の建物は壁を頑丈な鉄筋コンクリート造りにする一方、屋根はトタンぶきで爆発が起きても爆風を上に逃がす構造になっていた。建物の周囲は厚さ三十センチ以上のコンクリート製防爆壁や土塁で囲まれていた。


 富田さんは「爆発事故で勤労動員の川越中(現川越高)生徒が死亡したり、廃棄雷管の処分中に爆発で女性職員が失明するなど、悲惨な事故がけっこうあった。今は地元でも関心のある人はほとんどいない」と戦争の記憶の風化を心配している。





  中国外務省は、旧日本軍の従軍慰安婦問題や南京事件に関する中国国内の資料を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録申請した。華春瑩副報道局長は、「人道に反し、人権を侵害するような犯罪行為が今後繰り返されないように」と説明〜難問だが、歴史の事実を正しく伝えたいもの。近現代史研究会、日径、14・06・10


  慰安婦・南京事件を世界記憶遺産に 中国が登録申請
日径、2014/6/10 19:00 記事保存

 【北京=島田学】中国外務省は10日、旧日本軍の従軍慰安婦問題や南京事件に関する中国国内の資料を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録申請したことを明らかにした。

 華春瑩副報道局長は記者会見で「人道に反し、人権を侵害するような犯罪行為が今後繰り返されないようにするためだ」と説明した。菅義偉官房長官は記者会見で「政治的意図を持って申請したと判断すれば、抗議のうえ取り下げるよう申し入れたい」と述べた。




  老朽化と津波による浸水被害が懸念されているJR紀伊田辺駅の駅舎建て替え問題で、田辺市中心市街地活性化協議会が4日開かれ、駅舎の建てやむなしとの結論。「残してほしい」との声もあった現駅舎は解体される予定〜再度、歴史建築として正しい評価をして、開発計画の中へ保全活用の検討を要望します明治建築研究会、産経、14・06・07



同協議会は、田辺商工会議所や商店街振興組合など15団体で構成し、県や市もオブザーバー参加。この日はJR和歌山支社の岡田学副支社長らが出席。JR側は、現駅舎の耐震補強の費用に1億3千万円が必要で、地震に強い駅を目指して建て替えたいと説明。〜経済価値と、文化財的な価値との共生を要望す明治建築研究会、産経、14・06・07




世界遺産・熊野古道の玄関口にふさわしい駅舎にし、今秋までに駅舎のデザインについて地元の声をまとめてと、建て替えへ理解を。協議会は「やむを得ない」と結論。JR西は新駅舎の建設スケジュールについて、平成27年度当初に着工し、28年度末完成を目指したいとの考えを明らかに〜保存再検討を!明治建築研究会、産経、14・06・07

  駅舎の保存を協議会が断念 JR紀伊田辺駅。産経、2014.6.5 02:01
 老朽化と津波による浸水被害が懸念されているJR紀伊田辺駅の駅舎建て替え問題で、田辺市中心市街地活性化協議会が4日開かれ、「駅舎の建て替えはやむなし」との結論を出した。「残してほしい」との声もあった現駅舎は解体されることが決まった。

 同協議会は、田辺商工会議所や商店街振興組合など15団体で構成し、県や市もオブザーバー参加している。この日はJR和歌山支社の岡田学副支社長らが出席。JR側は、現駅舎の耐震補強の費用に1億3千万円が必要で、地震に強い駅を目指して建て替えたいと説明。そのうえで、世界遺産・熊野古道の玄関口にふさわしい駅舎にし、今秋までに駅舎のデザインについて地元の声をまとめてほしいと、建て替えへ理解を求めた。協議会は「やむを得ない」と結論付けた。

 JR西は新駅舎の建設スケジュールについて、平成27年度当初に着工し、28年度末完成を目指したいとの考えを明らかにした。


  那覇市首里当蔵町の首里城公園内にある沖縄戦当時に掘られた「留魂壕」を、公園を管理する国営沖縄記念公園事務所が保存する方針を固めていることが2日までに分かった。〜戦争遺構の公開は遅れているので、素晴らしい。首里城の地下にある旧32軍の壕跡の公開も,早急にご検討下さい。戦争遺構研究会戦争遺構研究会、RS,14/06/07


「留魂壕」は沖縄戦当時、沖縄師範学校男子部の学生らが掘った壕で、米軍が上陸する直前の1945年3月ごろまでに完成。米軍上陸後は、鉄血勤皇隊として動員された沖縄師範学校生らの壕として利用されたほか、壕の一部では当時の新聞「沖縄新報」の発行が。〜沖縄県は、戦争遺構の保存には理解が?戦争遺構研究会、RS,14/06/07

管理している公園事務所は2018年の全面開園に合わせて、隣接する琉球王朝時代の遺構とともに、沖縄戦当時を伝える遺跡の一つとして壕を一般公開する予定。「留魂壕」は首里城正殿の裏手にあり、一般の人は立ち入りできない未公開区域に。〜沖縄県の戦争遺構の保存活用を、自治体は参考にしたいもの。戦争遺構研究会、RS,14/06/07


 公園事務所首里出張所の知念弘出張所長は「落盤などの危険性があるため、立ち入りはできないが、外から見られるようにしたい」と話している。
 県立埋蔵文化財センターは、公園事務所から委託を受け、2012〜13年度に首里城復元整備に伴う調査の一環で「留魂壕」を含む一帯を調査した。
 調査前は3カ所ある壕の入り口のうち、西側の上部が辛うじて分かる程度で、他の2カ所も土などで埋もれている状態だったという。
 県立埋蔵文化財センターの新垣力(つとむ)主任は「西側の入り口を掘り進めたら空洞が出てきた。広さは1千平方メートルほどある。証言記録とは異なり、中にはいくつも部屋があり、より複雑だった」と話している。(知花亜美)

<用語>留魂壕
 現在の県立芸大の場所に戦前あった沖縄師範学校男子部の生徒らが沖縄戦直前に構築した。入り口は3カ所あり、高さは約1・8メートル、幅2メートル、奥行きは約30メートル、内部の坑道の総延長は100メートル近くある。一部は、沖縄新報が新聞発行のため利用していた。



 琉球新報。「留魂壕」を保存、18年公開へ 首里城正殿裏。2014年6月3日

右端のベニヤ板が立て掛けられている所と左端の暗くぽっかり空いた部分が壕の入り口。中央下の石積み部分

 那覇市首里当蔵町の首里城公園内にある沖縄戦当時に掘られた「留魂壕(りゅうこんごう)」を、公園を管理する国営沖縄記念公園事務所が保存する方針を固めていることが2日までに分かった。「留魂壕」は沖縄戦当時、沖縄師範学校男子部の学生らが掘った壕で、米軍が上陸する直前の1945年3月ごろまでに完成した。米軍上陸後は、鉄血勤皇隊(てっけつきんのうたい)として動員された沖縄師範学校生らの壕として利用されたほか、壕の一部では当時の新聞「沖縄新報」の発行が行われていた。



 「留魂壕」は首里城正殿の裏手にあり、一般の人は立ち入りできない未公開区域になっている。
 管理している公園事務所は2018年の全面開園に合わせて、隣接する琉球王朝時代の遺構とともに、沖縄戦当時を伝える遺跡の一つとして壕を一般公開する予定。
 公園事務所首里出張所の知念弘出張所長は「落盤などの危険性があるため、立ち入りはできないが、外から見られるようにしたい」と話している。
 県立埋蔵文化財センターは、公園事務所から委託を受け、2012〜13年度に首里城復元整備に伴う調査の一環で「留魂壕」を含む一帯を調査した。
 調査前は3カ所ある壕の入り口のうち、西側の上部が辛うじて分かる程度で、他の2カ所も土などで埋もれている状態だったという。
 県立埋蔵文化財センターの新垣力(つとむ)主任は「西側の入り口を掘り進めたら空洞が出てきた。広さは1千平方メートルほどある。証言記録とは異なり、中にはいくつも部屋があり、より複雑だった」と話している。(知花亜美)



千葉県血清研究所跡地に残る煉瓦造倉庫(明治37年頃建設、旧陸軍の兵器庫)を、戦争遺構として正しく評価して、文化財にして、保存・活用されるようご検討を、お願いします。14・06・05


日本政府殿、千葉県知事殿、市川市長殿、市川市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

市川市民が参加し02年から続く「いちかわ市民ミュージカル」が8月、公演。作品の舞台となるのは、市川市国府台の県血清研究所跡地に残る赤レンガ倉庫で、明治時代中期に建てられたとされる歴史的建築物だ。主催者はミュージカルを通して保存や活用のあり方を考えて欲しいと訴える〜文化財で保存を!戦争遺構研究会、A、14・06・05

千葉県などによると、赤レンガの建築物は、1904年ごろ造られ、旧陸軍の兵器庫。終戦後は、ワクチンの研究、製造をした県血清研究所の薬品倉庫として利用。長短のレンガを交互に並べる「フランス積み」で、建物内もれんが壁がむき出しだ。2階建てで、建築面積は190平方m〜貴重な戦争遺構です。戦争遺構研究会、A、14・06・05

県は02年9月に研究所を廃止し、敷地も閉鎖。市川市は07年に「スポーツ施設などとして活用を検討したい」と県に意向を尋ねたが、12年に取り下げた経緯が。現在も「どうするかは検討中」(県健康福祉政策課)で、方針は未定〜戦争遺構として正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望。戦争遺構研究会、A、14・06・05


  市民に親しまれている、かけがえのない戦争遺構として、保全活用されるよう要望します。保存の声に戦争遺構の保存を研究している立場から、関西からも、応援させてもらいます。     

         599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。



朝日新聞デジタル。千葉)「舞台」は赤レンガ倉庫 市川の市民ミュージカル。山田知英。2014年6月2日03時00分

写真・図版
県血清研究所跡地に残る赤レンガの建築物=市川市国府台2丁目

 市川市民が参加し2002年から続く「いちかわ市民ミュージカル」が8月、公演される。作品の舞台となるのは、市川市国府台の県血清研究所跡地に残る赤レンガ倉庫で、明治時代中期に建てられたとされる歴史的建築物だ。主催者はミュージカルを通して保存や活用のあり方を考えて欲しいと訴える。

 県などによると、赤レンガの建築物は、1904年ごろ造られ、旧陸軍が兵器庫として使っていた。終戦後は、ワクチンの研究、製造をした県血清研究所の薬品倉庫として利用されていた。長短のレンガを交互に並べる「フランス積み」で、建物内もれんが壁がむき出しだ。2階建てで、建築面積は190平方メートル。

 県は2002年9月に研究所を廃止し、敷地も閉鎖した。市川市は07年に「スポーツ施設などとして活用を検討したい」と県に意向を尋ねたが、12年に取り下げた経緯がある。現在も「どうするかは検討中」(県健康福祉政策課)で、方針は決まっていない




日刊旧建築 @alterbau ・ 6月2日 。「大垣市旧揖斐川橋梁保存修理設計委託|建通新聞」 http://bit.ly/1pzonCV "【大垣】大垣市は、重要文化財の「旧揖斐川橋梁」を保存修理するため、設計を文化財保存計画協会(東京都千代田区)に委託した。設計工期は2015年2月27日まで。"




著名な建築家吉田鉄郎の作品として貴重「「保存望ましい」と結論 調査結果まとまる 千葉市実施計画に反映へ "大正後期から残る旧検見川無線送信所(千葉市花見川区)の保存・活用方法を調査していた市教委は29日、調査結果を定例会で委員に報告〜再生万歳。明治建築研も、大阪から保全再生に協力。明治建築研究会、千葉日報。14・06・04



千葉日報。「保存望ましい」と結論 調査結果まとまる 千葉市実施計画に反映へ 旧検見川無線送信所。2014年05月30日大正後期から残る旧検見川無線送信所(千葉市花見川区)の保存・活用方法を調査していた市教委は29日、調査結果を定例会で委員に報告した。著名な建築家、吉田鉄郎(1894〜1956年)の作品として貴


6月3日。「「保存望ましい」と結論 調査結果まとまる 千葉市実施計画に反映へ 旧検見川無線送信所」 http://bit.ly/1oPR6mS "大正後期から残る旧検見川無線送信所(千葉市花見川区)の保存・活用方法を調査していた市教委は29日、調査結果を定例会で委員に報告した。"




東日本大震災で被災した岩手県大槌町で、当時の町長や職員計40人が津波の犠牲になった旧役場庁舎の一部を取り壊す工事が4日、開始。庁舎は保存、解体をめぐって遺族や住民の意見が分かれていたが、碇川豊町長が昨年3月、「二度と悲劇を繰り返さないため」と述べ、正面玄関など一部を震災遺構保存。近現代産業遺産研究会、共同、14・06・04


被災庁舎の取り壊し開始 岩手・大槌町、一部を震災遺構に 。日径、2014/6/4 13:51 記事保存

 東日本大震災で被災した岩手県大槌町で、当時の町長や職員計40人が津波の犠牲になった旧役場庁舎の一部を取り壊す工事が4日、本格的に始まった。

 作業員約10人が立ち会い午前9時前、2階建ての建物の西側から重機が入り、大きな音を響かせながら解体を進めた。正面玄関など約3割を残し、7月末までに解体を完了する予定。

 町職員だった長女(当時33)を亡くし、庁舎の保存を訴えてきた上野ヒデさん(71)は「全体を残してほしかった。無残なこの姿を見て、自然を軽んじてはだめだと感じてほしい」と話した。

 庁舎は保存、解体をめぐって遺族や住民の意見が分かれていたが、碇川豊町長が昨年3月、「二度と悲劇を繰り返さないため」と述べ、正面玄関など一部を震災遺構として残す方針を表明した。〔共同〕





   解体計画が進む貴重な戦争遺構・浦添市の前田高地の戦闘をめぐる戦跡(前田高地後方陣地跡)を、戦争遺構として正しく評価して、保存・活用されるようご検討を、お願いします。14・06・03


日本政府殿、沖縄県知事殿、浦添市長殿、浦添市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

沖縄戦の激戦地である浦添市の前田高地の戦闘をめぐる戦跡(前田高地後方陣地跡)が、市の区画整理事業に伴う工事で取り壊し開始。日本軍の歩兵大隊が潜み、米軍戦車から直撃砲を浴びたという文献記録を裏付ける痕跡を残した墓群で、文献と現場が一致する貴重な戦跡。戦跡公園などの形で保全を〜再考を!戦争遺構研究会、RS、14・06・02

戦争体験者が高齢化し、69年前の戦争を継承する上で戦争遺跡の整備・保存が重要性を増しながら、開発で沖縄戦現場の消失も進む現状が浮き彫りに。現場は前田高地の南側の裾に位置する約1900平方mの丘陵地で、区画整理事業が進む浦添南第一地区に含まれている〜貴重な戦争遺構として保全活用を!戦争遺構研究会、RS、14・06・02

具志堅さんは昨年末、沖縄戦研究家の水ノ江拓治さんと丘陵に残る着弾痕を調べ、掘り出した残骸やめり込んだ角度から、砲弾は戦車から射撃された75ミリりゅう弾砲と特定。戦跡の状況と手記が一致。「沖縄戦の検証は今もまだ十分ではなく、戦争の生々しい状況が分かる場所を保存することは大きな意味が。

@alterbau6月21日堺市立東図書館。AM11時〜「幻燈で見る沖縄の戦争遺構」沖縄の慰霊の日を前に、名護市辺野古沖の埋め立ての反対の声が、高い。戦争遺構を通して、厳しい基地の現状、沖縄の戦争と平和について考える。講師・戦争遺構研究会代表柴田正己。問合ー0722363357

堺で考える沖縄「慰霊の日」の為の沖縄の基地問題を考える記録映像の上映会。第二次世界大戦末期に激戦地となった沖縄での悲劇や命の大切さを忘れないために。平成26年6月14日、AM11時〜堺市立東文化会館で。堺市東区大美野155−13昭和の庶民史を語る会問い合わせ0722363357。昭和の庶民史を語る会、14・05・01 



  かけがえのない歴史遺産として、保全活用されるよう要望します。地元の保存の声に戦争遺構の保存を研究している立場から、関西からも、応援させてもらいます。     

         599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。




沖縄戦の激戦地である浦添市の前田高地の戦闘をめぐる戦跡(前田高地後方陣地跡)が、市の区画整理事業に伴う工事で取り壊し開始。日本軍の歩兵大隊が潜み、米軍戦車から直撃砲を浴びたという文献記録を裏付ける痕跡を残した墓群で、文献と現場が一致する貴重な戦跡。戦跡公園などの形で保全を〜再考を戦争遺構研究会、RS、14・06・02



戦争体験者が高齢化し、69年前の戦争を継承する上で戦争遺跡の整備・保存が重要性を増しながら、開発で沖縄戦現場の消失も進む現状が浮き彫りに。現場は前田高地の南側の裾に位置する約1900平方mの丘陵地で、区画整理事業が進む浦添南第一地区に含まれている〜貴重な戦争遺構として保全活用を!戦争遺構研究会、RS、14・06・02



具志堅さんは昨年末、沖縄戦研究家の水ノ江拓治さんと丘陵に残る着弾痕を調べ、掘り出した残骸やめり込んだ角度から、砲弾は戦車から射撃された75ミリりゅう弾砲と特定。戦跡の状況と手記が一致。「沖縄戦の検証は今もまだ十分ではなく、戦争の生々しい状況が分かる場所を保存することは大きな意味が。


@alterbau6月21日堺市立東図書館。AM11時〜「幻燈で見る沖縄の戦争遺構」沖縄の慰霊の日を前に、名護市辺野古沖の埋め立ての反対の声が、高い。戦争遺構を通して、厳しい基地の現状、沖縄の戦争と平和について考える。講師・戦争遺構研究会代表柴田正己。問合ー0722363357

堺で考える沖縄「慰霊の日」の為の沖縄の基地問題を考える記録映像の上映会。第二次世界大戦末期に激戦地となった沖縄での悲劇や命の大切さを忘れないために。平成26年6月14日、AM11時〜堺市立東文化会館で。堺市東区大美野155−13昭和の庶民史を語る会問い合わせ0722363357。昭和の庶民史を語る会、14・05・01 




  •琉球新報 。慰霊の日・沖縄戦 RSSicon。沖縄戦の激戦地跡 開発で取り壊し 前田高地後方陣地。2014年6月2日

戦時中に壕として使用された墓群が取り壊される直前に、着弾痕の確認に訪れた具志堅隆松さん=5月21日、浦添市前田


墓穴の取り壊し前に掘り出した、土壁に残っていた砲弾の残骸(下)。上は同サイズの75ミリ弾

 【浦添】沖縄戦の激戦地である浦添市の前田高地の戦闘をめぐる戦跡(前田高地後方陣地跡)が、市の区画整理事業に伴う工事で取り壊され始めている。日本軍の歩兵大隊が潜み、米軍戦車から直撃砲を浴びたという文献記録を裏付ける痕跡を残した墓群で、遺骨収集ボランティア団体ガマフヤー代表の具志堅隆松さんは「文献と現場が一致する貴重な戦跡だ。戦跡公園などの形で保全を検討できないか」と求めている。
 戦争体験者が高齢化し、69年前の戦争を継承する上で戦争遺跡の整備・保存が重要性を増しながら、開発で沖縄戦現場の消失も進む現状が浮き彫りになった。
 現場は前田高地の南側の裾に位置する約1900平方メートルの丘陵地で、区画整理事業が進む浦添南第一地区に含まれている。
 市文化課によると、丘陵には斜面を掘り込んで造った墓(フィンチャー墓)31基が存在する。通路を掘って墓同士をつないだ加工跡があることから戦時中に壕として利用していたことが確認できるほか、内部の土壁に着弾痕の大きな穴が開き、破裂して飛び散った砲弾の破片が天井や壁に突き刺さった墓があった。
 首里に置かれた第32軍司令部を守る防衛線だった前田高地では日米両軍が死闘を繰り広げた。第32軍歩兵第32連隊第2大隊の大隊長だった志村常雄氏らが戦後に残した手記や回想では、1945年4月28日、前田高地後方の陣地壕に待機中、米軍の戦車が現れて墓穴に一発一発砲弾を浴びせてきたと記述する。直撃弾で内部の兵士全員が死亡した墓穴もあったという。
 具志堅さんは昨年末、沖縄戦研究家の水ノ江拓治さんと丘陵に残る着弾痕を調べ、掘り出した残骸やめり込んだ角度から、砲弾は戦車から射撃された75ミリりゅう弾砲と特定。戦跡の状況と手記の記述が一致した。
 しかし、5月から道路・宅地整備に向けた整地工事が始まり、着弾痕を残した墓群の一部が既に取り壊された。浦添市は「文化財調査による記録保存も終えている。丘陵を整地しなければ周辺整備の工程に支障が出る」と理解を求める。
 具志堅さんは「沖縄戦の検証は今もまだ十分ではなく、戦争の生々しい状況が分かる場所を保存することは大きな意味がある」と訴えた。(与那嶺松一郎)






  朝日新聞デジタル。石川)赤レンガ3棟に愛称募集。樋口大二。2014年6月2日03時00分

写真・図版
改装オープンに向けて愛称を募集している赤レンガの建物。手前2棟に県立歴史博物館が、奥1棟に藩老本多蔵品館が入る予定=金沢市出羽町、県文化振興課提供

 来春の北陸新幹線開業に合わせて、改装オープンが予定されている金沢市出羽町の県立歴史博物館と藩老本多蔵品館が、国の重要文化財に登録されている赤レンガの建物3棟を総称する愛称を募集している。

 3棟は、明治〜大正に建てられ、陸軍の兵器庫として使用されてきた。1986年から県立歴史博物館に転用されてきた。新幹線開業に合わせて、隣接する本多蔵品館も入居する新たな体感型の展示施設として再整備している。

 最優秀賞(1点)には賞金3万円、優秀賞(2点)には5千円のほか、それぞれ1年間の入場無料パス(2人分)が贈られる。


長崎市は26日、世界遺産登録をめざす「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産である端島炭坑(軍艦島)の整備について、護岸や生産設備に加え、居住施設の一部を保存する案を軸に検討することを、市議会世界遺産推進特別委員会で説明〜遅れている戦争遺構の世界遺産登録推薦を!戦争遺構研究会、朝日、14・05・30


長崎)軍艦島、居住施設一部保存を軸に検討 長崎市。菅野みゆき。朝日、2014年5月27日03時00分
 長崎市は26日、世界遺産登録をめざす「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産である端島炭坑(軍艦島)の整備について、護岸や生産設備に加え、居住施設の一部を保存する案を軸に検討することを、市議会世界遺産推進特別委員会で説明した。

 軍艦島の整備について市は、世界遺産としての価値を反映する護岸と生産設備のほか、島の特徴的な景観を形作っている居住施設について、すべて維持し崩壊した部分も復元する案から、自然劣化を許容する案まで5パターンを示しており、費用は11億円から158億円まで幅がある。

 居住施設をどの程度残すかは、識者らでつくる高島炭鉱整備活用委員会で検討し、2015年度末までに策定する整備活用計画に盛り込む。市世界遺産推進室は財政的な理由から、居住施設のうち2棟(アパート)、または5棟(アパート4棟と旧端島小中学校)を残す案を軸に検討するという。それぞれ約26億円と約50億円の費用が見込まれる。(菅野みゆき)



シベリヤへ抑留されていた親父は、米国の原爆投下よりも、旧ソ連の事を、悪く言っていた。戦争は、みんなが悪いのだから、今更、愚痴っても仕方がないと、若い頃は、切り捨てたもの。戦争の実態も知らず、頭だけで、戦争、平和の事を勉強しながら、もう少し、言い方があったのではないかと、反省してる近現代史研究会、14・05・30




1中央アジアのウズベキスタンで、第2次世界大戦後に日本人抑留者も加わって建てられたバレエ劇場の大改修が進む。国を代表する劇場を後世に残そうとの試みで、今秋にも完了予定だ。劇場建設の歴史を振り返ると、歴史に埋もれた日本人抑留者の貢献が。〜親父が、自慢していた話を、懐かしく思い出す。近現代史研究会、朝日、14・05・30


2)40年代に建てられたナボイ劇場は、日本と深いつながりが。戦後に旧ソ連の捕虜となり、旧満州からウズベキスタンまで連行された約400人の日本人抑留者が建設に携わった。劇場の壁面には、「数百人の日本国民が劇場の完成に貢献」と記されたプレートが〜戦争遺構。敗戦の悲劇、怒りの中の達成感?近現代史研究会、朝日、14・05・30


3推定900人が死亡 建設・炭鉱・農業に従事。タシケント市内に日本人抑留者79人が眠るヤッカサライ墓地。ウズベキスタン国内にある13カ所の日本人墓地の一つ。管理人のアリプハジェイェバさんは「多くの日本人観光客が訪れる。私はこの国への日本人の貢献を知り、尊敬の気持ちを込めて仕事を〜美談!近現代史研究会、朝日、14・05・30




4日本兵らをシベリアなどに連行して過酷な労働を抑留者のうち約2万3千人がウズベキスタン(91年独立)に連行され、劇場建設のほか運河やダム、水力発電所の建設以外に、炭鉱や農業などにも従事。推定約900人が栄養失調や病気などで死亡。〜原爆投下と共に戦争を語る悲劇を乗り越えて、平和推進を!近現代史研究会、朝日、14・05・30



朝日新聞デジタル.(世界発2014)名劇場の陰、抑留の歴史 ウズベキスタン、保存へ改修.2014年5月30日05時00分

写真・図版
大改修が進むナボイ劇場=タシケント、金成隆一撮影

写真・図版

 中央アジアのウズベキスタンで、第2次世界大戦後に日本人抑留者も加わって建てられたバレエ劇場の大改修が進んでいる。国を代表する劇場を後世に残そうとの試みで、今秋にも完了する予定だ。劇場建設の歴史を振り返ると、歴史に埋もれた日本人抑留者の貢献が浮かび上がる。


 ■「日本人貢献」プレートに

 首都タシケント中心部の官庁街に、ウズベキスタン最高級の「ナボイ劇場」がある。1400人を収容できるれんが造りの重厚な建物で、モスクワのレーニン廟(びょう)の設計で知られる建築家シューセフが手がけた。

 記者が4月中旬に訪れた際、劇場は高さ約2メートルの塀に囲われ、外壁には壁面修復用の足場が組まれていた。傷んだれんがを取り換えたり、正面の扉や窓ガラスを新調したりしているようだった。

 塀の内側で作業着を手洗いしていた男性作業員に声をかけると、男性は「トウキョウ? おお日本人か」と笑顔になり、劇場を指さしながら片言の英語で「(修復は)うまくいっているよ」と胸を張った。男性の近くには、新しいれんがが山積みになっていた。

 1940年代に建てられたナボイ劇場は、日本と深いつながりがある。戦後に旧ソ連の捕虜となり、旧満州からウズベキスタンまで連行された約400人の日本人抑留者が建設に携わったとされる。劇場の壁面には、「数百人の日本国民が劇場の完成に貢献した」と記されたプレートがはめ込まれている。

 タシケント市内の金融業界で働く男性(25)は「劇場建設で日本人抑留者が貢献したという話は祖母から母親へ、母親から僕へと伝わった」と話した。66年の大地震で市内の多くの建物が倒壊したが、劇場は被災者の避難所になるほど頑丈だった。この時、日本人抑留者たちの仕事ぶりが改めて注目されたという。

 国営観光会社ウズベクツーリズムのファルウ・リザエフ総裁は「ナボイ劇場の今回の修復は、20〜30年に一度の規模だ。劇場を後世に残したい」と話す。改修は今秋にも終わり、オペラやバレエなどの上演を再開する予定だ。


 ■絶望に耐え2年半「日劇に匹敵」

 ナボイ劇場の建設に携わった元抑留者の1人と東京で会うことができた。世田谷区在住の不動産仲介業、大塚武さん(88)だ。「れんが焼き数百個のノルマを達成できず、ソ連人の監督に『ダバイ、ダバイ』(ロシア語で『やれ、やれ』の意味)とせかされた」と当時を振り返る。

 45年の終戦時、現在の中国遼寧省にあった旧日本陸軍の鞍山飛行場第四航空路部の通信兵だった。「内地に帰れるぞ」。期待と裏腹に、大塚さんら日本兵を乗せた貨物列車は北のシベリアへ、そして西へと向かった。一人でも多く詰め込むため、貨車では数十人が頭と足を互い違いになるようにして寝た。シラミや南京虫に襲われて寝つけない。バイカル湖が見えた時、しばらくは帰郷できないと悟ったという。

 出発から約40日後、タシケントで降ろされ、鉄条網に囲われた第8ラーゲリ(収容所)でれんが製造を命じられた。劇場の壁面になるれんがだった。

 数カ月後、劇場建設を担う第4ラーゲリに移動。配電担当となり、劇場の1〜3階に電線を敷いた。電線に頭が触れて感電し、半日ほど意識不明になったこともある。地元の医師が汗びっしょりになり、心臓マッサージをしてくれて一命を取り留めた。建設中の事故で死亡した仲間もいた。

 いつ帰れるか分からない絶望感と劣悪な労働環境にありながら、仲間とは「仕事をしっかりやろう」と声を掛け合った。日本人の働きぶりは評判で、地元民から魚の干物やウオツカなどの差し入れのほか、結婚の申し出まであったという。

 ソ連側は一人ひとりの食事量をノルマ達成度で増減したが、抑留者たちで分け直して「平等」を貫いた。抑留者の食事の総量は決まっている。奪い合えば仲たがいが起きるだけだと、皆で決めた。

 大きなシャンデリア、壁面にはウズベキスタン特有の彫刻。完成間近の劇場を見上げ、大塚さんは「有楽町の日劇に匹敵するな」と思ったという。

 2年半に及ぶ抑留生活を終えて48年夏、京都府の舞鶴港に帰国した。「若い頃に見聞を広げることができた。強制労働とはいえ、今も地元民に大切にされる劇場建設にも携われた。抑留者の中では幸せな部類だったのではないか」

 ウズベキスタン人の同僚がくれた手作りのたばこケースを、今も大切にしている。ナボイ劇場で見たバレエが帰還後も忘れられず、娘3人をバレエ教室に通わせた。異国での体験は、その後の大塚さんの生活に大きな影響を与えた。


 ■推定900人が死亡 建設・炭鉱・農業に従事

 タシケント市内に日本人抑留者79人が眠るヤッカサライ墓地がある。ウズベキスタン国内にある13カ所の日本人墓地の一つだ。管理人のラーノ・アリプハジェイェバさん(60)は「多くの日本人観光客が訪れる。私はこの国への日本人の貢献を知り、尊敬の気持ちを込めて仕事をしている」と話した。

 第2次大戦末期にソ連が日ソ中立条約を破棄して旧満州などに侵攻。日本兵らをシベリアなどに連行して過酷な労働を強いた。日本の厚生労働省の社会・援護局調査資料室によると、旧ソ連での抑留者は推計で約56万1千人、抑留中の死亡者は約5万3千人に上る。

 抑留者のうち約2万3千人がウズベキスタン(91年独立)に連行され、劇場建設のほか運河やダム、水力発電所の建設以外に、炭鉱や農業などにも従事した。推定約900人が栄養失調や病気などで死亡。日本の外務省によると、ウズベキスタンは気候が比較的温暖なことなどから、抑留中の死亡率はシベリアの半分以下で約4%だったという。(タシケント=金成隆一)

日本人設計、建設した最古の近代下水道である神田下水が、着工から130周年を迎えたのを記念して、東京都が内部を報道陣に公開。公開されたのは、当時のまま使われている下水管614mの最下流部。縦136センチ、横幅91センチの卵形管で水量が少ない時でも水深が深く、流速が確保〜貴重な文化財近代産業遺産研究会、時事、14・05・28

神田下水は当時、コレラの大流行により、衛生環境の改善が求められたことから、建設が決定。1884年に着工し、約4キロが敷設。都の史跡や土木学会の選奨土木遺産に指定。〜地下にある美しい煉瓦造の貴重な近代産業遺産として、正しく評価して、国の文化財に登録して保全活用されるよう要望します。近代産業遺産研究会、時事、14・05・28

今も現役、130年前の下水管=東京都〔地域〕
着工から130周年を迎えた神田下水の卵形管=26日、東京都千代田区(小沢一郎撮影)

 日本人が設計、建設した最古の近代下水道である神田下水が、着工から130周年を迎えたのを記念して、東京都が内部を報道陣に公開した。千代田区のJR神田駅近くのマンホールから内部に入ると、赤茶色のれんが造りの下水管の中を、深さ15センチほどの濁った下水が勢いよく流れていた。
 公開されたのは、当時のまま使われている下水管614メートルの最下流部。縦136センチ、横幅91センチの卵形管で、水量が少ない時でも水深が深く、流速が確保できるという。
 神田下水は当時、コレラの大流行により、衛生環境の改善が求められたことから、建設が決定。1884年に着工し、約4キロが敷設された。都の史跡や土木学会の選奨土木遺産に指定されている時事2014/05/28-11:06)


  先史時代のプエブロ集落、NASAのロケット発射台、植民地時代の集会場。この3つの共通点は何だろう?気候変動で歴史的建造物に危機、米国。これらはすべて、気候変動の脅威にさらされていると「憂慮する科学者同盟(UCS)」の新たな報告書で指摘された建造物だ〜文化財の危機を、真剣に考えよう近現代史研究会、14・05・26、ナショナルジオグラフィック ニュース。気候変動で歴史的建造物に危機、米国。


気候変動に関する懸念は多々、これが文化財に与える影響については、他の分野と比較してほとんど関心が払われてこなかった「気候変動評価の世界では、無視されてきた問題だ」と、マーカム氏も指摘「脅威は非常に差し迫っているため、我々は認識と現状の差を埋める必要があると考えた」〜環境は、深刻!近現代史研究会、14・05・26、ナショナルジオグラフィック ニュース。気候変動で歴史的建造物に危機、米国。



海面上昇が脅威となる東海岸 。ノースカロライナ州にあるハッテラス岬以北の大西洋岸では、全米平均の4倍のペースで海面が上昇しており歴史的な都市の市街地が浸水の危険に直面。ここ10年にこの建物を襲った異常な高潮の回数は、それ以前の80年間すべてを合わせた回数に匹敵〜自然破壊が、文化も近現代史研究会、14・05・26、ナショナルジオグラフィック ニュース。気候変動で歴史的建造物に危機、米国。


1先史時代のプエブロ集落、NASAのロケット発射台、植民地時代の集会場。この3つの共通点は何だろう?気候変動で歴史的建造物に危機、米国。これらはすべて、気候変動の脅威にさらされていると、「憂慮する科学者同盟(UCS)」の新たな報告書で指摘された建造物だ。近現代史研究会、14・05・26、ナショナルジオグラフィック ニュース。気候変動で歴史的建造物に危機、米国。


2気候変動に関する懸念は多々ある、これが文化財に与える影響については、他の分野と比較してほとんど関心が払われてこなかった。「気候変動評価の世界では、無視されてきた問題だ」と、マーカム氏も指摘。「脅威は非常に差し迫っているため、我々は認識と現状の差を埋める必要があると考えた」。近現代史研究会、14・05・26、ナショナルジオグラフィック ニュース。気候変動で歴史的建造物に危機、米国。


3海面上昇が脅威となる東海岸 。ノースカロライナ州にあるハッテラス岬以北の大西洋岸では、全米平均の4倍のペースで海面が上昇しており、歴史的な都市の市街地が浸水の危険に直面している。ここ10年にこの建物を襲った異常な高潮の回数は、それ以前の80年間すべてを合わせた回数に匹敵。近現代史研究会、14・05・26、ナショナルジオグラフィック ニュース。気候変動で歴史的建造物に危機、米国。

4アメリカ西部では、逆に水不足が危険の原因となっている。考古学遺跡の宝庫である南西部では、山火事の鎮火までの期間が長引き、温度が上昇し、規模も大きくなっている。これらは気温上昇により干ばつの発生可能性が高まり、火事が起きやすい乾燥した時期が長びく中で起きている現象だ。近現代史研究会、14・05・26、ナショナルジオグラフィック ニュース。気候変動で歴史的建造物に危機、米国。





ナショナルジオグラフィック ニュース。気候変動で歴史的建造物に危機、米国。May 23, 2014


 先史時代のプエブロ集落、NASAのロケット発射台、植民地時代の集会場。この3つの共通点は何だろう?


気候変動で歴史的建造物に危機、米国

 これらはすべて、気候変動の脅威にさらされていると、「憂慮する科学者同盟(UCS)」の新たな報告書で指摘された建造物だ。

 米国時間5月20日に発表されたこの報告書は、アメリカ全土の歴史的建造物30カ所について、気候変動の影響によって修復不可能なほどの被害を受け、場合によっては完全に失われてしまうおそれがあるとして、その詳細を記述している。被害を受けるおそれのある建造物の所在地はフロリダ州からアラスカ州まで、北米大陸全土におよび、建造された時期も先史時代から宇宙開発が始まった現代までさまざまだ。UCSで気候変動の影響に関する調査の責任者を務めるアダム・マーカム(Adam Markham)氏は、「アメリカの歴史が一掃されてしまう」と、危機感をあらわにしている。

 気候変動に関する懸念は多々あるものの、これが文化財に与える影響については、他の分野と比較してほとんど関心が払われてこなかった。「気候変動評価の世界では、無視されてきた問題だ」と、マーカム氏も指摘している。「脅威は非常に差し迫っているため、我々は認識と現状の差を埋める必要があると考えた」。

 しかし、「リスクにさらされる歴史的建造物(National Landmarks at Risk)」と題された今回の報告書でも、気候変動の影響を受けるすべての史跡をカバーしているわけではない。これについてはマーカム氏も「非常に強力な気候データがそろっている場所を探した。これにより現在あるいは将来的に発生する、気候変動に起因する、もしくは並行して生じる影響について、調査が可能になった」と述べている。

 歴史的建造物を脅かす災害としては、海面上昇、海岸浸食、洪水、豪雨、干ばつ、大規模な山火事などが挙げられる。

◆海面上昇が脅威となる東海岸

 ノースカロライナ州にあるハッテラス岬以北の大西洋岸では、全米平均の4倍のペースで海面が上昇しており、歴史的な都市の市街地が浸水の危険に直面している。例えば、「自由の息子たち」と呼ばれる植民地時代の愛国急進派がボストン茶会事件の計画を練ったことで知られるボストンのファニエル・ホールも、海面上昇により今後100年以内に水没するおそれのあるエリア内にある。実際、ここ10年にこの建物を襲った異常な高潮の回数は、それ以前の80年間すべてを合わせた回数に匹敵するほどだ。

 また、イギリスが最初に北米に建設した永続的植民地の跡地であるジェームズタウンは、完全に消滅してしまうかもしれない。この集落は島に位置しており、その標高は海面からわずか1.5メートルほどしかない。ジェームズタウンがあるバージニア州の沿岸海域は、2100年までに現在より1.8メートルほど上昇すると予想されている。

 さらには現代に入ってからの建造物についても、これを次世代に引き継ぐには大幅な保全措置が不可欠なものがある。NASAは気候変動に関する全世界的データを提供する主要機関の1つだが、ここも所有する施設の多くで海面上昇への対応を迫られている。今回の報告書によると、「NASAの施設のうち3分の2以上が、海面から約4.8メートル以下に(位置している)」といい、この中にはアポロ計画の宇宙船やスペースシャトルの打ち上げ地点となったケネディ宇宙センターの発射台も含まれている。NASAも宇宙センターを浸水から守る砂山を何度か補修しているが、嵐による高潮はこれを越えて入り込んでしまう。

◆火災の危険が迫る西部

 一方、アメリカ西部では、逆に水不足が危険の原因となっている。考古学遺跡の宝庫である南西部では、山火事の鎮火までの期間が長引き、温度が上昇し、規模も大きくなっている。これらは気温上昇により干ばつの発生可能性が高まり、火事が起きやすい乾燥した時期が長びく中で起きている現象だ。

 平均気温が摂氏1度上昇した場合、ニューメキシコ州で発生する火事の件数は4倍にはね上がると予想される。しかもアメリカ南西部の気温上昇の予想値は、これを上回っているのだ。近年でも、コロラド州のメサ・ベルデ国立公園や、ニューメキシコ州のバンデリア国定公園という、先史時代のプエブロ集落で知られる2つの史跡が、いずれも大規模な火災の被害を受けている。

 火災の炎は、はるか昔から今に残された遺物にダメージを与える。例えば、陶器の年代特定に使われる表面の釉薬(ゆうやく)などは焼失してしまう。

「火災は時計をリセットする。遺物から時代を伝える痕跡を消してしまう」と、アメリカ林野局(U.S. Forest Service)に所属する生態学者で、考古学的遺物に火災や気候変動が与える影響を研究しているレイチェル・ローマン(Rachel Loehman)氏は指摘する。「考古学的記録の喪失が始まったら、決して元に戻すことはできないのだ」。






読売の「碑にきく」で取材のご検討をよろしくお願いします。浜寺公園の大阪府立青少年センター,大阪国際ユースホステルの前にある「日露友好之像」「記念碑」(02年建設)に書かれている文言に誤りがありますので調査して修正するようお願いします。国際的にも貴重な記念碑に誤りがあるようでは問題昭和の庶民史を語る会、読売、14・05・26



Y大阪の街を歩くと、多くの碑に出会う。災害の教訓や戦争の戒め、産業や文化の発祥……。誰かが何かを伝え残そうと建て、大切に手入れされてきたものもあれば、忘れ去られたようにひっそりとたたずむ。刻まれた街の記憶を浮かび上がらせ、ゆかりの人に思いを聞く。〜石碑で、歴史を体感できて有難い。

碑にきく大阪の街を歩くと、多くの碑(いしぶみ)に出会う。災害の教訓や戦争の戒め、産業や文化の発祥……。誰かが何かを伝え残そうと建て、大切に手入れされてきたものもあれば、忘れ去られたようにひっそりとたたずむものもある。記者が各地の碑を訪ねて、刻まれた街の記憶を浮かび上がらせ、ゆかりの人に思いを聞く。

震災遺構、公園に保存。東日本大震災で被災した宮古市崎山のキャンプ場跡地を整備した「震災メモリアルパーク中の浜」が24日にオープン。波をかぶり鉄筋がむき出しになった炊事棟がそのまま保存されているなど、津波の脅威を後世に伝える施設となっている。〜震災を忘れない為の、重要な公園。近現代史研究会、読売、14,05,26




パークは、昨年5月に誕生した三陸復興国立公園の一部で、環境省が約2億4100万円かけて整備。青森県八戸市から宮城県気仙沼市の沿岸部にまたがる同国立公園内で、震災遺構を保存、一般公開する施設は初めて。広さは約1・5ヘクタール、津波で打ち上げられた防潮堤や、へし折られた樹木などを保存。近現代史研究会、読売、14,05,26



  震災遺構、公園に保存。読売、2014年05月25日

 東日本大震災で被災した宮古市崎山のキャンプ場跡地を整備した「震災メモリアルパーク中の浜」が24日にオープンした。波をかぶり鉄筋がむき出しになった炊事棟がそのまま保存されているなど、津波の脅威を後世に伝える施設となっている。


 パークは、昨年5月に誕生した三陸復興国立公園の一部で、環境省が約2億4100万円かけて整備した。青森県八戸市から宮城県気仙沼市の沿岸部にまたがる同国立公園内で、震災遺構を保存、一般公開する施設は初めて。

 広さは約1・5ヘクタールで、津波で打ち上げられた防潮堤や、へし折られた樹木などがそのまま残っている。がれきを再利用し造られたパーク内の丘は海抜13メートルで、丘の上に立つと目線が到達した津波と同じ高さになるように設計されている。

 子どもたちと訪れた、宮古市西町、看護師幕内由紀子さん(40)は「子どもたちに震災を伝える場所として、定期的に訪れたい」と話していた。2014年05月25日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


 @unagi_inu666 解体計画の九段会館(東京都)を、歴史遺産として正しく評価して、文化財にして保存・活用されるようご検討を。日本政府殿、東京都知事殿、文化庁殿。〜歴史建築の解体は問題。かけがえのない歴史遺産として文化財にして、保全活用の要望中。ご協力を!戦争遺構研究会。戦争遺構研究会、14・05・24



@alterbau 解体計画がある貴重な戦争遺構・九段会館(東京都)を、歴史遺産として正しく評価して、文化財にして保存・活用されるようご検討を、お願いします。日本政府殿、自民党殿、東京都知事殿、文化庁殿。〜歴史建築の解体は問題。かけがえのない歴史遺産として文化財にして、保全活用を戦争遺構研究会、14・05・24



@alterbau 自民党は15日の厚生労働部会で、国が日本遺族会に無償貸与している九段会館(千代田区)の建て替えに向け、国有の敷地を民間業者に貸し出す法案を了承。法案は、国から敷地を貸し付けられた民間事業者が新しい建物を建設。その一部を国が取得した上で日本遺族会に無償で貸し出す戦争遺構研究会、14・05・24



@alterbau九段会館は34年に建設され、36年の二・二六事件では旧日本軍の戒厳司令部が置かれた。戦後は結婚式場などに利用されてきたが、11年3月の東日本大震災で天井が崩落し現在は閉鎖中〜解体は、問題。かけがえのない歴史建築として、耐震補強で、後世に悔いを残さないよう文化財に戦争遺構研究会、14・05・24





@alterbau 三四年に軍人会館として建設され、三六年の二・二六事件では戒厳司令部が置かれた歴史を持つ会館。老朽化もあって震災後の営業再開はできず、「帝冠様式」と呼ばれる特徴ある建物が姿を消す。取り壊し後は、新たなビル建築が予定〜歴史建築は、問答無用で、文化財にして保存活用を戦争遺構研究会、14・05・24




解体計画がある貴重な戦争遺構・九段会館(東京都千代田区)を、歴史遺産として正しく評価して、文化財にして保存・活用されるようご検討を、お願いします。日本政府殿、自民党殿、東京都知事殿、文化庁殿。〜解体は、問題。かけがえのない歴史遺産として、文化財として、保全活用されるよう要望します。戦争遺構研究会、14・05・24



  解体計画がある貴重な戦争遺構・九段会館(千代田区)を、歴史遺産として正しく評価して、文化財にして保存・活用されるようご検討を、お願いします。14・05・26


日本政府殿、自民党殿、東京都知事殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

三四年に軍人会館として建設され、三六年の二・二六事件では戒厳司令部が置かれた歴史を持つ会館。老朽化もあって震災後の営業再開はできず、「帝冠様式」と呼ばれる特徴ある建物が姿を消す。取り壊し後は、民間資本による新たなビル建築が予定。〜歴史建築は、問答無用で、文化財にして保全活用を。戦争遺構研究会、東京、14・05・24

自民党は15日の厚生労働部会で、国が日本遺族会に無償貸与している九段会館(千代田区)の建て替えに向け、国有の敷地を民間業者に貸し出す法案を了承。法案は、国から敷地を貸し付けられた民間事業者が新しい建物を建設。その一部を国が取得した上で、日本遺族会に無償で貸し出す内容。戦争遺構研究会、時事、14・05・17

九段会館は34年に建設され、36年の二・二六事件では旧日本軍の戒厳司令部が置かれた。戦後は結婚式場などに利用されてきたが、11年3月の東日本大震災で天井が崩落し、現在は閉鎖中〜解体は、問題。かけがえのない歴史建築として、耐震補強で、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財に。戦争遺構研究会、時事、14・05・17

  かけがえのない歴史遺産として、文化財として、保全活用されるよう要望します。保存の声に歴史遺産の研究している立場から、関西からも、応援させてもらいます。     

         599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。

 
九段会館取り壊しへ 歴史見つめた80年に幕。東京、2014年5月24日 朝刊。取り壊される九段会館=東京都千代田区で、本社ヘリ「あさづる」から

 東日本大震災による天井崩落事故で多数の死傷者を出し、閉館した東京都千代田区の九段会館が取り壊されることになった。一九三四年に軍人会館として建設され、三六年の二・二六事件では戒厳司令部が置かれた歴史を持つ会館だった。老朽化もあって震災後の営業再開はできず、「帝冠様式」と呼ばれる特徴ある建物が姿を消す。取り壊し後は、民間資本による新たなビル建築が予定されている。 (新開浩)


 会館は鉄筋コンクリートづくり地上四階、地下一階。「帝冠様式」の外観は、洋館ながら日本の城のような屋根が特徴だった。戦後は一時、連合国軍総司令部(GHQ)に接収された。土地と建物が国に返還された後、五三年から日本遺族会に無償で貸し出され、同会がホテルや事務所を運営してきた。


 震災が発生した二〇一一年三月十一日、専門学校の卒業式の最中に天井が崩落。女性講師二人が死亡し、約三十人が重軽傷を負った。日本遺族会は翌四月、ホテルの営業再開が困難なため、閉館を決めた。現在まで会館内にある遺族会事務所だけを利用してきた。


 新たなビルを建てるため、自民党は敷地を日本遺族会以外の民間事業者にも有償で貸し出せるよう関連法改正を検討し、二十三日の党総務会で改正案が了承された。改正案は野党にも賛同を呼び掛け、議員立法で今国会の提出を目指す。


 会館建物は事業者負担で取り壊す。民間が新築する建物の一部を政府が土地賃料の対価の一部として取得し、日本遺族会に事務所として無償で貸し出す。



  M大阪城:鉄筋コンクリートの永久城郭 進取精神の現れ。大阪城天守閣がエレベーターつきの鉄筋コンクリート造りと知った時はやや興ざめした。今は英断だと〜かけがえのない歴史遺産を、一部に、木造建築で、再建したいという意見もあった。後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財を大切に!明治建築研究会、毎日。【大川泰弘】、14・04・23



天守再建が提案された昭和3年、鉄筋コンクリートは必ずしも安易な選択肢ではなかった。構造が複雑な城郭を鉄筋コンクリートで建築するのは覚悟の要る挑戦。入札に応じる建設会社が現れず、なかなか受け手が決まらなかった。最終的に大林組が引き受けた〜大阪が誇るべき、素晴らしい歴史建築を大切に! 明治建築研究会、毎日。【大川泰弘】、14・04・23


鉄筋コンクリートにしたがゆえに内部を博物館に。歴史的な遺構の現場に博物館を併設させる「サイトミュージアム」という考え方が世界的な潮流になって久しい。城そのものを資料館とすることは今でこそ珍しくないが昭和初期においては独創的な手法。鉄筋コンクリートによる天守再建は、進取の精神の現れ。明治建築研究会、毎日。【大川泰弘】、14・04・23





  大阪城:鉄筋コンクリートの永久城郭 進取精神の現れ。毎日新聞 2014年05月23日 17時47分(最終更新 05月23日 18時21分)

大阪城天守閣=本社ヘリから内林克行撮影


鉄骨を組み上げ中の天守閣=1931年初頭ごろ撮影・大阪城天守閣提供

 大阪城天守閣がエレベーターつきの鉄筋コンクリート造りと知った時はやや興ざめした。邪道のような気がした。しかし、取材するにつれ認識が改められた。今は英断だと思っている。

 まず確認しておきたいのだが、天守再建が提案された昭和3(1928)年、鉄筋コンクリートは必ずしも安易な選択肢ではなかった。まだ府内に高層ビルがほとんどなかった時代だ。構造が複雑な城郭を鉄筋コンクリートで建築するのは、かなりの覚悟の要る挑戦だった。実際、入札に応じる建設会社が現れず、なかなか受け手が決まらなかったという。最終的に大林組が引き受けた。

 また、木造だったら大阪空襲(1945年)の戦火で焼け落ちていた可能性が高い。明治維新後、大阪城には陸軍の鎮台が置かれた。ちなみに現在も登記上の土地所有者は旧陸軍省のままだ。大阪空襲の爆撃は激しく、京都や奈良の寺社が標的から外されたような配慮はなかった。天守閣にも焼夷(しょうい)弾が落とされ、1トン爆弾が天守の石垣の東北の隅と西南の隅に1発ずつ命中。石垣に大きなずれが生じたという。大阪城天守閣の北川央(ひろし)館長は「空襲に耐えたのは奇跡。木造だったら残っていなかった」と指摘する。

 秀吉が築かせた初代天守は夏の陣(1615年)で焼け落ち、わずか30年の寿命だった。徳川幕府再建の二代目も1665年に落雷で焼け、寿命は39年でしかない。三代目もたった14年で灰になっていたかもしれない。鉄筋コンクリートが選択された大きな理由に「永久城郭」を目指したことがある。

 もう一点、北川館長が挙げるのが、鉄筋コンクリートにしたがゆえに内部を博物館にできたこと。歴史的な遺構の現場に博物館を併設させる「サイトミュージアム」という考え方が世界的な潮流になって久しいそうだ。城そのものを資料館とすることは今でこそ珍しくないが、昭和初期においては独創的な手法だったという。鉄筋コンクリートによる天守再建は、進取の精神の現れだった。【大川泰弘】



  【埼玉】県内最古の塔型配水塔 保存改修が終了。東京、2014年5月19日

 本庄市児玉町にある県内最古の塔型配水塔「児玉町旧配水塔」で行われていた保存改修工事が終わった。内部は非公開だが、周囲を自由に見て回ることができる。同市教育委員会の担当者は「史跡散策にぜひ立ち寄ってほしい」と話している。


 旧配水塔は一九三一(昭和六)年に建設され、五五年まで使用された。鉄筋コンクリート造りの円筒二階建てで高さ約十八メートル、内径六・四メートル。内部には揚水ポンプ室と天井をドーム形にした高架水槽がある。


 二〇〇〇年に国の登録有形文化財に指定され、地域のシンボルとして親しまれてきた。市は、痛みの激しかった外壁を中心に修復や塗装を行った。問い合わせは市教委文化財保護課=電0495(25)1186=へ。 (花井勝規)



返信有難うございます。


かけがえのない戦争遺構として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、格別のご配慮をお願いします。

  戦争遺構研究会。


愛知県からの回答にお礼。一宮市役所本庁舎及び西分庁舎の保存・活用について、市としては検討を重ねた結果、西分庁舎の保存とともに、本庁舎では日本で最初のカウンター方式を採用していたことを踏まえ、カウンター天板を新庁舎の一部に使用することとして保存・活用に取り組んでおります。戦争遺構研。一宮市役所旧庁舎について【愛知県】14・05・22


一宮市役所旧庁舎について【愛知県】‏

拝啓 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、5月11日にあなたからのお寄せいただきました「県政へのご提言」につきましては、次のとおり考えております。
なお、今後とも、よりよい県政を築くために、県政へのご協力をお願い申し上げます。            敬 具

 平成26年5月22日

戦争遺構研究会 様
               愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室長



このたびは「県政へのご提言」をお寄せいただきありがとうございました。

さて、一宮市役所本庁舎及び西分庁舎の保存・活用について、本室は市の文化財行政主管課の一宮市博物館と情報の共有に努め、市民意見提出制度等に寄せられた意見へ対応について報告を受けておりました。

あなたの提言内容にあります「一部を保全活用」については、市としては検討を重ねた結果、西分庁舎の保存とともに、本庁舎では日本で最初のカウンター方式を採用していたことを踏まえ、カウンター天板を新庁舎の一部に使用することとして保存・活用に取り組んでおります。
つきましては、市としての保存・活用の取組について御理解くださいますようお願いいたします。

なお、本県の文化財行政について、引き続き、御理解、御協力をお願いいたします。


                   担当 保護グループ(小川)
                   電話 052−954−6783

愛知県ではメールアドレスの漏えい事故防止のため、
すべての宛先に対して「bcc」を使用して送信しております。
ご理解とご協力をお願いいたします。

 加太沖友ケ島に「ラピュタ」の島 ファンら「コスプレの聖地に」地元「戦争の歴史にも目を」〜かけがえのない歴史遺産として、旧軍事施設を、若者達の平和を語る場所として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財、世界遺産にして保全活用されるよう要望します。戦争遺構研究会が現在要望中。戦争遺構研究会、毎日、14・04・21


和歌山市加太沖にある無人島「友ケ島」が、アニメなどの登場人物の格好をまねる「コスプレ」ファンの人気を。大阪湾の入り口にあり島内には旧日本軍の砲台跡など戦争遺跡が残る。インターネットで「アニメの世界に似ている」と評判に、コスプレ撮影会は定員50人が〜戦争遺構研究会が世界遺産に要望中。戦争遺構研究会、毎日、14・04・21


友ケ島は沖ノ島▽虎島▽神島▽地ノ島−。侵入する外国艦船を砲撃する拠点として明治時代に6カ所の砲台が建設、第二次世界大戦終結まで一般人は立ち入りが禁止。戦後は南海電鉄が観光開発に乗り出し、最盛期の64年には約9万6000人が訪れたが、次第に減少。02年に南海が撤退〜貴重な戦争遺構。戦争遺構研究会、毎日、14・04・21

 
友ケ島:和歌山・加太沖に「ラピュタ」の島 ファンら「コスプレの聖地に」 地元「戦争の歴史にも目を」。毎日新聞 2013年11月09日 大阪夕刊

撮影場所として人気を集める第3砲台跡=和歌山市で2013年11月2日、岸本桂司撮影

 和歌山市加太沖にある無人島「友ケ島」が、アニメなどの登場人物の格好をまねる「コスプレ」ファンの人気を集めている。大阪湾の入り口にあり、島内には旧日本軍の砲台跡など戦争遺跡が残る。インターネットで「アニメの世界に似ている」と評判になり、11月初めに開かれたコスプレ撮影会は定員50人がすぐに埋まった。地元では「島をコスプレの聖地に」と期待が高まっている。【岸本桂司】

 和歌山市の加太港から定期便で約20分。友ケ島は沖ノ島▽虎島▽神島▽地ノ島−−からなる。侵入する外国艦船を砲撃する拠点として明治時代に6カ所の砲台が建設され、第二次世界大戦終結まで一般人は立ち入りが禁止された。戦後は南海電鉄が観光開発に乗り出し、最盛期の1964年には約9万6000人が訪れたが、次第に減少。2002年に南海が撤退し、現在は市と国が管理する。

 このうち沖ノ島は、数年前からコスプレファンに注目され始めた。現地でコスプレ姿を撮影した写真がネット上に掲載され、「宮崎駿監督の映画『天空の城ラピュタ』の世界に似ている」などと話題になった。

 11月2、3両日に開かれた撮影会では、特にれんが造りの第3砲台跡が人気を集めた。他の砲台より大きく、元弾薬庫などが半地下式に並ぶ。れんがにはコケが生えてツタが絡まり、空中を浮遊するラピュタの城の雰囲気に浸れるという。テレビゲーム「ドラゴンクエスト」に登場する地下洞窟に似ているとの声もある。企画した「マジックアワーカフェ」の中川志乃代表(25)は「非日常的な雰囲気の空間なので、ゲームやアニメの舞台に入り込める」と語る。

 地元の加太観光協会は島への臨時船を手配したり、住民が驚かないよう告知したりして全面協力している。関西国際空港から加太港まで車で約1時間の距離で、協会青年部長の稲野雅則さん(40)は「海外で日本のサブカルチャーは大変な人気。将来はコスプレの国際イベントも誘致したい」。島で戦争遺跡や観光のガイドを務める松浦光次郎さん(48)も「目的がコスプレでもどんどん島に来てもらって、なぜ島に戦争遺跡があるのかといった歴史にも思いをはせてほしい」と話している。



 1Y原爆被害を伝えるため広島市が保存・継承に取り組む「被爆建物」の一つが今年、市道拡幅事業で取り壊された。50年代に計画された事業で住民説明や用地取得を進めてきており、ルートなどの変更が難しかった。一方、市民からは「建物の保存か、開発か、市の姿勢には矛盾が」と〜戦争遺構の再評価を。戦争遺構研究会、読売、14・05・21



2取り壊されたのは大正2年頃建造の「三戸商店倉庫」(広島市南区)爆心地から南東約3キロに位置し爆風で瓦が吹き飛ばされたが大半は残った。複数の所有者が戦後も保存してきたが、市は2月末から、倉庫前を通る市道の幅を7mから25mに広げる工事に伴い、所有者たちの同意を得て解体〜保存回避?。戦争遺構研究会、読売、14・05・21



3被爆建物に関して市は93年「保存・継承事業実施要綱」を策定。「爆心地から5キロ以内にあるものを登録し、所有者には保存・継承の協力を求める」とし保存工事費などの4分の3(上限3千万円)を助成。今回の倉庫は96年に登録〜財政難は理解できるが歴史遺産を積極的に保存・活用出来る仕組みを。戦争遺構研究会、読売、14・05・21



4倉庫の所有者の1人だった三戸偉价さんは「原爆で兄の1人を亡くした。原爆の悲惨さを伝える建物の存在は貴重で、できれば残してほしかった。市の対応は矛盾があって分かりにくいと思う」と話す。市立段原中学の校舎(96年登録)も71年決定の市の区画整理事業で3年前に解体〜登録して保存再生を。戦争遺構研究会、読売、14・05・21



5京都工芸繊維大の中川理教授(建築史)の話「都市計画決定はかなり古いものも多い。金科玉条とするのでなく現状を考慮し柔軟な対応も必要だ。戦争という負の歴史を建物で残すのは世界的にも珍しく、市は民間建物でも移築保存などの手法も検討していいのでは」〜広島市は、戦争遺構保存の先進地では?。戦争遺構研究会、読売、14・05・21




6被爆建物の登録、減少し85件に。被爆者の高齢化が進み、惨禍の記憶の継承が課題となる中、被爆建物は「物言わぬ証人」として保存を求める声が高まりつつある。広島市内に96年に100件の登録があった被爆建物は今回の倉庫の取り壊しで85件となり、減少し続けている〜問答無用で、保存・活用を。戦争遺構研究会、読売、14・05・21



7爆心地から南東約4百mの「アンデルセン旧館」(広島市)は所有するパン製造会社が取り壊しも視野に改修を検討。東日本大震災を受けて耐震基準が厳しくなり維持費がネック。平和記念公園(同)にある世界遺産・原爆ドームと、レストハウスは市が耐震補強に着手〜市は、保存の手本を示してください。戦争遺構研究会、読売、14・05・21





  被爆建物、市道拡幅で解体…広島、都市計画優先、読売、2014年05月20日

市道拡幅工事で2月に取り壊される前のれんが造りの「三戸商店倉庫」(左、増田裕さん提供)


倉庫などがなくなり、更地になった跡地(広島市南区で)

 原爆被害を伝えるため広島市が保存・継承に取り組む「被爆建物」の一つが今年、市道拡幅事業で取り壊されたことがわかった。1950年代に計画された事業で住民説明や用地取得を進めてきており、ルートなどの変更が難しかったという。一方、市民からは「建物の保存か、開発か、市の姿勢には矛盾がある」との声が上がり、広島市は同様に市の事業で影響が生じる被爆建物がないか点検調査することを決めた。

 取り壊されたのは13年(大正2年)頃建造の「三戸商店倉庫」(広島市南区)。爆心地から南東約3キロに位置し爆風で瓦が吹き飛ばされたが、大半は残った。

 複数の所有者が戦後も保存してきたが、市は2月末から、倉庫前を通る市道の幅を7メートルから25メートルに広げる工事に伴い、所有者たちの同意を得て解体した。

 被爆建物に関して市は93年、「保存・継承事業実施要綱」を策定。「爆心地から5キロ以内にあるものを登録し、所有者には保存・継承の協力を求める」とし、保存工事費などの4分の3(上限3000万円)を助成している。今回の倉庫は96年に登録されていた。

 市街路課によると、市道拡幅事業は52年に都市計画が決定。県から事業認可が出た2009年以降、用地交渉を本格的に進めた。「長年、住民に説明してきた事業で、変更は困難」と結論を出したとする。

 建物の保存を担当する平和推進課では、同様に事業の経緯から解体は避けられないと判断。移築保存するにも民間建物への費用支出に理解を得るのは困難と考え、所有者に助成制度で記念碑を残すよう提案したという。「保存は重要だが、要綱ができる前からの計画に対し優先するのは難しい。やむを得ない」と漏らす。

 一方、倉庫の所有者の1人だった三戸偉价ひでともさん(76)は「原爆で兄の1人を亡くした。原爆の悲惨さを伝える建物の存在は貴重で、できれば残してほしかった。市の対応は矛盾があって分かりにくいと思う」と話す。

 ほかに、爆心地から南東2・6キロの市立段原中学の校舎(1996年登録)も、71年決定の市の区画整理事業で3年前に解体されており、平和推進課は今後、同様の状況下にある被爆建物がないか実態を把握する。

 京都工芸繊維大の中川理教授(建築史)の話「都市計画決定はかなり古いものも多い。金科玉条とするのでなく現状を考慮し柔軟な対応も必要だ。戦争という負の歴史を建物で残すのは世界的にも珍しく、市は民間建物でも移築保存などの手法も検討していいのでは」

被爆建物の登録、減少し85件に

 被爆者の高齢化が進み、惨禍の記憶の継承が課題となる中、被爆建物は「物言わぬ証人」として保存を求める声が高まりつつある。

 しかし広島市内に1996年に100件の登録があった被爆建物は今回の倉庫の取り壊しで85件となり、減少し続けている。

 爆心地から南東約400メートルの「アンデルセン旧館」(広島市中区)は所有するパン製造会社が取り壊しも視野に改修を検討。東日本大震災を受けて耐震基準が厳しくなり維持費がネックという。

 平和記念公園(同)にある世界遺産・原爆ドームと、レストハウスは市が耐震補強に着手している。

2014年05月20日 Copyright c The Yomiuri Shimbun



  横浜市からの回答。神奈川スケートリンクの建物は、公益財団法人横浜市体育協会が所有、当建物は、建築基準法の現行の耐震基準に基づいて建築されておらず、市は、市民の皆様が安全に利用できるよう再整備が必要と考えています。〜貴重な歴史遺産として再評価を、再度、要望します。戦争遺構研究会、14・05・19



解体予定の神奈川スケートリンクの歴史遺産について14・05・19


返信有難うございます。


かけがえのない歴史遺産は、耐震補強で、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、保全活用されるようご指導を、よろしくお願いします。今後ともよろしくお願いします。



> From: sh-sports@city.yokohama.jp
> To: masami19928@hotmail.co.jp
> Subject: 【回答】「解体予定の神奈川スケートリンクを歴史遺産として正しく評価して再生されるようご検討をお願いします。」について
> Date: Mon, 19 May 2014 09:29:12 +0900
>
> 戦争遺構研究会 様
>
> このたびは、ご意見をお寄せいただきありがとうございました。
> 5月5日にEメールでご要望いただきました件について、次のとおりお答えします。
>
> 神奈川スケートリンクの建物は、公益財団法人横浜市体育協会が所有しております
> が、
> 当建物は、建築基準法の現行の耐震基準に基づいて建築されておらず、横浜市としま
> し
> ては、市民の皆様が安全に利用できるよう再整備が必要と考えています。
> ご理解のほどよろしくお願いいたします。
>
>
> 平成26年5月19日
> 横浜市 市民局 スポーツ振興部スポーツ振興課長 飯田 能弘
> (スポーツ振興課 電話:045-671-3286 FAX:045-664-0669)
> (広聴 第26-900019号)
>



解体計画がある九段会館(東京都千代田区)を、歴史遺産として正しく評価して、文化財にして保存・活用されるようご検討を、お願いします。日本政府殿、自民党殿、東京都知事殿、文化庁殿。建て替えでなく補強して活用を。保存の声に戦争遺構の研究している立場から、関西からも、応援させてもらいます。戦争遺構研究会。14・05・20



  解体計画がある九段会館(千代田区)を、歴史遺産として正しく評価して、文化財にして保存・活用されるようご検討を、お願いします。14・05・19


日本政府殿、自民党殿、東京都知事殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

自民党は15日の厚生労働部会で、国が日本遺族会に無償貸与している九段会館(千代田区)の建て替えに向け、国有の敷地を民間業者に貸し出す法案を了承。法案は、国から敷地を貸し付けられた民間事業者が新しい建物を建設。その一部を国が取得した上で、日本遺族会に無償で貸し出す内容。明治建築研究会、時事、14・05・17

九段会館は34年に建設され、36年の二・二六事件では旧日本軍の戒厳司令部が置かれた。戦後は結婚式場などに利用されてきたが、11年3月の東日本大震災で天井が崩落し、現在は閉鎖中〜解体は、問題。かけがえのない歴史建築として、耐震補強で、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財に。明治建築研究会、時事、14・05・17

  かけがえのない歴史遺産として、文化財として、保全活用されるよう要望します。保存の声に歴史遺産の研究している立場から、関西からも、応援させてもらいます。     

         599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。

 



自民が九段会館再建向け法案=震災で天井崩落。時事通信 5月15日(木)16時55分配信

 自民党は15日の厚生労働部会で、国が日本遺族会に無償貸与している九段会館(東京都千代田区)の建て替えに向け、国有の敷地を民間業者に貸し出す法案を了承した。各党にも協力を呼び掛け、今国会での成立を目指す。
 法案は、国から敷地を貸し付けられた民間事業者が新しい建物を建設。その一部を国が取得した上で、日本遺族会に無償で貸し出す内容。
 九段会館は1934年に建設され、36年の二・二六事件では旧日本軍の戒厳司令部が置かれた。戦後は結婚式場などに利用されてきたが、2011年3月の東日本大震災で天井が崩落し、現在は閉鎖されている。 




  京都大付属の花山天文台(京都市山科区)を、歴史遺産として正しく評価して、活用されるようご検討を、お願いします。14・05・13


京都大学殿、京都府知事殿、京都市長殿、京都市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

  守れるか、アマ天文学の聖地 資金難、京大が寄付募る。京都・東山にある京都大付属の花山天文台(京都市山科区)が存続の危機。85年の歴史を誇る日本の天文学の草分け的拠点だが、岡山県に新しい天文台を建てる計画があり、資金をまわせなくなりそう。「アマチュア天文学の聖地」〜保全再生の知恵を。A、14・05・11

花山天文台は世界遺産の清水寺の東約800m、標高221mの山頂に、29年に設立。2棟のドームに直径45センチと18センチの屈折望遠鏡を収め、月や火星などの観測で世界的な成果を。だが、9代台長の柴田一成教授は「今のままでは数年以内に閉鎖する」と話す。〜京都大学全体で保存の知恵を!A、14・05・11

戦後、周辺の光や大気汚染の影響で観測環境が悪化。京大の研究の中心は68年設立の飛騨天文台(岐阜県)に移った。今年度中に完成予定の3・8mの新鋭望遠鏡は晴天率の高い岡山県に新たなドームを構えて設置する計画。研究費の獲得競争は激しく、新ドームの建設資金もまだ工面できていない〜再活用を。A、14・05・11


  かけがえのない都市資産として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財として、保全活用されるよう要望します。大阪からも、お願いします。
      
         599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          近現代建築史研究会、近現代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。





日刊旧建築 @alterbau ・ 5月10日
天如塔:全国唯一「からゆきさん」の遺跡修復 島原・理性院大師堂で落慶法要/長崎:毎日 http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20140509ddlk42040618000c.html … からゆきさんたちから寄進を受け、1909年に建立された11メートルの塔。近年は内部をシロアリに食われ倒壊寸前だったが、全国から寄進を募り修復された。




世界遺産の兵庫県回答。旧由良要塞跡は、幕末から第二次世界大戦期までの間に建設され、日本の近代化に貢献した産業・交通・土木に係る建造物である近代化遺産として重要と認識。旧由良要塞跡の保存と活用については、地元の洲本市が取り組んでいる具体的な相談等があれば協力積極的に支援。戦争遺構研究会、14・05・12、兵庫県教育委員会。


返信、回答、有難うございます。今後ともよろしくお願いします。14・05・12


かけがえのない歴史遺産として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、世界遺産としての登録のご検討をお願いします。戦争遺構研究会。


>  このたびは、「さわやか提案箱」にメールをお送りいただきありがとう
> ございます。
>  旧由良要塞跡につきましては、幕末から第二次世界大戦期までの間に建
> 設され、日本の近代化に貢献した産業・交通・土木に係る建造物である近
> 代化遺産として重要であると認識しています。
>  旧由良要塞跡の保存と活用については、地元の洲本市が取り組んでいる
> ところであり、県としましては、保存・活用に向けた具体的な相談等があ
> れば協力するなど、これらの取組に対して積極的に支援したいと考えてい
> ます。
>  詳細については、下記にお問い合わせください。
>
> ■兵庫県教育委員会事務局文化財課
> TEL   078-341-7711(内線5763)
> E-Mail  bunkazai@pref.hyogo.lg.jp
>
>  平成26年5月12日
>
>   戦争遺構研究会 様
>
>                     兵庫県企画県民部広聴室長
>



   守れるか、アマ天文学の聖地 資金難、京大が寄付募る。京都・東山にある京都大付属の花山天文台(京都市山科区)が存続の危機。85年の歴史を誇る日本の天文学の草分け的拠点だが、岡山県に新しい天文台を建てる計画があり、資金をまわせなくなりそう。「アマチュア天文学の聖地」〜保全再生の知恵を近現代史研究会、朝日、14・05・11



花山天文台は世界遺産の清水寺の東約800m、標高221mの山頂に、29年に設立。2棟のドームに直径45センチと18センチの屈折望遠鏡を収め、月や火星などの観測で世界的な成果を。だが、9代台長の柴田一成教授は「今のままでは数年以内に閉鎖する」と話す。〜京都大学全体で保存の知恵を!近現代史研究会、朝日、14・05・11




戦後、周辺の光や大気汚染の影響で観測環境が悪化。京大の研究の中心は68年設立の飛驒天文台(岐阜県)に移った。今年度中に完成予定の3・8mの新鋭望遠鏡は晴天率の高い岡山県に新たなドームを構えて設置する計画。研究費の獲得競争は激しく、新ドームの建設資金もまだ工面できていない〜再活用を。近現代史研究会、朝日、14・05・11


朝日新聞デジタル。守れるか、アマ天文学の聖地 資金難、京大が寄付募る。阿部彰芳。2014年5月11日11時37分

85年前に建てられた当初の面影を残す京都大付属の花山天文台の本館=1日、京都市山科区北花山大峰町、戸村登撮影

 京都・東山にある京都大付属の花山(かざん)天文台(京都市山科区)が存続の危機にある。85年の歴史を誇る日本の天文学の草分け的拠点だが、岡山県に新しい天文台を建てる計画があり、資金をまわせなくなりそうだからだ。観測会や実習が盛んで「アマチュア天文学の聖地」とも呼ばれる「人気」を頼りに、京大は市民からの寄付を呼びかけ始めた。

 花山天文台は世界遺産の清水寺の東約800メートル、標高221メートルの山頂に1929年に設立。2棟のドームに直径45センチと18センチの屈折望遠鏡を収め、月や火星などの観測で世界的な成果をあげてきた。だが、9代台長の柴田一成教授は「今のままでは数年以内に閉鎖するかもしれない」と話す。

 戦後、周辺の光や大気汚染の影響で観測環境が悪化。京大の研究の中心は68年設立の飛驒天文台(岐阜県)に移った。今年度中に完成予定の3・8メートルの新鋭望遠鏡は晴天率の高い岡山県に新たなドームを構えて設置する計画だ。しかし、研究費の獲得競争は激しく、新ドームの建設資金もまだ工面できていない。先端研究の役割を終えた施設の維持まで「とても手が回らない」と言う。



 戦争の傷痕残す一宮市役所旧庁舎 取り壊し迫る。戦争の記憶が焼き付いている。新庁舎での業務が七日始まったことに伴い、戦前からある旧庁舎は今月下旬にも取り壊し作業が始まる。建物は失われても、そこであった出来事は歴史として今に生きる人たちにとどめてもらいたいとの思い。戦争遺構研究会、中日、14.05・11



戦時中一宮市役所旧庁舎は、米軍機の機銃掃射を身をもって体験。北玄関付近の外壁には今も、機銃痕とみられる跡が複数残っている。当時の恐怖感を語る生き証人。一宮市役所旧庁舎はわずかに残った一宮の戦争の象徴だ。取り壊してしまうのは寂しい〜貴重な戦争遺構として、一部でも保全再生への配慮を。戦争遺構研究会、中日、14.05・11







中日新聞。戦争の傷痕残す一宮市役所旧庁舎 取り壊し迫る。2014年5月10日

戦時中の財務課の職員たちと、旧庁舎の屋上で撮影した写真を見る服部はつ子さん=一宮市光明寺で

 一宮市役所の旧庁舎には、戦争の記憶が焼き付いている。新庁舎での業務が七日始まったことに伴い、戦前からある旧庁舎は今月下旬にも取り壊し作業が始まる。一日付の本紙尾張版で旧庁舎に残る四つの謎を記事にしたが、新たに寄せられた証言を紹介する。建物は失われても、そこであった出来事は歴史として今に生きる人たちにとどめてもらいたいとの思いからだ。

◆手分けし防空壕掘った 元職員・服部はつ子さん(89)


 「私、市役所で防空壕(ごう)を掘ったんです」


 同市光明寺に住む服部はつ子さん(89)は一日夜、中日新聞一宮総局に電話してきた。


 服部さんは女学校を卒業後、太平洋戦争が開戦した一九四一(昭和十六)年に十代半ばで一宮市役所に勤め始めた。配属は二十人ほどの職員がいた財務課だった。


 戦況が厳しくなったころ、市民それぞれの家や建物の近くに防空壕を掘るよう指令が出た。財務課の職員が逃げ込むための防空壕を、財務課がある場所の床下に掘った。


 東玄関から入ると向かって左手。全国の市町村で初めて採用されたとされる対面式カウンターの奥に位置する場所だったという。服部さんによると、他の課も掘ったかどうかは分からない。業務の合間に手分けし、男性職員が土を掘った。服部さんは金づちを持って、石や硬い部分をたたき割る役目だった。


 防空壕は二畳ほどの広さに、深さは約一メートル。大人がかがんでようやく数人入れるほどの大きさだった。分厚い木板の床面でふたをしていた。

写真


 四四年ごろから、敵機が上空を飛ぶことが増えた。業務中でも外が暗くなると、光が漏れて見つからないよう明かりを消した。窓に暗幕をかぶせ、息を殺した。


 時折、空襲のサイレンが鳴ると、机の下に隠れたという。服部さんは「防空壕は結局、一度も使わなかった。今思えば机の下に隠れるだけじゃだめなのにね」と振り返った。


 戦争が終わって三年後、服部さんは退職し結婚した。防空壕がその後どうなったかは分からない。「庁舎がなくなる前に、もう一度見てみたいんです」。こんな思いを強くしつつ、足を悪くして行けない自分を嘆いた。

◆北玄関で機銃掃射受けた 田中経良さん(78)


 旧庁舎の北六十メートルの餅店で生まれ育った田中経良(つねなが)さん(78)=同市今伊勢町新神戸=は戦時中、旧庁舎前で、米軍機の機銃掃射を身をもって体験した一人だ。旧庁舎の北玄関付近の外壁には今も、機銃痕とみられる跡が複数残っている。


 一九四五(昭和二十)年七月二十八日深夜から翌日未明にあった一宮空襲は、市街地をほぼ焦土と化した。一宮市警察署(現一宮署)が発行した「一宮市警紹介」によると、この空襲で六百五十四人が犠牲になったとされる。


 小学三年生だった田中さんは空襲の夜、母親と二人で寝ていたが、雨のように落ちてくる焼夷(しょうい)弾を避けて市南部へ逃げた。


 翌日戻ると、焼け残った鉄筋コンクリートの市庁舎を除き、辺りは焼け野原になっていた。近くの家に掘った防空壕(ごう)に逃げた住民の多くは亡くなり、市庁舎の北側廊下に遺体が並べられていた。

旧庁舎北玄関の外壁に残る機銃痕とみられる傷を指し示す田中経良さん=一宮市役所旧庁舎で

 大人たち数人と北玄関付近でぼうぜんと立ちすくんでいたとき、南東から米軍機三機が低空飛行して迫ってきた。「パリパリパリ」。銃声が耳をつんざき、米国人パイロットの顔も見えた。北玄関の物陰に飛び込んだ。弾は壁に当たったのだろうか、三機はそのまま飛び去っていった。

 現在、旧庁舎の壁にある銃痕とみられる傷を見ながら、当時の恐怖感を語った田中さん。「庁舎はわずかに残った一宮の戦争の象徴だ。取り壊してしまうのは寂しいね」とつぶやいた。 (安福晋一郎)




  解体の危機に瀕している日本統治時代の昭和11年に建設された日新医院をめぐり、保存を求める団体が新株予約権を発行し、医療文化館としての活用に向けた取り組みを始めた。台湾の複数メディアが伝えた。〜以前、台湾旅行をして、近現代建築史上貴重な建築が、台湾全土で大切に使われていて驚いた。明治建築研究会、中央社フォーカス台湾 。2014年05月04日



嘉義県朴子市にあるこの建物は、ト醒哲・元行政院衛生署長の祖父として知られる地元出身のト炉医師が建てたもの。“和洋台折衷”の建築様式が採用され、独特のたたずまいを今に残しているが、今後取り壊され、住宅が建てられる予定〜歴史建築として正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望。明治建築研究会、中央社フォーカス台湾 。2014年05月04日




台湾で日本時代の建築物守る運動。毎日中国経済

日本時代の建築物を守れ 有志らの保存運動が活発化/台湾・嘉義

ざっくり言うと

台湾で、日本時代の建物を守る運動が展開されている
1936年に建設された日新医院を巡り、医療文化館として活用を検討している
いまのところ、取り壊され、住宅が建てられる予定になっているという

中央社フォーカス台湾 。2014年05月04日14時13分

日本時代の建築物を守れ 有志らの保存運動が活発化/台湾・嘉義

(台北 4日 中央社)解体の危機に瀕している日本統治時代の1936(昭和11)年に建設された日新医院をめぐり、保存を求める団体が新株予約権を発行し、医療文化館としての活用に向けた取り組みを始めた。台湾の複数メディアが伝えた。

嘉義県朴子市にあるこの建物は、ト醒哲・元行政院衛生署長の祖父として知られる地元出身のト炉医師が建てたもの。“和洋台折衷”の建築様式が採用され、独特のたたずまいを今に残しているが、今後取り壊され、住宅が建てられる予定。(ト=さんずいに余)

保存を求める有志らは「日新医院保存協会」を設立。株価3000台湾元(約1万円)の新株予約権を発行し、3000万元(約1億円)を集めたいとしており、すでに文化部文化資産局組長や嘉義県政府文化観光局長、朴子市長などが支持を表明している。

雲林科技大学建築・室内設計学科の蘇明修助理教授は、6月末までに8割の意向書が必要で、将来的には朴子医療文化館を開設したいと話している。協会では医療関係の資料展示を行い、ヘルシーレストランやデザインクリエイト空間などとして活用したい考えだ。(編集:齊藤啓介)




  ウェブロンザ。SYNODOS JOURNAL(シノドス・ジャーナル)
空襲の記憶を「つないでいく」ということ――日本とドイツにおける慰霊・記念碑から映像作品まで。2013年08月17日
本稿では、日本とドイツの空襲記憶に関する前提知識から両国の慰霊・記念・表象のあり方を紹介しながら、それらを比較し、空襲記憶の未来について考えたい。

結果として、多岐にわたる事項の羅列になってしまっている。しかし、これらは互いに絡み合う問題であり、また相互に関連付けて接続していくことこそ、将来の戦争記憶についての知恵を生み出すのではないだろうか。

いわば、本稿は「今、自分のいる場に引きつける」あるいは「引き受ける」ための材料の整理といった側面を持つものである。

まずは「今」に引きつけるために、約70年前という大空襲時からではなく、ほんの数年前に世界が体験した空襲から話をスタートさせたい。

■はじめに――日独の空襲を語る前提

2011年のリビア空爆。テレビやネット上で流れた空爆映像が記憶に新しい方もおられるだろう。そのリビア空爆の100年前、1911年に人類は、エンジン動力の有人航空機からの爆弾の投下「空爆」を戦争ではじめて用いた。しかも、これはリビアでの出来事であった。

拡大
その後、飛行機と爆弾が組み合わされた爆撃テクノロジーは飛躍的な進歩をみた。第一次世界大戦では、主に英独で約2200人の民間人の死者数(*1)だったが、約20年後の第二次世界大戦では少なく見積もっても70〜80万人の民間犠牲者を数えている(実数は未だ不明)。そして、先の大戦の空襲犠牲者の大半を占めたのが、ドイツと日本の犠牲者であった。

(*1)イギリス側で1414名。ドイツで746名と言われている。

これから日独の空襲記憶のあり方について考える前に、まずは歴史的な前提である国家間の関係性を押さえておくことが必要だと思う。

第二次大戦中、ドイツはイギリスを空爆し、イギリスはドイツを空爆した対照関係にあった。いわば独英は相互に国土と民間人を爆撃しあう関係にあった。これに対して日本の様相は異なる。後に触れるアニメーション映画『風立ちぬ』(宮崎駿監督、2013年)で映し出されていたように、日本は中国を爆撃したが、中国大陸からは、アメリカの爆撃機が日本に飛来したものの、中国から日本の民間人が爆撃を受けたわけではない。

また、アメリカの存在は、ドイツに対しても、日本に対しても同じような加害・被害の関係図式に当てはまるが、イギリス空軍主体であったドイツ空襲に対して、日本空襲はアメリカ軍が主体となっているという違いがある。さらに、冷戦下の国際関係では、ドイツは地理的にもイデオロギー的にも東西に分裂したが、日本の場合、冷戦の境界線が東シナ海と日本海という海上に引かれていたのである。

■日独の空襲犠牲者に対する国家レベルの追悼――忘れられた犠牲者?

では、上記の前提を踏まえた上で、日本とドイツの空襲はそれぞれの国でどのように扱われ、いかに記憶(記念)されているのだろうか。まずは、空襲犠牲者の国家的な追悼から見ていきたい。

日本では姫路市手柄山中央公園内に「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」が建てられている。詳しくは首相官邸ホームページに記載されているが、この塔が完成したのは1956年10月26日であり、毎年同日には、太平洋戦全国空爆犠牲者追悼平和祈念式が挙行されている。本慰霊碑に刻まれている「死没者数509,734人、罹災人口9,551,006人」は一種の公的な空襲犠牲者数と捉えてよいだろう。

拡大太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔(CC BY 3.0)
ただし問題は、この塔や10月の慰霊式典がどれだけの人に認知されているかということであり、それは数にすれば少数だと思われる。認知度という点では、毎年8月15日に武道館で行われる全国戦没者追悼式の方が高いのではないだろうか。

次に、ドイツの空襲犠牲者に対する国家的な追悼・慰霊についてご紹介したい。

1993年以降、11月の第3日曜日を国民哀悼の日として、ベルリンの目抜き通りウンター・デン・リンデン沿いの施設「ノイエ・ヴァッヘ」では、空襲犠牲者を含む戦争犠牲者の追悼式典が行われている。同施設は、別名「戦争と暴力支配の犠牲者のための国立中央追悼施設」と称される。このノイエ・ヴァッヘの追悼対象は広く、「戦争により迫害を受けた各民族」「戦争捕虜」「ユダヤ」「シンティやロマ」「同性愛者」「病弱者や障害者」「ナチス体制への抵抗者」などが含まれる。

「世界大戦での戦没者たち」という呼称の中に空襲犠牲者が位置するが、同時に兵士も含まれている(*2)。このようにドイツでは、空襲犠牲者が軍人軍属の犠牲者と区別されない場合もある。

(*2)世界各国の戦没者追悼についてのデータ: http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tuitou/dai7/7siryou1.pdf

拡大ノイエ・ヴァッヘ(パブリック・ドメイン)
後述するように、これは犠牲者への救援・支援(遺族年金など)にも反映されており、同一の扱いを受けている。ただし、ナチ指導部や虐殺に関連しては、国内法で裁かれたり、遺族年金などが支給されなかったりとの特別措置が講じられている。

■各都市の空襲慰霊碑――記憶上の「爆心地」と都市間交流の可能性

空襲は、各都市・各地域に記念碑が建てられ、想起されることが一般的だ。

日本だと、比較的大きな施設としては、東京・墨田区にある東京都慰霊堂および「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」が東京空襲の慰霊施設・記念碑として知られている。東京都慰霊堂は元来、1923年の関東大震災の犠牲者の納骨堂として1930年に完成した施設だった。

ドイツでは、教会施設が戦災教会として空襲後の廃墟のまま残されており、教会が都市や共同体の中心にあるという歴史的経緯からすれば、都市中心部に戦災遺跡が置かれていることとなる。もっとも知られているのは、2005年に再建されたドレスデン聖母教会、ベルリン(西ベルリン)の中心部にあるヴィルヘルム皇帝記念教会、そしてハンブルクのニコライ教会などであろう。これら以外にもドイツ各地には戦災教会がいくつも存在している。

ドイツ西部・ルール工業地方の都市ドルトムントには、灰から再生するフェニックス(不死鳥)を刻んだ巨大レリーフが空襲犠牲者慰霊碑として墓地に屹立している。フェニックスを戦災とその後の復興のシンボルにする事例は、例えば「福井フェニックスまつり」のように日本にもある。


拡大マインツのクリストフ教会の遺構(以下すべて、筆者撮影)


また祭事に関連させていえば、日本では、長岡や静岡安倍川の花火大会など、空襲犠牲者を慰霊する目的での祭りが実施され、ドイツ・ドレスデンでは花火大会の開催ではないが、キャンドルによる慰霊祭が行われている。なお、長岡の花火大会は、大林宣彦監督の映画『この空の花 −長岡花火物語』(2012年)でテーマとされていた(*3)。

(*3)ちなみに長岡市はドイツ・トリーア市と姉妹都市関係にあり、トリーアでは花火大会が行われるが、そこに空襲犠牲者への慰霊が含まれているかどうかは確認がとれていない。

拡大ドルトムントの墓地にあるフェニックスのレリーフ塔
日本では、木々の再生と空襲の記憶あるいは都市の復興がしばしば重ねられる。例えば、イチョウ、プラタナスそしてクスノキなどが全国各地で戦災樹木として、神社や公園そして小中学校などで保存されている事例がある。

対してドイツでは、戦災樹木は珍しい。確認した限りでは、戦災後に再び芽吹いたといわれる、ヒルデスハイム市のバラやスペイン・ゲルニカ市の樫の木の例などがあげられる。

拡大ヒルデスハイム市のバラの樹 ヒルデスハイム市のバラの樹


次に、犠牲者の追悼・慰霊が自都市にとどまらず、他の都市と繋がった例について紹介したい。

ドイツ北部の主要都市ハノーファーは、1940年から1945年の間に88回の爆撃にさらされ、およそ6,800人が亡くなった。空爆で廃墟となった同市内のエギーディエン教会は、戦災教会として保存された。この教会には、空襲記念碑が置かれ、悲惨な出来事である戦争を二度と繰り返さないことが誓われているが、実は他にも二つの注目すべき碑が存在する。それは、8月6日の広島に対する原子爆弾投下を説明する石柱碑と、1985年に広島市から寄贈された鐘である。

広島とハノーファーの関係は、1968年に広島市の中学教師が当時の文部省と厚生省による日独青少年交流プログラムを利用し、ドイツ・ハノーファーに生徒を連れて行ったことにはじまる。その後も、交流は継続して続けられ、1983年にはハノーファー市と広島市は姉妹都市関係を結ぶ。一教師が始めた運動が姉妹都市関係締結にまで至った稀有な例だといえる。

現在では、8月にハノーファー日本人会の協力の下で、ヒロシマ追悼式典が開催されている。また、ハノーファー郊外の病院横には「ヒロシマ園林」と名付けられ、原爆に関する記念碑(芸術作品)が置かれている。ここには110本ほどの桜が植えられており、4月になるとジャパン・フェスティバルも開かれる。

拡大ハノーファーのエギーディエン教会

これらが示すのは、原子爆弾のような一つの爆弾による「爆心」を持たず、複数回そして無数の爆弾による空襲を、どの「地点」で記憶するのかという問題だ。その際、教会、樹木あるいは病院や銀行などが記憶上の「爆心地」となっている例が多い。そして、先述したハノーファーの事例からは、空襲記憶の「点」としての都市は、他の戦災都市と「線」で結びつく可能性が示されている。戦災都市の結びつきはハノーファー市以外にも複数事例がある。

例えばドイツでは、ドレスデン市やキール市が同じ空襲被災都市のイギリス・コヴェントリー市と、またプフォルツハイム市がスペイン・ゲルニカ市と姉妹都市関係にある。筆者は、東京・ドレスデンや大阪・ハンブルクを空襲被災で括ってみて情報交換または民間交流を行う計画に着手し、今後も両都市を戦災都市としてつなげていきたいと考えている(ちなみにドイツ・ハンブルク市は大阪市と姉妹都市関係にあるが、「港町つながり」であって、戦災でつながっているわけではない)。これは、戦争の過去を「今、この場所」につなげる可能性の模索でもある。

また空襲の過去が加害者・被害者でつながっている希有な事例もある。例えば、静岡市の賤機山の頂上には静岡市戦禍犠牲者慰霊塔が立っており、その横にB29墜落搭乗者慰霊碑がある。ドレスデン聖母教会では、イギリス爆撃手の息子が教会再建に貢献している例も見受けられる。

拡大賤機山山頂のB29墜落搭乗者慰霊碑
空襲では、爆撃機上の「落とす側」と地上の「落とされる側」の両者が顔を合わせることはめったにない。これは、空襲という高度なテクノロジーを介した攻撃手段が今なお用いられている理由であると同時に、顔を合わせないからこそ、加害と被害がつながるチャンスにもなりうる。

もちろん、落とされた側、つまり被害側はその事実を忘れることなどないというのも事実だろう。だが、ここでは空襲被害・加害の交流を、21世紀の空襲記憶のあり方の一例としてあげておきたい。
以上の様々な事例が、今後の空襲記憶の可能性を探っていく際に参照できる素材になればと思う。

■定まらない死者数と個々の死者――顔のない死者と顔のある死者

ドイツ・ドレスデン空襲では、冷戦下に旧東ドイツが空襲の悲惨さを強調し、西側諸国を非難しようとしたことで、空襲死者数が一時期は最大40万人にも膨れ上がった。今なお、日本の書籍やネット上では「15万人とも言われている」と記述されることもある。

この死者数の「水増し」は、左右両派ともに陥ってしまう「犠牲の陥穽」ともいえる。つまり、「ドイツもこれほど悲惨な出来事に見舞われた(ので他国も悪い)」とする右派側の相対化の欲望と、「これほど悲惨な出来事に見舞われた(ので反戦平和を主張すべきた)」とする左派側の欲望が合致する点である。

この死者数をめぐる論争に一定の区切りを付けるために、ドレスデン市では市制800周年の予算を用いて、ドレスデン空襲の死者数の公的な確定作業が進められた。長年ドレスデン空襲研究に携わっている歴史家や考古学者などが集められて委員会が結成され、その結果、ドレスデン空襲の死者数は約23,700名という見解が示された。この死者数をめぐる論争が終わったわけではないが、公的な指標が出されたことが重要だ。

実際、未だに多くの空襲被災地では、空襲犠牲者数が定まっていないか、現在もなお議論が交わされている。例えば、1945年3月10日の、いわゆる東京大空襲も死者数は約10万人とされているが、この算定作業はなかなか進んでいない。

しかし、数の特定と同時に重要なのは個々人の特定である。

東京では1990年代半ばから死者名簿を作成し、死者一人一人に焦点を当てようとする活動が行われている(*4)。この流れと関連して、空襲体験者が自分の体験を絵に描く運動も最近では盛んだ。

(*4)木村豊「空襲の犠牲者・死者を想起する―『せめて名前だけでも』という語りを通して―」『慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要』69号 (2010), 15-33頁

犠牲者個人に焦点を当てる活動および研究は、実は東京大空襲の犠牲者が「皆同じ」犠牲者ではないことを暴露する。つまり、例えば「防空壕」(*5)に入ることを拒否されることもあった朝鮮半島出身の住人や労働者の存在なども明らかにするのである。

(*5)ただし、東京大空襲に関しては防空壕と呼べるものはほとんどなく、防空洞や建物の地下、そして道路に穴を掘った程度のものであった。

ドイツでは、90年代半ばに、空襲前後のドレスデンを日記に書いたユダヤ系の仏文学者ヴィクトール・クレンペラーの作品によって、被害一色のドレスデン像が批判されている。

■国家補償――空襲は国民が等しく受忍?

1987年に最高裁は、名古屋空襲で体に障害を負うなどの被害を受けた被災者が軍民との扱いに差があるとして国家賠償を求めた訴えに対して、「戦争犠牲ないし戦争損害は、国の存亡にかかわる非常事態のもとでは、国民のひとしく受忍しなければならなかったところであって、これに対する補償は憲法の全く予想しないところ」としたいわゆる「受忍論」を示した。

その20年後の2007年には、東京空襲の被害者やその遺族が、国家補償を求める裁判が行われたが、最高裁の上告棄却というかたちで現在に至っている。他には大阪で訴訟が係争中だ。ここでつまびらかに説明することはできないが、これらの訴えの主旨は、軍人と民間人の間で戦後の待遇に差があることに対する異議申し立てである。また、争点のひとつとなった、国の定めた防空法による民間防空活動をどのように捉えるかも重要な要素だといえる。

ドイツでは、国民が自国に対して補償を求める運動は、管見の限りでは知らない。戦後西ドイツ(ドイツ連邦共和国)では、連邦援護法(1950)や負担調整法(1952)によって、民間人犠牲者に対して、金銭、医療、職業訓練などの様々な援助がなされている。

これには、民主主義体制の西ドイツがナチス独裁体制を自ら裁き、先の体制とは「異なる」ことを強調すること、さらには戦後の東西ドイツ両国は自国民の統合に苦心し、「等しく同じ手当」という点を強調したことが関係している。これらの理由により、国民自身が自国の責任を問うという法的な行動に結びつかないと考える。なお、イタリア等ではナチスによる民間人への暴力・虐殺行為について、ドイツ連邦共和国を訴えるケースも起きている点には注目すべきだろう。

では、日本での補償請求運動は何を示唆しているのであろうか。複数あげられるだろう。

先ほど例にあげた三つの裁判は、もちろん補償金を求めたものだが、そこには、空襲体験者が減少する中で自らの存在を世に示そうとする意識も働いていると考えられる。また、例えば、「『日本国家の責任』を問うならば、それはアメリカに対してではないのか?」という、素朴な疑問にどこまで取り組んでいけるかという問題にも接続しうるだろう。さらに、この訴訟運動が大規模化しなかったことは、時代背景を別にしても、今後の空襲記憶のあり方に問題を投げかけていると解釈することも可能だ。つまり、世代間の断絶とみなすこともできるかもしれない。





■空襲の描写――クール「ダウン」・ジャパンの可能性

次に、非体験世代がどのように空襲を受け継いでいるかという問題について考えてみたい。

ドイツと比べて、日本の空襲記憶のあり方の明らかな特質は、多くのマンガやアニメで空襲が表現されているという点である。空襲とその後の焼け野原の風景はポップカルチャーやサブカルチャー作品の中で表象されている。

70年代以降、『はだしのゲン』が少年少女の心に「原爆」を刻みつけてきたとするなら、「空襲」はやはり1988年のアニメ映画『火垂るの墓』(高畑勲監督)が代表作といえるだろう。

『火垂るの墓』は、原作者の野坂昭如をして「アニメ恐るべし」と言わせしめた作品であった。さらに本作は、同時上映の宮崎駿監督『となりトトロ』を観て日本の田舎に郷愁や温かみを感じた人に対し、その過去に空襲があった事実を突きつけたという意味でも衝撃的な作品であった。

『火垂るの墓』は、映像作品における「空襲リアリズム」追求の極北を目指した作品だ。空から収束型爆弾をばらまく爆撃機、そして主人公・清太の視点でそれらが目視され、地面に降り注ぐ……。以後、これに近い空襲表現は、例えば防空ずきんをつけた母子が走り逃げまどう描写などで、平和教育用の各映像作品で繰り返し用いられることになる。

『火垂るの墓』の衝撃はその後の空襲描写を20年ほど決定づけていたが、2000年代後半に入ると、空襲表現は豊穣さをともなってくる。

2007年から連載された、こうの史代の漫画『この世界の片隅に』(双葉社)は戦時下の日常を淡々と、さらにユーモアさえ交えながらも、その中で空襲と日常世界との関係性を描き出した。

2006年から2010年まで少年誌で連載された小林尽『夏のあらし!』(スクウェア・エニックス)および2009年のアニメ『夏のあらし!』(新房昭之監督)では、喫茶店を中心とした日常系ギャク漫画・アニメでありつつも、同時にヒロインたちが横浜空襲の当日にひもづけられている幽霊として登場し、しばしば戦時下日本にタイムワープする。空襲当日にワープした話で、主要登場キャラクターの上賀茂潤は、極度の緊張によって視界がブラックアウトし、鼓動が鳴り止まないという内面描写がなされていた。

このように日本では、繰り返し空襲をフィクションの中で描いてきたが、他方ドイツでは、空襲をフィクションとして表現することに対しては距離を置いており、その点は90年代後半に小説家W.G.ゼーバルトが『空襲と文学』で指摘している。小説と同じく、ポップカルチャーやサブカルチャーで空襲が描写されることは、ほとんどない。

例えば、2006年に二夜連続で放送されたドイツのテレビドラマ作品『ドレスデン』のDVD付属の作品解説では、歴史的事実を重視する姿勢が強調されているが、今生きる非体験世代に伝えるために「ラブストーリーが必要だった」と、制作サイドは語っている。本作品は、全3時間のうち30分程度がカットされ、『ドレスデン、運命の日』として日本で公開された。

また、ドイツでは戦争に関するドラマが流される際に、証言や研究者のコメントをまとめたドキュメンタリーも同時に放映される。これは、最近の日本の歴史ドラマにも当てはまるだろう。

日本と同様にドイツも、空襲体験者の減少に直面し、今後の空襲記憶のあり方を模索中だ。日本側としては、先に紹介したような空襲コンテンツをドイツに、そして世界に問うていくことで、いわゆる「クールジャパン」が双方向的になり、あるいは世界における日本の状況を「クール・ダウン」して考える契機となるかもしれない。

■さいごに――持続可能な戦争記憶の可能性

本稿では、比較を通じて、日本とドイツの空襲記憶のあり方を考えてきた。互いを参考にしたり、交流したりする材料を提供したにすぎないが、意識的に驚きや刺激を重視して記述してきたつもりだ。本稿をきっかけに、読者各位がさらに考えを深めていただければと思う。

また、当然ながら本稿で論点のすべてを提示できたわけではない。ここで、空襲記憶の展望を書かせていただくなら、空襲の記憶は今後、互いに繋がりながら、多様な考える場や機会の中で生成されていくだろう。その中で重要なキーワードが「持続性」だと思う。

空襲には、ほぼ年間を通じて想起されるという特性がある。日本の場合、戦争記憶が「8月」に一斉に思い起こされるのとは異なり、空襲には10月の沖縄空襲、3月の東京空襲、5月の横浜、6月の静岡など8月以外も想起可能な時点がある。

8月で想起された戦争は、その後1年間をかけて社会的に想起の強度を失い、また次の8月に似たようなコンテンツが繰り返される……。空襲記憶は、この状況を批判的に見る視座を提供してくれるかもしれない。

日本の戦争記憶コンテンツは次々に消費され、すべてとは言わないが大半は忘れ去られていく。例えば、広島平和記念資料館には感想ノートが置かれてあり、そこには「悲劇を二度と繰り返さないように」や「平和の大切さを知った」という中高生から大人までの感想がびっしりと書き込まれているが、これは持続的なのだろうか。その場の一時の感情にすぎないのではないか。

ここで一時の感情を非難したいわけではなく、持続的な想起の重要性をこそ考えてみたいのだ。

例えば、宮崎駿監督の映画『風立ちぬ』を観れば、そこに映し出されていた飛行機の美しさと宮崎自身の反戦思想という矛盾した立場を読み取ることはできる。そして矛盾の読み取りに留まらず、新たな問いを発し、それを継続的に大切にしたい。これは、空襲もしくは戦争の何を想起し続けられるのか、という問いにも発展するだろう。

本稿で示したように空襲の記念碑や記憶は、約70年前の人々の記憶だけではなく、都市や地域の記憶とも密接に結びついている。映画『風立ちぬ』は名古屋周辺の記憶としても読み込むことも可能だろうし、飛行機(航空)と人間の関係史という一歩引いた視点からの問いも可能だろう。

強制はできないが、このように空襲に関するニュース、記念碑、そして作品に触れたときに、「今、自分のいる場に引きつける」あるいは「引き受け」て、自分自身とつなげ、現在とつなげて「持続可能」なものにすれば、空襲記憶のあり方の新たな地平へとつながっていくのではないだろうか。

参考文献

こうの史代『この世界の片隅に 上』双葉社、2008年。
小林尽『夏のあらし!』スクウェア・エニックス、2007年。
橋本毅彦『飛行機の誕生と空気力学の形成: 国家的研究開発の起源をもとめて』東京大学出版会、2012年。
イェルク・フリードリヒ(香月恵里訳)『ドイツを焼いた戦略爆撃 1940-1945』みすず書房、2011年。
松本彰『記念碑に刻まれたドイツ: 戦争・革命・統一』東京大学出版会、2012年。



柳原伸洋(やなぎはら・のぶひろ)
京都府出身。東海大学文学部ヨーロッパ文明学科講師。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学(修士:学術)および在ドイツ日本大使館専門調査員を経て現職。ドイツに関するライター・伸井太一としても活動。東西ドイツの製品文化を扱った著作『ニセドイツ』シリーズや、『ペンブックス21 ロシア・東欧デザイン』(分担執筆、阪急コミュニケーション)など。
.

プロフィールSYNODOS(シノドス)
シノドスとは、現代社会を多角的に検討する「知」の交流スペース。知の生産と流通を大学という特権的な場から解放して、現代人の生活にもっと身近なかたちで展開していきたい。そんな思いから立ち上げました。

セミナーとレクチャーの開催、メールマガジン配信、そして出版活動。アカデミック・ジャーナリズムを旗印に、第一線の論者たちが集うプラットフォームを創造し、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。





 解体予定の神奈川スケートリンク(旧日本海軍の航空機用格納庫)を、歴史遺産として正しく評価して、再生されるようご検討を、お願いします。14・05・07


神奈川県知事殿、横浜市長殿、横浜市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

築73年、神奈川スケートリンク建て替えへ。旧日本海軍の航空機用格納庫で、1949年の日本貿易博覧会や国体でも使用。その変遷を知る人は多くはないが、取り壊しを惜しむ声も〜貴重な歴史遺産として、後世に悔いを残さないよう耐震補強で、正しく評価して、活用されるようご検討を、お願いします。戦争遺構研究会、Y、14・05・05

「予科練平和記念館」によると、建物は41年頃から終戦まで同町にあった旧海軍横須賀鎮守府第一海軍航空廠しょうの格納庫だった。広さは約3千平方m。戦時中は戦闘機の「零戦」や「紫電」、爆撃機「銀河」などの修理が。同型の格納庫は四つあったが、現存するのは横浜の1棟だけ〜貴重な戦争遺構です。戦争遺構研究会、Y、14・05・05

  かけがえのない歴史遺産として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財として、保全活用されるよう要望します。関西からも、お願いします。
      
         599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。




  築63年、神奈川スケートリンク建て替えへ。読売、2014年04月24日 11時17分

老朽化により解体が計画されているリンク

 63年の歴史がある「神奈川スケートリンク」(横浜市神奈川区広台太田町)が、老朽化のため建て替えられることになった。

 計画では来年12月までに新スケート場が完成する。建物は元々、旧日本海軍の航空機用格納庫で、1949年の日本貿易博覧会や国体でも使われた。その変遷を知る人は多くはないが、取り壊しを惜しむ声も上がっている。

神奈川スケートリンクの外観。三角屋根の格納庫に入り口部分などが増設されている


 茨城県阿見町の「予科練平和記念館」によると、建物は1941年頃から終戦まで同町にあった旧海軍横須賀鎮守府第一海軍航空廠しょうの格納庫だった。広さは約3000平方メートル。戦時中は戦闘機の「零戦」や「紫電」、爆撃機「銀河」などの修理が行われていた。同型の格納庫は四つあったが、現存するのは横浜の1棟だけという。

 格納庫は49年、横浜市で開かれた日本貿易博覧会の演芸館として使用するため現在地に移築され、同年の第4回国体の体操競技会場としても使われた。

 体育館とスケートリンクを併用した施設としてオープンしたのは51年。横浜市から譲り受けた財団法人「神奈川体育館」が運営していたが、昨年7月、同法人が公益財団法人「横浜市体育協会」(市体協)に統合され、現在は市体協の所管施設となっている。

 市体協によると、現存する屋内スケート場としては国内で最も古く、フィギュアやアイスホッケーなどの練習場として利用されている。一般開放もされており、ピークの60年度には年間約90万人が来場した。東日本大震災後、ソチ五輪の男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手(19)が仙台市から避難し、一時練習したことでも知られ、ソチ五輪後の3月は一般客が昨年同月比で倍増したという。

 5年ほど前に現地調査した同記念館歴史調査員の赤堀好夫さん(78)は「劣化はしているが、歴史的な建物が姿を消すのは残念」と話す。近くに住む男性(76)は小学生の頃から建物を見てきた。旧海軍の格納庫だったことは知らなかったが、「そんな歴史があったなんて……。昔からなじみがある建物なので寂しい」と表情を曇らせる。

 建物の老朽化は年々進み、市体協は昨年12月、新スケート場の工事を行う事業者を公募。要求水準書では、国際規格(30メートル×60メートル)のメインリンクと幅7メートル程度のサブリンクなどを備え、フィギュアスケートやアイスホッケーなどの大会が開催できる水準を求めている。

 予定価格は18億円。公募締め切りまでに1社が応募し、現在は市体協が要求水準に見合っているかを審議している。24日にも結論を出したい考えだ。

 市体協は工事期間中の代替施設として、昨年8月に同市南区に移転した市立横浜総合高校の敷地(中区)に仮設リンクをつくる方針で、新スケート場完成までの営業を予定している。(佐藤雄一)



<富岡製糸場>施設連携進まず アクセス課題、解説も不十分。毎日新聞 5月4日(日)10時28分配信

「荒船風穴」の歴史について解説員(右)の説明を受ける見学者たち=群馬県下仁田町で4月28日、田ノ上達也撮影2分、田ノ上達也撮影


 「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)の世界文化遺産登録勧告を受けて観光客の注目が集まる中、県内に点在する遺産群のアクセスや案内体制が課題として浮上している。それぞれをつなぐ公共交通機関がなく、マイカーなどがなければ1日で回るのは困難なうえ、十分な解説を受けられない場所もある。アクセス改善の妙案はまだ出てきておらず、各施設の地元自治体はまず、解説員を増やす検討を始めた。

 現時点で、解説を聞きながら4カ所を巡るバスツアーなどの予定は官民ともないという。県観光物産課の黒澤達也課長は「解説を受けなければ遺産の価値が十分に伝わらない恐れがある。『がっかりした』という感想が口コミで広がれば逆効果になってしまう」と心配する。【田ノ上達也、塩田彩】



東日本大震災で被災した国指定重要文化財「シャトーカミヤ旧醸造所」(牛久市)三棟のうち、旧発酵室、旧貯蔵庫の保存修理工事が終了。日本初の本格的ワイナリーとして知られる施設。旧貯蔵庫内を改装したレストランも営業を再開〜30年ほど前に見学して、その素晴らしさに感激した近代産業遺産でした。明治建築研究会、東京、14・05・02



運営会社によると、平屋で約四百十平方mの旧貯蔵庫、二階一部平屋で約三百十平方mの旧事務室、地上二階地下一階約四百四十平方mの旧発酵室は、地震でれんが造りの建物全体に亀裂が入るなど、いずれも被害を受けた。二〇一二年から保存修理工事が始まった。〜貴重な歴史建築の素晴らしい活用の再開! 。明治建築研究会、東京、14・05・02




東京新聞。牛久の旧醸造所 レストラン再開 被災した国の重文。2014年5月1日

保存修理工事を終え営業を再開した「レストランキャノン」=牛久市中央で

 東日本大震災で被災した国指定重要文化財「シャトーカミヤ旧醸造所」(牛久市中央)三棟のうち、旧発酵室、旧貯蔵庫の保存修理工事が終了した。日本初の本格的ワイナリーとして知られる施設。旧貯蔵庫内を改装したレストランも営業を再開した。

運営会社によると、平屋で約四百十平方メートルの旧貯蔵庫、二階一部平屋で約三百十平方メートルの旧事務室、地上二階地下一階約四百四十平方メートルの旧発酵室は、地震でれんが造りの建物全体に亀裂が入るなど、いずれも被害を受けた。二〇一二年から保存修理工事が始まった。

 震災前、旧貯蔵庫は、歴史を誇る高い天井など、アンティークな雰囲気の中でワインとフレンチが楽しめる「レストラン キャノン」として、カップルや中高年の人気を集めていた。

 旧醸造所のシンボル、屋上時計台とともに大きな被害を受けた旧事務室は、解体、耐震診断を終え、二月から耐震補強を含む保存修理工事が進められている。一六年には完成の予定。 (坂入基之)




  あなたの「家庭遺産」募集。家にある捨てるに捨てられない、思い出のつまった宝物。そんな「家庭遺産」を紹介。ほぼ日刊イトイ新聞の人気連載が形を変えて復活。遺産にエピソードを添えて、お送りください。http://t.asahi.com/eg3u〜ガラクタが、山ほどあるが、選定に悩むが?近現代史研究会、朝日、14・05・01


デジタル版から 朝日新聞DIGITAL。2014年4月14日16時30分。あなたの「家庭遺産」募ります

 朝日新聞デジタルの独自コンテンツを紹介します

 家にある捨てるに捨てられない、思い出のつまった宝物。そんな「家庭遺産」を紹介する企画を始めます。ほぼ日刊イトイ新聞の人気連載が形を変えて復活です。あなたの遺産にエピソードを添えて、お送りください。http://t.asahi.com/eg3u


(朝デジジャーナル)「家庭遺産」ありませんか。2014年4月12日05時00分

 ■イチオシ

 捨てるに捨てられない思い出がつまった宝物、あなたの家にありませんか。

 読者から寄せられた写真を紹介する「家庭遺産」を朝日新聞デジタルと静岡版でスタートします。ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」(ほぼ日)で連載されていた人気コーナーが引っ越ししてリニューアル。それに先駆け、広く遺産を募集します。

 寄せられた家庭遺産は、漫画や映像制作などで活躍する天久聖一(あまひさまさかず)さんを委員長とする家庭遺産委員会が選考し、批評をつけて発表します。あなたの家庭遺産の写真にエピソードを添えて、isan@asahi.comまでお送りください。 (神崎ちひろ)

 

(大和をたどって:1)黒鉄の城が背負った「物語」

(大和をたどって:1)黒鉄の城が背負った「物語」朝日、2014年2月26日15時05分

写真・図版1941年秋、最高速度を測定中の戦艦大和=原勝洋氏提供
 なぜ、私たちは戦艦大和が大好きなのだろう。

 史上最大の戦艦。子どものころから私もそれは知っていたし、最強と信じていた。父親と大和のプラモデルを作り、近所の池に浮かべて遊んだことは忘れられない。

 だが、好きが高じて、子ども向けに書かれた大和の本を読んだ時には、正直がっかりした。零戦のような心を躍らせる「武勇伝」が何もないと知ったからだ。

 1942年。大和はミッドウェー海戦に参加したが、主戦場のはるか後方にいて、友軍の空母4隻が沈められても何もできなかった。ガダルカナル島を巡る死闘が続く間、2千キロ以上離れたトラック諸島に停泊し続け、「大和ホテル」と陰口をたたかれた。

 44年、フィリピン近海での戦闘では、目的地のレイテ湾に突入する寸前に命令を無視して退却し、「謎の反転」と批判された。そして45年4月、成功の見込みが皆無の沖縄への特攻出撃に踏み切り、米軍機の攻撃で沈められた。

 見た目は強そうだが、試合で力を発揮できないヘビー級ボクサーのようではないか。

 だが、子どもの私は失望しつつ、その本を何度も読み返した。思春期には「宇宙戦艦ヤマト」に熱狂し、新聞記者になってからは部屋に入りきらないぐらいのプラモデルを買った。99年、後輩の記者が潜水艇で海底の大和を取材した時には、「何でオレじゃないんだ」と天を仰いだ。

 大和に心を奪われたのは、私だけではない。2005年末に公開された映画「男たちの大和/YAMATO」は、興行収入が50億円を超えた。広島県呉市の「大和ミュージアム」に展示されている全長26メートルの模型は、05年の開館以来、延べ900万人近くが見学した。大和に関する本や記事も毎月のように発行され続けている。

 大和は確かに感情移入しやすい存在だ。秀逸な技術力から生まれた史上最大の戦艦。でも時代の流れに取り残され、国の敗北と運命を共にした黒鉄(くろがね)の城。

 ひょっとしたら、私たちにとって、大和は世代を超えて語り継がれる「戦争の物語」、つまり一種の「民話」のような存在なのではないか。靖国神社を巡る政治的対立などから離れた場で、素朴に戦争で亡くなった人々を悼む物語として。そして、大和を造った技術力が戦後の復興を支えたという、日本人の誇りの物語として――。

 生きていくうえで「人生の物語」が欠かせないように、国や共同体にも、存在理由や目標を根拠づけ、正統化するような「物語」が必要だ。だが、物語は決して現実そのものではない。現実とのズレを絶えず検証し、更新する「リアリズム」がなければ、物語はいつしか現実から遊離し、人々はしっぺ返しを受ける。

 大和という巨艦は、かつて日本海軍が紡いだ「国防の物語」の主役として誕生し、海軍の滅亡と共に沈んだ。そして今は「先の戦争と日本人」という新たな物語のなかで、主役になりつつあるように思える。「物語とリアリズム」を、大和の生涯をたどることで考えたい。(太田啓之)

(大和をたどって:2)世界最強は本当だったのか
2014年2月27日14時32分

写真・図版現存する大和型戦艦の装甲板。貫通の跡が生々しく残る=米ワシントンのネイビーヤード、太田啓之撮影

 戦艦大和は本当に強かったのか。子どもの頃から頭を去らない疑問だ。

 大和は本来、その巨砲で米国の戦艦と正面から撃ち合うために造られた。だが完成直前の1941年12月8日、日本海軍は航空機でハワイ・真珠湾を攻撃し、米戦艦8隻のうち4隻を沈めた。「航空機は戦艦よりも強い」と自ら証明したのだ。それ以降、日本海軍は大和の使い道に苦慮することになる。

 私は次のような「もし」を考えずにはいられない。仮に航空機が戦闘に加わることなく、日米の戦艦による決戦が実現していたなら、大和は一体どれぐらい戦えたのか。日本海軍が夢見たように、史上最大の46センチ砲と分厚い装甲によって、数で勝る米艦隊に勝利できたのだろうか。

(大和をたどって:3)リアルさ欠く「不沈」の物語。朝日、2014年2月28日13時05分

 戦艦大和の主砲塔の装甲板は、いかなる敵艦の砲弾にも貫通されない――。

 米国の軍事研究者ウェイサン・オーパン(65)のメールは、そんな分析結果を記していた。日本の軍艦に使われた鋼鉄が他国に比べ均質で、品質管理が徹底していたことも称賛していた。

 だが、私は「大和の装甲は世界最強」とは素直に信じられなかった。大和の研究者として有名な原勝洋(71)から、考えられないような話を聞いていたからだ。

 1941年秋、完成直前の大和を訪れた海軍大尉の千早正隆は、主砲塔の厚い装甲に比べ、艦体の前後左右に配された副砲塔の装甲がブリキのように薄く見えることに気づき、驚いて上官に報告した。

 調べてみると、主砲塔の装甲が最大66センチの厚さなのに対し、副砲はわずか2・5センチ。戦艦の大砲どころか、小型の駆逐艦の砲弾でも破壊され、弾薬庫の誘爆につながりかねないことが分かった。副砲は経費節約のため、別の巡洋艦の中古品を流用したものだった。補強工事をしたが、弱点は解消できなかった。

 なぜ、完成直前まで問題が発覚しなかったのか。大和の設計主任だった牧野茂は生前、大和ミュージアム(広島県呉市)館長の戸高一成(65)に、「設計は船体のみを行い、渡された砲を載せるだけ、という意識が災いした」との言葉を残している。

 縦割りの弊害といえばたやすいが、私には、より深刻な問題の表れに思える。すでにこの時期、日本海軍は組織としてのリアリズムを失いつつあったのではないか。

 牧野は戦後、元海軍士官が歴史を振り返る「海軍反省会」に参加していた。83年2月22日の会合では「大和の船体側面は、2万メートル離れた距離から発射された46センチ砲弾の直撃に耐えられることになっていたが、実際には非常に眉唾(まゆつば)だった」と証言している。

 大和の艦体で、特に頑丈な装甲を求められた主要部は長さ137メートルにわたる。それに対し装甲板1枚は技術的限界から幅3・6メートルしかなかった。しかも装甲板の中央部に比べ、継ぎ目がくる端の方の強度は大きく落ちる。牧野はこう語っていた。「本当に弾が抜けない範囲は正確にいって装甲板全体の22%。あとの78%はこれだけの効果はない。継ぎ目に当たれば、これはもう非常に弱い」

 計画通りの強度は全体の装甲の2割だけ。敵の砲弾がそこだけに当たるわけではない。それでも「大和の装甲は絶対に耐えられる」という物語が関係者の間で共有されると、それは海軍の中で「真実」となり、「大和は不沈艦」という物語が育まれた。

 「高さ5・7メートルを超える津波は来ない」という空論を共有することで、「原発は絶対安全」という神話がつくられていったように。

 戸高の著書「戦艦大和に捧ぐ」によれば、沈没した大和の海底調査が85年に行われ、戸高は牧野とともにそのビデオを見た。徹底的に破壊されバラバラになって海底に横たわる大和の姿を、牧野は終始無言のまま、苦しげに見つめていたという。=敬称略(太田啓之)

(大和をたどって:4)負け戦 英雄の「代役」に。朝日、2014年3月3日15時27分
写真・図版記念艦として保存されている三笠=神奈川県横須賀市、太田啓之撮影
[PR] なぜ戦艦大和は造られたのか。その疑問を追っていくと、日露戦争時の日本海軍の戦艦「三笠」にたどりつく。
 1905年5月27〜28日、日本海軍はロシアのバルチック艦隊と戦い、海戦史上空前絶後とされる完璧な勝利を収めた。司馬遼太郎が小説「坂の上の雲」のクライマックスで描いた「日本海海戦」だ。

 三笠はこの戦いで、連合艦隊司令長官・東郷平八郎が乗る「旗艦」の役割を務めた。

朝日新聞デジタル (大和をたどって:5)巨砲に託した 組織の論理。朝日、2014年3月4日15時45分
写真・図版2人の加藤。寛治
写真・図版 [PR] なぜ、戦艦大和は口径46センチもの巨砲を積んだのか。

 最大射程は42キロ。東京駅から鎌倉駅の3キロほど手前にいる敵を撃てる。当時、他国の戦艦は40センチどまりだった。

 こうした「超兵器」は多くの場合、戦いに敗れた側から生まれる。例えばドイツのタイガー戦車。敵を上回る主砲と装甲を誇ったが、戦局は変えられなかった。

(大和をたどって:6)逆転の切り札 信じて温存
2014年3月5日14時40分
写真・図版1943年4月、トラック諸島に停泊する大和(左)と同型艦の武蔵=原勝洋氏提供
 なぜ、戦艦大和は実戦で活躍できなかったのか。

 航空機の発達で、戦艦は海戦の主役の座から引きずり降ろされた。だが、まったくの役立たずになったわけではない。米軍では、空母の護衛や陸上への砲撃に有効活用された。1944年完成の戦艦ミズーリは、91年の湾岸戦争でも使われた。大和も使い方次第では「名脇役」として活躍できたのではないか。

 その機会として多くの戦史家が挙げるのは、42年秋のガダルカナル島を巡る戦いだ。


朝日新聞デジタル。 (大和をたどって:7)引き返したのに「功績抜群」。2014年3月6日15時24分
写真・図版レイテ沖海戦の査定表。一番上の大和についた「◎」は「功績抜群艦」を示す=防衛研究所戦史研究センター所蔵の「功績査定標準」から

 組織に属すれば、評価や査定からは逃れられない。戦艦大和も例外ではなく、日本海軍の「査定」対象だった。

 1944年10月のレイテ沖海戦。大和の同型艦、武蔵が沈没するなど連合艦隊が壊滅的被害を受けた戦いだが、驚いたことに、ここでの大和の査定は全艦中最も働いた「功績抜群艦」だった。

 海軍は乗組員の論功行賞に反映させるため、各艦に点数をつけていた。空母や戦艦を沈めれば50点、巡洋艦なら30点といった具合だ。資料によれば、レイテ沖海戦で大和は空母など3隻を撃沈するといった戦果を挙げたとして、216点を稼ぎ出した。

朝日新聞デジタル。(大和をたどって:8)「栄光」に敗れたリアリズム
2014年3月7日15時44分
写真・図版沈没の約50分前、九州沖で炎に包まれながら米軍機と戦う大和=原勝洋氏提供
 1945年4月7日、戦艦大和は僚艦9隻とともに沖縄に特攻出撃する途中、米軍機の攻撃で沈んだ。

 戦死者は日本軍の3729人に対し、米軍は14人。日本海軍に愛着を持つ米国の戦史家ジョン・パーシャル(51)は「口にするのも嫌だが」と前置きして、こう続けた。「米軍にとって、大和を沈めるのは『樽(たる)の中の魚を撃つ』ようなものだった。試みるまでもないほど簡単、という意味だ」

 特攻を主張した中心人物は、連合艦隊参謀の神(かみ)重徳。周囲をこう説得した。



朝日新聞デジタル。 (大和をたどって:9)空疎な物語が理性を拒む。2014年3月10日16時15分

写真・図版大和と運命をともにした第2艦隊司令長官・伊藤整一
 戦艦大和が属する第2艦隊司令長官の伊藤整一は、大和を描いた映画やドラマに必ずといっていいほど登場する。
 演じた俳優も鶴田浩二、仲代達矢、渡哲也といった大物が並ぶ。大和の特攻を語るうえで、伊藤が要となるポジションにいた証しだ。

 伊藤は、連合艦隊参謀長・草鹿龍之介の「一億総特攻のさきがけとなってほしい」との説得を、「そうか、それならわかった」と受け入れて、大和と運命をともにした。温厚なリアリストで、軍人的なマッチョさとは無縁だった。その彼が「一億総特攻」という理不尽な言葉にうなずいたのはなぜか。



(大和をたどって:10)物語は終わらない朝日、2014年3月11日15時37分
! 写真・図版九州沖の海底に眠る戦艦大和。艦首に菊の紋章が見える=1999年8月
 戦艦大和は「一億総特攻」という空疎な物語にのみ込まれて沈んだ。その最期は戦後、「リアリズムの極致」といえる作品によって、人々に知られるようになる。

 1946年12月、評論家・小林秀雄は雑誌「創元」を創刊した。自作「モオツァルト」と同時に掲載される予定だったのが「戦艦大和ノ最期」だ。だが、占領軍の検閲で「徹頭徹尾軍国主義的」とされ、発禁処分を受ける。

 著者は無名の若者の吉田満。東京帝大在学中に学徒出陣で海軍に入り、大和に配属された。特攻出撃した約3千人のうち生き残った276人の1人だ。敗戦直後、父の紹介で、「宮本武蔵」などで知られる作家・吉川英治に会う。

 吉田が話す体験を、吉川は涙を流しながら黙って聞いた。そして、文章にまとめるよう強く勧めた。吉田は帰宅後、直ちに筆をとった。文章が自然にあふれ出し、初稿は半日で完成したという。

 仲間内で回覧していた作品が、偶然、小林の目にとまった。小林は「原稿をいただきたい」と直談判した。「敗戦の収穫として求めていたものにぶつかった」。なぜ、それほど魅了されたのか。

 「戦艦大和ノ最期」は不思議な作品だ。文語調でも、美辞麗句や大言壮語に満ちた海軍の文書とは対照的に、余計な装飾はそぎ落とされ、感情も情景も最低限の字数で簡潔に記される。

 出撃を迎え「我ラ如何(いか)ニコノ時ヲ期シテ待チシカ」と血気にはやる吉田。敵機の攻撃で手足と頭を吹き飛ばされた戦友の遺骸を抱き「コレヲ撫(な)ヅレバ手触リ粗木(あらき)ノ肌ノ如(ごと)シ」と呆然(ぼうぜん)とする吉田。両方が、一切の価値判断を交えることなく、淡々と描かれる。リアリズムが戦争の異常さと悲劇性を生々しく伝える。これ以上、戦争に肉薄するには、自ら体験するしかないのでは、と思えるほどに――。

 だが、リアリズムに徹すれば、敵愾心(てきがいしん)や闘志など「軍国主義的」と見なされる描写も避けられない。発禁処分を受けても、小林は公表に向け尽力したが、占領軍はかたくなだった。吉田の意図通りのかたちで刊行されたのは、占領が終わった52年だった。

 作品は、戦時中は機密扱いされていた大和が、世間に知られるきっかけとなった。大和の最期はたびたび映画やドラマで描かれてきたが、大半が吉田作品の影響下にある。

 あくまで事実に基づき、脚色は一定範囲にとどめる。いたずらに美化しない。それらは、現在まで大和を描く際の不文律のようになっている。「戦艦大和ノ最期」は重い。

 それは「リアリズムの呪縛」といっていいかもしれない。吉田作品によって、大和は「神国・日本」の物語から解放された。「不沈艦」といわれながら、期待された活躍もできないまま、3千人近い人々と沈んだ巨大な戦艦。一方で、私たちは「大和がもっと活躍していれば」と夢見ることをやめられない。その思いが「宇宙戦艦ヤマト」という、もう一つの物語を生み出したように思えてならない。

 連載はいったん終わる。近いうちに「大和」と「ヤマト」をたどる旅を再開したい。=敬称略(太田啓之)

戦争遺構リスト近畿

ホーム > レポート > 歴史・文化 > 近代化遺産の保存と活用――和歌山県・友ヶ島の国防遺産を例に

和歌山社会経済研究所

〒640-8033
和歌山市本町2丁目1番地
フォルテワジマ6階
 TEL : 073-432-1444
 FAX : 073-424-5350
 E-mail : info@wsk.or.jp



近代化遺産の保存と活用――和歌山県・友ヶ島の国防遺産を例に

主任研究員  谷 奈々

1.はじめに――公会堂と郵便局

大阪市中央公会堂
大阪市中央公会堂

平成21年2月、大阪・中之島の大阪市中央公会堂で、経済産業省主催「近代化産業遺産 保存・活用担い手サミット」が開催された。同公会堂は、大正期ネオ・ルネサンスの勇壮な建築様式で、大阪のシンボル的な建物(国の重要文化財)である。明治の末、大阪北浜の株式仲買商、岩本栄之助氏からの100万円の寄付をもとに、建築設計競技が行われ、最優秀賞の岡田信一郎氏の原案に、辰野金吾氏(丸の内・東京駅、日本銀行本店、旧国技館等を設計。その赤煉瓦建築は「辰野式」と呼ばれる特徴あるデザイン)らが手を加えて設計、大正7年に竣工した。平成11年から3年半をかけて大規模な保存・再生工事がなされた。

この催しは、経済産業省が「近代化産業遺産群 続33」(後述)を新たに認定、公表したことに伴なうもので、今回、認定された遺産の所有者・管理者に、認定証とプレートが授与された。

授与式に続き、基調講演では、産業観光の概念をわが国に逸早く紹介し、その推進に強力なリーダーシップを発揮したJR東海相談役の須田寛氏が、近代化産業遺産を、今後さらに魅力的な観光資源として活用をはかることの意義を述べた。また、パネルディスカッションでは、イコモス(国際記念物遺跡会議)前副会長の西村幸夫東京大学教授(都市計画・景観保全)らが、産業遺産の保存と活用、その問題点等について話し合った。

東京中央郵便局の建替予想図
東京中央郵便局の建替予想図
(平成23年度完成予定・日本郵政(株)資料)

また、日本建築学会は、先般、(鳩山総務大臣の解体撤回発言等でも話題となった)「東京中央郵便局・大阪中央郵便局庁舎に対する歴史的価値に関する見解」を斎藤公男会長名で発表した。この中で、両庁舎を「戦前の日本における近代建築の中で最も勝れた水準の作例」とし、「国指定の重要文化財の水準をはるかに超える建築的価値」、「歴史的価値をかけがえのない文化遺産と認識し、保存を望むものである」との見解を示した。

最近、近代化遺産・産業遺産への関心や、その保存と活用について、専門家だけでなく住民の意識も高まってきた。これら貴重な遺産を広く開放し、文化的価値を共有し、地域資源・観光資源として活用することは、即ち、歴史的価値を有する遺産の保全との両立をいかに果たすかという難しい課題でもある。

2.近代化遺産・産業遺産とは

江戸末期から第二次世界大戦期の間に、西洋の先進的な技術を取り入れた近代的な手法でつくられ、わが国の近代化に貢献した産業・教育・土木・交通等に関わる種々の建造物等を近代化遺産と称している。また、産業活動に関する歴史的な意義のある物的資料を産業遺産と称し、これら遺産の歴史の証人としての文化的価値が、近年、見直されてきている。現在、各地の行政や関係機関で所在調査やその保存と活用のための取組みが進められている。

これまで一般に、観光資源あるいは歴史的遺産といえば、景勝地や寺社、城郭等の自然景観や文化財が中心であったが、平成19年、世界遺産に石見銀山遺跡が登録され、また、暫定リストに富岡製糸場が記載される等、近代の産業遺跡が新たな注目をあつめている。日本の近代化や産業発展を支えてきた遺産を地域資源として見直し、地域振興に結び付け、新しい観光のシーズとしても活用をはかろうという動きが各地で活発である。

これは日本のみならず、世界的な潮流で、従来の歴史・観光資源に比べ、まだ一般によく知られているとはいえない地域の近代化遺産の歴史的文化的価値認識を通じて、都市再生・地域再生につながる地域活性化への方策を探るための一つの切り口といえよう。

3.近代化遺産・産業遺産をめぐる国の取組み

(1)文化庁と近代化遺産

「近代化遺産」とは、幕末、明治、大正、昭和というわが国が近代国家を形成し、国際社会の一員としての地位を確立するに至った時期に、わが国の近代化を担った様々な有形・無形の遺産を文化財として評価しようという社会の動きの中、文化庁が用いた用語である。

これまで、「文化遺産」は、文化財保護法を主たる根拠法として保護されているが、同法は「歴史上または芸術上価値が高いもの」「民俗文化財」等が主な対象とされ、指定されるものも江戸前期までの古い遺産が多かった。過渡期的な存在ともいえる「近代化」自体の文化的価値については述べられず、近代化遺産は、保護の対象とはされていなかった。

欧米、特に産業革命の先駆である英国では、近代国家、産業社会の成立に寄与した産業遺産や技術建造物が歴史資料として認知され、歴史の流れの中の証言者的な存在として、保存・活用がされてきた。

一方、わが国では、戦後、官民一体となって経済成長に邁進し、高度経済成長時代を駆け抜けた。日本の近代化に貢献した、当時の産業遺産は、老朽化した非採算施設と化したものも多く、歴史的な価値ある遺産とは評価されず、取り壊されたものも多い。また、群馬の富岡製糸場や京都の琵琶湖疏水等各地で、わが国の近代化に大きな貢献をしながら放置されてきた遺産が消失の危機に瀕し、地元で保護への動きが起こり、まちづくりや地域振興への活用をはかろうとする例が多くみられるようになった。

このような状況の中、文化庁は平成2年度より、全国の都道府県を対象として「日本近代化遺産総合調査」に関する事業を国庫補助事業として開始した。この調査の大きな意義は、従来の文化財と異なり、建造物等の単体の文化財ではなく、ある文化財を中心としたシステム全体でとらえるということである。例えば、ある「鉱山施設」における「鉱石を掘る工場・事務所建物・鉱石を運ぶ鉄道施設・港湾施設…」等を一体の遺産としてとらえ、保存を図ろうというものである。さらに、文化庁は、遺産について、建物等のハードからシステムとしてのソフトまでをその範疇に含むという見解を示している。

ハードからソフトにまで及ぶ文化遺産とその保護についての認識の広がりは、今後の近代化遺産活用を進めるとともに、その地域に住む人々に、地域アイデンティティを喚起、形成するものであろう。

(2)経済産業省と近代化産業遺産

平成19年4月、経済産業省では産業遺産活用委員会を設置し、わが国産業の近代化に貢献した「近代化産業遺産」を取りまとめるための検討を始め、平成19年末に「近代化産業遺産群33」を公表した。これは、同省が地域活性化への活用を目的に、日本の近代化に重要な役割を担った近代化遺産・産業遺産を、文化財とは別に独自の「近代化産業遺産」として認定し、地域史・産業史を軸とした33のストーリーとして取りまとめたものである。

近代化産業遺産群 続33
近代化産業遺産群 続33
(経済産業省 平成21年2月選定)

鉄鋼等の技術や産業等を共通のストーリー(テーマ)として捉え、複数の遺産を結び付けたことが特徴で、33のストーリーを構成する全国575の遺産資源が選定されている。数府県に及ぶストーリーも多い。因みに、このリストに認定された和歌山県の資源は、1件(有田市の旧和歌山紡績箕島工場倉庫)のみで、「ストーリーNo.29 西日本綿産業」で、大阪府、兵庫、三重、和歌山県有田市、岡山、愛媛、熊本に至る「綿産業遺産関連遺産」の一つとして位置付けられたものである。

平成20年度においても、平成19年度に引き続き、「近代化産業遺産群 続33」を選定し、全国で540の近代化産業遺産を認定した(平成21年2月公表)。今回、認定されたリストで、和歌山県関係は19件で、「ストーリーNo.6 化学工業」における1件(和歌山市の本州化学工業のベンゼン精製装置)、「No.16 燈台」の2件(友ヶ島灯台・潮岬灯台)、「No.20 大衆観光」の13件(高野山駅・紀伊清水駅等)、「No.30 関西高速鉄道」に含まれる3件(紀ノ川橋梁等)で、橋本市及び伊都郡の駅舎が大半をしめている。

4.近代化遺産としての和歌山県友ヶ島の砲台跡遺構群

官民が共にその歴史的文化的意義の重要性を認知し、近代化遺産・産業遺産の保存や活用について、広く考えようという気運が生まれている。和歌山県においても、前記の紡績工場倉庫や化学工場施設、駅舎、燈台をはじめ、多くの遺産が残されているが、本稿では、幕末の開国をめぐる外国船の到来や、明治時代の世界的な帝国主義の潮流の中で、東京湾、山口県下関と並ぶ「一等要塞」として建設された「由良要塞」の中枢に位置する友ヶ島を例に、その貴重な軍事関連遺産の近代化遺産としての価値等について考えたい。(なお、幕末期の歴史的経緯及び友ヶ島の概要については、「海防先進地・和歌山のお台場」『21世紀WAKAYAMA vol.53』(h19年12月)所収のため、省略する。)

(1)明治期最強の沿岸要塞、由良要塞

明治中期、帝国主義の動きが高まり、日本の海外進出が激しくなり、国防に備え、各地に砲台・要塞が配された。友ヶ島砲台は、淡路島の由良地区から和歌山市加太の深山地区に至る「由良要塞」の中央に位置する。

由良の地は、要港として古くから重視されていた場所で、幕末には、徳島藩の台場が築かれた。明治政府は、これを基礎に新たな砲台群を建設した。その目的は、大阪湾の入口、紀伊水道を守り、敵国海軍の進入を防衛することにあった。このため、要塞の司令部が置かれた淡路島・由良地区を始め、和歌山県の友ヶ島や深山の3地区に大規模な砲台が建設され、それぞれに大砲が据えられた。各砲台は、紀伊水道の狭い海峡に向かって配置され、これらの砲台群が連繋を計りながら、淡路島の由良〜友ヶ島〜和歌山加太の田倉崎間の海峡を守ったのである。

由良要塞では、迎え撃つ位置にあたる生石山砲台の第1から第3の3つの砲台に射程の長い榴弾砲が配置され、海側には主としてカノン砲が据えられた。

要塞の建設は、由良側から始められ、由良の生石山砲台、さらに高崎砲台、成山砲台の3ヶ所の砲台が築かれた。また、演習砲台や要塞背後を防衛する堡塁、司令部施設、兵舎、弾薬庫等の後方施設も建設され、大規模な軍事基地として、体制が整えられた。

(2)由良要塞の中心、友ヶ島砲台群

紀淡海峡を守る由良要塞の中心に位置する友ヶ島砲台は、明治22年9月の第1砲台建設に始まり、明治37年11月の第5砲台火砲据付に至る16年近い歳月をかけて建設された。6つの砲台をもつ国内一級の要塞島である。幕末の台場と明治の沿岸要塞の違いは、欧米先進国の艦載砲に劣らない強力な大砲を設置したことである。由良要塞は、首都東京を守る東京湾要塞と比肩する大規模な要塞であった。

【第1砲台】

友ヶ島第1砲台跡
友ヶ島第1砲台跡
友ヶ島第1砲台は、明治22年9月に着工した友ヶ島で最初の砲台で、翌年11月に竣功した。第1砲台は、紀淡海峡を通る敵艦船を攻撃するには絶好の位置となる友ヶ島西端の標高40mの断崖上にある27cmカノン砲4門編成の砲台である。これはフランス・スナイドル社製の最新砲で、砲身の長さは8m、重さは20トン。270度の射界において、217kgの弾を14km飛ばせる威力をもち、紀伊水道や大阪湾内も射程内に収めていた。全国の120を超える砲台の中で、わずか10砲台にのみ設置された。
第1砲台は、砲座、交通路、横檣等がほぼ原型をとどめている。砲座の両翼に位置する観測所は特徴的で、それぞれ鋼製の装甲掩蓋をもち、上部コンクリートは一部崩壊がみられるもののリベット部や開閉扉は現存している。全国の要塞跡の金属部品は、終戦後、屑鉄等として持ち去られたものが多いが、ほぼ原型に近い形で奇跡的に現存している。

【第3砲台】

友ヶ島第3砲台跡
友ヶ島第3砲台跡
第3砲台は、友ヶ島で最も標高の高いコウノ巣山(120m)の山頂近くに築かれた砲台で、明治23年に完成した。精緻に構築された初期榴弾砲砲台の傑作で、28cm榴弾砲8門編成で、友ヶ島における最主力砲台である。煉瓦造の大規模な地下施設をもつ典型的なフランス様式の砲台で、堂々としたスケールの要塞である。歴史的にみて、大砲の製造や要塞建設については、フランスに伝統があり、わが国の陸軍もフランスに倣った。また、電灯所や看守衛舎が、廃屋と化すものの、外観を残し、現存している。砲台入口部には、一対の切り通し擁壁があり、かつての門扉の一部も残っている。
砲台は、堅固なフランス流であるが、28cm榴弾砲は国産で、最初の本格的なものである。砲身の長さは3m足らず、重量は10トン、射程距離も8000mに届かないものであったが、優れた性能を有していた。榴弾砲は、斜め上に砲弾を打ち上げて、敵艦船の甲板を攻撃するが、砲弾の落下速度を上げるため、この第3砲台のように、山頂部や尾根に据えられた。高所は敵艦からの砲撃も受けにくく、また、砲座の周囲を全て煉瓦と盛土でできた高さ5mの防御壁で囲った強固な守りに徹した榴弾砲砲台である。

【現在、日本で唯一の海軍聴音所】
友ヶ島の西南部、幸助松海岸から南東に伸びる岬の先端に立つ半地下式の構築物が、旧海軍の聴音所で、平成14年に発見、確認されたものである。建物内壁は煉瓦造、天井部には断熱材のようなものが施され、外壁は自然石で覆い、カムフラージュしている。
これは、第二次大戦中に友ヶ島に配置された海軍紀伊防備隊が、海中の敵潜水艦の侵入を察知するため、スクリュー音を聴き取り、その位置を定め、海底に引かれたケーブルに繋いだ機雷を爆破させて、撃沈するための施設であった。50人程の隊員が3交代で24時間警戒にあたり、スクリュー音に耳を傾けたという。ソナー要員の多くは、その後、南方に転戦され、戦死者も多く、この聴音所の存在については長く不明であった。
「友ヶ島に、海軍の施設が第二次世界大戦前から終戦時まで機能していた」という事実は最近まで知られていなかったが、この海軍聴音所は、建物がほぼ原型のままに残り、現在、日本では唯一ヶ所、その存在が判明しているところで、歴史的建造物として極めて貴重なものである。

【沿岸砲台の終焉】
しかし、明治政府が国家の威信をかけて建設した由良要塞であるが、実際に戦争に直面したことはなく、太平洋戦争時も一度も空襲を受けなかったといわれる。航空機が主力となった昭和の戦争には、明治の要塞は、無用の長物・遺物であった。
戦後、米軍に接収され、大砲を撤去し、主要部は爆破破壊されたが、戦後60余年を経た今も、友ヶ島、加太・深山地区には、砲台を始め、厨房やトイレ跡も残る将校宿舎・発電所跡等、昔日の偉容を彷彿させる多くの遺構が残されている。

5.近代化遺産・国防遺産の地域での活用例

幕末から開国を経て、世界の近代国家の一員となっていった明治期の日本が、列強諸国に対峙すべく、国家形成にかけた物量的なエネルギー・人間の精神力は、現代の比ではなかったであろう。

明治から太平洋戦争終結に至る近代という時代は、わが国が西洋の文明を懸命にとり入れ、さらに飛躍をもとめて国力増強に邁進した戦争の時代でもあった。この時代の静かな「語り部」ともいえる数々の遺産の歴史的・文化的価値は、決して風化されるべきではない。

これらの遺産は、その地域における近代の歴史を現代、さらに未来へ繋ぐジャンクションともいえる文化遺産である。その時代を生きた体験者や研究者が、仲介者として機能することにより、遺産は大きな意味をもつものとなる。

日本の近代化への流れの中で、これら遺産が存在したことの必然性を知り、貴重な資源として、今後の地域再発見・地域振興に活用することは、今日的な意義のある課題といえよう。国防遺産・戦争遺跡をエコミュージアム等として地域で活用を進めている1、2の例をみることとする。

【千葉県館山市】
房総半島南西部、東京湾要塞地帯に位置する千葉県館山市は、平和学習拠点形成によるまちづくり推進を目標に、調査研究委員会を構成し、「館山市における戦争遺跡保存活用方策に関する調査研究」をまとめた。そして、「震洋」基地等の遺跡を生かした「地域まるごと博物館(館山歴史公園都市)構想」として平和学習体験ルートを設定し、赤山地下壕・掩体壕(航空機を格納)の見学整備、ガイド養成等を提言した。
赤山地下壕の説明板設置と史跡指定準備とともに、2004年度にはガイドのためのNPO法人も発足した。既に、史跡となっていた隣町富浦町の大房岬砲台遺跡と関連づけて、野外博物館のサテライトとして活用する事業が進められているという。

【鹿児島県知覧町・南九州市】
鹿児島県知覧町は、特攻基地で知られる。基地跡の掩体壕・給水塔・特攻関連の施設、武家屋敷等を「知覧フィールドミュージアム」として位置付け、公園整備や戦争体験の聞き取り事業を進めている。
知覧特攻平和会館には、「三角兵舎」(空襲の標的となることを避けた半地下式の簡易木造宿舎)が、見学施設として再現されているが、平成21年6月、陸軍知覧飛行場跡(南九州市)近くの私有林で、近接して建てられた三角兵舎4棟分の跡地が確認された。戦後64年を経てようやく姿を現わした、くっきりと残る窪地の発見は、今まで、殆ど確認されていなかった三角兵舎跡について、当時の状況を検証する手掛りとなるものである。

6.近代化遺産の活用

(1)新しい観光集客拠点としての整備と活用の3類型

本テーマとは別のものであるが、最近、国の平成21年度の補正予算で、117億円を投じる「国立メディア芸術総合センター(アニメの殿堂)」の設立構想の是非が話題となった。

日本には、現在、名古屋市の「産業技術記念館」のような近代化遺産・産業技術をテーマとする博物館・ミュージアムは、まだ極めて少ない。先に述べた国の施策の動向、取組みにもみられるように、今後、アジア等からの訪日観光客の獲得も念頭に、より高い集客効果が期待されている。具体的には、北九州の素材系、名古屋の組立て加工系、東京の情報や中小・ベンチャー企業も含めた情報系という三つの分野で、国立の施設の建設計画も検討されているという。

従来の観光では、欧米からの訪日客には、京都や奈良という伝統的な日本の観光資源を提供してきたが、今後、特にアジアの人々には、日本の産業技術等、今までとは異なる日本の魅力ある資源の商品化に関心が注がれている。

この近代化遺産・産業遺産の活用の方法・類型については、大きく分けて、三つの型に分類できる。第1は、過去からの機能をそのまま活かす「継続的活用」、第2は、現在、失われた状態の過去の機能を別の機能に置き替える「転用型活用」、第3として、一旦、機能を失ったものをもう一度、復活させる「復活型活用」である。

また、活用の形態を空間的なスケールでみると、個別的に「点」の存在として活用するもの、地域単位で「面」として活用、より広い「広域ネットワーク」等があげられよう。

(2)近代化遺産・国防遺産活用のための課題

近代化遺産等の活用を進める際、これらの遺産を保護・保全することへの基本的な法的フレームが用意されていること、法制度的な整備・理解が必要である。かつては、一部の研究者や愛好家、地元の保護活動グループ等が中心となり、保全・活用が試行されてきたが、特に近年の国家プロジェクト的な「地域再生・地域資源発掘・観光振興戦略」等としての着目、メディア等への露出機会の増加等による一般の関心の広がりもあり、歴史文化資源として認められるようになってきたといえよう。

しかし、砲台跡等の国防遺産では、一部に国の史跡等に指定され、公園等に整備されているところもあるが、全般として、既に朽ち果て、埋もれ、消滅の方向にあるものが圧倒的に多いのが現実である。人工的に手を加え、保存を図ることは、滅びの美学を愛する「廃墟探訪愛好家」等のロマンとは、やや異なるものであろうが、歴史学上、貴重な遺産を放置・看過し、消滅させることはさらに惜しいことである。

但し、行政が産業遺産等の保存活用に関わる場合、歴史博物館やミュージアムとしての活用が多く、やや地域の日常の生活機能から離れた、閉鎖的な場となりがちである。理想としては、非日常的なものをいかに広く開放し、日常の用途として活用していくか、という理念・手法が必要である。

ともあれ、国防遺産という、日本の「近代」を形成したある時代に、国家の命運を担った宿命的ともいえる特異な位置付けで登場し、当時の最先端の技術でつくられ、戦後、その多くが爆破命令や風化により崩れ去った――という土地の記憶を知ることは、特に地域住民にとって有為なことであろう。そして、その保存や活用等について、観光面だけでなくさらなる研究や普及活動が進むことを期待するものである。幸いにも、和歌山県の友ヶ島、加太、深山地区には砲台等の多くの遺産が現存している。所有者・管理者である和歌山市や和歌山県、国等の行政と住民が一体となって、これを歴史上、重要な遺産、日本の超一級の国防遺産と認識し、その価値を十分に活かす手法を展開していくことがもとめられる。

(参考資料)
近代化遺産を歩く 増田彰久 中央公論新社  2001.9
日本の戦争遺跡 戦争遺跡保存全国ネットワーク編 平凡社  2004.9
明治期国土防衛史 原 剛 錦正社  2002.2
和歌山県の近代化遺産 和歌山県教育委員会  2007.3
友ヶ島 再発見 森脇義夫 和歌山新報掲載 2004
近代化産業遺産群 続33 経済産業省  2009.2
日本郵政グループ資料・HP

(2009.7)
(執筆者の所属、役職等は発表当時のものです)




大阪城近辺戦争遺跡 その1

--------------------------------------------------------------------------------

GoldenFieldさんからお寄せいただいた写真とコメントに、はっとし_ぜろがコメントを追記した形でリポートしています。

--------------------------------------------------------------------------------

大阪城天守閣。
1626年徳川期に再建された大阪城天守は1665年に落雷焼失、以後再建されず約270年を経た昭和6年に再建された。

--------------------------------------------------------------------------------

大阪城ホール近くに残る砲兵工廠の碑。
明治3年に設置された「造兵司」がその最初、後に「大阪陸軍造兵廠」と改称し終戦まで武器を造り続けた。
数度の空襲を受けつつも、致命的損害を受けることなく操業しつづけた。しかし終戦直前(8月14日)の空襲によりついに壊滅的打撃を受ける。

--------------------------------------------------------------------------------

多分なにかの遺構。倉庫?

--------------------------------------------------------------------------------

別の角度から。

--------------------------------------------------------------------------------

旧大阪陸軍造兵廠化学分析所跡。
なにやら荒れている。

--------------------------------------------------------------------------------

別角度から。残念ながら入場不可。

--------------------------------------------------------------------------------

銃眼って呼ぶんでしょうか?

--------------------------------------------------------------------------------

若干石垣がずれているらしいが素人目には分かりませんでした。

--------------------------------------------------------------------------------

石垣に残る機銃掃射跡。

--------------------------------------------------------------------------------

昭和6年建造の旧陸軍第四師団司令部。
明治4年大阪鎮台が設けられ、後の明治21年第四師団の改称。


維新直後政府の幹部(兵部省/兵部大輔)となった長州出身大村益次郎は大阪を軍の要とする旨意見を行っている。ただしこれはいずれ政府に反抗するであろうと見た薩摩藩(実際に西南戦争を起こすのだが)に対するものが大きい。

--------------------------------------------------------------------------------

大阪城内山里曲輪に残る豊臣秀頼自刃跡に残る碑。
1615年大阪夏の陣において大阪城は落城、山里曲輪に隠れて助命を嘆願していた秀頼だったが、家康からの返答は蔵への一斉射撃であった。ことここに破れ秀頼・淀殿は自刃して豊臣家は滅亡した。


この地で発見された頭蓋骨の一つが秀頼のものと見られている。細い面長の「瓜実顔」だったとされる。

--------------------------------------------------------------------------------

由良要塞 生石山砲台 その1
(兵庫県洲本市 2009/9)

--------------------------------------------------------------------------------

加太、友ヶ島と共に紀淡海峡の防衛を目的として明治期に建造された由良要塞の一角。
建造後、実際に使用されることがないまま明治・大正・昭和を経て終戦後は米軍により破壊された。現在整備がすすめられ公園化しつつあるが、大半は未整備の状態のまま。破壊された砲側庫は崩壊の危険もあるため、公園として整備されても中に入ることはできないままだと思われる。

--------------------------------------------------------------------------------


大きな地図で見る

淡路島の生石山砲台跡地。右端に見えているのが友ヶ島。すぐ西側にある成ヶ島にも砲台が配置されており、現在も一部遺構が残されているが諸事情(概ね体力的要因)により行けずじまい。

--------------------------------------------------------------------------------

上記Googleマップと後述説明板を合わせた地図。正確とは言いがたいかもしれないが、だいたいの位置の参考として。

--------------------------------------------------------------------------------

整備されて駐車場になっている生石山堡塁跡の入口。両脇はレンガで整えられ、要塞チックな雰囲気をかもし出している。

--------------------------------------------------------------------------------

駐車場はバリアフリーとなっており、予想以上に整備が進んでいるようだ。

駐車場ながら海が臨めて景色は良好。

--------------------------------------------------------------------------------


説明板に掲載されていた生石山砲台の簡易地図。第一〜五砲台まであり、第一・二砲台は整備されているような書かれ方となっているが、整備されているのは第一砲台だけだった。

--------------------------------------------------------------------------------


上記簡易地図の第一・二砲台跡部分拡大図。

--------------------------------------------------------------------------------


生石山砲台の説明板。
今回見学したのは第一〜五砲台と説明板に記載の無い発電所跡。

--------------------------------------------------------------------------------

堡塁跡のある第二駐車場からの展望。
横に細長く見えるのは成ヶ島と言われる島。
砲台が築かれていたようなので後で行く予定を組んでいたが、内心疲れて行けなくなるのではないかと危惧していた。

--------------------------------------------------------------------------------

駐車場の片隅にぽつねんと置かれてある24cmカノン砲。

--------------------------------------------------------------------------------

腔線の見える砲口部分。
この腔線を見るといつも宇宙戦艦ヤマトを思い出す。

え、あなたもですか?気が合いますね。

--------------------------------------------------------------------------------

砲口から中を覗く。
母親から産まれ出る時に見た産道に似ていると愛息太郎が言っていた。

--------------------------------------------------------------------------------

海に向けて置かれているカノン砲。
砲というより土管に見える。せっかく整備するならもうちょっと置き方というか、見栄えを考えた方がいい。

--------------------------------------------------------------------------------

砲身の切断面。

--------------------------------------------------------------------------------

駐車場から階段を下りると堡塁を巡る通路に繋がっている。

--------------------------------------------------------------------------------

堡塁の北側から西側を通って南側に抜ける通路跡。通路の外側の壁は往時のもの。

--------------------------------------------------------------------------------

第一砲台を少し南に行くと海があり、あまり見栄えの良くない展望台が建てられている。

--------------------------------------------------------------------------------

展望台からの景色は美しいが単調。

--------------------------------------------------------------------------------

整備された散策路を西へ。
車を降りて10分少々、既に筆皇の背中に浮き出す汗。恐らく自分の背中も同様の結果になっていることだろう。

--------------------------------------------------------------------------------

散策路を歩くと灯台が見えてくる。灯台から少し北に歩いたところの左に第一、右に第二砲台の入口がある。共にフェンスがあって入れないようになっている。

写真は第一砲台跡の入口。標柱が建っているなら中に入らせて欲しい。



 深山第三(男良谷)砲台 その1
(和歌山市 2010/12)

--------------------------------------------------------------------------------

大阪湾を防御する目的で築かれた由良要塞を形成する砲台の一つ。加太地区の中で比較的保存状態がいい砲台跡である。
陸軍の砲台跡の他、海軍の水雷施設も若干ながら残っている。

由良要塞位置図

男良谷砲台は紀伊半島の和歌山市加太地区に存在した砲台。12cm加農砲を装備していた。


--------------------------------------------------------------------------------

男良谷砲台のざくっとした地図。
測量した訳でもないので距離、方角、大きさはかなりいい加減。

砲座、弾薬庫跡の他、レンガのトンネル、海軍標柱、排水路(?)、観測所、突堤、そして用途不明なレンガ造りの施設跡が残る。

海岸沿いに行けば水雷施設跡(トンネル等)も若干残っているようだが、今回は見つけられなかった。

--------------------------------------------------------------------------------

休暇村紀州加太から下る舗装路から深山第一砲台へ続く上り坂の横に第三砲台(男良谷)砲台へと続く砂利道が下っている。

--------------------------------------------------------------------------------

低い位置にある砲台のようで、どんどん高度を下げていく。ダラダラと下る坂は、帰りにはダラダラと上る坂になる訳で、それを考えると既にモチベーションは下がり気味。

--------------------------------------------------------------------------------

あちこちに往時のものと思われる遺構らしきものが残っている。こちらは水道施設だと思われる。

--------------------------------------------------------------------------------

道の左側に標柱が見えたら、砲台まではあと少し。

--------------------------------------------------------------------------------

海軍の標柱。
水雷施設に関連した海軍の標柱のようだが、砲台があるのに陸軍のものは見つからなかった。

--------------------------------------------------------------------------------

道の左側に石積みの基礎が残っている。
食堂か士官用兵舎あたりの基礎だろうか。

--------------------------------------------------------------------------------


上の写真の基礎を越えたら道は右へカーブし、突き当りの部分に男良谷砲台が残っている。
写真左から[砲座]−[弾薬庫]−[砲座]−と連なり、写真では見えないが更に−[弾薬庫]−[観測所]となっている。


--------------------------------------------------------------------------------

二つある砲座跡のうち、左側(南側)の様子。
草木が茂ってしまい、砲床は確認できず。壁の砲弾置場は何とか見ることができた。

--------------------------------------------------------------------------------

弾薬庫脇に階段があったので少し登ってみたが、ヤブがすごすぎて何が何だか分からなかった。

--------------------------------------------------------------------------------

内側がドーム状になっている弾薬庫。
崩れはおろか、ヒビすら見られない頑丈な作り。

--------------------------------------------------------------------------------

砲床の通路側には弾薬置場。

--------------------------------------------------------------------------------

一番北側右側)の弾薬庫。
外まで溢れだすほどゴミが詰められている。

奥は観測所跡に繋がる通路。

--------------------------------------------------------------------------------


友ヶ島(ダイジェスト) その1
(2006/10 和歌山市)
和歌山沖に浮かぶ無人島。「友ヶ島」と呼ばれているが、実際は沖島・虎島・神島・地ノ島の四島を総称したものとなっている。古くは修験僧の修行の場であり、虎島にその遺構が若干残されている。明治期になると大阪湾防衛のため、本土の由良地区と共に要塞化され砲台が建造されたが、実際に使用されることがないまま明治・大正・昭和を経て終戦後米軍により破壊された。これらの戦跡は現在もその姿を残している。
終戦後観光地化されたが、平成に入り観光客は激減し、現在は訪れる客は釣り客がほとんど。島へ渡る定期連絡船も平成18年11月をもって廃止された。

--------------------------------------------------------------------------------

三重海軍航空隊跡(三重県)
昭和17年三重県一志郡香良洲町に開設された予科練航空隊跡。最盛期には約1万5千人が在隊し、終戦までにのべ6万5千人が戦地に飛び立っていった。

資料館に移築された正門や隊の資料、遺品などが展示されている。また北側の兵舎だった区域にはコンクリートの基礎が数多く残っている。ただし平成に入って整地化が少しづつ進んでおり、数年すると完全に滅失する可能性が高い。


由良要塞 生石山砲台跡(兵庫県)
加太、友ヶ島と共に紀淡海峡の防衛を目的として明治期に建造された由良要塞の一角。建造後、実際に使用されることがないまま明治・大正・昭和を経て終戦後は米軍により破壊された。現在整備がすすめられ公園化しつつあるが、大半は未整備の状態のまま。


友ヶ島(和歌山県)
紀伊水道防御のため、明治期に要塞化された島。当時一般人の立入は禁止されていた。終戦後米軍により破壊されたが、砲台跡など多数の戦跡を残す無人島。


大阪城近辺の戦争遺跡(大阪府)
大阪のシンボルの一つとして名高い大阪城。わずかながら旧陸軍第四師団司令部や砲兵工廠の遺構が残っている。また攻撃の痕跡を残す石垣や模擬原爆の投下跡地など戦争の痛手を今に伝えている。


深山第三(男良谷)砲台(和歌山県)
大阪湾を防御する目的で築かれた由良要塞を形成する砲台の一つ。加太地区の中で比較的保存状態がいい砲台跡である。陸軍の砲台跡の他、海軍の水雷施設も若干ながら残っている。




戦争遺構、近代産業遺産(14・02・05)〜

市からの回答。当時、掛川駅木造駅舎について国の登録有形文化財にしてはどうかという意見も。専門家や市の担当部署に意見を伺うなど、内部で検討を行いましたが、今回の耐震化工事は外観の復元であり、骨組みなどが新しくなることから、文化財としての登録は難しいと考えております。〜再検討を要望。明治建築研究会、14・05・09、JR掛川駅木造駅舎の文化財登録について(回答)



安全性確保と駅舎保存の両立という観点から、駅の建物そのものを文化財的に保存するというよりは、掛川駅木造駅舎の景観、雰囲気、駅にかかる市民の思い出や歴史を「思い出遺産」として後世に伝えていくという視点での保存を。今後も、駅舎が文化財としての基準を満たすことができれば関係機関と連携を。明治建築研究会、14・05・09、JR掛川駅木造駅舎の文化財登録について(回答)




JR掛川駅木造駅舎について‏

神谷様、回答有難うございます。

折角の耐震工事、かけがえのない歴史建築として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、外観だけでも、文化財にして保全活用されるようご検討を、再度、お願いします。今後ともよろしくお願いします。
 明治建築研究会、近現代産業遺産研究会14/05/09




> Subject: JR掛川駅木造駅舎の文化財登録について(回答)
>
> 明治建築研究会、近現代産業遺産研究会 御中
> 掛川市役所企画調整課 神谷と申します。
>
> お問い合わせのあったJR掛川駅木造駅舎の文化財登録の件について、
> 下記のとおり回答いたします。
>
>
> 当時、掛川駅木造駅舎について国の登録有形文化財にしてはどうかという意見もありました。
>  専門家や市の担当部署に意見を伺うなど、内部で検討を行いましたが、今回の
> 耐震化工事は外観の復元であり、骨組みなどが新しくなることから、文化財としての
> 登録は難しいと考えております。
>  安全性確保と駅舎保存の両立という観点から、駅の建物そのものを文化財的に
> 保存するというよりは、掛川駅木造駅舎の景観、雰囲気、駅にかかる市民の思い出や
> 歴史を「思い出遺産」として後世に伝えていくという視点での保存としています。
>  今後も、駅舎が文化財としての基準を満たすことができれば、関係機関と連携し
> 文化財登録を目指していきます。
>
> 以上、ご不明な点などございましたら、メールでもお電話でも結構ですので、
> お問い合わせください。
>
日本の私鉄最長の営業路線を誇る近鉄。そのルーツの近鉄奈良線が30日、開業百周年。当時は無謀とされたトンネルによる生駒山越え。トンネルは社運をかけた難工事の末に開通し、廃止後のいまなお「現役」で活用。〜貴重な近現代の産業遺産として、正しく評価して文化財としてのご検討をお願いします。近現代産業遺産研究会、朝日、14・05・01



  近鉄奈良線が100周年 伝説のトンネル、今も「現役」。柳谷政人。朝日、2014年4月30日13時49分
写真・図版
現在の旧生駒トンネル。旧駅のホームが今も残る=大阪府東大阪市


 日本の私鉄最長の営業路線を誇る近鉄。そのルーツの近鉄奈良線が30日、開業100周年を迎えた。当時は無謀とされたトンネルによる生駒山越え。トンネルは社運をかけた難工事の末に開通し、廃止後のいまなお「現役」で活用されている。100年の「歴史」を歩いた。

特集:“テツ”の広場

 大阪府東大阪市の近鉄石切駅から徒歩数分。「無断立入禁止」の看板がある鉄の扉がゆっくり開いた。もう一つ奥の鉄扉も開くと、目の前に、闇が広がった。

 旧生駒トンネル。高さ5・5メートル、幅6・7メートル。約3千万個のれんがが組まれている。全長3388メートルは当時の複線トンネルでは最長で、奈良線の路線の1割以上を占めた。



  堺でも大阪湾防備のために、安政二年(1855)頃から旧堺港をはさんで南と北に砲台場建設。南岸の御台場は築造当初は海に向かって一直線上に大砲を設置するという簡単なもの。慶応二年(1866)より広い範囲を防備することが可能な洋式の砲台場に大改築が。五稜郭は、1864(元治元)年に完成。戦争遺構研究会、14・05・01

堺南砲台場。南北295m、東西195mで、北、西、南側は石垣を積み一部に堀を設け、東側は防波堤を利用。大浜公園の南側は御台場の石垣と外堀が比較的よく残る。石垣を活かして外堀の整備を。〜道路建設で、石垣が解体されるところ、大阪府、道路公団へ保全再生の要望を提出。数少ない成功例です。戦争遺構研究会、14・05・01

  函館・五稜郭で築造150年祭=北海道。桜が満開の季節の函館・五稜郭

 日本初の洋式城郭である北海道函館市の五稜郭で、26日から「築造150年祭」が行われる。特別史跡に指定された五稜郭の魅力を伝えるイベントを開催するほか、大型連休中は城内に植えられた約1600本の桜が見頃を迎えることから、夜桜のライトアップなども行われる予定だ。
 五稜郭は、1854(嘉永7)年に締結された日米和親条約で箱館(当時の名称)が開港されたことから、北方防備のために江戸幕府が建設を始め、64(元治元)年に完成した。68(明治元)年から翌年にかけての箱館戦争では、旧幕府軍の拠点となったが、新政府軍に敗れて接収され、その後、公園として開放された。
もぎたて便】時事(2014/04/17-08:00)




堺南台場跡登城日:(2005.05.16)。所在地: 堺市堺区大浜北町4丁、大浜公園


歴史
堺南台場の北側土塁跡 整備された南側外堀跡 ◆御台場の石垣と外堀
 江戸時代の終わり頃、外交を求める外国船に対し港湾防備のため、全国各地に石垣を築き大砲を設置した砲台場が造られました。
 堺でも大阪湾防備のために、安政二年(1855)頃から旧堺港をはさんで南と北に砲台場が造られました。
 南岸の御台場は築造当初は海に向かって一直線上に大砲を設置するという簡単なものでした。しかし慶応二年(1866)、より広い範囲を防備することが可能な洋式の砲台場に大改築が行われました。南北295メートル、東西195メートルで、北、西、南側は石垣を積み一部に堀を設け、東側は防波堤を利用しています。
 大浜公園の南側は御台場の石垣と外堀が比較的よく残っています。このたび石垣を活かして外堀の整備を行いました。
『堺南台場跡案内板』より

堺南台場跡である大浜公園
 ▲縄張を強調 ■縄張を強調拡大
 大浜公園にやってきました。すぐにそれとわかる台場の面影はほとんど準備をしていなくても安心してみてまわることができるありがたい状態になっています。まずは南側外堀跡に足を向けてください。案内板に『元治元年堺浦海岸砲台築造図絵』がカラーで見れるようにしてありますのでその構造をしっかりと頭に叩き込みながら周辺を歩くようにすればかなり当時を偲ぶことができるはず。


 堺南台場は北台場に遅れること三年、最初はここまで立派な構造ではなかったようですが、次第に拡張されていき、最終的に稜堡式と呼ばれる縄張りとなりました。図絵をみますと北側が比較的良好に雰囲気を色濃く残しているように思えます。
 北東隅にある外堀と石垣は今もその跡を見てとることができますが、交通の往来がかなり激しいので気をつけて歩いてください。
堺南台場の北側外堀跡と石垣  そして北部の高い土塁はほぼ図絵と重ねあわせてみても驚くほど旧状を残していると思えるのですが、案内板があまりにも南の堀跡にしか触れていないのがなんとも不安にさせてくれますね(^^;
 砲台は北面から西面の土塁にかけてびっしりと配備されていたように描かれています(18門とか)が、その一方で東面には松が植わっているのが見えます。相当切羽詰っていたのか、かなり余裕があったのかどっちなんでしょうね。
大浜公園内にあるサル山  そしてぐるっと一周して元の南側外堀遺構に戻ってきました。ここは北部の堀に比べてかなり大きく、「蓮池」と呼ばれていたそうです。少し前までは当時のままの状態が残されておる反面、放置されたままということもありかなり汚れていたんだそうですね。今ではすっかり整備されてしまっていますがそれでもかなりがんばって整備いただいたのではないのでしょうか。文献によると南側外堀は内側から土居があり斜面、その下には石垣が二段の布積みで固められ、平面なテラス(通路)が用意されています。その先に堀があり、さらに外側には低い土居があり、さらに溝というすごい複雑な構造だったようです。断面が想像できましたでしょうか(笑)。(大阪春秋第65号参照)
 すでに北台場が完全に消滅してしまっている今、改めて史跡として整備しても十分見事な台場公園が完成するのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか。天保山といいこの堺南台場といい昔の資料を見ればその姿を一目見てみたいと思うのですが、なかなか幕末台場に使う予算はないんでしょうねぇ。

 

突然失礼します。この度、JR掛川駅北口の木造駅舎が一九四〇年の外観を残して耐震化されたことを契機に、正しく評価され、文化財に登録されるようご検討を、お願いします。明治建築の保存活用の研究している立場で、関西から、ご検討を、お願いします。堺市東区大美野155−13。明治建築研究会。14・05・02


  この度、JR掛川駅北口の木造駅舎が一九四〇年の外観を残して耐震化されたことを契機に、正しく評価され、文化財に登録されるようご検討を、お願いします。14・05・02


JR東日本殿、静岡県知事殿、掛川市長殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

  掛川市のJR掛川駅北口の木造駅舎が一九四〇年の外観を残して耐震化されたことを祝い、同市は二十六日、完成記念式典を駅北口広場で開催。駅舎の保存運動にゆかりのあるケネディ米駐日大使の代理として名古屋米国領事館のハリー・サリバン首席領事も出席。〜歴史建築の、素晴らしい保全活用例、万歳。明治建築研究会、中日、14・05・01

松井三郎市長が「市民の熱意が木造駅舎を残した。保存運動は『協働のまちづくり』のモデル事業。駅舎を末永く残していきたい」と挨拶。市民グループ「掛川木造駅舎を保存・活用する会」の鷲山恭彦会長が経過を説明し、「駅舎は旅立ち、交流の拠点として私たちの記憶の中心。掛川のシンボルとして残った明治建築研究会、中日、14・05・01

掛川駅木造駅舎。昭和8年建設、15年に改築。JRが耐震化に4億千万円かかると試算し、建て替える場合との差額1億千万円を市に負担するよう要請。このため、「掛川木造駅舎を保存・活用する会」が2010年から1億1000万円のうちの5000万円を調達する募金活動を展開。〜見習いたいもの!明治建築研究会、中日、14・05・01

明治建築の保存活用の研究している立場から関西から、ご検討を、お願いします。
      599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       明治建築研究会、近現代産業遺産研究会 TEL 072−236−3357 。



中日新聞。 静岡 > 4月27日。木造駅舎の耐震化完了祝う JR掛川駅北口で。耐震化工事が完了したJR掛川駅木造駅舎の前を、人力車に乗ってパレードに向かうサリバン首席領事と松井三郎市長(手前)ら=掛川市で

 掛川市のJR掛川駅北口の木造駅舎が一九四〇年の外観を残して耐震化されたことを祝い、同市は二十六日、完成記念式典を駅北口広場で開いた。駅舎の保存運動にゆかりのあるキャロライン・ケネディ米駐日大使の代理として名古屋米国領事館のハリー・サリバン首席領事も出席し、駅前通りを市民とパレードするなどして節目を祝った。


 式典では、松井三郎市長が「市民の熱意が木造駅舎を残した。保存運動は『協働のまちづくり』のモデル事業になった。駅舎を末永く残していきたい」とあいさつ。市民グループ「掛川木造駅舎を保存・活用する会」の鷲山恭彦会長(前東京学芸大学長)が経過を説明し、「駅舎は旅立ち、交流の拠点として私たちの記憶の中心にある。掛川のシンボルとして残ったことを皆さんと喜びたい」と語った。


 市によると、ケネディ大使の母親の故ジャクリーンさんが、ニューヨークの歴史的なグランドセントラル駅舎の保存運動に尽力したことを知った松井市長が今年一月、「ジャクリーンさんの“DNA”を引き継ぐキャロラインさんに、ぜひ出席していただきたい」と大使宛てに式典の招待状を送った。大使はオバマ大統領の訪日などで日程調整がつかなかったとみられる。


 代理のサリバン首席領事は「歴史ある駅が修復され、それが後世に残された時のことを想像し、駅のために募金活動を行った努力は称賛に値する」と大使のメッセージを代読。川勝平太知事は「日米両国民が、伝統を基にして次世代に引き継いでいく活動のシンボルの一つになった」と祝福した。(佐野太郎)


 <掛川駅木造駅舎> 1933(昭和8)年に建てられ、40年に今の形に改築。JRが耐震化に4億1000万円かかると試算し、建て替える場合との差額1億1000万円を市に負担するよう要請。このため、「掛川木造駅舎を保存・活用する会」が2010年から1億1000万円のうちの5000万円を調達する募金活動を展開。目標額を上回る計約6700万円が寄せられた。

 12年12月〜14年1月に工事が行われ、総事業費4億500万円のうち、JR側は2億7500万円を、市側は寄付金と国交付金などで1億2900万円を負担した。


NA社へ14・05・01

 「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、製糸技術の革新を進め世界の絹産業の発展に重要な役割を果たしたと去年1月、国が世界文化遺産に推薦し、去年9月にはユネスコの諮問機関、イコモスが現地調査を行うなど〜世界遺産も嬉しいが、多くの放置されている国内の歴史遺産へも、もう少し力を入れるべきでは?、NHK,14/04/27

世界文化遺産への登録を目指している群馬県の「富岡製糸場」について、ユネスコの諮問機関は「世界遺産に登録することがふさわしい」とする勧告をまとめ、6月にも世界遺産に登録される見通し〜長年の夢がかない有難い事。世界遺産だけでなく、放置された歴史遺産、戦争遺構などの再評価を忘れないで!、NHK,14/04/27

  日本が世界文化遺産に推薦していた「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)について文化庁は26日、世界遺産への登録の可否を調査する「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)が「登録が適当」と、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に勧告したと発表。〜産業遺産と同時に戦争遺構の推薦も!近現代産業遺産研究会、毎日、14・04・26

世界の絹産業の発展と絹消費の大衆化をもたらした普遍的価値が認められた。今年6月にカタールの首都ドーハで開かれる第38回ユネスコ世界遺産委員会で、正式決定。文化庁によると、イコモスが登録を勧告した場合、世界遺産委員会でもそのまま認められる可能性が極めて高い〜当然だが、有難い事です。近現代産業遺産研究会、毎日、14・04・26

富岡製糸場は昨年9月に現地調査を実施した。勧告内容によると「19世紀末期に養蚕と日本の生糸産業の革新に決定的な役割を果たし、日本が近代工業化世界に仲間入りするかぎとなった」などと高く評価。1872年に開業した日本初の官営製糸工場で、国内の養蚕・製糸業を世界一の水準に引き上げた。近現代産業遺産研究会、毎日、14・04・26



  建築巡礼 プレモダン編 明治期。壁と柱のハイブリッド 。富岡製糸場(1872年) 2014/01/23。日本と西洋のスタイルを接続

所在地=群馬県富岡市富岡1-1 設計=オーギュスト・バスティアン 竣工=1872年 交通=上信電鉄・上州富岡駅から徒歩15分(航空写真:群馬県)

 建築巡礼の連載は今回からプレモダン編へと突入する。最初に取り上げるのは、明治5年(1872年)に完成した富岡製糸場だ。

 この建物は、明治の新政府が輸出品となる生糸の生産を全国で展開するためにまず建設したモデル工場である。西洋式の製糸機械を導入した工場づくりのために、政府は横浜にいたフランス人のポール・ブリュナを雇う。当時30歳という若さだった。

 ブリュナは工場の敷地選びから関わった。原料の入手しやすさと、広い敷地を得られることから、上州の富岡が選ばれたのであった。

 工場は1872年から創業を開始。製品の質は海外でも高く評価されたが、経営的には苦しい状況だったという。1893年には三井家に払い下げられ、さらに1902年には原合名会社へと所有者が変わる。そして1939年からは片倉製糸紡績株式会社が受け継ぎ、1987年まで操業した後、富岡市に譲渡された。 (イラスト:宮沢 洋)

 現在、富岡製糸場は、養蚕農家の田島弥平旧宅や養蚕教育機関の高山社などと合わせて、世界遺産の暫定リストに載っている。既に日本政府からユネスコの委員会への推薦が済んでおり、あとは今年の夏に行われる審査の結果を待つばかりだ。

 ちなみに工場が世界遺産に登録された例には、ダーウェント峡谷の工場群(英国)やフェルクリンゲン製鉄所(ドイツ)、グロピウスが設計したファグスの靴工場(同)などがある。富岡製糸場が登録されれば、日本の工場建築としては初となる。

構造は木骨レンガ造

 敷地のなかには繰糸場、東西2つの繭倉庫のほか、ブリュナの居館だった建物や女工の宿舎だった建物などが残っている。

 長さ140mにも及ぶ繰糸場に入ると、その内部は小屋組みの下に一本の柱もなく非常に見通しがよい。そして大きなガラスの高窓から入る光で明るい。全国から集まった女工たちにも、この空間は近代という新しい時代の到来を実感させたことだろう。英国では1851年の第1回万国博覧会で既にクリスタルパレスが実現しているが、日本ではこのように自然光が入り込む明るい内部空間はかつて存在しなかった。

A:東繭倉庫の外観。木材の骨組みの間にレンガが積まれている B:東繭倉庫のアーチのキーストーンには「明治五年」の文字 C:繰糸場の妻面 D:繰糸場はトラスを使った無柱空間 E:現存する煙突は1939年に建造されたもので鉄筋コンクリート造 F:西繭倉庫。2階にはバルコニー G:東繭倉庫内の一部は展示室になっている(撮影協力:富岡製糸場、写真:磯 達雄)


A:東繭倉庫の外観。木材の骨組みの間にレンガが積まれている B:東繭倉庫のアーチのキーストーンには「明治五年」の文字 C:繰糸場の妻面 D:繰糸場はトラスを使った無柱空間 E:現存する煙突は1939年に建造されたもので鉄筋コンクリート造 F:西繭倉庫。2階にはバルコニー G:東繭倉庫内の一部は展示室になっている(撮影協力:富岡製糸場、写真:磯 達雄)


 富岡製糸場の様々な建物を設計したのはフランス人のオーギュスト・バスティアンだ。横須賀製鉄所の製図職工として来日していた人物で、ブリュナの依頼を受けて富岡製糸場でも設計図を引いたとされる。

 建築の特徴はまず木骨レンガ造であること。これはスギ材を柱梁として構造を組み、その間の壁部にレンガを積んで埋めていくという構造だ。

 レンガの積み方は、レンガの長手面と短手面を交互に見せるように積んでいくフランドル積み(フランス積みとも呼ぶ)が採られた。また、小屋の組み方は西洋式のトラス工法を用いている。そのほか、鉄のサッシや回転窓、部材の連結に用いたボルトナットなど、西洋の新しい材料がいろいろと導入された。

 なぜ単純にレンガ造としなかったのか。おそらく、地震の多い日本ではレンガ積みの構造では持たないと判断したのだろう。それで変形にも追従できる木造の軸組みで構造を持たせることにしたのだ。

 この構造方式がバスティアンによって主体的に選び取られたのか、それとも無名の日本人技術者による強い働きかけがあったのか。おそらく後者だったろうと推測できるのだが、その辺りははっきりとしない。もしタイムマシンでもあれば、そこで交わされた会話を盗み聞きしてみたいものである。

 というのも、その後、幾度となく繰り返される日本建築界の大テーマが、既にここで表れているからだ。

日本と西洋のスタイルを接続

 壁の仕上げ方には大きく分けて2種類がある。1つは柱を外側に表した真壁であり、もう1つは柱を壁体の内部に隠した大壁である。

 日本の建築は圧倒的に真壁が主流だ。神社も寺院も民家も大抵がこの壁のつくり方を採っている。大壁の方は、日本の建築では土蔵や城郭など、特殊な建築に見られるだけだ。一方、西洋で建てられてきた石造やレンガ造の建物では大壁が一般的な壁の在り方である。

 つまり、富岡製糸場に見られる木骨レンガ造の壁は、レンガという西洋由来の材料を使用していながらも、日本の伝統に根差した真壁の方式が採られたというわけだ。

 ここで思い出されるのは、吉田五十八のことである。吉田はモダニズムの主流期に現代的な和風建築に取り組んだ建築家だが、その手法として採ったのは和風建築への大壁の採用だった。これは富岡製糸場と全く逆のことを行っているのだが、目指すところは同じだったのではないか。

 西洋から入ってきた新しいスタイルと日本の伝統的な建築スタイルをいかに接続するのか。その問題に、明治維新を経てほどないころの建築家たちも取り組んでいたのである。

(文中敬称略)

文・写真:磯達雄(ライター)上州電鉄に乗ったら改札で切符にハサミを入れてくれて少し感激
イラスト:宮沢洋(日経アーキテクチュア記者)教科書の記憶で薄暗い建物を想像していたが、明るくてびっくり

 「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、製糸技術の革新を進め世界の絹産業の発展に重要な役割を果たしたと去年1月、国が世界文化遺産に推薦し、去年9月にはユネスコの諮問機関、イコモスが現地調査を行うなど〜世界遺産も嬉しいが、多くの放置されている国内の歴史遺産へも、もう少し力を入れるべきでは?明治建築研究会、NHK,14/04/27




世界文化遺産への登録を目指している群馬県の「富岡製糸場」について、ユネスコの諮問機関は「世界遺産に登録することがふさわしい」とする勧告をまとめ、6月にも世界遺産に登録される見通し〜長年の夢がかない有難い事。世界遺産だけでなく、放置された歴史遺産、戦争遺構などの再評価を忘れないで!戦争遺構研究会、NHK,14/04/27



  NHKニュース。2014年(平成26年)4月27日[日曜日]富岡製糸場 世界遺産に登録の見通し

世界文化遺産への登録を目指している群馬県の「富岡製糸場」について、ユネスコの諮問機関は「世界遺産に登録することがふさわしい」とする勧告をまとめ、ことし6月にも世界遺産に登録される見通しとなりました。

群馬県にある日本で初めての官営の製糸工場、「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、製糸技術の革新を進め世界の絹産業の発展に重要な役割を果たしたとして、去年1月、国が世界文化遺産に推薦し、去年9月にはユネスコの諮問機関、イコモスが現地調査を行うなどして検討してきました。
この結果、イコモスは「富岡製糸場」について、「世界遺産に登録することがふさわしい」とする勧告をまとめました。
これは勧告の中でも最も評価の高い「記載」と呼ばれるもので、これまで日本が推薦した候補のうち「記載」の勧告を受けたケースは16回あり、いずれも正式に世界遺産に登録されています。
このため「富岡製糸場」もことし6月に中東のカタールで開かれるユネスコの世界遺産委員会で登録される見通しとなりました。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」は明治5年に作られた富岡製糸場に加え、養蚕農家の原型となった住宅など4つの資産で構成されていて、今回の勧告では、フランスから技術や知識を導入して短期間に生産システムを作り上げ養蚕と生糸産業の革新に決定的な役割を果たしたと評価されました。
一方で、構成資産の1つで蚕の卵のふ化の時期を調整した施設、「荒船風穴」に保全のための屋根をかけることの利点と欠点を検討することや、構成資産の管理体制をより強化することなどが求められました。
文化庁の担当者は「パーフェクトに近い勧告ではないか。地元の皆さんが保全に取り組み、何が世界遺産にふさわしいか推薦の段階でしっかり絞り込んだ成果だと思う」と話しました。




  日本が世界文化遺産に推薦していた「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)について文化庁は26日、世界遺産への登録の可否を調査する「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)が「登録が適当」と、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に勧告したと発表。〜産業遺産と同時に戦争遺構の推薦も!近現代産業遺産研究会、毎日、14・04・26



世界の絹産業の発展と絹消費の大衆化をもたらした普遍的価値が認められた。今年6月にカタールの首都ドーハで開かれる第38回ユネスコ世界遺産委員会で、正式決定。文化庁によると、イコモスが登録を勧告した場合、世界遺産委員会でもそのまま認められる可能性が極めて高い〜当然だが、有難い事です。近現代産業遺産研究会、毎日、14・04・26



富岡製糸場は昨年9月に現地調査を実施した。勧告内容によると「19世紀末期に養蚕と日本の生糸産業の革新に決定的な役割を果たし、日本が近代工業化世界に仲間入りするかぎとなった」などと高く評価。1872年に開業した日本初の官営製糸工場で、国内の養蚕・製糸業を世界一の水準に引き上げた。近現代産業遺産研究会、毎日、14・04・26


<富岡製糸場>世界文化遺産登録を勧告 6月にも決定。毎日新聞 4月26日(土)3時28分配信


富岡製糸場=群馬県富岡市で2014年4月25日午後、本社ヘリから


 日本が世界文化遺産に推薦していた「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県富岡市など)について文化庁は26日、世界遺産への登録の可否を調査する「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)が「登録が適当」と、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に勧告したと発表した。世界の絹産業の発展と絹消費の大衆化をもたらした普遍的価値が認められた。今年6月にカタールの首都ドーハで開かれる第38回ユネスコ世界遺産委員会で、正式決定する。文化庁によると、イコモスが登録を勧告した場合、世界遺産委員会でもそのまま認められる可能性が極めて高い。

【富岡製糸場を別角度からの写真で】

 「富岡製糸場」が正式に登録されれば、日本の世界文化遺産は昨年の「富士山」に次いで14件目。世界自然遺産も含めた世界遺産では国内18件目となる。近代産業遺産では国内初。

 イコモスはユネスコの諮問機関で、各国から世界遺産に推薦された案件の価値を評価する専門家組織。富岡製糸場は昨年9月に現地調査を実施した。勧告内容によると「19世紀末期に養蚕と日本の生糸産業の革新に決定的な役割を果たし、日本が近代工業化世界に仲間入りするかぎとなった」などと高く評価された。

 富岡製糸場(富岡市)は、1872年に開業した日本初の官営製糸工場で、国内の養蚕・製糸業を世界一の水準に引き上げた。

 構成資産は、富岡製糸場のほか▽近代養蚕農家の原形となった「田島弥平旧宅」(伊勢崎市)▽国内標準になった養蚕法「清温育」を確立した「高山社(たかやましゃ)跡」(藤岡市)▽岩の隙間(すきま)から吹き出す冷風を利用した蚕の卵の貯蔵施設「荒船風穴(あらふねふうけつ)」(下仁田町)の3施設。

 2003年に群馬県が世界遺産登録を目指す構想を発表し、07年1月に推薦候補を記載した暫定リストに入った。12年、政府がユネスコへの推薦を決定していた。【三木陽介】

 ◇富岡製糸場◇

 1872(明治5)年、群馬県富岡市に設立された日本初の官営器械製糸場。フランス人技師の指導で建設された。当時最先端の製糸技術で国内の養蚕業や製糸業を世界一の水準に引き上げ、生糸を戦前の日本の主要な輸出品に押し上げた。1939(昭和14)年から片倉工業が運営し、87年操業停止。2005年に市有となった。養蚕農家の原形となった田島弥平旧宅や荒船風穴、高山社跡とともに遺産群を構成し、主要施設は創業当時のまま、ほぼ完全に残されている。

【「富岡製糸場と絹産業遺産群」のイコモスの評価結果と勧告の骨子】

<評価結果>

・伝統的な生糸生産から急速に最善の大量生産手法に到達したことを表している。

・19世紀末期に養蚕と日本の生糸産業の革新に決定的な役割を果たし、日本が近代工業化世界に仲間入りするかぎとなった。

・保全状況は適切であり、そのための方策も十分である。

<勧告>

・世界遺産への登録を勧告する。

・荒船風穴の保全のため屋根をかけることの利点、欠点を深く考慮すること。

・フランスからの、あるいは国内における、女性たちの指導者・労働者としての役割を通じた技術移転についての調査を実施すること。
.
  横浜赤レンガ倉庫(中区)で4月25日〜5月6日、約70種類のビールが味わえるドイツ流の春祭り「ヨコハマ・フリューリングスフェスト」が。昨年は期間中46万人が訪れた。30mの巨大なカウンターでビールを飲む〜関西でも歴史建築を使いワイン、ビール、演劇、音楽会などで活用を提案したいもの。明治建築研究会、朝日、14・04・23


ビール70種、ドイツ流春祭り 横浜赤レンガ倉庫。朝日、2014年4月22日15時53分
写真・図版
昨年のフリューリングスフェスト=横浜赤レンガ提供
 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)で25日〜5月6日、約70種類のビールが味わえるドイツ流の春祭り「ヨコハマ・フリューリングスフェスト」がある。今回で2度目で昨年は期間中46万人が訪れた。30メートルの巨大なカウンターでビールを飲み、ソーセージや塩漬け豚の煮込み、ホワイトアスパラなどのドイツ料理を食べられる。ビールは1杯600〜1500円で、繰り返し使えるリユースカップで出される。雑貨や食品の販売コーナー、新感覚トランポリンなど五つの有料アトラクションも。





  1横浜市が、旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用倉庫(通称「旧帝蚕倉庫」横浜市中区北仲通)を歴史的景観の保全を図る「歴史的建造物」に認定。旧帝蚕倉庫は、関東大震災後の1926年に建てられた、建築家・遠藤於菟さんの晩年の大作と言われる建築群の一つで、もともと4棟〜貴重な産業遺産の、活用明治建築研究会、ヨコハマ経済新聞。14年4月19日



2現存する1棟は、地上3階、地下1階建ての近代建築で、生糸などの保管に使用。今後いったん解体し、隣の棟があった位置に、部材を活用した忠実な復元を予定。内部は歴史性を生かした文化施設などとしての利用を検討中。〜関西に比べて、関東は、歴史建築の保存活用は、進んでいる。見習うべきだ。明治建築研究会、ヨコハマ経済新聞。14年4月19日



3旧帝蚕倉庫がある北仲通北地区A-4地区は、森ビルと丸紅が共同で「北仲通北再開発等促進地区地区計画」に取り組んでいる。倉庫棟は東日本大震災後に行った検査で、安全性の確保が難しいと判断されたため解体後復元保存される。旧帝蚕倉庫事務所棟は現物保存。〜出来るだけ、現物保存・活用の検討を明治建築研究会、ヨコハマ経済新聞。14年4月19日



4横浜市建築局が13年に公開した北仲通北地区の都市計画提案によると、同地区には地上57階、地下2階、高さ約200m(最高高さ223.2m)の店舗や事務所も備える超高層タワーマンションの建設が計画。着工は2014年12月、完成は18年3月の予定。〜歴史建築の完成が、楽しみである。明治建築研究会、ヨコハマ経済新聞。14年4月19日

  ヨコハマ経済新聞。2014年4月19日(土)。生糸を保管した北仲地区「旧帝蚕倉庫」が歴史的建造物に認定−解体・復元へ
 生糸を保管した北仲地区「旧帝蚕倉庫」が歴史的建造物に認定−解体・復元へ

 横浜市が、旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用倉庫(通称「旧帝蚕倉庫」、横浜市中区北仲通5)を歴史的景観の保全を図る「歴史的建造物」に認定した。

高さ200メートルの超高層ビルが建つ北仲通北地区再開発完成イメージ

 旧帝蚕倉庫は、関東大震災後の1926年に建てられた、建築家・遠藤於菟(おと)さんの晩年の大作と言われる建築群の一つで、もともと4棟あった。現存する1棟は、地上3階、地下1階建ての近代建築で、生糸などの保管に使用されていた。今後いったん解体し、隣の棟があった位置に、部材を活用した忠実な復元を予定している。内部は歴史性を生かした文化施設などとしての利用を検討しているという。

 横浜市認定歴史的建造物は、「歴史を生かしたまちづくり要綱」の規定により、歴史的建造物登録台帳に登録された建物のうち、専門家による調査で特に価値があると判断されたもの、要綱により設置された「歴史的景観保全委員」の意見を聞きながら、所有者との協議のうえ、適切な保全活用計画が作成されたものの2つの要件を満たしたもの。保全すべき部位とその意匠・材料・色彩および活用方法などを「保全活用計画」として定め、市長が認定する。認定された歴史的建造物を保全するための改修などに必要な費用の一部は、市の助成を受けることができる。認定件数は、今回で89件目。

 北仲通北地区には、旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所(通称「旧帝蚕倉庫事務所」、横浜市指定有形文化財)と復元された旧生糸検査所(現第2合同庁舎、横浜市認定歴史的建造物)も現存する。

 横浜市都市整備局企画部都市デザイン室長の綱河功さんは「旧帝蚕倉庫は、この地区の歴史の象徴的な存在。これを生かしてまちづくりを進めていきたい」と話している。

 旧帝蚕倉庫がある北仲通北地区A-4地区は、森ビルと丸紅が共同で「北仲通北再開発等促進地区地区計画」に取り組んでいる。倉庫棟は東日本大震災後に行った検査で、安全性の確保が難しいと判断されたため解体後復元保存されることになった。旧帝蚕倉庫事務所棟は現物保存する。横浜市建築局が2013年10月に公開した北仲通北地区の都市計画提案によると、同地区には地上57階、地下2階、高さ約200メートル(最高高さ223.2メートル)の店舗や事務所も備える超高層タワーマンションの建設が計画されている。着工は2014年12月、完成は2018年3月の予定。

大阪ジャーナル、平成17年1月1日号 。柴田正己 戦争遺構研究会代表 「旧国枝医院」

  第2次大戦が風化する中、記憶するために戦争遺構は
  国、地方自治体が文化財として保存への道を確立せよ

 休日の夜、突然知人から電話がかかってきた。国枝医院(旧大阪窯業堺工場事務所)が無くなっているが、知っているかというものであった。何かの間違いでないかと思ったが、知人は取り壊したとの事である。筆者も慌てて駆けつけたが、堂々としたあの姿は見られなかった。英彰小学校の階段室が市民の声で残される事になったのに、ショックである。
 この煉瓦造建築は大阪窯業堺工場(明治29年開業)の事務所として大正初期に建設されたと推定されるものである。近代建築や近代化遺産(大正期の煉瓦工場の遺構)としての価値だけでなく堺大空襲の被害の跡を残し、全国の「戦争遺産リスト」に紹介されている貴重な建造物であった。
 戦後50年の記念の年(平成7年)に大阪府が府下に残る貴重な戦争遺構として選定し、立派な金属製の説明板が設置されていた。人々は末長く残されると思っていた。風化していく戦争の体験を伝えるのは人間、その次は各地に残る戦争遺構なのである。
 大正末期に煉瓦工場は閉鎖され、ドイツ・ホフマン輪環窯などは撤去され工場跡は住宅地になった。
 この煉瓦造と会社の歴史が刻まれた石の記念碑だけが残された。その美しい煉瓦造建築は大正末期から他の会社の事務所や幼稚園などとして、戦後は国枝医院として活用されてきたのである。
 昭和50年代の調査当時は、近代建築としての評価であったが、近年になって戦争遺構として高く評価されていた。
 崩れかけた建築は美観上好ましくない。煉瓦建築は地震に弱いなどの声は以前からあった。しかし、所有者をはじめ、多くの人々の理解によって戦争の歴史を後世に伝えるための生証人として大切にされていた。(『日本近代建築総覧』【80年・日本建築学会】・戦争遺構関係の図書にも多数紹介されている)。
 しかし、いくら重要な戦争遺構であっても個人が保存するには限界があるので、協力を求めるために堺市・文化庁などへも保存を要望していた(「堺市内・戦争遺構の保全・活用に関する要望書」、平成16年8月13日提出、々饂浤芦福ζ皺憤絮 ↓近畿管区警察学校【旧陸軍騎兵第四聯隊兵舎】、堺市立英彰小学校階段室、ず羯堽小集会所【旧仁徳御陵休憩所】、セ核楫侏事務所【旧奥野清明堂】以上5件)。
 我々は歴史的に貴重なものについては公費で保存して欲しいと考えている。一般の文化財に比べて戦争遺構の保存は遅れてはいるが、それでも各地で自治体が積極的に保存を進めている。
「近畿地方の戦争遺構で文化財になっているものの一部」
)粍棒陸軍飛行場掩体壕(鈴鹿市、国登録=文化財)
外人墓地(三重県紀和町、強制労働英人捕虜、町指定史跡)
I馗畄街狙嵶瓦ホフマン式輪窯(明治30年、国登録)
ど馗甞し格軸鑷匍形水雷庫(明治33年、現在赤煉瓦博物館、市指定史跡)
ド馗當端乕椰綟算楡漾聞馘佻進顕什癲
ι馗甞し格軸鑷厖夙鑑兵器庫(国登録)
陸軍造兵厰香里製造所煙突火薬製造所(枚方市指定史跡)
姫路第十師団兵器庫被服庫(明治38年、現在姫路市美術館、国登録)
『日本の戦争遺構』(平凡社新書、04年初版、戦争遺跡保存全国ネットワーク編)参照
 以上のような実例を見習って大阪でも早急に、戦争遺構の文化財への道を開いて欲しいものである。
【写真】
 新聞・ネットでも取り壊しが紹介された貴重な戦争遺構・国枝医院(11月11日付N紙参照)





「英彰小学校階段室」最近、近代建築の風格や表現が地域社会で再評価され保存運動への関心が高く、今後一層の精進を期したい。〜解体予定が、卒業生、市民、専門家達の声で、保存されたが、子供達に、歴史を、どのように伝えられているのか、気になる。身近いところで、繰り返される歴史の改ざんが?戦争遺構研究会、14.04.18、大阪ジャーナル





平成16年12月1日号 。柴田正己 戦争遺構研究会代表

   「英彰小学校階段室」
     最近、近代建築の風格や表現が地域社会で再評価され
     保存運動への関心が高く、今後一層の精進を期したい

 NHK大阪放送会館・そごう百貨店などの優れた近代建築が保存の声も空しく取り壊されていった。
 昭和40年代後半から、近代建築の保存にかかわり、ささやかな活動を続けてきた(連戦連敗)。
 開発計画の中で取り壊されていく近代建築を少しでも残して欲しいと思ったのである。最近でこそ近代建築の保存はいくらか理解されてきているが、当時は優れた近代建築でさえも当然のように取り壊されていた。(当時、保存にかかわった建築の資料がダンボール箱に眠っている)。
 高度経済成長の時代には開発が優先され、近代建築は次々に姿を消していった。しかし、そんな中でも貴重な近代建築は歴史の生証人として保存しようという声は各地で起こっていた。それは、近代建築として価値が高いというだけではなかった。長い間、地域の人々に愛されてきた懐かしい建築を、地域社会の精神的な連帯のシンボルとして残したいというものであった。
 スクラップアンドビルドで近代建築が取り壊されていく中で、地域の人々に親しまれてきた近代建築を残す事が、歴史を感じさせる魅力的な町をつくる事につながると思ったのである。
 現代建築にはない近代建築の持つ風格や表現の豊かさが再評価されたのである。新しい建築の建設と同時に、歴史を生き抜いてきた近代建築を残し、新旧の建築を共存させる事が都市景観に深みを持たせるのである。
 豊郷小学校・大阪市中央公会堂をはじめとして取り壊しの危機を乗り越えて近代建築の多くが保存されている。それは、近代建築の魅力を地域の人々が再発見したからである。
 しかし、最近は外観だけが残され、内部が大改造されたり、一部の外壁しか残されないものも見られる。
 貴重な近代建築は外観だけでなく、内・外観共に保存し、その歴史的・文化的な価値を十分発揮するような保存・再生工事にしなければならい。
 現在、我々は大阪中央郵便局・阪急百貨店・東淀川の旧高射砲陣地などの近代建築・戦争遺構に注目している。いずれも貴重なものなので、都市景観や歴史の記憶を残す上からも保存を呼びかけていきたいものである。
 昔は建築の専門家が中心に保存の声を挙げていたようなところがあった。しかし、最近では地域の人々の都市や建築への関心の高まりの中で、大きく輪が広がってきている。長い間、近代建築や戦争遺構の歴史や保存について学んだ事が地域の人々の保存運動のお手伝いになればこの上ない喜びである。数少ない地域の歴史遺産・戦争遺構の保存を地域の人々と一緒に考えていければと思っている。お手伝い出来る事があればご連絡下されば幸いである。
 なお、当研究会の活動の一部はインターネットで紹介されている。

【写真】補修工事が進められる堺市立英彰小学校階段室(右側三角屋根部分。昭和13年竣工)。取り壊す予定であったが、卒業生・市民らの歴史の記憶を残しての声が出て残された(平成16年7月撮影)。《追記》英彰小学校のすぐ西側の貴重な戦争遺構の国枝医院が解体されているという情報が入った(11月7日)。




回答に感謝。宮守川橋梁、達曽部川橋梁(岩根橋)については、遠野市でもその重要性を認識しており、平成18年にJR側へ国登録文化財の登録を打診したこともありますが、JR側の事情により登録に至らなかったという経緯がございます〜再度、貴重な近代産業遺産の文化財指定について、ご検討を要望!近代産業遺産研究会。14・04・18、遠野市へのご意見、ご提言に関する回答

遠野市の回答に感謝。平成21年には、地域住民から「めがね橋」を遠野市の遺産認定制度である遠野遺産への推薦が、JR側の同意を得られず、めがね橋本体を除く周辺景観という形で遺産認定を行った。SL銀河運行を契機にあらためてJRの協力を求めながら文化財としての保護を図っていきたいと考え!近代産業遺産研究会。14・04・18、遠野市へのご意見、ご提言に関する回答





回答、有難うございます。14・04・18
かけがえのない歴史遺産として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望します。今後ともよろしくお願いします。近代産業遺産研究会。




遠野市へのご意見、ご提言に関する回答について‏

佐藤 浩彦 (hirohiko@city.tono.iwate.jp)

添付ファイル
宛先: masami19928@hotmail.co.jp
hirohiko@city.tono.iwate.jp
1 個の添付ファイル (16.0 KB)
HP問い合わせ回答_めがね橋.docx のダウンロード (16.0 KB)

遠野市文化課の佐藤と申します。

ご提言いただいた案件について別紙の通り回答いたします。

近代産業遺産研究会 様

遠野市遠野文化研究センター文化課文化遺産係の文化財建造物担当がお答えいたします。

宮守川橋梁(めがね橋)、達曽部川橋梁(岩根橋)については、遠野市でもその重要性を認識しており、平成18年にJR側へ国登録文化財の登録を打診したこともありますが、JR側の事情により登録に至らなかったという経緯がございます。
平成21年には、地域住民から「めがね橋」を遠野市独自の遺産認定制度である遠野遺産への推薦がありましたが、JR側の同意を得られず、めがね橋本体を除く周辺景観という形で遺産認定を行ったということもありました。
遠野市としては、このSL銀河運行を契機に、あらためてJRの協力を求めながら文化財としての保護を図っていきたいと考えております。





五稜郭は、嘉永7年に締結された日米和親条約で箱館(当時の名称)が開港されたことから、北方防備のために江戸幕府が建設を始め、元治元年に完成。明治元年から翌年にかけての箱館戦争では、旧幕府軍の拠点となったが、新政府軍に敗れて接収され、その後、公園に〜大阪府旧堺砲台も、貴重な洋式砲台。戦争遺構研究会、時事、14・04・17




函館・五稜郭で築造150年祭=北海道。桜が満開の季節の函館・五稜郭

 日本初の洋式城郭である北海道函館市の五稜郭で、26日から「築造150年祭」が行われる。特別史跡に指定された五稜郭の魅力を伝えるイベントを開催するほか、大型連休中は城内に植えられた約1600本の桜が見頃を迎えることから、夜桜のライトアップなども行われる予定だ。
 五稜郭は、1854(嘉永7)年に締結された日米和親条約で箱館(当時の名称)が開港されたことから、北方防備のために江戸幕府が建設を始め、64(元治元)年に完成した。68(明治元)年から翌年にかけての箱館戦争では、旧幕府軍の拠点となったが、新政府軍に敗れて接収され、その後、公園として開放された。

「箱館戦争抜刀隊」によるパフォーマンス

 築造150年祭では、歴史的価値をアピールするため、土曜、日曜と祝日に幕末の衣装を来たスタッフが来場者をもてなす「幕末見廻隊(ばくまつみまわりたい)」が城内を巡回。積極的に道案内をするほか、記念撮影にも応じる。また、4月から10月までの週末など合計18日間、午前11時と午後2時の2回、箱館戦争の戦闘シーンを再現する「箱館戦争抜刀隊」のパフォーマンスが行われる。さらに、4月26日から11月3日の期間中は、市内各所に幕末から明治期の函館に関係する人物を紹介したリトファスゾイレ(円筒形看板)を多数設置し、函館の激闘の歴史を紹介する。【もぎたて便】時事(2014/04/17-08:00)

  解体予定の東京駅舎の鋳鉄柱も、文化財ですので正しく評価して、全体の保存活用のご検討を要望します。JR東日本殿、東京都知事殿、文化庁殿。昭和50年代から、我々も保存の要望を、続けてきました。明治建築の保存活用の研究している立場から関西から、鋳鉄柱を文化財にして、保全再生を要望します。明治建築研究会、14・04・17


解体予定の東京駅舎の鋳鉄柱も、文化財ですので正しく評価して、全体の保存活用のご検討を要望します。14・04・17 ‏


JR東日本殿、東京都知事殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

ご検討をよろしくお願いします。

大正3年の開業当時の面影を残す東京駅5、6番線ホームの屋根を部分的に建て替え、屋根を支える鋳鉄製の柱をモニュメントとして保存すると発表。駅舎は東京大空襲などで主要部分のほとんどを焼失。同ホーム西側の屋根と14本の柱が被災を免れたが、劣化が進んだため全面改修に〜鋳鉄柱も貴重な文化財です。明治建築研究会、M、14・04・16

東京駅ホーム屋根支えた柱保存へ。6月に着工、来年春までに既存の屋根の上に新しい屋根を設置する。完成後は既存の屋根は撤去し、駅事務室に隣接する2本の柱を保存。残る12本については検討中。建て替え面積は1240平方m〜後世に悔いを残さないよう正しく評価して文化財は、すべて保全活用を!明治建築研究会、M、14・04・16

明治建築の保存活用の研究している立場から関西から、鋳鉄柱を文化財にして、保全再生へのご検討を、お願いします。
      599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       明治建築研究会、TEL 072−236−3357 。



100年前の開業時から東京駅の屋根を支え続けた14本の柱が、老朽化のため、来春までに役割を終える。JR東日本東京支社が15日、発表。12本は安全のために次世代の柱と置き換わり、2本はホームに記念碑として残される。



同支社は6月ごろから、5番線の山手線(外回り)と6番線の京浜東北線(南行き)に挟まれた南北方向に延びるホーム約274mのうち、約103mを覆う有楽町駅寄りの屋根の新設工事に着手。34本ある柱のうち14本は1914年12月の開業から、23年の関東大震災や45年の東京大空襲をくぐり抜けてきた。

14本は、鋳鉄製で柱頭に植物のレリーフがあるのが特徴。うち5対10本が白っぽい柱(外周約47センチ)で、ホーム端近くの1対2本がモニュメントとして残される。残り2対4本は、屋根の上で架線を支える構造物「架線ビーム」を支える緑色の太い柱(同70センチ)だ。

 
 

 朝日新聞デジタル。東京駅100年支えた柱、お疲れさま 14本、来春までに引退。2014年4月16日05時00分。写真・図版。撤去が決まった柱=JR東京駅6番線ホーム

 100年前の開業時から東京駅の屋根を支え続けた14本の柱が、老朽化のため、来春までに役割を終える。JR東日本東京支社が15日、発表した。12本は安全のために次世代の柱と置き換わり、2本はホームに記念碑として残される。

 同支社は6月ごろから、5番線の山手線(外回り)と6番線の京浜東北線(南行き)に挟まれた南北方向に延びるホーム約274メートルのうち、約103メートルを覆う有楽町駅寄りの屋根の新設工事に着手する。34本ある柱のうち14本は1914年12月の開業から、23年の関東大震災や45年の東京大空襲をくぐり抜けてきた。

 14本は、鋳鉄製で柱頭に植物のレリーフがあるのが特徴。うち5対10本が白っぽい柱(外周約47センチ)で、ホーム端近くの1対2本がモニュメントとして残される。残り2対4本は、屋根の上で架線を支える構造物「架線ビーム」を支える緑色の太い柱(同70センチ)だ。

 出口秀已支社長は「100年支えてくれてありがとう、お疲れ様という気持ち」と話した。(上沢博之)



解体予定の東京駅舎の鋳鉄柱も、文化財ですので正しく評価して、保存活用のご検討を要望します。14・04・17

  
JR東日本殿、東京都知事殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

大正3年の開業当時の面影を残す東京駅5、6番線ホームの屋根を部分的に建て替え、屋根を支える鋳鉄製の柱をモニュメントとして保存すると発表。駅舎は東京大空襲などで主要部分のほとんどを焼失。同ホーム西側の屋根と14本の柱が被災を免れたが、劣化が進んだため全面改修に〜鋳鉄柱も貴重な文化財です。明治建築研究会、毎日、14・04・16

東京駅ホーム屋根支えた柱保存へ。6月に着工、来年春までに既存の屋根の上に新しい屋根を設置する。完成後は既存の屋根は撤去し、駅事務室に隣接する2本の柱を保存。残る12本については検討中。建て替え面積は1240平方m〜後世に悔いを残さないよう正しく評価して文化財は、すべて保全活用を!明治建築研究会、毎日、14・04・16


明治建築の保存活用の研究している立場から関西から、鋳鉄柱を文化財にして、保全再生へのご検討を、お願いします。

      599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       明治建築研究会、TEL 072−236−3357 。







JR東:東京駅ホーム屋根支えた柱保存へ。毎日新聞 2014年04月16日 10時44分(最終更新 04月16日 10時56分)


 JR東日本は15日、1914(大正3)年の開業当時の面影を残す東京駅5、6番線ホームの屋根を部分的に建て替え、屋根を支える鋳鉄製の柱をモニュメントとして保存すると発表した。

 駅舎は東京大空襲などで主要部分のほとんどを焼失。同ホーム西側の屋根と14本の柱が被災を免れたが、劣化が進んだため全面改修に踏み切る。

 6月に着工、来年春までに既存の屋根の上に新しい屋根を設置する。完成後は既存の屋根は撤去し、駅事務室に隣接する2本の柱を保存。残る12本については検討中という。建て替え面積は1240平方メートル。



西宮砲台 幕末の面影、今に。御前浜公園の東端に残る巨大な円柱状の白い建物は、江戸時代末期に造られた「西宮砲台」(西宮市西波止町)だ。もう1基現存する「和田岬砲台」(神戸市兵庫区)とともに国指定の史跡〜旧堺砲台も、海軍奉行勝海舟設計の貴重なオランダ式台場現存で、文化財に登録を要望中。戦争遺構研究会、毎日、14.04.14



建設当時、アメリカやロシアなどの軍艦の来航に徳川幕府は危機感を抱き、京都防衛の要衝の大阪湾沿岸の軍事力強化に着手。軍艦奉行だった勝海舟の指導の下、文久3年(1863)に建設が始まり、全国から腕利きの職人が多数呼び寄せられた。〜バイパス建設で、解体の危機を乗り越えた旧堺砲台跡も貴重。戦争遺構研究会、毎日、14.04.14





砲台は高さ約12m、周囲約53m。石造りの円形の塔で形状は植木鉢に似ている。砲眼(大砲を出す穴)11個と窓1個があり、あらゆる方向を狙う。幸いにも外国艦船と交戦する機会はなく、砲台は一度も使われないまま明治維新を迎えた。

 周囲の風景は大きく変わったが、砲台には当時の面影が残る。幕末をしのぶ重要な史跡として、多くの人が一目見ようと訪れるスポットだ。【幾島健太郎】〔阪神版〕



HANSHIN・VIEW:西宮砲台 幕末の面影、今に /兵庫

毎日新聞 2014年04月01日 地方版


 ◇現存する国指定史跡

 御前浜公園の東端に残る巨大な円柱状の白い建物は、江戸時代末期に造られた「西宮砲台」(西宮市西波止町)だ。もう1基現存する「和田岬砲台」(神戸市兵庫区)とともに国指定の史跡になっている。

 建設当時、アメリカやロシアなどの軍艦の来航に徳川幕府は危機感を抱き、京都防衛の要衝の大阪湾沿岸の軍事力強化に着手。軍艦奉行だった勝海舟の指導の下、文久3年(1863)に建設が始まり、全国から腕利きの職人が多数呼び寄せられた。

 砲台は高さ約12メートル、周囲約53メートル。石造りの円形の塔で形状は植木鉢に似ている。砲眼(大砲を出す穴)11個と窓1個があり、あらゆる方向を狙うことができる。だが、完成後に試し撃ちをすると、内部に煙が充満して実戦には向かなかったと伝わる。幸いにも外国艦船と交戦する機会はなく、砲台は一度も使われないまま明治維新を迎えた。

 周囲の風景は大きく変わったが、砲台には当時の面影が残る。幕末をしのぶ重要な史跡として、多くの人が一目見ようと訪れるスポットだ。【幾島健太郎】〔阪神版〕



1日韓関係 互いの歴史知る努力を。韓国と日本には最近、異様な雰囲気が漂っていますが、1500年前にさかのぼれば、仲むつまじく過ごしていました。韓日交流のための飛び石に。飛び石は時に洪水に流されるがいつかは石の上にどんな流れにも耐えられる橋を」〜歴史遺産を通して、韓日の文化交流を!近現代史研究会、朝日、14・04・13


2「歴史認識」をめぐり、日韓関係はこじれている。だが、東京とソウルの政治家の間で交わされる言葉の応酬を追うだけでは、大事なことを見落とす。韓国各地には、歴史を題材に地道な日韓交流に努める人がいるという事実だ。その心の大きさには学ばされる〜近代建築史の研究で、韓日の友好関係の樹立を近現代史研究会、朝日、14・04・13


3日本海を見渡す南東部蔚山の西生浦倭城。16世紀末の豊臣秀吉の「朝鮮出兵」で加藤清正が築いた城跡だ。そこで、日本人の研究者や観光客らを案内する解説士の金青子さんは「痛ましい歴史の現場で交流ができ、幸せな時代に生きていると感じます」と語った〜難問だが、歴史遺産で、韓日の相互理解を!近現代史研究会、朝日、14・04・13


4加藤清正を縁に、蔚山市と熊本市は友好協力都市に。韓国南部に残る城跡のほか、日本各地の城も訪ねて知識を磨く。「互いに相手の歴史も知り、歴史をありのまま受け入れることが大切では」と。いにしえからの、深く長いつながりを意識しながら、互いの歴史を知る努力を重ねたい〜韓日の将来が、愉しみ。近現代史研究会、朝日、14・04・13


 

朝日新聞デジタル(記者有論)日韓関係 互いの歴史知る努力を 中野晃。2014年4月11日05時00分
大阪社会部(前ソウル支局)・中野晃

 韓国中西部の公州(コンジュ)は、6世紀の日本に仏教を伝えたとされる百済の古都だ。町を流れる錦江そばの丘陵に武寧王陵がある。天皇陛下が2001年、誕生日前の記者会見で「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに韓国とのゆかりを感じています」と語った王の墓だ。

 その王陵から出土した宝物を展示する国立公州博物館で、元小学校長の黄圭馨(ファンギュヒョン)さん(88)は、訪れた日本人に、なめらかな日本語で、日本とのつながりも深い百済文化を解説している。

 黄さんは日本の植民地支配下で教育を受け、国民学校の教員をした。校長は日本人で「どれだけ日本人化しているか」で評価された。徴兵もされ、旧満州(中国東北部)で日本の敗戦を迎えて故郷に戻った。「どうせ学ばなければならないのなら徹底して」と身につけた日本語でいま、日韓の交流に尽くす。

 黄さんは解説の最後をこう締めくくる。「韓国と日本には最近、異様な雰囲気が漂っていますが、1500年前にさかのぼれば、仲むつまじく過ごしていました。私は、韓日交流のための飛び石になりたい。飛び石は時に洪水に流されるが、いつかは石の上にどんな流れにも耐えられる橋をつくりたい」

 「歴史認識」をめぐり、日韓関係はこじれている。だが、東京とソウルの政治家の間で交わされる言葉の応酬を追うだけでは、大事なことを見落としてしまう。韓国各地には、歴史を題材に地道な日韓交流に努める人がいるという事実だ。その心の大きさには学ばされる。

 日本海を見渡す南東部蔚山(ウルサン)の西生浦倭城(ソセンポウェソン)。16世紀末の豊臣秀吉の「朝鮮出兵」で加藤清正が築いた城跡だ。そこで、日本人の研究者や観光客らを案内する解説士の金青子(キムチョンジャ)さん(60)は「痛ましい歴史の現場で交流ができ、幸せな時代に生きていると感じます」と語った。加藤清正を縁に、蔚山市と熊本市は友好協力都市になった。

 金さんは韓国南部に残る城跡のほか、日本各地の城も訪ねて知識を磨く。「互いに相手の歴史も知り、歴史をありのまま受け入れることが大切では」と話す。

 日本と朝鮮半島の間には「痛ましい歴史」もあれば、「仲むつまじい時代」もある。いにしえからの、深く長いつながりを意識しながら、互いの歴史を知る努力を重ねたい。 (なかのあきら・大阪社会部〈前ソウル支局〉)



愛称の「めがね橋』と呼ばれている宮守川橋梁を、正しく評価して、復興のシンボルとして、文化財にして保存活用のご検討を要望します。岩手県知事殿、遠野市長殿、遠野市議会殿、文化庁殿。近代産業遺産の保存活用の研究している立場から関西から、保全再生へのご検討を、お願いします。近代産業遺産研14・04・13


  愛称の「めがね橋』と呼ばれている宮守川橋梁を、正しく評価して、復興のシンボルとして、文化財にして保存活用のご検討を要望します。14・04・14

  
岩手県知事殿、遠野市長殿、遠野市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

東日本大震災の復興を支援するため、岩手県のJR釜石線で復活した「SL銀河」42年前に引退した蒸気機関車は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の場面を連想させる遠野市の宮守川橋梁(昭和18年架設)などを走る〜復興のシンボルとして、宮守川橋梁を、将来、文化財にして保全活用されるよう要望します近現代産業遺産研究会、朝日、14・04・13

   宮守川橋梁は、岩手県遠野市宮守町下宮守にある鉄筋コンクリート造鉄道橋。東日本旅客鉄道(JR東日本)釜石線の鉄道用アーチ橋であり、国道283号と宮守川を跨ぐ。別称として、愛称の「めがね橋』宮守川橋梁は2代存在し、旧橋は大正4年に竣工。石造である旧橋の橋脚も3基現存。〜共に文化財に!近現代産業遺産研究会、ウキペヂア、14・04・13


旧橋は宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』のモチーフに。所在地は、JR釜石線の宮守駅 - 柏木平駅間の、宮守駅寄り。平成14年に土木学会選奨土木遺産に選定。平成21年2月には近代化産業遺産に認定され同年4月にはNPO法人地域活性化支援センターによって恋人の聖地に認定。近現代産業遺産研究会、ウキペヂア、14・04・13


近代産業遺産の保存活用の研究している立場から関西から、保全再生へのご検討を、お願いします。

      599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       近代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。




「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が5月の大型連休明けにも報告書を提出する方向で調整しており、安倍内閣はこれを受けて集団的自衛権の行使容認を閣議決定する。世論の反対で96条の改憲が当面難しいための奇策か?〜イエスマンの有識者を集めて、酷い法案を容認、許されない、阻止を。近現代産業遺産研究会、ウキペヂア、14・04・13






朝日新聞デジタル。めがね橋に雄姿 「SL銀河」復活 岩手。2014年4月13日05時00分

写真・図版
「めがね橋」の愛称で親しまれている宮守川橋梁(きょうりょう)を走行するSL銀河=12日午前、岩手県遠野市、日吉健吾撮影

 東日本大震災の復興を支援するため、岩手県のJR釜石線で復活した「SL銀河」。運行初日の12日、42年前に引退した蒸気機関車は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の場面を連想させる遠野市の「めがね橋」(宮守川橋梁〈きょうりょう〉)などを走り、線路沿いや駅は住民やファンらでにぎわった。釜石市の仮設住宅ではSL…



 素材。鉄筋コンクリート造

建設
1943年(昭和18年)竣工
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

宮守川橋梁(みやもりがわきょうりょう)は、岩手県遠野市宮守町下宮守にある鉄道橋である。

東日本旅客鉄道(JR東日本)釜石線の鉄道用アーチ橋であり、国道283号と宮守川を跨いでいる。別称として、愛称の「めがね橋』がある。

宮守川橋梁は2代存在し、旧橋は1915年(大正4年)に竣工し[1][2]、1943年(昭和18年)[3][4]に改修[1][3]されて現橋となった。改修以前には釜石線の前身である岩手軽便鉄道でも使用され、石造である旧橋の橋脚も3基現存している。旧橋は宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』のモチーフにもなった[1][3]。

所在地は、JR釜石線の宮守駅 - 柏木平駅間の、宮守駅寄りである。

2002年(平成14年)に土木学会選奨土木遺産に選定されている。2009年(平成21年)2月6日には近代化産業遺産に認定され[5]、同年4月にはNPO法人地域活性化支援センターによって恋人の聖地に認定された[2][3]。



ご意見への回答のお礼。
回答有難うございます。今後ともよろしくお願いします。


かけがえのない歴史建築として、正しく評価して、文化財にして保全活用されるようご指導を、お願いします。明治建築研究会。


> Subject: ご意見への回答(兵庫県)
> To: masami19928@hotmail.co.jp
> From: sawayakateian@pref.hyogo.lg.jp
> Date: Fri, 11 Apr 2014 17:48:41 +0900
>
>
>  このたびは、「さわやか提案箱」にメールをお送りいただきありがとう
> ございます。
>  明延鉱山の鉱山労働者社宅については、養父市教育委員会において保存
> ・活用に向けて取り組まれています。
>  兵庫県でも、地域の文化遺産の保護だけでなく、文化遺産を活用した地
> 域活性化にも取り組んでおりますので、今後、保存・活用に向けた具体的
> な相談等があれば必要に応じて協力していきたいと考えています。
>  詳細については、下記にお問い合わせください。
>
> ■県教育委員会事務局文化財課文化財班
>  TEL  078−341−7711(内線 5762 )
>  E-mail bunkazai@pref.hyogo.lg.jp
>
>  平成26年4月11日
>
>   柴田 正己 様
>
>                     兵庫県企画県民部広聴室長
>




  卒業生の保存を求める声を入れて、石巻市立大川小学校の旧校舎を「震災遺構」として正しく評価して、保存活用のご検討を要望します。14・04・08

  
宮城県知事殿、石巻市長殿、石巻市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

東日本大震災で児童・教職員計84人が死亡、行方不明となった石巻市立大川小の卒業生5人が、被災した旧校舎を「震災遺構」として保存してもらおうと、署名活動に取り組む考え。〜保存は辛いとの声もあるが、震災を忘れない為に、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、震災遺構として、保全活用を近現代産業遺産研究会、共同、14.04・07

卒業生たちは「大川小は心の居場所、そのままの姿で残してほしい」と意見を。大川小6年だった妹の佐藤みずほさんを亡くした石巻市の高校3年、そのみさんは「校舎に思い入れのある卒業生はたくさんいるはず。起きたことを伝えるためにも署名活動を」と。〜賛否両論あるが、震災の生き証人として活用を近現代産業遺産研究会、共同、14.04・07

被災校舎をめぐっては遺構の在り方を話し合う宮城県石巻市の検討委員会が議論の対象外とした。一方、委員会が1月に実施した市民アンケートでは回答の約1割が、リストに記載がないのに大川小を遺構候補に挙げ、関心の高さが浮き彫りに。〜辛さを乗り越えて、正しく評価して、震災遺構の保全活用を!近現代産業遺産研究会、共同、14.04・07


  財政難の中、子供達の保存の声に、震災遺構の保存活用の研究している立場から関西から、保全再生へのご検討を、お願いします。

      599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       近代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。



  「大川小の旧校舎残して」 卒業生が署名活動へ 。共同、2014/4/7 14:03 記事保存

 東日本大震災で児童・教職員計84人が死亡、行方不明となった宮城県石巻市立大川小の卒業生5人が、被災した旧校舎を「震災遺構」として保存してもらおうと、署名活動に取り組む考えを示した。

 6日に仙台市内で開かれた集まりで、卒業生たちは「大川小は心の居場所」「そのままの姿で残してほしい」と意見を語った。大川小6年だった妹の佐藤みずほさん(当時12)を亡くした石巻市の高校3年、そのみさん(17)は「校舎に思い入れのある卒業生はたくさんいるはず。起きたことを伝えるためにも署名活動をしたい」と述べた。

 集まりは、卒業生の思いを知ったメンタルケア支援グループが協力し、開かれた。

 被災校舎をめぐっては遺構の在り方を話し合う宮城県石巻市の検討委員会が議論の対象外とした。一方、委員会が1月に実施した市民アンケートでは回答の約1割が、リストに記載がないのに大川小を遺構候補に挙げ、関心の高さが浮き彫りとなっている。〔共同〕




 旧日本海軍の人間魚雷「回天」の実物大レプリカが完成し訓練基地があった大分県日出町大神(おおが)の基地跡地に登場。町は今年度、基地跡地を「大神回天訓練基地記念公園」(仮称)として約3500万円かけて整備〜歴史を正しく、伝えよう。戦争遺構の保存は、戦争賛美、反戦、ドチラにも使われる?戦争遺構研究会、朝日、14.04・07


レプリカの除幕式では、工藤義見町長が「悲惨な戦争を忘れず平和への思いを抱いてもらうため、子どもにも見てもらいたい」と。レプリカの製作費約630万円のほとんどを寄付した町内の松本商店(久留米市)の松本正二郎社長に感謝状を手渡した。〜市民の善意を、平和の為に、保存活用したいものです。戦争遺構研究会、朝日、14.04・07



大神地区には、現在も格納壕や燃料の圧縮酸素を製造する施設などが現存。近くの住吉神社付近には、基地にあった回天神社が移され、大分空港沖で漁網にかかった回天の機関部が保存。一角約1700平方mを公園として整備。〜戦争遺構を正しく評価して、平和教育の教材として、保全活用させたいものです。戦争遺構研究会、朝日、14.04・07






  人間魚雷、悲惨さ忘れまい 「回天」のレプリカ、大分に、朝日、2014年4月6日13時52分

 除幕された人間魚雷「回天」の実物大レプリカ=大分県日出町大神

 旧日本海軍の人間魚雷「回天」の実物大レプリカ(模型)が完成し、訓練基地があった大分県日出町大神(おおが)の基地跡地に登場した。町は今年度、基地跡地を「大神回天訓練基地記念公園」(仮称)として約3500万円かけて整備する。

 回天の基地は山口県の大津島、光、平生のほか、敗戦間際の1945(昭和20)年4月に開設された日出町の大神基地の4カ所があった。大神基地の広さは約25ヘクタールで、兵員は2千人規模。16機の回天が別府湾で訓練を重ね、待機命令を受けたが、実際は出撃することなく、敗戦を迎えた。

 回天は全長14・75メートル、直径1メートルの1人乗り魚雷。胴体先端部に爆薬を積み、搭乗員もろとも敵艦船に体当たりする目的で開発された。レプリカは同じ形の鋼製で重さ約4トン。設計図はなく先端部分の形状を再現するのに苦心したという。

 3日にあったレプリカの除幕式では、工藤義見町長が「悲惨な戦争を忘れず平和への思いを抱いてもらうため、子どもにも見てもらいたい」と語った。レプリカの製作費約630万円のほとんどを寄付した町内の法人・個人、金属の特殊加工の調査を重ねて忠実に再現した松本商店(福岡県久留米市)の松本正二郎社長に感謝状を手渡した。

 大神地区には、現在も格納壕(ごう)や燃料の圧縮酸素を製造する施設などが残っている。近くの住吉神社付近には、基地にあった回天神社が移され、大分空港沖で漁網にかかった回天の機関部がまつられている。町は、回天の水漏れを検査するプールなどがある調整場の一角約1700平方メートルを公園として整備する。町が土地を購入した上で、駐車場や休憩所、トイレなどを設けるという。

特攻兵の遺書、世界記憶遺産に申請 鹿児島・南九州(2/4)
死ぬ意味ってなんだ 「学徒で特攻」兄弟、語るあの時代(13/8/15)
戦争の記憶、本に託して 「生の声を後世に」出版相次ぐ(13/8/13)
抑留・引き揚げ資料、記憶遺産に申請 京都・舞鶴市(3/4)
「最後の特攻機」流星の風防見つかる 熊本県八代市(2/24)




  日本で初めて製造された0系新幹線やSLなど貴重な実物車両を多数展示し、子供から大人まで幅広く親しまれた大阪市港区の交通科学博物館が6日、52年の歴史に幕を〜大阪から移転され「京都鉄道博物館」へ、寂しい。我々が保存要望して残された、大正期の京都駅の鋳鉄製の柱も、移設されるのか、心配。明治建築研究会、共同、14・04・07


  日経。交通科学博物館、52年の歴史に幕 1万人が別れ惜しむ。2014/4/7 1:52 記事保存

 日本で初めて製造された0系新幹線やSLなど貴重な実物車両を多数展示し、子供から大人まで幅広く親しまれた大阪市港区の交通科学博物館が6日、52年の歴史に幕を下ろした。最終日は国鉄がJRになってから過去最多の1万43人の鉄道ファンらが押し寄せ、思い出の場所との別れを惜しんだ。


交通科学博物館が52年の歴史に幕。閉館を惜しむ人々が多数訪れた(6日、大阪市港区)=共同
画像の拡大
交通科学博物館が52年の歴史に幕。閉館を惜しむ人々が多数訪れた(6日、大阪市港区)=共同
 閉館セレモニーで兵東勇館長は「多くの人に愛されて最後の日を迎えることになり、感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつした。

 同館は1962年に旧国鉄が大阪環状線の開通を記念して「交通科学館」としてオープン。20両の実物車両のほか、7編成の鉄道模型が同時走行できる大型ジオラマ(幅約17メートル、奥行き約7メートル)などが人気を集めた。

 ピークの80年には約52万人が来場したが、最近は30万人程度に減り、老朽化などを理由に所有するJR西日本が昨年7月に閉館を発表。その後来場者が増え、先月には累計1800万人を突破した。

 兵庫県西宮市の会社員、渡辺雅吉さん(37)は「小学校の時に社会見学で訪れて、新幹線の運転士になりたいと思った懐かしの場所」と振り返る。同館を初めて訪れ、ジオラマを見た息子の朝陽君(5)は「僕は電車の運転士になりたい」と話していた。

 大阪市都島区の高校生、磯谷陽斗さん(17)は「幼稚園の頃から父と一緒に訪れ、食堂車でお弁当を食べるのが好きだった。閉館は本当に残念」と名残惜しんだ。

 同館のジオラマは解体されるが、車両や資料の多くは2016年に京都市下京区に新しく開館予定の「京都鉄道博物館」に移される見込み。




  解体予定の貴重な近代の産業遺産・旧都城郵便局を、歴史遺産として正しく評価して、何らかの形で、保存活用のご検討を要望します。14・04・05

  
宮崎県知事殿、都城市長殿、都城市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

 都城市中町の百貨店・旧都城大丸の事務所棟が、中心市街地の再生事業で解体され、まもなく姿を消す。38年に都城郵便局の庁舎として完成し、「逓信建築」と呼ばれる築76年の歴史ある建物。専門家からは惜しむ声も聞かれる〜歴史建築として、正しく評価して、文化財にして保全活用されるようご配慮を、近代産業遺産研究会、読売、14・04・04

郵便や通信事業などを管轄した旧逓信省が設計。様式建築に見られる装飾を行わず、窓を広く取り天井も高い点が、合理性や機能美を重視した昭和初期のモダニズム建築「逓信建築」逓信建築としては、「JPタワー」(東京)の建設に伴い、一部が保存された東京中央郵便局(31年完成)〜歴史の再評価を!近代産業遺産研究会、読売、14・04・04


  地元の保存の声に、近代産業遺産の保存活用の研究している立場から関西から、保全再生へのご検討を、お願いします。

      599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       近代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。



  「逓信建築」都城大丸の事務所棟解体へ。読売、2014年04月04日 15時20分。近く解体される事務所棟


 宮崎県都城市中町の百貨店・旧都城大丸の事務所棟が、中心市街地の再生事業で解体され、まもなく姿を消す。

 1938年に都城郵便局の庁舎として完成し、「逓信建築」と呼ばれる築76年の歴史ある建物。専門家からは惜しむ声も聞かれる。

 都城大丸が戦後に購入し、従業員の更衣室などとして使ってきた。鉄筋コンクリート造りで、3階部分が増築されるなどしたが、内部の階段周辺や天井のはりなどに建設時の面影を残す。

 近代建築に詳しい「北九州市門司麦酒ビール煉瓦れんが館」の市原猛志館長によると、郵便や通信事業などを管轄した旧逓信省が設計。様式建築に見られる装飾を行わず、窓を広く取り天井も高い点が、合理性や機能美を重視した昭和初期のモダニズム建築「逓信建築」の特徴をよく表しているという。逓信建築としては、「JPタワー」(東京)の建設に伴い、一部が保存された東京中央郵便局(1931年完成)などが知られている。

 都城大丸は2011年1月に閉店。都城商工会議所の加盟企業が出資し、跡地整備を手がけるハートシティ都城が13年3月に本館とともに購入した。ハート社は解体し、賃貸マンションなどを建設する。同商議所の倉吉教文専務理事は「歴史ある建物を壊すのは残念だが、現在の計画では、保存は難しい」と話す。

 文化財指定は受けていない。解体工事は4月以降に始まる予定で、市原館長は「一部の部材を保存するか、新しい建物にモチーフを取り入れる方法を検討してほしい」と訴えている。(阪東峻一)

2014年04月04日 15時20分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

最終決定には至っていないが、 "中国江蘇省南京市が、市内に残る旧日本軍の「慰安所」の建物を文化財として保存することを検討。〜日本からは、歓迎されないが、負の遺産として、かけがえのない歴史建築として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用される事には、賛成である。戦争遺構研究会、共同、14・04・09


日刊旧建築 ‏@alterbau ・ 4月4日
「南京市「慰安所」文化財で保存へ 歴史問題で日本けん制」 http://bit.ly/1dXzTno "中国江蘇省南京市が、市内に残る旧日本軍の「慰安所」の建物を文化財として保存することを検討していることが4日、分かった。南京市当局者が明らかにした。ただ最終決定には至っていない




南京市が、同市内に残る旧日本軍の「慰安所」の建物を文化財として保存することを検討。南京市当局者が明らかに。最終決定には至っていない〜日本には辛い事だが、批判されるとも歴史建築を研究する立場からは、後世に悔いを残さないよう正しい事実を、改ざんしないで、負の歴史の生き証人として保全を明治建築研究会、共同、14・04・04


中国は、従軍慰安婦問題を対日外交カードとはしてこなかったが、最近は歴史問題で韓国と“共闘”し日本に対する圧力を。慰安所保存も日本けん制の動き。中国メディアによると、慰安所の敷地面積は4800平方mで、複数の木造の建物が現存「アジアで現存する最大の慰安所跡」〜平和構築の歴史再生を!明治建築研究会、共同、14・04・04


上海市で2月に開かれたシンポジウムでは、中韓の研究者らが、慰安婦に関する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録申請する方針を盛り込んだ決議を採択。地元の研究家らが付近に、資料などを展示する「慰安婦記念館」の建設を計画〜恨みでなく、未来の平和に繋がる歴史再生を!明治建築研究会、共同、14・04・04



  南京市「慰安所」文化財で保存へ 歴史問題で日本けん制

 中国江蘇省南京市が、同市内に残る旧日本軍の「慰安所」の建物を文化財として保存することを検討していることが4日、分かった。南京市当局者が明らかにした。ただ最終決定には至っていないという。

 これまで中国は、従軍慰安婦問題を対日外交カードとはしてこなかったが、最近は歴史問題で韓国と“共闘”し、日本に対する圧力を強めている。慰安所保存も日本けん制の動きとみられる。

 中国メディアによると、慰安所の敷地面積は4800平方メートルで、複数の木造の建物が現存。周辺の店舗などを含めた面積は8千平方メートルあったとされ、専門家は「アジアで現存する最大の慰安所跡」としている。

 慰安所には朝鮮半島や日本から慰安婦が集められていたという。

 また地元の研究家らが付近に、資料などを展示する「慰安婦記念館」の建設を計画している。

 上海市で2月に開かれたシンポジウムでは、中韓の研究者らが、慰安婦に関する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録申請する方針を盛り込んだ決議を採択した。

 中国外務省は同月、外国メディアを対象に、南京市の「南京大虐殺記念館」などを見学するプレスツアーを実施した。(共同) [ 2014年4月4日 12:20 ]



  東日本大震災で被災した宮城県石巻市雄勝地区で、築90年を超える廃校を再生するプロジェクトが進行。12年前、平成の大合併で廃校になった旧桑浜小学校だ。建物は東京駅の屋根でも使用されている雄勝石のスレート(瓦)でできた由緒正しいもの。小学校を再生させる。〜貴重な資源の再利用、万歳!近現代産業遺産研究会、日径、14・04・03


  日経BP。もっと詳しく被災地、石巻市雄勝地区で廃校再生 子どもとともに 。築90年超の小学校校舎 (1/3ページ) 2014/4/2 6:40 記事保存

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市雄勝(おがつ)地区で、築90年を超える廃校を再生するプロジェクトが進んでいる。12年前、平成の大合併で廃校になった旧桑浜小学校だ。建物は東京駅の屋根でも使用されている雄勝石のスレート(瓦)でできた由緒正しいもの。小学校を再生させる取り組みを現地で訪ねた。


  石巻市の震災伝承検討委員会は1月、津波被害の惨状が残る「震災遺構」として保存を検討中の市立門脇小学校の校舎を視察。鉄筋コンクリート3階建ての門脇小は震災当時、津波と火災に。学校にとどまっていた児童約220人は高台に避難して無事だったが、下校した複数の児童が犠牲に〜保存・活用を!近現代産業遺産研究会、共同、14・04・03



  「震災遺構」に検討 石巻市検討委、小学校校舎を視察 。2014/1/22 21:34 記事保存

 宮城県石巻市の震災伝承検討委員会は22日、津波被害の惨状が残る「震災遺構」として保存を検討中の市立門脇小学校の校舎を視察、報道関係者にも公開した。

 鉄筋コンクリート3階建ての門脇小は震災当時、津波と火災に見舞われた。学校にとどまっていた児童約220人は高台に避難して無事だったが、下校した複数の児童が犠牲になった。

 内部は今もランドセルや教科書が散乱し、火が襲った教室には焼け焦げた机や椅子が転がっていた。〔共同〕

1872年10月に新橋―横浜間で正式開業した日本の鉄道。ただ今のJR新橋駅は1909年に烏森駅として開業し、5年後の東京駅開業時に新橋駅に改称。日本初の鉄道ターミナル「新橋停車場」は新橋駅の2百m余り東にあった。文明開化の象徴とされた石張りの西洋建築が再建〜懐かしい歴建築の再建。近現代建築史研究会、朝日、14・04・02

(各駅停話)新橋駅 よみがえった停車場。「新橋停車場は新橋の名を譲ると貨物用の汐留駅になりました。関東大震災で焼失しましたが、発掘された遺構の70センチ真上に2003年に再建されました」と、「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」の河野真理子・学芸員が説明。〜再建には、賛否両論の意見が?近現代建築史研究会、朝日、14・04・02

 (各駅停話)新橋駅 よみがえった停車場。朝日、2014年4月2日14時58分

写真・図版
旧新橋停車場の遺構の真上に再現されたホームと駅舎=東京都港区東新橋1丁目


 1872年10月14日に新橋―横浜間で正式開業した日本の鉄道。ただ今のJR新橋駅は1909年に烏森駅として開業し、5年後の東京駅開業時に新橋駅に改称したもの。日本初の鉄道ターミナル「新橋停車場」は新橋駅の200メートル余り東にあった。文明開化の象徴とされた石張りの西洋建築が再建されている。

「各駅停話」一覧
“テツ”の広場

 「新橋停車場は新橋の名を譲ると貨物用の汐留駅になりました。関東大震災で焼失しましたが、発掘された遺構の70センチ真上に2003年に再建されました」と、「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」の河野真理子・学芸員が説明する。



日本人が大好きなサクラがいま、危機にさらされていることを皆様はご存知ですか?。現在、全国各地で地域住民の方や、行政の方たちが「サクラを守ろう」、「桜守」として声を上げて。必要とされているのは必ずしも伐採ではなく、サクラを適切に管理する知識とノウハウ!〜国民全体でサクラを、守ろう近現代史研究会、Change.org 。kキャンペーン。サクラを未来に! 〜ソメイヨシノを守ろう〜 14・04・01



メディアの方にお願い。全国のサクラたちの現状を調査して、報道して。立ち枯れの危機を迎えているサクラと私たち読者、視聴者がどのように向き合うべきか「寿命」を乗り越えるためにどのようにサクラを管理するべきか、情報を幅広く報道していただきたい〜桜見物の魅力と、再生運動を、同時に進めよう近現代史研究会、Change.org 。kキャンペーン。サクラを未来に! 〜ソメイヨシノを守ろう〜 14・04・01



全国各地に植えられた数mの無名のサクラたちが大きく育ち、大樹となり、私たちを楽しませてくれていることを考えると、生き続けることの尊さを。命の再生のシンボルとも言えるサクラを、孫やひ孫の世代まで伝えたいと思う。サクラたちは「助けて!」と声をあげることができないので、私たちが声を!近現代史研究会、Change.org 。kキャンペーン。サクラを未来に! 〜ソメイヨシノを守ろう〜 14・04・01


養父市教委がまとめた基本計画によると、明延に残る社宅は4棟の長屋。建設は1933年とみられ、当時のままの外観や内部の構造が保存。60年代の高度経済成長期、都市部に開発されたニュータウン(団地)の間取りを先取りするもの。〜復元保存、公開を契機に、歴史建築として文化財にして保全活用を明治建築研究会、神戸、14・03・29


公開される部分は、状態の良かった畳を敷き、傷んでいた天井は張り替えた。障子やふすま、戸などの建具も修理しており、台所には、かまどを復元。今後、かつての電化製品や家具なども置いて展示することにしている。一方、当時の生活を説明するガイドの養成も検討。公開する予定。〜生活史の生き証人。明治建築研究会、神戸、14・03・29

神戸新聞。3 月 29 日 。鉱山労働者社宅、復元保存し公開へ 養父市教委。昭和のたたずまいを再現した長屋の室内=養父市大屋町明延

水道のない台所。かまども復元した 。北星長屋社宅の外観

 兵庫県の養父市教育委員会はこのほど、明延鉱山(同市大屋町明延)に残る鉱山労働者社宅4棟を復元保存し、公開する方針を固めた。生野鉱山(朝来市生野町)にあり、既に公開されている甲社宅のような幹部社員用ではなく、鉱山従業員の社宅が残っている例は全国的にも珍しいという。

 養父市教委がまとめた基本計画によると、明延に残る社宅は4棟の長屋。建設は1933年とみられ、当時のままの外観や内部の構造が保存されている。60年代の高度経済成長期、都市部に開発されたニュータウン(団地)の間取りを先取りするものでもあった。

 毎月第1日曜日にある一円電車の体験乗車会に合わせて公開する予定で、1回目は4月6日となる。同市大屋地域局TEL079・669・0120(三上彰)



  中国地方有数の木造駅舎
DATA

■設計:不詳
■所在地:山口県岩国市錦見
■用途:駅、交流施設
■竣工:1929年(昭和4)?
■構造:木造
■付近の地図(mapion)

かつての岩国駅。現在は岩徳線だが、かつて山陽本線だった時期があり、その名残で長いホームが残っている。(写真#4)
錦帯橋に向かう観光客は岩国駅からバスを利用しており、岩徳線の本数も乗降客数も少ないため、現在は無人駅化されている。駅舎の所有権はJRから岩国市に移転しており、さらにNPOがギャラリー等に活用している。
建築としての洗練度は”そこそこ”であるが、修復工事を受けており往事の佇まいを留めている。地域の宝物として使い続けられることを願いたい。

JR西岩国駅Nishi Iwakuni Station

1:ファサード。アーチは錦帯橋を連想させる。 2:待合室空間。 3:木製の改札ブース。おそらく復元と思われる。 4:今の岩徳線は1〜2両編成なのに、ホームは不必要に長い。かつて山陽本線の駅として使われた名残だろう。 5:全景。
 
 
朝日新聞デジタル。零戦墜落場所を確認 千葉・睦沢町、機関銃弾の薬莢発見。稲田博一。2014年3月22日08時40分

墜落した零戦の同型機の模型=睦沢町歴史民俗資料館蔵、真行寺重昭さん製作

 終戦間近の1945年6月5日、千葉県茂原市にあった海軍飛行場から飛びたった零戦1機が、睦沢町に不時着を試み、山中に墜落した。記録には残されていたが、詳しい場所は分からなくなっていた。同町文化財審議会委員の幸治(こうじ)昌秀さん(70)らが3年間の調査の上、機関銃弾の薬莢(やっきょう、発射薬を入れる部分)を発見、墜落場所を特定した。幸治さんは遺族を捜し、報告したいと話している。

 見つかった薬莢は直径18・8ミリ、高さ44・2ミリ。上部が破裂している。金属探知機を使って、山の中を捜索中に金属の反応があったため、木の根の下を掘ったところ地中15センチほどの所から見つかった。同町歴史民俗資料館で調べたところ、旧海軍の機関銃弾の薬莢と分かった。墜落炎上した際に爆発したと思われる。

 同館によると、この墜落は戦後長い期間、同町でもほとんど知られていなかった。茂原飛行場の歴史を研究していた人が2011年春に、同飛行場を使っていた海軍第252航空隊の飛行機隊戦闘行動調書の中から、不時着の記録を見つけた。午前8時45分に4機で哨戒に飛び立った零戦のうちの1機、柏木盈衛(みつえ)二飛曹機について、「茂原南方土睦村字北山堀井谷山林中ニ不時着機体炎上搭乗員戦死」と記されていた。


  保存の熱意、無にするな!。堺市のJR阪和線沿いに広がる住宅地に、ぽっかりと浮かぶ島のように「いたすけ古墳」と呼ばれる前方後円墳。全長146m。日本最大の仁徳陵古墳(486m)に代表される百舌鳥古墳群では8番目の大きさを誇る〜昔、署名集めをした記憶が、木造橋も含めて、整備、再生を!近現代史研究会、朝日、14・03・18


この古墳はかつて全国の注目を集めた。55年、宅地開発のために壊されそうになり、若手学者や学生が市民に呼びかけ、開発反対と保存を求める運動を展開した。その結果、堺市が古墳を買い取り、翌年には国史跡に指定。全国各地で起きた遺跡保存運動の先駆けになった出来事〜文化財保存運動、堺の誇か?近現代史研究会、朝日、14・03・18


世界文化遺産への登録は「顕著な普遍的価値」が条件だ。百舌鳥古墳群で周囲の堀まで残っているのは、陵墓以外では、いたすけ古墳だけだ。保存を求めた人たちの思いを生かし、市民が価値を再認識できる場に。〜文化財保存運動の、原点。先人達の努力のあとを忘れない為にも、早急に史跡の整備、再生を!近現代史研究会、朝日、14・03・18





  朝日新聞デジタル。 (記者有論)いたすけ古墳 保存の熱意、無にするな 今井邦彦。2014年3月18日05時00

編集委員・今井邦彦
 堺市のJR阪和線沿いに広がる住宅地に、ぽっかりと浮かぶ島のように「いたすけ古墳」と呼ばれる前方後円墳がある。全長146メートル。日本最大の仁徳陵古墳(486メートル)に代表される百舌鳥(もず)古墳群では8番目の大きさを誇る。

 この古墳はかつて全国の注目を集めたことがあった。1955年、宅地開発のために壊されそうになり、若手学者や学生が市民に呼びかけ、開発反対と保存を求める運動を展開した。その結果、堺市が古墳を買い取り、翌年には国史跡に指定された。全国各地で起きた遺跡保存運動の先駆けになった出来事だ。

 運動の中心を担った森浩一・同志社大名誉教授は、いたすけ古墳を墳丘に上がれるように整備し、訪れた人が前方後円墳の大きさを体感する場にすることを提案していた。だが、史跡指定から60年近くたった今も、発掘調査も整備もされないままだ。

 堺市にも言い分はある。

 開発工事で破壊される遺跡の調査と記録保存に追われ、すでに史跡と指定された古墳を調査する余裕はなかったという。2006年に保存管理計画を立てるため、百舌鳥古墳群の総合的な調査が始まったが、この際も墳丘が崩落するなど緊急性が高い古墳の調査が優先されてきた。

 森さんは昨年、85歳で死去。大学生の時に保存運動に参加した地元の歯科医、宮川すすむ(すすむ)さんは81歳になった。「運動の熱気を覚えている人たちも少なくなった。『古墳が残ってよかった』と思ってもらうためにも早く市民に開放して欲しい」と話す。保存に尽力した人たちが元気なうちに、整備と公開に道筋を示すことはできないだろうか。

 百舌鳥古墳群と古市(ふるいち)古墳群(大阪府羽曳野・藤井寺両市)は巨大古墳が集中し、ユネスコ(国連教育科学文化機関)世界文化遺産の国内候補となっている。

 古墳群のうち、天皇、皇族の墓である陵墓やその候補地とされた古墳は、宮内庁によって厳重に管理され、一般の人は立ち入りが禁じられている。その一方、そこから漏れた古墳は、文化財保護制度が整う前に次々と壊された。今は、残された古墳の直近まで住宅が広がっている。

 世界文化遺産への登録は「顕著な普遍的価値」が条件だ。百舌鳥古墳群で周囲の堀まで残っているのは、陵墓以外では、いたすけ古墳だけだ。保存を求めた人たちの思いを生かし、市民が価値を再認識できる場にしてほしい。(いまいくにひこ 編集委員)




  愛する家族との生活、明日からのアモイでの厳しい仕事、みんなの支えがあればこその仕事に、感謝を。中国悪者論が多い日本ですが、コツコツと中日友好の輪を広げるだけです。政治は、非日常を信じて、中日の関係悪化を願う力に負けないで、仕事を通して、次の時代へ平和の為の、橋渡しをしたいものです。戦争遺構研究会、14・03・17

明治建築研究会が要望し、その後中国政府も提言している旧満州地区の日本時代の明治建築、近現代建築の世界遺産登録も、目的は、歴史遺産の保存を通して中日友好につなげたい為の、地ならしにしたい。韓国の旧朝鮮総督府庁舎の、世界遺産登録は、実現できませんでしたが、旧満州建築の登録の、要望を。戦争遺構研究会、14・03・17





平成24年11月12日

 近代産業遺産研究会 様

岐阜県商工労働部  
商工政策課長  

 拝啓 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、11月7日に貴会から県民生活相談センターへお寄せいただきましたご意見に対する回答につきましては、次のとおり考えております。
 なお、今後とも、よりよい県政を築くために、県政へのご協力をお願い申し上げます。                                    



 東日本大震災により、改めて大震災発生時における亜炭鉱廃坑の危険性が明らかになったことから、空洞充填など抜本的な地盤対策工事の実施に向けた県民の安全・安心の確保を最優先としていきたいと考えています。


  1津波で横転したRC造の解体始まる、保存は1棟のみ 。撤去と保存を分けたものは…女川町が震災遺構として保存する女川交番。周辺は震災メモリアル公園となる。一方で、2棟より北側に位置する「女川交番」(RC造2階建て)は震災遺構として保存。〜文化財にして保全活用されるよう要望します。近代産業遺産研究会、NA,14/03/12


2)3棟ともに「津波の学術的な価値も高く、今後の津波被害軽減のための基準をつくるうえでも大変貴重なもの」として保存候補に挙がっていた建物だ。住民からは震災を風化させないために残してほしいという声がある一方で、惨事を思い出すとして撤去してほしいという意見も根強かった〜正しい再評価を近代産業遺産研究会、NA,14/03/12


3撤去と保存を分けたのは、復興工事の支障になるか否か。女川サプリメントは港のすぐ脇に位置し、護岸工事の障害に。江島共済会館がある場所には、線形を変更する都市計画道路が通ることになっている。道路建設のための造成工事が今年秋に始まる予定だ〜出来るだけ震災遺構は、被災の生き証人として!近代産業遺産研究会、NA,14/03/12


4女川交番の周辺は震災メモリアルパーク公園を含む観光交流エリアとなることが決まっており、遺構として保存するのに適していた。また、公園整備の着工は2016年後半の予定で、活用方法を考える時間的余裕があることも保存を後押し〜貴重な震災遺構として、後世に悔いを残さないよう正しい評価を!近代産業遺産研究会、NA,14/03/12


5女川町は震災遺構の活用策検討業務の公募型プロポーザルを実施し、2月にランドブレイン(東京都)を特定。女川交番の応急補修計画を作成するほか、女川サプリメントと江島共済会館については、東北大学が実施した3次元レーザーによる測量データの活用方法も検討。参考業務規模は1352万4千円。近代産業遺産研究会、NA,14/03/12

  津波で横転したRC造の解体始まる、保存は1棟のみ NA,2014/03/12
撤去と保存を分けたものは…

女川町が震災遺構として保存する女川交番(2013年9月撮影)。周辺は震災メモリアル公園となる(写真:日経アーキテクチュア)

 一方で、2棟より北側に位置する「女川交番」(RC造2階建て)は震災遺構として保存する。

 3棟ともに「津波の学術的な価値も高く、今後の津波被害軽減のための基準をつくるうえでも大変貴重なもの」として保存候補に挙がっていた建物だ。住民からは震災を風化させないために残してほしいという声がある一方で、惨事を思い出すとして撤去してほしいという意見も根強かった。

 撤去と保存を分けたのは、復興工事の支障になるか否かだった。女川サプリメントは港のすぐ脇に位置し、護岸工事の障害になる。江島共済会館がある場所には、線形を変更する都市計画道路が通ることになっている。道路建設のための造成工事が今年秋に始まる予定だ。

 女川交番の周辺は震災メモリアルパーク公園を含む観光交流エリアとなることが決まっており、遺構として保存するのに適していた。また、公園整備の着工は2016年後半の予定で、活用方法を考える時間的余裕があることも保存を後押しした。

 女川町は震災遺構の活用策検討業務の公募型プロポーザルを実施し、2月26日にランドブレイン(東京都千代田区)を特定した。女川交番の応急補修計画を作成するほか、女川サプリメントと江島共済会館については、東北大学が実施した3次元レーザーによる測量データの活用方法も検討する。参考業務規模は1352万4000円で、近く契約する予定だ。



1財政的な問題から、保存の可否を慎重に検討せざるを得ない自治体も。岩手県田野畑村は、明戸地区の防潮堤▽三陸鉄道島越駅の階段と宮沢賢治詩碑▽羅賀地区の津波石−の3件の震災遺構を保存したい意向だが、「小さい自治体なので、維持費を通常の財源から捻出するのは難しい」。〜早急に保存支援を!近現代産業遺産研究会、産経、14・03・10



2入場料などを徴収して維持費に当てることを検討している自治体もあるが、同村の遺構は防潮堤や石碑などのため、入場料などでの収入は見込めない。村は「維持費を算出中で、現実的に維持管理が可能かどうか慎重に吟味している」と〜後世の為にも、財政難で、安易に解体しないように、国の補助・支援を近現代産業遺産研究会、産経、14・03・10



3一度は解体を決定したものの着手できないままになっている自治体も。政府が昨年11月、被災市町村で1カ所ずつを対象に、震災遺構の保存の初期費用を負担する方針を表明。これを受け、宮城県が各地の遺構の保存を議論する有識者会議を設置。〜震災を物語る生き証人として、保全再生の検討の議論を!近現代産業遺産研究会、産経、14・03・10



4有識者会議は来年3月までに結論を出す予定で、復興事業の支障になるとして防災対策庁舎を昨年末までに解体することを決定していた同県南三陸町は「国や県の新方針で解体できなくなった。会議の動向を注視しているが、『解体決定』の結論は変わらない」と〜被災者の気持ちも分かるが、保全・活用を!近現代産業遺産研究会、産経、14・03・10

.


保存意向も維持費厳しく 国の新方針で解体できず。産経、2014.3.7 15:39

 財政的な問題から、保存の可否を慎重に検討せざるを得ない自治体もある。岩手県田野畑村は、明戸地区の防潮堤▽三陸鉄道島越駅の階段と宮沢賢治詩碑▽羅賀地区の津波石−の3件の震災遺構を保存したい意向だが、「小さい自治体なので、維持費を通常の財源から捻出するのは難しい」(担当者)という。

 入場料などを徴収して維持費に当てることを検討している自治体もあるが、同村の遺構は防潮堤や石碑などのため、入場料などでの収入は見込めない。村は「維持費を算出中で、現実的に維持管理が可能かどうか慎重に吟味している」としている。

 一方、一度は解体を決定したものの着手できないままになっている自治体もある。政府が昨年11月、被災市町村で1カ所ずつを対象に、震災遺構の保存の初期費用を負担する方針を表明。これを受け、宮城県が各地の遺構の保存を議論する有識者会議を設置した。

 有識者会議は来年3月までに結論を出す予定で、復興事業の支障になるとして防災対策庁舎を昨年末までに解体することを決定していた同県南三陸町は、「国や県の新方針で解体できなくなった。会議の動向を注視しているが、『解体決定』の結論は変わらない」としている。
.

解体予定の貴重な近代の産業遺産、栃木市藤岡町の旧岩崎醤油跡の建築の一部を、歴史遺産として正しく評価して跡地利用の中に保存活用のご検討を要望します。栃木県知事殿、栃木市長殿、栃木市議会殿、文化庁殿。突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。近代産業遺産研究会、14・03・07

 
解体予定の貴重な近代の産業遺産、藤岡町の旧岩崎醤油跡の建築の一部を、歴史遺産として正しく評価して跡地利用の中に保存活用のご検討を要望します。14・03・07

  
栃木県知事殿、栃木市長殿、栃木市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。

  大正期に建てられ地元の発展を支えた藤岡町の岩崎醤油(岩崎興三社長)の工場が取り壊される。生産は30数年前に終了したものの、約1万3千平方mの敷地には、今も約20棟の建物が残る。隆盛期を知る地元住民からは名残を惜しむ声が上がる。〜歴史遺産として、一部を、跡地利用の中で、保全活用を。近代産業遺産研究会、「下野新聞」、14・03・07

1842年ごろ、同所の米穀商、岩崎清兵衛氏が醸造販売を。孫の清七氏の代には、1900年のパリ万国博覧会に日本代表として自社製しょうゆを出品し、見事ブロンズ賞を受賞。今もメダルは事務所に。その後、「岩崎醤油」とし、工場設備。工場跡地で太陽光発電事業を検討。〜開発的保全再生の検討を要望。近代産業遺産研究会、「下野新聞」、14・03・07

 財政難の中、保存の声に、近代産業遺産の保存活用の研究している立場から関西から、保全再生へのご検討を、お願いします。

      599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       近代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。



大正期の工場取り壊し 栃木の岩崎醤油。3月6日 朝刊

 【栃木】大正期に建てられ地元の発展を支えた藤岡町藤岡の岩崎醤油(岩崎興三社長)の工場が取り壊されることになった。生産は30数年前に終了したものの、約1万3千平方メートルの敷地には、今も約20棟の建物が残る。隆盛期を知る地元住民からは名残を惜しむ声が上がる。同社幹部は「老朽化が激しい。残念だが、災害で倒壊などして近隣に迷惑はかけられない」と話している。

 1842年ごろ、同所の米穀商、岩崎清兵衛氏が醸造販売を始めた。孫の清七氏の代には、1900年のパリ万国博覧会に日本代表として自社製しょうゆを出品し、見事ブロンズ賞を受賞した。今もメダルは事務所に飾られている。その後、株式会社「岩崎醤油」とし、工場設備を整えた。65年には臨時工員を含め年間延べ2700人が製造にあたった。77年からは製造を他の会社に委託し、販売のみを行ってきた。

 同社は、工場跡地で太陽光発電事業を検討しており、事業が決まり次第、解体工事に入る予定という。
「下野新聞」朝刊



宮城県女川町は3日、東日本大震災で倒壊し、津波の威力を伝える震災遺構として保存の検討対象としていた民間薬局ビル「女川サプリメント」の解体。建物内部に突っ込んだ状態の乗用車が姿を現し津波のすさまじさを見せつけた〜賛否両論はあるが、後世に震災の生き証人として保存再生の検討を要望します近現代産業遺産研究会、河北新報、14・03・07



女川町は中心部でそれぞれ別方向に横倒しとなった女川サプリメントと離島・江島の住民の宿泊施設「江島共済会館」、「旧女川交番」について保存の可否を検討。復興事業への影響や損傷の度合いから判断し、サプリメントと共済会館の解体を決めた。旧女川交番は保存する方針〜保存・活用の工夫、検討を!近現代産業遺産研究会、河北新報、14・03・07




  河北新報。2014年03月04日火曜日。記憶に刻んで 女川の被災薬局ビル、解体始まる

解体作業が始まった女川サプリメント=3日午後1時25分ごろ、宮城県女川町

 宮城県女川町は3日、東日本大震災で倒壊し、津波の威力を伝える震災遺構として保存の検討対象としていた民間薬局ビル「女川サプリメント」の解体を始めた。
 シートで周囲を覆い、建設業者が重機3台で床部分などのコンクリートを砕いた。建物内部に突っ込んだ状態の乗用車が姿を現し、津波のすさまじさを見せつけた。
 町は中心部でそれぞれ別方向に横倒しとなった女川サプリメントと離島・江島の住民の宿泊施設「江島共済会館」、「旧女川交番」について保存の可否を検討。復興事業への影響や損傷の度合いから判断し、サプリメントと共済会館の解体を決めた。旧女川交番は保存する方針。
 解体作業は27日までに終わる見通し。跡地は漁港の一部として整備される。



朝日新聞デジタル(各駅停話)日野駅 れんが、駅誘致の支えに。2014年2月28日14時47分

多摩川橋梁(きょうりょう)を渡る列車。中央線の前身の甲武鉄道開業時の、れんがが露出した橋脚が1本残る=東京都日野市栄町1丁目

 JR日野駅から東京方面の電車に乗ると、すぐに多摩川を渡る全長約440メートルの多摩川橋梁(きょうりょう)が現れる。下り線は複線化で後に増築されたものだが、上り線は中央線の前身、甲武鉄道が開業した1889年に造られた橋脚や橋台が現役で使われている。

「各駅停話」一覧
“テツ”の広場
 多摩川の土手に下りると、電車が走る真下でれんが造りの橋脚を見ることができる。ほとんどは白く塗装されているが、1本だけ赤茶色のれんがそのままの橋脚もある。



  
この度は、解体予定の貴重な近代の産業遺産・文化財の保存活用の決断有難うございます。後世に悔いを残さないよう将来の為に、今まで以上に、活用されるようお願いします。14・02・28‏

  
大分県知事殿、玖珠町長殿、玖珠町議会殿、 福岡県知事殿、志免町長殿、文化庁殿

ご面倒をおかけし、感謝申し上げます。

 福岡県志免町は、町内の公園に展示している約100年前の蒸気機関車(SL)を大分県玖珠町に無償譲渡する方針を決めた。老朽化に伴い解体、撤去する予定だったが、鉄道ファンの惜しむ声に応える形で玖珠町が引き取ることを申し出た。玖珠町の国登録有形文化財、旧豊後森機関庫に移設〜町の英断万歳!近現代産業遺産研究会、毎日、14・02・27

福岡県志免町のSL移設が期待される旧豊後森機関庫。SLは、大正8年製の「9600型」(愛称・キューロク)で、戦前戦後に九州各地で石炭などの貨物をけん引。原爆投下直後に被爆者の救援に使われたとされる。74年に廃車。75年、志免町の「中の坪公園」に展示。〜歴史遺産への保全再生への理解。近現代産業遺産研究会、毎日、14・02・27

玖珠町は旧機関庫を中心に鉄道をテーマにした町づくり構想があり鉄道ファンらから志免町のSLの引き取りを求めるメールや手紙などが観光協会などに多数寄せられた。朝倉浩平町長が今月19日、志免町の南里辰己町長と会談し、無償譲渡でほぼ合意。玖珠町商工観光振興課は14年度内に移設〜素晴らしい。近現代産業遺産研究会、毎日、14・02・27


   
財政難の中、保存の声に、近代産業遺産の保存活用の研究している立場から関西から、保全再生への配慮にお礼申し上げます。

      599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       近代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。
  



 
SL:解体予定が一転移設へ 福岡から大分へ無償譲渡。毎日新聞 2014年02月27日 06時45分(最終更新 02月27日 07時07分)

解体予定だった中の坪公園のSL=福岡県志免町で、黒澤敬太郎撮影

 福岡県志免町は、町内の公園に展示している約100年前の蒸気機関車(SL)を大分県玖珠町に無償譲渡する方針を決めた。老朽化に伴い解体、撤去する予定だったが、鉄道ファンの惜しむ声に応える形で玖珠町が引き取ることを申し出た。玖珠町の国登録有形文化財、旧豊後森機関庫に移設される。

 SLは1919(大正8)年製の「9600型」(愛称・キューロク)で、戦前戦後に九州各地で石炭などの貨物をけん引。原爆投下直後に被爆者の救援に使われたとされる。74年に廃車。75年、志免町の「中の坪公園」に展示された。


福岡県志免町のSL移設が期待される旧豊後森機関庫=楢原義則撮影


 老朽化に伴い、町はSLの修復と近くの公園への移設を計画したが、費用が高額になることから町議会が拒否。3月末までに解体することが決まっていた。

 一方、玖珠町は旧機関庫を中心に鉄道をテーマにした町づくり構想があり、鉄道ファンらから志免町のSLの引き取りを求めるメールや手紙などが観光協会などに多数寄せられた。朝倉浩平町長が今月19日、志免町の南里辰己町長と会談し、無償譲渡でほぼ合意したという。玖珠町商工観光振興課は「2014年度内に移設したい」としている。【楢原義則、黒澤敬太郎】



  旧海軍機:「流星」風防、熊本の民家で保管

毎日新聞 2014年02月24日 07時30分(最終更新 02月24日 12時19分)

見つかった旧海軍艦上攻撃機「流星」の風防=熊本県錦町一武の錦町青年会館で2014年2月23日午後1時31分、井川加菜美撮影

海軍艦上攻撃機「流星」

 市民団体「熊本の戦争遺跡研究会」(事務局・熊本県玉名市)などは23日、太平洋戦争末期に生産された旧海軍艦上攻撃機「流星」の風防が同県八代市の民家で見つかったと発表した。国内に現存する唯一の「流星」の機体の一部という。

 研究会などによると、流星は1944年4月から約110機生産された。戦後、1機が米国のスミソニアン航空宇宙博物館に分解保存されているが、機体は国内で確認されていなかった。

 見つかった風防は、六つあるパーツのうち五つで、全長約4メートル、高さ約5〜80センチ、幅約15〜83センチ。強度のあるガラスやアクリル材などで作られ、内側に機銃固定用の金具などが残る。

 流星の風防は当時、三陽航機八代工場(同市)で生産された記録があり、見つかった風防も同工場で生産された未使用品。工場関係者の男性(故人)が保管していたものを2008年に八代市の男性が譲り受け、自宅車庫で保存していた。

 一般財団法人日本航空協会(東京都)の長島宏行副部長は「形状から流星の風防と思われる。保存状態も比較的良く、貴重な資料だ」とコメントした。

 風防は8月、玉名市の市立歴史博物館で公開される予定。

 現代史家の秦郁彦さんによると、流星は敗戦の日の1945年8月15日、玉音放送前に千葉県木更津基地から特攻出撃した。【井川加菜美、遠山和宏】


  8)日仏国際シンポジウム「陸軍とフランス―制度と技術の移転から見た明治の陸軍遺産の再評価」挨拶岩岡竜夫(「陸軍とフランス」実行委員長、東京理科大学教授) 高橋裕(日仏工業技術会会長、東京大学名誉教授)マルヴァル(フランス大使館科学技術参事官)。基調報告三宅理一(藤女子大学副学長)戦争遺構研究会、14・02・19


1幕末から明治にかけ、我が国の軍制は幕藩体制の下での家臣団から中央集権体制の下での徴兵による国軍へと大きく変わりました。その折に大きな役割を果たしたのがフランスからの軍事顧問団であり、フランスの軍制をモデルに連隊単位の鎮台制(後の師団制)が敷かれ、編制、造兵、築造などが整備。

2明治、大正期にわたって国内各地に兵営や要塞、さらには航空施設を建設、その都度来日した仏人顧問の役割は大きく、明治初期の兵営を手掛けたジュルダン工兵大尉、明治中期に来日して砲台建設に取り組んだムージャン砲兵少佐、第一次大戦後に航空顧問団を率いたフォール砲兵中佐など〜戦争遺構研

3国際的に知られる技術将校が来日し、多くの仕事を残しました。それを迎えた日本側でも、姫路城の保存で知られる中村重遠、築城本部員として施設計画の采配を振るった小国馨、騎兵の親ともいわれる秋山好古、工兵畑から参謀総長に上り詰める上原勇作〜近現代建築に比べ、戦争遺構の保存は、前途多難?

4近衛師団庁舎の設計者として知られる田村鎮陸軍技師らの「フランス派」といわれるすぐれた将官や技術者が協働し、独自の建築や技術をつくりあげることになります。今日、兵舎や司令部、砲台、航空基地などに用いられた多くの旧陸軍の建造物が国内各地に残されています〜現在、戦争遺構研究会で調査中

5もっとも古い部類に属するのが新発田市の旧新発田城内に残る通称「白壁兵舎」(1873年)で、ジュルダンと中村重遠の手になる標準設計で建設。防衛省によって14年オープンをめざしてこの建築の復原修復工事が、これを機会に幕末から明治・大正にかけての軍施設の研究が一気に進むことが期待。

6本シンポジウムは、新発田の白壁兵舎の保存修復をひとつの契機として、日仏の関係者、専門家が集まり、陸軍遺産の再評価をめぐって企画。これまで光の当てられることのなかった初期陸軍の建築と空間計画、技術開発について思いを巡らし、日仏の交流を論じてみたいと思います。〜ご参加を!戦争遺構研究会、14・02・18 (日仏会館共催) 日仏国際シンポジウム「陸軍とフランス―制度と技術の移転から見た明治の陸軍遺産の再評価」

7日(日仏会館共催) 日仏国際シンポジウム「陸軍とフランス―制度と技術の移転から見た明治の陸軍遺産の再評価」(同時通訳あり) 日時14年03月02日14:00 会場:日仏会館ホール - 渋谷区恵比寿3丁目。参加費1.000円の他、資料代1,000円.定員: 120名〜申し込みを。



日仏会館ホーム イベント情報 詳細 - (日仏会館共催) 日仏国際シンポジウム「陸軍とフランス―制度と技術の移転から見た明治の陸軍遺産の再評価」(同時通訳あり)

日時:2014年03月02日(日曜) 14:00 会場:日仏会館ホール - 渋谷区恵比寿3丁目

.
登壇者は変更になる可能性があります。

参加費1.000円の他、資料代1,000円

定員: 120名

主催 「陸軍とフランス」国際シンポジウム実行委員会、日仏工業技術会、

日本イコモス国内委員会、フランス大使館、日本経済新聞社

共催 東京理科大学、藤女子大学、パリ国立工芸院、(公財)日仏会館

後援 日本建築学会、日本建築家協会 協力 吉原写真館 協賛 松井建設株式会社



幕末から明治にかけ、我が国の軍制は幕藩体制の下での家臣団から中央集権体制の下での徴兵による国軍へと大きく変わりました。その折に大きな役割を果たしたのがフランスからの軍事顧問団であり、フランスの軍制をモデルに連隊単位の鎮台制(後の師団制)が敷かれ、編制、造兵、築造などが整えられていきます。明治から大正期にわたって国内各地に兵営や要塞、さらには航空施設を建設するにあたって、その都度来日したフランス人顧問の役割は大きく、明治初期の兵営を手掛けたジュルダン工兵大尉、明治中期に来日して砲台建設に取り組んだムージャン砲兵少佐、第一次大戦後に航空顧問団を率いたフォール砲兵中佐など、国際的に知られる技術将校が来日し、多くの仕事を残しました。それを迎えた日本側でも、姫路城の保存で知られる中村重遠、築城本部員として施設計画の采配を振るった小国馨、騎兵の親ともいわれる秋山好古、工兵畑から参謀総長に上り詰める上原勇作、近衛師団庁舎の設計者として知られる田村鎮陸軍技師らの「フランス派」といわれるすぐれた将官や技術者が協働し、独自の建築や技術をつくりあげることになります。

今日、兵舎や司令部、砲台、航空基地などに用いられた多くの旧陸軍の建造物が国内各地に残されています。そのもっとも古い部類に属するのが新潟県新発田市の旧新発田城内に残る通称「白壁兵舎」(1873年建設)で、ジュルダンと中村重遠の手になる標準設計で建てられたものです。現在、防衛省によって2014年春のオープンをめざしてこの建築の復原修復工事が行われており、これを機会に幕末から明治・大正にかけての軍施設の研究が一気に進むことが期待されています。

本シンポジウムは、新発田の白壁兵舎の保存修復をひとつの契機として、日仏の関係者、専門家が集まり、陸軍遺産の再評価をめぐって企画されたものです。これまで光の当てられることのなかった初期陸軍の建築と空間計画、技術開発について思いを巡らし、日仏の交流を論じてみたいと思います。皆様のご支援をお願いする次第です。

挨拶 岩岡竜夫(「陸軍とフランス」実行委員長、東京理科大学教授) 高橋裕(日仏工業技術会会長、東京大学名誉教授) ジャック・マルヴァル(フランス大使館科学技術参事官)

基調報告   三宅理一(藤女子大学副学長)


富岡製糸場によると、15日、大正時代に建てられた、乾燥場という建物の屋根が雪の重みで崩れ落ち、中にいた60代の男性嘱託職員が頭に軽傷。16日には1872年の創業時から残る、国重要文化財の東繭倉庫の屋根瓦が数枚落下しているのが発見〜早急に、補修工事、安全措置で、文化財の保護対策を!明治建築研究会、共同、14・02・18



  富岡製糸場の屋根が大雪で崩落 職員1人けが。2014年2月17日 17時28分

 世界文化遺産登録を目指す群馬県富岡市の富岡製糸場で、大雪のため建物の屋根が崩落するなど計4棟が全半壊、職員1人が軽傷を負うなどの被害が17日までに確認された。

 富岡製糸場によると、15日午前、大正時代に建てられた、乾燥場という建物の屋根が雪の重みで崩れ落ち、中にいた60代の男性嘱託職員が頭に軽傷を負った。また、16日には1872年の創業時から残る、国重要文化財の東繭倉庫の屋根瓦が数枚落下しているのが発見された。
 製糸場は21日まで臨時休場し、一般客の見学を中止する。(共同)


1福岡県志免町の「中の坪公園」に展示されている約百年前の蒸気機関車が、公園の整備工事に伴い近く解体、撤去。町は近くの別の公園への移設を計画したが、移設費、補修費が高額なため、議会が予算案を否決。鉄道ファンらから「数億円使っても、同じものはもう作れない」と惜しむ声が〜保存活用を!近代産業遺産研究会、M、14・02.13


2このSLは「キューロク」と呼ばれ親しまれている、全部品を初めて国内で製造した蒸気機関車「9600型」。中の坪公園にあるのは大正8年製で、戦前戦後に九州各地で石炭などの貨物をけん引。終戦のころには長崎機関区に所属していた記録も、原爆投下直後に被爆者を搬送する救援列車として利用も?近代産業遺産研究会、M、14・02.13


3)74年に廃車、炭鉱の町として栄えた志免町が旧国鉄から無償で譲り受け75年に現在の場所に展示。町は公園の整備工事に伴い老朽化が激しいSLを修復し、旧国鉄勝田線の駅跡地がある近くの志免鉄道記念公園に移設しようと1309万円の補正予算案を昨年11月の臨時議会に提出。町のシンボル計画近代産業遺産研究会、M、14・02.13


4過去には解体予定から一転、保存されたSLも。島根県雲南市では13年、住民やSLファンらの要望を受け、市は解体予定だったSLを約1000万円をかけて修復。志免町にも全国から保存を望む声が寄せられており、2月13日までに保存要望のメールなどが。〜財政難の中、保全活用の、再検討を!近代産業遺産研究会、M、14・02.13


5各地でSL保存活動をしている北九州市の会社員、入江高亘さんは「もうすぐ製造から100年がたつ立派な遺産。解体は数百万円でできるが、数億円出しても同じ物は二度と作れない」鉄道ファンの仲間らと共に町議会に対し、ぎりぎりまで保存を働きかけていくつもりだ〜活用について再検討を要望します。近代産業遺産研究会、M、14・02.13


初の純国産・蒸気機関車:解体計画に「惜しい」の声が続々。毎日新聞 2014年02月13日 10時54分(最終更新 02月13日 13時04分)

惜しむ声が上がる中、解体されることが決まった中の坪公園のSL=福岡県志免町で2014年2月3日、黒澤敬太郎撮影

 福岡県志免(しめ)町の「中の坪公園」に展示されている約100年前の蒸気機関車(SL)が、公園の整備工事に伴い近く解体、撤去されることになった。町は近くの別の公園への移設を計画したが、移設費、補修費が高額なため、議会が予算案を否決。鉄道ファンらから「数億円使っても、同じものはもう作れないのに」と惜しむ声が上がる中、早ければ今月中にも解体が始まる見通しだ。

 このSLは「キューロク」と呼ばれ親しまれている、全部品を初めて国内で製造した蒸気機関車「9600型」。中の坪公園にあるのは1919(大正8)年製で、戦前戦後に九州各地で石炭などの貨物をけん引した。終戦のころには長崎機関区に所属していた記録もあり、原爆投下直後に被爆者を搬送する救援列車として利用された可能性も高い。74年に廃車となったが、炭鉱の町として栄えた志免町が旧国鉄から無償で譲り受け、75年に現在の場所に展示された。

 町は公園の整備工事に伴い、老朽化が激しいSLを修復し、旧国鉄勝田線の駅跡地がある近くの志免鉄道記念公園に移設しようと1309万円の補正予算案を昨年11月の臨時議会に提出。炭鉱遺産の竪坑櫓(たてこうやぐら)などと併せて町のシンボルにする計画だった。

 だが費用が高額な上、移設後も数年に一度は補修費として約200万円かかることから、議会が否決。12月議会では地元町内会から「町おこしに活用してほしい」と保存を求める請願も出されたが不採択となり、結局、約300万円かけて3月末までに解体することになった。車輪などを残してモニュメントとして鉄道記念公園に展示する予定だ。

 町生活環境課の高木元司課長は「苦渋の選択だが、移設できない以上解体せざるを得ない。保存を望んでいる方々には申し訳ない」と話している。

 しかし、過去には解体予定から一転、保存されたSLもある。島根県雲南市では2013年、住民やSLファンらの要望を受け、市は解体予定だったSLを約1000万円をかけて修復した。志免町にも全国から保存を望む声が寄せられており、2月13日までに約40人からメールなどがあったという。

 9600型は770両製造されており、北九州市門司区の九州鉄道記念館など、九州には少なくとも6両が残っており、志免町のSLは「最後の1両」ではない。それでも、各地でSL保存活動をしている北九州市の会社員、入江高亘さん(52)は「もうすぐ製造から100年がたつ立派な遺産。解体は数百万円でできるが、数億円出しても同じ物は二度と作れない」。鉄道ファンの仲間らと共に町議会に対し、ぎりぎりまで保存を働きかけていくつもりだ。
. 関連記事
【こちらは復元着々】蒸気機関車「C58」、釜石走行へ



島根県浜田市黒川町の市立第一中学校れんが造りの屋内運動場の耐震改修工事のめどが立っていない。国は15年度までに全国の自治体の小中学校施設の耐震化を完了させたい意向だが、れんが造りの建物に国は費用補助の基準を設けておらず財政状態が厳しい市は工事に踏み出せない〜早急に補強を戦争遺構研戦争遺構研究会、山陰中央、14・02・12


屋内運動場は、陸軍歩兵21連隊の屋内練兵場として1898年に建造された。れんが造りの平屋で、延べ床面積は639平方m。広い間口と柱の無い広い空間を必要とする施設を建てるため、当時としては最新の西洋建築技術を取り入れた。れんが造りの体育館は全国でも珍しく、国の登録文化財に指定。戦争遺構研究会、山陰中央、14・02・12


れんが造りで、浜田連隊の屋内演習場として建てられた浜田高校(浜田市黒川町)の第二体育館は、管轄する島根県の予算で工事を終えており、費用は設計や工事を含めて約8500万円。浜田一中の屋内運動場の耐震化工事を行う場合、浜田高と同様の方式になる可能性が高い。〜文化財として、耐震補強を!戦争遺構研究会、山陰中央、14・02・12


 山陰中央、14・02・12。 島根ワイド : 浜田一中の屋内運動道場 耐震化工事困難

 耐震改修工事のめどが立っていない浜田一中の屋内運動場=浜田市黒川町
 島根県浜田市黒川町の市立第一中学校にある、れんが造りの屋内運動場の耐震改修工事のめどが立っていない。国は2015年度までに、全国の自治体の小中学校施設の耐震化を完了させたい意向だが、れんが造りの建物に国は費用補助の基準を設けておらず、財政状態が厳しい市は、工事に踏み出せないでいる。

 屋内運動場は、陸軍歩兵21連隊の屋内練兵場として1898年に建造された。れんが造りの平屋で、延べ床面積は639平方メートル。広い間口と柱の無い広い空間を必要とする施設を建てるため、当時としては最新の西洋建築技術を取り入れた。

 1981年に現在の体育館が完成するまで体育の授業などに使われ、現在は体操部や卓球部が使用。れんが造りの体育館は全国でも珍しく、国の登録文化財に指定されている。

 同じくれんが造りで、浜田連隊の屋内演習場として建てられた浜田高校(浜田市黒川町)の第二体育館は、管轄する島根県の予算で工事を終えており、費用は設計や工事を含めて約8500万円。

 浜田一中の屋内運動場の耐震化工事を行う場合、浜田高と同様の方式になる可能性が高いが、床張りになっているため、追加費用を含めて1億円程度の費用が掛かる見込み。

 浜田市は11年度から市内の小中学校の校舎と体育館の耐震改修工事に着手しており、既に対象の53棟中43棟を終え、15年度までに完了する予定。一方、浜田一中の屋内運動場は費用面から対象に入っておらず、“保留状態”になっている。

 市教育委員会の山本博教育部長は「屋内運動場は必要な施設。将来的に何らかの対応をしようと考えている」と説明。同校の檜谷卓夫校長は「現在も生徒が使用しており、安全面を考えると、耐震工事してもらうのが望ましい」と話した。



島根県浜田市編
浜田市立第一中学校屋内運動場(歩兵21連隊雨覆練兵場)
浜田市黒川町 明治31年(1898)
煉瓦造/平屋建 不詳/不詳
国登録有形文化財/06.12/浜田市/教育施設(軍事施設)
 体育館のように利用されている軍関係施設。兵の訓練と体育の授業には、趣旨こそ違えど似通った「体力増強」の目的があるため、転用しやすいのでしょう。竣工年代は同一の正式を持つ浜田高校第二体育館より若干こちらの方が古いようです。
 報告書と比較すると、屋根部分に若干の改修が行われているようで、保存状態は高校の体育館とは比較にならないくらい素晴らしいです。しばらくはこの姿を眺めることが出来るのではないでしょうか。(37.)


浜田高校第二体育館(歩兵21連隊雨覆練兵場)
浜田市黒川町 明治31年(1898)
煉瓦造/平屋建 不詳/不詳
国登録有形文化財/06.12/島根県/教育施設(軍事施設)



浜田高校施設(歩兵21連隊関連施設)
浜田市黒川町 明治末期
煉瓦造/平屋建 不詳/不詳
/06.12/島根県/教育施設(軍事施設)


旧歩哨舎(同左)
浜田市黒川町 昭和期
鉄筋コンクリート造 不詳/不詳
/06.12/島根県/静態保存(軍事施設)




  貴重な近代の産業遺産ですが、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、将来の為に、保全活用されるようご検討を、お願いします。14・02・10

  大分県知事殿、日田市長殿、日田市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

 12年7月の豪雨で一部が流失した日田市羽田地区の石造アーチ橋「横畑眼鏡橋」が5日、解体=石工の技術と文化の継承に取り組む「石工の里求来里(くくり)の会」や地元住民の要望もあり、石材は近くに運ばれ保存し、今後、活用策を探っていく〜正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望す近代産業遺産研究会、西日本、14・02・07

 橋は長さ約10m、幅約3・6m、明治42年に切り石を積んで築造。有田川支流に架かり、県道の一部として使われていた。しかし、豪雨で左岸側の上部から下部にかけて流失。県日田土木事務所は、復旧は困難として撤去する方針を決めていた。〜歴史遺産として、後世に悔いを残さないよう正しい評価を!近代産業遺産研究会、西日本、14・02・07

 近現代産業遺産の研究している立場から、関西から、保全再生のご検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       近代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。

 
  横畑眼鏡橋を解体、石材は近くに保存 羽田地区 [大分県]

 2012年7月の豪雨で一部が流失した日田市羽田地区の石造アーチ橋「横畑眼鏡橋」が5日、解体された=写真。石工の技術と文化の継承に取り組む「石工の里求来里(くくり)の会」や地元住民の要望もあり、石材は近くに運ばれ保存し、今後、活用策を探っていく。

 橋は長さ約10メートル、幅約3・6メートル、1909(明治42)年に切り石を積んで築造された。有田川支流に架かり、県道の一部として使われていた。しかし、豪雨で左岸側の上部から下部にかけて流失。県日田土木事務所は、復旧は困難として撤去する方針を決めていた。

 石材の保存場所を提供した近くの住民(75)は「モニュメントとして一部復元するなど何らかの形で残してほしい」と話している。=2014/02/06付 西日本新聞朝刊=



東日本大震災で東京都千代田区の九段会館のつり天井が崩落し、33人が死傷した事故で、東京地検は5日までに、会館を運営していた財団法人「日本遺族会」の古賀誠・元会長ら2人について、嫌疑不十分で不起訴。〜かけがえのない歴史建築として、耐震補強で、文化財にして保全活用されるよう要望します。戦争遺構研究会、時事、14・02・05

 九段会館崩落、古賀氏ら不起訴=「過失責任問えず」−東京地検

 東日本大震災で東京都千代田区の九段会館(廃業)のつり天井が崩落し、33人が死傷した事故で、東京地検は5日までに、会館を運営していた財団法人「日本遺族会」の古賀誠・元会長(73)ら2人について、嫌疑不十分で不起訴とした。処分は1月31日付。
 地検によると、つり天井には明確な耐震基準がなかったことなどから、過失責任を問うのは困難と判断した。時事(2014/02/05-19:49)

戦争遺構、産業遺産(13・11・26)〜

保存を要望していた戦前の名建築・山本経理事務所が解体されています。堺市内で民間で最初のRC造建築といわれ、堺大空襲を生き延びてきた貴重な近代建築を、将来の為に文化財として保全活用されるようご検討を、お願いしていましたが、無念です。堺市市長殿、堺市議会殿、文化庁殿。明治建築研究会、14・02・28


かけがえのない歴史建築は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用すべきでした。民間の問題は、自治体の責任ではないと言わず、文化財にして保全再生すべきでした。価値のある歴史建築の保護について、歴史の生き証人として、自治体は真剣に考えるべきだと思います。明治建築研究会、14・02・28




保存を要望していた戦前の名建築・山本経理事務所が解体されています。民間で最初のRC造建築といわれ、堺大空襲を生き延びてきた貴重な近代建築を、将来の為に文化財として保全活用されるようご検討を、お願いしていましたが、無念です。14・02・28

堺市市長殿、堺市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが、文化財クラスの名建築のありかたについて、御検討をお願いします。


かけがえのない歴史建築は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財について保全活用の検討を。民間の建築保存は、自治体の責任ではないと言わず、文化財として保全の検討をすべきでした。価値のある歴史建築の保護について、歴史の生き証人として、自治体は真剣に考えるべきだと思います。明治建築研、14,02・28

 堺の町家を生かした地域活性化の動きが活発に。太平洋戦争の戦禍を免れた古い建物をカフェやギャラリーなどに。国の支援策の認定も受け、街並み再生に向けた取り組みも本格的に始まる。空ビルになっている優れた近代建築・山本経理事務所(旧奥野清明堂、昭和6年竣工)の保全再生の検討を、すべきでした。明治建築研、N、14,01・25

空ビルになっていた山本経理事務所(旧奥野清明堂、昭和6年竣工)。堺市堺区熊野町1、RC造3階建て、地下1、設計施工竹中工務店。堺大空襲の中で、焼け残った、かけがえのないパラッオ風の歴史建築として、後世に悔いを残さないよう自治体として保全活用の検討をすべきでした。明治建築研、14,01・25

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
        明治建築研究会、TEL 072−236−3357 。

 


奈良の若草山のモノレール設置構想について、専門家が、景観に問題ないとの報告書が出されたと聞きました。若草山の歴史景観との調和について正しく評価され、景観への配慮を要望します。ご検討をお願います。14・02・12

 突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。
  
 奈良県知事殿、奈良県議会殿、奈良市長殿、奈良市議会殿、文化庁殿
  
 1)若草山:モノレール設置構想 バリアフリーか景観か。奈良県が、奈良市の景勝地・若草山(標高342m)の山麓と一重目と呼ばれる中腹(251〜264m)を結ぶ小型モノレールの設置構想を進めている。〜かけがえのない歴史景観を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、保全活用されるよう要望。歴史的景観研究会、M、13・11・05

 2)奈良県が設置を検討する若草山のモノレール、構想に反対する有識者らが「若草山へのモノレール建設に反対する会」を。結成集会を1月25日、奈良市登大路町の県文化会館で開催。会は県や文化庁などに反対の働きかけをし現在までに約6千人分が集まっている署名活動も〜モノレール建設計画の再検討を!歴史的景観研究会、A、14・02・11


3)集会には約200人が参加。会の代表委員の一人になった熊田真幸・和歌山大名誉教授は「モノレール建設は『奈良壊し』奈良らしさを生かしてこそ、地域の発展がある」と述べた。小笠原好彦・文化財保存全国協議会代表委員も「なぜ今さら、という思いが強い。〜かけがえのない歴史景観の、保全再生を!歴史的景観研究会、A、14・02・11

 4)ジャクソン監督ら反対。ニュージーランド南島で、世界遺産フィヨルドランド国立公園付近の原生林を走るモノレールの建設計画が。新たな観光の目玉として期待され、外国人観光客の誘致強化を急ぐ政府は計画を承認する見通し。一部住民らは「自然景観を台無しにする」と反対〜自然環境と環境保全共生を!。歴史的景観研究会、Z、14・01・07

5)一部住民らは景観悪化を恐れて反対運動を展開。大ヒット映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズをこの森で撮影したニュージーランド出身のピーター・ジャクソン監督も「国立公園や世界遺産は国の美しさを守るために設けられた」と開発に反対〜奈良でも、モノレールで同じ問題が連携をとり反対の声を。歴史的景観研究会、Z、14・02・11

  歴史景観の保全活用の研究している立場から、地元の声に応援し、大阪からも、景観への慎重な配慮を要望します。
 599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          歴史的景観研究会、TEL 072−236−3357 。

 
 
モノレールは全長40キロ超で、乗客は原始的な森を間近に眺められる。計画する企業は、氷河に削られたフィヨルド地形が広がる人気観光地ミルフォード・サウンドへの移動時間が短縮され、訪問者数が増え、雇用創出の効果もあると説明。〜人気の観光開発よりも、自然環境の保全を最優先すべきである。。歴史的景観研究会、時事、14・01・07

一部住民らは景観悪化を恐れて反対運動を展開。大ヒット映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズをこの森で撮影したニュージーランド出身のピーター・ジャクソン監督も「国立公園や世界遺産は国の美しさを守るために設けられた」と開発に反対〜奈良でも、モノレールで同じ問題が連携をとり保護措置を。歴史的景観研究会、時事、14・01・07





朝日新聞デジタル 奈良)若草山モノレール設置に反対する会設立 有識者ら。2014年1月26日03時00分
「若草山へのモノレール建設に反対する会」の結成集会=奈良市登大路町の県文化会館
[PR] 県が設置を検討する若草山(奈良市)のモノレールについて、構想に反対する有識者らが「若草山へのモノレール建設に反対する会」を立ち上げた。結成集会を25日、奈良市登大路町の県文化会館で開いた。

 集会には約200人が参加した。会の代表委員の一人になった熊田真幸・和歌山大名誉教授は「モノレール建設は『奈良壊し』。奈良らしさを生かしてこそ、地域の発展がある」と述べた。小笠原好彦・文化財保存全国協議会代表委員も「なぜ今さら、という思いが強い。一度決まった世界遺産をどんな品位を持って維持するかは国民的な問題だ」と話した。

 会は県や文化庁などに反対の働きかけをし、現在までに約6千人分が集まっている署名活動も続けていく。3月にはシンポジウムも開催する予定という。



  保存要望に富山県の回答。新又口用水取り入れ口は、一級河川庄川から新又口用水へ農業用水を取り入れる取水施設でしたが、庄川合口ダムが完成してからは使われておりません。国土交通省から、この施設の管理者である庄川沿岸用水土地改良区連合に対して〜近代産業遺産としての再評価を!近代産業遺産研。近代産業遺産研究会、14・02・06、富山県知事政策局広報課。




庄川の堤防に支障を来す恐れがあるなど治水上問題があるため、施設を撤去するよう 指示されたことから、庄川沿岸用水土地改良区連合は、この取り入れ口の解体を決定 しました。なお、庄川沿岸用水土地改良区連合では、この取り入れ口の歴史を後世に伝えるため、付近での記念碑などの設置が検討中。近代産業遺産研究会、14・02・06、富山県知事政策局広報課。


富山県への意見等についての(回答)のお礼。
回答、有難うございます。今後ともよろしくお願いします。
難問はあるでしょうが、かけがえのない歴史遺産は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、少しでも、実物の保全活用について、ご検討をお願いします。近代産業遺産研究会。
> From: kenmin-koe@esp.pref.toyama.lg.jp
> To: masami19928@hotmail.co.jp
> Subject: 県へのご意見等について(回答)
> Date: Thu, 6 Feb 2014 08:44:13 +0900
>
>                                   平成26年2月5日
>          
> 近代産業遺産研究会 様
>
>                               富山県知事政策局広報課長
>
>            県へのご意見等について(回答)
>        
>  近代産業遺産研究会様よりいただきましたご意見につきましては、次のとおり回答
> いたします。
>  今後とも、県政に対するご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。
>
> ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
> ++++
>  
>  新又口用水取り入れ口は、一級河川庄川から新又口用水へ農業用水を取り入れる取
> 水施設でしたが、庄川合口ダムが完成してからは使われておりません。
>  国土交通省から、この施設の管理者である庄川沿岸用水土地改良区連合に対して、
> 庄川の堤防に支障を来す恐れがあるなど治水上問題があるため、施設を撤去するよう
> 指示されたことから、庄川沿岸用水土地改良区連合は、この取り入れ口の解体を決定
> しました。
>  なお、庄川沿岸用水土地改良区連合では、この取り入れ口の歴史を後世に伝えるた
> め、付近での記念碑などの設置が検討されていると、聞いております。
>
>  今後とも県政に対するご理解とご協力をお願いいたします。


 1「はまゆり」で震災忘れない。岩手県大槌町赤浜地区で今月、東日本大震災の津波で民宿に乗り上げ解体された遊覧船「はまゆり」の復元を目指す市民団体「はまゆり復元の会」が結成。復元費用の寄付金を募っている町を後押しをと、地元婦人会メンバーらが語り部などをして機運を盛り上げる〜復元万歳!近代産業遺産研究会、毎日、14・02・04


2中心となるのは、町連合婦人会副会長で赤浜婦人会会長の古舘和子さん。津波で自宅を流され今は仮設住宅で暮らす。避難生活を送っていた小学校の体育館から約3百m離れた2階建て民宿の上に、はまゆり(全長27m、109トン)。隣の釜石市が所有していた遊覧船で、安全を理由に3カ月後に解体。近代産業遺産研究会、毎日、14・02・04


3「なくなって初めて『はまゆりに励まされてたんだ』って気づいた」と古舘さん。赤浜地区では、婦人会の14人を含め90人以上が津波の犠牲になった。がれきの中、懸命に生きる住民たちを、真っ白な船体は見守ってくれた。「震災の風化を防ぎ、津波被害の恐ろしさを語り継ぐシンボルにしたい」と願う近代産業遺産研究会、毎日、14・02・04


4大槌町は2012年6月、復元のための寄付金を募る条例を可決した。ただ、民宿の補強工事も合わせて数億円と見込まれる費用に対し、寄付額は268万円にとどまる。このため、古舘さんらは正式に市民団体を作り、町への寄付を呼びかける一方、被災者の講演など震災の風化を防ぐ活動を本格化する。近代産業遺産研究会、毎日、14・02・04


5古舘さんは「子どもでも一目で津波の怖さが分かるモニュメントが必要。少しずつでも全国の人に理解と支援を訴える」と話す。寄付金の問い合わせは、町総合政策課(0193・42・8724)〜貴重な震災遺構を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、保全活用されるよう関西からも応援します。近代産業遺産研究会、毎日、14・02・04


  大槌町:「はまゆり」で震災忘れない 復元の会結成へ。毎日新聞 2014年02月04日 14時30分

はまゆりが乗り上げた民宿の前に立つ古舘和子さん(左)と、星野敦さん=2014年2月2日午後1時50分、坂巻士朗撮影

津波で民宿に乗り上げた「はまゆり」=岩手県大槌町で2011年3月23日午後0時12分、西本勝撮影

 岩手県大槌(おおつち)町赤浜地区で今月、東日本大震災の津波で民宿に乗り上げ解体された遊覧船「はまゆり」の復元を目指す市民団体「はまゆり復元の会」が結成される。復元費用の寄付金を募っている町を後押ししようと、地元婦人会メンバーらが語り部などをして機運を盛り上げる。「震災の風化を防ぎ、津波被害の恐ろしさを語り継ぐシンボルにしたい」と願う。

 会の中心となるのは、町連合婦人会副会長で赤浜婦人会会長の古舘(ふるだて)和子さん(67)。津波で自宅を流され今は仮設住宅で暮らす。避難生活を送っていた小学校の体育館から約300メートル離れた2階建て民宿の上に、はまゆり(全長27メートル、109トン)はあった。隣の釜石市が所有していた遊覧船で、安全を理由に3カ月後に解体された。

 「なくなって初めて『はまゆりに励まされてたんだ』って気づいた」と古舘さん。赤浜地区では、婦人会の14人を含め90人以上が津波の犠牲になった。がれきの中、懸命に生きる住民たちを、真っ白な船体は見守っているようだったという。

 避難先の体育館で出会ったのが山梨県富士吉田市の彫刻家、星野敦さん(60)。震災直後から現地を訪れてはまゆりの存続を訴え、解体後は合成樹脂を用いて同じ大きさの船を造り、民宿の上に載せるアイデアをまとめた。古舘さんと星野さんの呼びかけで、民宿の所有者を含む多くの住民が、はまゆりを震災モニュメントとして復元することに理解を示すようになった。

 大槌町は2012年6月、復元のための寄付金を募る条例を可決した。ただ、民宿の補強工事も合わせて数億円と見込まれる費用に対し、寄付額は268万円にとどまる。このため、古舘さんらは正式に市民団体を作り、町への寄付を呼びかける一方、被災者の講演など震災の風化を防ぐ活動を本格化する。

 古舘さんは「子どもでも一目で津波の怖さが分かるモニュメントが必要。少しずつでも全国の人に理解と支援を訴えていきたい」と話している。寄付金の問い合わせは、町総合政策課(0193・42・8724)。【屋代尚則、坂巻士朗】



    解体予定の貴重な近代の産業遺産ですが、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、将来の為に、一部でも保全活用されるようご検討を、お願いします。14・01・27

  富山県知事殿、砺波市長殿、砺波市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

庄川から水を取り込み、流域に農業用水を供給した12の用水取り入れ口で唯一 現存する新又口用水取り入れ口跡(砺波市庄川町庄)が3月までに解 体。小水力発電所の建設に伴う治水整備によるもので、江戸時代か ら流域の開拓や新田開発を支えた取水の歴史に幕が〜一部を産業遺産として保存再生を!近代産業遺産研究会、富山、14・01・27

新又口用水は、約350年前には開かれていた。1898年に現存するコンク リート製の取水口となり、高岡市小勢地区まで1617ヘクタール(1996年時点)を 潤してきた。1939年に上流に庄川合口ダムが完成。ダムには全用水共同の取水口が設けられ幹 線水路を通じて水を取り込む〜重要遺産近代産業遺産研究会、富山、14・01・27

2012年8月に、新又口跡周辺に小水力発電所を建設する計画が浮上。取 り入れ口跡については、市文化財保護審議会や農業関係者が、庄川と用水の歴史を示す建 造物として保存を要望してきた経緯があり、土地改良区連合は跡近くに記念碑などの設置 を検討。〜近代産業遺産としての再評価と保存を!近代産業遺産研究会、富山、14・01・27


 近現代産業遺産の研究している立場から、保全再生のご検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       近代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。

  

富山新聞 【1月23日02時02分更新】 新又口跡、解体へ 庄川、最後の用水取り入れ口

新又口用水取り入れ口を指し示す保存活動の関係者=砺波市庄川町庄
 かつて庄川から水を取り込み、流域に農業用水を供給した12の用水取り入れ口で唯一 現存する新又口(あらまたぐち)用水取り入れ口跡(砺波市庄川町庄)が、3月までに解 体されることが決まった。小水力発電所の建設に伴う治水整備によるもので、江戸時代か ら流域の開拓や新田開発を支えた取水の歴史に幕が下りる。
 新又口用水は、約350年前には開かれていたと伝わる。1898年に現存するコンク リート製の取水口となり、高岡市小勢地区まで1617ヘクタール(1996年時点)を 潤してきた。

 1939年に上流に庄川合口ダムが完成。ダムには全用水共同の取水口が設けられ、幹 線水路を通じて水を取り込むようになった。役割を終えた川沿いの取り入れ口は順次解体 され、約15年前から新又口跡だけが残っていた。

 2012年8月に、新又口跡周辺に小水力発電所を建設する計画が浮上。使用しない取 水口は増水時に障害となり、管理者の庄川沿岸用水土地改良区連合が解体を決定した。取 り入れ口跡については、市文化財保護審議会や農業関係者が、庄川と用水の歴史を示す建 造物として保存を要望してきた経緯があり、土地改良区連合は跡近くに記念碑などの設置 を検討するとしている。

 庄西用水土地改良区の入道忠靖理事長(80)は「取り入れ口は先人の苦労を表す大切 なもの。解体されても歴史として後世に伝えたい」と話した。



南九州市知覧町の知覧特攻平和会館が収蔵する特攻隊員の遺書や日記など、市は来年2月上旬にも、世界記憶遺産への登録を国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に申請する方針。霜出勘平市長は「戦争の悲惨な歴史を伝える貴重な遺産として登録を実現し、全世界に平和への思いを発信」〜貴重な歴史資料!近現代史研究会、読売、14・01・26



申請を予定は、同館が所蔵する資料約1万3千点のうち、隊員の自筆の手紙や遺書、日記など333点。「知覧からの手紙」のタイトルで申請する。旧陸軍の特攻基地があった同館には、沖縄戦で亡くなった特攻隊員1036人の遺影が並び、家族に宛てた遺書や手紙などの遺品が展示〜正しい歴史を後世に!近現代史研究会、読売、14・01・26

   特攻隊遺品、世界記憶遺産に2月申請

特攻隊員の写真や遺品が展示されている知覧特攻平和会館

 南九州市知覧町の知覧特攻平和会館が収蔵する特攻隊員の遺書や日記などについて、市は来年2月上旬にも、世界記憶遺産への登録を国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に申請する方針を示した。霜出勘平市長は「戦争の悲惨な歴史を伝える貴重な遺産として登録を実現し、全世界に平和への思いを発信したい」としている。

 市は昨年6月、同館の収蔵品の世界記憶遺産登録を目指し、文化財や特攻隊に詳しい有識者、市幹部らでつくる準備会を設置。登録対象とすべき資料を選定し、現在、登録申請書の作成作業を進めている。

 申請を予定しているのは、同館が所蔵する資料約1万3000点のうち、隊員の自筆の手紙や遺書、日記など333点。「知覧からの手紙」のタイトルで申請することにしている。

 旧陸軍の特攻基地があった同館には、沖縄戦で亡くなった特攻隊員1036人の遺影が並び、家族に宛てた遺書や手紙などの遺品が展示されている。

 市によると、申請後、ユネスコで1年間の審査を経て、登録されるかどうかの決定は2015年5月以降になる見通しという。

 世界記憶遺産は、後世に残すべき歴史資料の保全などを目的に、1972年に始まった。国内ではこれまでに、炭鉱労働の様子を描いた福岡県田川市の「山本作兵衛コレクション」など3点が登録されている。

(2013年11月28日 読売新聞)



   原爆ドーム、初の耐震補強工事…15年度着工へ。南海トラフ巨大地震などで想定される震度6弱クラスの揺れに備え、広島市は、世界遺産・原爆ドームの耐震補強工事を行う方針を決めた。〜時代の流れの中で、一部ではあるが、危険なものに、金をかけるなとの意見も。歴史遺産の意義を真剣に学びなおそう。戦争遺構研究会、読売、14・01・26



 原爆ドーム、初の耐震補強工事…15年度着工へ

 初めての耐震補強工事が実施される見通しとなった原爆ドーム(広島市中区で)

 南海トラフ巨大地震などで想定される震度6弱クラスの揺れに備え、広島市は、世界遺産・原爆ドームの耐震補強工事を行う方針を決めた。

 これまで老朽化防止のため樹脂を注入したことなどはあるが、ドームの耐震補強工事は初めて。被爆70年を迎える2015年度の着工を目指し、14年度当初予算案に実施設計費を盛り込む。

 ドームは、震度6弱の地震で、レンガ造りの壁4か所に亀裂が生じる恐れがあることがコンピューターの耐震診断でわかった。市が昨年5月から壁をくりぬいてレンガの強度などを詳しく調べたところ、倒壊の恐れは極めて低かったが、壁の一部が強い揺れに弱いことが判明したという。ドームは国史跡でもあり、工法は文化庁とも協議する。(2014年1月24日 読売新聞)


 1県からの回答。私ども奈良県では、現在、この魅力的な奈良公園を百年先も、この価値を 残せることを目指して、現在ある自然及び歴史資源をしっかり保存するとともに、多くの方々に訪れて頂けるよう利活用も含めて、奈良公園基本戦略を策定し、県の重点施策として、鋭意、事業を進めているところです歴史的景観研究会。14・01・25、奈良県奈良公園室


2モノレールについては、計画を検討している段階ですが、多くの方々の意見、特に反対の意見があることは、充分に認識しており、今後、じっくり、かつ、慎重に進めていく所存です。また、皆様方と、幅広く意見交換等をする中で、中止も視野に入れて検討しているところです〜世界に誇る景観の保全再生を歴史的景観研究会。14・01・25、奈良県奈良公園室


3この検討にあたっては、当然のことながら、景観への影響及び自然環境への影響が問題視されるところです。これについては、現在、若草山南側の山裾沿いの登山道に沿って、高さ2m、横幅2.5m程度の車両をモノレールで走らせられないかと考えています〜外国でもケーブル建設計画で景観破壊で反対が歴史的景観研究会。14・01・25、奈良県奈良公園室


4駅舎なしで、ループ式で考えています。前述の懸念している部分があるので、環境アセスメントに準じた形で、更に、文化財保護の視点からの項目も加えた影響調査を実施しており、今年2月には、前述の様々な事業を審議して頂いている有識者で構成された「奈良公園地区整備検討委員会」に意見を頂く予定歴史的景観研究会。14・01・25、奈良県奈良公園室


5世界遺産候補地を調査するNGO・国際記念物遺跡会議の日本イコモス国内委員会にも、ご心配をおかけしていることから、この整備検討委員会に何らかの形で参加頂けるよう調整しているところです〜かけがえのない歴史景観は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、大切に保全活用されるよう要望。歴史的景観研究会。14・01・25、奈良県奈良公園室


6モノレールの建設については現時点で設計もしていませんし、早急に着手することはありません。県では、素晴らしい眺望を楽しんで頂き、地域の活性化を図ることもを目的としていますので、あえて、モノレールに固執するのではなく、多くの方々と幅広く意見交換しながら、ゆっくり検討を進めて参ります。歴史的景観研究会。14・01・25、奈良県奈良公園室





  回答、有難うございます。今後ともよろしくお願いします。
かけがえのない歴史景観は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、大切に保全活用されるよう要望します。

歴史的景観研究会。


> Subject: 若草山モノレールについて
> From: nara-park@office.pref.nara.lg.jp
> To: masami19928@hotmail.co.jp
> Date: Fri, 24 Jan 2014 08:55:27 +0900
>
>
> 柴田さま
>
>  若草山のモノレールについては、皆様には何かとご心配をおかけし、申し訳なく
> 思っています。
> ただ、一部の報道等を含めて、少し情報が錯綜している所もあるので、現況につい
> て説明致します。
>
>  私ども、奈良県では、現在、この魅力的な奈良公園を100年先も、この価値を
> 残せることを目指して、現在ある自然及び歴史資源をしっかり保存するととも
> に、多くの方々に訪れて頂けるよう利活用も含めて、奈良公園基本戦略を策定
> し、県の重点施策として、鋭意、事業を進めているところです。
>
>  例えば、荒廃した春日山原始林の保全事業、樹木の生長阻害等による景観を取り
> 戻すための植栽整備事業、国の天然記念物である奈良の鹿の保護管理事業、電線の
> 地中化事業、交通渋滞対策事業などです。
>
>  モノレールについては、計画を検討している段階ですが、多くの方々の意見、特
> に反対の意見があることは、充分に認識しており、今後、じっくり、かつ、慎重に
> 進めていく所存です。また、皆様方と、幅広く意見交換等をする中で、中止も視野
> に入れて検討しているところです。
>
>  なお、この検討にあたっては、当然のことながら、景観への影響及び自然環境へ
> の影響が問題視されるところです。
> これについては、現在、若草山南側の山裾沿いの登山道に沿って、高さ2メート
> ル、横幅2.5メートル程度の車両をモノレールで走らせられないかと考えていま
> す。
> もちろん、駅舎なしで、ループ式で考えています。
> しかし、前述の懸念している部分があるので、環境アセスメントに準じた形で、更
> に、文化財保護の視点からの項目も加えた影響調査を実施しており、今年2月に
> は、前述の様々な事業を審議して頂いている有識者で構成された「奈良公園地区整
> 備検討委員会」に意見を頂く予定です。
>
>  また、世界遺産候補地を調査するNGO・国際記念物遺跡会議の日本イコモス国内委
> 員会にも、ご心配をおかけしていることから、この整備検討委員会に何らかの形で
> 参加頂けるよう調整しているところです。
>
>  また、一部に懸念されている方がおられますが、モノレールの建設については現
> 時点で設計もしていませんし、早急に着手することはありません。
>
>  県では、多くの方々に若草山の一重目からの素晴らしい眺望を楽しんで頂き、奈
> 良の魅力を再認識して頂くことにより、地域の活性化を図ることもを目的としてい
> ますので、あえて、モノレールに固執するのではなく、多くの方々と幅広く意見交
> 換しながら、ゆっくり検討を進めて参りますので、よろしくお願いします。
>
>
>                  奈良公園室 整備2係 岸田
>
>
> ☆奈良公園のことなら http://nara-park.com/ ☆
> ☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜
> 奈良県県土マネジメント部まちづくり推進局奈良公園室
> 〒630-8501 奈良県奈良市登大路町30
> Tel 0742-27-8677/0742-27-8036
> Fax 0742-22-7832
> Mail nara-park@office.pref.nara.lg.jp
>




  現在、空ビルになっている山本経理事務所、貴重な近代建築を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、将来の為に保全活用されるようご検討を、お願いします。14・01・27

堺市市長殿、堺市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

 堺の町家を生かした地域活性化の動きが活発に。太平洋戦争の戦禍を免れた古い建物をカフェやギャラリーなどに。国の支援策の認定も受け、街並み再生に向けた取り組みも本格的に始まる。空ビルになっている優れた近代建築・山本経理事務所(旧奥野清明堂、昭和6年竣工)の保全再生の検討も!明治建築研、日径、14,01・25

現在、空ビルになっている山本経理事務所(旧奥野清明堂、昭和6年竣工)。堺市堺区熊野町1の1、RC造3階建て、地下1、設計施工竹中工務店。堺大空襲の中で、焼け残った、かけがえのないパラッオ風の歴史建築として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望明治建築研、14,01・25

山本経理事務所(旧奥野清明堂、昭和6年竣工)。堺市堺区熊野町1の1、鉄筋コンクリート造3階建て、地下1、設計施工竹中工務店。堺大空襲の中で、焼け残った、かけがえのないパラッオ風の歴史建築として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望。明治建築研究会、14,01・25

  近代建築の研究している立場から、文化財にして保全再生のご検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
        明治建築研究会、TEL 072−236−3357 。

 
ご意見への回答(兵庫県)神戸製鋼神戸製鉄所の高炉は、用途の廃止後も設備を維持することは困難であり、移設も、施設の規模からして不可能な状況と聞いていますが、今後、所有者から、保存・活用に向けた具体的な相談等があれば必要に応じて協力していきたいと考えています。近現代産業遺産研究会 様。14・01・23

 ご意見への回答(兵庫県)
回答、有難うございます。今後ともよろしくお願いします。
かけがえのない産業遺産として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるようご指導を、お願いします。近現代産業遺産研究会。

> Subject: ご意見への回答(兵庫県)
> To: masami19928@hotmail.co.jp
> From: sawayakateian@pref.hyogo.lg.jp
> Date: Thu, 23 Jan 2014 17:56:36 +0900
>
>
>  このたびは、「さわやか提案箱」にメールをお送りいただきありがとう
> ございます。
>  神戸製鋼神戸製鉄所の高炉は、用途の廃止後も設備を維持することは困
> 難であり、移設も、施設の規模からして不可能な状況と聞いていますが、
> 今後、所有者から、保存・活用に向けた具体的な相談等があれば必要に応
> じて協力していきたいと考えていますので、ご理解いただきますようお願
> いいたします。
>  詳細については、下記にお問い合わせください。
>
> ■県教育委員会事務局文化財課文化財係
>  TEL  078-362-3783
>  E-mail bunkazai@pref.hyogo.lg.jp
>
>  平成26年1月23日
>
>   近現代産業遺産研究会 様
>
>                     兵庫県企画県民部広聴室長
>



   貴重な近代の産業遺産は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、将来の為に文化財にして、保全活用されるようご検討を、お願いします。14・01・23

   阪堺電気軌道殿、堺市長殿、堺市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

1国内最古の電車:阪堺電気軌道モ161形、無償で譲る。引退が決まり、阪堺電気軌道が引き取り手を募っている「モ161形」=大阪市住吉区。太平洋戦争で空襲から逃れた名物電車で「解体はさみしい」と無償で譲る。輸送費約300万円が必要。車両の形を残すことが条件。〜文化財として動態保存を!近代産業遺産研究会、毎日、14・01・23

2大阪と堺で路面電車を運行する阪堺電気軌道は、28年ごろに製造された車両「モ161形」の引き取り手を探している。営業運転中の電車としては国内最古だが、13〜15年に低床式新車両「堺トラム」を3編成導入するのに合わせ、3両が順次引退する予定。〜近代産業遺産として、堺市で保全再生を!近代産業遺産研究会、毎日、14・01・23

3同社によると、モ161形は1両編成で、長さ約13.7m、幅約2.4m、高さ約3.7m、重さ約19トン。内装の一部にチーク材を使うなど高級感がある。約15両が製造されたが、90年代から徐々に引退し現存は10両。うち3両を、堺トラムの導入と同時に廃車にする計画〜文化財として保全活用近代産業遺産研究会、毎日、14・01・23

4長崎電気軌道(長崎市)で11年製造の車両が年3回運転するが、通常の営業運転を続けるのはモ161形が「最高齢」太平洋戦争中の大阪大空襲では車庫が被災。45年6月15日の日誌には、焼夷弾が落ち、2両が全焼したとの記録も残る〜後世に悔いを残さないよう正しく評価して、動態保存の検討を!近代産業遺産研究会、毎日、14・01・23


  近現代産業遺産の研究している立場から、保全再生のご検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
       近代産業遺産研究会 、TEL 072−236−3357 。






1国内最古の電車:阪堺電気軌道モ161形、無償で譲る。引退が決まり、阪堺電気軌道が引き取り手を募っている「モ161形」=大阪市住吉区。太平洋戦争で空襲から逃れた名物電車で「解体はさみしい」と無償で譲る。輸送費約300万円が必要。車両の形を残すことが条件。〜文化財として動態保存を!近代産業遺産研究会、毎日、14・01・23


2大阪と堺で路面電車を運行する阪堺電気軌道は、28年ごろに製造された車両「モ161形」の引き取り手を探している。営業運転中の電車としては国内最古だが、13〜15年に低床式新車両「堺トラム」を3編成導入するのに合わせ、3両が順次引退する予定。〜近代産業遺産として、堺市で保全再生を!近代産業遺産研究会、毎日、14・01・23


3同社によると、モ161形は1両編成で、長さ約13.7m、幅約2.4m、高さ約3.7m、重さ約19トン。内装の一部にチーク材を使うなど高級感がある。約15両が製造されたが、90年代から徐々に引退し現存は10両。うち3両を、堺トラムの導入と同時に廃車にする計画〜文化財として保全活用近代産業遺産研究会、毎日、14・01・23


4長崎電気軌道(長崎市)で11年製造の車両が年3回運転するが、通常の営業運転を続けるのはモ161形が「最高齢」太平洋戦争中の大阪大空襲では車庫が被災。45年6月15日の日誌には、焼夷弾が落ち、2両が全焼したとの記録も残る〜後世に悔いを残さないよう正しく評価して、動態保存の検討を!近代産業遺産研究会、毎日、14・01・23



国内最古の電車:阪堺電気軌道モ161形、無償で譲ります

毎日新聞 2014年01月23日 05時30分(最終更新 01月23日 10時43分)

引退が決まり、阪堺電気軌道が引き取り手を募っている「モ161形」=大阪市住吉区で2014年1月22日、大西岳彦撮影

 大阪と堺で路面電車を運行する阪堺電気軌道(大阪市住吉区)は、1928年ごろに製造された車両「モ161形」の引き取り手を探している。営業運転中の電車としては国内最古だが、2013〜15年に低床式新車両「堺トラム」を3編成導入するのに合わせ、3両が順次引退する予定。太平洋戦争で空襲から逃れた名物電車で「解体はさみしい」と無償で譲る。

 同社によると、モ161形は1両編成で、長さ約13.7メートル、幅約2.4メートル、高さ約3.7メートル、重さ約19トン。内装の一部にチーク材を使うなど高級感がある。約15両が製造されたが、90年代から徐々に引退し現存は10両。うち3両を、堺トラムの導入と同時に廃車にする計画だ。

 車両は無償譲渡するが、輸送費約300万円が必要。車両の形を残すことが条件で、法令により、一部の部品を取り外した上で引き渡す。

 長崎電気軌道(長崎市)で1911年製造の車両が年3回運転するが、通常の営業運転を続けるのはモ161形が「最高齢」。太平洋戦争中の大阪大空襲では車庫が被災。45年6月15日の日誌には、焼夷(しょうい)弾が落ち、2両が全焼したとの記録も残る。

 廃車になった車両は過去にも商業施設や休憩所として再生した例がある。79年から車両を整備する嘱託社員の蔵之前(くらのまえ)清和さん(64)は「時代の流れだがさみしい。どこかで第二の人生を送ってほしい」と願う。

 問い合わせは阪堺電気軌道(06・6674・5146)。【高瀬浩平】



半世紀残った“謎の高架橋” ひっそりと消える「幻の貨物新幹線」の残骸 大阪・摂津

産経、2014.1.20 11:11 (1/3ページ)[westセレクト]

JR東海が完全撤去する「幻の貨物新幹線」の高架橋=大阪府摂津市
 大阪府摂津市の東海道新幹線をまたぐ“謎の高架橋”をご存じだろうか。巨大なコンクリート製の構造物は、半世紀前に建設された「幻の貨物新幹線」の残骸だ。かつて東海道新幹線に高速貨物列車を走らせる計画があったことを示す貴重な「遺構」だが、JR東海は高架橋をすべて撤去する方針を固めた。実現していれば、物流の歴史が変わっていたかもしれない壮大な計画。その名残をとどめる遺構は、列車が通ることのないままひっそりと姿を消す。(大竹直樹)


  学生団体「広島大学原爆瓦発送之会」が22日、原爆の爆風で吹き飛ばされた広島県産業奨励館(現・原爆ドーム)3階屋根の花こう岩製のひさし部分を、ドーム前を流れる元安川の川底から引き揚げた。原爆投下から68年にあたる昨年6月、被爆したドームの破片の捜索中に発見。〜大切にして保存活用を!。戦争遺構研究会、毎日、14・01・22


引き揚げたひさしは、平和教育に役立てるため、これまでに見つかった窓枠や壁などとともに、22日から広島大霞キャンパス(広島市南区)で公開。また、一部の破片をドームを設計した建築家、ヤン・レツルの母国、チェコの大学に寄贈。元安川で見つけた被爆家屋の瓦を世界に送り、原爆の悲惨さを伝える。戦争遺構研究会、毎日、14・01・22


今回引き揚げたひさしも同時期に川底の泥に埋もれた状態で見つかったが、巨大なため人力で引き揚げることができなかった。重量は約300キロで、その後の調査でドーム3階部分の屋根のひさしと判明。表面のロマネスク調の彫刻も鮮明に残っている。原爆の惨禍を感じ取ってほしいと〜貴重な原爆資料です。戦争遺構研究会、毎日、14・01・22




  
原爆ドーム:ひさし部分、川底から引き揚げ 学生団体発見

毎日新聞 2014年01月22日 11時13分(最終更新 01月22日 12時12分)

元安川からクレーン車で引き揚げられた花こう岩製のひさしの破片=広島市中区で2014年1月22日午前10時11分、吉村周平撮影

 学生団体「広島大学原爆瓦発送之会」が22日、原爆の爆風で吹き飛ばされた広島県産業奨励館(現・原爆ドーム)3階屋根の花こう岩製のひさし部分を、ドーム前を流れる元安川の川底から引き揚げた。原爆投下から68年にあたる昨年6月、被爆したドームの破片の捜索中に発見。引き揚げたひさしは、平和教育に役立てるため、これまでに見つかった窓枠や壁などとともに、22日から広島大霞キャンパス(広島市南区)で公開する。また、一部の破片をドームを設計した建築家、ヤン・レツルの母国、チェコの大学に寄贈する。

 原爆瓦発送之会は広島大(東広島市)公認の学生団体で、元安川で見つけた被爆家屋の瓦を世界に送り、原爆の悲惨さを伝えている。広島市の許可を得て、22日午前10時からクレーン車で引き揚げた。

 会は昨年6月から、原爆瓦の収集に加え、ドームの破片の捜索も始めた。昨年9月にはドーム内に立ち入り、収集した破片が建物のどの部分かを特定。収集した破片は約50個あり、窓枠や外壁、花こう岩製の飾りなどと判明した。今回引き揚げたひさしも同時期に川底の泥に埋もれた状態で見つかったが、巨大なため人力で引き揚げることができなかった。重量は約300キロで、その後の調査でドーム3階部分の屋根のひさしと判明した。表面のロマネスク調の彫刻も鮮明に残っている。

 会長で同大大学院生の嘉陽礼文(かよう・れぶん)さん(35)は「長年川底に眠っていたにもかかわらず、これほどの完全体で残っていて驚いた」と話し、「ドーム内への立ち入りはできず、がれきにも触れることはできない。目の見えない人にも実際に破片に触れてもらうことで、原爆の惨禍を感じ取ってほしい」と話している。【吉村周平】




  福岡県の文化財保全活用要望の回答。日田英彦山線に架橋される栗木野橋梁・宝珠山橋梁については、 福岡県の近代化を知る上で、貴重な近代化遺産として認識。今後、廃線等により保存の問題がとりあげられた時点で、 再検討することになりますので、ご理解をいただきたいと思います。近現代産業遺産研究会。14・01・22


> Subject: 県政提案メールについて
> From: teian@pref.fukuoka.lg.jp
> To: masami19928@hotmail.co.jp
> Date: Tue, 21 Jan 2014 11:46:40 +0900
>
> (公印省略)
>                           25広第2号−313
>                           平成26年1月21日 
>
>  提案者 様
>
>                       福岡県総務部県民情報広報課長
>                           (広 聴 係)
>
>               県政提案メールについて
>
>  県政提案メールにご意見いただきありがとうございました。
>  いただいたご意見につきましては、教育庁総務部文化財保護課から
> 下記のとおり回答がありましたので送付します。詳しい内容は、担当課に
> 直接お尋ねいただきますようお願いします。
>  今後とも県政につきまして、ご理解、ご協力をお願いします。
>
>                    記
>
>  ご意見をいただき、ありがとうございます。
> 日田英彦山線に架橋される栗木野橋梁・宝珠山橋梁については、 福岡県
> の近代化を知る上で、貴重な近代化遺産として認識しています。
> 現在、この二つの橋梁は現役の鉄道橋として、JR九州の所有のもと 適切
> な管理が図られており、大規模改修の予定もないとのことです。
>  今後、廃線等により保存の問題がとりあげられた時点で、 再検討すること
> になりますので、ご理解をいただきたいと思います。
>  担当:教育庁総務部 文化財保護課 文化財保護係(電話092-643-3875)
>
>
>     総務部県民情報広報課広聴係
>    県政提案メール担当 野口
>       電話 092-643-3103
>

  保存する大切さ知って。阪神大震災に伴う大火災を耐えた神戸市長田区のコンクリート製防火壁を「神戸の壁」と名付け震災遺構として保存する活動を続ける市民団体が、今年も16日から神戸市中央区のジュンク堂書店三宮店で「神戸の壁」の写真や模型の展示会をはじめた〜出来れば、現在地で保全活用を!近現代産業遺産研究会、産経、14・01・20



阪神大震災だけでなく災害のつめ痕を残した建造物を残し、記憶を伝える大切さを訴えるのが目的で、三原代表は「東日本大震災で被災建物などが次々取り壊されているのが残念だ。被災した建築物の保存は、防災に関する意識を常に持つことにつながるはずだ」と話している〜被災を物語る貴重な産業遺産です。近現代産業遺産研究会、産経、14・01・20





産経2014.1.17 02:59 。「神戸の壁」のパネル展で模型を見つめる子供。三原代表(右)は震災遺構の保存の大切さを訴えた=神戸市中央区

 阪神大震災に伴う大火災を耐えた神戸市長田区のコンクリート製防火壁を「神戸の壁」と名付け、震災遺構として保存する活動を続ける市民団体が、今年も16日から神戸市中央区のジュンク堂書店三宮店で「神戸の壁」の写真や模型の展示会をはじめた。入場無料。31日まで。

 主催は市民団体「リメンバー神戸プロジェクト」(三原泰治代表)。会場では16枚のパネルに、約600点の写真や新聞記事などの資料を紹介。約30分の1の大きさの神戸の壁の模型(高さ約25センチ、横約43センチ)も展示している。

 阪神大震災だけでなく、災害のつめ痕を残した建造物を残し、記憶を伝える大切さを訴えるのが目的で、三原代表は「東日本大震災で被災建物などが次々取り壊されているのが残念だ。被災した建築物の保存は、防災に関する意識を常に持つことにつながるはずだ」と話している。




  小国宮原線廃線跡に残る橋梁

 昭和29年(1954)に全線開通し、熊本県肥後小国駅から大分県久大本線恵良駅まで走っていた宮原線
(みやのはるせん)が廃止になったのは、昭和59年(1984年)11月30日のこと。
その歴史を逆登ると、まず昭和12年(1937)に恵良駅〜宝泉寺駅間が開業、しかし、その後戦争により
昭和18年(1943)〜23年(1948)までは休止され、この年やっとの思いで復活し、昭和29年(1954)
に念願の全線開通に至った。

  中国政府は16日、中国に駐在する外国メディアを招き、旧満州国があった遼寧省の戦跡を案内する取材ツアーを開催。日本や韓国のほか、英国、インド、スペインなどのメディアで働く記者約40人参加。昨年末の安倍首相による靖国神社参拝を受け国際世論への働きかけを狙った動き〜正しく公正な説明を!近現代史研究会、朝日、14・01・17


満州事変の契機になった柳条湖事件の現場に近い「九・一八歴史博物館」(同省瀋陽)と旧日本軍による米英軍の捕虜収容所跡(同)を訪問。いずれも中国の歴史教育で使われる「愛国主義教育基地」で、当時の目撃者や歴史学者から説明が〜素晴らしい企画、これ等を世界遺産登録の検討を、要望しています。近現代史研究会、朝日、14・01・17

  朝日新聞。中国が旧満州の戦跡取材ツアー メディア向けに宣伝。2014年1月17日05時00分

 中国政府は16日、中国に駐在する外国メディアを招き、旧満州国があった遼寧省の戦跡を案内する取材ツアーを催した。日本や韓国のほか、英国、インド、スペインなどのメディアで働く記者約40人が参加。昨年末の安倍晋三首相による靖国神社参拝を受け、国際世論への働きかけを狙った動きとみられる。

 記者団はこの日、満州事変の契機になった柳条湖事件の現場に近い「九・一八歴史博物館」(同省瀋陽)と旧日本軍による米英軍の捕虜収容所跡(同)を訪問。いずれも中国の歴史教育で使われる「愛国主義教育基地」で、当時の目撃者や歴史学者から説明を受けた。17日にも同省撫順の戦犯管理所などを参観する。(瀋陽)



  県境超え観光連携=群馬、長野

富岡製糸場東繭倉庫の前で写真撮影に応じる3市町の首長らとマスコットキャラクター=2013年12月26日、群馬県富岡市(小嶋紀行撮影)

 群馬県の富岡、安中両市と長野県軽井沢町は、県境を超えた観光誘客に向けて連携を図るため、4月に合同の観光連携協議会を設立する。富岡製糸場(富岡市)、碓氷第三橋梁(きょうりょう)(安中市)、旧三笠ホテル(軽井沢町)といった明治の近代建築を結ぶ観光ルートを設定。協議会は広域マップの作製や3市町を結ぶ周遊バスの運行を検討する。
 富岡製糸場は1872年に建設された日本で最初の官営模範器械製糸工場。碓氷第3橋梁は「めがね橋」と呼ばれ、急勾配の碓氷峠に最新の鉄道技術を導入し1893年に竣工(しゅんこう)した。旧三笠ホテルは1905年に建設された木造純西洋式ホテルで、国内外の著名人に利用され、軽井沢の鹿鳴館と呼ばれた。富岡市の岡野光利市長は富岡製糸場の世界遺産登録を見据え「従来の日帰り型から滞在型の観光に取り組みたい」と意欲を示した。
 2015年春には安中、軽井沢両市町を通る北陸新幹線が開業する。安中市の岡田義弘市長は「廃線となったJR信越線横川−軽井沢間をトロッコ列車で復元したい」と強調。軽井沢町の藤巻進町長は「北陸から訪ねていただくための働き掛けをしたい」と抱負を述べた。【もぎたて便】時事(2014/01/17-08:00)



 若草山のモノレール設置構想について、若草山の歴史景観との調和について正しく評価され、景観への配慮を要望します。ご検討をお願います。14・01・16

 突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。
  
 奈良県知事殿、奈良県議会殿、奈良市長殿、奈良市議会殿、文化庁殿
  
 1)若草山:モノレール設置構想 バリアフリーか景観か。奈良県が、奈良市の景勝地・若草山(標高342m)の山麓と一重目と呼ばれる中腹(251〜264m)を結ぶ小型モノレールの設置構想を進めている。〜かけがえのない歴史景観を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、保全活用されるよう要望。歴史的景観研究会、M、13・11・05

 2)1世界遺産候補地を調査するNGO国際記念物遺跡会議(イコモス)の日本イコモス国内委員会(委員長、西村幸夫・東大教授)が、世界遺産の春日山原始林(奈良市)に近接する景勝地・若草山に奈良県がモノレールの設置を目指していることに対し、懸念を伝える文書を送付〜歴史景観の破壊を許さない。歴史的景観研究会、M、14・01・15


3)2建設ルートは、「古都奈良の文化財」が98年に世界遺産登録された際、緩衝地帯(バッファーゾーン)に指定。県によると、文書は10日付で、荒井正吾知事宛て。寺社と一体となって文化的な価値を形成してきた自然環境を改変することへの懸念を表明。〜貴重な歴史的景観の保全再生を要望しています歴史的景観研究会、M、14・01・15


4)3荒井知事が昨年の9月定例県議会で、基準の厳しい国内法に従って手続きを進めれば、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会への通知は不要と発言、保護を軽視していると批判。世界遺産委員会が、危機遺産に認定する可能性も指摘。〜文化、歴史的な世界的都市・奈良の環境を守るべきである
歴史的景観研究会、M、14・01・15

5)4名勝・奈良公園に含まれる若草山へのモノレール構想は、観光客の集客増による地域活性化などを目的に浮上した。県は自然環境などへの影響調査を実施中で、実施の正式決定はしていないが、環境保護団体などからは反対の動きも。〜我々歴史的景観研究会も、かけがえのない景観との共生を要望中です。歴史的景観研究会、M、14・01・15 
 
 優れた歴史景観の保全活用の研究している立場から、地元の声に応援し、大阪からも、景観への慎重な配慮を要望します。
 599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          歴史的景観研究会、TEL 072−236−3357 。

 モノレール:奈良県、若草山で計画 イコモス委が懸念。毎日新聞 2014年01月15日 08時20分

 奈良県がモノレール建設を計画している若草山(奥)。右手前は奈良県庁=奈良市で2013年10月、本社ヘリから金澤稔撮影

 世界遺産候補地を調査するNGO・国際記念物遺跡会議(イコモス)の日本イコモス国内委員会(委員長、西村幸夫・東大教授)が、世界遺産の春日山原始林(奈良市)に近接する景勝地・若草山に奈良県がモノレールの設置を目指していることに対し、懸念を伝える文書を送っていたことが14日、同県への取材で分かった。建設ルートは、「古都奈良の文化財」が1998年に世界遺産登録された際、緩衝地帯(バッファーゾーン)に指定されている。

 県によると、文書は10日付で、荒井正吾知事宛て。寺社と一体となって文化的な価値を形成してきた自然環境を改変することへの懸念を表明している。荒井知事が昨年の9月定例県議会で、基準の厳しい国内法に従って手続きを進めれば、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会への通知は不要と発言しており、保護を軽視していると批判している。世界遺産委員会が、危機遺産に認定する可能性も指摘している。

 名勝・奈良公園に含まれる若草山へのモノレール構想は、観光客の集客増による地域活性化などを目的に浮上した。県は自然環境などへの影響調査を実施中で、実施の正式決定はしていないが、環境保護団体などからは反対の動きが出ている。

 県奈良公園室は取材に「強硬に進めるつもりはない。国内委員会には接触を持ち、2月に開く奈良公園の整備検討委員会にもオブザーバーとして参加してほしいと伝えたい」としている。【釣田祐喜】



    貴重な戦争の遺産は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、将来の為に保全活用されるようご検討を、お願いします。14・01・14


岐阜県知事殿、各務原市長殿、各務原市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

1各務原市鵜沼大伊木町内の民家に太平洋戦争(1941〜45年)末期に設置された防火水槽が残っていることが市歴史民俗資料館の調査で。研究者は「当時の世相を伝える貴重な歴史資料」と話す。貴重な歴史遺産。後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望します。戦争遺構研究会、M、14・01・14

2確認された防火水槽は太平洋戦争末期、米軍爆撃機による空襲に備えて民家4軒に設置された4基。農業の岡部峰之さん(74)方の防火水槽は幅83センチ、奥行き65センチ、高さ70センチのコンクリート製で、側面に「昭和二十年五月」と刻まれている〜戦争遺構としての、正しい評価を、要望します戦争遺構研究会、M、14・01・14

3福手一義さんが戦争関連資料を調査中に発見。資料館の調査によると、戦時中に国が「時局防空必携」(41年発行)に基づき、各家庭に水をためる容器や水量など空襲対策を指導した経緯があり、戦時中の遺産であることが確認〜価値が知られないまま放置されているのもが多いので、再評価を要望します。戦争遺構研究会、M、14・01・14

4現物を確認した伊藤秋男南山大名誉教授(77)は「物資の少ない時代にコンクリート製の防火水槽をよく作ることができたと思う。空襲に備えた終戦3カ月前の世相を伝える歴史資料として価値がある」と評価「毎日見とるから、びっくりせんわ。でも、話を聞いて貴重な戦時中の物だったことが分かった」戦争遺構研究会、M、14・01・14

  戦争遺構の研究している立場から、関西からも、保全再生のご検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
        戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。


防火水槽:戦時中設置、各務原の民家で発見 当時の世相伝える貴重な資料に /岐阜

毎日新聞 2013年11月23日 地方版

 各務原市鵜沼大伊木町内の民家に太平洋戦争(1941〜45年)末期に設置された防火水槽が残っていることが市歴史民俗資料館の調査で分かった。研究者は「当時の世相を伝える貴重な歴史資料」と話している。【立松勝】

 確認された防火水槽は太平洋戦争末期、米軍爆撃機による空襲に備えて民家4軒に設置された4基。農業の岡部峰之さん(74)方の防火水槽は幅83センチ、奥行き65センチ、高さ70センチのコンクリート製で、側面に「昭和二十年五月」と刻まれている。今年8月下旬に資料館嘱託職員の福手一義さん(63)が戦争関連資料を調査中に発見した。資料館の調査によると、戦時中に国が「時局防空必携」(41年発行)に基づき、各家庭に水をためる容器や水量など空襲対策を指導した経緯があり、戦時中の遺産であることが確認された。

 同市には川崎航空機岐阜工場(現川崎重工業)や三菱重工業名古屋航空機製作所各務原格納庫、陸軍航空廠などの軍事施設があり、米軍の攻撃対象になっていた。防火水槽に記された「昭和二十年五月」の記録から、45年4月12日に米軍爆撃機が蘇原町に最初の爆弾を投下した空襲以後、市内各地の民家が設置したとみられる。各務原市域には同年6月以降、十数回空襲があり、被害の大きかった6月22日を「各務原空襲」とし、市は「平和の日」に指定している。

 現物を確認した伊藤秋男・南山大名誉教授(77)は「物資の少ない時代にコンクリート製の防火水槽をよく作ることができたと思う。空襲に備えた終戦3カ月前の世相を伝える歴史資料として価値がある」と評価した。所有者の岡部さんは「毎日見とるから、びっくりせんわ。でも、話を聞いて貴重な戦時中の物だったことが分かった」と話した。



   米領のグアム島は太平洋戦争時、日本の絶対国防圏内の要所とされ、サイパン島と同様に激戦が繰り広げられた。グアム島の美しい景色の中には、今も太平洋戦争の爪痕が現存。戦争の悲惨さを伝える戦跡の数々。〜修学旅行の生徒に頼んで、貴重な戦争遺構の写真を撮って来てもらった。戦争遺構研究会、時事、14・01・12



2014年1月7日
 米領のグアム島は太平洋戦争時、日本の絶対国防圏内の要所とされ、サイパン島と同様に激戦が繰り広げられた。
 真珠湾攻撃の数時間後、旧日本軍は米国の植民地であったグアム島に進撃し、米軍を駆逐。日本の領土とした後、2年7カ月にわたり統治を続けていたが、大激戦の末、米国が奪還した。
 グアム島の美しい景色の中には、今も太平洋戦争の爪痕が残っている。今回、戦争の悲惨さを伝える戦跡の数々を紹介する。【時事ドットコム編集部撮影】

  解体予定の貴重な産業遺産は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、将来の為に保全活用されるようご検討を、お願いします。14・01・13

神戸製鋼神戸製鉄所殿、兵庫県知事殿、神戸市長殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

 (阪神大震災19年)。神戸市灘区、神戸製鋼神戸製鉄所。元気届けた製造業、低迷。3年後には姿を消すことになる高炉=17日で発生から19年になる阪神大震災。社会にどんな影響を与え、経済や暮らしはどう変わったのか。〜貴重な産業遺産として、正しく評価して、保全活用についてのご検討をお願いします。近現代産業遺産研究会、朝日、14・01.12

 被災地の復興を引っ張った一つが、鉄鋼や造船などの製造業。だが、19年たった今、撤退や休止の動きが相次ぐ。神戸製鋼所は昨年5月、被災から2カ月半で再開にこぎつけ、「産業復興のシンボル」と呼ばれた。
神戸製鉄所の高炉を17年度に休止予定。〜現代の産業遺産としての再評価を要望します。近現代産業遺産研究会、朝日、14・01.12

  産業遺産の研究している立場から、大阪からも、保全再生のご検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
        近現代産業遺産研究会、TEL 072−236−3357 。

  朝日新聞。 元気届けた製造業、低迷 (阪神大震災19年)
2014年1月10日08時04分

 3年後には姿を消すことになる高炉=神戸市灘区、神戸製鋼神戸製鉄所
17日で発生から19年になる阪神大震災。社会にどんな影響を与え、経済や暮らしはどう変わったのか。復興の歩みと現状、課題を2回に分けて探る。

 被災地の復興を引っ張った一つが、鉄鋼や造船などの製造業だった。だが、19年たった今、撤退や休止の動きが相次いでいる。

 神戸製鋼所は昨年5月、被災から2カ月半で再開にこぎつけ、「産業復興のシンボル」と呼ばれた神戸製鉄所の高炉を2017年度に休止すると発表した。鉄の製造は別の製鉄所に集約され、神戸製鉄所からは高炉がなくなる。





  若草山のモノレール設置構想について、若草山の歴史景観との調和について正しく評価されるようご検討をお願います。13・11・06

 突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。
  
 奈良県知事殿、奈良県議会殿、奈良市長殿、奈良市議会殿、文化庁殿
  
 若草山:モノレール設置構想 バリアフリーか景観か。奈良県が、奈良市の景勝地・若草山(標高342m)の山麓と一重目と呼ばれる中腹(251〜264m)を結ぶ小型モノレールの設置構想を進めている。〜かけがえのない歴史景観を、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、保全活用されるよう要望歴史的景観研究会、毎日、13・11・05
 
 片道約20分で、古都を眺望できる場所に到達する。集客増とバリアフリー対策が目的だが、場所は世界遺産の春日山原始林脇を通るルート。自然保護や景観などの観点から異論が出るのは必至で、28日に説明を受けた文化庁も慎重な検討を求めた。〜観光開発と、歴史的景観を如何に調和させるのか、難問?歴史的景観研究会、毎日、13・11・05
 
 奈良女子大の増井正哉教授(住環境学・歴史遺産保全)は「便利になるのは確かだろうが、若草山は奈良のシンボル。春日山には歴史的・文化的意味がある。奈良公園の将来を巡る議論が必要なのでは」と指摘〜かけがえのない歴史景観の保全を図りながら、モノレールを建設するような工夫を、英知を集めて!歴史的景観研究会、毎日、13・11・05
 
 優れた歴史景観の保全活用の研究している立場から、大阪からも、関係諸機関の慎重な配慮を、要望します。
 599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          歴史的景観研究会、TEL 072−236−3357 。


  世界遺産の森にモノレール=P・ジャクソン監督ら反対−NZ

 ニュージーランド南島の世界遺産フィヨルドランド国立公園で計画中のモノレールのイメージ図=リバーストーン・ホールディングス社提供

 【シドニー時事】ニュージーランド南島で、世界遺産フィヨルドランド国立公園付近の原生林を走るモノレールの建設計画が進められている。新たな観光の目玉として期待され、外国人観光客の誘致強化を急ぐ政府は計画を承認する見通し。しかし、一部住民らは「自然景観を台無しにする」と反対している。
 モノレールは全長40キロ超で、乗客は原始的な森を間近に眺められる。計画する企業は、氷河に削られたフィヨルド地形が広がる人気観光地ミルフォード・サウンドへの移動時間が短縮され、訪問者数が増え、雇用創出の効果もあると説明する。
 これに対して、一部住民らは景観悪化を恐れて反対運動を展開。大ヒット映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズをこの森で撮影したニュージーランド出身のピーター・ジャクソン監督も「国立公園や世界遺産は国の美しさを守るために設けられた」と開発に反対だ。時事(2014/01/07-15:35)





   かけがえのない近代産業遺産として、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望します。14・01・05

福岡県知事殿、大分県知事殿、東峰村長殿、東峰村議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

大分との県境を走るJR日田彦山線(東峰村)で、二つの眼鏡橋がライトアップされ幻想的な姿の貴重な近代産業遺産。筑前岩屋―大行司間(約4キロ)にかかる栗木野橋(長さ71・2m)、宝珠山橋(同79・2m、1938年架橋)で点灯。いずれもコンクリート橋。〜文化財指定のご検討を要望します。近現代産業遺産研究会、14・01・05
 

 保存の声に近代産業遺産の研究している立場から、関西からも、応援し、文化財指定のご検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
        近現代産業遺産研究会、TEL 072−236−3357 。 



  朝日新聞デジタル 福岡。走れ銀河鉄道 福岡・東峰
2013年12月31日03時00分

【動画】山村に銀河鉄道現る=池田良撮影
写真・図版ライトアップされた栗木野橋を列車が通過していった=東峰村、池田良撮影
[PR]
Click to learn more...  【池田良】大分との県境を走るJR日田彦山線(東峰村)で、二つの眼鏡橋がライトアップされ幻想的な姿が浮かび上がっている。

 筑前岩屋―大行司間(約4キロ)にかかる栗木野橋(長さ71・2メートル)、宝珠山橋(同79・2メートル)で点灯。いずれもコンクリート橋で、日本の近代土木遺産に選ばれている。

 来年1月6日までの午後5時半〜同9時半に点灯され、この間に上下6本の列車が通過する。




  @TsutomuISHIAI メール有難うございます。今後ともよろしくお願いします。現在、関心をもたれてきている旧満州の明治建築、 近現代建築、戦争遺構など、忘れられている和歌山、兵庫の旧由良要塞跡の、世界遺産登録についても、関係方面に、呼びかけ、要望しています。戦争遺構研究会近現代史研、14・01。04




解体予定の貴重な戦争遺構を正しく評価して、補強して、一部でも保全再生の検討をお願いします。13・12・28

兵庫県知事殿、兵庫県議会殿、西宮市長殿、西宮市議会殿、文化庁殿、防衛庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

 1太平洋戦争末期に旧日本軍が飛行機工場などを避難させるため、西宮市内の山の斜面に掘った地下壕が、来年1月にも埋め戻される予定。「戦争の実態を伝える生きた教科書だ」〜貴重な戦争遺構です、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、一部でも、文化財にして保全活用されるよう要望。戦争遺構研究会、朝日、13・12・28

2作家の故小田実さんらが保存運動を起こした優れた戦争遺構。壕は西宮市甲陽園山王町の住宅地の裏山にある。南北に延びる3本のトンネルと、それをつなぐ横穴があり、総延長約390m。一帯の7カ所に同じような壕があったが、崩落したり市が埋め戻したりし、今回の壕が最後の一つ〜保全活用の検討を!戦争遺構研究会、朝日、13・12・28

3郷土資料集などによると、戦時中、市内には旧日本軍の戦闘機「紫電改」の部品をつくる「川西航空機」の工場があった。米軍の空襲を避けるため、45年3月から地下壕が掘られた。工事は強制連行された朝鮮人が担ったが、完成前に終戦を迎えた。〜戦争、平和を考える為のかけがえのない歴史遺構です。戦争遺構研究会、朝日、13・12・28


 地元の保存の声に歴史遺産の研究している立場から、大阪からも、応援し、保全再生の再検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
        戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。




 



朝日新聞デジタル 旧日本軍の地下壕、埋め戻しへ 故小田実さんら保存運動
2013年12月28日01時44分


【動画】消える旧日本軍の地下壕、埋め戻し前に最後の公開=藤本久格撮影
写真・図版埋め戻しの前に公開された地下壕=25日、兵庫県西宮市、諫山卓弥撮影
写真・図版 写真・図版 写真・図版 写真・図版 Click Here!
[PR]
 太平洋戦争末期に旧日本軍が飛行機工場などを避難させるため、兵庫県西宮市内の山の斜面に掘った地下壕(ごう)が、来年1月にも埋め戻される。「戦争の実態を伝える生きた教科書だ」として、作家の故小田実さんらが保存運動を起こしたが、願いは届かなかった。

 壕は西宮市甲陽園山王町の住宅地の裏山にある。南北に延びる3本のトンネルと、それをつなぐ横穴があり、総延長約390メートル。一帯の7カ所に同じような壕があったが、崩落したり、市が埋め戻したりし、今回の壕が最後の一つだった。

 郷土資料集などによると、戦時中、市内には旧日本軍の戦闘機「紫電改(しでんかい)」の部品をつくる「川西航空機」の工場があった。米軍の空襲を避けるため、1945年3月から地下壕が掘られた。工事は強制連行された朝鮮人が担ったが、完成前に終戦を迎えた。



震災遺構の保存=東日本大震災の被災地で、今も大きな爪痕を残している「災害遺構」が、議論も十分になされないまま、解体される事例が相次ぐ。「つらい記憶を思い出したくない」という被災者感情を考えると、震災の教訓を後世に伝えるために残すべきだ、とは言えず、問題は複雑さを増す〜再検討を!。近現代産業遺産研究会、毎日、13・12・26


04年の中越地震で、旧山古志村の木籠集落は、芋川が土砂でせき止められ、26世帯のうち半分が水没。住民は4年後、一部の水没家屋を災害遺構として残すことを決め、12年には保存会も設立。当初は保存に反対の住民も多かったが、住民同士が納得いくまで徹底して話し合いで保存〜保存を見習いたい!。近現代産業遺産研究会、毎日、13・12・26


保存を決めた背景には、地震後に進んだ過疎・高齢化によるコミュニティーの空洞化が。住民は現在、水没家屋をきっかけに外部から人を呼び込み、まちづくりに巻き込む活動を。壊れた古里は私たちの根っこ。根っこから目をそらさなければ強くなれます」経験者の言葉が全てを語る〜素晴らしい保存の考え方。近現代産業遺産研究会、毎日、13・12・26




  にいがた記者日記:震災遺構の保存=湯浅聖一 /新潟。毎日新聞 2013年10月23日 地方版

 東日本大震災の被災地で、今も大きな爪痕を残している「災害遺構」が、議論も十分になされないまま、解体される事例が相次いでいる。「つらい記憶を思い出したくない」という被災者感情を考えると、震災の教訓を後世に伝えるために残すべきだ、とは言えず、問題は複雑さを増す。

 2004年の中越地震で、旧山古志村の木籠(こごも)集落は、芋川が土砂でせき止められ、26世帯のうち半分が水没した。住民は4年後、一部の水没家屋を災害遺構として残すことを決め、12年には保存会も設立された。住民は地震の記憶と一緒に暮らす選択をしたわけだ。当初は保存に反対の住民も多かったが、住民同士が納得いくまで徹底して話し合いを続けたという。

 保存を決めた背景には、地震後に進んだ過疎・高齢化によるコミュニティーの空洞化がある。住民は現在、水没家屋をきっかけに外部から人を呼び込み、まちづくりに巻き込む活動をしている。発起人の松井治二さんは言う。「壊れた古里は私たちの根っこです。根っこから目をそらさなければ強くなれます」。経験者の言葉が全てを語っているように思えた。



企業や大学、個人が寄贈し、大阪砲兵工廠で使われた旋盤や30年代の関西電力発電所のタービンなど歴史的価値が高いものも。博物館構想は70年代後半に始まり86年には府や大阪市、大阪商工会議所、日本産業技術史学会が誘致促進協議会を設置。バブル崩壊や財政難で計画は頓挫〜再度大阪での再検討を近代産業遺産研究会、共同、13・12・23


90年代後半から協議会は休眠状態。資料は旧万博パビリオン「鉄鋼館」に保管されていたが、同館の改修を前に撤去を迫られた。協議会は廃棄処分と今年3月末での解散を決定、同月中に機械類の撤去を始める。一部が大学などに引き取られるほかは大半がスクラップに。〜寄贈したのに、無念、残念でした。近代産業遺産研究会、共同、13・12・23



大阪府吹田市の万博記念公園に建設構想があった「国立産業技術史博物館」に収蔵するため集められ、公園内の施設に保管されたままになっていた江戸時代以降の産業資料2万数千点の大半が廃棄処分。鋳造関係の文書や繊維、金属加工の機械類など〜将来、産業技術と、戦争関連の博物館建設も、検討べきでは。近代産業遺産研究会、共同、13・12・23






  
万博公園の保管資料2万点廃棄へ 産業博物館頓挫で

社会2009/03/13 11:35:27【共同通信】

 廃棄処分される産業資料=13日午前、大阪府吹田市

 大阪府吹田市の万博記念公園に建設構想があった「国立産業技術史博物館」に収蔵するため集められ、公園内の施設に保管されたままになっていた江戸時代以降の産業資料2万数千点の大半が廃棄処分されることが13日、分かった。

 鋳造関係の文書や繊維、金属加工の機械類など。企業や大学、個人が寄贈し、大阪砲兵工廠で使われた旋盤や1930年代の関西電力発電所のタービンなど歴史的価値が高いものも多いという。

 博物館構想は70年代後半に始まり、86年には府や大阪市、大阪商工会議所、日本産業技術史学会が誘致促進協議会を設置。しかしバブル崩壊や財政難で計画は頓挫、90年代後半から協議会は休眠状態になった。

 資料は旧万博パビリオン「鉄鋼館」に保管されていたが、同館の改修を前に撤去を迫られた。協議会は廃棄処分と今年3月末での解散を決定、同月中に機械類の撤去を始める。一部が大学などに引き取られるほかは大半がスクラップになるという。



  1国連教育・科学・文化機関の世界文化遺産候補地で、昨年国の重要文化財に指定された佐渡市の「大立竪坑櫓」などの旧佐渡鉱山採鉱施設が、崩壊の危機にあることが判明。佐渡市は新年度、有識者による委員会を設置し、修復保存に乗り出す〜産業遺産同様に、遅れている戦争遺構保存にも力を入れるべき。近代産業遺産研究会、読売、13・12・22



2明治10年に日本で最初に建造された西欧式の竪坑「大立竪坑」の櫓(高さ14・4m)と捲揚機室は、鉄筋コンクリート全体が劣化し鉄骨の一部は腐食して穴が。また、金銀の増産を図った「高任粗砕場」も屋根が一部壊れて雨漏りが激しく鉄骨も劣化。いずれも崩壊の危機に直面。〜耐震補強が、重要です近代産業遺産研究会、読売、13・12・22



3佐渡市の「史跡佐渡金山遺跡保存管理委員会」の委員長を務める木村勉・長岡造形大教授は「近代遺産は時代に応じて変貌している。大立竪坑櫓も木造だったが、改修されて最後は鉄骨造りとなった。どの時代の遺産をどのように修復保存するかが課題だ」と語る。〜掘搾技術の時代の移り変わりも重要です。近代産業遺産研究会、読売、13・12・22




4佐渡金銀山世界文化遺産学術委員会の小風秀雅委員長(お茶の水女子大教授)は「佐渡の近代遺産のように集約された遺跡で対策を示すことができ、世界的なモデルとなれば、世界文化遺産登録の重要な後ろ盾となる」と注目。〜外国に比べて、産業遺産、戦争遺構の保存再生は、遅れているので文化財指定を。近代産業遺産研究会、読売、13・12・22





 

  佐渡の世界遺産候補 旧採鉱施設 崩壊の危機

 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産候補地で、昨年国の重要文化財に指定された佐渡市の「大立竪坑櫓(おおだてたてこうやぐら)」などの旧佐渡鉱山採鉱施設が、崩壊の危機にあることが判明した。佐渡市は新年度、有識者による委員会を設置し、修復保存に乗り出す。近代産業遺産の修復保存技術は世界的に未完成の分野とされており、関係者は佐渡金銀山を修復保存の先進モデルとして、世界遺産登録に向けたアピールポイントにしたい考えだ。(石原健治)


崩壊の危機にある国の重要文化財「大立竪坑櫓」

 市などによると、佐渡金銀山の近代産業遺産は、昨年末に5か所が国の重要文化財に指定されたが、いずれも劣化が進んでいる。1877年(明治10年)に日本で最初に建造された西欧式の竪坑「大立竪坑」の櫓(高さ14・4メートル)と捲揚(まきあげ)機室は、鉄筋コンクリート全体が劣化し、鉄骨の一部は腐食して穴が開いている。また、金銀の増産を図った「高任粗砕場」も屋根が一部壊れて雨漏りが激しく、鉄骨も劣化。いずれも崩壊の危機に直面しているという。

 近代以前の木造の文化財は緻密な調査研究を経て、建築時を踏まえた木材を使って補修などをしている。一方、歴史の浅い鉄筋コンクリートや鉄骨の建造物は崩壊をどのように防ぎ、保存していくのかは、専門家の間でも大きな課題となっている。時代によって材料が違っており、修復は一筋縄ではいかない。特に大立竪坑櫓は全体が劣化し、安全性を優先すれば、全て取り換えなければならなくなるという。修復してレプリカ同然とすると、文化財としての価値がなくなるというジレンマがある。

 佐渡市の「史跡佐渡金山遺跡保存管理委員会」の委員長を務める木村勉・長岡造形大教授は「近代遺産は時代に応じて変貌している。大立竪坑櫓も木造だったが、改修されて最後は鉄骨造りとなった。どの時代の遺産をどのように修復保存するかが課題だ」と語る。

 近代産業遺産は、科学技術と産業活動の進展を示す文化遺産の一つとして、1994年のユネスコ世界遺産委員会で保存・登録の方針が決まった。国内では、来年登録審査が行われる富岡製糸場(群馬県)や9月にユネスコ世界遺産委員会への推薦が決まった「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県)などが候補となっている。だが、産業革命遺産の構成資産の一つ、長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)は、コンクリート建築物などの完全な修復保存には100億円以上が必要との見方もある。

 佐渡金銀山世界文化遺産学術委員会の小風秀雅委員長(お茶の水女子大教授)は「佐渡の近代遺産のように集約された遺跡で対策を示すことができ、世界的なモデルとなれば、世界文化遺産登録の重要な後ろ盾となる」と注目している。

 佐渡市は、来年夏までに専門家で委員会を発足し、具体的な修復保存の方向性を明確にし、2017年の世界文化遺産登録に向けて活動を進めていく方針。(2013年12月20日 読売新聞)


   フェティッシュの火曜日 2013年12月17日

飛行機用の防空壕、「掩体壕(えんたいごう)」のたたずまい

田んぼの中にポツンとたたずむ、カマボコ型のコンクリート

「掩体壕(えんたいごう)」、というものがある。第二次世界大戦中に作られた、空襲から飛行機を守る為の施設。いわば飛行機用の防空壕である。

その形状は、カマボコ型のコンクリートにぽっかりと穴が開いたような、なんとも不思議な建造物なのだ。

 木村岳人 木村岳人(きむらたけひと)
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

フェンスでガチガチガード、調布飛行場に残る掩体壕

東京都心から程近く、調布市、三鷹市、府中市にまたがる調布飛行場には、全部で四基の掩体壕が現存する。

そのうち、飛行場の北側に広がる武蔵野の森公園には二基の掩体壕が残っており、見学する事が可能だと聞く。よし、それなら見に行ってみようじゃないか。

京王線の飛田給駅から歩き、味の素スタジアムを横切る真っ直ぐな道を北上していくと――

武蔵野の森公園に到着。ここに掩体壕があるらしい
ちょうど、飛行機が着陸する所であった

調布飛行場は、セスナやヘリコプターの飛行場として現役だ

案内板にも掩体壕としっかり明記で分かりやすい

園内を歩いていくと……なにやら黒っぽいコンクリートの塊が
これこそが、掩体壕なのである

平べったいカマボコ型の不思議な建造物。見つけた時には思わずテンションが上がったが、フェンスに囲まれて近づけないのが残念だ。

案内板によると、調布飛行場の掩体壕は昭和19年(1944年)頃から作られたそうだ。戦況が悪化する中、乏しい資材で作られたという事もあって、コンクリート建造物としてあまり上質なものでない。

しかも築造から既に70年近くが経っており、あちらこちらがボロボロである。倒壊する可能性もあるとの事で、このようにフェンスで覆う措置も、まぁ、致し方ない。

しかし、これでは内部がほとんど見えない
せいぜい、フェンス越しに外観の写真を撮るくらいだ

裏側はすぼんでおり、タコの口みたいでなんだか可愛らしい
遠目に見ると、土中に埋められた壺みたいである

かつて調布飛行場の周囲には、このようなコンクリート製の掩体壕が30基、土塁の掩体壕(土をコの字型に盛った、屋根のない掩体壕)が30基、計60基の掩体壕があったそうだ。

今に残るのはそのうちの四基だけだが、周囲の宅地化具合を見るに、四基残っただけでも大したものであろう。

もっとも、このようなコンクリートの塊を壊すのはかなり大変だろうし、撤去したくてもできないまま、今に残っただけかもしれない。

すぐ近くに、もう一基の掩体壕があった
こちらは完全に塞がれており、内部が全く見えない
そのコンクリートは、やはりボロボロだ
特に正面は崩れかかっており、砂利や鉄筋が露出している
先程のものは割とほったらかしの状態であったのに対し、こちらは戦争遺構の文化財として保護される方針なのか、内側を新しいコンクリートで覆うなど補強の手が加わっていた。

かなり風化してはいるものの、それが独特の風情を生み出しており悪くない。……が、やはり内部を見れないのは残念だ。
 こういう感じで戦闘機が格納されていたようだ

ざらっとした、粗いコンクリートの質感が素晴らしい

植物も生え、なんとも不思議なたたずまいである

この二基のほか、調布飛行場界隈では西側の府中市朝日町と白糸台にそれぞれ一基ずつ掩体壕が現存する。

朝日町のものは個人宅の敷地内にあり、遠目から見る事しかできないが、白糸台のものは府中市によって整備されており、なんと内部を見学する事もできるようだ。

当然ながら、私もその白糸台の掩体壕を見に行ったのだが、詳細な場所を把握していなかったのが災いし、見つける事ができなかった。

この辺にあるはずなのだが……見当たらない


昔の地図によると、白糸台の掩体壕は甲州街道の北側に描かれてた。しかし、現在の甲州街道(国道20号線)はそれよりも北側を通っており、お目当ての掩体壕は国道20号線沿いの南側に存在したのだ。

前を向いて探していた物が、実は自分の背後にあった。国道20号線の北側をずっと探していた私は途方に暮れ、結局、掩体壕を見つける事ができないまま帰宅の途についた。

調布飛行場の訪問が不完全燃焼に終わった為か、私の“掩体壕の内部見たい欲”はぶくぶくと膨れ上がり、いてもたってもいられなくなっていた。その滾りをどこで発散させたのかというと、それは千葉県である。

戦時中、数多くの飛行場が存在していた千葉県には、たくさんの掩体壕が残っているのである。

田畑の中にポツポツ存在、香取飛行場跡に残る掩体壕

というワケで、千葉県にまでやってきた。犬吠埼がある銚子市の程近く、旭市と匝瑳市の境に香取飛行場跡が存在する。

現在は工業地帯となっているその界隈には、全部で五基の掩体壕が現存するというのだ。今回はそのうちの三基を見る事ができた。

最寄駅は、JR総武本線の干潟駅
江戸時代、「椿の海」という湖を干拓してできた土地だそうだ
駅から20分程歩き、伊勢大神宮という神社に到着
なかなか雰囲気のある神社である
この神社西側の駐車場側に、掩体壕があるらしい

周囲をキョロキョロ見渡しながら探していると……ん? あれは!?

おぉー、やはり掩体壕であった
調布飛行場のものより、しっかりとした感じの作りである

正面はこんな感じ。かなり大型でびっくりした
敷地にお邪魔させて頂き、近くで拝見する
現在は農業用倉庫として使われているこの掩体壕。その上部は土によって覆われており、裏から見るとまるで古墳のようだが、これは上空から見て分からなくする為のカモフラージュである。

入口上部のコンクリートは多少欠けて鉄筋が露出してはいるものの、全体的に保存状態は良く、コンクリートの表面には枠板の痕をくっきり確認する事ができる。内部の空間は思っていた以上に広く、私は「すげー、すげー」と連呼しながら見入っていた。

さて、ひとしきり満足した私は、次なる掩体壕を求めて歩き出した。今の掩体壕は香取飛行場跡の南東端に位置しているのだが、北西端にも別の掩体壕が存在するのである。

香取飛行場跡の敷地沿い、真っ直ぐな道を進む
30分ほど歩いていくと、掩体壕が二基、見えてきた
田んぼの中にたたずむ風情がまた素晴らしい

匝瑳市によって説明板も設置され、立派な文化財扱いである
ここに並ぶ二基の掩体壕のうち、一つはやはり農業用の倉庫兼作業場として使われているようで、その入口はトタン板で塞がれていた。

一方、もう一つの掩体壕は特に何かに使われているという事もなく、内部が開放された状態であった。
なんとなく、『風の谷のナウシカ』の王蟲を思い出した
こちらもまたしっかり残っている
少々歪みのある曲線が、手作りっぽさを醸している
内部は外から見るより明るく、開放的な印象だ

資材不足の為か、木材が使われている部分もあった
周囲が至って普通の田んぼなだけに、なんとも不思議な感じ光景だ


人々の生活の中にある、茂原飛行場跡に残る掩体壕

さて、最後は千葉県の中でも特に掩体壕の現存数が多い、茂原飛行場跡へ行ってみた。

茂原市は地中から天然ガスが湧き出る驚きの土地で、当サイトライターの西村さんがその様子を先月レポートされていた(参考「自宅の庭にガス田がある生活」)。

しかしその一方で、茂原市は天然ガスの町であると共に、掩体壕の町でもあるのだ。
JR外房線の新茂原駅からスタート
歩き始めて早々、ぽっかりと口を開けた掩体壕が姿を見せた
あまりにあっけなく最初の掩体壕を見つけてしまい、思わず我が目を疑った。木々がもっさり生えていて自然物のように見えるし、あれは掩体壕の入口風に山を掘った、横穴なのではないかと思った程だ。

しかしそれは正真正銘、コンクリート製の掩体壕であった。茂原ではさも当たり前のように、掩体壕が生活の中に溶け込んでいる。

最初の掩体壕を見つけた後も、数多くの掩体壕を確認する事ができた。
こちらは倉庫として使われているようだ
基本的な作りは香取飛行場跡のものと同じか
基本的に個人所有なので、その使用方法、管理状況は様々だ
県道293号線沿いには、案内板も立っている
水路が湾曲し、暗渠となっている理由は……
そこに、掩体壕がある為だ

茂原に残る掩体壕でも特に立派なものとして、保存されるっぽい
やはり一部は欠けたりしてるが、表面は綺麗なものだ
内側には、ムシロの痕がくっきり残っている


掩体壕の作成方法は、まず土をカマボコ状の形に盛り、その上にムシロを敷いて鉄筋を組んでセメントを流す。セメントが固まったら中の土を掘り出して完成、という手順らしい。

掩体壕の内側には、その作成行程の中で敷かれたムシロの痕が見られ、ザラザラとした質感がそっくりそのままコンクリートに転写されている。

コンクリートの打ちっぱなしなのにどこか有機的な、今のコンクリート建築には無い、味のある建造物に仕上がっている。
その近くにあった、ハリネズミのような掩体壕
個人宅の敷地奥に、さりげなくある掩体壕
夕暮れの中、鳥が飛び交う掩体壕
別アングルを探して歩いていたら、さらに発見した掩体壕
夕日を浴びて光り輝く掩体壕

セメントに混ぜられた赤い石が妙にかわいい掩体壕
きめ細やかに残るムシロの痕。見れば見る程おもしろい掩体壕
掩体壕の見学は、稲が刈り取られ、木の葉が落ちる冬季がベスト
戦時中に築かれ、終戦と共に役目を終えた。普通の公園、田畑、住宅街の中にポツンと残る掩体壕は、見慣れた光景の中にある遺物。日常の中の異常である。

そのギャップが掩体壕を味わい深いものとし、また何ともいえぬ寂寥感を際立たせているのだろう。

掩体壕は割とあっちこっちにあるようだが、やはり千葉県には群を抜いて多い。掩体壕は田畑の中にあるものが多く、またカモフラージュの名残か草木が生えているものも多いので、見学するなら全体像が把握しやすい今の季節がベストですな。
茂原に残る掩体壕群の南に伸びる真っ直ぐな道路。これは滑走路の跡らしい






  1赤レンガの外壁が印象的な南区の旧陸軍被服支廠。戦時中に兵服や軍靴を作っていた工場だ。ここで働いていて被爆した人やゆかりのある人が中心となり「旧被服支廠の保全を願う懇談会」発足に向けて奔走。被服支廠だが「4棟あるうち1棟だけでも活用されれば」と願う〜戦争遺構として全体の保全活用を。戦争遺構研究会、毎日、13・12・19


2被服支廠は、「広島の戦前の歩みを如実に物語る遺産」。広島大病院に一部残る陸軍兵器補給廠や、市郷土資料館として使われている宇品陸軍糧秣支廠(食料工場)を挙げ、「この3施設で、広島が軍の兵站機能を担った」と説明。被服支廠は被爆直後に救護所としても使われ、峠三吉の「原爆詩集」にも登場。戦争遺構研究会、毎日、13・12・19


3「人々の生死が、ここにあった。爆風でゆがんだ鉄扉などと併せて、被爆の実相を伝える建物です」建築物としても価値が高く、1913年の築年は鉄筋コンクリート造りとしては日本で最初期に当たる。4棟に及ぶレンガ張りの景観(長さ約500m)も国内有数だと〜原爆の被害を物語る歴史の生き証人。戦争遺構研究会、毎日、13・12・19


4被爆建物は、被爆後に街が歩んできた歴史やその先の未来をも照らす道しるべ「被災地でもそうだが、壊すか残すかの二者択一になりがち。だが、少し“放っておく”という手も。次の世代に手渡す、その間にいい知恵が生まれる。長い目でみたとき、生き残った者の役目として、悲惨な記憶を伝える〜文化財。戦争遺構研究会、毎日、13・12・19








  建て替えが心配される広島アンデルセン旧館 の保全再生の検討をお願いします。13・12・18

広島アンデルセン殿、広島県知事殿、広島県議会殿、広島市長殿、広島市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

  原爆の惨禍を伝える「被爆建物」をどのように守っていけばいいのか。進む老朽化、多額の費用がかかる維持や補修…。広島市の原爆ドームからほど近いベーカリーの建物も解体を視野に入れた検討を始めた。原爆投下から68年余り。後世へつなぐための模索が続く〜貴重な原爆遺構として保存・活用を要望中戦争遺構研究会、朝日、13・12・18

「アンデルセンといえばこの建物。雰囲気を残して」世界遺産の原爆ドームから南東に500mほどのベーカリー「広島アンデルセン」建物内のレストランで食事をした稲田由美子さんは話す。解体も視野に入れた検討が始まったことに、複雑な思いを抱く人たちは少なくない〜歴史保存で県、国の財政援助を!戦争遺構研究会、朝日、13・12・18

アンデルセングループの前身のタカキベーカリーが67年、被爆時は帝国銀行広島支店だった建物を購入。爆心地から半径5キロ圏内に現存する被爆建物として登録され86件ある中でも原爆ドーム、平和記念公園レストハウスに次いで3番目に爆心地に近い〜歴史遺産として、問答無用で税金での保全再生を!戦争遺構研究会、朝日、13・12・18

  保存・補修は大変だと思いますが、貴重な原爆遺構の保全活用を、関西からも、再検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
        戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。



  
中国新聞。'13/10/6。 アンデルセンの取り壊し検討
 
広島市中区の本通り商店街に残る被爆建物、広島アンデルセン旧館の取り壊しを、アンデルセングループ(中区)が検討していることが分かった。耐震工事に多額の費用が掛かることが判明。歴史的建物の維持が困難となっている。存続策も探りながら、来年度中に結論を出す。

 同社によると、商業施設になっている旧館の大幅改装を当初は計画。だが、耐震基準に合う改築は構造上やコスト面から難しいことが分かり、建て替えの検討に入った。

 創業70周年となる2018年に旧館を新しい形にする考え。取り壊しのほか、存続させて耐震性を高められるかどうか、来年2月にプロジェクトチームをつくり精査する。被爆建物への助成制度がある広島市とも協議する。

 旧帝国銀行広島支店だった旧館は、爆心地から360メートルで被爆。グループ創業者の故高木俊介氏が1967年に購入し、レストラン併設のパン販売店に再生させた。増改築を重ね、02年には1億5千万円をかけて大規模な耐震補強工事をした。さらなる耐震工事の費用は、これを上回る可能性がある。

 本通り商店街では02年に旧山口銀行本通支店が解体され、広島アンデルセン旧館が唯一の被爆建物となった。

 高木誠一会長は「予算が限られる中、被爆建物をどうするかは最大の課題。地域のお客さまの要望にできる限り沿う努力をする」と話している。

【写真説明】建て替えが検討されている広島アンデルセン旧館(撮影・天畠智則)






朝日新聞デジタル。 被爆建物守れるか 広島86件 重い維持費、解体も視野
2013年12月15日18時04分

原爆投下直後の広島アンデルセン(当時は帝国銀行広島支店)=1945年8月、朝日新聞大阪写真部・宮武甫撮影

 原爆の惨禍を伝える「被爆建物」をどのように守っていけばいいのか。進む老朽化、多額の費用がかかる維持や補修……。広島市の原爆ドームからほど近いベーカリーの建物も解体を視野に入れた検討を始めた。原爆投下から68年余り。後世へつなぐための模索が続いている。

 「アンデルセンといえばこの建物。この雰囲気を残してほしい」。世界遺産の原爆ドームから南東に500メートルほど離れた繁華街に立つベーカリー「広島アンデルセン」。今月初め、建物内のレストランで食事をした会社員の稲田由美子さん(43)=広島市=はそう話した。解体も視野に入れた検討が始まったことに、複雑な思いを抱く人たちは少なくない。

 アンデルセングループの前身のタカキベーカリーが1967年、被爆時は帝国銀行広島支店だった建物を購入。爆心地から半径5キロ圏内に現存する被爆建物として登録され、86件ある中でも原爆ドーム、平和記念公園レストハウスに次いで3番目に爆心地に近い。




 原爆の被害を後世に伝える被爆建物「旧広島陸軍被服支廠」を、文化財にして、保全再生の検討をお願いします。13・12・17


広島県知事殿、広島県議会殿、広島市長殿、広島市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

1被爆70年控え保存・活用へ。原爆の被害を後世に伝える被爆建物「旧広島陸軍被服支廠」(広島市南区)の保存、活用を訴える懇談会が来年2月にも設立。メンバー代表の呉市安浦町内海北、中西巌さんは「被爆建物は亡くなった方の魂が残り、原爆の悲惨さを伝える大切な遺物。修復、保存し、活用の道を。戦争遺構研究会、読売、13・12・17

2旧広島陸軍被服支廠は、現存する建物は1913年築の鉄筋コンクリート造り3階建ての4棟で、延べ面積は約2万1700平方m。元々軍服や軍靴を生産・貯蔵し、戦後、大学の学生寮や運送会社の倉庫などとして利用。外壁はれんがで、爆風でゆがんだ窓の鉄扉が残る〜貴重な原爆被災の戦争遺構文化財に。戦争遺構研究会、読売、13・12・17

3広島市は、被服支廠を含む爆心地から5キロ以内の86件を被爆建物として登録。老朽化が進む上、改修や維持費の負担などを理由に姿を消すケースが後を絶たない。市は民間施設を対象に上限3000万円で保存工事費の4分の3を助成する制度を設けているが、被服支廠は県が管理するため対象とならず。戦争遺構研究会、読売、13・12・17

4「建物の活用を進めなければ、いずれ取り壊される」などの声が。被爆者の高齢化が進む中、「原爆の記憶を語り継ぐ上で、建物を残す必要がある」と危機感を感じた中西さんは、保存、活用方法を検討。メンバーを募り、被爆70年となる2015年を前に「旧被服支廠の保全を願う懇談会(仮称)」を設立。戦争遺構研究会、読売、13・12・17

 かけがえのない歴史遺産は、後世に悔いを残さないよう正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望します。地元の保存の声に歴史遺産の研究している立場から、原爆の被害を後世に伝える被爆建物、歴史の生き証人として、保全活用を関西からもお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
         戦争遺構研究会、TEL 072−236−3357 。







広島の旧陸軍被服支廠、被爆70年控え保存・活用へ

爆風でゆがんだ鉄扉など原爆のすさまじさを伝える旧広島陸軍被服支廠(広島市南区で)

 原爆の被害を後世に伝える被爆建物の一つ、「旧広島陸軍被服支廠ししょう」(広島市南区)の保存、活用を訴える懇談会が来年2月にも設立される。

 15日には準備を進めるメンバーが、大学院教授らを招いて広島平和記念資料館(中区)で講演会を開く予定。メンバー代表の呉市安浦町内海北、中西巌さん(83)は「被爆建物は亡くなった方の魂が残り、原爆の悲惨さを伝える大切な遺物。修復、保存し、活用の道を探りたい」と参加を呼び掛けている。


 旧広島陸軍被服支廠は爆心地の南東2・7キロにある。現存する建物は1913年築の鉄筋コンクリート造り3階建ての4棟で、延べ面積は約2万1700平方メートル。元々軍服や軍靴を生産・貯蔵し、戦後、大学の学生寮や運送会社の倉庫などとして利用された。外壁はれんがで、爆風でゆがんだ窓の鉄扉が残るが、建物自体は現在活用されていない。


 広島市は、被服支廠を含む爆心地から5キロ以内の86件を被爆建物として登録。老朽化が進む上、改修や維持費の負担などを理由に姿を消すケースが後を絶たない。市は民間施設を対象に上限3000万円で保存工事費の4分の3を助成する制度を設けているが、被服支廠は県が管理するため対象とならず、県は補修などに毎年30〜100万円を支出している。


 中西さんは中学生だった15歳の時、被服支廠で被爆。爆心地と建物を挟んで反対側にいたため、「体が浮き上がるような感覚」があったものの、けがはなかった。その後臨時の救護所となった被服支廠に運び込まれた市民が次々と亡くなる様子を目の当たりにし、「記憶に焼き付く悲惨な光景だった」という。


 2011年に中学のクラス会で被服支廠について話していた時、「建物の活用を進めなければ、いずれ取り壊されてしまう」などの声が上がった。被爆者の高齢化が進む中、「原爆の記憶を語り継ぐ上で、建物を残す必要がある」と危機感を感じた中西さんは、保存、活用方法を検討。メンバーを募り、被爆70年となる2015年を前に「旧被服支廠の保全を願う懇談会(仮称)」を設立し、活動を始めることにした。対象はほかの被爆建物にも広げるつもりだ。


 15日は同資料館東館地下1階会議室で午後1時20分から。広島大大学院の杉本俊多教授と都市計画プランナーの山下和也氏が講演する。事前予約不要で無料。問い合わせは同懇談会事務局の内藤達郎さん(082・928・0068)。(中村隆)(2013年12月14日 読売新聞)




..




こんにちは広島:都市計画プランナー・山下和也さん /広島

毎日新聞 2013年12月17日 地方版


 ◇被爆建物は未来を照らす道しるべ−−山下和也さん(56)=南区

 赤レンガの外壁が印象的な南区の旧陸軍被服支廠。戦時中に兵服や軍靴を作っていた工場だ。ここで働いていて被爆した人やゆかりのある人が中心となり、「旧被服支廠の保全を願う懇談会」発足に向けて奔走している。

 広島市内の被爆建物に詳しいことから、会の設立に協力。現状では一般に公開されず、中に入ることもできない被服支廠だが、「4棟あるうち、1棟だけでも活用されれば」と願う。

 被服支廠は、「広島の戦前の歩みを如実に物語る遺産」だという。広島大病院に一部残る陸軍兵器補給廠(兵器工場)や、市郷土資料館として使われている宇品陸軍糧秣支廠(食料工場)を挙げ、「この3施設で、広島が軍の兵站機能を担ったことがよく分かる」と説明する。被服支廠は被爆直後に救護所としても使われ、峠三吉の「原爆詩集」にも登場したことでも有名だ。

 「人々の生死が、ここにあった。爆風でゆがんだ鉄扉などと併せて、被爆の実相を伝える建物です」

 建築物としても価値が高く、1913年の築年は鉄筋コンクリート造りとしては日本で最初期に当たる。4棟に及ぶレンガ張りの景観(長さ約500メートル)も国内有数だという。

 島根県出身で、大学進学を機に広島へ。広島市の復興と街づくりを研究する石丸紀興・元広島大教授の下で学んだ。当初は気にも留めなかった被爆建物。市の調査を手伝ったことをきっかけに、関心を深めていった。

 被爆建物は、被爆後に街が歩んできた歴史やその先の未来をも照らす道しるべだという。「東日本大震災後の被災地でもそうだが、壊すか残すかの二者択一になりがち。だが、少し“放っておく”という手もある。次の世代に手渡す、その間にいい知恵が生まれることもある。長い目でみたとき、生き残った者の役目として、悲惨な記憶を伝えるために建物を残す努力が必要です」【高橋咲子】




  国有形文化財:「250トン起重機」など2件SSKに登録プレート。佐世保重工業250トン起重機は高さ62mのクレーン。大正2年に旧佐世保海軍工廠で建造され、当時国内最大の揚重能力を誇った。「旧佐世保鎮守府武庫預兵器庫」は明治32年建設、煉瓦造2階、武器庫、重厚な趣を今に〜保存万歳!戦争遺構研究会、毎日、13・12・10

 
  

国有形文化財:「250トン起重機」など2件 SSKに登録プレート /長崎。毎日新聞 2013年12月08日 地方版

 佐世保重工佐世保造船所(SSK、佐世保市立神町)の「佐世保重工業250トン起重機」など2件が国の有形文化財として登録されたことを受け、同社に市教委から文化庁の登録プレートなどが贈呈された。

 佐世保重工業250トン起重機は高さ62メートルのクレーン。1913(大正2)年に旧佐世保海軍工廠(しょう)で建造され、当時国内最大の揚重能力を誇ったという。「旧佐世保鎮守府武庫預兵器庫」は1899(明治32)年に建設されたれんが造り2階建ての武器庫で、重厚な趣を今に伝えている。

 プレートを渡された湯下善文社長は「佐世保のシンボルであり、当社のランドマーク。これからも大切に稼働させていきたい」と喜びを語った。【梅田啓祐】〔長崎版〕
.

関連記事
多賀城碑:謎探る 市民団体イベント、古谷さんの作文に大賞 /宮城 (11月29日 11時00分)
文化審答申:旧村上歯科医院など4件 唐津市の歴史的建築物、国登録有形文化財へ /佐賀 (11月25日 14時20分)
文化審答申:国名勝に那谷寺境内の奇石 旧野村家住宅を文化財へ /石川 (11月17日 16時37分)
文化審答申:宇和島・木屋旅館本館、国登録有形文化財に答申 /愛媛 (11月16日 15時31分)
如法寺仏殿:「平成の大修理」間近で 30日、見学会−−大洲 /愛媛 (11月16日 15時31分)






   沖縄タイムス。2013年(平成25年) 12月10日 旧暦 11月8日 赤口

大正時代完成のトンネル、運天字史に

 かつては多くの人々が行き交い、にぎわいをみせていた。「昔は遠足で見に来る子どもたちもいた」と振り返る高田智子区長=今帰仁村運天の通称「ジブ」
かつては多くの人々が行き交い、にぎわいをみせていた。「昔は遠足で見に来る子どもたちもいた」と振り返る高田智子区長=今帰仁村運天の通称「ジブ」


 【今帰仁】平安時代末期の武将、源為朝の上陸伝説がある運天区では現在、字史の編さんに取り組んでいる。戦前の大正時代に造られた「運天トンネル」も盛り込む予定で、古宇利大橋や臨海道路の開通で往時のにぎわいはないが、地域の遺産として重視する人も少なくない。

 「私とトンネルは同じ年齢ですよ。子どもたちもトンネルに愛着があるみたいです。大正13年です」と話すのは運天区の松田香代さん(90)。トンネルのそばに住む松田さんは「このトンネルは多くの観光客などでにぎわっていた。今はあまり人も車も通りません」と寂しげだ。

 運天トンネルは長さ17・5メートル、幅5メートル、高さ4メートルで1924年に古宇利島への渡し舟の接岸場所だった運天港へ抜ける道として造られた。陸上輸送が盛んになる時期に、トンネルも大きな役割を果たしたという。

 同区「ムラウチ」で50年、商店を営む上間正伸さん(80)も「昔はとてもにぎやかで、桟橋駐車場は車でいっぱいでした」と述懐。高田智子区長(53)も「遠足でトンネルを見学する子どもたちもいたそうです。私も小さい頃、ハーリーを見に港へ行きました」と振り返る。

 かつては、臨海道路ができるまで路線バスがトンネルを通過。朝1番のバスは古宇利からの客や高校生で満員だったという。戦後、米軍の駐留時代はトンネルに鎖が掛けられ、ムラウチに一時期、入れなかったこともあった。

 現在、トンネルの手前から「運天散策道」があり、展望台から古宇利島や大橋、屋我地島、ワルミ大橋などが絶景が広がる。

 時代を見つめてきたトンネルも含め、同区では字史編さんに取り組んでおり、高田区長は「トンネルは定期的に清掃をしています。きれいな運天トンネルも見てほしいです」と地域の遺産として活用する考えだ。 (玉城学通信員)





  支援待つ旧激戦地住民   日本兵慰霊碑立つ比レイテ島。産経2013.11.26
撮影場所 フィリピン・レイテ島
 【タクロバン(フィリピン中部)=岩田智雄】台風30号に襲われたフィリピン中部レイテ島には、第二次世界大戦中に戦死した日本兵を弔う数々の慰霊碑が立っており、碑は地元の住民たちが守ってきた。しかし、台風30号は数々の慰霊碑にも被害を及ぼし、碑を守ってきた住民の多くは自宅を失っている。かつての激戦地では、活動を本格化させた自衛隊の支援を心待ちにしている。


 レイテ島ビリヤバの日本兵の慰霊碑前に座り込む地区住民の女性=24日(岩田智雄撮影)


 「慰霊碑の後ろには、ポールが立っていたが、強風で壊れてしまった」

 レイテ島の中心都市タクロバン近郊パロの町役場。敷地内の慰霊碑を前に町職員が声を落とした。隣には、米、豪、フィリピンの慰霊碑もあり同じ状態だ。

 レイテ島に隣接するセブ島の日本人会によると、レイテ島には遺族会が建てた慰霊碑が約30カ所にあり、島北部のビリヤバにも5つの慰霊碑がある。

 地区の長老の女性エンガルナシオン・ビリアレンテさん(81)は「戦争中、銃撃戦が続き怖かったが、食料をくれるよい日本兵もたくさんいた」と話し、自衛隊の被災者支援については「とてもうれしい。ここの住宅再建も助けてほしい」と訴える。

 セブ島日本人会によると、慰霊碑を建てた各地の遺族会は旧日本兵や遺族の他界と高齢化で機能不全に陥っているケースが多い。日本人会は3年前から手弁当で慰霊碑周辺の住民に心付けのお金を渡し、管理をお願いしてきたという。石田武司会長は「修復の予算はなく、復旧のめどは立っていない」と話している。



 レイテ島パロの町役場に立つ日本や米国の慰霊碑。台風30号によって周囲はがれきが散乱し、ポールは折れたままだ=24日(岩田智雄撮影)




 レイテ島パロの町役場に立つ日本や米国の慰霊碑。台風30号によって周囲はがれきが散乱し、ポールは折れたままだ=24日(岩田智雄撮影)




  大阪市は、耐震不足のため07年から閉鎖している大阪築港の赤レンガ倉庫(港区)について、民間の提案を受け、クラシックカーミュージアムを核にした集客施設として活用すると発表。提案したのは自動車販売会社「クインオート」(篠山市)。市は30年契約で倉庫を同社に貸し出す。〜歴史建築の再生!明治建築研究会、朝日、13・12・03



 クラシックカー博物館を核に赤レンガ倉庫再生 大阪
朝日2013年12月3日03時00分

写真・図版赤レンガ倉庫の改修後のイメージ図=大阪市提供


 【川田惇史】大阪市は2日、耐震不足のため2007年から閉鎖している大阪築港の赤レンガ倉庫(港区)について、民間の提案を受け、クラシックカーミュージアムを核にした集客施設として活用すると発表した。

 提案したのは自動車販売会社「クインオート」(兵庫県篠山市)。市は30年契約で倉庫を同社に貸し出す。車…




  東日本大震災の津波で、指定避難所でないのに多くの住民らが逃げ込んで犠牲になった岩手県釜石市の鵜住居地区防災センターの解体作業が、2日開始。重機を使った本格的な解体は今月中旬からの見通し。〜難問であるが、震災遺構の再評価が進む中、将来のために活用を再検討すべきではないのか?再考を!近現代史研究会、日径、13・12・03




  防災センターの解体スタート 岩手・釜石、遺族ら焼香
2013/12/2 11:58 記事保存

 東日本大震災の津波で、指定避難所でないのに多くの住民らが逃げ込んで犠牲になった岩手県釜石市の鵜住居地区防災センターの解体作業が、2日始まった。重機を使った本格的な解体は今月中旬からの見通し。市は3日からセンターへの立ち入りを禁じる。

 この日は、センター内で野田武則市長が、多くの犠牲者が出たことや、建物を解体するかどうか遺族の意見が分かれたことに触れた上で「そういう場所であるということを心に収めて、安全な工事をしてほしい」とあいさつ。その後、遺族ら約60人が焼香した。

 遺族連絡会の三浦芳男会長は「区切りが一つついた。解体してからがスタートです」と話し、両親が犠牲になった横浜市の男性会社員(42)は「残してほしかったが、割り切るしかない」と話した。

 焼香の後、市職員らがセンター内の献花台に供えられた仏像や人形を、別の場所で保管するために段ボール箱などに入れて搬出。その様子を見守っていた男性は「3年の月日が消えてしまうのか」と目を赤くしていた。〔共同〕




   台風30号で多数の死者が出たフィリピン中部レイテ島で、太平洋戦争中に旧日本軍がつくった地下トンネルに24人が避難し、助かっていた。地元住民にとって忌まわしい占領時代の遺物が、シェルターとして役だつ〜大阪でも貴重な戦争遺構・高架式の旧高射砲陣地跡が、戦後、住居として活用、保存要望中。戦争遺構研究会、朝日、13・12・02



レイテ島中部ブラウエン。ガマイ村の山の斜面に、高さ約2m、幅約1・5mの穴が二つ。コの字形の地下トンネルの入り口と出口。内部はコンクリートで固められ、暗い。長さは25mほどで、途中に2畳ほどの部屋が二つ。〜忌まわしい戦争の歴史遺産が、避難のシェルターとして役だった。有難いことです。戦争遺構研究会、朝日、13・12・02



   旧日本軍のトンネルに避難、24人無事 フィリピン台風
朝日2013年12月2日07時44分

風時に避難場所として使われた旧日本軍の地下トンネルに立つイチョン村長=27日、フィリピン中部レイテ島ブラウエン・ガマイ村、佐々木学撮影

 【ブラウエン=佐々木学】台風30号で多数の死者が出たフィリピン中部レイテ島で、太平洋戦争中に旧日本軍がつくった地下トンネルに24人が避難し、助かっていたことがわかった。地元住民にとって忌まわしい占領時代の遺物が、シェルターとして役だった。

 レイテ島中部ブラウエン。倒れたココナツの木が並ぶガマイ村の山の斜面に、高さ約2メートル、幅約1・5メートルの穴が二つあいている。コの字形の地下トンネルの入り口と出口だ。内部はコンクリートで固められ、暗く、ひんやりとしている。長さは25メートルほどで、途中に2畳ほどの部屋が二つあった。

 フロレンシオ・イチョン村長(62)によると、旧日本軍が占領時代につくったもので、米軍との戦闘の前線拠点などとして使われていた。

 台風が上陸した11月8日朝、周囲から人々がトンネルに集まりだした。様子を見に来た近所の女性(30)によると、暴風で屋根がなくなった家の住民ら計24人だった。トンネル内には雨も風も入り込まず、住民らは台風が去るのを待って自宅に戻ったという。

 イチョン村長(62)の父は抗日ゲリラだった。旧日本軍の話を父から聞いており、「トンネルは恐ろしい時代を連想させる存在だった。それが村人の命を救うとは」と複雑な表情を浮かべた。







世界遺産に「軍艦島」ふさわしい?韓国で反対続く 「負の遺産に意義」との声も。日本政府が国連教育科学文化機関の世界文化遺産に推薦した「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」について、韓国内での反発が続く〜日本の強制労働の歴史、事実も明らかにし、世界遺産登録についての検討を!。近現代産業遺産研究会、13・12・01


この遺産群は九州・山口を中心に岩手から鹿児島まで8県にある、幕末から明治までの重工業の発展に貢献した28施設。現在は島全体が廃墟になっている長崎県の端島炭坑(通称・軍艦島)や、八幡製鉄所(北九州市)など現役の施設などを産業遺産群として登録を〜国を超えて、正しく評価して、世界遺産に。近現代産業遺産研究会、13・12・01




【軍艦島の世界遺産登録の関連記事】
•軍艦島・八幡製鉄所などを世界遺産に推薦「明治日本の産業革命遺産」として日本政府

•韓国、日本の世界遺産推薦に反対 「強制徴用の場」

•長崎の軍艦島 不気味に取り残された廃墟の街は旅行でもバーチャルツアーでも楽しめる【画像集】



■「朝鮮人強制動員の労役の場」

一方で韓国政府は、日本政府に繰り返し「朝鮮半島の人々が強制的に徴用され、働かされたつらい歴史が刻まれている」として、世界遺産推薦に反対の立場を伝えている。

韓国の大韓都市・国土計画学会は11月22日にソウルで開いたセミナーで、以下のように主張した。

対象地域の九州・山口は845カ所の朝鮮人強制動員(徴用)の労役の場があった日本最大の徴用地帯であり、登録を推進している26カ所中17カ所は徴用の現場であり、第2次世界大戦で軍需産業施設や、戦争のための燃料供給地でした。にもかかかわらず、日本政府は徴用に関する事実を明らかにせず、技術レベルの機能的な妥当性だけを主張しています。

(「日韓国際セミナー 世界文化遺産登録候補地の真実について問題提起」より 2013/11/26)


■「悪いとされたものにも価値はある」

9月18日のハフポスト日本版の記事「韓国、日本の世界遺産推薦に反対 『強制徴用の場』」に寄せられたコメントには、負の遺産を観光資源化して歴史の教訓として学んでもらう「ダークツーリズム」の観点から登録は意義があるとして、韓国側の反応に疑問を呈する意見が多かった。

歴史的価値を語る場合、善いとされたものだけでは悪いとされたものにも価値はあると思う。

歴史には反面教師的側面もあるからだ。

だからこそアウシュビッツ収容所が世界遺産に登録されたのではないだろうか。

韓国の主張が正しいとすれば、(日本も韓国も当事者であるためどちらの主張も信じられない)、それらの事実確認をした上で明示することで反面教師とするのがよいのではないだろうか。


(sinofseven)

韓国は日本による世界遺産登録を支援した上で、登録された後に韓国からボランティアのガイドスタッフを大量に送り込めばいい。韓国からの観光客、中国からの観光客、英語圏の観光客などに、韓国人のスタッフが「韓国人の怨念の歴史」をレクチャーすればいい。


(eigakawaraban)

「正しい歴史認識を」と主張する国が、その「正しい歴史認識」に必要な遺物を「世界遺産に登録する」事に反対するのは矛盾してませんか?

韓国は、これらを「さっさと破壊すべき遺産だ。」と考えているのでしょうか?

韓国の主張では、「アウシュビッツ収容所」は世界遺産の理念に反しているので、登録抹消すべきなのでしょうか?


(murawsk)

韓国政府の言い分によれば、強制徴用の場が含まれているとのこと。しかし、だから反対ということは、保護するに値しないという主張であろうか?

韓国政府が世界遺産の理念を理解しているとは到底思えない。日本の富士山が登録されたことに対抗心を丸出しにして、韓国政府はキムチを登録するんだという話も聞きますし。世界遺産はランキングではありません。


(maizumi)

一方で「負の歴史」の側面に日本側が言及していないという韓国側の主張に同意する意見も見られた。


韓国外交通商部から、事前に反対の意思表示を通知されながら、何の調節もせず、登録申請を出しても、無理なことぐらい、誰でも理解できそうなものだと思うが。

長崎の方は、原爆遺産なので、反対されず、登録されたかもしれないのに、なぜ、明日のことさえ分からないのか、不思議な気がする。


(gangqi)

これらの遺産は確かに近代日本の工業基盤になったものである。従って以下のような説明のもとで申請を出し直したらいかがだろうか。

八幡製鉄所や長崎の軍艦島は近代日本の工業基盤を支えました。そこでは数多くの低賃金の労働者が酷使され、社会保障もない、あの戦前の不十分な工場法さえ登場していなかったころ、多くの人々が過酷な人生を余儀なくされました。

(中略)

その中には朝鮮から強制連行された人々、中国から強制連行された人々が含まれ、彼らは自分の祖国を植民地にした国、あるいは侵略真っ最中の国のために、日本人をはるかに下回る条件・環境で労働に就かされたのです。
(shinzo)韓国紙・朝鮮日報によると、韓国は11月19日にパリで開かれた第19回世界遺産保護協約当事国総会で、世界遺産の決定権を握る委員国(12カ国)に当選した。「最近、日本が世界遺産委員会に推薦した植民地時代の徴用労働現場である端島などについて、2015年に決定すると予想されており、韓国はこれについて意見を述べることができるとみられる」と報じている。

【※】負の歴史を併せ持つ遺産は世界遺産にふさわしいと思いますか?候補となる施設が持つ負の側面も明示すべきと思いますか? あなたのご意見をコメント欄にお寄せください。



  2013年12月01日 世界遺産に「軍艦島」ふさわしい?韓国で反対続く 「負の遺産に意義」との声も

ユネスコ, 世界文化遺産, 世界遺産, 九州・山口の近代化産業遺産群, 八幡製鉄所, 国際, 徴用者労働の場, 戦時徴用, 産業革命遺産, 社会, 端島, 菅官房長官, 軍艦島, 長崎, 長崎の教会群, 長崎の教会群とキリスト教関連遺産, 長崎造船所, 韓国, 韓国 世界遺産 反対, 韓国 産業革命遺産 反対, 韓国政府, ニュース
.
日本政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に推薦した「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」について、韓国内での反発が続いている。

この遺産群は九州・山口を中心に岩手から鹿児島まで8県にある、幕末から明治までの重工業の発展に貢献した28施設。現在は島全体が廃墟になっている長崎県の端島炭坑(通称・軍艦島)や、八幡製鉄所(北九州市)など現役の施設などを、産業遺産群として登録をめざす。2015年の世界遺産委員会で登録の可否が審査される見通しだ。


【軍艦島の世界遺産登録の関連記事】
•軍艦島・八幡製鉄所などを世界遺産に推薦「明治日本の産業革命遺産」として日本政府

•韓国、日本の世界遺産推薦に反対 「強制徴用の場」

•長崎の軍艦島 不気味に取り残された廃墟の街は旅行でもバーチャルツアーでも楽しめる【画像集】



■「朝鮮人強制動員の労役の場」

一方で韓国政府は、日本政府に繰り返し「朝鮮半島の人々が強制的に徴用され、働かされたつらい歴史が刻まれている」として、世界遺産推薦に反対の立場を伝えている。

韓国の大韓都市・国土計画学会は11月22日にソウルで開いたセミナーで、以下のように主張した。

対象地域の九州・山口は845カ所の朝鮮人強制動員(徴用)の労役の場があった日本最大の徴用地帯であり、登録を推進している26カ所中17カ所は徴用の現場であり、第2次世界大戦で軍需産業施設や、戦争のための燃料供給地でした。にもかかかわらず、日本政府は徴用に関する事実を明らかにせず、技術レベルの機能的な妥当性だけを主張しています。

(「日韓国際セミナー 世界文化遺産登録候補地の真実について問題提起」より 2013/11/26)


■「悪いとされたものにも価値はある」

9月18日のハフポスト日本版の記事「韓国、日本の世界遺産推薦に反対 『強制徴用の場』」に寄せられたコメントには、負の遺産を観光資源化して歴史の教訓として学んでもらう「ダークツーリズム」の観点から登録は意義があるとして、韓国側の反応に疑問を呈する意見が多かった。

歴史的価値を語る場合、善いとされたものだけでは悪いとされたものにも価値はあると思う。

歴史には反面教師的側面もあるからだ。

だからこそアウシュビッツ収容所が世界遺産に登録されたのではないだろうか。

韓国の主張が正しいとすれば、(日本も韓国も当事者であるためどちらの主張も信じられない)、それらの事実確認をした上で明示することで反面教師とするのがよいのではないだろうか。


(sinofseven)

韓国は日本による世界遺産登録を支援した上で、登録された後に韓国からボランティアのガイドスタッフを大量に送り込めばいい。韓国からの観光客、中国からの観光客、英語圏の観光客などに、韓国人のスタッフが「韓国人の怨念の歴史」をレクチャーすればいい。


(eigakawaraban)

「正しい歴史認識を」と主張する国が、その「正しい歴史認識」に必要な遺物を「世界遺産に登録する」事に反対するのは矛盾してませんか?

韓国は、これらを「さっさと破壊すべき遺産だ。」と考えているのでしょうか?

韓国の主張では、「アウシュビッツ収容所」は世界遺産の理念に反しているので、登録抹消すべきなのでしょうか?


(murawsk)

韓国政府の言い分によれば、強制徴用の場が含まれているとのこと。しかし、だから反対ということは、保護するに値しないという主張であろうか?

韓国政府が世界遺産の理念を理解しているとは到底思えない。日本の富士山が登録されたことに対抗心を丸出しにして、韓国政府はキムチを登録するんだという話も聞きますし。世界遺産はランキングではありません。


(maizumi)

一方で「負の歴史」の側面に日本側が言及していないという韓国側の主張に同意する意見も見られた。


韓国外交通商部から、事前に反対の意思表示を通知されながら、何の調節もせず、登録申請を出しても、無理なことぐらい、誰でも理解できそうなものだと思うが。

長崎の方は、原爆遺産なので、反対されず、登録されたかもしれないのに、なぜ、明日のことさえ分からないのか、不思議な気がする。


(gangqi)

これらの遺産は確かに近代日本の工業基盤になったものである。従って以下のような説明のもとで申請を出し直したらいかがだろうか。

八幡製鉄所や長崎の軍艦島は近代日本の工業基盤を支えました。そこでは数多くの低賃金の労働者が酷使され、社会保障もない、あの戦前の不十分な工場法さえ登場していなかったころ、多くの人々が過酷な人生を余儀なくされました。

(中略)

その中には朝鮮から強制連行された人々、中国から強制連行された人々が含まれ、彼らは自分の祖国を植民地にした国、あるいは侵略真っ最中の国のために、日本人をはるかに下回る条件・環境で労働に就かされたのです。
(shinzo)韓国紙・朝鮮日報によると、韓国は11月19日にパリで開かれた第19回世界遺産保護協約当事国総会で、世界遺産の決定権を握る委員国(12カ国)に当選した。「最近、日本が世界遺産委員会に推薦した植民地時代の徴用労働現場である端島などについて、2015年に決定すると予想されており、韓国はこれについて意見を述べることができるとみられる」と報じている。

【※】負の歴史を併せ持つ遺産は世界遺産にふさわしいと思いますか?候補となる施設が持つ負の側面も明示すべきと思いますか? あなたのご意見をコメント欄にお寄せください。




  解体予定の名古屋市東山動物園を、動物受難の記念碑として、 保全再生の再検討をお願いします。13・12・02

名古屋市東山動物園殿、愛知県知事殿、愛知県議会殿、名古屋市長殿、名古屋市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

  絵本「ぞうれっしゃがやってきた」の舞台となった名古屋市東山動物園のアジアゾウ舎が、取り壊される。戦争中に銃殺を免れたゾウを見て、大勢の子どもたちが目を輝かせた時代もあった。〜戦時中の、動物受難の跡を物語る貴重な歴史遺産として、正しく評価して、文化財にして保全活用の検討を要望します。近現代産業遺産研究会、A、1311・30

旧アジアゾウ舎は、昭和12年竣工。戦時中、空襲で猛獣が逃げ出すのを恐れた国は全国の動物園に猛獣の銃殺を命じたが、東山動物園は「ゾウはおとなしい動物だ」と主張。エサを確保してマカニーとエルドのメス2頭を守り抜いた〜住み慣れた、記念すべきゾウ舎を、動物の気持ちも考えて保全活用の検討を。近現代産業遺産研究会、A、1311・30

 動物受難の生き証人として、保全活用を関西からも、再検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          近現代産業遺産研究会、TEL 072−236−3357 。






  戦争中もゾウ守った獣舎、見納め 名古屋・東山動物園
朝日。2013年11月30日15時41分

ゾウに乗る東京都台東区の子ども議会の中学生。「東京にゾウを貸して」とお願いにやってきた。当時はゾウに乗ったり鼻にぶら下がったりすることができた=1949年、名古屋市千種区の東山動物園、同動物園提供

 【土舘聡一】絵本「ぞうれっしゃがやってきた」の舞台となった名古屋市千種区の東山動物園のアジアゾウ舎が、取り壊されることになった。戦争中に銃殺を免れたゾウを見て、大勢の子どもたちが目を輝かせた時代もあったが、新施設が完成し、76年の歴史に幕を閉じる。12月1日まで、ゾウ舎を見学できる。

特集:どうぶつ新聞
 旧アジアゾウ舎は1937(昭和12)年に完成。その後増築され、敷地面積は410平方メートル、運動場の面積は350平方メートルある。

 第2次世界大戦下、空襲で猛獣が逃げ出すのを恐れた国は全国の動物園に猛獣の銃殺を命じたが、東山動物園は「ゾウはおとなしい動物だ」と主張。エサを確保してマカニーとエルドのメス2頭を守り抜いた。戦後、日本で生き残ったのはこの2頭だけだった。





復興庁は、東日本大震災で破壊されたホテルを「震災遺構」として保存するため、岩手県宮古市に工事費2億1000万円を交付すると発表。同庁は、震災遺構の整備に必要な初期費用を復興交付金で手当てする方針を決めており、同市が初めてのケース。〜保存支援予算は有難いが、被災者の気持ちも大切に!近現代史研究会、時事、13・11・29




  宮古市の「震災遺構」に支援=工事費2億1000万円を交付−復興庁

 復興庁は29日、東日本大震災で破壊されたホテルを「震災遺構」として保存するため、岩手県宮古市に工事費2億1000万円を交付すると発表した。同庁は、震災遺構の整備に必要な初期費用を復興交付金で手当てする方針を決めており、同市が初めてのケースとなる。時事(2013/11/29-10:33)




貴重な震災遺構として、前向きに、保全再生の再検討をお願いします。13・11・28

宮城県知事殿、宮城県議会殿、石巻市長殿、石巻市議会殿、文化庁殿

突然失礼します。ご面倒をおかけしますが御検討をお願いします。

  東日本大震災で被災した宮城県石巻市は27日、津波で破壊された建物など「震災遺構」の保存について考える検討委員会の初会合を開催。14年末まで議論し、震災の教訓を後世に伝えるために残すべき遺構を決める。〜後世に悔いを残さないよう正しく評価して、積極的に、保全活用されるようご検討を!近現代産業遺産研究会、時事、13・11・28

石巻市内には火災で全焼した旧門脇小学校や、津波で浸水した銀行支店、教会など。14年1月、2千人規模の市民にアンケートを行い、残すべき建物や教訓を伝える方法などについて意見を聞く。児童・教職員84人が犠牲になった大川小学校は、惨事に至った原因の検証が続いているため、議論の対象外〜?近現代産業遺産研究会、時事、13・11・28

  震災後の、厳しい生活環境、財政のなかで、難問だと思いますが、近現代産業遺産の保存の研究している立場から、震災の生き証人として、関西からも、保全活用の再検討をお願いします。

   599−8126 堺市東区大美野155−13
          
          近現代産業遺産研究会、TEL 072−236−3357 。





  東日本大震災で被災した宮城県石巻市は27日、津波で破壊された建物など「震災遺構」の保存について考える検討委員会の初会合を開催。14年末まで議論し、震災の教訓を後世に伝えるために残すべき遺構を決める。〜後世に悔いを残さないよう正しく評価して、積極的に、保全活用されるようご検討を!近現代史研究会、時事、13・11・28



石巻市内には火災で全焼した旧門脇小学校や、津波で浸水した銀行支店、教会など。14年1月、2千人規模の市民にアンケートを行い、残すべき建物や教訓を伝える方法などについて意見を聞く。児童・教職員84人が犠牲になった大川小学校は、惨事に至った原因の検証が続いているため、議論の対象外〜?近現代史研究会、時事、13・11・28



  来年末に保存対象決定=「震災遺構」で初会合−宮城県石巻市

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市は27日、津波で破壊された建物など「震災遺構」の保存について考える検討委員会の初会合を開いた。2014年末まで議論し、震災の教訓を後世に伝えるために残すべき遺構を決める。
 市内には火災で全焼した旧門脇小学校や、津波で浸水した銀行支店、教会などがある。市は14年1月、2000人規模の市民にアンケートを行い、残すべき建物や教訓を伝える方法などについて意見を聞く。
 児童・教職員84人が犠牲になった大川小学校は、惨事に至った原因の検証が続いているため、議論の対象から外した。時事(2013/11/27-21:19)

  倒壊の薬局解体へ 町「復興工事に支障」。宮城県女川町は、東日本大震災の遺構として保存するかどうか検討していた町内三つの倒壊建物のうち、民間の薬局だった「女川サプリメント」を解体する方針。残る二つの建物については引き続き検討〜震災遺構は、正しく評価して、英知を集めて保全活用の検討を近現代産業遺産研究会、河北、13・11・26

女川サプリメントと離島・江島の島民の宿泊施設「江島共済会館」、旧女川交番はそれぞれ異なる向きに倒れている。町の復興計画策定委員会は2011年6月、「津波による鉄筋ビルの倒壊は世界的に珍しい」として保存の方向性を。〜震災を忘れないためにも、貴重な遺構は、保存・活用の知恵を出して!近現代産業遺産研究会、河北、13・11・26

  河北新報。宮城・女川 倒壊の薬局解体へ 町「復興工事に支障」

倒壊した「女川サプリメント」の周囲では復興工事が進んでいる

 宮城県女川町は、東日本大震災の遺構として保存するかどうか検討していた町内三つの倒壊建物のうち、民間の薬局だった「女川サプリメント」を解体する方針を固めた。残る二つの建物については引き続き検討する。
 町中心部にある三つの建物の周辺は大規模な復興工事が本格化している。女川港に面した女川サプリメントは、県が進める護岸工事に支障を来す恐れがあることから、保存の是非をめぐり早期の判断が迫られていた。
 女川サプリメントと離島・江島の島民の宿泊施設「江島共済会館」、旧女川交番はそれぞれ異なる向きに倒れている。町の復興計画策定委員会は2011年6月、「津波による鉄筋ビルの倒壊は世界的に珍しい」として保存の方向性を示した。
 
「日本はきもの博物館」は1〜3号館の3棟あり、重要有形民俗文化財2266点を含むげたや草履など日本古来の履物、各時代に使われた世界の靴のほか、大リーグで活躍するイチロー選手や、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんら一流アスリートが使った靴も展示。近現代産業遺産研究会、読売、13・11・26


今後は、げたや草履を収める2号館を取り壊し、1、3号館は耐震工事をするなどして保存。受付だった1号館は収蔵庫に。展示品は、羽子板や張り子、アメリカ先住民の人形など約5万点が収蔵されていた併設の「日本郷土玩具博物館」に集約する予定だ。〜貴重な近現代産業遺産として、保全活用を要望。近現代産業遺産研究会、読売、13・11・26



草履やげた、世界各国の履物約1万3000点を収蔵、展示する「日本はきもの博物館」(福山市松永町)が24日を最後に、35年の歴史に幕を閉じた。げたの産地・松永地区のシンボル的存在で、建物と収蔵品は2015年度末、市に寄贈。〜正しく評価して、公設施設として、保全活用されるよう要望します。近現代産業遺産研究会、読売、13・11・26


  はきもの博物館 35年に幕…入館者ら惜しむ声
.
 草履やげた、世界各国の履物約1万3000点を収蔵、展示する「日本はきもの博物館」(福山市松永町)が24日を最後に、35年の歴史に幕を閉じた。げたの産地・松永地区のシンボル的存在で、最後の開館日となったこの日も家族連れらが次々と訪れ「さみしい」「もったいない」などと惜しむ声が上がった。建物と収蔵品は2015年度末、市に寄贈される。(大森篤志)読売、13・11・



Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ